固定ページ



茶番真央の怒り

CDHC-MFUgAAhq34.jpgCdWmW76UUAA16rO.jpg
バンクーバー五輪、フィギュアスケート女子シングルで得点が一位だった韓国のキム・ヨナには出場資格がありませんでした。
金儲けのために五輪憲章違反と五輪倫理規定違反をしたからです。
だからバンクーバー五輪金メダリストは「浅田真央」です。
金儲けのために違反をした、本来出場資格がない選手だったキム・ヨナがなぜ「異常な高得点」で五輪金メダリストになってしまったのか。
この、「あまりにも見え透いた不正」を是正するために「自分にできること」を続けるブロガーのブログです。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
必ずご覧ください | コメント(27) | トラックバック(0) | 2016/12/31 00:00

「ふるとり」についていこう。真央ちゃん、お誕生日おめでとうございます!



真央ちゃんの誕生日。

「進む」という字があります。右側は「ふるとり」と読んで、神占い、鳥占いに使う「鳥」を示します。
ふるとりは、行く手を示す聖なる導き手。

そういえば今季真央ちゃんのSPは「黒い鳥」です。

大きな鳥は悠々と大空を飛んでゆくだけ。
星々の中を、太陽の中を、自由に羽ばたいて飛んでいくだけ。

人間が80点だ100点だと右往左往する中で、真央ちゃんがいきなり「2億点」くらいのモノを出してくるので今季ISUはどうやってサゲようかと今から悩んでいるでしょう。くそったれ。

進路について悩みに悩み、行く手について苦しむに苦しんだ浅田真央は、側聞、久美子先生にもうやめたいと何度ももらしてござったとか。わたしはそれを聞いてよかったと思いました。よかった、愚痴ったりぶつくさ言ったりという、人間なら当たり前のちょっとした打ち明けごとができる相手がそばにいて。

真央ちゃんは何もかもを抱え込み、黙って自分ひとりの中で抑え込もうとする人だから。これまでも、そしてこれからも、その性分はおそらく変わりはしないだろう。
でも、ひとりで抱え込むには辛すぎる重すぎるさまざまな「思い」の切れ端をでも、もらせる相手がそばにいた。

今までの真央ちゃんなら「やめたい」と口に出すことを自分に許さずにいただろう。

だからこそ、やめたい、とかもういやだ、と言うことができる人、言っても大丈夫と「真央が判断した人」が、そばにいてくれることがとても嬉しい。

そしてまた、心弱く「もうこれ以上苦しむのはひどすぎないか」と引退をうっかりすすめるようなたわけたわたしのような者とは違い、「あれだけできる子がもったいないもん」と実に正しい見方を真央にして、そして「できるよ、大丈夫だよ」とおそらくは励まし続けてくださったであろう久美子先生に腹の底から申し上げたい。

久美子、グッジョブ!!!!!!(号泣)

なんで真央の引退を画策する向きがあるんですかねえ。

人類史上初の偉業の数々を打ち立てて、あれだけの美とあれだけの技とあれだけの「崇高さ」を見せ続けてくれている浅田真央を、なぜ邪魔に思う向きがあるんですかねえ。

本当に本当に不思議です。

今季われわれは「人ならざるモノ」に化身した、そして「人として最高峰、頂点、極みに立った者」としての浅田真央をいきなり見せられることになるでしょう。

真央ちゃんは「英雄」です。

「ふるとり」の真央が見ている世界をわたしも見たい。

大きな黒い鳥は悠々と大空を舞っている。太陽のごく近くで、ほとんど同一になって心のままに飛翔する。
地上から見上げて雲で見えないとうろたえ騒ぐ人間は太陽と鳥の飛翔をさえぎるものが、実は自分の心なのだということを知らずにいる。

雲の上はいつも晴れ。

最近の真央ちゃんの伸びやかで晴れやかな生まれたての赤子のような笑顔を見るにつけ、ああこのふるとりは信用できる、この鳥の進むほうに行けばいい、となんだか奇妙なほどの「安心・安堵」を感じます。

風が吹くほうに行こう。
鳥が舞うほうに行こう。
光がさすほうに行こう。

真央ちゃん、いつもいつも、後になってわたしはわかった。あなたはいつも、常に、正しい。

道を踏み誤りそうになっても、すべてを投げ出しそうになっても、いつもいつも「正しい光」を目指して、そのたびに泣きながら、苦しみながら、絶対に譲らずに舞い続けた。

だからね、本当にね、大好きです。

どうかご武運を。

真央ちゃんが理想とする演技ができて、嬉しくて、びょんびょんはねて、より目になって、ベロが出て、そして、そうです「ガッツポーズ出たよ!」の瞬間を、そんな歓喜の瞬間を真央ちゃんと一緒にお祝いしたい。

どうやらやっと「もしかして自分はうまいスケーターなのかもしれない」とご自覚あそばされたようですし。長かったなwww
真央が一番最後までがんとして認めようとしなかったけど、浅田さん、あなたは世界一、世界最高峰、空前絶後の奇跡のスケーターなのですよ。

しかもそのすべてが「本人の努力」とそれをもたらす「美しい心」から発しているという奇跡。

そのことのすごさを、本当の偉大さを、もっともっと理解したい。こんなすごい人がいただろうか。

もうね、じゃかましい、どつきまわすぞボケが!!!つってカンパチ演技をばんばんぶっこめばいいんですよ。

だって最高なんだもーん!って笑ってね。



伝説のシーズンを共に過ごす機会を与えてくれてありがとう。本当に。



浅田真央、出陣準備完了です。

ご武運を!






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/09/25 21:53

ミライちゃんときゃなこが素晴らしい!



やくたいもない感想なのですがせっかくなので記事にしておきます。

いやー、ミライちゃんときゃなこがすごかった!
改めて「いいなあ、いいなあ、素敵だなあ」と思いました。

ミライちゃんは一時期、大変な体形におなりあそばされて「どうしよう」とひとりで騒然となっていましたが、今回は非常にいい感じに絞れているし、のびのびと余裕をもって演じていました。

群舞のときも目がいく目がいく。めっちゃ踊れているカッコいい人、いったいだーれ?と電気がつくとミライちゃんだ!!!すごい!とくぎ付けです。

雨スケ連も大馬鹿野郎で「見た目が白人じゃない」からといってこれだけの素質とセンスと感性と実績がある人を思いっきり冷遇するわけですから、ほんとうに何をか言わんやです。

もうね、いちいちが美しい。洗練されている上に「円熟」の輝きも加わってわたしはミライちゃんが本当に好き。明るくて元気で、だけどこう押しつけがましくなくて、ミライちゃんいいなあ、いいなあと夢中になって見ていました。

最底辺であるアレと比べるのはなんですが、「美しい動き」の諸要素を完璧に持っていますよね。試みる意思があり、達成できる努力がある。すごいです。

聞くところによると振付を依頼されたバトル姐さんが「そんな曲ダメダメ!」と却下なすったそうですが、ミライちゃんが希望した曲で振付てくれないのってどういうことなんだろう。
二人が相談しているのを横でほほづえついて眺めていたい。
※例のT区の某マンションの深夜二時のあのポーズでw

そしてキャナコがイイ!すげえ好き。
いいスケーターですよね。なんだろうな、かっさらわれる。普段は気のいいネエチャンという感じなのに、そしていくらカッコよく見えてもあとで本人談によるとけっこう内心で「やばい!ミスった!」とわちゃわちゃしているはずなのに感じさせない。

おきゃなといえば「クスクス蟹歩き」でございますが、この途方もない魅力、チャームというのは後天的に得られるものばかりではなくて、やっぱり「愛されガール」として生まれつき備わっているものなのだろうなと。

二人ともにじみ出る人柄の良さといらねぇ苦労をさんざんさせられているのに演技に持ち込まない「高い美意識」が好きです。

ミライちゃんには「うちのくそったれNHKが大変なご迷惑をおかけしまして」といつも思います。本当にすまなかった。NHKで働く人間の「質」が年々下落の一途をたどっているのよ。それは採用する側のおつむが年々悪くなっているからなの。

と、古いけど忘れてあげないトラブルを思い出しつつ、いや演技のさなかには余計な一切を思うことなく「イイ!イイ!好き!」と夢中でした。

ところがですよ。すでにベテランの域に達してきたこの二人の「ISUによる評価」がまた信じられないものでして。

今季初戦、ふたりともPCSが20点台。おいおいおい、と思いますね。

ISUがしている「評価」ってナニをどう見ているの?とガッカリ&疲労感がいや増すわけです。

小塚のSSが6点台とかさ。信じられない。

今回の二人はあいかわらず音とり名人で、裏拍にちゃんと反応していて気持ちいい。なんていうのかな、不自然さがない演技です。

ミライちゃんに内緒だけどグリーーーーン?というバンドの曲はまだ一度も聞いたことがない。ミライちゃんが好きだと前に言っていたこのバンドはどうなんだろうね。

若者だなあ。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/18 09:17

魂の問題を抱いて同じ月を見る



行って参りました。9/17(土) 千代田区 救う会 国民大集会.。

無知と偏見ゆえのアレな感想ではございますが。

駅からホントにすぐで助かりました。道案内をしてくださる方もいてわかりやすかった。そしていきなり目つきの鋭いSPがこれでもか!とうじゃうじゃいた。わたしの人生における単位面積あたり最高密度のプロの皆さん。もっといてもいいのよ。あとフツーのふりをした目立たない女性SPとかいたらカッコいいよな。とかいろいろ思いながらそそくさと通り抜けました。

会場内では政治家どうしの名刺交換、何しろ各地から市議会レベルで議員さんが参加されています。頼もしい。

そして参加者を見渡すとやはり高齢男性が多い。

最初にえーっと思った三つのことを書きます。

1.日の丸がない!!!!
会場は砂防会館とかで「カネあんなーこんな一等地に自社ビルすげえ」というたいそう立派な大ホール、そしてSPさんがうじゃうじゃいて「これだけの屈強なSPがいたら今すぐ拉致被害者奪還できるんじゃね?」「スペシャルな訓練を今すぐ伊藤さんにしてもらえばいいんじゃね?」とか「いきなり殴りかかったらどうなるんだろう」とか「日本は銃器類の所持が許可されてなくて本当によかった、こんな狭い通路に安倍さんが来たら一発じゃん」とか考えながら入っていくと日の丸がない!なんでや!ここは日本やろ!

ということで急いでハンカチを取り出して指を食い切り血染めの日の丸をメイキング!は怖いから隣席のご婦人に口紅を借りようかしらとか参加1秒でイライラしていました。

2.安倍さんの演説中の野次!!!否定のための否定で建設的じゃない!「何にも変わってねえんだよ!」っておいさん、安倍さんは日本国総理大臣として明日国連でスピーチなさるそうですよ!動かせない変わらない状況をどうにかしようとこれだけ動いてくれている人をどうして一方的に非難できるのよ。

安倍さんありがとう!と退出時に野次り返したかったけど、しなかった自分にがっかりです。いつから日和る人生になったんだろう。というか横で相当な年配のおいさんが座るなりスヤァ…と眠りはじめて「ここで大声を出したら死ぬ」と思ってつい人命を優先してしまいました。じじぃがビックリして死んでもいいから安倍さんへのエールを送るべきだったのだろうか。悩みます。
じいちゃん、来るだけでひと苦労なんだよ。いらしてくださったお気持ちが尊いんだよ。次からはそっとゆり起こしてから叫ぶことにします。
偶然ですがわたしのまわりの高齢者が次々と寝落ちしていってなんかこう「野戦病院」みたいでしたよ。

3.登壇者の中に「赤いネクタイ」をしている馬鹿がいて案の定民進党ですよ。「アベに物申す俺カコイイ」という態度・ドヤ顔が超ムカつく。拉致被害者、特定失踪者のご家族を前に自分の晴れ舞台にしちゃってる感、すごい。
今までご尽力いただいてきたのかもしれないですが、ああいう場に自己アピールの「赤いネクタイ」ってないだろうと。それが「おかしい」と思えない鈍い感性が「民進党所属」だよなと。
超嫌だ。まわりも止めろよ。ストックホルム合意を破棄しろ!ドヤァァァァ!首相に物申す俺カコイイ!
「その前に蓮舫をどうにかしろよ」と野次れなかった自分の勇気のなさが恥ずかしい。
いや人様の集会でどうなんだろうって遠慮があって。じいちゃんも相変わらず横で寝てたし。人のせいにするわたくし。

あ、もう一個あった。共産党がいない!右とか左とかどうでもいいから日本のためになることをお互いの立場から出し合って「日本」の行く末を大切にするのが政治家のはずですが、日本に危害を加えるための共産党はもちろん協力しやしませんよね。むしろあの会場に来るとしたら内偵と密告と裏切りをカネを出してくれる他国のためにするのだろうなと。

以上三点、不満でした。いきなりイライラ。

ですがおかげで安倍さんのスピーチが途中から本気MAXのフルモードに振れていってすごいものを見られました。
見知らぬご夫婦が「カリスマがすごい」「存在感が桁違い」と感に堪えないように後でささやきかわしていましたが、まったくもって同館です。あの高めの早口でしゃべっていて、妨害されたとたんにぐわーーっと声量が大きくなり存在感がいや増して「よく声出せんなwww」というモノになりました。

さすがだわ。だって安倍政権であるうちに「完全解決」っておっしゃってる人だわよ。ねえ。

いろいろな動きがある中で今この時期に安倍さんご本人をわが目で眺めて確認できて本当によかった。
自分は相変わらず浅田真央箱に安倍さんを入れています。

登壇したほかの政治家が何かにウットリしたり夢の世界でスヤァ・・・となる中で、安倍さんだけは会場で起きるすべてのことにちゃんと反応していましたね。暗殺を警戒、というのもあるかもですが、特に登壇者が動きを見せるとさっと確認している。

スポーツ選手の目配りです。安倍さんは「試合中」のトップアスリートだったんだな。昨日。

あの年代のおいさんにしては繊細で優秀なセンサーつき。隣席のじじぃなんか他人との距離感が壊れていてパーソナルスペースが横綱三人分くらいだったもんな。まわりへの配慮、という項目の中に「ない」んだよ、隣席の人のスペースを考慮する、という回路が。

そういうのがない。政治家って好感度がなかったらダメだもんな。あのプーチンだって「可愛い☆」と思わせるものがあるもんな。

安倍さんは大丈夫だ。やっぱり資質ってあるね。プーと渡り合う男。さすがです。

そして、野次った人もちゃんとした発言の機会があればいいのにね。やっぱり大勢が集まって言いたいことを言い合う場って大事ですよ。今回は今年二度目の国民集会だったそうですが、春の集会に参加してくださったご家族が体調不良でお越しいただけない。

「時間との闘い」と何度も言われた。

つまり、「死ぬのを待っている人たち」が残念ながらこの日本国内にもいるわけです。
何もしたくない人、何かをすることを面倒がる人、前例のないことを「できない」と決めつける人、そういう「他人事」な人間が増えれば増えるほどこの愚かな犯罪行為は償われも罰せられもしないし被害者への救出も遠のいてしまう。

「全員を奪還して、この正月は温泉入ってもらって炬燵でみかん、だよなー絶対に」と痛切に思いました。美味しいお餅を食べさせたい。安心して心から笑いあって腹が張り裂けるほど山海の珍味をつめこんで、美味しい日本酒と楽しい話題で盛り上がっていただきたい。

すべての不安と緊張と絶望と恨みと憎しみから解き放たれて、正義と安全が保証されている「はず」の日本国で安心して笑っていただきたい。

そして「なぜ見殺しにしようとしたのですか」「なぜ四十年も放置していたのですか」という言われて当然の答えには「わたしを含めて人でなしが多すぎたからです、ごめんなさい」と心からお詫びしたい。取り返しのつかない惨事に対して少しでも償いたい。

もし興味があるなら真央の演技を見る機会を不当にも奪われていた人に彼女の神業の数々を見てもらいたい。
わたしが考える「今日本で一番すごいもの」の中に浅田真央の演技がある。そのような尊いものを当たり前に享受できるはずだった大切な時間、貴重な機会をなぜこのように卑劣な暴力行為で奪われたままでいなければならないのか。

断腸の思いです。

わたしはずっと「今は戦時下である」と言い続けてきました。
たとえばフィギュアスケートの不正採点も根っこは同じで、すでに戦争を仕掛けられている。相手によってことを荒立てられている。「平和」では「ない」ということです。

国家ぐるみの犯罪行為で不当に利益を逸失させられたり、人格を否定されたり人権を侵害されたりしているのは浅田真央も同じです。

「こういうこと」を放置する心ない国家は「二流、三流」です。そんな酷いことを許しておけない。

「日本を殺すものは”無関心”」と改めて感じました。

それぞれの立場からの提言、希望、意見、本当に参考になりました。

その中で特に二人の女性の言葉が心に残りました。

横田めぐみさんのお母様がおっしゃった「魂の問題」という言葉。残酷無残な不正義を、徹底的に味わわされてきたはずのお母様が数々の試練をくぐり抜け、非常に高潔で深い人格を自ら生成するに至ったこと。ひとりで担うには重すぎる残酷な不正義、不平等を超えて全人類的な圧倒的な深みにまで到達されている。稀有のことだと思います。

ご家族で支えあい、率直で平明で本当に「真実」だけに基づいた深い訴えをなさっていた。

わたしは思うのです、人を傷つけ苦しめるために「訓練」を受けている北朝鮮の兵士だって「被害者」だと。北朝鮮が行っている軍事訓練の一部を映像で見たときに「悪意のためだけにこのように高度な身体能力を使うのか」と絶望しました。

国が違えばオリンピックのメダリストや優秀なアスリートや立派なコーチとして栄光に満ちた人生を歩んでいたかもしれない身体能力の持ち主が恐怖と絶望のためだけにその人生を酷使され使い捨てにされている。

彼らにだって平穏で温かい生活を送る権利はあるはずだ。どうして人を、日本人を苦しめること「だけ」しか許されていないのだろう?
それだってとんでもない暴力だ。

安倍さんはさまざまな激しい意見の応酬の中でなんとか平和裏に「ちゃんとしたまっとうな外交手段」で全員を奪還しようとしている。こんな不平等な戦いはありません。だって相手は「ルールを守る」以外のすべてをやれるのにこちらはそれが絶対できない。まるで手足を縛られてさあ走れと言われているようなもの。

けれどもルールを守ることに専念していればいい、ということは安心安全な道でもある。

わたしのようにすぐ「北朝鮮の高官を拉致して人質交換」とか考える人間は政治家にはなれません。

人間の持つ暗部、心の闇、理不尽、無理解、極限までの絶望を見て、それでもそこから「これは全人類に共通の魂の問題である」「ひとりひとりの在り方が問われている」とおっしゃるお母様の言葉に心を深く打たれました。

それから曽我ひとみさん。
はっきりとした綺麗な声で、拉致されている間ずっとお月様を見上げてどうか日本に戻れますようにと祈っていた。この月は日本で見る月と同じなんだと思いながら。そして日本に戻った今も同じように全員を取り戻せますようにと祈り続けているとのこと。

わたしも月を見るときは過去の自分、遠い記憶を振り返ったり、今横にいない人、大事な遠くで活動している人のことを思って祈ります。

月を日本で見てほしい。だって日本人なんだから。

また、横田めぐみさんについてはあの金賢姫がお母様に会ったときに言われたという、金が収容所に行ったときめぐみさんが歌を歌ってくれた、それは「君が代」だった。めぐみさんは歌が好きで歌うことが好きでいつもいろいろな歌を歌っていた。その中で「君が代」を選んで歌ったということの意味。

日本人が苦しんでいる。実際に被害を受けている人がいる。これを見過ごすことはできません。ひとごと、ではないのですから。

実はわたしの父の弟も都内で不審な失踪をしています。状況的に「いなくなるはずがない」のに消えている。明らかに不自然な消え方です。小さいころからずっと「おかしい」と思っていました。そして彼がいきなり消えたことでさまざまな悲劇が生まれています。
もしかして、の思いはいつもあります。

池袋から、この東京から拉致された方のご家族の話もぞっとしました。

「日本国内にいる内通者、手引き者」を消していく。「海からやってくる悪意の塊」はどう考えても防ぎようがない。だから「悪意」の行動者を助ける者をつぶしていく。

それに加えて、最後の荒木さんの言葉がしみました。重く辛い話が続き「現状」に打ちのめされている中、爽やかに「有効な解決策」をおっしゃった。

それは「ひとりひとりが自分にできることを続けていく」こと。気がついた人からできるだけ大勢に広めていくこと。

自分にできることでいいんです。あの野次を飛ばしたおいさんは国連で英語でスピーチすることはできないだろう。ましてや政治家も無理だろう。おいさんは「今自分にできること」として自分の判断で総理に野次を飛ばしている。
まあ工作員かしれませんが(特定の政治家にだけ大声援と大拍手をしていたからなあ)、それに対してわたしも自分にできることをし続けようと思いました。

最後の荒木先生の話で救われました。

特定失踪者と拉致被害者と、「国による認定」の「差別」があるのもおかしな話で、とりあえず水俣病を認めなかった「国」の責任問題とかも頭をよぎりますし、実際に被害が出ている以上、疑わしきは全員を認定で見つけ次第差別なく取り戻せるようにしてほしいし、北朝鮮が「外交カード」と「思い込んでいる」外国人の誘拐・監禁という「犯罪行為」には厳しい態度で臨みたい。

荒木さんの言葉ではっとしたのは、(ひどい話ですが)「被害者が、ご家族が死ぬのを待っている人たち」がいることへの不利益は北朝鮮も同じだと。「使えるカード」がなくなれば勝負ができない。拉致被害者が老齢で逝去なさるということは彼らにとっても問題なのだと。

新たな犠牲者を生まないよう、そして一秒でも早く奪還できるよう、できることをしていきたい。

不可能なことを誰も要求していない。できることをすればいいのだから「できる」はずです。

そして全員を取り戻せたら絶対嬉しい、絶対幸せ、絶対「よかった!」と思えるだろう。だったらやらない手はないです。

そう思ってカンパして、いろいろな「命のありよう」を抱えて帰りました。


そうそう、俺たちの「政治家のほうのミキティ」こと山田みきさんも途中参加だったんだよ。ひとこと「ミキティ!」と言いたかったなあ。山田宏さんの応援演説で「山田一族!」と言い切るフレッシュさ、好きですw

しっかしああいう大惨劇の場に「赤いネクタイ」かあ。な、民進党だよ。

公明党は同じ日同じ時間に党大会だそうでコメントだけ。


・・・政治の世界ってほんとーーーーーーーーーーに・・・


安倍さん、勇気がなくて「ありがとう!」と言えなくてごめんなさい。絶対に「がんばって!」じゃないな、一緒に歩かせてください、だな。
あと一族全員で拝んでいます。護国観音、アヴェ・マリオ!!!


あと隣席になったおいさんに「最悪の敵って自民党の中にいますよね」「蓮舫って死刑にできないんですかね」と相槌に困ることばかり話しかけてすみませんでした。


今回の開催に感謝します。自分の無知と勇気のなさを思い知りました。これからもできることを続けます。

それにしても「赤いネクタイ」かあ。ったくよぉ。
わたくし、大嫌いな言葉は「呉越同舟」でございますが、まあ「立場はどうあれ」協力してひとつの目標に向かわなければ!ということで、だけどあれはないわ。他人の悲劇を「自分の晴れの舞台」にしなさんな。

まあ「手柄を立ててドヤ顔をしたい」がために獅子奮迅の活躍で拉致被害者が帰ってくるならいくらでも威張ってください、なんなら顕彰の銅像とか建てますしとは思いますがねえ。

最後までこだわりますが、辞職もせず死刑にもならずのうのうと日本人の血税にすがっているあの蓮舫がトップの民進党ですよ。

そんなんでも使える駒は使わなきゃということで、政治方面は政治家の皆さんがんばってください。

わたしは国民のひとりとして草葉の陰、じゃなかった草の根のひとつとして騒ぎ続けます。

超・超・超、濃密だったのでまた分けて記事にします。自分でも忘れないように。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
拉致被害者奪還 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/18 08:04

ロシアから剥奪された金メダルをベルギーに再授与、北京五輪女子400mリレー

a


ロシアから剥奪された金メダルをベルギーに再授与、北京五輪女子400mリレー
http://www.afpbb.com/articles/-/3100441
2016年09月10日 11:58 発信地:ブリュッセル/ベルギー

【9月10日 AFP】2008年北京五輪の陸上女子4x100メートルリレーで、ドーピング違反によりロシアから剥奪された金メダルが9日、同レースで2位だったベルギーのオリビア・ボルレー(Olivia Borlee)、ハンナ・マリエン(Hanna Marien)、エロディ・ウエドラオゴ(Elodie Ouedraogo)、キム・ゲバールト(Kim Gevaert)の4人に授与された。

サンプルの再検査で、ロシアのユリア・チェルモシャンスカヤ(Yulia Chermoshanskaya)の検体からスタノゾロール(stanozolol)とトゥリナボル(turinabol)の禁止薬物が検出されたため、国際オリンピック委員会(IOC)はロシア代表チームから金メダルを剥奪していた。

金メダルに繰り上げられたベルギー代表のメダル授与式は、ブリュッセル(Brussels)で開催された今季のダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League)最終戦、メモリアル・ヴァンダム(Memorial Van Damme)で行われ、国際陸上連盟(IAAF)のセバスチャン・コー(Sebastian Coe)会長は「ベルギーのみなさん、おめでとう」と祝福していた。

また、ナイジェリアが銀メダル、ブラジルが銅メダルに繰り上がっている。(c)AFP






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/17 23:40

9/17(土) 千代田区 救う会 国民大集会



常にブルーリボンバッジをつけている安倍総理も登壇する救う会 国民大集会が今日あります。
参加費無料(カンパ制)です。

ネット中継があります。ぜひ会場参加、ネット視聴を!


平成28年9月17日(土)午後2時から5時まで
開場 午後1時(先着順)

場所
砂防会館別館1階、シェーンバッハ・サボー
東京都千代田区平河町2-7-4 TEL:03-3261-8386

地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口徒歩1分
5番出口(都道府県会館前)はエレベーターあり
赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)が永田町駅に接続

登壇
安倍晋三総理大臣(要請中)、加藤勝信・拉致問題担当大臣、
家族会・救う会役員、拉致議連役員、
北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会代表、
拉致問題地方議会全国協議会代表、 各党代表、特定失踪者問題調査会役員と同家族

詳細は下記をご覧ください。
ライブ中継もあります。
http://www.sukuukai.jp/syuukai/item_5524.html




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
拉致被害者奪還 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/17 11:50

反ドーピング機構 ロシアからサイバー攻撃




反ドーピング機構 ロシアからサイバー攻撃
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160914-00000008-nnn-int
日本テレビ系(NNN) 9月14日(水)7時47分配信

WADA(=世界反ドーピング機構)は13日、ロシアのスパイ集団からサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。リオデジャネイロオリンピックに関連した選手の非公開の情報などが不正アクセスにあい、その一部が公開されたという。

先月には一連のドーピング疑惑を暴露したロシアのステパノワ選手の個人情報が不正アクセスされる事案も起きているが、ロシア大統領府報道官は一連の事案についてロシアの関与を否定している。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/14 16:48

「フィギュアスケートの世界」は「好み」で決められる???




佐藤信夫先生は
日本フィギュア・スケーティング・インストラクター協会の会長です。

その方が「ジャッジの好みで採点される」つまり好き嫌いで採点されるとおっしゃっています。

そんなスポーツありますか????

ルールが明文化されていないのが問題ですね。

TRのジャッジ
小林れい子さん
checkをつけて幾つくらい入っているか
自分がわかるように書いておく

1 音楽はただのBGMである、点数はつけられない
6 ミスが幾つかあるが平均より上
7 些細なミスがあっても魅力的
8 観客がもっと見たいと思う
9 歴史に残る名演技
10 卓越


小林れい子さんは旧姓なんですね。小川れい子さんとおよびすべきか。
混乱するので「美女れい子」でいいですかね。

なんですかルールにあるTRの評価基準の「観客がもう一度見たいと思う演技」って。

プログラムコンポーネンツ5要素のうちTRは一番点がでにくいです。
ソチのフリー、KYはすべて9点台ですがTRだけは8点台です。

KY 8.96
ソトニコワ 8.96
コストナー 8.71
浅田 8.36

全員が「観客がもう一度見たいと思う演技」だったんでしょうか。
わたしはKYの演技は二度と見たくありません。
検証のために嫌々目にした後はどっと疲れます。
夏の五輪にただのひとりも「マレー熊」はいなかったのに、KYの「マレー熊」姿勢を見続けるのは苦痛です。

「音楽がBGM」、つまり「1=採点不能」でもいいと思います。
何を表現していたのかさっぱりわからないからです。
とりあえず「トイレどこ」と「マレー熊」だけはわかりましたがそれだけです。

あいさつ

佐藤久美子先生「ユナは欠点がない」

「ジャッジから見たら」ということですねわかりたくありません____

違いすぎる


で、皆さんはフィギュアスケートの試合に足を運ばれたときにジャッジからアンケートを取られたことがありますか?
ジャッジの判定基準に「観客」がある。
驚きますね。

山犬ホーホー隊なんぞはひとりで日本人観客10人分以上の「騒音」を発しますから非常に有力な応援部隊になりますね。
逆にあまりの名演に水を打ったように静まりかえり観客全員が息を殺して見入っていた演技は応援なしとカウントされるんでしょうか。
非常に曖昧です。

信夫先生のように何もかもをあきらめて「採点に不満はない」「明るく元気にそちらに向かっていく」人でなければ長くは続かないのかもしれないですね。

「プロトコルの読み方」という手書きの文字を追加して配布されたソチの採点表を改めて「実際の演技」と比べてみると「ISUのジャッジたちは趣味が悪い」としか言えません。
何かを好むにしてもKYが世界最高に見えるのはおかしいです。

優勝したソトニコワのPEだけがKYより上ですがあとは全項目「KYが上」という「好き嫌い」はどうなんでしょう。
趣味が悪いという以前に頭がおかしいとしか思えない。

採点が明確でないのがいけないですね。


そして浅田舞ちゃんがKYの高得点の理由として「ジャッジに好かれているんですかね」と言ってたたかれてスケ連に呼び出されて怒られたとかいう話。
舞ちゃん正しいじゃん!

信夫先生はコーチとして「浅田真央がなぜジャッジに好かれていないのか」分析なさっているのでしょうか。

観客からすると浅田真央こそが空前絶後の「卓越」選手としてもっと評価されていいと思うのですが、あいにくと前回のワールドではたとえば浅田真央はおさとよりもPCSすら下でした。

ジャンプが全部決まればPCSがつられて高くなるそうです。であるならばPCSは撤廃してもいいということにならないですか。
ステップが決まれば高くなるとかスピンが決まれば高くなる「のではない」のならジャンプだけで評価しろって話ですよ。

なんとも釈然としないです。

確かOという日本人のISUジャッジだったと思いますが、「会場が盛り上がると負けないぞと思う。左右されない採点をしようと思う」と公然と「ルール違反」をほざいていたのがいましたよ。
そのインタビュー記事をみつけます。
急いで消すなよ消すなよ~

あとAも同じことを言っていたと思いますが「(自分が日本人だから)日本人選手に高得点を出すと思われたくない」と抜かしています。つまり「日本人だから点を下げる」と「国籍差別」をしているわけですよ。おまえレイシストか。国連人権委員会に訴えるぞ。

いやー、「好き嫌いだから」を「中の人」が前提にしているスポーツです。
そりゃージャッジ講習会のセンセをする鬼ババァこと鬼ババァが怒り狂うわけですな。
「わたしが教えるとみんな正しい採点、わたしが意図したとおりの点を出すが国に帰るとめちゃくちゃなことをする」と。

つーか「わたしが意図したとおりの採点」ってもう怖えーよ!KYの映像を見せられて「これが基準!」と強制されるだなんて!!!


いいのかコレでwwww

あいさつ


マジいいのかコレでwwwww

違いすぎる


某匿名掲示板で前に見かけたのですが自称韓国人が「浅田真央は努力が足りない。われわれは買収という努力をした!」ととんでもないことをドヤ顔で書き込んでいましたが、まあ嘘か本当かわかりませんが「韓国が普段やっていること」から総合すると「だろうねえ」にしかならないです。

実際KYは五輪憲章違反と五輪倫理規定違反を二度もやっているわけですから。

マイナーだからちょっとした金額で「買う」ことができるのでしょうね。

しっかしISUジャッジの皆さんが韓国で開催されるミーティングでされる「おもてなし」ってすごいですよね。

・ナッツ姫騒動で有名なよく落ちる「あの」ぶっさいくな見た目の韓国の飛行機会社の飛行機で移動
・飛行機内ではキムチカップ麺を食べる韓国人だらけ、そして濃厚なキムチ臭、楽しい旅の始まりだ!
・放射性物質練りこみ済資材で造られた道路、建物、ホテルなどの施設を利用させられる、なおフクシマより数値が巨大な模様
・大腸菌まみれのキムチ、トイレットペーパーまみれ・大腸菌まみれの韓国のり、寄生虫だらけのヒラメなどの食事を提供される
・「量産型フェイス」の改造済男女によるお・も・て・な・し
・KYをキャラクターにした「おまえの内臓狙い撃ち☆」の「バキューン牛乳」「葬式陰気パン」「地獄ヨーグルト」などが朝食に出される
・KYのジャンプ映像(回転不足・エッジエラー違反)を見せられて「これを世界最高と思え」と強要される
・中身スッカスカの上げ底・梱包資材ぎゅうぎゅうの「思いっきり日本のパクリ」の不潔菓子を土産にされる
・爆発するので韓国やアメリカで使用禁止騒動が起きているモバイルツールをもらった可能性☆
・黒人差別がモノスゴイから肌の色が褐色以上のガイジンは気をつけて!
・「Tokyoまでが本当のレースだ!」とF1ドライバーに言わせしめ驚愕の最短移動時間をたたき出させた素晴らしい大韓民国を後にする「KY映像で頭がいっぱい」のISU国際ジャッジの皆さん、お疲れさまでした!
・まだ君の仕事が残っているよ!「好き嫌い」で判定だよ!「ISU所属強化選手」だけをアゲるんだよ!

どうするよwwwwwwww

ほんの一部ですか「想像される韓国の接待、その一部」を書き出してみました。

これ接待じゃなくて「地獄」なんじゃないのwwww

自分だったら絶対いやだwwwwww
まず「韓国開催」って時点で「ノーーー!不正ハイケマセーン!」と騒ぐwwww

甘んじてヘル接待を受け韓国人に媚びを売る白人様wwwww

さーすがお心が広くていらっしゃる、白人様wwwww

カネメダルのためならえんやこら~☆

いやつい茶化してしまいました。

繰り返しますが「ルールが明文化されていないのが最大の問題」だと思います。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
佐藤信夫先生 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/09/14 11:27

佐藤信夫先生の講演会「フィギュアスケートの世界」先生のお話



※大急ぎで書いたきったねえメモを転記したので事実誤認や間違いがあると思います。
訂正、補足がありましたらぜひコメント欄にお願いします。
実際はもっとずっとたくさんお話ししてくださっているんですよ。




佐藤信夫先生、佐藤久美子先生、小林(小川)れい子さん(旧姓と併記すると混乱するので美女れい子でいいのかしらん)、そして朝日新聞記者の後藤太輔さんの四人が登壇されました。


マスター・ノブーオと久美子先生のお話

拝聴しながらのメモで一部誤認や誤りがあるかもしれません。
またここで書かなかった内容もまだまだあると思います。

信夫先生と久美子先生がお互いをけん制するおつもりで火に油状態なところもままあったし、信夫先生の「ステップ指導・陸上編」もあまりのラブリーぶりに内容が頭に入ってこない非常事態。ジジィのはずなのにあの愛らしさはどうしたことでしょう。
そういえばマスター・ノブーオも選手として観客を魅了し続けた人なのでありました。
現役時代を見たかった。
今でもアイスショーなどで一瞬滑ることがありますが幸運にも目撃できた人はみな「ものすごくうまかった」と口を揃えておっしゃいます。
ノブオ・オン・ジ・アイスがあったらかけつけます。


朝日の記者さんが非常にがんばって「この採点は」と切り込んでくださって、そのたび手に汗を握りました。
ノブーオは剛速球で「言わない」「文句ない」「言う立場にない」とことごとく打ち返していましたが。

あとこの講演会ではカロのことを好き好き大好き「好みのタイプのスケーター」といい続けておいでだったので「真央は・・・?」という疑問が誰の胸にも沸き起こったのではないでしょうか。そんな不満を「真央と一緒にいて楽しい(はぁと)」と一刀両断するノブーオの天然砲はすごいです。
「本当は大好きなんだるぉおおおおお!?」と詰め寄りたいです。





「浅田くん、スピードだ!」の指導の原点にある信夫先生が現役時代になさっていた「風を切って進むスケート」「正確なエッジワークで重心移動だけでも鮮やかに進む滑らかこの上ないスケート」「美しい軌跡を描く、美しいスケート」をほうふつとさせるカロ。
アイスショーでステップとターンだけでぐいぐい進んで高難度技術てんこもりですさまじい足元をこれでもかと見せびらかす中で不意に重心移動だけで、漕いでいないのにぐわっと加速したのを見たときにわたしも恋に落ちました。カロ、もっと見せびらかして!つかそれまで本気じゃなかったんかいwww

わたしは「欠点のないスケーター」どころか、浅田真央こそが「究極のフィギュアスケーター」だと思っています。
スポーツである以上、彼女もまた越えられていくべき存在ですが、無理だろう。彼女が頂点で、そして「ブーム」は去るだろう。
フィギュアスケートはまた以前のような「マイナースポーツ」に戻り、全日本選手権は無料にもかかわらず客席はガラガラでみんなで手分けして外で呼び込みをするようになるだろう。
そのような「暗黒時代」を脱してたどり着いたはずの場所が「地獄」であるのなら、やはり無理があったのだ。
それでもわたしはフィギュアスケートを見ることをやめないし、時間を作って自分でも滑りに行くだろう。

決して消えない巨大な星、本物の伝説的スケート選手である浅田真央の数々の名演技の思い出を胸に、冬の時代を過ごすだろう。

スターを、人為的に作ることはできません。

浅田真央ほどの覚悟と根性と「美しい心」の持ち主で、浅田真央ほどの感性と天性と不屈の努力を備えた「天才」が、浅田真央ほどの元気で丈夫で美しい「肢体」に宿らなければならない。そんな傑物がこの先出てくるとは思えない。

わたしはフィギュアスケートそのものについて「誰がこう言った」とか「あの人がこう言っている」ということにあまり重きを置きません。
それがマスター・ノブーオでも久美子先生でも。

採点が恣意的なものである以上、言葉はむなしい。

ただし「不正をしない、させない仕組み」は作ることができるはずだし、作ろうと取り組んでもらうこともできると思います。

マイナーだからといって地獄のままでいいはずがない。そのような不公平、不正義、「邪悪」が大手を振ってまかり通ることはあってはならない。

「好み」で点をつけられるなんてたまったものではありません。

あらためてそう思います。


信夫先生はずっとリンクでスケートの指導をなさっているし、旅行といえば教え子の試合の同行だからスケートなしの旅行もしてみたい、あるいはコーチという立場を離れて純粋にフィギュアスケートを観戦したいとおっしゃっていたことがありますね。
その願いはTHE ICEでかなえられているのかもしれません。
久美子先生はただのファンのひとりのように喜び拍手し客席で跳ねていたそうですがノブーオは真央とジェフが近づくと客席で腕組みをしてぐーっと身を乗り出して「監視」なさっていたという目撃例をいただきました。
無自覚でしょうが先生、すっかり「身内」の感覚なのでしょうね。




普段通り、自然体
健康
痩せないように
去年の今頃(※2013年6月頃か)
昔と違う、義務でアイスショー
今の生活はそうやっていくのだと
あきらめてその中でこつこつ

振付の話


ここで佐藤久美子先生登壇
(かけていた眼鏡をとる)
リーリー・ニコルとかタチアナ・タラソワ先生
大ベテラン
以前からかかわっていた
なにか言うことはまずない

スピンの回転時間
コースが
やってみてこういうふうに変えたいとかメールのやりとり
タラソワ スピンもっと早く回ればいいじゃない

新採点の変更で活躍した人
教えられる先生
「ローリー・ニコルという先生は」
早いクロス スピンが好きらしい
気を使ってくれているのは事実

久美子先生「貫禄がすごくある、私が1つ上」
信夫先生「同じワールドに出た」
久美子先生「ジョン・カーリーのアイスショー」

ザンナさん来日
真央自身は日に日にジャンプのほうが一番になってくるので
「強さ」
見ていてワクワクしているだけでなく
強さを出すように
ザンナさんも注意していた

昔は7~8時間
短い練習時間

苦労したところ

徐々に意識改革
4分の中で燃焼する
長距離型ではなく
辛かっただろうが私は満足

腰2週間

会場入り
普段通り
久美子先生「リンクにいる方が楽」
調子のいい時は怖い
欲が出る
無欲になれなくてそこがひっかかったのかも

久美子先生「もっといい状況を見ていたので
もっと何かしてあげられなかったのか」


アルメニアのリンク
※大事な個所なので補足します。

アルメニアのリンクで滑ったあと、真央ちゃんからエッジの研ぎ直しを依頼された。
それもフルで。
しかしすべていじってしまうと影響が大きすぎるので一部を処理するにとどめた。
信夫先生は必要がなくても必ず手で砥ぎ直しができるよう用具を一式持参している。
今回それが初めて役に立った。

※つまりソチのショートもフリーも真央ちゃん本人が望んだ靴の状態では「なかった」ということです。
※真央ちゃんも信夫先生も調整を中京大学のリンクを希望していた。しかしスケ連がアルメニアのリンクに無理に行かせた。
タチアナ・タラソワ先生もアルメニアではなくロシア国内で練習ができるようリンク使用を申し出てくれていた。
※問題ばかりのアルメニアのリンクを事前に「荒川静香」が視察してOKを出している。


信夫先生
不要だがオイルストーン
多少はあったから
6分前練習の前に言われた
ようすが変わるので触らなかった
魔物が住んでいる
結局は心の中の問題かと想像している
コンディショニングの持っていき方に
??がってなかった
(自分の書いた字が汚すぎて読めない)


精神から
プレッシャーが本人にあったのかなと
リンクサイドで見ていて
「普段通りだなよしよし良かったな」

久美子先生
いい顔で出てきた
いけるな
ふにゃふにゃした
まあまあ練習通りできてよかったな
次の日から??きた
空港でありがとう
真摯、日本中涙涙で大騒ぎ

信夫先生
狐につままれたようだ
前の日はなんだったんだ
こんちくしょう

信夫先生
コストナーがよかった
点数については言うつもりはない
100%
猛烈なスピード
若いころの彼女
長い努力 よかったな
スケートの部分
感情を出している

久美子先生
コストナーがトータル的によかった
ユナが悪かったわけではない
もっと好きずきというか
画面で見て楽しい
(言葉を濁す)

小林れい子さん登壇

手に赤い表紙の本を持っている
れい子さん
赤本
毎年配られる
基準になる

SSの評価
エッジのコントロール
自由に使って明確な
技術
スピード
変化させるところを見ると
10秒か15秒でわかる

信夫先生「ほぼ」「どのレベルのスケーターか」


TR
れ 工夫がしてあるところ
はにゅうくんはカウンターというステップから3Aを跳ぶ
スピードを落とさないでやる
関係ある
技術にも
ターン前回

スリーターン
片足でやる中では一番優しい
選手としても3~数か月
体が傾いた方向に弧を描く
トレースのあとが3に似ている

ブラケットターン
{ のことブラケット
大括弧、コンパルソリー的にみたら数年かかる難しい

カウンター
さらに難しい
(反対側)

ロッカーターン
INかOUTかフォア
バックワード
ワールドで滑れるようになるには5~6年では無理
これはと思われるようになるには10年かかる

コンパルソリー
100年
とんでもなく難しい
フィギュア
青春を費やしていくのか役員の方が

PE
出来栄え
エレメンツ
赤本
体の動き
感情
知性の表現
TRであんまり失敗がないと上がってくる

CC
独創性
配分
統一性
まんべんなくバランスよくできているか

IP
音楽にあった無駄のない動き
音がダンと鳴ったときにジャンプを跳んでいるか
子供たちに言っている

スピン

久美子先生
コストナー
今までは突っ走っていく
強弱
氷の上でなければできない表現
スケートの部分を活かした非常にマッチしたプログラム
ユナも素晴らしい
どこも欠点がない
コスも素晴らしかった

信夫先生
まわりでは何かあったようですが
わたしたちはそういうことを考えずに
素直にいいオリンピックだったと

コスの10
シングルではこれだけ出ることはない

れい子さん
5~7点以上 木に出る選手(木ってメモの意味がわからない)
5点 あまりドキドキしないが基準

TRのジャッジ
れい子さん
checkをつけて幾つくらい入っているか
自分がわかるように書いておく

1 音楽はただのBGMである、点数はつけられない
6 ミスが幾つかあるが平均より上
7 些細なミスがあっても魅力的
8 観客がもっと見たいと思う
9 歴史に残る名演技
10 卓越

GOE
ジャッジパネル
0~+3
(※当時は-3から+3)
カットして平均
9-2 7人の平均
ランダム

ソトニコワ
信夫先生

非常にひとつひとつが正確にできていた

全体を漠然と見ていたので記憶に残っていない
ここで話すのは適切ではない

コントローラー
スペシャリスト
アシスタント
3人でモニターを見ながら各ジャッジのところに報告される
多少違う見方
難しさ


事前に募集された参加者からの質問

浅田真央選手から学んだこと

信夫先生
そういう考え方もできるんだと思ったこと
無駄な時間ではなかった
一人の選手を徹底的に追い込むので
反発する時もあるが
なんとか受け入れようとしていてうれしく思う

質問 どこを見ているか
信夫先生 ライン

質問 頻繁にルールが変わる
信夫先生
ルールがどう変わろうと構いません
私は何も不満はないです
ただあまりにも細かいことを次から次まで言うことで
個性あるプログラムが減っている
文句ばかり言っていると取り残される
快く元気にそっちに向かっていく


質問 SP→FS コーチとして
信夫先生
技術的に欠けたとか特別なことはなく
あなたが練習でやってきたことを
そのまま表現できれば
苦しんで苦しんでやってきたこと

浅田真央選手の素顔
明るくて好き嫌いがはっきりしている
一緒にいて楽しい


質問 (同じ質問が複数あったとのこと)
理想のスケートについて

信夫先生
決めようとしていない
ここまでできるんだったら
その先があってもいいんじゃないの
最高いいものでもその瞬間のもの
その先を見ている


質問 見た目と点数が違う
信夫先生
好みの問題
そのときそのときの流れ
大会によって違う
自分はどこを見るというポイントを
外さないで見ると楽しい
面白いスポーツ

好きなスケート
れい子さん
個人としてこういうスケートが好きだなというのは
やっぱりこれスポーツなんで
真央ちゃんのように3Aという一番難しいジャンプ
あの人の生きがいを貫く
個性を楽しむ
TOP選手を見ると面白い

信夫先生
流れのあるスケート
スピードという要素がある
ガタガタしない
言葉では表現できない何かを醸し出している
高度なジャンプ
とんでもないスピン
雰囲気のあるスケーター

質問 子供たちに
久美子先生
ルールを意識しない
好きなスケートを見たい
ジャンプは高く大きく
スピードが一番の武器
スピードがあればちょっとくらい何かがあっても通り過ぎちゃう
スピードは七難隠す
スピン早く回れば一番


ペア
3~4時間本当は
40~50分滑れると今日はよく滑れたね
リンクの話

れい子先生
「<」がついているよ
少し足りない <<
1回転半の判定ダウングレード
はジャッジにはわからない
eはジャッジにわかる
必ずマイナスしなさい

真央選手のフリーの2A+3T<
(※GOEにマイナスがない、評価が0から1)
ジャッジはOKと思っている
(※セカンドの3Tが回りきっていると思っている)
ビデオ判定でわかるくらい

記者の後藤さん
「(真央ちゃんの)点が低くないか」

信夫先生
世界のジャッジがこう判断した
見た人の印象で判断される


浅田真央選手のフリー
バランスが良い
6種類跳べる
各々跳べる

ヨナはジュニア時代からループで苦労
とてもいいバランスのプログラム

信夫先生「ちょっと中途半端」

久美子先生
滑走順もあったかもしれないし
5コンポーネンツの点はジャンプが完璧に入っていたら上がる
別々の要素ではない
引かれても仕方のない範囲
フィギュアスケートの一番嫌なところ
滑走順


信夫先生
正月明け プログラムどうしようか
3Aを2つ入れるのは肉体的に非常に負担が大きい
1個にしようと話をしようとしたら
(真央ちゃんのほうから)1つの方がいいと思います
おおよしよしと思い
そうかわかったと答えた
真剣に考えればおのずから出てくる答え
やっと理解してくれるようになった
それが一年前にわかってくれればワールドはもっとよくなった

久美子先生「シーッ」


↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
佐藤信夫先生 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/09/14 11:06

佐藤信夫先生の講演会「フィギュアスケートの世界」




フィギュアスケートの世界
2013/14 オリンピック・シーズンを振り返って

講師 日本フィギュア・スケーティング・インストラクター協会会長 佐藤信夫
朝日新聞スポーツ部記者 後藤太輔

2014年6月28日 19:00-20:30
新宿住友ホール


信夫先生が「好みのタイプの滑りをするスケーター」だとおっしゃるカロリーナ・コストナーと久美子先生が「欠点がない選手」とおっしゃるKY。

あいさつ

おおおおおおおwwwww

違いすぎる


2014年ソチ五輪で大きな感動を呼んだフィギュアスケート。浅田真央選手、小塚崇彦選手ら第一線で活躍する選手たちのコーチを務める佐藤信夫さんが、2013/14オリンピック・シーズンを振り返り華麗なる競技の裏側を伝えます。
コーチならではの視点でフィギュアスケートの基礎知識と鑑賞のポイントも楽しく語ります。
聞き手は朝日新聞スポーツ部記者でフィギュアスケート担当の後藤太輔さん。


華麗なる競技の裏側を伝えます。

なんだと!www

これは絶対に行かずばなるまい!ということで行ってきました。
そして三年後のいまになってレポをあげるというねww

会場に入るときにすごいものが配られたんですよ。
ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングル四名のフリーのプロトコルです。
ソトニコワ、キム、コストナー、真央。

これを配るということは!!!と思うじゃないですか。

ついにマスター・ノブーオが口を割るのか!と思ってしまうじゃないですか。

なんというチャンレンジングな講演会なんだ!
朝日新聞スポーツ部の記者後藤太輔さん!いいぞいいぞ!お名前はごとう・たいすけさんなのね!
キャータイちゃーん!

と始まる前から脳内は騒然となりました。

そしてまたこのプロトコルがムカつく内容なんですよね。
実際の演技とまったく無関係に「勝たせたい選手」にだけ大盤振る舞いをしているわけです。
例によって。

そしてなぜか浅田真央だけがきったねえプロトコルにされているんですよ。

引きに引き、下げに下げ、削りに削って五輪六位。

フリーだけでも160点出さなきゃおかしいでしょ。と今でも思いますし今になるとますます「おかしい採点」への怒りが猛烈につのりますね。

ノブーオがついに「物申す」のか!

お山が動くか!

結論から申しますと「信夫、あんた・・・!」という内容でした。

ノブーオの頑固で一途で一徹な燃える「侍魂」に反比例するようなきゃわわな外見と穏やかな物腰、そして「スケートのエレメンツ、その可愛いすぎる実演」で会場全体が「可愛い」「可愛い」「可愛い」の嵐www
いや可愛くないと思われた方も中にはおいでだったでしょうけれど、個人的には「まさかの浅田真央超え」の可愛らしさをふりまくマスター・ノブーオに「くっ・・・!これが・・・!フォースの力・・・!」と膝から崩れ落ちそうでした。

で、なにゆえ「信夫、あんた・・・!」だったかとこれも結論から言いますと繰り返し巻き返し俺たちのタイスケさんが「先生、採点は」「先生、お手元のプロトコルは」と水を向け話を寄せていき質問で催促し続けたのにもかかわらず「採点について生涯何も言うことはない」「採点について何かを言える立場ではない」と断固として口を割ることはなく、タイスケさんの非常なガッツにもかかわらず「言わない」ことだけを何度も何度も強調なさっておいででした。
ある意味で「言うもんか、言えるもんか」と激昂したかのような激しい口調をあのきゃわわさで放つわけです。
どうしようwwww

もうね「いいから酒を持ってこーい!」ですね。「酒だ酒!ノブーオ、いいから呑んで!そしてしゃべって!あとでなんか言われたらいや~あのときは酔っててね、つい思ってもいないことが出ちゃったよ~☆伝えきれないたくさんの思いってヤツかな~☆でごまかすのよ!」「痛風にはアルコールはよくないの?あらやだじゃあアサヒのノンアルコールドリンクよ!真央がコマーシャルやってたやつ!そう!スタイルフリー!これで酔ったふりをなさい!」と時空を超えたことを思ったりして。
(※真央ちゃんがアサヒのスタイルフリーCMに出演したのはこの講演会の後です)
(※荒川静香のやらかしはいつものことです)

このときばかりは戦争中のクシャナさんになって「今言わずにいつ言うのだ!いいから吐け!」とオーダーしたくなりましたね。

でもノブーオが本音を吐くと、教え子たちが今よりもっと試合で不利益な採点をされるのは確定ですからそれは「言えない」ことですよね。

佐藤先生は「新採点システム」の良さを伸ばし、選手の実力向上のため「善き運用」をしていきたい、していかなければいけない、していけるはずだ、という「性善説」を採用している。

佐藤先生が本当に純粋にフィギュアスケートを愛し、喜び、楽しんで、「風のような速さで駆け抜ける」スピードのある強く正しく美しい演技を理想となさっていることからもわかるように、純粋で、尊くて、貴重なスタンスだと思います。

ただ現状が「実際に政治的なかけひきがまかり通っている」中でその清廉な姿勢でいるということは、自分のような部外者からは少々もどかしいところでもあるのです。

「言えない」のだろうなあ。

潔い。本当に。

浅田真央がそうであるように言い訳を一切しない。

「ルールを守る」こと以外何もしていない。

逆に「ルールを守る」というたったひとつのそして一番大切なこと以外は全部やらなければいけない、不正採点を続行したい人たちのほうがてんてこまいの大忙し。
大変ですよね、あらゆる綻びを追い続け「なかったこと」にしなければいけないのだから。

一度でも手を染めてしまうと離脱させてもらえないだろうしね。

逆に言うと「ルールを守る」こと、「正々堂々と実力で勝つ」ことを目標に掲げた浅田真央は、実は最短距離で王者への道を歩んでいるのかもしれない。彼女はスケートが好きで滑りたくて試合に出たくてそこで勝ちたくて、そのために日頃の努力と練習を積み重ねているわけで、すべてがある意味で自分のためだし自分がやりたいことをやっている。

不正採点や妨害や嘘や中傷や嫌がらせや、酷いことは無数にあっただろうけれど、だけど「スケートをする」ということを彼女から奪うことはできなかった。

彼女が現役を退いてもその名声は衰えないだろうし、プロに転向した後も盛名はいや増すだろう。赫奕と。


後になって本人だけが言えること「すべてが貴重な経験になった」「あれがあったから今の自分がある」という想いを、すでに持っているだろうし、好きなもののためだったらどれほど真摯に真剣にすべてを傾けて悔いないか、フィギュアスケートそのものへの深い愛情を、その熱い思いを、わたしたちはこれだけ長時間にわたって彼女から証明し続けられている。

ソチが終わってすぐの時期ではわからずにいたことが、改めて振り返ることで見えてくる。

ノブーオ老師はどんな思いでソチに挑んでいたのだろう。

思い出しながら確認しながら、手元のメモをもとに書いてみます。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
佐藤信夫先生 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/09/14 11:03

重量挙げ選手がドーピングで今大会初のメダルはく奪、リオ五輪からも追放へ




重量挙げ選手がドーピングで今大会初のメダルはく奪、リオ五輪からも追放へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3097409/18155704?cx_part=popin
2016年08月19日 09:42 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

【8月19日 AFP】(更新)スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、リオデジャネイロ五輪の重量挙げで銅メダルを獲得したキルギスのイッザト・アルティコフ(Izzat Artykov)が、ドーピングにより失格処分になったことを明らかにした。メダリストが追放されたのは、今大会では初となる。

CASの発表によると、9日に行われた男子69キロ級で銅メダルを獲得したアルティコフからストリキニーネ(strychnine)の陽性反応が出たとしており、反ドーピング部門は声明で「アルティコフはメダルをはく奪され、五輪から追放されることになった」と発表した。

アルティコフからはく奪された銅メダルが再分配されるかについては、国際オリンピック委員会(IOC)と国際ウエイトリフティング連盟(IWF)が決定する。

アルティコフは試技で計339キロを記録し、4位のルイス・モスケラ・ロサノ(Luis Mosquera lozano、コロンビア)をわずか1キロ差で抑え、メダルを獲得していた。(c)AFP




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/11 17:53

リオ市警がバッハ会長の参考人聴取を要求、五輪チケット不正販売で




リオ市警がバッハ会長の参考人聴取を要求、五輪チケット不正販売で
http://www.afpbb.com/articles/-/3100285?cx_part=txt_topics_sports
2016年09月09日 11:10 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

bach2016.jpg

【9月9日 AFP】ブラジル当局は8日、リオデジャネイロ五輪のチケットの不正販売をめぐる捜査で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長を参考人として聴取する意向を示した。

リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)市警の捜査官によれば、今回の事件で容疑がかかっているアイルランド・オリンピック評議会(OCI)のパトリック・ヒッキー(Patrick Hickey)会長からIOCのバッハ会長へ、リオ五輪のチケットを要求する旨のメールが送信されていたことが確認されたといい、「ある不透明な点について明確にするため、メールに名前が挙がったトーマス・バッハ会長を参考人として聴取する方針だ」と語った。

バッハ会長は7日、リオデジャネイロ・パラリンピックの開会式を欠席し物議を醸していた。

ヒッキー氏が、2015年7月に自身へのリオ五輪のチケットの割り当てを増やすよう求めるメールをバッハ会長に送っていたと明かす別の捜査官は、「バッハ会長は返信しなかったが、われわれはヒッキー氏がリオ五輪のチケット296枚を余分に入手していることを確認しているため、IOC会長の聴取を希望する」と話している。

問題となったメールは、今回の事件で逮捕されたアイルランド・オリンピック評議会の別の容疑者から押収したパソコンから発見されたといい、市警によれば、闇市場で取引されたチケットの利益は推定約300万ドル(約3億円)に上るという。(c)AFP


マーベラスな展開ですね、バッハ氏!!!!



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/09 23:35

イシンバエワ、IOC選手委員に




イシンバエワ、IOC選手委員に
http://jp.rbth.com/arts/sport/2016/08/19/622519
2016年8月19日 アレクセイ・モスコ
リオ五輪から除外されたロシアの棒高跳び選手エレーナ・イシンバエワがIOC選手委員に選出された。

18日、五輪二冠のロシア女子棒高跳び選手エレーナ・イシンバエワ(34)がIOC選手委員に選出された。投票にはリオ五輪に参加している5185人の選手全員が参加した。IOC選手委員会の4つの欠員を補うべく23人が立候補した中で、イシンバエワは1365票を得票した。

イシンバエワ自身もリオ五輪に出場するはずだったが、国際陸上競技連盟(IAAF)の決定により、他の全てのロシア人陸上選手とともに、大会から除外された。

イシンバエワ以外の今回の選手委員当選者は、ドイツのフェンシング選手ブリッタ・ハイデマン(1603票)、韓国の卓球選手ユ・スンミン(1544票)、ハンガリーの競泳選手ダニエル・ギュルタ(1469票)。

選手委員会はスポーツ選手たちの利益を代表するIOCの諮問機関。委員会の決定はIOCの指導機関にとって勧告的意義をもつ。イシンバエワを含め、委員の任期は8年。これまでロシアを代表して競泳選手アレクサンドル・ポポフが委員に名を連ねていたが、8月21日をもってその権限が切れる。イシンバエワが新たに委員となることで、ロシアは委員会に自国の代表者を残すことになる。


IOCとのより効果的な対話を目指す

ロシアの当局者らはイシンバエワの選出を「ロシアのスポーツ界の貢献が認知されていることの表れ」であるとしている。ロシア陸上競技連盟のドミートリー・シュリャフチン会長はタス通信のインタビューで、「イシンバエワはスポーツで偉大な成果を残しており、権威がある。ロシアがスポーツ界における国際的地位を高めることを助けてくれるだろう」と語っている。

イシンバエワ本人は、IOCとロシアの間により生産的な対話を打ち立てることを試みる、と述べている。「まず第一に、選手の権利を守る。こんにち、そのことは非常に重要だ。選手の声が聞き入れられなければならない。ロシアとIOCをつなぐ橋となれることは嬉しい」。タス通信が伝えた。




女子アスリートの広告契約
http://jp.rbth.com/arts/sport/2015/05/08/52847
2015年5月11日 チムール・ガネーエフ、ロシアNOWへの特別寄稿, ロシアNOWへの特別寄稿

フィギュアスケートの若手ユリヤ・リプニツカヤは、ドイツの「アディダス」社のCMに出演し、ブランドの顔になった。五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワは、テニスのマリア・シャラポワと同様、アメリカの「ナイキ」社との提携を選んだ。棒高跳びのエレーナ・イシンバエワは、中国市場に目を向けている。

(中略)

エレーナ・イシンバエワ(32)
東洋重視

棒高跳び5メートル台の世界記録保持者で、五輪で金メダルを二度獲得しているエレーナ・イシンバエワは、ナイキ、アディダスとの契約にはいたらなかったが、アジアにスポンサーがいる。
中国のスポーツ用品メーカー「李寧」と2009年、陸上選手としては過去最高額となる150万ドル(約1億8000万円)の5年契約を結んだ。


スポンサーである中国のためにもこれから何か活動をするんですかね。
ドーピング「問題」で出場できなかったリオ五輪でIOC選手委員に選出。
イシンバエワさんから目が離せません。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/09 01:36

リオ五輪が閉幕、IOC会長は「マーベラス」と称賛―「安倍マリオ」も登場




リオ五輪が閉幕、IOC会長は「マーベラス」と称賛―「安倍マリオ」も登場
2016年08月22日 12:47 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル
http://www.afpbb.com/articles/-/3098271?utm_source=yahoo&utm_medium=news

【8月22日 AFP】リオデジャネイロ五輪は21日、マラカナン・スタジアム(Maracana Stadium)で色彩にあふれた情熱的な閉会式が行われ、2020年夏季五輪で最高の大会を目指している東京にバトンが引き継がれた。

スポーツの感動ドラマに競技外の騒動が加わるなど、波瀾(はらん)に満ちた2週間となったリオ五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は、現地ブラジルで「マーベラス」な大会だったと称賛した。

「マーベラスな街で、マーベラスな大会になった」と素晴らしさを強調したバッハ会長が大会の閉幕を宣言すると、聖火は消えていった。

「五輪はこれからの世代に比類なき遺産を残していく。リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)はその歴史とともに、素晴らしさが増した五輪後の様子が語り継がれていくことだろう」

雨や風を防ぐために大勢のファンやアスリートたちがポンチョをはおりながら参加した閉会式では、きらびやかな花火が打ち上げられ、ブラジル文化や音楽に彩られたショーが披露された。

笑顔で手を振るアスリートたちが踊りながらスタジアムに入場し、セルフィーを取り合ったりする中、リオ五輪が幕を閉じた。

閉会式では2020年東京五輪のプレゼンテーションが行われ、ゲームキャラクターの「スーパーマリオ(Super Mario)」に扮(ふん)した安倍晋三(Shinzo Abe)首相も登場した。(c)AFP/Talek HARRIS


で、出たー!
実際に起こったことを「なかったこと」にするIOC会長あいさつ!
案の定よ!
「マーベラス」で片づけてきたよバッハ氏wwwww

「地獄へようこそ」という現職警察官による空港でのバナー掲示からはじまり、現職大統領が職務停止、理由は賄賂、そしてそして、もう列挙しきれないwww問題山積だったこの五輪。

「マーベラス」ってバッハあんたwwwwww





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/09 00:51

バッハ会長は「現時点で」パラリンピックの観戦予定なし、IOC発表





バッハ会長は「現時点で」パラリンピックの観戦予定なし、IOC発表
AFP=時事 9月8日(木)16時19分配信
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160908-00000029-jij_afp-spo

【AFP=時事】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、リオデジャネイロ・パラリンピックの開会式を欠席したトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長について、「現時点では」開催国ブラジルに行く予定はないと発表した。

パラリンピックの開会式にIOCの会長が欠席するのは、1984年大会以来初めてのことで、ロシア選手の出場を全面的に禁止した国際パラリンピック委員会(IPC)との意見の相違が理由であるとの臆測が流れている。

IOCはAFPの取材に対し、バッハ会長は先月死去したヴァルター・シェール(Walter Scheel)元西ドイツ大統領の葬儀に出席することになったため、「当初計画していた」開会式に参加できなくなったと回答。さらに「現時点では、会長がブラジルに向かう予定はない」と補足した。

ブラジルのテレビ局グロボ(Globo)をはじめ地元メディアによれば、リオデジャネイロ五輪のチケットを不正販売した容疑で、先月17日にブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の高級ホテルで逮捕されたアイルランド・オリンピック評議会(OCI)のパトリック・ヒッキー(Patrick Hickey)会長について、ブラジル当局がバッハ会長に聴取する意向を示していたとされている。

この件についてもIOCは、「新聞の記事や、推定無罪の公算が大きいヒッキー氏に関する現在進行中の訴訟について、IOCはコメントできない」とすると、「IOCとしては、言葉を挟まないことで、この問題に協力するつもりだ」と述べるにとどまった。【翻訳編集】 AFPBB News


えー、ひどくない?

>パラリンピックの開会式にIOCの会長が欠席するのは、1984年大会以来初めてのことで、ロシア選手の出場を全面的に禁止した国際パラリンピック委員会(IPC)との意見の相違が理由であるとの臆測が流れている。

思いっきり「政治的行動」じゃん。

IOCの内輪もめのしりぬぐいを選手に押し付けるんじゃない。全部見ろよって思うわね。

それともカネにならないから参加しないの?

オリンピック開会式では韓国人とニヤニヤペチャクチャ「政治的行動」をとっていたしほんっとにきな臭いわね。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/09 00:47
 | HOME | Next »