スキャンダル続きのケニア五輪委員会、事務局長が逮捕される




スキャンダル続きのケニア五輪委員会、事務局長が逮捕される
2016年08月27日 12:55 発信地:ナイロビ/ケニア
http://www.afpbb.com/articles/-/3098837

【8月27日 AFP】リオデジャネイロ五輪でスキャンダルや不祥事が続いたケニア五輪委員会(NOCK)のポール・フランシス(Paul Francis)事務局長が26日、同国の警察に逮捕された。

ケニア警察は匿名情報として、「リオ五輪での問題をめぐり、ポール・フランシス容疑者が逮捕されたことは事実だ」と明かし、「これは五輪期間中におけるケニア代表選手団への管理怠慢、およびキット横領などのスキャンダルをめぐる捜査の一環だ」と述べた。

ケニアのハッサン・ワリオ(Hassan Wario)スポーツ相は25日、NOCKの即時解体を宣言していた。

五輪活動にまつわる汚職や不祥事の疑惑を捜査している警察職員から24日に事情聴取を受けていたワリオスポーツ相は、国内のスポーツ施設の管理などを行うスポーツ・ケニア(Sports Kenya)の主導の下、新たな五輪委員会を結成すると表明した。

ワリオスポーツ相が「トラブル」や「事故」、そして「派遣の不手際」などがケニアの五輪を汚したとNOCKを断罪したのに対し、フランシス容疑者は、リオ五輪での混乱は政府の責任だと反論していた。

これらの批判合戦につながったNOCKの不祥事にもかかわらず、ケニアはリオ五輪で(金6個を含む)合計13個のメダルを獲得し、国別のメダル数ランキングでは、アフリカ勢で最高の15位に入った。(c)AFP




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/27 16:29

日本陸連 荒井の失格裁定を不服として上訴「カナダ選手のひじが先に…」




日本陸連 荒井の失格裁定を不服として上訴「カナダ選手のひじが先に…」
http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2016/08/19/kiji/K20160819013202071.html
[ 2016年8月20日 02:00 ]

日本陸上競技連盟は男子50キロ競歩で3位でゴールしながら失格になった荒井広宙の裁定を不服として、国際陸上競技連盟に上訴したことを明らかにした。日本選手団の麻場一徳監督は「鈴木審判長の目でも不可抗力に映っている。お互いバランスを崩しているし、日本側からするとカナダ選手のひじが先に当たっているように見える。納得が行かない。上訴をしている」と説明した。

問題のシーンは残り1キロを切ったところ。荒井が後ろから抜きにかかるところでダンフィーの左肩付近と接触した。その後、ダンフィーはよろけた。レース後の荒井は「近くて当たってしまった。競歩は腕振りが大きいので、接触はどうしてもある」と語っていた。

カナダ陸連がレース後すぐに抗議。レース審判長がこの訴えを認め、荒井を失格、ダンフィーが4位から繰り上がって3位で確定した。日本陸連がこれに対して上訴した。

上訴の審議は5人のメンバーでされ、多数決で採択されるという。荒井の行為が失格にあたるかどうかが議論の対象になる見込み。

その後、日本の訴えが認められ、銅メダルが確定した。



競歩・荒井、接触選手から「謝ってきてハグした」 選手間に問題なし
2016年8月20日 6時24分
デイリースポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/11911277/

「リオ五輪・陸上男子50km競歩」(19日、ポンタル周回コース)

3番手でゴールしながら、レース中の接触により失格処分を受けていた日本の荒井広宙(ひろおき、28)=自衛隊体育学校=は、失格取り消しを求めていた日本側の上訴が認められ、銅メダルを獲得した。一度は幻に終わったかに思われた日本競歩界初のメダルが復活した。天国から地獄、そして再び天国へと紆余曲折を経てのメダル確定に、荒井は「選手同士に問題はなかった」と、レース直後は接触があったダンフィー(カナダ)とハグをしていたことも明かした。

レースの残り500メートル付近で3位争いを繰り広げていた荒井とダンフィーが接触。その後、ダンフィーがフォームを崩して失速し、荒井が表彰台を守りきった。しかし、カナダチームからの抗議で、一度、荒井は失格処分となっていた。

ただ、ダンフィーとは「カナダの選手から謝ってきてハグした。選手同士に問題はなかった」としこりはなかったという。荒井自身は「悪いこと(失格になるようなことをした)とは思ってなかった」と問題なしと感じていたが、不安な思いは胸の中で渦巻いていた。

「ゴールしてカナダが抗議したと聞いて、失格になるかと思ったが、皆さんのおかげ、無事確定しました」と振り返った荒井。「ダメだったらどうしようとか、でも獲れたらどうしようとか考えていた。結果として獲れて感謝しています」と紆余曲折を経てのメダル獲得に、喜びをかみしめた。

当初、失格となったことには「なんでかなと。納得ができなかった。ぶつかることは、よくあるので」と不服にも感じていたが、日本陸連の上訴が認められ、一度は幻に消えたかと思われた銅メダルが荒井に戻ってきた。「陸連の人たちがあきらめずに対応してくれて良かった。この先、世界選手権も東京五輪もあるので、もっと上を目指していきたい」と今後を見据えた。

デイリースポーツ





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/20 11:02

【五輪ボクシング】不可解判定でロシア選手に敗れたアイルランド選手 プーチン大統領に宛てて「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?!」




【五輪ボクシング】不可解判定でロシア選手に敗れたアイルランド選手 プーチン大統領に宛てて「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?!」
2016年8月18日 1時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/11902129/

不可解な判定が続発しているリオデジャネイロ五輪ボクシングで、初戦でロシア選手に敗れた男子バンタム級のマイケル・コンラン(アイルランド)が16日、ツイッター上で「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?」とロシアのプーチン大統領にかみついた。

英メディアなどによると、ロンドン五輪銅メダリストで、昨年の世界選手権王者のコンランは、16日にウラジミール・ニキチン(ロシア)と対戦。試合を完全に支配しながら、判定で敗れた。会場は判定に異議を唱えるブーイングで包まれた。コンランは中指を立ててジャッジに不満を示した。

コンランは試合後、「国際ボクシング協会(AIBA)はクズだ。もう二度とAIBAのためには戦わない。500万ユーロ積まれても戻らない」と吐き捨てた。

その上で、「金メダルのためにリオに来て、だまされた。もう五輪には出ない。ほかの選手にもAIBAのために戦わないよう助言する」と、アマチュアボクシングとの決別を宣言した。

「五輪の夢を強奪された」と憤るコンランはさらに、「ロシア選手は今回ドーピングをする必要がなかった。なぜならジャッジにカネ(賄賂)を渡していたからだ」と述べ、矛先をロシアに転じた。

コンランの怒りは、試合後しばらく経っても静まらず、ツイッター上で、プーチン大統領を挑発する事態に発展した。

リオ五輪では、男子ヘビー級決勝でも、ロシア選手を優位とした判定にブーイングが起きた。「世界中で最も腐敗した組織」と罵られたAIBAは、「コンランの落胆は理解できるが、AIBAは公平に努めている。彼の主張は根拠を欠くが、意見を発するのは自由だ」と、人ごとのように振る舞っている。(五輪速報班)



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/18 11:13

IOC理事、五輪チケット不正転売か 拘束




IOC理事、五輪チケット不正転売か 拘束
http://news.livedoor.com/article/detail/11902373/
2016年8月18日 5時10分

IOC(=国際オリンピック委員会)の現役理事が、リオオリンピックのチケットを不正に転売したとして、ブラジル当局に身柄を拘束された。

リオ市内のホテルの部屋に警察が踏み込んだ際の様子が、映像に残されていた。

警察「パトリック・ヒッキーさんですか?」

ヒッキー理事「そうですが」

IOCのパトリック・ヒッキー理事は、アイルランドのオリンピック委員会の会長。警察によると、ヒッキー理事は、イギリスのチケット会社幹部らと共謀してリオオリンピックのチケットを不正に転売した疑いが持たれている。

転売されたチケットは、開会式・閉会式やサッカーなど高額なものばかりで、正規料金が15万円のチケットが80万円以上で転売されたケースもあったという。

警察の会見「(ヒッキー理事が出国できないよう)パスポートを押収し、捜査のためパソコンも押収した」

警察は、アイルランドのオリンピック委員会に割り当てられたチケットが転売されていた可能性もあるとみて捜査している。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/18 11:07

オリンピック応援禁止令?--ツイート禁止通知と「アンブッシュ」規制法の足音



ひでぢいさん、コメントありがとうございます。


2016/08/09 ひでぢいさん

オリンピック応援禁止令?--ツイート禁止通知と「アンブッシュ」規制法の足音

今日のヤフーニュースからひろってきました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-35087137-cnetj-sci

こんなんでメダル剥奪って

それならヨナはどうなんだい。ってなもんですよ(怒)


そうそう!あたしもびっくりしました。なんじゃこりゃって。


オリンピック応援禁止令?--ツイート禁止通知と「アンブッシュ」規制法の足音
CNET Japan 8月9日(火)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-35087137-cnetj-sci

アスリート達が怒っている。いや、ドーピング以外で。

何かといえば、米国オリンピック委員会(USOC)の通達をめぐる対立の報道だ。「#RIO2016」でのツイートなど、いよいよ開幕のリオ五輪をめぐる企業のソーシャルメディア投稿を禁止したと報じられた。

一部選手のスポンサー企業などに宛てた通知では、ゲームの結果をつぶやいたり、IOCなどの公式アカウントの発言をリツイートしたりシェアすることも禁じたという。実際、すでにオリンピックなどの用語はもちろん、こうしたハッシュタグもUSOCが米国で商標登録している。「Tokyo2020」も、もちろん取っている。

選手を応援するツイートなどをすると、最悪ではメダルはく奪もある、とBBC。これに選手の一部が猛反発。有名選手の批判ツイートなども飛びかった。

「自分のスポンサーから『グッド・ラック』って言われただけで失格するかもしれなくて、薬物使用はOKな訳?」(7種競技のケリー・サザートンの7/26ツイート)

まあ、怒る理由もわかる。なぜツイート禁止なのか?企業だって仮にも市民社会の一員だ。別にオリンピックを応援しようが良いじゃないか、とも思える。カギは、「アンブッシュ・マーケティング」(便乗商法/便乗広告)という言葉だ。最近、広告業界では頻繁に耳にする単語だろう。公式スポンサーでない企業が、オリンピックなどの巨大イベントに便乗してマーケティング活動を行うことをいう。たとえばオリンピックの時期に企業が選手を起用したCMなどを打つのは、間接的なオリンピックへの便乗だと言われる。

つまり、オリンピックの名前やロゴの利用はもちろん、それを連想させる広告も公式スポンサーの専権という訳だ。「公式スポンサー」というと、TOPと呼ばれるワールドワイドのスポンサーで、コカ・コーラ、GE、トヨタ、VISA辺りが並ぶ。大企業揃いだ。

この「アンブッシュ・マーケティング」だが、結構厳しくて、日本でも東京招致が決まってから、一気に広まった。JOC(日本オリンピック委員会)が便乗商法の疑いリストを各所に通知したのだ。元はといえば本体のIOCの要請なのだが、それに基づいて広告審査機構(JARO)が公表したNGワード集はなかなか刺激的だ。

同機構によれば、「結論から言ってしまえば、いかなる文言を使用しようとも、商業広告でオリンピック東京大会を想起させる表現をすることは、いわゆる便乗広告として不正競争行為に該当するおそれがあり、JOCやIOCから使用の差し止め要請や損害賠償請求を受ける可能性がある」。懸念される言葉として、次のようなものが並ぶ。

東京オリンピック・パラリンピックを応援しています
祝2020年開催
東京で未来の夢を実現
祝・夢の祭典
7年後の選手を応援しています
「東京」「2020年」の使用(セット・単体ともに)

などなど。応援、はもちろんいけない。祝うのも駄目。東京で夢を実現なんてもってのほか。最後の「セット・単体ともに」が特にすごい。広告に「東京」とも「2020年」とも書いてはいけない。無論、文脈によるとの注釈があるが、どんな文脈だろうが普通「2020年だけで危ない」とは言わないだろう。

つまりオリンピックに近づくな、である。これだとオリンピック前後には選手のCM起用はもちろん、飲食店が「サッカー●●戦中継中、皆で応援しよう」というポスターを貼るのも、一般の企業や施設が「東京にようこそ!」とか「●●選手がんばれ!」という看板を掲げるのも、全部典型的なアンブッシュとなりそうだ。

おいおい、何かの冗談なのか?イベントだぞ?バズってなんぼだろう。オリンピックという言葉が世の中に溢れるのを阻止したいとさえ見えるが、本当にそれで良いのか。

執筆:福井健策(弁護士・日本大学芸術学部 客員教授)


いやはや。
なんつーか。。。

オリンピックって過去には「アマチュア選手のみ参加OK」だったわけだし、「五輪の商用利用禁止」だったでしょう。
それがどんどんカネカネカネでルールもばんばん変更するしカネさえあればメダルも買える、と南朝鮮が証明した。
ドーピング問題なんかも「完全に政治的かけひき」ですよね。
なんでもありになっている。

米国オリンピック委員会(USOC)の通達によるこの「禁止令」、完全な「私物化」に他ならないし、「こんなコト」で失格にされるのってほんとどうかと思いますよ。
わたしなんか腹黒いからすぐ「おっ悪用し放題じゃん」と思いますけどね。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/08/10 23:11

リオ五輪会場で切断遺体=ブラジル




リオ五輪会場で切断遺体=ブラジル
2016年6月30日 10時36分 時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/11705411/

【サンパウロ時事】ブラジルメディアは29日、8月に開幕するリオデジャネイロ五輪のビーチバレー会場で、切断された遺体の一部が見つかったと報じた。捜査当局は、殺人事件とみて詳しい状況を調べている。

見つかったのは右足の一部とみられ、遺体の身元や性別は不明。殺害されたとみられる場所も分かっていない。海岸から流れ着いたとの目撃情報もあるという。


どなたなのかしら。お気の毒だし怖いわ。
お金でもめているようだし、IOCがらみとなると「ツギハオマエダ」系の脅しじゃないかしらってすぐ考えてしまうわ。
あとビーチバレーってけっこう砂まみれになるわよね・・・
砂はいれかえてもらえるのかしら・・・

怖いわね・・・
お気の毒だわ・・・




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/30 18:24
 | HOME |