「できること」をキャッチしよう!三浦さんの講演会



時間と場所はこちらです~。


2017年4月23日(日) 14時開場 16時終演
講師 三浦小太郎氏
テーマ 北朝鮮問題の根本とは何か
「拉致問題、朝鮮総連、今後の難民流出の危険性まで」
会場 NOF新宿南口ビル4階 セミナールームA
募集人数 60名
参加費用 4,000円

※事前受付制、参加料金は前払いになります。
お申込み、詳細はこちら


三浦さんって何者よ?と思う方が多いと思いますし、わたしもそうなんですが、人を判断するときのわたしの目安では「絶対お話を聞いたほうがいい人」になりました。

まず、荒木先生を尊敬している、荒木先生がいなかったら拉致被害者奪還そのものが何も進展しなかったと思う、とおっしゃったこと。
それから、メディアにものを書いて発表するライターというご職業を続ける中で「どこまで譲るか」「どこまで線引きをするか」のご自分の中の目安が「優しい配慮」でできていたこと。

新聞も雑誌も、それをいうなら書籍もすべて「出版する人」がいてのお仕事です。だからそちらに迷惑をかけられないということはもちろんですが、「戦争」や「内紛」や、中共が行っている「虐殺」や「殲滅作戦」について書くときにそこに必ず伴っている「悲劇」をどう表現するか、そこはライターという職業倫理のその前に「人としてどうあるべきか」という固い決意、強い覚悟が必ずあると思うんです。

デリケートな上にデリケートで、火種というならこれ以上の火種はない分野の話。
でも、書かないわけにはいかないと、三浦さんご自身の存在と命と「覚悟」をもってして世に問い続けていることは、そのうえにプロとしてどう人にわかるように伝えるのかと、「面白いと思ってもらう」ための技術に満ちている。

イヤなこと、怖いこと、恐ろしいこと、それらにかかわらなくても生きていけるし、ふつうは遠ざけようと思うでしょう。

でも、多方面に配慮しながら、自分の立場も守りながら、「売るもの」として「戦争」や「拉致」や「国防」や、という「大きなもの」をあえて取り扱っていくことを選んだ三浦さんの文章は、わたしにはとても「優しい」ものに思えます。

だから取材を受けた側が三浦さんを信じて「自分の思い」を託すのかなあと。

荒木先生もそうですが、三浦さんも「不思議な明るさ」に満ちています。

荒木先生は拉致被害者のご家族の方とじかに接しながら、動かない官僚、知らんぷりの政治家、邪魔ばかりするホニャララを相手にして、粘り強く、忍耐強く、手を変え品を変え、壮絶な努力を続けてこられた。

なぜ頭髪があんなにフッサーラのままなのか不思議です。ときどき植えてるのかというくらいフッサーラ。
ストレスフルな中で、でも、絶対前を向いている。あきらめない。

今、荒木先生は「しおかぜ」というラジオ放送を北朝鮮に向けて行っています。これは総務省の認可を受けて、決まった時間だけ放送する権利を受けている。一度の放送で、千葉にある放送するための施設を借りて電波を流す。これが一度に百万円以上かかるとのこと。
手弁当で、持ち出しで、志を同じくする人たちからの支援を受けて、自分の人生をかけて行動している。

理由は「見過ごせないから」です。
放置していいと「自分が」思えなかったから、だから動いた。だから続ける。

三浦さんが、荒木先生の行動を本当に深くわかってくださっていることがうれしかった。もちろん、わたしのほうが「おまえこそ何ンにもわかっちゃいないよ」と言われたら「その通りです」と言うほかないほど、問題の根は深く、問題の構造はややこしい。

でも、たったひとつだけ確実なのは「こんなことを許しておいてはいけない」のだということです。

そして、これは「最終的に人を幸せにできる活動」だということです。

困っている人を助け出せる。傷ついている人を取り戻せる。

夜空で月を見上げるたびに「絶対に迎えに行く」と誓いなおす、あのお月様を日本の国土で、ご家族のもとで見ていただける。

ではどうしたら?

「国は、拉致被害者と、その家族が死ぬのを待っている」と言わせしめた絶望の中で「なかったことにさせない」ために、わたしたちにできることは?

わたしは、イベントに出演なさった三浦さんを見て、その発言を耳にして「これだ!」と胸がどきどきしました。

ものすごく単純で、ものすごく効果的な「それだ!」ということの数々を、三浦さんはあっさり話してくれたから。

「敵」を過大評価して、幻想の中で「問題」を複雑化して、そして「できない、できない」「無理だ、無理だ」と自縄自縛に陥る前に、「できること」が山盛りある。

そして三浦さんのいいところは「相手にもメリットがあるから、動きやすいよね?」という「鮮やかな方法」を幾つも出せるということです。

この期に及んで悪魔のようなあの国を支援するのか、と思わないでください、やっぱりあのような恐怖政治の中にあって、声をあげるというのは「まず無理」です。だって殺されてしまうから。でも、「もし日本がこうだったら」そうしたら「こうできる」ということがいろいろある。

この、双方に得なことは、たぶん「優しい人」でないと思いつけない。

それぞれに事情があった、そして間違っていた、と認めること。間違いが生んだ悲劇をただすこと。

今すぐ、とりかかれること。
そして「この手法」は間違いなく、五輪金メダル奪還にも適用できる。絶対に。
今からわくわくしています。

会場は17時までとってあるので、三浦先生が退出なさった後も、お時間がある方はぜひ一緒にお話をしましょう。

「言いたいこと」が皆さんきっとおありでしょう。三浦さんのお話を受けて「これもできる、あれもできる」と明るい気持ちになるはずですから。


2017年4月23日(日) 14時開場 16時終演
講師 三浦小太郎氏
テーマ 北朝鮮問題の根本とは何か
「拉致問題、朝鮮総連、今後の難民流出の危険性まで」
会場 NOF新宿南口ビル4階 セミナールームA
募集人数 60名
参加費用 4,000円

※事前受付制、参加料金は前払いになります。
お申込み、詳細はこちら


ご多忙な中、時間を作ってくださった三浦さんに感謝します。

ぜひ心ある皆さんと一緒にお話をうかがいたいと思います。




※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
三浦小太郎氏 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/16 21:00

2017年4月23日(日)三浦小太郎氏の講演会



皆さん、コメントありがとうございます。
真央ちゃんに見せたいな、と思うような優しい思いやりと気持ちのこもったコメントを拝見し何度も涙をぬぐいました。

引退記者会見、ひたすら真央ちゃんの人柄の良さと気持ちのやさしさ、まっすぐで真摯で明朗な「美しい心」が伝わってくる素晴らしいものだったようですね。
ホラ姐さんテレビがないからまだ見ていないのです。
書きおこしの一部抜粋のネットニュースだけ拝見しました。

その一部分からでも真央ちゃんの穏やかでまっとうで健やかな、きれいな純度百パーセントの「清らかさ」が伝わって本当に心を打たれました。
どれほど偉大な存在だったか、「君去りて後」やっと人は気づくのでしょう。
わたしもまた、おそらくそのひとりです。

真央ちゃんが引退なさって、ものすごく正直に今の気持ちを申し上げるとするならば「あーもうー、死んじゃおっかなー」でございます。
もう山にこもって首だけ出して三年ほど埋まっていたい。

「今死ねば真央の子供に生まれ変わってこられるかなあ」とかね。いやそれはファンのひとりとして「阻止!」と自分に言いますよ。大丈夫ですよ。真央ちゃんのお子さんならきっとご両親に似た素晴らしい方であるでしょう。

「ああでも今死ねば真央ちゃんの住むおうちの前のたんぽぽとかにはなれないだろうか」

現実逃避をしながらも、舞い落ちる桜の鮮やかさに、見事に始末をつけて去っていった真央ちゃんの面影を見ています。

ああ。

しかしそうも言っておられません。

皆さん、韓国こと南朝鮮に(なぜ言い直す)盗み取られたバンクーバー五輪金メダル奪還に際してですね、非常に有益な行動指針になろうかということで、今月、講演会を企画しております。

わたしは真央のためになると、真央のメダル奪還のためになると自分で思えること以外はいたしません。この講演会も「問題の枠組み」を知ることで「ではどうしたらいいか」を考える、チャンスになると思います。

内容は北朝鮮の情勢についてですが、南北朝鮮はもともとひとつの国で今は「停戦下」にあるという、そしてそれもどうなるかわからない非常な危機的状況に陥っている状態です。
そこで、実際にどうなっているのか、と、「このままだったら」どうなるのかについて非常に精度の高い見立てをなさっている三浦さんに講師をお願いいたしまして、北朝鮮による日本人拉致被害者奪還の実現までの「わたしたちにできること」をおうかがいする中で、同時に進行させられないか、「日本の国家的損失」である五輪金メダルの奪還を、と考えるいい機会になると思います。

三浦さんすごいですよ、いきなり講演会をお願いしていきなり受けてくださった。正直、このブログ(今皆さんがご覧のコレです)と、O-ENNのブログを見ていただいて「断られるかなーーーーーーー」とねじくじしておりました。
でも、「たったひとつの条件」を除外するならできるだけ引き受けることにしています、とのことでオッケーをいただけた。
その「条件」については「きゃーー!!三浦さん!わたしもソレは除外します!あったりまえのことですよね!」というもので、ああよかったと胸をなでおろした次第です。

今、ネットではとても自由な意見表明が多いですし、大きなところでは世界情勢から小さなところでは近所のコンビニの店員の態度が!!!みたいなほんとに収集がつかないくらいの多種多様な「意見表明」が多いです。

でも、ひとつの情報に対して「本当にそうなのか」を判断するとき、どんな手立てを講じたら間違わずに「正解」にたどりつけるのだろう、一番知りたい「そのこと」はまだ誰も言ってくれない。

拉致被害者奪還のために、自分自身ができることを続けていく。
そのとき、間違った方向に必死に走るということをしたくない。
できれば迷わずに「全員救出」に到達したい。

そのためにはまず「事実を知る」ことが大切だろうと思います。その前提に「絶対にやりとげる」という思いがあるのは前提として。

今回の講演会で、なんというか筋の通し方や、「シンプルな解決策」をたぶんわたしたちは伝えてもらえるだろうと思うのです。

「こういう見方もある」「ならばこういうことができる」というバリエーション。

こう言ってはなんですが、普通の人が普通の暮らしの中で、安全な立場からでも「できる」ことの数々。

そして「実行するかどうかはわたしたちが自分の責任において選び取る」自由もまた、そこにあります。

逆に言うなら「だから問題が解決しないんだよ」と批判する自由も、「じゃあなぜ解決できていないの」と詰め寄る自由もあるわけです。スルドい質問をわたしもさせていただくつもりですよ。三浦さんはバカにしないでちゃんと答えてくださると思う。
アツい人です。
なンにも知らずに堂々と生きてきたわたしのような者にも「わかる」伝え方をしてくださる方です。鮮やかです。

ひとりの、生身の、「できる限るの努力を続けてきた先輩」の言葉として、今だからこそうかがっておきたいなと思うのです。

「それが誰であれ、本人の意思と無関係に理不尽に不自由なめにあわされることが、絶対に我慢できない」ところは、三浦さんと、おこがましいですがわたしもまったく同じですから。

2017年4月23日(日) 14時開場 16時終演
講師 三浦小太郎氏
テーマ 北朝鮮問題の根本とは何か
「拉致問題、朝鮮総連、今後の難民流出の危険性まで」


会場 NOF新宿南口ビル4階 セミナールームA
募集人数 60名
参加費用 4,000円

お申込み、詳細はこちら


講演会の開催日までに世界の情勢がどう転んでいくのかわからない。

しかしどう変わろうと、どう動こうと、大事なことは、浮足立たずにわたしたちひとりひとりがしっかりと自分の持ち場を守って、粛々と「きちんと生きる」ことだろうと思います。

そして「ちゃんとやっている人」が正しく報われる社会にするために、誰も、誰かの暴力的な支配によって自由意思を阻害されることなく花開いていけるように、「変えていくこと」「勝ち取ること」を学んでいくことだろうと思います。

事前のお申込み手続きが必要です、お手間を取らせてしまいますが、ぜひ!
皆さんのご参加をお待ちしております。



……そういえば三浦さんはたしかチベット仏教にも造詣が深くていらっしゃるんだった。『死者の書』がらみで「わたしは生まれ変わったら真央ちゃんのお住まい近隣のペンペン草になりたいです」と相談してみるべきでしょうか。わははー。






※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
三浦小太郎氏 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/13 17:52

三浦小太郎氏の講演会を開催します



素読のこと「素うどん」のすどくって言ってしまった。そどくですそどく!恥ずかちいいい。

「運動」はコワイ。
どんどん先鋭化、過激化しますから世間様からの支持は得られなくなりますし、どこかで「共食い」が始まります。コワイコワイ。

ということで決まりました講演会!

フィギュアスケートブログのはずなのにちっともソレが出てこない!とお思いの諸姉諸兄よ、そうでもないつもりですぞい。「問題の根っこ」は全部一緒なので、どれかひとつをたぐりよせたらズゾズゾズゾーっと全部こっちにめがけてやってくる。怠惰と無関心はこの先は死ですぞい、と申し上げると恐怖であやつるカルトみたいと姐さん言われちゃう___どっとはらい。

来てください、皆の衆。

2017年4月23日(日) 三浦小太郎氏 講演会

荒谷先生の講演会のとき、入り口で一礼なさって歩みを進ませる、その「姿」でみんな度肝を抜かれていた。
「邪を祓う」ことこそ武士道だとおっしゃるその主張を「実際に生きて見せる」その姿にみんな驚愕と驚嘆を与えられた。

美しかったですね、あの姿。見ているだけでこちらも背筋が伸びて呼吸が自由にできるような、清爽の気が満ちていた。

荒谷先生から以前、「今度演武をやりましょうか」とおっしゃっていただいていたので(先生!忘れた日はございません!ぜひ実現させたいです!)そちらも皆さんお楽しみに。

今回はO-ENNで主催したセミナーで講師を引き受けてくださった伊藤さんや荒谷さんのこともよくご存じの三浦さん、三浦先生をお迎えしての開催です。

基本的にわたしがものを知らないのであちらこちらで実によくべっくらしている人間ですが、今回もほんとにべっくらしたし、「これは皆さんにもぜひ!」と強く思っておりました。
告知ページのほうで長々と書いてしまいましたが、今だからこそ絶対に三浦さんのお話を聞いておくといいよ、という気持ちでいっぱいです。

歴史の生き証人に取材したナマの声、驚きました。
それからトリッキーですらある、けれどもうかがってみると「それだ!」という新鮮で斬新な、でも「本当はそうだよね」という視点からの提言など、本当に「よし、やろう」と思えることがたくさんありました。

三浦さんは「両者の言い分」を実に正確に調べ尽くし、そして誰も傷つけない方法で事態を収束するアイディアを持っている。
それを採用するかどうかは各自に一任されますが、少なくともお話しした範囲では「この人なんでこんなに優しいんだろう、保身だけじゃない、だってこんなキツイこと、ずっと続けながらもちこたえているって普通じゃないとべっくらしました。

なんというか、スターウォーズでいうダークサイドによく落ちずにもちこたえてくださったなあという感じです。

だってさ、「政治」とか「外交」とか「人権問題」とか普通だったらデカくて怖くて逃げたいじゃん。なかったことにしたいじゃん。
とくに「政治」なんてもうこの世で一番ヤな仕事だべ。本当のことが言えないんだよ?姐さん死んじゃうwww

嘘と裏切りと策謀と絶望しかないような混迷の中に自分からつっこんでいってちゃんと生還してきている。筋は通す。

そしてオブザーバー的な立ち位置からものごとをご覧になって、最小限の言葉で最大限の形容をずばっとなさる。
当事者になっている場合は該博広大、大量の引き出しからどんどん物証を取り出してくる。

すごい、と思います。

謙虚な方です。いろいろな方のお名前を出されてこの方の話を聞いたほうがいい、講演会をしたらいいとアドバイスをしてくださいました。
無知なわたしはまず離乳食から食わせてくれ、いきなりカツオブシとかどんと出されても誰も噛めない、とお願いしました。

三浦先生はわたしの見せる「なンにも知らないけど平気で生きてきました!」というようすにさぞかし驚かれたことと思いますが、紳士的に言葉を選んでわかるようにお話をしてくださいました。

そこにまた平気でひどい提案やとんでもない質問を繰り出したのは酒のせいではなくて普段からああなのであきらめていただくとして(本当に申し訳ありません)、今回も質問の時間を多めにとります。

普段、ネットなどで言われている「それほんとなの?」ということや「誰がどうしてそういうことを書いてまわるの」とかも、この際どんどん質問なさったらどうでしょうか。わたしはするつもりです。

「なんで政府はこんなに弱腰だったの」「あの国会どうなの」とかも。
「蓮舫はなんで死刑にならないんですか」も聞きたい聞きたい。法整備ーーーー。

そして荒木先生への思いがわたしと完全に同じでした。荒木先生のすべてを知らずとも「三浦さん、はたから見ているド素人でもそのように感じます。想像を絶する重荷を自ら耐えてそして希望を失わない。けだし現代の偉人と存じます」と。
その一点だけでもわたしは、三浦さんから学ぶべきことはめちゃくちゃあるし、「聞くべき人」だと判断します。

御多忙な方なのによくぞ引き受けてくださった。本当にありがたいと思います。

スポーツのこと、五輪のことも、わたしがぐだぐだと記事をいっぱい作るより、三浦さんの一言のほうが「伝わる」し「事実」ありのままだなあと思いまして「やっぱりプロは全然違う!」と『諸君!』や『正論』にどしどし健筆を奮っておいでの三浦さんに「ガチ勢のすごさ」を感じて心の中で1秒ごとに土下座していました。

「言葉で戦ってきた人」のすごさの中身をぜひ皆さんにも味わっていただければと思います。

それとめちゃくちゃお話が面白いです。顔が痛いくらい笑いました。笑っちゃいけないのに笑ってしまうwww

三浦さんの余裕というかたっぷりした心はすごいです。母性的ですらある。

楽しみです。嬉しいな。


2017年4月23日(日) 三浦小太郎氏 講演会





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
三浦小太郎氏 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/03/14 14:19

希望への道・講演会を予定しています



4月下旬にひとつの講演会を予定しています。
今日、講師を引き受けてくださった方にお会いして具体的な内容を打ち合わせていただきました。
テーマは拉致被害者奪還に関連して、東アジアにおける日本の立ち位置や、南北朝鮮で実際に日本についてどう思われていたのか、現在いるのか、などですが、わたしからのリクエストとして「ひとつの情報があったときの裏付けの仕方」などもお願いしました。

詳細はO-ENNにて告知いたします。

O-ENN
http://oenn.blog.fc2.com/

今回の講師の方は、とあるセミナーでお話をなさっているのをうかがって、同行した複数の方から「とてもわかりやすかった」「具体例が一番あった」「もう一度お話をうかがいたい」という感想が寄せられた方で、もちろんわたし自身も「ぜひもう一度お話を!」と思い、講演会をお願いしました。

わたしは思うのです、フィギュアスケートの不正採点の是正も、拉致被害者奪還のための行動も、すべてが希望につながっていて、かかわっていくこと、携わっていくことが本当は大きな喜びなのではなかろうかと。

だってその過程に何があっても、スケートの採点が是正され、拉致被害者を取り戻せたら、それはどんなに大きな爆発的な喜びになるでしょう。ものすごく嬉しいし、ものすごく幸せだろう。

そしてあきらめてしまったら終わるのだということ。逆に言えばあきらめなければ、最後まで粘り抜けば、その先には歓喜が待っている。

浮ついた綺麗事や、事態を甘く見たヌルい誘い言葉ではなくて、わたし自身が「やりたい、やることが喜びだ」と思えるからこそ、あきらめるつもりなどなく、今日まで自分なりにあれこれしてきたつもりです。

この、行動の過程そのものが喜びなのだということを、もう少し具体的に簡潔に直感的に伝えることができるなら、日々の生活に忙しい、わたしを含めた「普通の人」にももうちょっとだけ「その中身」が実感を伴って伝わるのかなと思っています。

今日のお話の中にもあってとても共感したことが、普通に生きていくわれわれ日本人全員が、みんながみんな殺気立ってイライラ戦闘的になる必要なんか全然なくて、本当はみんなのんびり、というか、自分の暮らしに全力投球で、それだけでいいように、世の中をまわしていくのが理想です。

万人が怒号を放って主張だけを突きつける社会などわたしも住みたくありません。

だからこそ、「普通に」「当たり前に」「平和に」暮らしていける日本のままであるように、どこのどんな国からもなめられたことをされないで、自主独立の平和国家でいられるように、少しだけみんなで考えてみませんか、と。

そしてもしも自分でいいと思えたら、少しだけ行動を変えてみませんか、と。

ほんとうにただそれだけのことなのですが、「運動」とか「主義」とか「主張」とかがからんでくると、今度は「面子」とか「闘争」とか「利権」とか、おっかないモノがはさまってくる。

そうではなくて、自分で考えて自分で決めて黙々と動く人がもっと増えれば(もちろん何らかの運動に参加するのも否定しません)、世の中もっと過ごしやすく暮らしやすくなるんじゃないのかな、と。

誰だって責められたり怒られたり強制されるのはイヤですよね。
拉致被害者奪還については、何かこう怖いイメージや(当然ですけども)自分からすごく遠い感覚や何かをしたところで国家間の争い事だしとか、何かこう身近に引き寄せて考えにくかったり、そもそも何をどう知っていけばいいのかすら、よくわからないという側面がありはしなかったでしょうか。
実際わたしもそうでした。

絶対にあってはならないことがなされていて、なされ続けていて、げんに今も苦しんでいる人がこんなにいるのに、「国」とか「政府」とか「外交」とか、大きなコトバにはばまれて「じゃあ具体的に何ができるの」と思うことすらなかなか遠い。

だからこそ、わたしは「自分で実際にできること」をみつけたくて、本を読んだり人にお話をうかがったり、講演会やセミナーに参加してみる気になりました。

だって「もし自分だったら」と思ったら、「もし好きな人だったら」と思ったら、いてもたってもいられなかったからです。

デモにも行きました。チラシを配ったりもしました。こうしてブログでも記事にしたりもしてみました。

そして、ほんの少しではありますがわかったことを踏まえたうえで「これは行動したほうがいい、実際に動けば動くほど、『自分の苦しさが減っていく』と思ったのです。

メサイア・コンプレックスではないですよ。わたしの魔法の杖のひとふりで何もかもが改善できるはずはない。何かができていると声高に言うつもりもない。

でも、困っている人を助けること、実際に救い出せること、それが大きな喜びだから、だから自分は動きたい。

自分からかけ離れた大きなコトバや謎の概念にとらわれて、「わからないよ、何がわからないのかもわからないよ」と思っているだけのときよりは、今のほうがはるかに「よし、こうしよう、ああしよう」「これもできる、あれもやれる!」と思うことが増えました。

行動することが喜びなのだと、そして「過激な」行動をしなくても生きていける社会にしていくのだと、そういう「希望への道」をわたしりもずっと早くに歩き始めた人だと思うので、今回、親愛なるブログ読者の皆さんにもぜひ一緒にお話をうかがう場をもうけたいと思いました。

たぶん、皆さんの生活の中であんまり出会わないタイプの人だと思います。
そして「今だからこそ」聞いておいたほうが絶対にいいと思います。

どうしてかというと、とんでもない歴史の生き証人たちと実際に会話をして、「心」を体で受け取って、そして決して忘れず、前を向いている方だから、わたしも含めたこの情報大嵐のただなかで泳法を学ぶこの機会に「どうしたら溺れこまずにできるだけ大勢を向こう岸に連れていけるか」を実感できると思うのです。

情報がなさすぎるのも、情報がありすぎるのも、混乱混雑混迷のもとで、わたしが見る限り今回の講師の先生は、実にシビアに、激しく鋭く、そして変わらぬ優しさと情の深さで、この大海を無事に泳いでこられた方だと思います。

あと2メートル泳いだら達人クラスだ、というかんじ。達人ですと書いたら厳しい訂正が入ると思うので「悪意と憎しみと嘘と裏切りの大嵐のただ中で、善意と真実と愛と希望とをちゃんと見分けて持ち帰ってこれた人」「あと2メートルで達人です」と申し上げておきたいです。
(こんなことを書いたせいで講演会取り消しになりませんように!)

「自分はあるひとつの条件以外は引き受ける」とおっしゃってくださって、無事それもクリアできました。

お話を一時間ていど、それから質問の時間を同じくらいとろうと思っています。
4月下旬の週末を予定しています。

ぜひお時間をあけておいてくださいね。

詳細はO-ENNをご覧ください。
O-ENN
http://oenn.blog.fc2.com/




※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
三浦小太郎氏 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/03/13 22:42
 | HOME |