「愛知県県民栄誉賞」の第一号として浅田真央を表彰



引退関係の記事ですが、THE ICEで表彰式があるようなのでカテゴリはTHE ICE2017です。


愛知県では、「愛知県県民栄誉賞」の第一号として、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんを下記のとおり表彰しますのでお知らせします。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/hisho/kenmineyohyosho.html

1 日時
平成29年8月4日(金曜日)午後1時50分頃~

2 場所
愛知県体育館(愛知県名古屋市中区二の丸1-1)

3 表彰方法
「THE ICE(ザ・アイス)」(中京テレビ放送株式会社主催)の会場において、その第一部終了後に表彰式を開催します。
表彰式では、大村知事から表彰状と記念品を授与します。

4 愛知県県民栄誉賞について
広く県民に敬愛され、県民に明るい夢と希望と活力を与えることに顕著な業績があり、愛知県の名を高めた方について、その栄誉を讃(たた)えることを目的とする賞

(参考)受賞者プロフィール
浅田 真央(あさだ まお)

■出  身:愛知県名古屋市

■生年月日:1990年9月25日(26歳)

■主な成績
・2005-2006シーズン
GPファイナル東京大会 優勝
・2006-2007シーズン
世界選手権初出場 2位、全日本選手権 初優勝
・2007-2008シーズン
世界選手権 優勝、四大陸選手権 優勝、全日本選手権 優勝
・2008-2009シーズン
GPファイナル 優勝、全日本選手権 優勝
・2009-2010シーズン
バンクーバー五輪 銀メダル、世界選手権 優勝、四大陸選手権 優勝、全日本選手権 優勝(四連覇)
・2011-2012シーズン
全日本選手権 優勝
・2012-2013シーズン
GPファイナル 優勝、世界選手権 3位、全日本選手権 優勝、四大陸選手権 優勝
・2013-2014シーズン
GPファイナル 優勝、ソチ五輪 6位、世界選手権 優勝
・2017年4月、現役引退を発表

問合せ先
政策企画局秘書課
秘書・栄典・行幸啓グループ
電話:052-954-6017
ファックス:052-951-1074
電子メール:hisho@pref.aichi.lg.jp 


わぁ!すごいな真央ちゃん。

副賞でリンクあげてと思いました。




・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2017 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/21 01:37

真央ちゃんからの告知



THE ICE 2017、皆さんチケットは入手できましたでしょうか。
なんですか「転売屋」が早速暗躍を開始したそうで、チケット代金が気になります。
買ったらアカンのですけども、買わなきゃ入れないアイスショー。

真央ちゃんがこれからも定期的にアイスショーを開催なさるのなら「ファンクラブ」の設立も検討いただけるといいのかなと。
チケットはファンクラブの会員番号とセットで最初にファンクラブで販売する。
もし余りがあれば(あるかなあw)一般販売、と。
ファンクラブに入会するときに身分証明書を添えて申し込みとすればいいでしょう。
わたしは運転免許証でもマイナンバーでもなんでも出しますよ。
それはイヤという方は一般販売でがんばっていただくと。

ただし、「今後もIMG所属なのか」とか「アイスショーのスポンサー関係をどうするのか」とか、「大人の事情」がどっさりついて回りますので、真央ちゃんも考えてはおいでなのでしょうがなかなか外には見えてこない。

ましてシナリオクラッシャーのスペシャリストの真央ちゃんなので、これからも「そうきたか」ということが待っていると思います。

ちょっと気になったのが真央ちゃんの告知です。
マスコミにいい加減なことを言われるのはイヤだなあ→公式ブログで書けばいいじゃん!の図式を活用してくださってありがとうございます。
「ダイレクトにファンに伝えられる場所」があってよかったなあということです。
真央ちゃんの言葉は、いつもとても明快で誤解の余地がありません。
それでいてとても深い。
振り絞るようにして、懸命に出してきた言葉だなあと感じます。
たくさんの思いを言葉という形にするまでに、ひとつひとつをあらため、考え、検証してこれでいいのか、これが本当の気持ちなのか、と何度も繰り返し確認した、その結果のように感じます。

犬でも人間でも亡くなった相手に対して「☆」をつけて非常識を注意されると「伝えきれないたくさんの思いをこめました~☆」とさらに言訳を重ねるような人とは言葉の重みが違います。
荒川静香さん、今後ご家族が亡くなって、その弔辞の電報やメディア掲載の言葉の中に「ご冥福をお祈りします☆」と書かれていたらいったいなんと思うのか。胸を刺されるような思いがしないのなら、やはりそれはおかしいでしょう。
荒川本人がそうしているからといって、まさか弔事に☆をつけて公表する馬鹿はいないとは思いますが、ひとりくらいいてほしいとすら思いますね。そのとき初めて「やってはいけないことをされた側の気持ち」が本当にわかると思うから。
いやでもなんとも思わないんだろうなあ。自分がやっているから。
そしてこれがスケ連副会長。嗚呼。

それはともかく、気になったところというのは全文です。

浅田真央オフィシャルサイト>真央ブログ>2017年5月30日(火)より転載
http://mao-asada.jp/mao/event/2017/05/30/1049/

513-1.jpg
513-2.jpg

勘繰りすぎですよ、深読みし過ぎて行方不明、のパターンだとは思いますよ。
でも、このメッセージ、どうしても「最後の挨拶」に感じられてならないのです。
皆さんは、皆さんの、皆さんに、と全部「こちら側」のことばかりで「真央ちゃん自身は?」が見えてこない。

勘ぐれば、もう一年現役選手を続けるつもりで、だからスケ連スポンサーのロッテを冠にしたアイスショーを企画していた。そのまま契約内容を破棄せずに今回はやる。
五輪出場を目指していたから従来よりも公演場所、公演回数を減らし、おそらくは現役最後のアイスショーということでチケット代金も値下げして(クソったれな記事の内容と異なってTHE ICEは値下げを敢行したんですよ!)、何らかの決意と共に用意していた。
ここで「大人の事情」ってヤツが登場するわけで、これだけの規模の開催であれば契約書には選手側の都合でキャンセルした場合にかぶらなければいけない、金銭的保障も含めたあれこれがあったはずです。何しろ真央ちゃんのショーですからね。

何がどうなろうともキャンセルする予定はなかったにしても、これまでのスケート人生の総ざらえ、感謝の滑りと言われるとどうしてもファンとしては「次回はどうなる」が真っ先にきてしまうわけで、ましてスケ連の執拗なまでの妨害行為は皆さんよくよくご存知でしょう。

次回からも今回のような形式、内容のアイスショーができないように、スケ連が手を回していないとも限らない。

これまでは「スケ連所属の選手のショー」だから優遇してね、という根回しもあったでしょう。スケートリンクを借りるのに、アマチュア選手の公益に寄与するショーだからという名目で大変安価に貸し出すよう口出し、いや口添えがあった事例も他にある。

ところが「なぜか浅田真央にだけ」スケ連が逆特例を発揮して「貸し出すな」と言わない理由も別にない。

「今後」はまったくわからない。

となると、練習拠点を意図的に奪われて、リンク難民になって今日はどこそこ、明日はあちら、というような苦労をさせられていた浅田真央が、いざプロになったときに「開催場所」を奪われないとも限らない。

「真央リンクを」と語る企業の社長さんのあの熱さは「何かを知ってしまったから」とも思えてくる。

怖いことがいろいろ想像されてくる。

でも、逆に言うなら浅田真央は、自前のリンクを持ち、定期的なアイスショーが開催でき、子供向けをメインとしたスケート教室を開催し、フィギュアスケートを一般に広めてスケート愛好家を増やすという目的に対し、運営から企画から出資から、一番大事な「人集め=集客」から、全部可能な世界で唯一のプロスケーターに育っていく可能性がある、ということです。

浅田真央がプロになり、スケ連に残していた籍を切り、本当に無縁になれば、闘いの場は「一般常識、社会通念に基づいた、日本国憲法が裏にそびえる商業活動の場」になってくる。
これからはスケ連側が意図的な妨害をした場合、すべてを明るみに出して東京地裁なり名古屋地裁なりで堂々と渡り合えるということです。

自分の採点、スコアが人質だったこれまでとは全然違う。

スケ連もそこはわきまえておいたほうがいい。これまでのように「なんでもなあなあ」で「なんでもなし崩しにもみ消せる」場では「ない」ということを。

まあ早い話、余計な手出しをするんじゃねえ、ということです。

フィギュアスケートはおかしな世界で、他のスポーツと明確に違う点がある。
現役選手の技術や日程や競技についていけなくなると引退する。アマチュア選手時代の力が失われたときにプロにいく。技術力だけとってみたら現役選手のころとは数段の違いがある。
これまではそうでした。
だからプロになった人は、ジャンプの威力ではなくて、他の要素で人を魅了し、ついてきてもらえるように努力した。
もう解禁されちゃいましたけど、これまでは試合で使用禁止だったボーカル入りの曲を使ってみたり、曲芸的な宙づりや、個人競技だったシングル選手が集団で滑ってみたり。
でもまあ、十年一日のごとくアイスショーといえばこういうもの、という「演技のひな型」があって、みんなそれにのっていた。

本当に革新的なことをしたのは、数えられるほどしかありません。

フィギュアスケーターの身体能力や表現能力、いわばその能力を本当に活用できている場では、実はアイスショーはなかったかもしれません。

そこを、どう突破するのか。

浅田真央自身は滑りのうまさでたとえジャンプが一切なくても、いかようにも人を魅了できるでしょう。氷の上にチューリップを描いてみせる。それだけだって「感動的な技術」です。
すでにずっと長きにわたって頂点に立ち続けてきた浅田真央が、もし今後もアイスショーを開催するなら。
やはり「興行」として成功させなければならないし、「大人の事情」も山積するし、スケ連とISUとIOCがきいいいいとヒステリーを起こさないとも限らない。

「浅田真央のアイスショーに出た人はISU公認試合に出てはいけない」なんぞというルールを作らないとも限らない。
連中はそのくらいします。前例がある。

かつて、ISUの堕落ぶりに憤ったアメリカ人選手を中心に、別団体を立ち上げて、公正で公平な採点と、選手の待遇改善を訴えた集団がありました。それに対してISUは「そちらに関係したらISU公認試合と、オリンピックに出さない」と宣言し、団体はつぶされてしまいました。

選手にとってはやはり、世界選手権やオリンピックは大きな大きな目標です。大きすぎる目標を奪われて、心ある選手たちも、支援していたプロたちも、沈黙を強いられた。

グランプリシリーズは田舎のドサまわりで人気がなく、ISUがテコ入れをして世界ランキングに加算されるポイントを増やしたり、賞金を値上げしたり、有力選手を出すように各国のスケ連に圧力をかけたり、試合に出ないとペナルティを科すようになったり、3試合出てもいいなどというめちゃくちゃな優遇をしたりしてトップ選手は出場しない田舎の興行試合から、現在のようにそこそこ権威のある試合に格上げされた。

いろんな歴史があるんです。

真央ちゃんが今後どんな進路を選ぶにしても、ファンは必ずついていくし、ついていかせてほしいと願っている。それはみんな同じでしょう。

まず所属事務所をどうするのか。IMGのままで活動するのか、個人事務所を立ち上げるのか。
ファンクラブ、いいと思いますよ。作ってほしい。
個人レッスン、受けたい人もいるでしょう。コーチにと思う人もいるかもしれない。
リンクを作るのならクラウドファンディングを利用して、席に出資者の名前を刻むとか、リンク併設のショッピングモールに優先的に出店とか(もちろん審査がありますが)とかやり方はいろいろありますよね。
真央ちゃんの貯金をはきだすとあとあと大変だし、出資率が問題になるならひとり、あるいはいち法人で持てる比率の上限を決めておけばいい。
株式会社にするのか、国が定めた法人格にするのかもありますよね。

いずれにしても真央ちゃんは、今度のTHE ICEで「ファンへの恩返し」はいったん忘れて、自分の中で区切りをつけて、真央ちゃん自身のための人生を歩んでほしいと思います。

感謝や恩義は真央ちゃんの心から去った瞬間はないでしょう。それはいつも一緒にある。それはみんなわかっている。
だけどわたしたちファンは、真央ちゃんが挑戦し続ける姿勢、真央ちゃんが戦い続ける姿、真央ちゃんが努力をやめない苦しい歳月を、共に過ごすという大きな恵みをすでにもらい、もらい、もらい、もらい続けた。

真央ちゃんにお返しできることなんかないくらい、一方的に頑張る姿を与え続けられてきた。

恩返しとおっしゃるのなら、「それはもうとっくにすんでいる」わけですよ。本当に。

応援できたのは真央ちゃんが「浅田真央であること」から一歩も引かず、どんなときでも「浅田真央」を共有してくれたから。だからもう、いいんですよ、恩返しなんて、考えなくて。

でも、真央ちゃんは考える。そして考えて考えて考え抜いて、ローリーと組んでプログラムを作り、夏にそれを見せてくれる。
そのときの「浅田真央」を惜しみなく共有してくれる。

ファンはまた浅田真央に貸しができてしまう。客席にいてできることは「真央ちゃん、ありがとう!」と言って拍手することくらいです。なんという恩義をわたしたちは浅田真央に持っているのか。

逆だよ、逆。

だからこそ、これからは真央ちゃんが自分を最優先させて、義務や強制や義理なんぞはいったんすべて蹴っ飛ばして、深く深く考えて、「やりたい」と思えた何かに向かってまたまっすぐに進んでいってくださるようにと願っています。

真央リンク。
この一言だけで夢が咲き賑わい、心がときめき、胸が熱くなりますね。

真央ちゃんがこれまでの経験を活かして、何ひとつ困ること、悲しむこと、辛いことなく、自由に使える「自分のリンク」を持ち、そこで小さい人たちに「フィギュアスケートの楽しさ」を思いっきり伝えることができるなら。

それはまたわたしたちファンにとってのひとつの夢でもありましょう。

絶対行くよねwww一般滑走に行くし、指導しているのも見たいし、もう近所のお子さんをかっさらって「真央先生!うちの子をよろしくお願いします!」と申し込んじゃうよねwwww(身分証明書の提示は必要ですねwwww)やりませんよ!変なことはwww姐さんこれでずいぶんと良識があるんだからwwww

どうもコーチ業というか、人に教えることにも興味がおありなのだろうか、と。
ローリーのところでアシスタントなんてことになったらチャンが自分のスケート教室を寄せてこないとも限らないwww
真央チャンリンクがカナダで!いやーん通えないー。

とおバカなことはおいといて、ロシアの偉大な作曲家の曲をアメリカ生まれのローリーとカナダで振り付け、とくると「芸術に国境なし」というか「好きにおやんなさい、それが正しいのだから」とも思いますね。
カナダ開催の五輪にラフマニノフぶつけてくる人だから。これはもう芸術家の天性で「やりたいとなったらやるのだ」が正直に素直に前面に押し出されている。だからこそ「今やりたいこと」が「今人が見たいこと」を大きくはるかに上回ってあの星々をも越えるわけです。
ヒトの、他人のものさしにあわせていたら窒息しちゃう。

真央ちゃんにはこれからもゆうゆうと、堂々と、「やりたいこと」をやってほしい。たぶんそれが一番の「やるべきこと」になるはずだから。
普通はね、やりたいことと、やるべきことが、なかなか一致しないで苦しむわけです。たぶん我欲とか妄執とか恐怖とか、いろんなものがはさまって、このふたつの間を遠ざける。

三浦小太郎さんが講演会で「そんなに詳しくないですよ、テレビでやっていたら見るていどですよ」と前置きをなさりながらも浅田真央のことを「野心がない人ですよね」とすぱっとおっしゃったのには賞賛の意を呈したいです。見ているなあ、と。
わかる人にはわかるんですよね。

真央ちゃんが野心家だったら、ジャッジに媚び、城田に媚び、観客に媚び、結果は反吐が出るような「見ない方がよかったクソ演技」になっていたでしょう。

そういうことを一切近づけなかったから、今でも「伝説」の演技がいくつもあるわけで。

見識が高く、美に優れた感性を持つ真央のカーチャンが見たら「おふざけでないよ!」と奥歯をへし折るまでぶん殴るようなクソ演技になって「いない」。

真央ちゃんはいつも「美」に殉じて「美」にすべてをささげてきた。そういう人だからこそジャンプの狂い、ジャンプの歪み、世界の頂点に立つ技術力を五輪で証明したその時点で「これを修正しなければ先はない」と気づくことができていた。

こんなすごい人がどこにいる。

どこにいた。





ブログ、どんどん使っていかれるといいですよ。
変な憶測、間違った断定、異常な報道、全部ふっ飛ばして「浅田真央自身の言葉」でみんなが安心できるから。

真央ちゃんが今、どこで何をしていようと「ありがとう真央ちゃん」と思い続けるたくさんのファンにとっては、応援させていただけるなんて本当にありがたやありがたやなんですよ。

夏に、会える。

そう思うともうキーボードを打つ手が止まりますwww嘘止まらないwwwでも涙がぼとぼとwwwきめええwwwww

好きなんだからしょうがない。


そして、わたしには自分で決めた戦いがまだ残っている。

浅田真央の五輪金メダル奪還と、フィギュアスケートの不正採点の是正。

「政治力」で得点と順位が左右される異常な競技、フィギュアスケート。

まっとうなものであってほしい、と思います。

浅田真央ほどの人が青春をかけ、すべてを捧げ、悔いなく全焼しきったこの競技が、美と芸術と技術とを高度な場所で総合する稀有な「スポーツ」としてもう一度、ちゃんと花開いていくために、できることをやり続けます。

目覚めよ、今一度、と自分に言う。

真央のがんばりを無にするな。真央の悲しみを無にするな。真央の輝きを無にするな。

真央の苦しみを思う。2010年のバンクーバーからどれだけの思いで努力を続けてきたのだろう。

DBWn6_WVYAAQIeC.jpg


今度は、わたしたちの番。わたしの番。

真央ちゃんがこれからも輝き続けることを信じるのと同じくらい、強く、激しく、熱く、正当な持ち主の浅田真央に五輪金メダルを戻したい。

自分にできることを続けます。真央ちゃんがずっとそうだったように。







・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2017 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/04 15:32

THE ICE2017への期待



所用でがさごそしていてチェックが遠のいていたのですが、THE ICE2017のキャストがえらいことになっていますね。「ひでぢぃ」さんのコメントでべっくらです。

おソトもイン!
詳しい方が作成なさったおソトの技術。

おソトの技術

わかりやすい!
真央ちゃんもリンクに入るとこれ、やりますよね。長~いあんよをすういすい。でわかりやすい。

ゲスト、いいなあ。ありがたい。
いやあもう最高っす。ノンストレスで見られるアイスショー。
わたしは「この人が出るなら行かない」と決めている人間がおりまして、そのせいで得難い機会を何度も見送るという「ひとり縛り地獄」に勝手におちこんでおりました。血の涙ですよほんとに。

ですが今回ばかりは「いやっほおおおおおおおお!」でございます。超嬉しい。

欲を申し上げるのなら

伊藤みどり

さらには

佐藤信夫先生・久美子先生・有香先生のマスター・ノブーオファミリーの滑りも拝見したいものでして、コンパルソリーを徹底的にたたきこんだこの世代の「スケートの質」の良さったら、リンクでひと蹴りするだけで、もうウットリでございますよ。

ああ。

真央ちゃん、ありがとう。
スケーターの皆さん、ありがとう。

今年、「値下げ」を敢行したこのアイスショーを名前を出してチケット代が高いとするバッシング記事が出ましたが、ふざけんなって話ですよね。

本人の意思に反してあくまでも「浅田真央」で稼ぎたい連中がしかけるうんこみたいな汚泥なぞどこ吹く風で大人気。
少なくともわたしは「浅田真央」本人、「浅田真央」個人についていきたい。
親戚のひとりとしてそれだけは思います。


THE ICE2017 公式サイト>キャスト
http://fs-theice.com/cast/

怪我なく迎えられますように。

バナーをたくさん作らなきゃなのでユザワヤに行ってこようかな。オカダヤものぞいてみよう。
不器用だけど「大好き」を直接伝えるいい機会。
夏までにお裁縫をがんばろうwww


盛り上がりましょう、チケットを確保できた幸運な「親戚」の皆さまと!!!!!


おらぁワクワクしてきたゾ!!!!!!!




・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2017 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/05/24 15:17

ミライちゃんときゃなこが素晴らしい!



やくたいもない感想なのですがせっかくなので記事にしておきます。

いやー、ミライちゃんときゃなこがすごかった!
改めて「いいなあ、いいなあ、素敵だなあ」と思いました。

ミライちゃんは一時期、大変な体形におなりあそばされて「どうしよう」とひとりで騒然となっていましたが、今回は非常にいい感じに絞れているし、のびのびと余裕をもって演じていました。

群舞のときも目がいく目がいく。めっちゃ踊れているカッコいい人、いったいだーれ?と電気がつくとミライちゃんだ!!!すごい!とくぎ付けです。

雨スケ連も大馬鹿野郎で「見た目が白人じゃない」からといってこれだけの素質とセンスと感性と実績がある人を思いっきり冷遇するわけですから、ほんとうに何をか言わんやです。

もうね、いちいちが美しい。洗練されている上に「円熟」の輝きも加わってわたしはミライちゃんが本当に好き。明るくて元気で、だけどこう押しつけがましくなくて、ミライちゃんいいなあ、いいなあと夢中になって見ていました。

最底辺であるアレと比べるのはなんですが、「美しい動き」の諸要素を完璧に持っていますよね。試みる意思があり、達成できる努力がある。すごいです。

聞くところによると振付を依頼されたバトル姐さんが「そんな曲ダメダメ!」と却下なすったそうですが、ミライちゃんが希望した曲で振付てくれないのってどういうことなんだろう。
二人が相談しているのを横でほほづえついて眺めていたい。
※例のT区の某マンションの深夜二時のあのポーズでw

そしてキャナコがイイ!すげえ好き。
いいスケーターですよね。なんだろうな、かっさらわれる。普段は気のいいネエチャンという感じなのに、そしていくらカッコよく見えてもあとで本人談によるとけっこう内心で「やばい!ミスった!」とわちゃわちゃしているはずなのに感じさせない。

おきゃなといえば「クスクス蟹歩き」でございますが、この途方もない魅力、チャームというのは後天的に得られるものばかりではなくて、やっぱり「愛されガール」として生まれつき備わっているものなのだろうなと。

二人ともにじみ出る人柄の良さといらねぇ苦労をさんざんさせられているのに演技に持ち込まない「高い美意識」が好きです。

ミライちゃんには「うちのくそったれNHKが大変なご迷惑をおかけしまして」といつも思います。本当にすまなかった。NHKで働く人間の「質」が年々下落の一途をたどっているのよ。それは採用する側のおつむが年々悪くなっているからなの。

と、古いけど忘れてあげないトラブルを思い出しつつ、いや演技のさなかには余計な一切を思うことなく「イイ!イイ!好き!」と夢中でした。

ところがですよ。すでにベテランの域に達してきたこの二人の「ISUによる評価」がまた信じられないものでして。

今季初戦、ふたりともPCSが20点台。おいおいおい、と思いますね。

ISUがしている「評価」ってナニをどう見ているの?とガッカリ&疲労感がいや増すわけです。

小塚のSSが6点台とかさ。信じられない。

今回の二人はあいかわらず音とり名人で、裏拍にちゃんと反応していて気持ちいい。なんていうのかな、不自然さがない演技です。

ミライちゃんに内緒だけどグリーーーーン?というバンドの曲はまだ一度も聞いたことがない。ミライちゃんが好きだと前に言っていたこのバンドはどうなんだろうね。

若者だなあ。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/18 09:17

THE ICE2016 名古屋公演感想 真央とジェフのコラボとか真央のSPとか



見られました、「ボレロ」。

すごかったです。

以上。

というかんじですが、まずバトルが真央のことをとても信頼しているのと、真央の技量を正確に把握している感じがすごくしました。
どういう振付ならOKでどういうときにこう動く、みたいな。

ちょっと曲に遅れるとけっこうぐいいいいっと足を引っ張るし、ぐるりんぱと強く回したりしている。でも手が離れる最後の瞬間まで大切に繊細に真央を支えていて、Show must go on なんだけど、すごく信頼しているんだなと感じました。

バトルっていい振付師なんだ!と今更のように気が付いた次第です。いや口ポカーンと開けて見ていただけの人間が言うセリフじゃないですがw

スピンは遅かったなあ~。ここにアイスダンサーの技量が一番出るんですよね。このコンビは滑り込めばそこもあっさりクリアしそうですがいかんせん時間がな。

で、真央とバトルのが顔がくっつきそうな振付があったじゃないですか。あれ、初日からだんだん近づいていって最終日、三日目にはもう1センチ?2センチ?みたいな近さだったんですよ。オデコがくっつくほど顔を近づけてくるくるくる、と。

こういった場合は男女のペアでアイスダンスですから、女性の側はいわゆる女性らしさでしなを作ったり柔らかくもたれたり或いは華やかに距離を置いたり、何かこう「色香的なもの」が漂いがちなんですが、真央ちゃんの場合は一切なし。

「貴様がその気なら、俺は受けて立つ!」と言わんばかりの不敵な笑みを浮かべて回っていましたwwww

もうおかしくてww
自分的ハイライトはいくつかありましたけれど、この「真央、接近戦でも不敵な笑み」がどっかんどっかんきましたね~。

男女ペアじゃなくてガチムチ兄貴のマジバトルでしたわ。バトルだけにwww

バトルだけに、の言い回しは後でもう一回出てきますのでご注意ください。


それにしても綺麗のひとことでした。
よくあんなに息をあわせてピッタリ合わせてきたなあ。すごいよ。
あの腕をにょい、にょい、と動かすところとか
たたたたーん!きっとなるところとか
最初のリフトの真央の真顔とかww
最高でした。

背格好もちょうどあうので、もういっそ二人でアイスダンスをとも思います。

そしてチャンと舞ちゃんとペアで踊っていただきたい!
カロとチャンだと「ああ、カロとチャンだな」と思うのですが舞ちゃんとチャンだとすごい起爆力を秘めている気がします。見たいな~。そりゃもうゴージャス&ビューティ&ブリリアントな演技になるでしょう。
チャンの腰が怖いんでリフトなしでお願いします。
いやな投げたきゃ投げてもいいけどさwwwペアかwww

思ったんですが真央ちゃんの「バレエ的表現」の洗練ぶりはずば抜けていますね。やはり美は一日にしてならず。日々の鍛錬、修練が「美」に結実していくんだなあ。
しかもあんな高速で移動しながらですよ。足元は刃物一枚で寒い冷たいリンクの上で。
筋肉は寒さで強張り、吸い込む息は冷たさで中から動きを止めてしまう。
矛盾する環境下、誰がどう見ても運動には絶対向かないリンクの上で、あの柔らかさ、あのしなやかさ。すごいの一語です。

真央ちゃんのボディラインはどこもかしこも立体的で綺麗です。観賞と実務の相反する要素が綺麗に結実したボディです。
芸術とスポーツを非常に高いレベルで統合した「浅田真央」ならではの美しさ。

そしてバトルの年齢不詳ぶりもすごい。なんで全然変わらないのか。
波紋の使い手だったのか、バトル!

ボレロ、ぜひロングバージョンも見たいです。そして最後、リンクに体を投げ出すようにして終わる衝撃的なエンディングで真央ちゃんがしっかりと、実にしっかりと目をつぶっているのが素敵!と思います。ここは目をつぶらなきゃ!www

いいなあ。バトルのホールドで安心してキリッと宙を舞う真央ちゃん。ぐいっと足を引っ張るjバトル。不敵な笑みの真央。めちゃくちゃ難しいポジションを涼しい顔でこなすふたり。
全周囲、「美」のかたまりの二人。
いいなあ。もう一度見たいよ。
来年はどういう演出になるのかしら!!!絶対行きたい!つーか行く!と力こぶを作りたくなる演技でした。

そして真央ちゃんの今季SP。

ショートサイド!ショートサイドに座ってみたい!あの何もしないでスーッと通過する真央ににらまれたい!wwww
いや超絶美ポジを取りながらですが黒い鳥が頭をもたげてきーーーっとすーっと通るんですよ。
その「人ならざる無表情」が鬼気迫るというか、これまでの真央にない「表現」でゾクゾクしました。
これだよこれ!

たぶんおばちゃんことロシアのモフモフマダム、タラソワ先生が「もっと怒りなさい!怒りなさい!」と激しく叱咤していたのは、真央ちゃん自身の感情の揺れ動きをわかったうえで昇華して、相手に芸術表現として「伝える」ための燃料だったのだろうと思います。
アフターバーナーに火をつけろ!と。
まだコドモだった真央ちゃんはとまどうばかりだったでしょうが。

「恋をしろ」というのも、対・人間だけではなくて、たとえば大空の美しさ、たとえば夜空の星の輝き、たとえば練習中に飲む一杯の透き通る水の輝きと清らかさ。手に触れるもの、目に見えるもの、なんでもいいから「地上の美」に敏感になり、アンテナをよく張ってさまざまな事物の尊さを具体的に具象的にひとつひとつ味わうこと。

つまりは「人間としてのふくらみ、豊かさ、大きさ」が演技にふくらみや魅力や凄みをもたらすのだろうと思います。

大阪公演にはマスター・ノブーオと福の神・久美子先生がいらしたそうですが、絶対にノブーオはこの「凄み」を前に会心の思いでいたでしょう。目的情報によると久美子大喜びwwwでただの観客、単なる真央ファンになっていたそうですwww
わかるよwwwすごいもんなwww大好きだよねwwwww

マスター・ノブーオはいつものように冷静に見ていたそうですが、バトルとのコラボで彼が真央に触ったりリフトするときにぐううううっと体を乗り出して眉間に縦皺を寄せていたそうです。落したら殺す、くらいの勢いでwww
それがもう「娘に悪い虫がつかないか心配するトーチャン」あるいは「孫に(ry ジーチャン」みたいで素敵だったとのことでした。

ノブーオといえば小塚さん!

そうなんです!名古屋公演に来てくれてみんなで一緒に見たんですよ。普通に観客席にいたww
そしてダンスレッスンのしょーま先生にダメ出しをしていたwww
たぶん観客全員が「滑ればいいのに」と同じことを思ったことでしょう。
JOでも小塚選手と婚約者さん(当時)の席が近くてにこやかに談笑する姿を拝見しておりましたが、あのころの痩せてやつれたようすの今にも風に消えていきそうな儚さはなくなっていて、体もちょっとだけ丸みが出て、でもやせてスタイリッシュなまま気のいいあんちゃんのような、「こづこづ」に戻っていて、元気そうで嬉しかったです。

ああ、でもなあ。小塚選手ほどのスケーターがどうして「滑ること」そのものをやめなければならなかったのだろう。無念です。

……でも、仲間がああして滑るのを楽しんで観客席から見ることができるということは、彼の中では本当にふっきれているのかもしれないですね。わからないですが。

小塚さんが氷に乗ればたちまち拍手喝采、観客総立ちなのはわかっているけど、でも、オフアイスの「日常の小塚さん」も本当に素敵でした。どうか末永くお幸せに。

で、急いで真央の話に戻ります、あの妖気漂う「鳥のニラミ」は国宝級の表現だと思います。
あれひとつで「ああ、世界をとるな」と感じさせる迫力でした。

本当に、今期の真央ちゃんは完成形をいきなり出してくると思いますよ。

モダンバレエのような新鮮で、きらびやかで、目を奪う、現時点で人類が到達し得る最高のシングルスケーターとして登場してくると思います。

真央ちゃんはやっと「自分はいいスケーターなんだ」と思うことができたのでしょうね。

このへんが高橋さんとまたしても奇妙にもシンクロしているのですが、彼もずっとそうは思えずにいて、やっと「自分はスケートが好きで得意なんだ」と思えたらしく……真央ちゃんもそうじゃないかなと思います。

このへん、ぜひおさとや他の選手にも見習ってほしいところですよね。
基準を自分が持っている。
どのような演技を、要素を、内容を、提出するかの決定権が自分にある。
地上では200点だなんだで騒いでいますがいきなり2億点出してくる。それはもう度肝を抜かれます。
点数を取ることはもちろん重要です。これは採点競技だから。
だけど、どのように勝ちにいくかは自分が決める。
これを、今期の浅田真央は自信をもって、どかーんとやってくると思います。

逆に言えば、このような本物の超一流の芸術作品、身体表現を前に、果たしてジャッジが何点出すのか非常に興味深いところです。

これを採点するのか。これに点をつけるのか。

そういう全面対決を、浅田真央はしようとしている。真央からの、努力し続けたまっとうな選手からの最後通告です。

宣戦布告。

真央にはもう弱点はありません。たぶんルッツもぶっこんでくる。一点の隙なし。

出る試合すべてで横綱相撲、圧勝する図しか見えません。いやほんと。

普通に滑れば優勝です。まさしく「浅田真央」であればいい。

そんな境地についにきた。ノブーオの武者震いと胃痛がしのばれます。がんばってノブーオ。

とはいえ、本当に大切なのはスケートを通して「生きる姿勢、生きる心」を共有し続けてくれた、真央ちゃんの寛大さと優しさと勇敢さですよね。心から尊敬しています。真央ちゃんはすごい。
誰でもがあのように生きられるわけではない。でも、彼女のような生き方を、目指すことはできる。そうありたい、と望むことはできる。

真央ちゃんひとりが輝くだけで、たぶん「億」の単位の人間の生き方が、心持が、変わっただろうと思います。ソチのフリー、なんとか笑顔で終わってほしいと「世界」が一致団結した。真央ちゃんがんばれ、と祈っていた。
そしてあのフリー。
あのような極限状態で感謝をこめてジャンプを決め、奇跡の演技を見せてくれた。

普段スケートを見ない人たちも、みんな泣いた。……泣いた。

スポーツを見て泣く、という経験こそあまり持てないことでしょう。

奇しくもリオ五輪が開催され、偉大なアスリートの姿をわたしたちはたくさん見た。真央ちゃんも何かしら見て、感じることはあっただろうと思います。

勝利への執念。払って当たり前の努力。世界の頂点に立つことの意味。
そして、負けることの、意義。

以前書きました、立派に負ける姿を見せることも、先輩の務めです、と。

そうやって幾多の名選手が世代交代を終えて去っていった。それが競技です。それがスポーツです。

でも、真央ちゃんにはぜひ「勝つべきときに勝てる強さ」を示してほしいです。

ニジンスキーが舞台の幕の近くでジャンプをして、跳躍の最高到達点、頂点で幕間に姿を消したため、まるで空高く飛翔して飛び去ったかのように慣習に錯覚させたように、人は努力によって、どのような地獄からでも這い上がれること、そして努力によって勝つことができるのだと、できればその姿を見せてほしい。

それは超人的な「個人の努力」によりすがるものです。あまりにも多くを背負わせるものです。

でも、今の浅田真央、という人は「勝って当たり前」のレベルにいる。あまりにもまばゆい星々の中でひとり、屹立して踊っている。

普通に滑れば優勝です。その普通を、さまざまな障害により、多くは本人ではない原因に起因する理由により、「妨害」されて奪われていた。壊されていた。

だからこそ、本当に引き受けきった人間に何ができるか、本当の「覚悟」が整った者に何ができるのか、今期は示してほしいと思いますし、たぶん示してくれるでしょう。

そういう境地に、今の真央は佇んでいる。なんの恐怖もなく。不安もなく。

それは神の境地です。

今の真央ちゃんは自在に「ゾーンに入る」ことができるだろう。もう、揺るがない。もう、あせらない。

悠々と大空を飛翔するだけ。
鳥は無心に羽ばたくだけ。
自由に地上を見おろすだけ。

「その日」をみんなで迎えるために、わたしたちファンこそが選手やコーチにあらかじめ「禁止」されている採点への抗議や、ルー改善への提言や、さまざまな「行動」を取ることができる。

努力した分だけ必ず事態は動くのです。あきらめたら、ファンが声を上げることをやめてしまったら、そのときが本当の競技の終焉だと思います。

真央ちゃんは「自分にできること」をやりきった。NEW浅田真央として、炎の中から立ち上がった。

では、わたしたちは?わたしは?

こんなにも大く豊かな幸いを真央ちゃんからもらった、わたしは?

立ち上がろう。あらためて、立ち上がろう。

そう、思った炸裂する光のような真央ちゃんのショートプログラムでした。







↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/08/24 14:03

THE ICE2016 名古屋公演感想その3



きゃなことミライちゃんが最高だった!
いや~行ってよかった。もともと好きなんですが、二人ともめっちゃ踊れる人だしカッコいいし綺麗だし、本当に出演してくれてありがとうございます!というかんじです。

きゃなこはね、なんだろう、やっぱりすごく目立ちますよね。カッコいい。
本人は可愛いドジっ子なのに演技になると別人のようになりますよね。
氷の上では観客も含めてすべてをコントロールできている感じがすごくする。

かつて氷を指さすだけで森羅万象を従える氷の女王がロシアにいました。そう、スルツカヤです。わたしにとって女王と言えばスルツカヤ。欧州選手権七戦勝、あのスケート発祥の地(と自称するところは日本にもありますがw)ヨーロッパで長きにわたり君臨し続けたスルツカヤ。両足ビールマン、セカンドトリプルループ、ルッツフリップなんでもござれの女王様。
きゃなこは自分の中ではスルツカヤ箱に入っています。

「くすくすカニ歩き」のようにアクシデントがあっても別にパニックにならない。「ああそうか」で自然に直していく。流れを損なわない「自然さ」がある。これはすごく強いです。

きゃなこ選手は、ワンシーズンごと、一試合ごと「これが最後かも」と思いながら悩みながらの現役続行だったと思いますが、難しいことは考えないで「スケートって面白いなあ、キャハハ!」でいけばいいと思います。
リンクで楽しむのがお仕事です!ということで。

得点や順位やメダルの数や、そういったことは勿論すごく大切ですが、きゃなこのタレント制ってのはそういう枠組みにとらわれればとらわれるほど軸をゆがめてしまうと思うので、細かいことは気にせずに「どれくらい楽しめたか」でぐいぐいいけばいいのでは。

よく考えてみればこれだけできる人が五輪メダルナシってのも恐ろしい話ですよね。
愛知県だけ独立したらメダル表彰台全部独占しそうだもん。

ダンスレッスンの鬼教官として照れまくりのしょーま先生をびしびし指導するお姿、最高でした。
しょーまにふったら三倍速でとっとと振付指導を終わらせててワロタwwwww
しwwょwwwうwwwまwwwwww
いいなあ。

トークショーでも舞ちゃんと真央ちゃんに小さいころの話を持ち出されてどぎまぎするしょーまに会場ホンワカwwww可愛い可愛いの声がwwww
おさとと並ぶと「ちっちゃい」「ちっちゃい」のきゃわわコールがwwww
ええなあ。

真央ちゃんの意識のピントってよくわからないのですが、対人間ではママや舞ちゃんなどのご家族と、どうもデースケとそしてしょーまにしか向けられていないのかなあ、真央ちゃんがピントをあわせる人間って少ないのかなあと思っていましたが、なるほど、ごく小さなころから一緒に滑っていたしょーまには「ワシが育てた」って気持ちにもなりましょうし、母性愛に満ち満ちている真央ちゃんにはすっかり「可愛い我が子」なのでしょうね。

真央ちゃんに全力で可愛いがられる人生。そりゃしょーまも世界初を実現しますわwwww
すごいぞしょーま。
実はJOで見たしょーまは、ジャンプばんばん、スピンくるくる、ステップすいすいでジュベールとチャンを虐殺していたイメージしかなかったんですが、今回「やだ踊れる!」と思ってびっくりしました。
振付の意味と理由を完全に理解して「こうある姿」をちゃんと実行している。
まあクリムキンは突然すぎて「え?」と思いましたが、できることを全部入れました!という「全部盛り」のしょーまを見られてよかったです。あとときどきデースケそっくりな動作があって「ひゃん!」と思いましたwww

真央に育てられ、舞ちゃんにいじられ、デースケに憧れる選手なら「大丈夫」でせう。すくすく育ってほしいです。

あとショーメさん!しつこいようだけどスポンサーになってあげて!
「ショーメがしょーまを!」ってそれだけで笑え、じゃなかった素敵☆だし、コマーシャルでしょーまが「しょーまは、ショーメ!(ドヤキリッ」と真顔で言うところをぜひ見たいです!!!
レディースでも大丈夫!実現したらカード持って(現金じゃ無理www)ショーメのショップに走ります!

ミライちゃんも素敵だったなあ。本当に好きなスケーターです。
正直、バンクーバーの出来があんまりにもよくて「ミライが優勝でいいよ」と思ったくらいでしたっけ。
アレのメダルがはく奪されたらミライちゃんが五輪三位、銅メダリストですからね。

アメリカも根性見せんかーーーい!おどれの国のメダルやぞ!!!

とずーーーーっと思ってますがどうですかアメスケ連のおっさんたち。組んでヤツの野望をぶっつぶしませんか?その際は姐さんだけは日本語でおkにしてくださいwwww
英語できないwww口喧嘩用の罵倒表現なら山のように知ってるけどwwww
湖で武器持ってアホカップルを待っていないほうのジェイソンさんにも壊れ英単語を並べましたが週に四日日本語を習っているという彼には友人の日本語のほうがぜんぜん通じていたというwwww
ああ!恥ずかしいwwww興奮した姿を見られた友人に一緒に死んでともちかけましたが光の速さで拒否られましたwww黒歴史www

でもいつも電源を探していないほうの(あれ?充電式でしたっけ)ジェイソンさんは本当にいい方でした。本当に優しい人でした。演技も素晴らしいし「ちょ、何をどうしたらそうなるの」なバレエジャンプのみならず美しいスピン、激しいいステップ、滑らかなスケート技術、華麗なスパイラル、情熱的でクリエイティブで見ているだけでこちらももりもり元気が出る、生命力の塊みたいなパフォーマーです。

名古屋のダンスバトル、「心配で日本の友人に必勝法を聞きまくった」そうですが、あれは卑怯!www日本人の心をがっちりキャッチ!だめだよあれは反則だよwwwもうお客さん大喜びwww
わたしは日本が大好き!と書いた日の丸www

「有名トラ」「本日」のベルネル以来の「日本マニア」の誕生です!

ジェイソンもすごかったなあ。腹の底から楽しんで過ごしていたよね。あれも才能だよね。いきなりまるごとの自分を惜しみなく与えてくれる。全開大放出。そしてあれほどにさまざまなことができるまでには一体どれくらい練習したんだろう、とその孤独な時間の莫大さに気が遠くなりそうです。でもジェイソンくんはひとりで練習しているときも「次は何をしよう!」とワクワクしているんだろうと思います。
バンクーバーで黒い棒がどさくさにまぎれて四回転なしで優勝してましたけど、だったらジェイソンくんなんて十回くらい優勝しててもおかしくね?とただちにえこひいきが始まりましたよwwww
本当にすごいんだから。ねえ。

茶子!ブラウン!気の毒なカポーを惨殺しないほうのジェイソンくん!最高です!

あーーーーフィンランド行きたい!旅行代理店のツアー参加者募集ページを見ながらため息をついています。
フィンランド行ったら変な置物がたくさんある公園も見てみたいなあ。
あとたぶん「あたしここに住む!」と言い出すだろうなあw

カロはねえ、もうひたすらオノレの技術を見せびらかしていましたよwww
いいねえ!いいねえ!と興奮しながら見ましたが、何しろまったく漕がないでターンとステップだけでがんがん進んでいくんですよ。「見ろ!ほれ!どうよ!ほれ!」と言わんばかりにwwww
よだれが出るわ。

二日目にふいに演技の途中で一瞬だけ「本気の加速」をしたんですよ。そのスタートダッシュというか、トップスピードに乗るまでの時間の短さに度肝を抜かれました。それまでもターンでぐいぐい進んでいたのに、ふっと加速した。あれは世界が一瞬で変わるくらいの衝撃でした。鳥肌が立った。
ちょ、カロ、セーブしてるよwww
リンク狭いもんな~。
カロとチャンと真央は特別にリンク面積が三倍あってもいいくらいのスケーティング技術です。
カロにはもっともっと大いに見せびらかしていただきたい。これでもか、とね。

チャンはもう完全に異次元でした。彼のブレードのリンク接地面を起点にして何か別の世界が広がっていてその「異次元」ごと滑っている感じがする。もううめえのなんの。要素不要の滑りですね。チャンがぐるぐるリンクを周回するだけでお金とれるよ。お金出すよ。
なんですか、みんな大好き「フィギュアスケートのヴィーナス」さんのところで知りましたがチャンのコーチが辞めたそうで。
そして別ソースですがチャンはバンクーバーにスケート学校をこさえていて、2018年完成?だかもう完成?していて先生になるそうで?
チャンが教えてくれるならあたしバンクーバーに引っ越すわ!!!
すごいことじゃん。短期コースとかないのかなあ。
チャンに教わりたい。チョクトー滑りまーすと言ってモフォーク滑って顔をしかめられたいwww
で、こうだよ、なんてお手本を見せられたひにゃあわたくしは。ああ。

チャンはものすごく踊れる青年になりましたよね。あんなにアレだったのに。たったひとつの欠点を完全に埋めて戻ってきた。チャンの滑りはそれはもう「異次元」ですよ。なんだろうね、あのうまさは。

今回も「いいお兄さん」というか、しょーまとかもいたのでウッカリ「いいおじさん」に見・・・あああああ、だってすっごくニコニコしていて落ち着いてまわりを見ていて「引率の先生」みたいなんだもんwww
興奮にのまれない。熱狂するのは観客で自分は冷静にコントロールしている。まんまとチャンの滑りに熱狂して悲鳴を上げ続けましたけどね!
チャンも3プロ、いや4プロ、できたら2時間くらい滑ってくれないかなあwwww周回しているだけでもいいです。本当に。

あの、「なんでも口に出す大馬鹿野郎」だったチャンは一体どこへ?
「ジャッジに気に入られているから俺」発言の衝撃。四回転ジャンプへの定まらないスタンス。
「ISU指定強化選手」「ISU所属選手」と揶揄された「優勝は納得だけどなんだよその点は」時代のチャンからすると信じがたい変化です。

はしごを外された経験、バンクーバーでの大失敗などの痛い経験、いろいろあったのでしょうね・・・。
そういえばカロもトリノで大自爆でそうそうに優勝圏内から消えたのでした。

マルケイへのイタリアスケ連の無慈悲な仕打ちも決して忘れられるものではありませんが、カロそのものがいいスケーターであることは終始一貫、変わりません。
カロは偉大だ。

そういえばアルソアさんの表参道の期間限定ショップに行ったときに中の人に突然「真央ちゃんファンですか?」と質問され、そうでない人がここに来るでしょうか、いや来はしない、と思いながら「はい」と答えましたらば「わかったことがあります!真央ちゃんを好きな人はコストナー選手も好きなんですよ!そういう人が多いです!」と言われました。

ええ、ツルスケスケーターはわたしも大好きでございますよ。
だって真央ちゃんファンになると「真央ちゃんが基準」になるからね、相当な選手でないと「ん?」となるのではないのかなーーーっと。

リッポン君。プログラムは「鎮まれ、俺の右腕!」で(わかるかい!)「世界一崇高な中二病」ともいいますが、いやもう美しさの質が際立っていて「芸術」でした。すごいね。
世にも美しいボディラインに、ぴったりのきらきらお衣装ですべてが絵のような美しい「右腕との闘い」を見せてくれました。あれ普通に舞台に乗せても一流の舞台芸術だよね。なぜスカウトされないのか。
友人がなんとかのなんとかというなんとかに今すぐ!と何度か言っていましたが覚えていませんwwwなんでも有名な舞台の監督さんと演目があってそれにぜひ加わってほしいということでした。なんとかさん!急いで連絡を!

手拍子や歓声をあげるような演目ではなかったのですが、ただただ息を詰めて見入った後の大歓声、リッポン君はすごいです。また来てほしい。なんとかさんもスカウトしてほしい(誰だよwww)。

彼のタノルッツは最高ですね。なんであんな綺麗に回れるんだろう。誰かさんと正反対で醜い瞬間がひとつもない。本当に繊細で、でも力強くて、洗練されていて、だけど野性的なパワーもあって、杉爺がいたら最上級の称賛「よくコントロールされていていいですね!」「いやよかったですよ?」が出そうです。

わたしの中では「右腕大暴れの人」でした。


さて、書きにくいことを書かなければなりません。おさとです。
名古屋初日と二日目は、ヘアスタイルと演目のせいもあったのか引退後の劣化した荒川静香に見えました。ゾッとしました。
決まらずに中途半端に流れて(崩れて)しまうポーズ、なんちゃってスパイラル。歓声が起きたのってスピンくらいでしたよね。会場が静かだった。
群舞でも「これでいいんでしょ」という中途半端な手足の位置が気になって気になって。
「あれ?フィギュアスケートって美を競う面もありませんでした?」と真顔で問いかけたいくらい、まったく綺麗でもなんでもない。
さとこどうしちゃったの?と泣きそうになりました。
三日目もこれだったら絶対手紙を出そうと思いましたが最終日は今季フリーでしたか、かなり気合を入れて演じていました。
が。

ひとりの観客として見た場合、チームおさとの「方向性」は間違っていると思います。
今のおさとは「60点平均」の選手にしか見えない。
もちろんお遊びのショーでありお仕事のショーであり、本気ではないと言うかもしれないですが、初日と二日目を見る限り、伝えようという意思が手足の隅々にまでいきわたっているようには見えなかった。

試合についてもおさとはジャッジにあわせた演技に見える。
ジャッジは普通の人間です。特に優れたところがあるとか、一世一代の何かで世に名を残した人ではない。そういう人はショースケーターとして食っていけます。コーチの口だって確保できる。
申し訳ないけれども、ジャッジはと、ひとくくりにさせていただきますが、人間性がとびぬけて優れているとか、美意識が素晴らしく発達しているとか、そういう人の集合体では多分ないだろう。
正直、われわれと同じ有象無象の集合体です。
そういう低いレベルの美意識の人間たちが決めたルールに「服従する」のはおさとが本来持っている100も200もの力を「60点平均でいっか」とおとしめていることになりはしないでしょうか。

なんというかジャッジのレベルにあわせないで、好きなだけとびぬけていくべきだし、そうでないと勝つことはできないでしょう。
初日と二日目のおさとはいてもいなくてもいい存在だった。申し訳ないけれども。
そのために観客が熱狂し愛を誓い必死に応援する要素が感じられなかった。あまり。

ジャッジにあわせて「このへんでいいだろう」で、だけど実際には勝たせてもらっていない。このままだと「上位選手」がミスをしなければ勝てない「位置合わせ」の人にされてしまう。

ジャッジにあわせて低レベルで満足したあげくに勝てないのならその戦略は「失敗」ではないのでしょうか。

真央のようにジャッジの基準が50点のところ、勝手に2億点くらいの高みにいってしまうことは難しい。普通の人にはできないでしょう。だけどおさとにはおさとの良さがある。そこをもっと伸ばすべきだし、普段の所作や立ち居振る舞い、「今自分がやっていること」に対する自覚、これらをもってして「正当なチャンピオン」である自分になっていかないと、今のままではダメでしょう。

ちゃんとまわりを見ていますか?真央の演技に驚嘆し、チャンの滑りに腰を抜かし、ダンサブルかつ高等技術のオンパレードのミライに憧れ、というようにちゃんと「いいもの」を吸収するアンテナを張っていますか?

今のおさとに足りないものは「美」を感じ取る感性ではないでしょうか。
もっともっといいもの、美しいもの、素晴らしいものを見たほうがいい。ちゃんと味わって栄養にして「美しい心」を身につけたほうがいい。

おさと。うまく伝わるだろうか。
おさとには「必殺技」がないでしょう。両回転スピンも点にならないからやめちゃった。
おさとでなければ!というプラスアルファがなければ「普通のスケーター」で終わってしまうよ。

真央に勝ったからチャンピオン、じゃないんだよ。そんなの村主章枝にだってあったんだからw
採点は人間がするものだ。そのどういう素性かわからない人間の基準にあわせて「これでいいか」ではダメだよ。

おさとが見ている世界はどんな景色なの?
おさとが感じている喜びはどんな風景なの?そこなんだよ。

技術的にはもうフル装備と言ってもいい状態なのだから、あとは「心」の問題でしょう。

わたしはこのブログでも「浅田真央を越える可能性がある選手」だとおさとに言った。それはすべての女子選手がめざすべき巨大な山、大きな星として存在する偉大な上にも偉大な名選手「浅田真央」を越えなければ、せめてそれを目指さなければ、スケートをしている意味なんかないんじゃないかと思うから、おさとも、おきゃなも、カロもミライも、みんなそうだよって意味だった。

もちろんおさとに期待する面もすごくあった。

おさとには「100点平均」になってもらいたい。こんなもんでしょ、で終わらせてほしくない。
タマとったる!てっぺん狙ったる!というのなら普段から100の力を200にも300にも使えるようにしなくっちゃ。練習で60点、本番で60点じゃ勝者にはなれない。なれないよ。

勝ちたいの?どうしたいの?今のおさとからは読み取れない。コーチの言う通り滑ってそこそこの点が出たらいいのかな?

THE ICEを見て「さとこ!どうしたの!」と思えてよかった。今シーズンのショックが少ないだろうから。

いまだにちょっと消化しきれていないのはおさとの演技だけなんです。
なんかズレ出してないかあああああという悲しみ。

THE ICEに出演できるという幸運に恵まれているうちにどうかいろいろ吸収してほしいですね、ぜひ。

ああそうだ。あのね、トークの中で真央ちゃんが「お化け屋敷に行ったとき、さとこちゃんがぎゅっと手を握ってくれて心が触れ合ったような気がして嬉しかった」と「いつも感じていた距離が縮まった気がした」と言ったでしょう?

あれを聞いて「なるほどな~」と思ったの。

つまりね、おさとは「内気だから」にあぐらをかいて、甘えてまわりの善意と行為をむさぼっているわけよ。極端な言い方をするけどね。
「内気だからしゃべらない」「人見知りだから自分から声をかけない」、それでよしと勝手に自分で決めている。
だけど、そのせいでまわりがすごく気を使う。
「無口だから」「打ち解けないから」だからまわりから距離を詰めないといけない。
それってすごく受け身だし、傲慢だよね。
だってさ、誰だって人付き合いなんて怖いし面倒だし嫌なものだよ。にこにこ接してみた相手にどんな反応をかえされるかわからないし、出る釘は打たれるし、ややこしいよ。
最初から誰とでも平気でしゃべれる人なんていない。
みんなぶつかりながら、失敗しながら、それでも一所懸命に努力しているんだよ。
おさとはさ、「内気な自分」を変えようとしたことはある?
そうやってあんなによくしてくれるあの真央にさえ距離感と寂しさを感じさせたままでいてさ、いい表現者になれると思う?
そこなんだよな。

内気なのが悪いって言ってるんじゃないよ。姐さんだって自分では内気で内向的で引っ込み思案だと思ってるよ。だけど、それだけでいい場面ばかりじゃない。

人に気を使わせないとか、相手に気持ちよく過ごしてもらうとか、実際にできているか、そうでないかは別として、せめて「そうしよう」と「思う」ことは必要なんだよ。誰だってそうやって親しい仲間、大好きな友人、素敵な知り合いとうまくやっていこうとしているし、大嫌いな職場のお局、気持ち悪い通勤電車の中のオヤジ、わけのわからない採点をするクソジャッジどもとだって、できれば喧嘩しないで平和に過ごしたいと思うものなんだよ。

その努力は全員がやっている。何もおさとにだけ義務づけられた強制労働じゃないんだよ。
そういう「努力」はしないで、通し練習なら何回できますー、汗ひとつかきませんー、とカウントされても「そんなのみんなやってるよ」になってしまうんだなあ。

すごく残酷なことを言っているかもしれないね。だってまだ努力しろって主張しているんだもの。

でも、そこなんだと思う。まさに。

おさとの演技が今いち「小さい」と言われるのはそこなんだな、きっと。

ケチくさい演技してんじゃないわよ。おさとはもっとずっとでっかいすごい「表現者」のはずなんだから!というもどかしさ。

なんか「なぞっている」だけに初日と二日目に見えたのは、おさとが油断していたせいか、それとも「本物の超一流」と演技するからわかってしまった悪目立ちなのか、わかりませんが、感想は「さとこヤバい、まずい、このままじゃ絶対だめだ」だけでした。

これも勝手な期待ですかね?

オリンピアンの先輩に話を聞いて論文を書いたくらいなんだから、「人はリンクに人生を見る」「そのスケーターの心を見る」ということをもう一度拳拳服膺していただきたいですね。

だって「心」が日頃の練習に向かわせ、「心」が自分の音楽や衣装や演技内容や「方針」を決めるんだから。

宮原一世よ。60点平均で終わらないで。本当にそう思います。
試合が始まったら別人さとこになってくれることを願います。三日目はそうだったもんね。がんばってほしい。

とりあえず、おさとは「おはようございます」の後に「電車混んでましたか」とか「今日は暑くなるそうですね」と「一言追加キャンペーン」をしてみようよ。

もう「脱皮」する日が来ているんだよ。どんなに努力家でがんばり屋さんで一所懸命かみんな知ってる。コーチなんか可愛くてかわいくてたまらないだろう。どうあっても勝たせてやりたいと思うだろう。こんなに練習する人はいないよ。本当に。

だからこそ「次の段階」に行くために、行って花開くために、「自分」の殻を破ってみようよ。

そのとき、無敵の技術力と冷静さと「揺るがない心」とで万人が納得する真のチャンピオンとして表彰台のてっぺんを当たり前のようにとれるだろう。

と、見ていて思いました。おさとが出てきたときの大歓声、聞こえていたよね。みんな応援しているよ。おさとを勝たせたいし納得した採点を出してほしいし好きなんだよ。

どうか忘れないでほしい。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2016/08/24 12:23

THE ICE2016 名古屋公演感想その2 舞ちゃんの復帰



舞ちゃん。大好きです。

今回は舞ちゃんが出演ということでそれもすごく楽しみでした。

ゴージャス。華やか。出てきただけでリンクに光がさしこむような他の誰にもないエレガントで匂いやかな、咲き誇る大輪の花束を背負って滑る人。美しい。

わたしは、その「華」あるがゆえに舞ちゃんはたぶん普通の人生は送れないだろうと思っていました。どうしようもなく人目につき、耳目をそばだて、注目される生涯だろうと。

そしてその内在する「華」の力に引きずり回され、自分でも制御できずに大暴れするのが悲しかった。
本人は大暴れしているつもりはなかっただろうと思います。やむにやまれず、どうにか自分が生き延びるために必死に戦っていたのだろうと。
けれどもその「華」は彼女が一般人にまぎれることや、自らの力量を発揮して輝かずに生きることを許さなかった。

このように生れつく人がまれにいるのです。

たとえば浅田真央。たとえば浅田舞。

姉妹でついたコーチはみんな「舞の身体能力はすごい」と評価した。トリプルアクセルを最初に決めたのも舞ちゃんだった。長い手足、美しい容姿、練習に応じてみるみるうちに上達していく高難度エレメンツ。洗練された動き。

本当に、舞ちゃんと真央ちゃんで「姉妹で五輪」は夢ではなかっただろうと思います。決して「夢まぼろし」ではなかっただろうと。

でも、匡子ママがあとで悔やんでいたように「スケートも勉強も」という方針は舞ちゃんを苦しめた。若く美しく遊びたい盛りの舞ちゃんはスケート以外にやりたいことがたくさんあった。とても、たくさん。

なぜ練習をしないのか、とお母さんが叱り、舞ちゃんが反抗する。その親子喧嘩を泣きながら真央ちゃんが止める。
「ママ、舞、喧嘩しないで!真央がメダルを取ってくるから」

真央がメダルを取ってくるから。

そして実際に取り続けた。

舞ちゃんの姿はリンクから消え、「若さ」と「外見」だけで人の値打ちをはかられる芸能界に去っていった。

誰も悪くはない。誰も悪くはなかった。

ただ、真央ちゃんほどストイックにスケートにすべてを捧げることは、舞ちゃんにはできなかった。無理だった。

いろいろあっただろうと思います。

でも、舞ちゃんがリンクに戻ってきた。
ファンを見捨てずにいてくれた。
待ちわびるファンのために戻ってきてくれた。
もうそれだけで十分なのに、舞ちゃんもどえらいことをやらかしました。

会場MCによると「ブランク六年、練習期間三か月」だそうですが普通にダブルアクセル決めていました。ビールマンスピンも決めていました。荒川静香の必殺技の手放しY字スパイラルももっと綺麗なポジションでもっと華麗に決めていました。

ねえ、舞ちゃんおかしいよwwwww
そもそもなんで戻せるのwwww

普通に現役だよwww
普通にとてつもなく綺麗で華麗なフィギュアスケーターだよwwww

目指せ目指せ五輪目指せwwwwwキーラ・コルピ引退後の「存在加点」でまず100点だwwwww

体もめっちゃ絞られていて綺麗なこと綺麗なこと!

真央ちゃんと一緒に滑って見劣りしないどころか、ときどき真央ちゃん以上にはっと目をひく美しいポーズがさまざまあった。
美麗アティチュード。並ぶと真央ちゃんは体操選手だ、と感じます。完全に正しい位置に手足がある。流れの中で瞬間、瞬間、常にあるべき場所に手足がある。これってたぶん1億人にひとりくらいしかできないことだと思います。これも奇跡のひとつです。

しかし舞ちゃんは、さらに驚くべきことにもっと「立体的」に動くことができる。
ふくらみをもって、しなやかさをもって、正しい位置からより美しい位置に手足を、全身を、自在に位置させることができる。これも奇跡のひとつです。
あの高速移動のただ中で美しい瞬間しかないように自在にコントロールできる。
これは「才能」です。ギフトです。
こういうセンスは生まれ持ってのものだとしか思えない。

舞ちゃんが持っている「華」も、身体表現をする者なら全員が何をおいても何を犠牲にしてでも手に入れたい、得たいと乞い願うものです。しかし残念ながら誰でもが得られるわけではない。むしろ望んで望んで焦がれながらも手に入れられず、身につけられずに生涯を終わる人もたくさんいる。そういう人のほうが多いでしょう。

うまいが地味だ。ちゃんとしているが魅力がない。など、残酷きわまりない正直さで観客は演技を見る。

舞ちゃんは生まれながらに表現者として非常に重要な「人を魅了する力」を持っている。華やかさ、というチカラを。

そしてあの身体能力です。普通は戻せませんよ、いくらがんばったところで。

たとえばスピン。名古屋一日目。途中で力尽きてもう一回周り直していた。二日目。まるで振付の一部のように華麗に美しくはあったものの、スピン途中でゆっくりと倒れていった。驚きました。しかしスピン自体は明らかに初日より長時間、いい形で回っていた。名古屋三日目。もう堂々とビールマンスピンを回り続けた。しっかりと軸が取れた美しい形のビールマン。
これは真央ちゃんのほうが美しいポジションでしたけれども。

だから舞ちゃんは毎日氷に乗ったらいい。いろんなショーに出たらいい。オファーがあったら受けたらいい。
滑れば滑るほど確実に上達するのですから。

そして舞ちゃんがあれほどいきいきと幸せそうに見えた瞬間はなかったですよ。本当に輝いていた。

いるべき場所にいてやるべきことをやっている。自分の本来性を発揮して、何の不安も心配も恐怖もなく、ひたすら「自由に」疾走していた。美しかった。

舞ちゃん、おかえり!

たぶん舞ちゃんは「自分の心」と和解したんだ。自分を責めて、許せないと憎んで、そう思ってしまう自分を嫌って、自分で自分を苦しめていた。
そんなことはもう忘れてしまいなさい。
だって舞ちゃんは素晴らしい。
その心が、努力する姿勢が素晴らしい。

ファンを見捨てずにいてくれてありがとう。舞ちゃんのスケートという奇跡を共有してくださってありがとう。
感謝しかありません。

舞ちゃんらしくある、というのは何をしても人の歓びになる、ということだとわたしは思うよ。本当に。
そしてそんなふうに生まれつき、そんなふうに「自由に」生きることを許されている人はごくわずかだ。ほとんどいない。
舞ちゃんはもっともっと人前で光輝いたほうがいい。それもできればスケートで。

もちろん、舞ちゃん本人の意思、舞ちゃん自身の幸せが最優先されるべきです。それは何度でも確認しなきゃ。
でも、もし自分のハートに問いかけて「いいよ」という答えが出されたら。
これからもぜひスケートを見せてほしいなと思います。

それにしても三か月であそこまで戻されたんじゃ真央ちゃんもたまったものではないですねw
かつて真央ちゃんが「ライバル」と言ったのは舞ちゃんだけです。あとミライちゃんもすごいと言っていた。
「舞がライバル」
そのライバルがぐいぐいと距離を詰めてきたひにゃあ、真央も頑張る!と奮起せざるを得ないでしょうし、現役トップスケーターの中で滑る恐怖を持った舞ちゃんを優しくサポートしたり、アドバイスしたり、完全に逆転した立場からお母さんのようにお姉さんのように、真央ちゃんは舞ちゃんを支えたはず。

演技中、ずっと舞ちゃんを優しい優しい目で見守っていて「これはどこかで見たことがある」と記憶をたどると、わかりました、エカテリーナ・ゴルデーワ&セルゲイ・グリンコフです。セルゲイがエカテリーナを見守る目だ!演技中、決して彼女から目を離さず、タイミングを常にはかり、大切な宝物のように彼女を支えていたセルゲイだ。

ああこれが「愛」ってものなんだな。と思い、あふれる涙を抑えられずにいました。

姉妹プロ。

アップテンポなのりのりのダンサブルなものからしっとり優しい演目まで、完全に表現しきっていた。
そして真央ちゃん発案だという布を使った演技。
オレンジのグラデーション、ふたりもまるで沈みゆく太陽に照らされた夕焼けに染まったような素敵な衣装でゆったりとおおらかに、時にはシャープに夢のような舞を見せてくれました。

ふたりの演技は本当に「大きい」。
リンクがことさらに狭く感じたし、ものすごくコネクトできた感じがしました。

舞ちゃんはトークショーの司会もばっちりで、姉妹プロの衣装のまま「暑い暑い、汗が止まりません」と言いながら滑らかに楽しくこなしてくれました。

舞ちゃんがストイックに鍛錬してシェイプアップしてきた細い腕にはしっかりと筋肉も乗り、世にも華麗なポーズを繰り出し続ける都度、その痩せて細くなった腕にくっきりと腱が浮かび、その痩せた腕が舞ちゃんの「勝利宣言」に見えて泣けました。

「わたしは自分に打ち勝った」という誇らしげな宣言です。

舞ちゃん。大好きだ。

どうにかして舞ちゃんとつきあえないかと真剣に悩みましたとも。ええ。まんまと陥落させられて魅了されまくってしまいました。

てへ☆





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/24 10:52

THE ICE2016 名古屋公演感想その1



今年2016年は名古屋公演三日間行ってきました。
アルソアさんのショーは不参加です。それがあったことも知らなかったゾ☆

友人がすばらしい席のチケットを取ってくれまして、三日間とも別の位置、二階席、ロングサイドジャッジ反対側、ロングサイドジャッジ側、それも1列目と3列目という良い席でした。
友人の日頃の行いのせいでしょうか。。。ありがたいことでございます。
また緊張のあまり「もう帰ろう」と電車に乗るなり言い出すようなチキン野郎と三日も過ごしていただいて本当にありがとうございました。
実際、会場のどの位置から見てもオッケーな構成でしたし、最初に全体を把握できたので三日間、少しずつ違う内容で進行していくショーを存分に楽しめました。
それからこれは一日だけ行った方の感想ですが「真央ちゃんがすごすぎてそれ以外あんまり覚えていない」というの、すごくよくわかります。わたしも一日だけ(一回だけ)だったらもう何が何だか!で同じ感想になったと思います。

そしてTHE ICEの恐ろしいところは「全日、全会見たくなる」ということ。

今回も「名古屋三日間だけでは全然足りない。来年は大阪にも行こう!」と思いました。

また今年は十周年だったということでおめでとうございます。

できましたらTHE ICE二十周年、三十周年にも行きたいと心から願っております。

ただね、会場内が暑い!暑かった!
今回はいつものモリコロではなく、大相撲春場所などが行われる「体育館」に氷を張っての公演で、とにかく今まで経験したもっとも暑いリンクでした。演技中の客席には半袖、ミニスカートの女性もいましたしランニングの男性も見かけました。
まあこちらも感動のあまり打ち震えて泣いているか大声で叫びながら拍手しまくりびょんびょんはねているかのどっちかですから「頭を冷やせ!」といわんばかりに冷房を入れていただいても逆にそのほうがありがたいのですが、でも防寒服を着こんでもこもこにならずにすんだのはよかったです。冬の防寒服は種類によっては、「音」がいやなんですよね。シャカシャカいうから。なのでなるべくフリースとか音が出ない上着を持参するようにしています。
冷えは足元からくるので床に新聞紙一枚でもいいからひいてその上に足を置くとかなり違います。最悪おなかに巻き付ければ相当な保温もできますし、って冬山登山の知恵なんざ不要なくらいの暑さでした。
氷が溶けて怖いのでこれはちょっと考えたほうがいいと思います。
実際リンクにびしょびしょな個所があったしなあ。
アモディオの熱いセクシーダンスのせいばかりとはいえないwww

それから、一日目に隣に座った札幌マダム!いただいた名古屋城入場チケットのおかげでジェイソン君、といってもチェーンソーを持っていないほうのブラウン君が観光しているのをみつけ、握手していただけました!ご両親と一緒に歩いていらっしゃってパパママとも握手させていただきました。
ジェイソンくんのママがすごく素敵な方でご本人がいるのにママ!ママ!としっぽをぶんぶん振りまくりでした。
きょっこママさんと同じで真央ちゃん舞ちゃんがそこにいるのに「おどき小娘!」の勢いで匡子さん!がぶり寄ってしまったのを思い出し「素敵な選手にはやっぱり素敵なお母さまがいるんだなあ」と感動しました。
札幌マダムのおかげです。どうもありがとうございました。
名古屋城、あちこちで「キャー!」と歓声が上がっていたのでジェイソンくん御一行様はショーが終わって見物しているファンにみつかっていたのでは。ゆっくり観光しているところを本当に申し訳なかったのですがとりあえず「好きだ」ということは伝えることが(たぶん)できてうれしかったです。今思い出すと恥ずかしくてそこらから飛びたいwwww本当にごめんなさい、そしてありがとうございました。です。

マダム、コーヒーのお味はどうだったでしょうか。
ショーの感想や選手への思いなど「全文同意です!」と思うくらい自分とほとんど同じことをおっしゃっていて驚きました。もっとお話しできたらよかったのですが何しろショーの最中だったので残念でした。
おひとりで三日間遠征ってすごい熱意ですよね。
またどこかでお会いできたらと思います。

あと、名古屋の人って「詰めて坐る」習慣があるのでしょうか。
ホテルの朝食で他に誰もいない部屋で知らない人に真横や正面に座られたんですが、自らすし詰めになっていく「文鳥スタイル」を取るのは旅人だから?と思いましたが電車内でも誰かが坐っているとその横に詰めて坐る。密着する。
これはふだん東京では見られない光景で「文鳥率、多し!」と思いました。
東京だとあいだをあけてポツンポツンと坐りたがる・・・よね?

選手用のファンレターは、思いのたけをそのまま書くととんでもない長文になるし気持ち悪いし、かといっておさえて書くと電報みたいだしで悩みましたがそれでも気持ちを伝えたいと会場外に用意された受け付け箱に入れてきました。箱の中にはやっぱり真央ちゃん、舞ちゃん宛のレターが多かったですね。

プレゼントは受け取りなしでその分を募金に、という箱もありました。毎年えらいなあ。素晴らしいと思います。

さて「感想はどうなったんじゃ」とお思いのことでしょうが、もうね、わたしはこの先の一生涯、「THE ICE2016が素晴らしかった」と繰り返し巻き返し言い続けるだけの人生かしら、と思うほど素晴らしかったです。

まず、真央ちゃん。
真央ちゃんが覚醒してた。これだけでもう俺歓喜です。度肝を抜かれた。

会場が暗くなり、アナウンスが流れ、スポットが当たると真央ちゃんがリンクに立っている!!!!
白いドレスふうのもこもこがいっぱいの、白一色なのに素材の質感ですごく豪華で気高くてお洒落で洗練されているゴージャスきわまりない真央ちゃんが!
演出さん!よくおわかりで!
これを見に来た!浅田真央!という場内のものすごい歓声の中、真央ちゃんがひとしきり観客を悩殺して(いやもう一撃ですわwwwww)短時間なのに信じられないポジションを矢継ぎ早に繰り出してゴージャスイーグルで大虐殺。出落ちなんてとんでもない。いきなり昇天ですわ。
そして次々に出演者があらわれて、みんなで演舞。あれ難しいぞー。さすが世界のトップスケーター。にこやかに華やかにちゃんと距離や速度を調節してリンク中央で華やかダンス。
どこを見ていいのかわからない上に全員大好きな人なのでもう大変!
正直、オープニングだけで終わっても満足だと思う素晴らしさ。
「これはとてつもないことが始まるぞ」という予感と共にスケーターがはけていきます。
で、トップバッターの無良くんからショーが始まっていきました。

なんというか「夢空間」でした。全員が幸せだっただろうと思う。
観客の一体感。惜しみない拍手と声援。「何かすごいものを見せてもらっている!」という喜びと驚き。

匡子ママが「人としてちゃんとしていなかったらスケートをしていたって何にもならない。リンクを降りてからのほうが人生は長いのよ」とおっしゃっていたことをふと思い出し、わたしたちが真央ちゃんをこんなにも好きなのはその「心」が想像を絶して美しいからだなあと思いました。

楽しかったなあ。

真央ちゃんは、復帰後ワンシーズンを過ごしてみて、またしても最低最悪の不正採点でひどく傷つき、復帰を悔やんだこともあっただろうと思います。そしてまた「なぜこんなひどいことをされるのだろう」と、あのようにまっすぐな気性の持ち主だけに相手の陰湿さや奸悪さ奸寧さ卑劣さ暴虐ぶり、陰険で卑怯で私利私欲、拝金主義だけのくっだらねえクソ採点を「本当に自分がされている」のだということにハッキリと気が付いてしまったのだろうと思います。
「本当にターゲットにされている」と。

真央ちゃんはもちろん世間知や一般的な人付き合いなども知っていて実行している人ですが、「本物の邪悪」というものの存在になかなか気がつかずにいたように思います。

というのは自分の中にそこまでの腐りきったドロドロが「ない」人だから。
いつだって努力すれば、頑張れば、ジャッジは認めてくれる、ちゃんと自分が正しく滑れば正しい点数を出してくれる、と信じていたと思います。
その思いを完全に踏みにじった。完全に。

「根拠のない高得点」も「理由なき低得点」もどちらも異常です。不正です。真央ちゃんはずっと「理由なき低得点」にさらされ続けた。
恐ろしいことです。すべてを賭けて必死にうちこんだ「努力」を全否定されるのですから。
それは「地獄」なんじゃないでしょうか……。

ファンはそれをずっと見てきた。……見てきた。

そして真央ちゃんは「にもかかわらず」またしても非常な高みに到達した。これは驚くべきことです。
真央ちゃんのすごさの中身が、これまでと全然違う。自覚をもったすごさです。これは「強い」。

オープニングから完全に「浅田真央であること」を引き受け切っていた。楽しむ余裕すら見せて役割をこなしていた。完全に全体が見えている。

そして姉妹プロ。これも伝説になるでしょう。

バトルとのコラボ。すごかった。

そして今季ショートプログラム。黒い鳥が羽ばたいた。

真央ちゃんは本当に大器晩成型だったのだろう。やっと、やっと「自分は素晴らしいスケーターなんだ」と気がついた。そして「だったらその素晴らしさを思いっきり見せようじゃないの」と決意した。
そんな感じがしました。

正直、ローリーかあとちょっと思っていました。タラソワの「芸術作品」の素晴らしさに完全に魅了されきっていたから。好きなプログラムをあげろと言われるとほとんどがタラプロです。真央ちゃんも知らずにいた「これまでと異なる美しさ」を存分に引き出すタラプロをできたら今の真央ちゃんでも見たい、と願っていた。

しかしローリーには謝らなければ。印象的なポーズ、つなぎ、要素の配列、やっぱり「お?どこかで見たぞ」という既視感は少々ある。ありはしますが完全に「NEW浅田真央」を演出する「しかしどうよ、真央が演じるとこんなにイイのか」という完全な公開処刑になっています。もし自分が似た振付で滑っていたら頭を抱えるしかないような。

まあそれも真央ちゃんが素晴らしいからですけどね!と謝罪のために土下座しながらも顔をもたげて言い放つ憎ったらしいヤツ、それが姐さんですけどね!
でもローリーに「真央が素晴らしいからこのプログラムがとんでもない芸術作品になっているんだ」と言ったら彼女は「わたしもそう思う」と言うでしょう。「何言ってるんだ、当たり前だろう」って顔で。

真央ちゃんはすごい。

ストナのコマーシャルで世界を震撼させた黒い鳥は、今度は悪者をなぎ倒す。
悠々と飛翔するだけでばったばったと敵が死ぬ。
鳥は自由に羽ばたくだけ。
自由に大空から見おろすだけ。

真央ちゃんに、そんなに苦しむのなら引退なさったほうが、と思っていました。もう辛すぎるのでは、と勝手に想像を押し付けて。でも弱いのは自分だった。苦しみにくじけていたのも自分だった。

真央ちゃんは常に正しい。浅田真央、引退しないで正解です。彼女はついに「完成」した。

本当に、今期はどえらいことになるでしょう。ショートもフリーも最初から完成形で出してくると思う。
そしてまったく新しい「浅田真央」に対してジャッジはそのとき何点出すのか。
むしろ平気な顔で採点できるのか。

真央は完全に別の地平に行ってしまった。自分の努力で。自分の決意で。

浅田真央、戦闘準備完了です。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
THE ICE2016 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/24 10:15
 | HOME |