宮原1世(モモさん編)



モモさんが姐さんが言いたかったことを全部代弁してくれました。
モモさん、どうもありがとうございます。


2016/02/21 モモさん

宮原1世

横から大変に大変に失礼致します、どうしても抑え切れずのこのこ(°_°)

モモと申します。あたしは、世界中に数多といる真央ちゃん大大大ファンです。フィギュアスケートが大好きで、みどりさんはいわずもがな、有香さん、ゆきなさん、シズニーさん、若手(すでに?かも)コストナーさん、かなちゃん、未来ちゃん、当然ながらおソトにおラジに、おサト!!!あぁぁ何人でも出てくる女子シングルだけでこのありさま、もうやめときますスミマセン(°_°)

宮原さんは、姐さんが
宮原一世
と仰ったのが、私にとってはドンピシャでした。

素晴らしい才能、それこそ浅田さんの専売特許くらいに思える、というか、身につまされる、
努力の天才
宮原さんは、それを不言実行する無口で才能溢れる次の世代。
真央二世とか、ポスト真央とか、そんなチープな器であるはずもなく。

しつこいですが、あたしは所謂マオタです。浅田真央という、まさに唯一無二の、スケートの神様に祝福された、またはもはやそれ以上に、競技やら人種やらのくくりすら遥か彼方、人類の可能性をフィギュアスケートというツールで我々に示してくれている存在と信じて疑わない、イタいファンです。
姐さん仰る通り真央ちゃん応援するのに忙しくて仕方ない。

ただし、スケートが好きです。

宮原選手は、つい昨季まで下げられ続け、うっかりその類稀なる才能を潰されかねなかった選手のひとりです。
よくぞ、折れずにここまで。
で、今季、少なくとも四大陸でまともに近く採点されたものだと。

色んな見方があります。

ロシアのインフレとの折り合い?
その他諸々?
世選は知らんぞ的な?

例えば今日のPチャンの演技、如何でしたか?

あたしは息が止まるかと。
そして彼のインタビューに号泣しました。
彼曰く、なされるべきことがきちんとなされた
と。

に対して採点もついてきた。

彼はもとより強烈に素晴らしいスケーターですが、(ある意味、プル様が名指しで潰しにかかろうという時点でもはや異次元)彼に対する採点が意図的に一人歩きしていた時代、あたし自身、はぁ?と思って、しれーっとしていたひとりです。ゴメンpちゃん。

でも今日の彼は確実に違う次元にいた。
どんだけ努力したんやこの人、と。

採点がバッラバラやから、見てる側の視点も歪められるのではないでしょうか。あたし自身への戒めも含め。

宮原選手は、昨夜、本当に見事でした。

ソチの浅田さんの演技は、いわんや、神演技です、今更ですが。

人類の可能性を引き上げてくれた。

あたし含めあたしみたいな数多の1小市民に明日生きる勇気をこれでもか!と与えてくれた。

何より、人類はこれほど美しくあれるのかという驚愕に満ちていた。

あたしも、浅田さんと人類というくくりで同じカッコ内!しかも国籍まで!!きゃー日本人で良かった!くらい単純に嬉しかった。

そもそも、涙する以外、何が出来たよ、あの神演技。

個人的には、あの演技は、仮にショート出てさえいなくても、あれだけでぶっちぎり金メダルちゃうん、だって演技構成点やとかゆうなんか??知らんけど満点でも足りひんくらいやろ、な勢いですよ。

そんな神演技に3アクセルもセカンドループも夢にも跳べへんようなジャッジらが諸々の事情でつけてしまった採点は、それ自体が追求され続けるべきもの、宮原さんの昨日の採点は、あの採点よりマシだった、しかもそれにも最も恐らく諸事情からんでおり、というところではないでしょうか。

宮原さんは、是非とも折れずに、採点諸事情諸々おいても強すぎる同世代ロシア勢に真っ向勝負して欲しい。

あたし達は、おかしな採点に意義をとなえる。

そんな思いでいる、イタいマオタのひとりでした。

てゆーか、真央ちゃんが本当に本気出してるタイミングで、玉三郎御仁ものたまった通り
心と身体のバランス
がハマれば
今夜のPちゃんも吹っ飛ぶ、とゆうか、
あたし達は、ソチ神演技以上の想像を絶する世界を見せてもらえますよ。

そんときより前にゲロっといたほうがええよ、ジャッジ含め関係者は、と、本気で思います。

長々と、大変に失礼致しました。姐さん、ごめんなさい久々のコメントなのにこんなで(T_T)


姐さんは、ソチ五輪の真央のフリー演技のジャッジスコアを、ことあるごとに取り出して見ています。
あれだけの構成、あれだけの内容、あれだけの生きようをしてあの採点。

マスター・ノブーオ講演会で配られたジャッジスコア。メダリスト三名と真央のフリー。

真央だけが削りに削り、下げに下げたきったねえ最悪の採点です。

忘れちゃなんねえ。バンクーバーでもソチでも、そして現在もなお、薄汚れた「思惑」のただなかにさらされている真央をはじめとした全スケーターのことを忘れようがありません。

そんな嵐のただ中に真央は戻ってきた。「わかっていて」。

真央の心中を推測するのは、姐さんは好みません。そんなもんわかりゃしねえwwwww
マスター・ノブーオとだって話し合いで「わかりあおう」と努力を続けているくらい真央の心はラビリンス。

わかっていることは「真央はスケートが大好きなんだ」「真央は努力を続けるんだ」「真央は世界で一番きれいな心の持ち主だ、だから世界で一番、見る者の心を打つんだ」ということだけ。

「真央はあきらめていない」

だからこそ外から見ていて「真央ちゃん、ご武運を!」と祈るだけ。

同時に「あたしはこう思う」「だからあたしはこう動く」ということを続けるだけです。


演技は選手のもの。選手の努力の果てのもの。

採点はジャッジが行うもの。そしてそれが「事実と一致」しているかどうか、万人が自ら検証できる。


宮原一世よ、すくすく育て。
まわりが異常だからって自分がおかしくなっていいという理由にはならない。
不正をすれば勝てるからって自分から汚辱につっこんでいく必要はない。

全日本女王として、そしてまた四大陸女王として、堂々とワールドに臨むがいい。

こんなことはみんな、さとこには「わかっている」はずだから。


「荒川静香と浅田真央を足したよりももっと上をいく可能性のある選手」だと前から書いてきましたが、個人的には荒川静香は越えたと思いますね。

そんな後輩たちの育成を考えて副会長☆サマが快く応援支援声援を送ってくださることを切に祈ります_____


モモさん、姐さんも例の「巨大組織マオタ」の一員ですよwwwあたいも入れて入れてwwwww
あのリストの最新版、どこかにないかしら~
一覧が長すぎて作り切れないのかしら~w

ひゃだ!そういえば真央のモロパクリ衣装でご登場の南朝鮮チャンピオンのあの子もマオタリストに入るのね!
反日教育の不徹底_____ひゃだ!ひゃだ!_____



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
宮原知子 | コメント(77) | トラックバック(0) | 2016/02/22 12:37

【フィギュア】宮原“魔物狩り”Vだ!過去2回2位



おさと!
スポーツ報知さん、イイ記事じゃないの~。


【フィギュア】宮原“魔物狩り”Vだ!過去2回2位
2016年2月17日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20160216-OHT1T50197.html

【台北(台湾)16日=高木恵】欧州以外の国・地域で争うフィギュアスケートの四大陸選手権が18日に台北で開幕する。16日は公式練習が行われ、全日本選手権覇者の宮原知子(17)=大阪・関大高=は“魔物狩り”で、世界大会でのシルバーコレクターを返上する。

高校在学中に「オリンピックに魔物はいるのか」というテーマで論文に取り組み「魔物は自分がつくってしまうもの」と結論づけた。“取材相手”は、いずれも五輪経験者で2006年トリノ金メダル・荒川静香さん、10年バンクーバー銅メダル・高橋大輔さんと同7位・織田信成さん、14年ソチ8位・鈴木明子さんという豪華布陣。宮原の心には、織田さんの「魔物は考え方によっては女神にもなるよ」という言葉が突き刺さった。

その発想を2年連続2位の今大会に生かす。特に昨年は首位で迎えたフリーで転倒した。「(四大陸選手権にも)魔物はいる。その時の自分の気持ちと、どれだけ自信を持てるかで出てくるか出てこないかが決まる。2回も2位を取っているので優勝を目指したい」。この1年で培った自信こそ、魔物を封じる最大の武器だ。この日、フリーの曲がけ練習ではノーミスで好調をアピール。昨季世界選手権、今季GPファイナルも2位だった。今度こそ頂点に立つ。


列挙されると本当にいい環境ですよねえ。

織田くぅ~んからは「紐は切れたり切れなかったりするよ」という言葉を別にもらってはいないようですが、そして高橋からは「紐はコーチが取り替えたり取り替えなかったりするよ」という言葉もって茶化すのはやめろと自省しながら(していない)、さとこはいい競技生活を積んでいますね。「魔物は自分が作り出すもの」ってなかなか言えないですよ。すごい。

トリノでショートもフリーもパーソナルベストで人生最高の演技をキめた副会長☆様からもさぞかしいろんな意味で参考になるドヤ顔ネガティブコメントをたっぷりいただいたんだと思いますが、さとこや、あんまりそれには惑わされずに(笑)このまま頂点を極めていただきたいのです。さとこ自身の努力と「頭の良さ」の見返りとして。

思うに副会長☆様から「よくない方面での田舎者くささ」がすっきり抜けて「あたい、すごくがんばったから、メダルが取れて嬉しかったの☆」と何のてらいもなく言えるようになったらますます尊敬される素晴らしい先輩になるのでしょうがどうでしょう。いまさら無理か。てへ☆

鈴木先輩はソチ五輪当時、コーチの哀愁馬面が「メダルは真央ちゃんに任せて(笑)」と言い放ったときの心境をぜひ後輩に伝えてあげてほしいですね。姐さんが選手ならコーチを細かく切り刻んで東京湾に捨てに行きます。なんという侮辱だろう。全日本女王として銀河点でぶっちぎり優勝した人間に「おまえは五輪メダルなしな(笑)」宣言だなんて。
あそこでブチ切れて哀愁馬面にパイプ椅子を投げつけなかった時点で「ああ、そういうことなのね」と姐さんは、とまあそれは記事を別に作っておかないといけない大惨事ですけども、安心してください、忘れていませんよ。
鈴木先輩も「生き残り」をかけて各方面で頑張っておいでですが、さとこや、取捨選択は頭のいいあなたのことだから大丈夫ですよね。

こういう頭のいい子が黙ってじーーーーーーーっとみている「先輩」たち。
そしてさとこのように黙ってじーーーーーーーーーっとみている後輩たちは全国に無数にいるという事実。

スケートをする人って基本上品なので闘志むき出しで直接ぶつけるってあんまりなかったですよね。せいぜいがロッカーから荷物を放り出すとか試合の前にシューズを隠すとかテレビに出て嫌味を言うとか、あ、これ全部ひとりの人かしら。わからなーい☆

「そういうこと」ってされた側は決して忘れないんですよね。だからこそ「ちゃんとした先輩」には圧倒的な支持が集まる。
そりゃ~誰だって性格がよくて親切で明るくて頑張り屋さんが好きですよ。
ことに一緒に氷に乗るとしたら「選べるものなら選びたい」ですよね。
キム・ヨナさんのモーゼっぷり、姐さん死ぬまで忘れられないですね。誰だってああするわ。

さとこは、あとはこの方の持つ内面の「大自然」すなわち「天性の抒情性」が素直にそのまま出てくれば、あれですよあれ、「高度な表現力は高度な技術の上に構築される」が見事に実証されますよね。

「表現力」って「技術力」の上でしか花開かないんですよ。どんなジャンルであっても。
さとこは王道を歩んでいる。大丈夫です。
わたしは四十年スケートを見てきて、そして自分でも十年以上滑ってきて「浅田真央を越える可能性のある女子選手」を初めて見ました。
さとこです。
宮原一世としてのびのびと極めていってほしいです。

横綱相撲の浅田真央には表立ってインタビューをしなくてもさとこは「生きるとは」「よく生きるとは」という一番大事なところはしっかり学んでいるでしょう。頂点を目指す者どうし、自然と伝わるものがあるからです。

さとこは四大陸のショートプログラムでパーソナルベストを出しましたね。
1点を、いや0.1点を伸ばすために選手がどのくらい辛い思いを重ねているのか。
理不尽な、殺人にも等しい「実際の演技と乖離した異常採点」の苦痛を、この人も潜り抜けてきた。そして現在もなおそのただなかで「自分と戦っている人」です。

何もしないのに、いや、本人比で明らかに劣化しているのに点数だけがインフレーションし続けたキム・ヨナの罪は重い。あんなクソ採点に加担したISUと、所属選手を背後から撃ちまくった日本スケート連盟の罪はなお重い。
あらためてそう思います。

諸先輩方が陥った魔の穴にさとこは落ちるな。
いかなるときも自分自身であってくれ。と切に祈ります。

会場に見に行くとアップの動作が誰よりも大きく激しく美しいです。リンクでみっともない真似なんか死んでも見せない。最初から最後まで「さとこの理想」を追求している。
アップのときから研ぎ澄まされた「透明な闘志」に満ちている。
それはまるでローマのコロッセウムで出番を待つ剣士のようです。百戦錬磨の。

そして皆さん、忘れちゃならねえ、この人は「京女」です。
魔物に対して「世界最高峰のイケズ」を思いっきりブチかましてほしいですね。
「魔物いうたかて自分で作り出すものとちゃいますか」
「そんなぁ、イケズやなんて。ただありもしないもんに右往左往するのんもどないなもんやとは思いますわ」
「魔物かてそろそろ摩耗するんとちゃいますか(笑)。さんざん人さんの足引っ張ってきたかしりまへんがいつまでもおおけな顔さらさんとちゃっちゃとお逝きやす」
「魔物!ハウス!」

さとこ。心技体そろえて極めておしまい!君ならできる!その努力に、その勇気に、その強さに、敬意を表する。

震えて待つわwwww



※「偽みやこことば」は架空のものであり実在するいかなる京都とも関係はありません。姐さんに内臓されたみやこことば翻訳機がポンコツなのでてきとーです。なお姐さんの心の平安のためにいつまでも京都人とその集団は日本最大最高の××であってほしい模様。

イケズこそ日本最大の奥義!今こそイケズの復権を!

※ただし姐さんに向けないでwwwwww



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
宮原知子 | コメント(23) | トラックバック(0) | 2016/02/19 12:28

2006年の宮原知子さん

姐さんが持っている資料の中で、宮原選手がのっている一番古いパンフレットは「第2回京都フィギュアスケートフェスティバル」だったわ。京都アクアアリーナさんで実施されたイベントだったわ。

京都フェス

全然変わってないーー!!可愛いまま。この頃から大人びた表情よね。とっても落ち着いていて怜悧な子だなあと思っていたわ。演技も最初からうまかった。頭がいいのよ。どうしたらどうなるってちゃんとみんなわかっているの。

さとこちゃん

さとこちゃん-2

この人は8歳のころから「ルッツジャンプが得意」だったのよ。エッジエラーを取るなんて正気かって話よね。
そりゃヤマト先生も抗議するわよ。

この人の中にある本当に豊かな感情が、確かな技術に裏付けされてしっかりとした形になって自然にあふれ出してくるのを待っているの。壮大な自然を内包し、人間としての暖かな目で冷静にそして透明に、すべてを把握しているこの人が備えた抒情性とスケール感は、おそらく本当に花開いたらとんでもないデカさで人々を圧倒すると思う。あたしは既に圧倒されたわ。

さとこはかわいそうなのよ。ものすごく高いレベルで純化されている自然を中に抱えているから、それをなかなか人と共有できないんだと思う。こう言ったらなんだけど、雑なメンタルの人が多いからね。ミキムチとかねw
黙ってリンクで練習するのが大好きというのがよくわかるわ。
職人肌なのね。女子には珍しいのよ。自分の中でもちこたえていく、自分で自分を支え切れる力があるの。とても強いわ。

あたしはずっとさとこー!さとこー!って言い続けるわ。日本人スケーターの中で人気、実績ともに浅田越えをしてくる人が出てくるのなら、この選手だと思っているから。

ソチ五輪に出してやりたい。

でもはるかちゃんのこんな記事を読むと、はるかも・・・と思ってしまうわね。


妖精の可憐さと、雑草魂の根性娘。今井遥、逆転のソチへ完璧を期す。

自分らしさを取り戻して迎えた今シーズン。スロバキアでの国際大会に足慣らしで出場すると、連続ジャンプを成功させ163.64点で優勝を決めた。順調な滑り出しだった。

ところがだ。帰国し、羽田から自宅に戻る途中で身体に激痛が走った。そのまま病院に運ばれると、盲腸で緊急入院。医者からは手術を薦められた。

「手術すると激しい運動ができないので、11月の東日本選手権に出られなくなる。つまり全日本に出られないってこと、それは困る」

今井の強い意志で、『痛みを散らして様子を見て、生命に危険が及ぶ場合は手術』という選択肢を選んだ。

「何日まで入院するのか、手術が必要なのか、とにかく不安でした。死ぬのは怖くないけど、全日本に出られないのは怖い



苦労しすぎよ、あんたは・・・。どうしたら報われるのかしらね。いろいろあって決意の果てのコーチ変更、マスター・ノブーオは浅田の後に引き受けちゃあくれないかしら。有香さんが帰国してくれるのなら新横ではるかも一緒にどうかしら?庄司さんもそうだけど、佐藤門下生は本当にスケートが綺麗にのびるのよ。それは一生の財産だわ。

おサトは今のままでいいと思う。今のまま採点に耐えて、くじけずに自分のスケートを積み重ねていってほしい。
あんたが報われるようにきっとするから。
がんばっている選手に点が出るシステムにきっとなるから。
今がおかしいのよ。今が最低なのよ。これは変えなければいけないの。絶対にね。

そうでなかったらフィギュアスケートは、終わる。ここが本当の瀬戸際よね。

国内限定でいえば、何のバーターか知らないけれど「ごほうび」で全日本にもソチ五輪にも出してもらえそうな卑劣なミキムチになんか絶対に枠はやれないと思ってしまうわ。

既に過去二度の五輪で全日本に台乗りしていないのに出してもらってるんだもんね、我が世の春とばかりに浮かれてあちこちでヘヴン状態になっているのが惨めよね。トリノで人の波がさーっと引いていった経験は、普通だったら「浮かれちゃダメだ、こつこつやろう」と考えるいい反省材料になるはずなのに、ミキムチの場合は「もっと目を引いてやろう、もっと注目されてやろう」になってしまったのね。さすがミキムチ。普通じゃないわ。

人気、なんて浮ついたものに自分をゆだねてどうするのよ。そもそもあんたに人気はないわよ?だから不安で仕方なくて言わなくていいことまでべらべらしゃべってしまうのよね。
実力がある人間には場外乱闘は必要ない。今のミキムチは惨めだわ。

あたしは、ミキムチを五輪選出することが本当の日本スケート連盟の崩壊の決定打だと思っているわ。
日本の悪口しか言えない奴になんの義理があるのかしら。キムチ先輩方式では人気のねつ造は無理だっていつになったらわかるのかしら。
せっかくのさとこの記事でミキムチのことなんざ書きたかねーけど、ミキムチだけは、ダメよ。

あっこちゃん、かなこ。揺らがされては、ダメよ。そもそもあんたたちはどんなに薄汚い手を使われようが、揺らぐようなタマじゃないでしょ?自信を持ってね。姐さんは全日本でみんなが自分を出し尽くせるように祈っているわ。悪いけどミキムチを除く全員のことをね。


人気ブログランキングへ
宮原知子 | コメント(32) | トラックバック(0) | 2013/12/12 19:26
 | HOME |