思ったより大惨事



シニアのワールドもはじまってネットでの生中継や地上波のテレビ放映をお楽しみいただいていると思いますが、
アンケートをとったなら「今回は見ない」という方もけっこう多い気がします。

今日は女子シングルのショートの日。

中国のジジュンちゃんがいったん出場なしになったと思ったらちゃんと出ていてよかった!

とか、

「なんて発音したらいいのかわからない海外勢」の中になっておぼえやすいお名前の外国人選手はそれだけでもありがたいのに胸を張って「ベルたそ~」といえる選手が登場したり(いう必要はないぞwwwww)、

ベルたそ

ウクライナのアンナ・フニチェンコさんが某所でやっかいなあだ名をつけられないかドキドキしたり

しているうちに

出来心で並べてみたのですが、思ったより大惨事でした。

赤色比較

じゃあキムさんどうしで並べたら?
こういうことになりました。

赤色比較kimどうし

キムのシェヘラザードはミシェル・クワンの丸ぱくりで、すべての動作が怖いほどいちいちクワンをパチっています。
案の定というか当然ながら、クワンの劣化コピーです。
でも、ストイックに練習を積み重ね、どうにかして「上に行こう」「伸びていこう」という「意志」だけは絶対にそこにあった。
日本に追いつき追い越せで、城田憲子氏からゆきなはんの映像を渡されて「無理」だとなったらぷみえ姐さんをパクったり、必死になって真似ていた。
少なくとも努力はしていた、と思います。
だからキムのことを語るとき、大勢が懐かしそうに、悲しそうに「あげひばり」まではよかったよね、とか「死の舞踏」はよかったよね、とか、「いいスケーターにきっとなれただろう運動選手としてのキム・ヨナを惜しむ声」は今も決して絶えていません。

キムは過去の自分も裏切った。

すべての動作が「なんちゃって」で「猿真似」で「タコ踊り」でも勝てるなら、練習なんかしないです。
ただ転びさえしなければいい。
いや、転んだってかまいません。
絶対に勝てるなら、そんな保証があるのなら、努力なんかやめてしまう。

努力した者が、正直に苦しんだ人が馬鹿を見る、そんな競技になってしまった。

ワールドはフィンランドのヘルシンキ開催です。

あいかわらず綺麗なキーラ・コルピさんも会場に現れていましたし、せっかくなので並べてみましょう。

kkkk111111_20170329204754c4d.jpg


キムの媚びたこの上目遣いはクラシックバレエでは禁止されている。教則本を見て無知ゆえに驚きましたが、「目線の使い方」もちゃんとテクニックの要素としてきちんと名前があって頭頂とアゴと肩との位置関係で角度を決めて目線を配る。
身体表現の最高峰、300年の伝統がありますから当然といえば当然ですね。
そして「いい例」と「わるい例」が載っていて、並べていると一目瞭然。
なぜいけないのか、なぜいいのか、その説明も実に合理的でした。

キムにはとにかく「基礎がない」。フィギュアスケートは美をも競うものだというのに、すべての動作が「なんちゃって」です。
ウッフンアッハンの過剰な媚びも、気色の悪い上目づかいも、「みっともないからやるな」という「わるい例」そのままです。

キーラさんが絶世の美女だから、キムと並べたわけではない。
キムどうように決して柔軟性が高いとはいえないキーラさんは、でも、自分の体の特性をよく知って「人からどう見られるか」「どう動いたら美しく見せられるか」をきちんとマスターしています。
背中がそれほど柔らかくないけれど、体をしっかりと伸ばして使い、指先まで、視線まで制御して、杉爺だったら「よくコントロールされていますね」と賛辞を贈るだろう演技です。
キーラさんには醜い瞬間がありません。

キムと違って。

どう、思いますか?

身体表現のあらゆるジャンルから「だめな例」としてあげられる五輪メダリストってほかのジャンルではあるのでしょうか?

赤色比較





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。

※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/29 21:00

基礎がないって「残酷」だ



このブログの読者さんはみんないい人で書き手のわたしが間違いをおかすとただちに「非公開コメントで」教えてくださるんですよ。しかもていねいに根拠を示してこうではないですか、と優しく教えてくださいます。なんてありがたいのだろう。

今回もGさんがそっと教えてくださいました。
非公開でいただきましたが、該当部分だけ抜き出します。
本当は全文引用したいですよ。


2017/01/20 Gさんから
(省略)おひとりプロダンサーの方が混ざっておられました。
右上の黒鳥の方なのですが、ポリーナ・セミオノワというロシア人ダンサーで、ベルリン国立バレエ団を経て現在はアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルです。


おおおお!ありがとうございます。不正確なことを言ってしまいましたので訂正します。申訳ありませんでした。
この画像ですね。

yunaispoor_201701200315219a5.jpg


キム・ヨナが、浅田真央という稀代の天才スケーターの努力や苦闘や挑戦はすっとばして「浅田真央の栄光」や「浅田真央の人気」だけをかすめとりたくて発狂しているときに「キム・ヨナのクラシックバレエの技術がすごい」という噴飯物の嘘キャンペーンをしていまして、結局それも完膚なきまでに粉砕されて「なんで嘘ついたよ」と世界から嘲笑されるに至ったわけですが、そのときに比較画像を作りまして「全然無理だしその主張」ということでこのブログにも掲載しました。

久しぶりにその画像を引っ張りだしてTwitterで「全員素人と並べてもキムはこれだよ」とつぶやいたのですが、実はプロの方がまざっていたと。そのバレリーナさんを特定してくださったのです。
どうもありがとうございます。

そのつぶやきは訂正して削除し、お名前を入れてもう一度つぶやきました。

モノクロにすると際立ちますねー。

あらら

真央ちゃんはクラシック・バレエの素養がばりばりにある人です。

20160824232124b59_201701200248542e3.jpg


実際にバレエをずっとなさっていた方からのご指摘はこうでした。



こちらの記事からも。

たくわんさん

キムの画像ってほとんど「ウッフンアッハン」でアゴが上がりまくっていますよね。
サーシャ・コーエンとの無慈悲な比較でもよくわかる。


モノクロにすると際立つなあ(笑)。

2016081022512410b_2017012002485596e.jpg


コーチの「違う、そうじゃない(絶望)」感すごい。
この画像でもアゴが引けていない。



真央ちゃんが死ぬほど努力研鑽して手に入れたすべての栄光をかっさらおうとして「ステップを強化した」とか「バレエの修練を積んだ」とか「世界一のジャンプ」だとか「世界一の表現力」だとか言い立てましたけど、結局「全部嘘」だったじゃないですか。

ハードルあげてやるなしwwwと思いますけどね。

だって「本人の演技」がもっとも強力な「罪の告発」になっていますからね。

こんな「嘘」に右往左往させられて本当にひどい話です。

韓国がからむとなんでも腐る。ことにスポーツにおいてそれが顕著だ。

「基礎がない」って残酷だね。ISUは「なぜひょっとこ踊りで勝てたのか」説明する義務と責任があると思う。


Gさん、本当にありがとうございました。
やっぱとびぬけて美しい方です。お名前がわかったのでちょっと追いかけてみますね。そしたらもっとイイ比較画像ができるはずです。ご期待ください。
自分のミスは本当に恥ずかしいけれど、大事なことなので記事にしました。






※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ


キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/01/20 03:06

マレー熊、じゃなかったキム・ヨナを忘れてあげないキャンペーンなう



さっそく「たわしにあやまれ!」というコメントをいただいて大変に満足です。
「たわしは役に立ちます!」wwww

なんか毎年ひとりで「忘れてあげないキャンペーン」をやっちょりますが今年もそろそろアレ・・・アレが近いのでやっときましょうか。

その前に。
真央ちゃんすごい!!!!!
お尻より顔が下だよ!
最近じゃこれにぐおーーーっと「ひねり」を入れてくるもんね。

真央はすごい


それに引き換えキムさんたら・・・
アスリートと並んだときの「違和感」は・・・まずいですねー。

100_20160829013228451.jpg




いや一般人と並んでもやばい。
病気の妻のためにがんばるボブさん。かっこいい!
この躍動感!にじみでる愛情!思いやり!今生きてる!


ボブさん



そういえば「キムの股下は96cm」と言い張る人が昔、いましたね~。
そんなことを言うから並べられるのだ。


おう



この画像、どなたがお作りになったのかしら。
プレゼンとはこうあるべき!というお手本のような無慈悲な比較画像ですね。


96センチ



カロとの「違い」、わかります?

カロは綺麗美しい




じゃあそろそろ「新作」いきましょう~!

無慈悲な比較---1



カロをはさむと際立つwwww


b00ka綺麗



完全に一致





mig_20160829015506d6e.jpg



完全に一致-2



場所ばかりとる





完全に一致3



完全に一致4



img_6.jpg




完全に一致5



完全に一致--6



どうすんだコレwwwww


あらクマさん




キツイwwwwwwwww

体が硬ければ硬いなりに、背中が使えなければ使えないなりに、美しくあることだってできるのに。
努力を放棄した人間の残酷なまでの「なってなさ」ですよね。


もう真央と並べてやるなやwwwwwwキムが惨殺されるからwwwwww


真央はすごい






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(7) | トラックバック(0) | 2016/08/29 01:33

【速報】キム・ヨナ、ついに「同等な演技者」みつかる!



冬の五輪でどちらが「より高い評価」を得るべきだったのだろう?

それは浅田真央ではないだろうか。

2010比較



時事ネタも入れておこう。

猫ちゃんと




「無慈悲な公開処刑」が続きますが「本人の演技」がなってないから仕方がないw

ぐら豚


ヤバいなー。

ぐら豚-セピア



クラシックバレエを20年なさっていた方からのダメ出しです。
バレリーナはこの画像ではバーを使って練習していますが、本番では同じことをバーなしでなさるので比較画像としてキムとの「違い」を見てください。

Beg8b_hCQAAyiXJ.jpg



キムさんは「電話中」かな?

電話中?



キム「オムニ~、ちょっとメモとってくれなさいー」

電話中?-モノクロ



キムさん胴なげええええええ!w
つーかこんな「二つ折り」ってスケートが下手な人の「力任せの漕ぎこぎ体制」で赤っ恥なんですがw

胴長



いやキムさんのことだから振付で「トイレどこ」を表現しているに違いないかw


あんまりこういう「動作」をするアスリートっていないんだけどなーw

kim109.jpg



ほんとヒドイwwwww

並べるとすごい



わー。

並べるとすごい-モノクロ



で、並べていてあまりの「低さ」に
「亀の子たわしかな?」
と思ってしまいました。



キム・ヨナ、まさかの亀の子たわし。

たわし


ついに「マレー熊」を越えるブツが現れてしまいましたwwwwww

それは「たわし」!!!!!


もう、「可哀そうすぎるから真央と比べるな」って話ですわwwww

美しすぎる真央ちゃん



ついにわかった。胸のつかえがとれました。

キムは「たわし」と並べると違和感なし!

【朗報】キム・ヨナ、ついに「マレー熊」超えのブツみつかる。なお完全に一致な模様。


たわしちゃん



【朗報】キム・ヨナ、ついに「同等の演技者」見つかる!なお同レベルの技術の模様。

たわしちゃん-2



【朗報】キム・ヨナ、ついに「魂の双子」見つかる!なお外見も瓜二つな模様。

たわしちゃん-3


どうしよう、もう「たわし」にしか見えないwwwwww

ついに姐さんに安らぎが訪れたwwwwwww





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/08/27 01:32

選手の「努力」が採点に反映されないのはなぜだろう



いや、ほんとに「並べただけ」ですって。

真央はできている



いっぱいいっぱい



美しいカロ


2010年の時点で浅田真央の「技術力」と「表現力」はキムを大幅に上回っていた。それが事実。

なんで真央が上じゃないの


キムはいったいナニをしちょったのかね、この長い年月。

真央は進化したけどね。

キムは劣化している


真央とカロが美しいのは努力したから。理想の自分に到達するまで黙って練習を積んだから。

その「心」からしてキムなんざとはまったく違う。

キムだけが「異質」であり「異常」です。そうは思いませんか?

この画像のタイトルは「馬鹿のどんちゃん騒ぎ」です。

軸もなければ手足のコントロールもできていない。見事に全部がばらっばら。

キムの表現力ってなんですか?トイレどこ、しか伝わりません。

馬鹿のどんちゃん騒ぎ


ジャッジの採点で真央のPCSが常にキムより低い理由を知りたいです。


真央はできている





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/08/24 23:27

もう公開処刑はやめたげてwwwwとすら思う惨めすぎるキム・ヨナ



いや~、この人こういう「異様な動作」ばっかりですよね。
まともなアスリートなら「絶対しない」ことばかりしている。

NISI20110504_0004481113_web.jpg

「軸はどこへ」なわけですがw

キム・ヨナは五輪金メダリストなんだから、このくらい普通にできるんですよね?すごいなあ。
見せてもらいたかったなあ。

ISUによれば技術と芸術を非常に高いレベルで統合できた稀有の存在らしいですから当然このくらいできてあたりまえなんですよね、キム・ヨナには。見たことないけどwwwww

両サイド

まさか五輪女王ともあろうものが有料のアイスショーで「ただ馬鹿みたいに突っ立っている」なんてことないですよねーw

グラシモワ選手と比較

あーあ。

誰と並べても公開処刑されるキム・ヨナってなんなんですかねwwwww

THE ICE2016の夢時間を過ごしてしまうと「Kim? Who」としか思えないですね。ほんとに。



わかります?「試合本番中のアスリート」のはずなのに、このダメな姿勢。
緊張感のなさ。あごが出て膝が出てケツが出て、「一般的なスポーツの基本姿勢」すらできていない。

リー先生がご存命なら「おまえは何もかもなっていない」と厳しいダメ出しを食らうでしょうw

リー先生からダメ出し



「キム・ヨナには表現力がある」とのたまっていた皆さん、教えてください。
これなんですか?

バカ

ナニを表現しているのか教えてください。

かまきり?でもかまきりのほうが美しいよ。
ほら。


かまきりのほうが美しい

こうですかわかりたくありませんwww

通りますよ

キム・ヨナの表現力ってなんですか?

アイスショー比較

THE ICE 2016 大阪公演のオープニング。
真央ちゃんはいつも新しいことに挑戦して完璧に仕上げたものを見せてくれる。

THE ICEリフト


THE ICE 大阪公演オープニング

「キム・ヨナは振付をおぼえられない」からいつも「別にスケートである必然性が全然ない、簡単な身振り手振り」でカネを取る。

(1)_opening1.jpg

クラシックバレエの基礎もなんもないからこんな「間違ったなんちゃって身振り」で人前に出てきてしまう。

滑り方の違い-モノクロ

キムは惨めだなあ。

「出場していない試合で優勝」できたりと、信じがたい奇跡は起こすのに「まともな動作」ひとつできない。
ふしぎな人~。

出ていないのに優勝

「豚みたいな動作」と書きましたが豚に謝ります。豚は非常に社会性が高く知能も優秀。動作も優雅。
豚は可愛いです。

豚の圧勝

で、ここでも繰り返しますがキム・ヨナの画像は「韓国メディア」がドヤ顔で出してきたものです。
わたしは並べただけですからw

イイと思うから出すわけでしょ?「国民の妹(旧)」だったわけですし。


キムは惨めだなあ。


アイスショー比較

覚えていてあげてるの、日本では姐さん他数名くらいなんじゃないのwwwww




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/08/10 22:58

五輪ノーメダリストのキム・ヨナ



いやー、先日、朝九時から夜九時までのセミナー開催という暴挙に出たわけですが、その前夜にメリチャリとの比較を始めたらもう夢中になってしまいまして。面白いんだ、これが~。結局朝の四時ころまでウッキウキでしたね、ええ。

とにかく探せども探せどもまともな美ポジ画像がない。ただの一枚もない

姐さん、十年以上待ったのになあ。
白人モテモテ画像も出てこないしなあ。どうしたのかなあw

この、キム・ヨナ比較画像にこだわる理由は「まともに立てない奴にまともな動きができるわけがない」ことを皆さんにもわかりやすくお伝えするためでして。何しろヨナたん、体の軸を一切取らない。ブレまくり。軸なんか気にしない。なんとなく適当にそれっぽい動作を見よう見真似でやってみるだけ。

バレエっぽい動き。アートっぽい動き。みんなインチキ。

基礎がないって悲しいもので、見れば一発でわかります。

テレビなんかだといかようにも編集可能でございますから、姐さんはなるべく「朝鮮メディアが出してきたもの」を用いて「並べている」だけ、でございます。

天下の大スケーターであるメリチャリと並べるなんてあんたは鬼や!というおほめの言葉までいただく始末wありがとうございます~

昔、アイスダンスが今のようにアスレティックでアクロバティックでげーじゅつよりもスポーツです!という見栄えの良さを前面に押し出す以前、パートナーの体が離れていてはいけない、とか、男性が女性をリフトするのは絶対に肩の高さまで、とか、そもそも氷上に図形を描くこと、すなわちフィギュア、の基礎に絶対的に忠実に、「アイスダンサーがすべての基準」だったころには、男子シングルも女子シングルもそしてペアも、滑りのうまさ、上質さという点ではアイスダンサーにはかなわなかった。
むしろ多少ざりざりがりがり汚い滑りをしていても「シングルだからしょうがない」「ペアだからね仕方がない」という側面は確かにあった。
でも、コンパルソリーという「滑りの質」をそのままはかる採点、競技があったころには「きちんと基礎にのっとってエッジを使うことができる人」しか残れなかった。
そのうえでジャンプなりスピンなりの技術が問われた。

カナダの男子シングル選手、パトリック・チャンの驚異的な異次元の滑りも、真央ちゃんの空前絶後のエッジワークも、みなこのコンパルソリーの徹底した反復練習からきています。
スケートがうまくなるためにはそれしかない。それだけが薄紙を重ねるように、日々、「自分の技術」として確かに培われていくものです。

それをしなかった人は歴然とわかります。本当にうまい人と並べられるとどう隠しようもなく露呈する。

ちゃんと「動く」ことができない人はうまいスケーターとは言えません。

それを、ご自分の目で見てほしい。少なくともエッジの使い方や体のポジショニング、「その選手の美意識」は一目瞭然だろうと思うのです。

もちろん、一番いいのは動画を見比べていただくこと。メリチャリの動きはスポーティで爽やかで非常にドラマティックです。観客とのコネクトも実にうまい。ふたりきりの世界でありながら無限に「開かれている」演技。好きにならずにはいられません。

努力に努力を重ね、ひたすらに「滑ること」そのものを通して築き上げた「スケートの質」。

尊敬しかありません。本当に。

で、この三人、まずメリチャリはバンクーバーの銀メダリストにしてソチ五輪の金メダリスト。
右端の人はバンクーバーの偽金メダリスト(失格のため記録抹消、メダル変換予定)にしてソチ五輪の偽銀メダリスト(失格のため記録抹消、メダル変換予定)。

「馬鹿の盆踊り」と名付けました。もちろん右端の人のことです。

馬鹿の盆踊り

モノクロにすると際立つよ、と教わったので、変換しました。

馬鹿の盆踊り白黒

メダリスト

五輪のメダル持ちどうし、つったら怒られますよ、クーベルタン男爵に!

メダリスト白黒

そういえば今クーベルタン男爵がいたら真っ先に怒られるのは五輪の商用化を爆進しているIOC委員たちじゃないですかね。

ご覧なさい、一緒に滑る人たちには「キム・ヨナ」がどういうモノに見えているか。

善戦を尽くした選手たち。

2014022201002341800159361_59_20140222173902.jpg

きゃっきゃうふふです。当然。

2014022201002341900159371.jpg

目をあわせると大変なことになるからね、仕方ないねw

201402221722772997_53085eac65677.jpg

こんな大惨事を世界にさらして、そのうえまだ「ヨナが金」と抜かすんですから南朝鮮の思い上がりはどこまで高くなるのか。

比較されたら困るのはキム・ヨナですよ。それと「なぜこんな三流が異様なまでの高得点なのか」をただの一度も説明できなかったISUです。

だからもっと困ってもらおう。でなければまともに戦った選手が報われない。

スポーツは「公正」であるべきです。そしてルールを守ることができない人間は参加資格がないんです。

東京でも五輪が開催されるならコンパクト五輪、クリーン五輪、採点競技の公平性はまず日本から!と大いに訴えていきたいですね。
それが「当たり前」なんですから。本当は。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/07/28 01:05

並べてみれば一目瞭然



無慈悲すぎる比較ではじめてみました。大惨事だなあwww

無慈悲な比較


いや~、ほんとにねえ。

反日マスコミはこぞって「キム・ヨナは表現力ががががが」って大合唱してませんでしたっけ。

え?もう誰もおぼえていない?
そうですよね~。

あんな「何も印象に残らない」コトしかしていない人、すっかり忘れていますよね~。

だいたい衣装を見ても「はて?なんのプログラムだったっけ」と首をかしげなければ思い出せない。

「トイレを探しているのです」とか「これがウリナラ昆布踊り!」とか「凶暴無残な悪霊じじぇる」とか「漂う雑巾」とかああ「水色の衣装は漁師のコスプレ」とかいろいろありましたよね。

20120317003245a23.jpg

どうですかこのコーチ(当時)の「一体どうしたらわかってくれるんだ……」と絶望しきった表情は。
それをしり目にウットリと自己陶酔しているキム・ヨナの馬鹿っぷりに大爆笑です。
コーチ、ミシェル・クワンの義兄でしたっけか。
かわいそうになあ。
まさかこんなに「何もできないヤツ」だとは思っていなかっただろうなあ。
こんな大惨事画像も出してくる南朝鮮マスメディア。アンチか、アンチなのかwww

海外でも「お察しください___」という叫びが聞こえる雑誌が。

20150226002.jpg


どうしますよ、ほんとに。

201508050155317c7_20160725013214104.jpg

真央と並べるとISUがいかに狂気に満ちた不正採点を続けてきたかはらわたが煮えくりかります。

2010比較


199999.jpg

真央は本人比で誰の目にも明らかなほど「努力」を続けてきたのに。

mmmm1.jpg

キム・ヨナって「基本動作がそもそもおかしい」んですよね。
五輪でもワールドでも、こんなおかしな動作をしている選手はめったにいない。
他の競技の現役選手と比べても「明らかに異常」なんですよ。

3a410aff596c7c0a.jpg

こういう人がうまいスケーターになれるはずもなく。かわいそうな三流のまま。努力しなくても勝てる仕組みをもらったしね。

ということで、並べてみました。

メリチャリと。

あホイjpg

あホイ白黒

あるいはソトニコワと。

310dc6e02dc2f12a.png

「ヘン」なんですよ、キム・ヨナ。それには理由がある。

968bb9644e5806e2.jpg


b47de9d89aef6dfd.jpg

cf84084ef0707ac0.jpg

「本当にスケートが上手で、表現力と技術力がある人」と並べるとキム・ヨナの「異常性」が際立ちます。

無慈悲な比較

無慈悲な比較白黒

ISUはなぜへたくそで異様な動作しかできないキム・ヨナに高得点を与えたのでしょうか?

応えはひとつです。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/07/25 01:51

”あの方”の最大の問題点(みみずくさん編)


※この記事の初出は2013/11/22です。



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「」さんにあります。

2013/11/22 みみずくさん

あの方の最大の問題点

姐さん、またお邪魔いたします。
(ようこそ ようこそ!)
いつもフィギュアスケートファンの気持ちを代弁してくださって、本当にありがとうございます。
(こちらこそいつもありがとうございます)

私は以前、≪元≫安藤ファンとして、辛く悲しい思いをお伝えした者です。その節は、姐さんから温かいお言葉をいただき、心からありがとうございました。おかげで随分と励まされました。

安藤さんのことは、姐さんもじつは心の奥底ではいつも気に掛けてくださっていて、実際、厳しいお言葉の端々に、いまだに深い敬意と愛情とが感じられます。私は現在、ひたすら安藤さんの健康が心配です。なぜもっと時間を掛けて現役復帰しなかったのか、いまでも大きな疑問が残ります。今シーズンはひたすらお子さんと過ごす時間を大切にして、徐々に無理のないトレーニングを開始、満を持しての来シーズンからの復帰ができなかったことは、一体何に由来しているのか、私には分かりません。このことからも、安藤さんの周囲には、彼女を都合よく利用したい人々ばかりが集まっていて、心底彼女のためを思ってくれている人が殆ど居ないんだな・・・と想像することができます。そう思うと、安藤さんが気の毒で気の毒で、涙が出てしまいます。それもこれも、彼女自身の責任と言われれば、確かにそうなのでしょうけれど。

長々と失礼をいたしました。

それはともかく、エントリーに関する某半島の≪あの方≫のことです。私は、愛するフィギュアスケートを汚した≪あの方≫については、とてものこと、名前を書く気にもなれませんので、敢えて最大限の皮肉と軽侮とを込めて、≪あの方≫と申すことを、どうかお許しください。

姐さんはじめ、すでに多くの方々が言及されている通り、あの方の技術はいまや見る影もありません。かつて将来を嘱望されていたシニアデビューの頃と比べると、すべてが目を覆うばかりに劣化してしまいました。スケート経験者の姐さんや、他の皆さんももちろん、よくよくお分かりのこととは思ったのですが、どなたもまだ仰っていない点もあるようでしたので──たんに私の見落としだったかもしれませんが──、ここでぜひとも一言申し上げたく思った次第です。

それは、およそ国際試合に出てくるレベルの選手たちのなかで、唯一あの方だけが、とてつもない問題点を抱えているからです。姐さんや皆さんがご指摘のように、なぜ、あの方のポジションはこうまで見苦しいのでしょう? その答えは、主に2つあると思います。いずれも、ただ真摯な訓練によって克服しうる課題にもかかわらず、です。一つは下半身、いま一つは上半身に関する重大な課題です。

まず第一に、あの方の 股関節 は開いていないのです。このような状態の選手は、男女シングル、ペア、アイスダンスを通して、ただの一人も見受けられません。フィギュアスケート選手たる者には当然の条件としての股関節が、いまだ180度開いていない状態なのです。それゆえの、あのお尻が出っ張った膝の曲がった目を剥くようなガニ股イーグル、情けないほど脚の上がらない貧相なアラベスクスパイラル、それにくっきりと軸足が「くの字」に曲がってしまうI字スピン、いまは出来なくなったビールマンスピンでも、かつて軸足ははっきりと曲がっていました。これらはすべて、股関節が開いていないがゆえの問題です。

そして第二に、あの方の驚くべき背筋の弱さ──対になる腹筋も然り、ですが──です。たとえば、あの方の腕の動きの幅も奥行きも、きわめて限定されています。姐さんや皆さんが仰るように、「いつ見ても、どのプログラムを見ても、見事なまでにいつもおんなじ」、あるいは、「背中がガッチガチに堅い」という印象は、ひとえにこれに起因するかと思われます。腕の可動域が、他の選手に比べて極端に狭いのです。それは背筋を鍛えていないがゆえの現象に他なりません。例としては、あの方のレイバックイナバウアーは、なぜあれほどまでにお粗末なのでしょう。脚のほうの問題点は主に股関節に起因するのですが、いっぽうの上体に関しては、背筋がキイになると私は睨んでおります。

そして、この2点はいずれも、バレエの基礎である点は、けだし示唆的です。

あの方とその信奉者らは、「バレエ」という言葉にめっぽう神経質なご様子ですね。これも、何やら示唆的です。

男女を問わずバレエダンサーの背筋を見てみますと、例外なく肩甲骨が前にぐっと浮き出ているのが認められます。この点は、フィギュアスケーターたちも同様です。ところが世界でただ一人、背中全体が、とくに運動をしていない一般の中年の人々のようにのっぺりしていて、肩甲骨がまったく目立たないスケーターがおります。それが他ならぬ あの方 です。

姐さんの仰る、スケートの命であるエッジワーク。それに鑑みて、あの方の殆ど終始フラットなエッジは?スケーティングスキルを測る重要な基準の一つであり、ルールブックにも明確に記載のあるクロスカットについて。とりわけバッククロスは少ないほうがよいとされているのに、あの方の必死な漕ぎ漕ぎスケーティングは一体、どう説明がつくのでしょうか。さらには、TVでは一見分かりにくいけれど、リンクの使い方のあっと驚く狭さ。それらに加え、① 股関節 ② 背筋 の2つの難題を、あの方は依然、抱え続けております。それらがもたらす表現上の限界はいかばかりでしょう。かてて加えて、いまやジャンプ前の凄まじい前傾姿勢。肉眼でも明明白白に見分けのつく回転不足。ジャンプ構成のバランスの偏り。あのフリップの踏み切りは? 音感のなさ、所作の粗さ。まるで強風に煽られているかのごとく、スーッと軸足ごと大きく移動してしまうスピン。そのポジションのヴァリエーションの、何という乏しさ。ステップシークェンスは4回演技を見直さない限りどこにあるのか発見できず、そのうえ内容の薄さといったら甚だしい。スピード、スピードと連呼しているわりには、そのじつ、ことにフリーの演技後半には目も当てられない失速ぶり。

それであの点数です。これはもう、誰の目にも 山吹色のお菓子 以外の理由は見当たりません。それを否定するならば、どうぞあの点数の根拠を具体的に示していただきたいものです。そもそも、現行の採点法の理念は、「説明がつく」ということに在ったのではないでしょうか。にもかかわらず、あの方の演技に対する採点が妥当、と主張される方々のどなたからも、寡聞にして私は理に適った説明を聞いたためしがありません。不思議ですよねぇ。

そしてこれは小声で申しますが、私はあの方のドーピングを限りなく疑っております。それまでSP・FPを通してミスのない演技が一度として出来たことがなかったというのに、いきなりの五輪でのノーミス演技。SPからの不自然に余裕綽綽の態度。「五輪で緊張しないなどということはあり得ない。誰であれ、そんなことは信じられない」と発言したのが、あの偉大な皇帝、プルシェンコさんでした。あの方は、フィギュアの皇帝をも越えた存在、とでもいうのでしょうか。それこそ、天地がひっくり返ってもあり得ませんよね・・・

以上、まことに冗長になってしまいましたが、ついつい言わずにはいられませんでした。

姐さん、改めて本当に感謝です。姐さんのブログに出会えなかったら、私は相当にめげていたと思います。子供の頃から40年、フィギュアスケートを見続けてきて、こんな惨状は予想もしていませんでした。トリノ五輪以降に始まった、まさしく暗黒の闇。それが年々どす黒くなって行くのを目撃しながら、何も出来ない自分を責め続けておりました。

私は、バンクーバーの前に、初めて浅田真央さんに応援メッセージを含む長いファンレターを出しました。どこに出したらいいか分からなかったので、IMG経由で出しました。それならば、スタッフや近親者の方々が、もしも内容が不適切と判断されたなら、ご当人には見せない、という選択が可能だと思ったからです。そしてバンクーバーの後、姐さんが仰っていたように、御礼の葉書が届きました。私の元へ届いた葉書は、SPの仮面舞踏会の、胸に大きな花の付いたピンクの衣裳の写真でした。大好きな衣裳の一つでもあり、感激しきりでした。

私は安藤ファンではありましたが、いっぽうで浅田真央さんには特別な思いがあります。彼女を応援することで、フィギュア界を覆う邪悪な霧を、幾ばくかは追い払う手伝いができるかもしれない、とも思います。ソチ五輪代表が正式に決定したら、早速、渾身の応援メッセージを届けたいと思います。ソチの王者は、疑いもなく浅田真央さんです。バンクーバーのときに送ったメッセージのように、ひたすら前向きに、どれほど浅田さんの演技が素晴らしいかを、魂を込め、精神を込めてお伝えするつもりです。

姐さん、本当にありがとうございます。姐さんの提唱されたように、私もソチ五輪での浅田さんの栄光の瞬間を、胸に鮮やかに思い描く日々をこれから送りたいと思います。

それでは、「その瞬間まで」、ぜひともご一緒に頑張りましょう!!!

Copyright (C)「みみずく氏」 All Rights Reserved.



本当ならみみずくさんは、これまでの40年のファン生活が50年にも60年にも渡り長く長く続いていって、そのどのシーズンも愛する選手と素晴らしい演技を模索して、楽しみ、喜び、幸せに応援していく日々を送れたはずの人なんです。

努力した人が勝つスポーツ。よりすばらしいことをした人により高い点が出る競技。難しいことができた人が勝利する採点。たったそれだけのことがなぜ今、まかり通らなくなっているのか。

このように愛情深く優しい気持ちでスケートを長年見守り続けてきた方が、なぜ断腸の思いで苦しみ続けなければならないのでしょうか?ただスケートが好きでずっと応援してきただけなのに。

このように熱心なファンの人を裏切り続け、競技から離れる人さえ量産して、一体意味があるのでしょうか?

なぜ”あの人”「だけ」が優遇されるのですか?スケートがそもそも下手なのに。他のすべてのスケーターの努力と栄光を無に帰し去ってすべてを破壊し続けている”あの人”「だけ」がかくも不正をし続けて人のメダルを盗んでいる。

”あの人”には果たしてそれだけの値打ちがあるのでしょうか?

それに対して姐さんは大きな大きなNoを言います。スケーターとしても人間としても三流です。四流かも。いや害毒しかもたらさないという意味では最底辺のクズだと言います。

あたしはみみずくさんにお礼を言われるのが辛いです。本当なら不正採点に憤るこのようなブログは存在しなくてもよかったのですし、真摯に選手を応援し、結果、苦しんでこられた「みみずく」さんに向かってそれでも「立ち上がれ」と言う権利はあたしにはありません。
でも、「みみずく」さんはあたしにお礼を言ってくださる。「一緒に」と言ってくださっている。
ご自分がスケートに向ける愛情と思いを、あたしに打ち明けてくださっている。
申し訳なさでいっぱいです・・・そしてただただ感謝です。

お辛いですね、お気持ちお察しいたします、と言うことの無力さを姐さんは改めてかみしめています。

再三書いてきましたが、このブログは不正採点に憤り、おかしいと指摘するために立ち上げました。本来ありえないはずの、悲しむべきブログなんです。

今の状況はおかしいのです。姐さんありがとうと人が言う。でもそれは本来あってはならない非常事態、戦禍だからこその言葉です。あたしは本来、皆さんに感謝されるべき人間ではありません。
だからあたしにお礼を言わないでください。そんなことより<あなたが>なすべきことを今、どうぞしていただきたいのです。
あたしに向ける感謝よりも、今の異常さの中で「それでも」戦っている選手を思い、己の信念に殉じて挑戦し続けている選手たちに祈りと感謝を向けてください。
報われることあまりにも少ない日々に、青春のすべてを捧げ、黙って去って行く選手たちに、できることをしてあげてください。
彼ら彼女らは<自分自身が人質>なんです。ジャッジに歯向かえば即座に点数にあらわれます。文句をつけて、翌日PCSが跳ね上がるなどというとんでもないことは”あの人”にだけ適用されているルールです。それは不正の証拠です。でも、その中で戦っていくしかないんです。こんな気の毒なことはありません。こんな酷いことはありません。

だからあたしはこの異常さを黙って見ていることはできません。

そしてあたしに言えることは「あたしはおかしいと思う」と言うことを決してやめない、ということだけです。

そして未来を変えるための行動を、あたしはし続けていく、と言うことだけです。

「みみずく」さん、皆さんとシェアさせていただくことをお許しいただきましてどうもありがとうございます。
あたしもあなたを見習って、自分にできることを続けます。
どうぞお心安らかに、そしてソチでは晴れ晴れと選手を祝福できるよう、未来を変えるための努力をあたしも継続して行います。

不正採点なんかクソくらえ!!!!!!見る目のない馬鹿もいい加減にしやがれ!!!!!


人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(52) | トラックバック(0) | 2015/08/26 05:32

実はフレディに憧れていた人たち!(完全な嘘記事です)



え~、先日、フレディ・マーキュリーをこよなく愛するお方とですね、親しく話し合う機会に恵まれまして。
あんなにすごいパフォーマーはいない、あんなにカッコいい表現者はいない、あんなにうまい歌い手はいないいいいい!!!と
大いに盛り上がったものでございます。
実はあたいのきょうだいに熱烈なファンがおりまして、なんと結婚式の入場曲にフレディの歌を最大ボリュームで流すという暴挙快挙を成し遂げましてですね、異性愛者ではあったのですが「フレディの歌う”愛”がサイコー!!!!」と言い切っていたのでございます。

そんなわけでこの記事のまとめ

・フレディのかっこよさは永遠であーーる!
・姐さんは英語もまったくできねぇけどカラオケではついつい洋楽を入れて毎回自爆しておりやす。クイーンだって入れちゃうんだぜ(死亡フラグ)。
・主な登場人物はフレディの他にアラカーさん、アンドーさん、はびはび☆、キムチ姉さんでございます。

姐さんがいろんな意味でこよなくリスペクトしているこのブログの常連さんですねっ!

飲み物注意、かな?一応「みんなでフレディのかっこよさに学ぼうぜいっ!」という
非常に前向きでポジティブで爽やかなリスペクトがブリザードのように吹き荒れる
お素敵☆記事でございやす。


それではレッツ!学習よ~☆

続きを読む
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(13) | トラックバック(0) | 2015/07/01 04:17

「表現力」って何だろう?


※この記事の初出は2014/01/25です。

このブログでは「あえて」
浅田真央選手とキム・ヨナ選手とを比べることをできるだけ避けてきました。

それは二人が本来比較されるようなレベルにはなく、
浅田選手のすべてのレベルがキムよりも圧倒的に上だからです。

浅田選手が圧倒的に上です。

公式練習 真央とキム2

真央vsキム練習着スパイラル比較

バタフライ比較

キック!比較

スピン比較

スパイラル

1-バレエジャンプ 信夫キム真央
バレエジャンプ 信夫キム真央

美しいポジションは、基礎的な技術力とたゆまぬトレーニングの上に成り立ちます。

それでは肝心のスケートのほうはどうでしょうか?
ひとつの動画を紹介します。
カロリーナ・コストナー、浅田真央、キム・ヨナという三人の選手の演技冒頭の画像です。
それぞれが短いです。

見ている人は正確な数はわからなくてもけっこうです。
動画につけていただいた漕ぎカウントは目安にしていただいて、実際に「どのくらい漕いでいるか」を見てください。

五輪金メダリストにしてワールドチャンプにもなった荒川静香さんは言いましたよね、「クロスの数が少ないほどスケーティングスキルの評価は高くなる」と。
実際はどうでしょうか? クロスどころかただのフォアでもバックでも、
カウントするのが馬鹿らしくなるほど、キムは漕ぎに漕いでいます。

キムのスケートは上手だと言えますか?

漕ぎを比べてみた【世界選手権2013・FP】


1-アラベスクスパイラル コス真央キム

アラベスクスパイラル コスKY



このブログでは「あえて」
浅田真央選手とキム・ヨナ選手とを比べることをできるだけ避けてきました。

それは二人が本来比較されるようなレベルにはなく、
浅田選手のすべてのレベルがキムよりも圧倒的に上だからです。

浅田選手が圧倒的に上です。


※この記事の画像は「あんたたちもっと拡散しなさいよ」からお借りしました。
管理者様、有志の皆さま、どうもありがとうございました!


人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014/09/20 00:45

「表現力」とは「基礎技術の上にしか構築されない」


※この記事の初出は2014/01/15です。

誰かええ先生おらんかったんかい!
(すみません、あんまりにものニダリ顔だったので思わず塗りつぶしてしまいました)

スパイラル比較3

ということでカナダに行った結果がこれ

ビールマンスピン 比較
真央・キム・未来 ビールマン比較


前回の冬季五輪、バンクーバー当時の画像です。
浅田選手の鬼気迫るスパイラル。ショートのときとはまったく異なる身体表現です。

浅田選手の

ISUの判断て・・・。

【比較用】キムの表現力2

世界最高得点マーク

【比較用】キムの表現力

スパイラル表現比較-m

スパイラル表現比較

未来ちゃんもすごい!
背中が本当に柔らかいです。ミライちゃんがソチ五輪に出ていたら悪夢のアレをきっぱり上書きしてくれたでしょうに。
未来ちゃんにソチに行ってもらいたかった。
ビールマン比較


バレエ経験20年のぷりまハムさんがまた画像を作ってくださいました。

Bd9hV6vCUAAoOTU.jpg

BdyrjoVCUAIMc48.jpg


キムと同じように体が硬くても、たとえばキーラ・コルピは美ポジだらけの選手です。
「首の後ろに空間がある」、すなわち「アゴは出ていない」。体幹が使えています。綺麗です。

キーラ


体が硬くて難しいポジションを取れなくても、実施要素の中で規定要素をこなせば確かにレベルは取れますが、しかし、キムが他のそういう選手と違うのは「根拠なく高評価」だということです。


世界最高得点マーク

この人、何をやってるんですか?

いつも同じ-1

これが不正でなくて何だというのでしょうか?逆に教えてほしいくらいです。



※この記事の画像はチーム・公正 動画・画像拡散用エリア「あんたたちもっと拡散しなさいよ」からお借りしました。管理者様、有志の皆さま、どうもありがとうございました!


キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(24) | トラックバック(0) | 2014/09/20 00:40

キム・ヨナの「動きの汚さ」について、わんころさん編

この記事の初出は 2013/11/11です。

スケートアメリカ、レクサスチャイナカップ、NHK杯といい演技をたくさん見てきたあたしたちには、キムチのスケート技術のなさと下手くそさ、そしてきったねえ動作についての驚きが以前にも増して深まってきたのではないのかしら。

特にアイスダンスを見てしまうと、キムチのやっている”動作”(演技ですらねーわよw)って、本気でヤバイってわかってくるでしょ?ヤバイわよね。笑うべき汚さだわ。だから姐さんずーーーーーっと怒っているわけよ。キムチは絶対に世界最高ではないわ。あの下手くそさと汚さで高得点が出るほうがおかしいのよ。「不正の証拠は本人の演技」よ。

もうだまされている人は随分と減ってきているはずね?

「応援しなければいけない国」に生まれた人か「見る目のない不勉強なバカ」だけがキムチをほめるの。「不見識で審美眼のない鈍く劣った感性しか持たない自分」という大変な恥をさらしてでもほめなきゃいけない理由はたぶん国籍かカネだけじゃない?
そのふたつですべての謎が解決するわ。

「わんころ」さんのコメントを紹介します。愛犬家の皆さんには特に深く頷けるご意見だと思いますよ。

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「わんころ」さんにあります。

2013/11/06 わんころさん

汚いですね~…

ツライですね…
ほんとにきったねぇな~女王様はw
バレエのこととか全くわからない私が見てもきったねぇと思うんだから、もう、救いようがないですね。
これだけ美しいショットの方がない人も逆にすごいですよね。
真央ちゃんなんて転んだ瞬間でも美しいと言うのに…。

私は動物専門学校を卒業して、犬に関する仕事をしています。
学生の頃は、警察犬がやるような本格的な訓練(に近いもの…所詮学生なので初歩の初歩でしたが)や、ハンドリング(犬の美しさを競うドッグショーで、犬を引く仕事。犬を美しく歩かせ、美しく立たせ、いかに犬を『魅せる』かが腕の見せ所)の勉強をしました。
その時に先生達に聞いたお話から。

動物は『動いてる時』が一番美しいんだそうです。
『動く物』と書くくらいですからね。
動けるのは動物の特権であり、生き生きと、躍動感に満ちて、歩いている、走っている時が一番美しい。
だから犬を美しく立たせるというのは、“今にも動き出しそうに”“歩き出す直前の一瞬を凍らせたように”立たせるということでした。

『訓練は“動”中の“静”』という言葉もよく聞きました。
例えば犬と一緒に歩いていて、訓練士が「待て」と言った瞬間に犬が立ち止まって待つ、というような練習をする場合、「待て」と言われた瞬間のポーズでぴたっと止まるのが望ましい。
つまり、四つ足を地面に下ろすのではなく、「待て」と言われた瞬間に地を離れていた足はそのまま宙で固定するくらいが望ましいのです。
動いていた(歩いていた)犬を写真に納めたように、“動いている途中”かのように静止する。
一番美しい、動いている最中の状態で静止するのが望ましいんです。

人間も動物ですから、動いている時が最も美しいというのは当てはまります。
短距離走の選手が一番美しいのは、スタートラインで待ってる時より、やはり全力で腕を振って走っている最中ですよね。
走り幅跳びの選手が一番輝く時は、やはり空中でしなやかに身体を使って、1cmでも飛距離を伸ばそうと舞っている時だと思います。

スポーツは、ヒトという動物の一番輝かしい時を惜しみなく魅せてくれる、生命の躍動を感じられる時です。

まして体操やシンクロナイズドスイミング、そして我らがフィギュアスケートは、速さ、高さを競うだけでなく、“美”をも追求するスポーツ。
動物の美しさを極めるには最高の場ではないかと私は思います。
そう考えると、立ち止まって上半身の振り付けや表情で時間を過ごしてしまう振り付けは勿体ないし、姐さまの「スケートは滑ってナンボ」には激しく同感。
そして、キムチの「動いてる最中のはずなのにこうも美しくない」というこの現状は、これだけで、何がクイーン!?これで金メダリスト!!?これで世界最高ってフィギュアスケートってくっだらないスポーツなのねwwwwwと言う事になってしまいます。

この人は本当に、下半身が汚いですよね!!
汚すぎて吹き出す事がしょっちゅうあります。
下品と言うか、品がないと言うか、あ、一緒だ!とにかく気品を感じない、人格が全て足下に出ているかのようです。
メリチャリ組しかり、真央ちゃん然り、『どの瞬間を切り取っても美しい』やはりそれが“美”を追求するこのスポーツの本分ですよ

特にスケートはもともと足下勝負なんでしょう?
上半身の使い方に甘い時があっても(←わんころ視点)スケーティングに定評のあるこづ君より、上半身のうねりとアヘ顔で誤魔化して足下が動いてないキムチの方が高得点なんですから、やはり現行の採点は破綻しています。

表情作りにしてもアヘ顔しかないじゃん!
私は趣味で演劇も少しやっていたので、あの大袈裟なアヘ顔“のみ”で表現力が高いとか言われても失笑です。
大袈裟な表情作りは誰でも出来ますから。
「目の前で母親が息を引き取る」という『わかりやすい悲しみ』と、「明日最愛の彼が夢のために上京する、応援してあげたい、だけど離れるのは辛い…」という『複雑な想い』だったら、前者の方が演じやすいわけですよね。

キムチにはこちらをはっとさせるような、心の底から感情が溢れたゆえの表情はありません。
表情が大袈裟でなくとも、本当に感情が反映した時なら、目の色やまとう空気にそれが出て、見る者の心を揺さぶるものです。
上手な女優さん、俳優さんは本当に『微妙な』『些細な』表情作りがうまいんです。
あんな表面上しか演じられない人は演技してるとも言いがたい。
あれを表現力という言葉で賞賛するマスゴミやコメンテーターはそれだけで自爆です。
見る目が全くない事を自ら世に晒している。
本当に哀れだと思います。
ぶっちゃけ演技だけなら私の方がうまいぞ!!(笑)

転んだ瞬間さえ美しい真央ちゃんは、美の極みですよ。
そして、激しい怒りも、楽しい笑顔も、言葉にしがたい切なげな表情も何でも見せてくれちゃう。
先日ノクターンを見た友人が「中盤にすっげーセクシーな表情しててビックリした」と言ってました。
もー真央ちゃん何でも出来ちゃう!
真央ちゃんに感動できない、賞賛しちゃいけない方達は、本当に勿体ないですね。
私は幸せ者です。
真央ちゃんと同じ時代に生まれて良かった。
真央ちゃんと誕生日が同じな事も小さな自慢です(笑)
神様、ありがとうございます。

Copyright (C)「わんころ氏」 All Rights Reserved.


あらまあ「わんころ」さんは誕生日が同じなのね!おめでとう!
すてきなコメントをありがとうございました!



人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(33) | トラックバック(0) | 2014/01/15 08:59

やっぱり韓国発祥だった「キム・ヨナのバレエ的素養」完全に嘘じゃん!

キム・ヨナの「バレエ的表現」「バレエ的素養」の根拠は韓国発です。ではどういう点をバレエ的だとしているのでしょうか?
俺たちの「あざらし」さんが調べてくださいました。


すみません、あらかじめ申し上げておきますが、
クラシックバレエがお好きな方は本気でご注意ください。
クリックした先が次々と軽くホラー。
リンク先にある記事と画像は韓国人が作ったものです。
彼らの主張の根拠として転載しますが、どうかお願いです、あたしに怒らないでくださいwwww
韓国人はクラシックバレエが一ミリもわかっていない「かもしれない」ことだけは姐さんにもわかりました。


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「あざらし」さんにあります。

2014/01/14 あざらしさん

あちらの関係者の話

韓国バレエ関係者の話をいくつか探してきました。

http://danmee.chosun.com/site/data/html_dir/2008/12/11/2008121100273.html

キム·ヨナがバレエを襲った「金メダル」取ったのだろうか?
バレエの専門家が見た「バレリーナキム·ヨナ」の長所と短所


「顔小さくて手足の長い物理的な利点、表現力·芸術性も世界トップクラス
足の甲なら湧いバレエならしたい幸い "

キム·ヨナはフォール·ド·ブラ(port de bras·腕の動き)も素晴らしかった。
カン·スジン、ドイツシュトゥットガルトバレエ団首席舞踊家は「キム·ヨナがカナダのイブリンハート(Hart)からバレエのレッスンを受けたと聞きましたが、動作の間の継ぎ目が柔らかく表現力も金メダル」と述べた。


チェ·テジ国立 バレエ枚も「胸に動くという印象を与える。芸術性はタムナル程度」とした。

バレエの専門家たちは、キム·ヨナのパフォーマンスに賛辞を送りながらも、慎重にいくつかを指摘した。 キム·ソンヒ韓国芸術総合学校舞踊院教授は「スパイラル動作で後ろに伸びた足の膝が曲がるなどの下半身のラインは より整えなければならない」とし「バレエのように完全に収縮と完全弛緩を繰り返すと、よりきれいな筋肉が作られるだろう」と述べた。

ジャンソンフイ教授は「アーティトィドゥ姿勢がちょっと不便に見えるが、柔軟性や審美補完が必要なようだ」とした。

時期はわからない記事でした。



きゃーーー!!!!無慈悲な画像が!!!
この画像、この記事のものだったんですね!どこのどいつがこんな残酷な比較画像を作ったのかとwwww
あちらさんでしたか!
ちっともホルホルになってないのに!!!あざらしさん、ありがとうございます!

カン・スジンさん、キムをほめてるーーーー!!!!
次も衝撃的なご発言!!!!

> テクニックが全てではない

(; ゚Д゚) 身体表現においてテクニック以上に問われるものはないでしょうにーーー!!

(; ゚Д゚) バレエって違うの????

> カトリーナビットの後、キム·ヨナのようにそのようにスムーズに動作一つ一つをこなす選手は見られなかった。 全体的に体がバランス取れていて、特に上体のポルト·ド·ブラ(腕の動き)は本当に美しかった。

(; ゚Д゚) (本当にこれ言ったの?まさか捏造された・・・とか・・・)

(; ゚Д゚) (ビットとキムが同列???? ドイツじゃいい加減暴動が起きないのかしら・・・)

2008121100265_0.jpg

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「あざらし」さんにあります。

カン·スジン"キム·ヨナはプリマバレリーナの実力"

http://www.nemopan.com/2944823 2010.03.12 18:26:28

20100312115028788a3_115028_0.jpg


キム·ヨナの表現力について、「テクニックが全てではないことをキム·ヨナは体で示していた。 一言で言えば、彼女のスケーティングは美しかった」とし「カトリーナビットの後、キム·ヨナのようにそのようにスムーズに動作一つ一つをこなす選手は見られなかった。 全体的に体がバランス取れていて、特に上体のポルト·ド·ブラ(腕の動き)は本当に美しかった」と評価した。

バレエ界 "キム·ヨナの「ジゼル」の解釈抜群!"
https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=76634
2011.04.26 13:20:06
ドア団長は、「「ロシアはバレエの国」とすることができるほど、あまりにも国民がバレエを好きだからモスクワのフィギュアファンたちがとても好むと期待される」とし、「「ロマンチックなバレエ」で有名な「ジゼル」を演じたという点でより多くの得点を取れないかと思う」と予想した。

「ヨナのジゼル」バレエ界も絶賛...原作との違い?
http://eballetshop.com/shop/board/view.php?id=data&no=104
【ムンフンスク/ユニバーサルバレエ団団長:腕を上げて降りた時、とてもスムーズな表現をしたが、ジゼルのアラベスク動作が途中で軽く表現されていますよ。]

優雅な上半身の演技バレリーナが見ても感心する 2011.05.01 19:30
http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/475763.html

国立バレエ団芸術監督のコメント
ねーわこれはねーわ

そしてあちらのジゼルのプログラムとバレエジゼルの関連性が載っている記事です。

キム·ヨナ 'ジゼル'とバレエ「ジゼル」2011-05-01 02:26
http://www.ytn.co.kr/_ln/0106_201105010226186889

あまり関係ないかもしれませんが、資料としてでもお読みください。



関係大有りでございます!!!
あざらしさん、あたしはこうやって記事にして「ちょっと!大変よ!」って皆さんで一緒に悲鳴を上げていただくことができるけど、おひとりでこんなエグい記事を検索なさって・・・お辛かったでしょうに・・・!
耐えられないわ!
あたしの楽器の先生は、演奏のためにクラシックバレエをずっと習っていらっしゃるのよ。お子さんもバレリーナ目指していらっしゃるし・・・だから岸恵子さんがあたしの先生の憤怒をかったのも当然よ!

ぷりまハムさんの具体的なご指摘で「どこがどう大惨事か」前よりよくわかるようになったし。

ねえ、韓国人の人ってもしかして林先生物件なの?薄気味悪いわ・・・(; ゚Д゚)


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「あざらし」さんにあります。

2014/01/15 あざらしさん

活用されてください。

姐さん、お疲れ様です。

どうぞご活用ください。

先に紹介した
キム·ヨナ 'ジゼル'とバレエ「ジゼル」2011-05-01 02:26
http://www.ytn.co.kr/_ln/0106_201105010226186889
こちらの記事ではジゼルのどの場面がプログラムでどの動きになる
など解説してあって実際のバレエの場面と比較すると面白いかもですね。

一応、自動翻訳の記事を載せておきます。

[アンカーコメント] キム·ヨナ選手が今大会ショートプログラムで使用した音楽
「ジゼル」は、オリジナルのバレエ作品です。 バレリーナと一緒にキム·ヨナ
選手の「ジゼル」とバレエ「ジゼル」を比較してみました。 キム·スジン記者が報道します。

[レポート] キム·ヨナ選手は今回のショートプログラムでアドルフ·アダンのジゼル」の音楽を再構成して使用しました。
プログラムの前半は、ロマンチックなバレエの代表とすることができる ジゼル2幕の墓のシーンの中で高速に音楽を使用して回転のスピード感を高めました。
以降は再び純朴な田舎の少女ジゼルが身分を隠した貴族アルブレヒトと悲劇的な恋に落ちる1の膜に超えます。 特に愛に裏切られた後、狂ってしまったジゼルが恋人とのひとときを描く胸が痛むシーンと 恋人のナイフ自決しようとする姿をキム·ヨナは銀盤の上の優雅な線百科ビールがスピンで表現しました。
技術が中心となるフィギュアスケートの表現が中心となるバレエの特性が 異なりますが、バレエダンサーの目にもキム·ヨナの表現力だけは最高という評価です。


[インタビュー:キム·ジュウォン、国立バレエ団首席舞踊家]
"表情や音楽と一緒に一団となった表現は、実際のフィギュアスケート選手の中の歴史の中で見ても断然最高だと思う」

続いてバレエジゼルの人物との間の緊張感がピークに達する部分をクイックステップのシーケンスとして表現しました。 そして、コンビネーションスピンに続く劇的なポーズでジゼルの死と一緒にショートプログラムを仕上げました。

その後、バレエダンサーが紡ぐ ベストシーンはどこでしょう?

[インタビュー:キム·ジュウォン、国立バレエ団首席舞踊家]

"ジゼルとはバレエ作品の中に感情的な表現が非常に多く含まれているんですよ、ドラマをよく表現するための表情の変化や細かな腕の動作そのものが入っているのバレリーナなのか、そのような感性を刺激するような部分がより良いと思います。 "
そのどのスポーツ種目よりも芸術性を高く評価しているフィギュアスケートでは 、選手たちがバレエ曲と振付を借用している場合があります。
1994年リリーハンメル冬季オリンピックの金メダリスト、オクサナ·バイウルは、当時の「白鳥の湖」と「瀕死の白鳥」での歴史残る名演を生みだしています。
スポーツと芸術が出会い、花を咲かせるポイントは、まさにそこにキム·ヨナ選手がいます。


YTNキム·スジン[suekim@ytn.co.kr]です。

バレエの専門知識はないので、一度知識を持たれた方にご意見を
聞いてみたいと感じました。

浅田選手もバレエといえば白鳥がありましたが、どこかで実際のバレエの動きを
取り入れていたと聞きました。
白鳥のプログラムよかったですよね。



あざらしさんはとっても優しいのよ・・・姐さんが困っていると速攻で助けてくださるし、ものすごくものすごく重要なことを教えてくださるの。このブログの半分くらいはあざらしさんのおかげでできているかもしれないわ。
残りは皆さん。
あらやだあたし何にもしてねーじゃないのwww

> 浅田選手もバレエといえば白鳥がありましたが、どこかで実際のバレエの動きを
> 取り入れていたと聞きました。
> 白鳥のプログラムよかったですよね。


はい、とっても、とってもよかったです!
どうしようここを読んで思わずホロリとしてしまいました。

白鳥のプログラムよかったですよね。→はい、とってもよかったです!

普通に話が通じることがこんなにありがたいことだなんてwwww
あざらしさん、本当にありがとうございます。

韓国人、あのオクサナ・バイウルまで持ち出してきたわ!これには姐さんも大激怒!
信じられない、うんこと一緒にしないでよ!あたし彼女の「白鳥」を生で見たことがあるんだから!

韓国人のねつ造というか妄想って過激だと思います。キムにはバレエ的素養は あ・り・ま・せ・ん!

あたし、皆さんに「バレエについて」うかがうことができて本当に良かったと思います。
だってキム・ヨナのバレエ的素養って全部韓国人が主張しているだけだもの!

ってことは日本国内で言われている「キムはバレエが完璧」ってのは「韓国人の主張をそのまま繰り返している」ってことなのね。


だって見れば「そうじゃない」ってことはわかるもの!!!

村上龍、絶賛!バレエを完璧にやった人の動き

bapo.png



人気ブログランキングへ
続きを読む
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(29) | トラックバック(0) | 2014/01/15 03:33

キム・ヨナにバレエの素養がほんとにあるの?(ぷりまハムさん編)追加画像あり

※画像を追加いたしました!ぷりまハムさん、ありがとうございます。すっごくわかりやすいです!


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ぷりまハム」さんにあります。

2014-01-13 ぷりまハムさん

はじめまして

はじめまして、ぷりまハムと申します。
素晴らしいデータ収集のお話の途中に割り込んでしまい、申し訳ありません。

自分に出来ることを、と思いなかなかできずにおりましたが、やっと一歩を踏み出すことができました。
趣味の範囲ではありますが、バレエを20年ほど続けています
たくわんさんのバレエの要素がー、という評価に違和感が(とてつもなく)ありましたので、バレリーナと比較した写真をアップロードしてみました。


バレエも長く続けているだけですし、写真加工も初心者なのでお役に立てるか微妙ですが、バレエの知識でお役に立てるものがあれば幸いです。

個人的意見ですが‥

たくわんさんの写真を探していると、アゴが出ている写真が多いなと思いました。

特に顕著なのは、2013年からです。

アゴをあげて踊るのは、初心者や素人がすることで、プロはあごを引いて踊ってます。
なぜかというと、アゴを上げると腹筋が抜けるからです。
腹筋が抜けると、体幹が使えません。
体幹が使えないと「美しい」動きやポーズをすることができなくなります。
(バレエは体幹を使って体を引き上げることが、ひとつポイントになります)

体を引き上げる力がなかったり、体の使い方ができてない初心者や素人の方は、顔だけ上がっちゃうんです。
私もよく注意されます、「アゴしまう!!」と笑
なので、アゴ出し=体使えてない=美しくない という図式になります。


たくわんさんは、アゴばっかりあげてるので体幹を全く使えてない‥
もしくは、ないのでしょうね‥
つまり、「美しくない」んです。
全然「美しくない」んです!!(←重要


長々とすみません、余談でした。



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「年々歳々」さんにあります。

2014-01-13 ぷりまハムさんへ<年々歳々さん

Re: はじめまして

>>ぷりまハムさんへ

はじめましてアップローダの管理人年々歳々と申します。
ただいま拡散できる画像を全力で収集中です。
こういうその道の方のご指摘が画像になるのってすごく分かりやすいです。
素人にだって舞台やテレビで見たバレエはこんなんじゃなかった!ってとこまでは分かる。
でも「具体的にどう違うか言って見ろ!」って凄まれたら言葉でなくなっちゃいますもん…。
ありがたいです。


折角なのでリンク貼らせていただきます。
また気が付いたことありましたらどんどんアップローダ使ってくださいね!

バレエの要素本当にあるの?
http://yui.oopsup.com/readfile.php/BeFair/image.jpg




すてきなコメントをくださる方ほど謙遜無限大!という法則ががががが
ぷりまハムさん、その道20年の方からのご意見、ものすごく納得できました。そしてわかりやすいこの画像!

たくわんさんの解説です!
アゴをあげて踊るのは、初心者や素人がすることで、プロはあごを引いて踊ってます。
なぜかというと、アゴを上げると腹筋が抜けるからです。
腹筋が抜けると、体幹が使えません。
体幹が使えないと「美しい」動きやポーズをすることができなくなります。
(バレエは体幹を使って体を引き上げることが、ひとつポイントになります)

体を引き上げる力がなかったり、体の使い方ができてない初心者や素人の方は、顔だけ上がっちゃうんです。
私もよく注意されます、「アゴしまう!!」と笑
なので、アゴ出し=体使えてない=美しくない という図式になります。


image.jpg

わかりやすい!

更に強調するために、線を引いてみました。
「立ってますよね、自分で。」に続く
「出てますよね、アゴが」爆誕です!

yukina-kim-image.jpg

元画像はこちらになります!皆さんぜひ拡散してください☆
バレエの要素本当にあるの?
http://yui.oopsup.com/readfile.php/BeFair/image.jpg


さらにぷりまハムさんが画像を作成してくださいました!

バレリーナと比較してみた②


バレリーナと比較してみた③




ぷりまハムさん、年々歳々さん、本当にありがとうございます!

「チーム・公正」の画像コレクション、ぜひ皆さんのご参加をお待ちしております!

あんたたちもっと拡散しなさいよ


人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(90) | トラックバック(0) | 2014/01/14 02:36

キム・ヨナに「バレエ的素養」はない。動作が醜い。

※追記
コメントでうかがってわかったことの一部です。皆さんありがとうございます!

・最初の画像のダンサーのお名前は、「スージン・カン」さんとお呼びするそうです。
・「世界最高峰」は、出身国のマスコミなどが呼んでいるいつものアレだと思ったほうがいい。
(だから定型文のような表現でベタ褒めしたあちらのブログとか記事しか出てこないんですかね。検索をスージン・カンさんにしたらもっと適切な情報があったのかもしれません。うかがってみてよかったです。)
・この冠称はともかく、優秀なダンサーである。
・ダンサーの足はトップに行くほど長年の酷使がたたってトラブルを抱えがち。
・ダンサーの抱える故障には腰痛や外反母趾などあるていど職業病的なものがあるが、足がどうなるかは個人差がある。
・バレエの演目によってダンサーの個性がうまくフィットすると素晴らしい。その逆の場合もある。
・バレエはいわゆる「スポーツ」とは異なり大儲けのチャンスが少ないので(確認はできないが、万が一、もし不正があったと仮定しても)その規模はフィギュアスケートに比べるとまだましなほうではないだろうか?ただし韓国人ダンサーが増えているのは事実とのこと。)
キムと一緒にするのはスージン・カンさんに失礼すぎる。

最後についてはお詫びします。一緒にしたらいけないとわかりました。

そして「キムにはバレエの素養がない」が、お詳しい方からご覧になっても一致した見解のようでした。

身体芸術の最高峰はクラシックバレエだと思いますが、新体操で訓練されたサーシャ・コーエンのきびきび、びしり!とした美しさも大好きでした。
キムの、試合中であるにも関わらず緊張感のないたるんだ姿をバレエの素養があると言う人には断固反対したいです。
お詳しい方からお答えいただく中でも、その考えはまったく変わりませんでした。

皆さんのお志に感謝します。ありがとうございます。


------------------------------------------

少し前にしお韓系のスレッドでニスタのおひとりが出しておられたこの画像。

カンスジンの黒歴史

カンスジンという名前の韓国人?のバレリーナらしいのですが、クラシックバレエにお詳しい皆さんにうかがいます。無知なあたしに教えてください。お願いします。

(1)えらくみっともなく見えるんですが、あたしがバレエに詳しくないせいですか?

基礎ができていないように見えるんですが、あたしは間違っていますか?

この画像を見たときにあまりの衝撃に、急いでカンスジンで検索しました。そしてとんでもなく汚い足の画像がぞろぞろ出てきて、吐きそうになりました。
検索なさる場合はグロ注意です。本当にひどい足です。

バレエにお詳しい皆さんに質問です。

(2)クラシックバレエを習う人は、みなあのように足をぐちゃぐちゃにしならが学ぶのですか?

とてもそうは思えません。
あたしが知っているバレリーナの足は、あそこまで汚くありません・・・バレエは長い伝統があり今でも盛んに学ばれています。人体にあそこまで損傷を与える運動分野というのは、廃れていくものではないでしょうか?
バレエは危険なものではないですよね?

長年、人体による表現芸術の最高峰、美の極致としてのクラシックバレエが続いてきたのは、人体力学的に「もっとも無理がなく、合理的で、かつ、美しい動き」を基礎としているからだと思っていました。

勿論、バレエ的ポジションを保ちながら更に「動く」ことは大変なことだと思います。徹底した繰り返しの基礎レッスンと、日々の努力が必須だろうと思います。
ですがプロとしてやっていくのなら、このようにぐちゃぐちゃな足を誇るようなダメな管理をオノレにしているような馬鹿はふるい落とされるのが当然ではないですか?

(3)カンスジンはなぜ「(自称?)世界最高峰」と「されている」のですか?教えてください。
この人に関する記事が文鮮明の自伝にのったとか、世界最高峰、というまるで定型文のような紹介しかないので、こんな大惨事がいったいなぜ「自称・最高峰」でいられるのか不思議です。

バレエの基本  生徒さん

右の画像は、キムが黒っぽい衣装で棒立ちをしている画像と対比させるために画像を検索していてみつけました。
八王子にあるバレエスタジオさんのブログです。「大人クラス」ということは過去にクラシックバレエを学んでおられて再開されたか、あるいは大人になってから始めた方かもしれません。
ここでご紹介することが適切かもわかりません。

でも、あたしはこの方の画像を見たとき、真っ先に「美しい!」と思いました。
隅々まで神経が行き届き、非常に基礎に忠実に、しっかりと立っています。この立ち姿だけでも、見事だ、と感じました。この方の踊りを見たいと思いました。
こんな小さな画像でも「美しい」ことがわかります。全身の筋肉をしっかり使って基本に忠実に美しく立っています。

HOJOバレエのいろんなこと♪>2011年 勉強会/大人クラスのご紹介
http://hojoballet.blog134.fc2.com/blog-entry-453.html
(直リンクはしていません)

バレエの基本  生徒さん

一般人の趣味でバレエをなさっている方のほうが圧倒的に美しくありませんか?
本気でバレエを学んでいたらこんな大惨事にはならないと思います。

※キムなんかと比べるのはご迷惑かもしれません。大変申し訳ございません。問題があれば削除致します。

バレエ的素養といえば浅田真央選手です。

画像は俺たちの「ぴよ」さんのぴよぴよ党より
韓国のフィギュア報道、暴走中&スパイラル比較
からお借りしました。ぴよさん、ありがとうございます!こちらも必見です。ぜひご覧ください!

比較-2

文字を乗っけて拡散していただけるように文字なしの画像を作りました。

どちらが難易度が高いですか?どちらが難しいポジションですか?どちらが美しいですか?
実施している要素が違うので本来比較対象にすべきではありません。でもどっちみちキムに浅田の演技はできません。むしろ世界最高と言うのなら浅田のプログラムを1つでも滑ってみればいいではありませんか。キムには決してできません。

比較

バレエ比較

ぴよさんはキム・ヨナのことを「偉大なるコメディアン」「類まれなるお笑いの才能を持つ偉大なヨナたん」とおっしゃっています。
この大惨事ぶり、クラシックバレエがお好きな方、お詳しい方はいかがお考えでしょうか?
ぜひお考えをお聞かせください!


※この記事の画像はチーム・公正 動画・画像拡散用エリア「あんたたちもっと拡散しなさいよ」からお借りしました。管理者様、チーム・公正の有志のメンバーさん、どうもありがとうございました!



キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(88) | トラックバック(0) | 2014/01/13 21:58

日舞から見たキム・ヨナの動作の問題点(ぽえぽえさん、りほさん編)


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ぽえぽえ」さんにあります。

2013/10/22 ぽえぽえさん

基礎の重要さ

姐さま

ときどき黒猫様からやってきました。美しい画像、ありがとうございます。
馬鹿ジャッジへ教育するテキストに使って欲しいくらいです。
フィギュアスケートの選手はバレエを習っている方が多いですよね。私はやらないのですが、熊川の公演を観に行くくらい好きです。
私は日本舞踊をやっているのですが、日舞の基礎とバレエの基礎はよく似てるんです。
大きく違うのは膝とつま先の向きが内側か外側か、です。
バレエや歌舞伎を好む方が偽女王はヘタクソ、というコメントを聞いて首がもげそうなくらい同意しました。
何故なら歌舞伎役者は徹底的に日舞を叩きこまれてから、歌舞伎を習うからです。
私がキムヨナ選手を嫌う理由は
膝です。
バッククロスとステップという名の繋ぎ?の時は膝が中途半端なんです。
最も判りやすいのは彼女のイーグルです。蟹イーグルってNETでは揶揄されてますよね
逆に浅田選手は腰の高さが一定に見えるんです。それは膝をしっかり前に出すから氷上で大きく見えるんです。
上手い選手ほど膝を使うんです。
逆に故障しやすい箇所でもあるんですが(例:髙橋選手、織田選手)
上手い人ほど日舞でも膝を痛めて苦しんでいる人は多いです。
日舞では腕に表情をつけないと観客を惹きつけられないのですが、
浅田選手は腕の使い方もピカイチでフィールドは違ってもとても勉強になります。

浅田選手は年下ですが、私にとって偉大なる師匠です。



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「りほ」さんにあります。

2013/12/22 りほさん

日舞での表現

こんにちは、姐さん、現地の皆様お疲れ様です。
チーム公平の方々はどうされているでしょう。観戦を楽しまれますように!

それにしても、利休にたずねよで茶道まで韓国起源か?!
私もお茶やってましたけど、ありえないです。

大変申し訳なく僭越ですが、こちらで意見を述べさせてください。
個人的な話になりますが、子供の頃から日舞や歌舞伎等をよく観ていて、日舞も10年ほどやって下手の素人ながら何度か舞台に立ちました。バレエも母や友人が好きなので観ます。

日舞(歌舞伎含む)関係者数十人にお会いして、今でもおつきあいがありますが、
キンケンジを素晴らしいと称えている日舞、歌舞伎関係者は皆無です!
逆に「フィギュアのルールはわからないけれど、彼女のどこがすごいのか」と聞かれたことはあります。
その方は私がファンだったら…とものすごく聞きにくそうでした。これ幸いと説明させて頂きました。

日舞や能は、初めての発表会レベルでもまともな先生だと特に腕、首、足元などは数センチ単位で位置を直されます。
この部分は特に目立つので、最低限それだけでもお月謝以上に特訓してくれます。
なぜなら教え子が発表会で基本以下の舞をすると先生の恥になるから。
個人的に私の先生はコミカルな演目でも下品な表現が嫌いな人だったので、KYはのあのブラブラした腕などで賞賛されるなんてありえないです。
前傾の動きをする時も美しく見えるように演者は緊張を強いられています。
先生はタラソワについてからの真央ちゃんは絶賛しています。

そして日舞で動きが下品にならない最もシンプルな方法はひたすら練習。
表情や首を動かす時は必ず全身の動きが伴っています。ほとんどのスケーター、特に明子さんは下品じゃないでしょう?
定位置に身体の各部署を動かせるように鍛錬するしかないのです。
プロ(舞台に定期的に立つ方)は筋肉つかないように水泳などで筋トレもします。
だから歌舞伎はもちろん、日舞の家元も女形が多い。
私は特に最初、姿勢や柔軟性に問題があったから、相当しごかれました(^^;)

あれをウィルソンやコーチが直さないのは、もう完全に匙を投げています。
だって日舞の初心者以下の動きをしているんですよ?
具体的に言うと、上半身だけでも肩や手が前に出すぎ。二の腕の位置が定まらず、主に手首だけで動きを派手に見せようとしているから不自然なんです。
残念ながら?技術が伴わない時の安藤さんもそれが目立ちます。だからバレエやっとくべきなんですよー。

以上のことから、日舞、歌舞伎関係者でKYを公に褒めてる人がいたら、ステマかメンタルが本気でやばいかどちらかと断言させて頂きます。
ファンではないものの、T島さんが後者でないことを願っています。

KYのサーシャなどのパクリなどは、本当にDVDを観てまさに「動きを全部真似た」としか思えません。これは私のお流派では、超初心者をなんとか舞台に立たせる時の裏技で、家元にばれたら怒られます。あちらさんはよほど踊り心がないか、練習が嫌いなんでしょう。

エアウィーブで真央ちゃんとご一緒されている玉三郎さんはご自分が小児麻痺でご苦労されていて、なおかつ「表現の基本は半分以上技術」という持論がある方なので、一目でわかるはずです。

あと、大きな大会にはムキムキで出てくるのに、動きが汚すぎ。
ロシェ姐さんやアシュリーはセクシー路線でもあんなにフラフラしてないです。
私がKYが限りなく黒に近いグレーだと思うのはそんな単純なこと。

数年前のインタビューで最近の日本では表現=演者のひらめきや突発的なものと勘違いしている傾向が大きいが、どの身体芸術の分野においても基礎は最低限こなし、それ以上の技術を確立してから表現を模索するべきだ、的なことを仰っていました。
メディアが持ち上げるフィギュアの表現ってまさに後者ですよね。それは天才が更に努力して到達する次元(大ちゃんなど…どの選手も応援してますが今ちょっと泣きそう)です。

長文乱文失礼いたしました。



あたしの中ではイーグルは本田武史が殿堂入りしていて(えこひいきよ!)、現役選手の中で男子では小塚のイーグルがすごいと思うから並べてみるわ。小塚のフライングシットスピンはスケートの技の中で一番好きだわ。

女子で最高にうんこなのと男子で最高の美しさの、これは同じ技ではないわね。
たくわんのは蟹ーグルよ!

キムのカニーグ2-ル   M_41d6fe92f2dc16334c1ca352c35d0fbd.jpg

小塚ごめんwwwwwwww
マジごめんwwww小塚の神々しいまでのイーグルがうんこと並べられているなんて!(自分がやった


小塚

神よ!ディープエッジの神がいるわ!!!


うんこwwwww

キムチのカニーグ1-ル


3-キムのカニーグル

小塚普段からこうだもの!!!!どうよ!!!

小塚のエッジワーク

グロ画像で肝試しをしてみたい!と思う方は我らが「だらごろこぱんだ」さんの転倒しても200点超えするニダをチェキラ!
でも絶対に飲み物は口に含んでクリックしてはダメよ!wwww
絶対に吹くからww
そしてあきれるわ、”どうしてコレでこの得点が出るのだろう?”
答えはひとつ。アレよアレwwwwww


人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(24) | トラックバック(0) | 2013/12/23 03:55

「動けない」「滑れない」「踊れない」キム・ヨナの悲惨な動作(´;ω;`)

毎年毎年劣化していくばかりの「動けない」「滑れない」「踊れない」下手くそスケーター、キム・ヨナ。
あああああああ なんでこんな下手くそ人間が五輪女王なんスかね~。マジわかんねーんスよね~って思わずDAIGOも飛び出すわよ!

「不正の証拠は本人の演技」の実証動画をご紹介いたします。

小手毬桜さんのブログ KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI より

女王様のエコなステップ

リンクフリーとのことですのでリンクもさせていただきました。

このステップもどき動画の見所
フィギュアスケートにとって致命的な順番に・・・

・スケート靴を見てください。ブレードがドまっすぐですよ!
・回転が力任せ
・ブレードが宙に浮くwwwww
・動きが遅い
・途中で止まる
・実施項目が少NEEEEEEEEEE!!!!!
・曲の解釈が行方不明
・体幹トレーニングができていないので体勢が見事に全部汚い
・背中KATASUGI!!!!
・振り回す腕の位置がすべて中途半端で汚い
・ポーズを保持する筋力がないので動きがだらだら全部流れる
・クラシックバレエの技術を取り入れようとした「つもり」で結果めちゃくちゃ。
 アティチュードなのかアラベスクなのかハッキリしてくれwww汚ねえええええwww

目から水がwwww

五輪シーズンだというのにB級にしか出て来ない、それでお買い上げの準備万端整えて何が歴代最高得点だよ。ふざけんな。スケートが下手なのにPCSは誰よりも上、回転不足、エッジエラーでも出来栄え評価が世界最高。なんなんスかね~。姐さんの涙はとうに枯れ果てたかと思っていたけど、やっぱり悔し涙がだだもれるわwwwww

ISUは正気ですかーーーーーー!!!!(^P^)

ぜひこちらの記事も合わせてご覧くださいませ。
ステップを踏めないキム・ヨナ。今季のステップアゲ作戦とは何なのか

上記記事でコメントをくださった皆さん、ありがとうございます!
キム・ヨナの不正の証拠は本人の演技です。この人がこれほどの高評価で居続けるのは明らかにおかしいです。


人気ブログランキングへ
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(12) | トラックバック(0) | 2013/11/20 02:37

劇団四季、ボリショイ、マリインスキー・バレエ団への懸念(シザーマンさん・ららら♪さん)

このブログスペースをお借りしているFC2さんは、書いた記事を大ジャンル、中テーマの順に設定して投稿することができ、今回の記事のテーマであるクラッシックバレエはスポーツではなく「文化・芸術」ジャンルに分類されています。
欧州文化の華であるクラシックバレエに関する「シザーマン」さんと「ららら♪」さんから寄せられた分析と懸念について、皆さんとシェアさせていただきます。

「ららら♪」さん、「シザーマン」さん、どうもありがとうございます!

続きを読む
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(22) | トラックバック(0) | 2013/11/13 05:06

キム・ヨナファンの辛い現実を悼んでみる(バレエの素養なし!)

あらあら泣くんじゃないわ。ヨナたんのファンがいるならあたし可哀想ねって慰めてあげるわよ?

でも辛いでしょうね。あんなに応援していた人がカネメダリストだなんてねえ。

でも火病を起こすのはやめて。だったら姐さんの胸で存分にお泣きなさい。

あんたたちのヨナたんはどうしてもっと万人を納得させられるクソーンになれなかったのかしらねえ。
辛いけれど、現実を直視しなけりゃあ、だめよ?

さあ姐さんと一緒にヨナたんの辛い現実を見てみましょう。ファンがいるなら


続きを読む
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(19) | トラックバック(0) | 2013/10/21 17:52
 | HOME |