真央ちゃんの努力



率直でごめんあそばせ___

えらいこっちゃ


クラシックバレエは「人類に到達可能なもっとも美しい動作」を人類が300年かけて構築したものだと思っております。
この基礎があるのとないのとでは、わたしのようなド素人でもハッキリわかるほど「違い」を持つ。

全然なンにも知らないので、お詳しい方に教えていただきながらですが、真央ちゃんがいかに「美しくあるための努力」を重ねているか、バレエ的要素からも書いていけたらなと思っています。

深刻な真央砂漠を乗り切るためにも、皆さんでそれぞれが得意な分野から真央ちゃんの素晴らしさを語っていけばみんな幸せ、ということで、わたしは得意ではありませんが、あまりにもないがしろにされている真央ちゃんの美しさの本当の意味を自分でも知っていくために記事にしました。

まずこれを。

1111_20170323124152952.jpg

以前に作った比較画像ですが、実際に本職のバレリーナさんと並べても遜色ないくらい綺麗です。
それに真央ちゃんは「細いブレード=刃物の上で、高速移動しながら」の動作です。

リチュアルダンスのショートとフリー。

これは「第二ポジションのグラン・プリエでいいですか」とうかがってみたところ、「ねねごん」さんが「バレエ的に言うと、この体勢からジャンプに移れるならドゥミ・プリエで跳べないならグラン・プリエだと思います(^^)」と教えてくださいました。
また、昨日お詳しい方にお会いしてうかがった「グランは足が直角になるポジションなのでグランではないかと。ただ真央ちゃんは高速移動しながら流れるように次々にエレメンツを繰り出して滞りがまったくないので、ポジションの入りから出までの、どこで撮影されたかで少し違って見えますね」とのことでした。

#2のグラン・プリエ

2のgp

某所で「産卵ポーズ」と言われているコレは、難しいです。
これだけ開脚できるというのは、先天性もありますがいかに日頃の鍛錬が行き届いているかのあらわれですよね。
しかも真央ちゃんはすべての動作が「途切れなく」「連続して」「速やかに次のポジションを決めていく」すごい人です。

なぜ転ばないのか。それは重心移動に必要な「正しい動作」ができているから。

滑りながらするというのは本当に信じがたい高いレベルの動作です。しかも「美しい」のがすごいです。


こちらはバレエでは「変則的な第4アラベスク」というそうです。
アチチュードだと片足(スケートでいうフリーレッグ)が曲がっていなきゃなので、黒バラの印象的なきゃぴるんポーズ(おいw)になりますね。
ねねごんさん、びしっと決め打ちで教えてくださってカッコいい。

綺麗だなあ。

変則的な第4アラベスク

そして聖火の点火ミスから言われている「四輪(よりん)ピック」ことソチ五輪のエキシビション。

カメラマンさんのピントは浅田真央にずっとあるw

ソチエキシ-1

エキシビションというのは試合が終わって、上位選手が「自分の美点、自分の長所」を最大限にアピールできる格好の「見せ場」なですよね。試合では禁止されている動作も、小道具の持ち込みも、かつてはシングルの試合では禁止だったボーカル入りの音楽もOKで、みんな観客に猛烈アピール、そして少なからず感謝と感激のやりとりが行われます。
それは楽しくてすっごいものでした。

かつては。

真央ちゃんが超絶高難度のものすごいポジションを軽々と決めて涼しげに微笑む中、どうですか、キムは得意の「のろのろ滑る」「よろよろ動く」をキめてドヤ顔です。

この滑稽さ。

この写真一枚でソチの採点がいかにインチキだったか証明できる。

ソチエキシ-2


そして、見てください。心霊写真ではございません!
真央ちゃんは「体をひねって」この体勢です。

すごい

こんな難しいことをさらっと軽々とやってしまう。いとも簡単そうに、いともしなやかに、美しく。
キムにはできないことを、です。

いま改めて真央ちゃんの演技の数々を振り返り、「正しい評価」ってどういうことだろう、と思うにつけ、「彼女は何をやったのか」をしっかりと残していかなきゃならないな、と思うのです。

わたしはバレエに詳しくない、ただそれが「とてつもない努力」を必要とし、「美しくあろうとする強い意志」のもとで構築される人類の頂点の動作だと思っています。
だから真央ちゃんがこれほど鍛錬をなさっているクラシックバレエに詳しくなりたいし、いろいろな舞台も見ていきたい。

スポーツと芸術をこれほど高いレベルで統合した「浅田真央の真実」にもっともっと近づくために。

バレエがお好きで詳しい皆さん、ぜひそういうお立場からの「真央ちゃんの動作評」をお寄せいただければと思います。
そして「この選手はバレエ的基礎があるなあ」と評価なさっている方のこともぜひ教えてください。

みんなでもっと驚きたい。

こんなにすごいことを続けているんだ、こんなに難しいことをしているんだ、と驚きたい。


そのときわたしたちはきっと、「なぜこんなに評価が低いのだろう」と改めてさらに驚き、怒り、そして「自分でできる行動」へともっと移っていけると思います。

というか、もうね「はあ~きれいじゃのう」とウットリして時間があっという間に過ぎてしまいます。

真央ちゃんはとてつもなく魅力的だ。


そしてありがとうぷみえさん フォーエバーぷみえさん

すぐり


コーチを選ぶときはだな、「あのセンセイ、どんな演技をしてたのかな?」とちゃんと調べろよ若い衆_____
「自称」をうのみにするとと大火傷するからな____

ミキムチとかフカしまくりで恐ろしい_______


いや、真央ちゃんの素晴らしさを語るためには他を下げる必要はまったくない。この記事だって下げてないつもりです、事実を並べているだけですから。ええ。ええ。

バレエの教則本の「悪い例」がことごとくキム・ヨナの演技そのもので、五輪でメダルとるほどのスポーツマンかつアスリートで、どんなジャンルでもいいので「悪い見本」にされている人ってほかの競技ではいるんですかね???
どんな運動でもトップになればなるほど美しいし素晴らしい。そもそも「間違った動作」をだらだら続けて上にいけるほど競技の世界は甘くない。

「ただ転ばなかっただけの演技」でズルをしまくっていたキムは本人の演技が彼女のダメさ加減を証明している。

わたしが最近手にとったすべてのバレエの教則本には真っ先に「正しい軸」を作りなさいと書かれていました。

真央ちゃんはこの軸を、「正しい軸」をしっかりと自分のものにしています。

だからこそ、すべての動作が途切れることなく、無理なく、自然に、流れるように動いていく。
彼女のバレエ的素養は本物です。

あまりにも軽々とやってしまう、それそのものが一日二日の付け焼刃ではないことの証でしょう。


真央ちゃんはすごいです。




※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央のバレエ的素養 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/23 13:01

真央の超絶技巧に腰を抜かすほど驚いて



腰を抜かさなきゃ嘘だよ。

真央のスパイラル


モノクロにしてみた。際立つよね。

真央のスパイラル-モノクロ



細いブレードの上でバランスを取りながら真央はこのポジションのまま高速移動で疾走していく。

真央の超絶スパイラル



それは誰にでもできることでは決してない。

真央の超絶スパイラル-モノクロ



「努力」だけでできることでは決してない。

超絶技巧



真央はすごい。

超絶技巧-モノクロ



真央は最初からすごかった。

最初からすごかった



真央は最初から努力を惜しまなかったんだ。最初から。

最初からすごかった-セピア



「芸術」と「スポーツ」を非常に高度なレベルで融合した浅田真央。
彼女は「身体芸術の女王」だ。讃嘆ただそれあるのみだ。

美しすぎる真央ちゃん


冬の五輪でどちらが「より高い評価」を得るべきだったのだろう?

2010比較




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央のバレエ的素養 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/08/27 00:56

浅田真央のバレエ的素養

「ぷりまハム」さんの画像で勝手に合作~

mao-b-i.jpg


何か説明が必要ですか?


浅田真央のバレエ的素養 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2014/01/20 17:59
 | HOME |