JO2015における公益財団法人日本スケート連盟の「姿勢」について



JO2015で配布された滑走順です。自分でもらってきたものです。

USA.jpg

ジェレミー・アボットの国籍がカナダになっていて姐さん血の気が引きました。
アメリカ国籍の選手なのになぜ???と。
なんで刷りなおさなかったのか。6人しか出ていない男子シングル。しかも大ベテランのアボットをよりによってカナダて。

配布時に段ボールの一部を切って取りやすくパイプ椅子なり長机なりの上にどさっと置いてあったんですが、「ジェレミー・アボット選手の国籍は正しくはUSAです」というような注意書き・・・があったようななかったような。おかしい、忘れている。配布時には訂正があったけど、でも!と激おこだったっけか。なんかマジックで段ボールに殴り書きをした訂正で姐さん的には火に油だったようなそうじゃないような。うーん。けっこうあちこちで「なぜ怒っているのか」を話してきたのでどなかたご記憶かもしれないですね。

複数個所でご自由におとりください、だったんですが横に係員がついている場合も口頭で訂正ということはなかったです。

実際に行かれた方、ご自分でこの滑走順のぺら紙をもらうときはいかがでしたか?

せめて場内アナウンスでくらい訂正を入れるかな~と思って期待していたのですがそれもなし。

なんか、「ほらな~。こういうことなんだよなあ」と大変残念に思いました。

自分も誤字脱字が少ないとはいえません。親切な閲覧者の方がいつも教えてくれます。姐さん間違ってますよ、正しくはこうですよって。本当にありがたいと思っています。
自分でも正確な言葉遣いや表記でやっていきたいと思っています。それでも減らないのがミスなんですよね。個人が好き勝手にやっているブログですら間違いは間違い、とすかさずつっこみが入ります。

ましてことはアマチュアの国際的な競技会。いいのかこれ、ということです。
JO、ジャパンオープンは国際公式試合です。シーズン初めの一番大きな大会です。しょせんお遊びだよお祭りだよとは言いながら「ちゃんとした国際試合」という位置づけです。建前は。
公益財団法人日本スケート連盟はなぜ6名しかいない男子シングル選手の滑走順でよりによって国籍を間違えるなんてしたんだろう。


そしてなぜ大々的に訂正して「アボット選手へのお詫び」を公的にしなかったんだろう。
主催が間違うってどういうことだよ。
真っ先に詫びなきゃならねえだろ?と思いますがスケ連はそうは思わないらしい。

そこが一番気になります。

共通しているんですよね。NHK杯の機材トラブルで明らかに運営側の問題なのに次に滑走予定でもうリンクに入ってアップをしていたミライ・ナガス選手に場を取り持たせて時間を稼がせるとかさ。ミライちゃん、ずっと寒いリンクの上でお客さんのためになだめ役をやらされていた。すぐ選手を氷から降ろして「説明」をすべきなのに。
あれで調子を崩したミライちゃん、結局メダルを逃してしまった。それで「てへぺろ☆」とエキシビションに呼んだんですよね。
試合に出るために来た人なのに。エキシでいくらうけたって試合とはやっぱり違うんだよ。

全日本選手権の表彰式で表彰状に書いてある選手の名前を読み上げることができず、かみかみに間違ったのに謝罪も訂正もせずスルーする橋本性子会長とか。しかもひとりじゃない、姐さんの前で二人の名前を間違えた。二度目は生暖かい笑いが会場から漏れましたがふざけるなと怒号が飛び交うシーンだよな~と思いましたね。

橋本さん。あれ、生暖かくスルーされた理由がおわかりですか?
あなたには「怒る値打ちもない」と思われているってことですよ。
「どうせそういう人だ」となめられている。
いいんですか?
夏冬五輪出場でスピードスケートメダリスト。
その栄光、その努力、その根性、みんな後であなたがやらかした行いのせいで上書きされてしまっている。

直近だとテロがあったフランスで日本人選手に「勝手に帰れ」というスケ連とか。

五輪の開催地でなぜか豪華慰安旅行と勘違いして飲む、打つ、買うの「関係者」とか。飲む、と買う。は裏が取れている。打った人はまさかいないと思いますがわからない。いないことを腹の底から願います。打つって何をだ。

いやー、いっぱいありますね。「選手ないがしろ事件」。

いっぱいある。


共通しているのは「選手を大事にする」姿勢がこちらに伝わらないということです。

完全に「ショー・マスト・ゴ-・オン」になっている。日本語にない表現です。何があっても「ショー」は中断しちゃならねえというエンターテインメントの世界の言葉です。

試合って「ショー」か?

カネ取ってやってるけど、アマチュア選手の「試合」だよな?????

怪我をしても、事故があっても、何がなんでも出場しろって強制するのってどうなんだ?

腰みの酋長こと副会長の荒川☆静香大先生も現役時代、骨折しているのに棄権を許してもらえなくてショートだけ出て棄権、ということもありましたよね。

いろいろ思い出してきた、舞ちゃんもインフルエンザなのに棄権させてもらえなくて・・・いやいや試合が過密日程なのにショーに追いまくられたりとか、前の公益財団法人日本スケート連盟副会長、現・長野県スケート連盟会長の林泰章氏が、振り付けで海外に行っている選手に激おこで「俺様の都合を優先しろぷんすかぷん」と記者の前で粗忽ものぶりをさらして赤っ恥とか、わーーー芋蔓式に「スケ連・その黒歴史」ががががが

スポンサー様>>>電通様>>>>越えられない壁>>>>設営上必要なパイプ椅子>>>選手

くらいになってねえだろうな???という思いがありますね。

なんか、金もうけに走る前に「まず選手ありき」でしょ、という前提であるべきことをこの滑走順一枚が根底から突き崩していますよね。
単なる誤記じゃないですよ。「姿勢」が問われているんですよ。

間違いは誰にでもあるものです。だからこそ「一番大事な勘所」はぎゅっと抑えて複数の目でチェックしてなるべく正していきたいですね。
少なくともアマチュアの国際的な競技会で「国籍」を間違ったまま公益財団法人日本スケート連盟の名において配布物を作成しそのまま配るなんてことがないようにしなきゃいけないだろうと思います。

画像の左上をご覧ください。JSFのマークがあります。日本スケート連盟公認の、ブツなんですよ、これ。

USA.jpg

ここまで書いてきてあんまりにも堂々と「カナダ」となっているのでつい不安になって「まさかアボット、カナダじゃねえよなあ」と検索してしまいました。アメリカでした。アメリカでした。姐さん何度もアメリカ国旗を彼に向かって振りかざしてきましたよ。安心してください、USAですよ。あぶねー。悪いのはスケ連です。ちゃんと仕事してね。

「国籍」の誤記ってやっぱりちょっとありえない。カナダとアメリカだからいいじゃない☆じゃすまないですよね。このご時世に何をやてるんだという話です。もっととんでもない取り違い、いくつも想像できますよ。

意図的にやってないことを後から証明できないんですよ。怖いことなんですよ、ただでさえ「政治的かけひき」で結果が左右される恣意的な採点が横行している競技なのに。詰めが甘いぞJSF。日本ドスケベ連盟って言われても抗議できないじゃん。

選手を大事にしてください。アマチュア選手の競技会です。本当はショー「ではない」ことに立ち戻ってほしいです。

最近こさえた冊子にしぬほど誤字脱字があって第一回分を全廃棄したあげく、まだ誤字脱字がしぬほどあるので直しまくりの姐さん的には「藤原書店の黒歴史、バルザック全集超え」をまさか日本ドスケベ連盟が!という恐怖と失意と共にJO2015は始まったのでした。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
JO2015 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/03/03 18:51

シシー・クーリック氏を味方につけろ



ジャパンオープン2015に行ってきました。
なかなかいい席で立ち話をするコーチや立ち話をする選手や立ち話をするテレ東スタッフや立ち話をするスケ連関係者がなんということでしょう!こんなに近くに!というカンジで試合もですが製氷中なども大変楽しめる位置でした。
しかし製氷車が大好きな姐さんはふと「ここでいきなりおいどけよ!ザンボニーが見えないだろう!と叫んだらどうなるかな~」などといつも通りに人には言えない不埒なことを妄想しつつ製氷車にわくわくしたり選手のお姿に感動したり大変忙しゅうございました。

で、で、テクニカルパネル陣が誰なのか当日会場で紹介されて初めて知ったのですが、かのシシー・クーリック氏がテクニカルコントローラーに入るというので友人に「もしかしたら採点がちゃんとしているかもしれない、真央に高得点が出るかもしれない」とぼそっとささやいていたのですね。

というのは、皆さんご存知の通り、このクーリック氏は新採点システムを実質的に作ったガイジン三人のうちのひとりなわけで、かつ、野口さんのインタビューで明らかになった通り「ジャッジはちゃんと採点をしていない」とずっと激おこだったわけです。

本人が言っているじゃないですが、「ISU講習会で採点をさせるとちゃんとやるが、各国に戻って試合になると誰も言ったとおりにやらない、どういうことだ」って。

なので、まあすでにジュニアグランプリシリーズは始まっていますしシニアも国際B級試合がちらほら、というところで今季最初のISU公認国際試合がジャパンオープンですから、少なくとも「この試合に関しては」完全に「ISUの公式見解」であり「今期の採点傾向を確認しろ」というメッセージなのだなあと思ったわけです。

で、採点が出ると「えーーっ!?」とか「何これ!!!」という不満の声が一部あがっておりまして、うーんと思ったりもしましたが、会場で実際に選手の演技を見た感想と得点に対する違和感が「えーーー」ですむ範囲だったのではないかと思いました。激怒して椅子の上で足を踏み鳴らすまでには至らない、というていどなので納得したわけではありません。ただ、「なるほどな」という線は外していなかったと思います。

唯一絶対におかしい、と言えるのはPCS中のスケーティングスキルですね。異次元スケーターのパトリック・チャンと美麗なるとっちゃんぼうやのジェレミー・アボットだけは10点固定だっていいのではないかと思えるほど「スケートがうまい」のに、そこすら「は?」という違和感が炸裂している。

ここ、大変重要なので何度でも繰り返して書きますが、そもそも新採点システムがはじまったのは「不正を排除する」ためです。「人為的な得点操作ができないようにする」ことをたてまえに、日本のスケ連をだまし打ちにしてまでも大急ぎで検証も不十分なまま実際されることに「なってしまった」。
有名ですよね、「新採点を採用するかどうか投票する」と聞かされてISU総会に出席したら「今季からやりますんで、はいこれ決定」という会議だったという不意打ち。
そのへんの政治力に関する話もじっくりと検証していかないといけないわけですが、でもまあ新採点は次のような理念のもとにはじめられた。

・「加点方式」で評価していく。難しいことをした人、美しいことをした人が勝てる方式にする。

・そのときの演技だけで評価する。これまでの実績(メダルのあるなし、タイトルのあるなしなど)や滑走順序(早いと点が抑えられるのでとても不利)、「誰が滑ったのか」で左右しない。

・「絶対評価」にする。他の選手と比べてどう、ではなく「その演技」の点数を出す。これまでの「順位点」をやめる。

・評価方法が技術点と印象点という2項目だけだったのを細分化し、項目ごとに明確な判断をつける。

などが骨子としてありました。

つまり、ポッと出のジュニア上がりで知名度も実績もない小国の無名選手でも、ずば抜けていい演技をすれば優勝できるし、たとえ五輪金メダルを持っていても手抜きあるいは体調不良など原因は問わずダメな演技をしたら負ける仕組み、のはずでした。

このあたり、最初は「こういうふうにしますんで」とISUからアナウンスがありましたから、腰みの酋長こと荒川☆静香氏が額に青筋を立てて「採点に詳しくなるな!」と命じてきても自然とわかってしまうことですよね。すいませんねえ、荒川☆静香さん。
「採点について詳しくなられると困る」理由がわたしには全然わからないので、この命令には従いません。ただあなたが発令した「衣装でも楽しめ」には首肯できる点がございますのであなた様のお衣装問題については生涯をかけて追及させていただきます。

「なぜ、ファンが採点に詳しくなるとスケ連と荒川☆静香が困るのか」について納得できる説明をしていただければ、そのとき従うか考えます。

「みんなが無知なほうがスケ連と荒川☆静香が助かる理由」をちゃんと教えられた瞬間、たぶん怒り倍増で「断じて抵抗する!」にますますなるとは思いますがwwwそうでなきゃ理由も言うでしょwww言えるでしょwww

「採点に詳しくなるな!」には当然の疑問として「なんで?」がセットでつきまといます。このあたり、ちゃんと教えていただきたいものですね。ほら、姐さんはド素人だから教えていただかないとわからないの~☆

で、「じゃあ新採点になって不正は排除できましたか」という話ですが、とんでもねえことで、ジャッジが匿名になったり、謎の採点プログラムで集計したり、そのタッチパネルの操作に必死でジャッジがリンクを見ていない瞬間激増とか、ISU側の、判定のための演技のレビューがあの広いリンクに対してたったの一カ所からで、それでは何度再生したところで誤差出まくりだろうとか、「あー、なるほどね~」という意図がモロバレだとか、問題はかえって増えてしまっている状態ではないかと思います。

しかも、意味不明な採点をしろとISU自らがジャッジに強制をはじめてしまった。つまり、選手が要素を実施するとテクニカル陣営が技の難易度をコールしますよね。その内容に左右されずに出来栄えの評価をしなさい、というルールを作った。

これ、かなり異常な話ですよ。おかしいですよ。

「バナナの皮をむく」って乳児でもできますよね。でも「大根のかつらむき」は難度が高い。キムはバナナの皮をむいて銀河点を不正にもらい、真央は懐石フルコースを短時間に完璧に美味しく美しく並べたのに評価されない。

こういうことがずっと目の前で起き続けた。

人類の中でもっともマレー熊に近いことでおなじみのあのキムのほうが、全要素で浅田真央より上、と判定され続けた。えっ三回転ループも跳べないのに?ステップがどこではじまってどこで終わったかサッパリわからないのに?エッジエラーと回転不足と軌道がおかしいというミスがいつもつきまとうなんちゃってインチキジャンプなのに?そもそもかの松岡修造をして「キムさんの迫力はすごいんですよ!キムさんが滑るときだけ轟音を立てるんですよ!」とまともなスケーターなら死にも勝る恥辱を暴露されたあのガリゴリのきったねえ漕ぎ漕ぎスケートでなぜ高評価????

キムは特別難しいことを「していない」。回転不足でオッケーなら全員ルッツからの2連続3回転やりますよ。キムだけに与え続けられたジャンプ判定なら全員認定されますよ。

不公平で、不明瞭で、不誠実な「異常な採点」が継続し、誰も阻止しようとしなかった。

クーリック氏が夢見た「まともな採点」というのはいったいなんだったのか。

そもそも「まともな採点」をめざして新採点をはじめたのか? そこまでさかのぼって考えなければいけない異様な事態は現実に目の前で続いている。

フィギュアスケートといえば「不正の温床」「インチキ採点の代名詞」として定着し、マスコミによる徹底した嘘の捏造キャンペーンが日本のみならずアメリカでもEU圏でも行われた。いまだにキムのヒョーゲンリョクガーギジュツリョクガーとドヤ顔で言う人も実在する。いや、いてもいいんですけど、実際の演技とあまりにもかけはなれたドリーミングな感想はいかがなものかと思いますよ。

キムが世界一の美女に見え、キムが世界の頂点に立つ、難しくて美しくて素晴らしいことをしていると「思う」ことは自由ですけど、それに対する無残きわまりない「反証」が「本人の演技」なわけですから、事実の指摘をしていくと大変残念なことになるのは御愁傷さまでございます。

この試合でクーリック氏はじめテクニカル陣営の出した「難易度の判定」はそこそこ妥当なものだったかもしれない。

でも、「評価」はちゃんとしているのか? 今回の真央の高得点はその「基礎点」がもたらしたものです。難しいことをしているから、技の難易度のつみかさねであの点が出た。出来栄え評価は渋いまま。つまりジャッジは「真央を評価しない」。あいかわらずです。もとのままです。

なんでだよwww一番難しいことをめちゃくちゃ綺麗に表現しているのに「ジャッジは真央を評価しない」wwwwww

そして「真央に限っては」いつでも他の選手のメダルと得点の「調整」に使われる。

だってソチのフリーの点数の低さはあれはいったいなんなんだって話ですよ。真央のスコアだけふちゃぐちゃです。削りに削り、叩きに叩いて下げまくっている。

汚いスコアです。穢れたスコアです。ISUの汚さをそのまま反映した、まさに「不正の証拠は本人の演技」の頂点に立つべき物証です。

真央は、真央だけは「点を出さない」ことになってでもいるかのように、「意図」が反映されまくる。これも不正のひとつでしょう。

再三申し上げてきたように姐さんは浅田真央だけが勝てばいいとは一切思いませんし主張しません。不正採点は競技の未来を暗く閉ざし、全選手に迷惑だからやめるべきだと言っている。

不正の矢面にされたのが「日本人の浅田真央」で、味方であるべきスケ連からも背中から撃たれ続けた受難者です。だからこそ真央の演技を使い、キムの演技を使い、「これっておかしくないですか」と言い続けた。

なぜISUはただちに試合に導入できる「不正や間違いを防ぐための手立て」を講じないのだろう?

なぜ試合によって評価の基準が違う、なんて異常なことがまかり通っているのだろう?

なぜ採点に抗議してはならないというクソルールが明文化されているのだろう?

なぜ出した点数の説明が誰にもできないのだろう?

・・・けれどもその不満を偽金髪のクーリック氏が持っているなら。彼女が「あの」ドイツ人であり(そういえばIOC現会長もドイツ人でしたね)「不正を助長し続けた組織の重鎮」であることをさしひいても、共闘はできるのではないだろうか?

と、思いましたね。

目的はひとつです。ちゃんとした採点をしてもらう。

ならばどこかで手を結べる。

インタビューに行きたい、と思いますね。心あるマスコミ関係者はルールを作っている人たちに取材に行けばいいのにと思います。スケ連だって聞きたいだろうwww

マイナー競技なんですよね。サッカーや野球に比べてまず知識がある記者があまりにも少なすぎる。需要もない、と決めつけられている。勉強する気もそんな時間もない記者が「囲み取材」で「自称関係者」が言ったことをよく考えずに脊髄反射で自社の意見として流してしまう。スケ連に嫌みを言われたら謝るしかない。

「自称関係者」が実在するなら確実に林先生物件だし、競技の未来を暗く閉ざすもの、即ち「害毒」でしかないのにね。

で、で、納得できたわけではない。でも、アタマが誰かわかっているなら話は早い。ISUみたいな利権団体は完全にトップダウンの世界です。クーリック氏の意向「だけ」が最優先ではないのでしょうが、「上」もファンも望んでいることが一緒なら手は組める。

というか、そもそもフェアジャッジングムーブメントには「敵」はいません。全人類が仲間です。だってスポーツがフェアであって困るのは悪い企みがある人だけです。そんな人はフィギュアスケート関係者にはいないはずでしょう?なんでフェアに!というと「死ね」とか「迷惑」とか言われるのかわたしには全然わかりません。

「不正採点を続けろ」と主張する人の目的はなんなのか。

もうとっくに筋は見えていると思います。

このうねくねとした政治的かけひきとコネとえこひいきと利権の狂騒曲、やめにすればいいのになと思います。よくいつまでも嘘を通せるねwwwむしろすごいわww姐さんにはできねえわwwwww疲れてイヤになっちまうwww

点が出るたびにうーんうーんと思いながら、「それはないだろう」と苦しみながら、それでも敵は「構造」だけなのだ、不正の余地を排除「させない」仕組みがいけないのだ、と思いたい姐さんです。

まあ実際にはほんの数人の考えで「こうしましょ!」と決められているのでしょうけどね。

真央は基礎点で勝っている。評価「してもらえていない」わけです。これは辛い。キツイだろう。




荒川☆氏も「アタシの腰みのに注目してぇ~☆」と騒いでいないでリンクの保存問題とか選手への強化費の増額とか、後輩の育成のためにショーや試合への出場機会を奪わないとか、公人としての立場を考えてできるだけ失言をしないとか、いろいろ考えてほしいものです。
期待していますよ~酋長さん!______
老害たちがあなたの失脚を舌なめずりして待ち構えているのにファンの悪口を言って歩いてどうするのwwwwなんであたしたちに切れるのよwwwそこがもう「おかしい」のよwwww「アタイを馬鹿と思うんじゃないわよ!」って無理だっつーのwwだってあたしたちはあなたが実際にしていることで判断させていただくしかないんだから「ちゃんとしている」なら誰も何も言わないわよwwwww
「公人として出すお悔やみ」があの大惨事ってことはプライベートはさらに輪をかけてすさまじいってことよね____

で、アラカーさんだけが悪いわけでもダメなわけでも絶対になくて「構造」だよ「構造」と出発点をあらためて強く感じさせられた試合でした。

「ちゃんとしよう」という意志は感じられた。でも「じゃあどこに向かってそれを証明したいの?」は謎のままでした。




ふう、怒りをおさえて書くのってなかなか大変ね。自分でもスッキリしないけど、真央の復帰第一戦であるJOの感想を書いていくわね。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
JO2015 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2015/10/16 06:33
 | HOME |