シャンプーとオイル、櫛、美味しい京都の飴、もくもくホワイトセージ

姐さんの愛用品を教えてください、のお声にお応えして調子こいてみた記事です。スケート観戦の「お供」の記事。

この記事ではあんず油・ゆず油を使ったシャンプーとオイル、「みねばり」という木材の木曽の櫛、とっても美味しい京都の飴、そして石好きな人ならおなじみのホワイトセージの紹介をしています。

通販サイトのAamzonと楽天のアフィリエイトリンクが貼ってあります。そういうのはどうよと思われる方は、記事中の画像をクリックなさらずに別に商品名で検索をしてください。またお使いのブラウザのキャッシュをクリアしてください。お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。

そして各商品の購入者のレビューなどもあわせてご覧になってみてください。特に低い評価もよく読んでどういうところがマイナス面と受け取られたのかもチェックをしてくださいね。

 
続きを読む
あんたたちもっと健康になりなさいよ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/04/29 19:25

ISU、ルール変更を発表

国際スケート連盟(ISU)で今季の採点について発表がなされました。

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/news/2014/04/single-and-pair-skating


ロシアの報道では「ジャッジの匿名性は継続とISUが言ってるらしい」と。


28 апреля 22:45
Александр Лакерник: «Руководство ISU – за сохранение анонимности судейства»
http://www.sports.ru/others/figure-skating/1020176023.html

Председатель технического комитета ISU, вице-президент Федерации фигурного катания на коньках России (ФФКР) Александр Лакерник заявил, что руководство Международного союза конькобежцев (ISU) на данный момент выступает за сохранение анонимности судейства в фигурном катании

«Федерации пока смотрят по-разному на отмену анонимности, есть за, есть против. Руководство ISU на сегодняшний момент за сохранение анонимности. Конгресс еще не сегодня, а в июне, но сегодня я это от руководства ISU слышал. Решать будет голосование конгресса», – приводит слова Лакерника «Р-Спорт».

以下、Google翻訳 ↓

4月28日22時45分
Lakernikアレクサンダー: "マニュアルISU - 審判の匿名性を維持する」

ISUの技術委員会の委員長、ロシアのフィギュアスケート連盟の副会長( FFKR ) Lakernikアレクサンダーは、フィギュアスケートで判断の匿名性を維持することを支持して、現時点で国際スケート連盟( ISU )のリーダーシップと言った

連盟は匿名性の廃止で異なって見ながら」 、に対してあそこがあります。匿名性を維持するために、現時点でのISUのリーダーシップ。議会は、今日まだおらず、 6月には、今日、私は、ISUの指導から聞いた。議会が決定するために投票する」 - 引用さLakernik 「R-スポーツ」 。



ロシアは匿名性支持なんだー。そうだねえ、ソチ五輪があったもんねえ。



日本国内報道ではかなりざっくりとした一部分だけが見受けられます。


国際スケート連盟がルール変更を発表 踏み切り違反など厳格化
2014.4.29 00:34
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140429/oth14042900340001-n1.htm

国際スケート連盟(ISU)は28日、フィギュアのルール変更を発表し、ジャンプの明らかな踏み切り違反で基礎点を70%に減らすなど厳格化した採点方式を来季から適用することになった。ショートプログラム(SP)でジャンプが規定の回転数に足りない場合やSP、フリーで1回転半未満のジャンプは無得点となる。

3回転ルッツで踏み切り違反と判定された場合、今季は「6・0」だった基礎点が「4・2」に減らされる。踏み切り違反に回転不足が重なった場合は基礎点を半分にする新基準も採用された。今季の日本勢では男子の羽生結弦(ANA)がフリップ、女子の浅田真央(中京大)がルッツで踏み切り違反をとられた大会があった。(共同)


これから内容の確認ですが、アイスダンスもペアも当然変更があるわけで、読み込んでいかなきゃなと思っています。


日本スケート連盟(JSF)は翻訳をまだ載せていない。
http://skatingjapan.or.jp/

日本スケート連盟のISUテクニカルルールの日本語への移植では「誤訳があった」という衝撃的な事実もあり、内容の精度が問われますけど、姐さんISUの発表したコレをプロに頼んで訳してもらおうかなと思っています。
もちろん自分でも試みますが、一番気になっているジャッジの匿名性は死守しつつ、またしても改悪、またしても「意図」がありそうな変更なので、そのへんきちんと読み解かなきゃなと。

そもそも毎シーズン、ルールが変わるってほうがおかしくね?と思いますけどね。スケートに関してはなぜか毎年改悪が必須になってる。あ、改悪って決めつけたらいけないですね。何らかの目論見をあらかじめこめた変更、って言う方が政治的に正しいですかね。


人気ブログランキングへ
ISUの諸問題 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2014/04/29 17:44

「採点恭順派」はISUとJSFに不利な言動をなぜ繰り返すのか

※この記事の初出は2014/1/17です。

この記事では、キムだけが素晴らしい、キムこそがトップスケーター、と主張し、「高得点だから」自動的に「すごい」と頭に刷り込まれている人のことを便宜上、「採点恭順派」と記します。

また「ジャッジは絶対」「素人は黙ってろ」「スケート経験がない人間は採点について何も言う資格がない」と主張する人のことを便宜的に「採点恭順派」と記します。

この記事では国際スケート連盟をISU、日本スケート連盟をJSFと記載します。

採点恭順派は、ISUとJSFに対して「信用棄損罪」と「業務妨害罪」に該当する言動を繰り返しています。
彼ら・彼女らはISUとJSFから訴えられてもおかしくないです。


理由を書きます。


(1)ISUは各国スケート連盟を通じて試合の「テレビ放映権」を販売させ、売り上げを上納させている。つまりは「素人」にスケートを見てもらいたがっている。

テレビで放送を配信し、放映権料で稼ぐ。それはISUの意向でもあります。
視聴率は、一般聴衆者がその放送を見ることで上がります。
「素人は黙っていろ」という主張が正しいのなら、ISUは試合のテレビ放送を一切やめるべきです。
でも、どこの国でもテレビ局からの放映権料は大きな財源になっていますよね。
つまりはISUは「できるだけ大勢の素人に試合を見てもらいたい」んですよ。違いますか?

採点恭順派は、テレビでスケートの試合を見る視聴者の中にスケート経験者がいったい何人いると思っているのでしょうか?
素人の口出しをやめさせたいのであれば、採点恭順派はISUに対して「スケートの試合放映を一切やめろ」と言うべきです。「密室で採点をし、誰にも試合を見せるな」と言うべきです。そうしたら現金収入はたぶん一気に減りますが、あなた方が大嫌いな「素人」を排除できます。なぜISUに言わないのですか?


採点恭順派にとって理想的な「素人が口を出さない」状態というのは、テレビ放映がなく、完全な密室で、誰が何点とってどんな順位だったかも誰にもわからない世界です。
そのようなありかたをするスポーツは、果たして正常でしょうか?

採点恭順派は、巨額のスポンサー料金を支払い、テレビの放映権を買ったテレビ局や、長年にわたりJSFの公式スポンサーをしている企業さんに対し、「素人が口を出せない競技にする、すなわち密室で競技を行うが、カネだけはこれまで通り出せ」と言えるのでしょうか?

果たしてISUとJSFはこのような主張に賛同するでしょうか?



(2)採点恭順派は「素人は黙っていろ」という「スポーツ」ではありえない謎ルールを押し付けてくる。他ジャンルでなぜ同じことを主張してこないのか。

採点恭順派の皆さんは、阪神タイガースの試合があった日に大阪の道頓堀に行って「素人が野球に口を出すんじゃねえ!」とぜひ叫んでみてほしいです。
たぶんここを応援することが人生の一部になっている熱心な虎ファンから難詰されて袋叩きにあい、半殺しの目にあわされるだろうと思いますが、「素人が監督の采配に口出しするな!」と虎ファンに向かって言えないのであれば、フィギュアスケートで同じことを主張する権利はありません。

採点恭順派の皆さんは絶大な人気を誇る柏レイソルのホームグラウンド、日立柏サッカー場で柏レイソルの試合がある日に入場者に向かって「素人がサッカーに口出しするな!」と思いっきり叫んでみていただきたい。
「サッカーをしたこともないくせに、あれこれ言うんじゃねえ!」と怒鳴りつけ、何が起こるかを身を持って体験していただきたい。
それができないのならフィギュアスケートで同じことを主張する権利はありません。

採点恭順派の皆さんはテニスの聖地、有明テニスの森公園で繰り広げられる全日本テニス選手権の試合中に「素人のくせにあのラリーがすごいとかわかったような口をきくな!」と観客を脅してみてください。大声を出すと審判に退場させられてしまうので、まわりのテニスが大好きでずっと選手を応援してきた人に、ぜひささやきかけてみてください。
それができないのならフィギュアスケートで同じことを主張する権利はありません。

サッカー、野球、テニス、などなど、ジャンルは違えどスポーツならば観戦者全員が「その採点に意見する」権利を持っています。
「思ったことを言う」「どういう試合だったか感想を述べる」「採点に疑問を持つ」これを止める権利は誰にもありません。
なぜ採点恭順派はISUやJSFの「代弁者」「ででもあるかのような」言動を取るのですか?
何の権利があってその競技を楽しむ不特定多数の人の「考え」を統一しようとするのですか?
採点恭順派の思考とその結果による言動は残念ながら正常の範囲の閾値から大幅に逸脱しているように思えます。



(3)採点恭順派は「採点が正しい」という根拠を提示せず、犯罪行為で言論封殺にかかっている。

採点恭順派は全日本選手権、会場前入り口で盗撮し、それをネットにさらした上に「次回もやる」と犯行宣言をしています。わざわざ現地に足を運び、埼玉県迷惑防止条例違反と肖像権の侵害を犯し、民事告訴・刑事告訴の対象になる犯罪行為を行った上で「次回もやる」と宣言しました。

全日本選手権では男子シングルフリーのテクニカルなんちゃらの親と自称する人が、「採点は正しい!」とフェアジャッジバナーを持っていた人に食ってかかりました。

採点恭順派はネット上で明らかな「脅迫」を相手に向かって直接書き、すぐにそれを消す、という非道なこともしています。

そのため姐さんはTwittreでは自衛のためにこのような提案をしています。

・脅迫されたらすぐに画面キャプチャを取り、証拠を保全する。
・証拠を残したらすぐにRTなどで拡散し、できるだけ大勢に助けを求める。姐さんにすぐ報告。
・証拠があれば警察はすぐ動いてくれるので、居住地の警察に電話をして相談する。


「採点恭順派」は、普通にスケート観戦を楽しもうとする人の心身に明らかな害意を加えて危険にさらそうとしています。
このままでは「スケート観戦をすると脅される、怖い」「会場に行きたくない」という人も出てくるかもしれません。
試合のスポンサー料金はISUが吸い上げます。JSFに入る収入はチケット代金だけだ、という話も聞きました。
JSFは採点恭順派の行いにより減収となる可能性があります。

「採点恭順派」は「脅迫」「犯罪行為」などにより、チケットの売り上げを意図的に減らしている恐れがあります。また、スポーツにとって絶対的な前提である「公正さ」を主張「させまい」として、意図的に「不正である」ことを証明し続けています。
試合観戦に行く一般のファンに明確な害意を持ち、物理的な攻撃を加えてくる採点恭順派をISUとJSFは日本国憲法に基づいて「信用棄損罪」「業務妨害罪」で訴えてもいいと思います。



結論

フィギュアスケートの採点が正しいのなら、暴力行為に訴えるのではなく、正しいという事実を提示すべきです。
「公正な採点を求める声」を「暴力によって封殺」しようとし、結果的に「採点は公正ではないことを証明している」という事実に気づくべきです。


「採点がおかしい」と思った皆さんは、事実を調べ、具体的な問題点を指摘し、客観的事実に基づいて「不正採点」が行われていることを主張しています。
事実の根拠はISU自らが提供している公的な資料に基づくものがほとんどです。

なぜ採点恭順派は犯罪行為しかできないのでしょうか?

物証に基づいて冷静に事実を指摘している人間と、犯罪行為に手を染めながら「正しいから正しい」とだけ根拠なく繰り返す人間と、どちらが信用されますか?

採点恭順派は、自分たちの異常な言動のおかげでフィギュアスケートの採点正常化を願う人たちの輝きがいや増していることを知らずに、あえてアンチ活動をしているのだとしか思えません。
採点恭順派の異常性が際立っているおかげで、採点公正化を願う人の活動の正当性がますます際立っていると思います。

ですから採点恭順派にはご協力に感謝します、とお礼を言うべきかもしれませんね。ばーか、とは言わないで。あらオホホ。

かつて、工学実証衛星「はやぶさ」を運用し、見事に小惑星イトカワから微粒子を持ち帰るという人類初の大快挙を成し遂げた宇宙科学研究所では、プロジェクトマネージャーだった川口淳一郎先生の意向で、オーストラリアに落下してくる帰還カプセルの回収に際し、アメリカのNASAの科学者(非日本人)と、現地オーストラリアの科学者(非日本人)を回収メンバーに入れました。

極東の島国日本が回収に成功しても、日本人だけで行った場合、信用されないことだってあり得る。
だから他国、他組織の人に立ち会ってもらい、「日本は嘘いつわりなく、完璧に密閉された状態のまま、『はやぶさ』が持ち帰ったカプセルを正しく回収した」という証人になってもらう、という意図があったのです。

採点が公正であるならば、密室にする必要はありません。
どこの誰が見ても公正ですと、公正な理由はこれこれですと、堂々と説明すればいいだけです。


なぜISUは世界のスケートファンから寄せられる問い合わせを無視し続けるのですか?
なぜキムだけが異常なインフレーションを起こした、内容にまったくそぐわない高得点を得続けているのですか?

なぜ誰も論理的整合性をもってキムの異常な高得点を説明できないのですか?



スポーツとは、公正性が絶対的な前提条件であるべきだ。
フェアではない人間は、その競技に参加する資格はない。


この主張はすべてのスポーツに共通する「当たり前」のことです。
「全選手に公正な採点を!」という当たり前の前提条件を必死につぶそうとする理由がとても知りたいです。

公正な採点にされたら困るのは誰なんでしょう?


人気ブログランキングへ
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2014/04/29 16:24

浅田真央選手が表紙の『日本カメラ 2014年05月号』はがっかりな内容だった

あーーあ。がっかり。

書店で表紙を手にとって、中を立ち読みしたの。そして買うのをやめたわ。

日本カメラ

表紙も薄ぼやけた微妙な顔になってるし、なんなのこのカメラマン。
特集されている浅田の写真がどれもこれもなんとも「ひとりよがり」な感じで、へんなエフェクトと微妙なポーズ、そして良さをちっとも生かし切れていない感じで「三流ね」と思ったわ。どうしたいのよ?お芸術ねらい?完全に失敗してるわよ。報道写真としても微妙だし、こんな特集をさせてもらえるようなすごい人なの?それでこれ?

しかも「浅田真央の背後にべったりへばりついてこっちを見ている公式練習中のキム・ヨナ」の写真がわざわざ選ばれているの。キモ~。

きもい写真

※あんまりな図解に笑うところですwww引かないでそこ引かないでwwww

手前の浅田の体が運動選手らしくひきしまり、特に繊細でありながら力強い、惚れ惚れするような脚のラインがうっとりするくらい綺麗なのに、めっちゃ近くで浅田をマークしているキムの足は、背後にいるのにぶっとくて、肉がたるんでいるのがよくわかるの。ダルダルwwww

2-キモイ写真
※あんまりな図解にさらに笑いが起こると嬉しいですwww
同情するなら画力をくれwwwww

※薄れゆく記憶の中でも「とにかく太ももがヤバい」ことだけは必死に伝えようとしている姐さん老齢にもかかわらずがんばっているのであって_____

あと、キムの表情wwwwwアカンwwwww
お互いたぶんスッピンでボサ髪よね。だから対比がすごいのwww
カメラマン、キム上げ指定で泣く泣くコレを選んだのならお手柄かもね。
でも普通に見ている人は「なんでキム・ヨナ????」って疑問で頭がいっぱいになるでしょうね。

この写真を見て「何らかの意図」を感じるなってほうがおかしくない?

こんな殴り書きをするような人間に芸術性についてあれこれ言われたかねえでしょう、カメラマンさんもwwwですよね、ですよねーーーーー!!そこは詫びますごめんなさいwwwwでも買わない。

買いません。聞かれたら「ドイヒーと思った」と言います。中身がよければいっぱい買おうと思っていたのにがっかりです!

この雑誌、各社カメラメーカーさんの広告のインデックスがあるくらいだから、たぶんカメラ愛好家さんには有名なものなんでしょうけれど、被写体が浅田で結果がコレってどうなの?賞賛される出来栄えなの?

姐さんはご覧のとおり野蛮人なので理解できませんでした______

写真にお詳しい方にぜひ解説していただきたいわ。

なんだかよくわからないわ。かなりがっかり。あーあ。ほんとに残念だわ。


人気ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/04/27 12:17

「私生児は、認知してくれない”父親”のいる暮らしから」KOEEEEEE!!!!

お役人様ご乱心________

珈琲ふきました___美しい虹を見た________

きわもの としてのだだ滑り芸を極めつつあるこのお方_________

※以下、元安藤さんに美しい幻想というか追憶を抱いておいでの方は読むのをおやめくださいませwwww


2014/04/27 ききょうさん

厚労省・・・

世界禁煙デーのポスターにご登場のようです・・・

http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/dl/kinen14_01.pdf

(ttp://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/14.html)

厚労省にまで・・・
厚労省、大丈夫なのかしら・・・

大丈夫ではないと思います、ききょうさん!!!!!

ぎゃーーーーーーーー!!!!

あ、ミキムチです!キムチじゃありません!!!姐さんキムチのキモアヘ顔が出てくると思い込んで身構えてました。でもこっちもかなりの衝撃です!wwwwww

ええええええええええ いかなる闇がこういう事態を引き起こしたのでしょうかwwww
そしてなぜこの写真www


もしかして---------------------------------------------------------------

「煙草を吸うのは不良だ!倫理にもとる行動をするようになるよ!だからヤメロよwww」
「煙草を吸うとまともな判断力がなくなるよ!ホラこの人吸ってないけどまともじゃないよ!こうなる確率が上がるよ!怖いよ!禁煙しなよ!」

---------ここまでお役人の思考(※姐さんによるイタコアプローチ)----------

日本の国策としての国民の公衆衛生につきましては「アメリカの後追い」が非常に大きく、ひところ喧伝されました「健康日本21」もアメリカのキャンペーンのモロパクリ移植なんですよね。「21」とつくのは朝鮮系、というのは有名な話ですがこれは「日本が開発、朝鮮がモロパクリのジェネリック医薬品を」ということでは多分なくて、そもそもの生活スタイルを見直すことで、医療費をおさえてくれなさいという「21世紀」のことだったと思います。

わかりやすい図表や説明を続けて、けっこうな成果を上げたプロジェクト、それが「健康日本21」。

しかしコレはどうなんですかwwwwww


以下ミキムチの行動

「中出しセックスはぁはぁミキヘヴン状態_______カラダだけのつながりでもいい_____」→「案の定妊娠、まわりは真っ青」→「周囲は堕胎を~でもミキはさよならしなかった____神のごとき素晴らしい人格者であって_____」→「GPS、モロゾフがコーチをしてくれないからと巻き添えにしつつぶっち」→「私生児出産」→「ピコーン!これは飯の種になるお!」→「五輪シーズンの大事な時期に精通している年齢の全選手を父親候補の箱に強引に入れてマスコミに追いかけ回させてご満悦_____」→「南里や髙橋や小塚のことだったらいくら書いてもいいお!でも真壁のことだけは書くのを許さないお!」→「海外にスポンサー引き連れて試合に行って実況席にメディアの人間が座って『ミキティ、チャチャチャ』が世界に流れる」→「日本人ジャッジが私生児をあやし、顔が思いっきり映されるもここは 危 険 な 日 本 じゃないからパパラッチは怖くないのであって___」→「おまえら絶対アンチだろwwwと言われるほど足をもりもり引っ張っているファン()が免許がないのに旅行業者もどきの宣伝で姐さん心配_____」→「バナー販売、ミキムチを広告塔に商売商売」→「全日本になぜか選手数が少ない場所から出場」→「はーいカネ取りまーす、カネ取って見せまーす」→「ファン()が集結したかのように行列させる私生児商法炸裂」→

もう疲れたwww

※ほんの一部ですwwww

「チンクワンタに直訴」もあったな……。
「シングルマザーフェチ」の高須せんせをゲット!もあったな……。

この流れの中に「橋本聖子のえこひいき=トータルレディースなんちゃらでヘヴン状態!始まるよ~☆」と「橋本聖子の旦那の会社がらみの利権っすかwwwの記者会見にまさかのボディガード帯同」「しかも1円単位まで頭割りのいまどき貧乏な学生の合コンだってそこまでしねえよの 有 料 記 者 会 見」「日本は危険なので子供の名前も子供の父親の名前も公表しませんというインタビュー発言の 前 に ISUバイオグラフィーにHIMAWARI掲載、独占特番に出演、時空を超える女の名を欲しいままに_____子供の名前は通名であって_____」が入ってくるwwww
ガールズコレクションで公開処刑もwwww

書き出すだけで疲れるお!wwwww管理人さんたぶんヘトヘトだおwwwwww

安藤美姫のつぶやきや言動を考察するスレ @ ウィキ

そしてYes!だけでもUSGEEEEE!のに怪しい宗教、怪しい宗教団体、怪しい真壁、電通、電通、でんつっつーーーー!!!とバックのすごさが変態的!

ミキムチがかかわっているのならそれはブラック!のリトマス試験紙のような人!


厚生労働省さん!!!!タバコのネガティブキャンペーンをもくろまれたのなら、大成功です!「うわ喫煙マジやばい!」このイメージ操作、お見事です!wwwwww

それとも「厚生労働省ふざけんなwwwwそんなら今日から喫煙したるわ」ってちょっと思ったりもしたので、これは巧妙なステマっすか!wwwwww

大変恐れ入りますが、各国在住の皆さまは「世界禁煙デー」をそちらの言葉でググっていただいて、他国ではどんな方が起用されているのか教えていただけませんでしょうか?

いや「コレでいいんすか?」という疑問しかわいてきませんのでwwwww

日本の情報はこちらになります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/

ヤバイ!怖い!どんな利権の闇がからんでいるのかしらwwwwwwwwwww

「ひまわり(通名)の父親になってもいい」と言ってくれたのがこの世でただひとり、フモフモ編集長さん「だけ」だっつーのがまた何とも言えないwwwwネタでブロガーに指名されるミキムチまじヤバイ__________


人気ブログランキングへ
元・安藤美姫 | コメント(48) | トラックバック(0) | 2014/04/27 12:00

キム・ヨナの銀不服、韓国が正式提訴

どうよこの行動。さすがお困りの国だわ。


キム・ヨナの銀不服、韓国が正式提訴「最終目標はソトニコワと並ぶ金メダル」―韓国メディア
配信日時:2014年4月15日 23時28分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=86613

2014年4月15日、騰訊によると、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子で、韓国のキム・ヨナが銀メダルに終わったことを不服として、韓国はこのほど国際スケート連盟(ISU)の懲戒委員会に提訴した。

韓国メディアによると、韓国スケート連盟関係者は10日「われわれと大韓体育会は誤審にかかわった責任者の懲戒処分に向けて提訴した」と語った。提訴文書は電子メール、ファクス、国際宅配便の3通りで行ったという。提訴はソチ五輪終了後60日以内に行うよう求められており、4月22日が期限だった。韓国メディアは「提訴の最終目標はロシアのソトニコワと並んで金メダルを受け取ること」などと伝えている。

一方、韓国ではキム・ヨナの熱狂的なファンがソウル市内で抗議集会を開催。「キム・ヨナ事件は五輪史上最もひどいスキャンダルだ」、「韓国スケート連盟に代わって抗議する」などと訴えていた。(翻訳・編集/AA)



ふざけてるわよね~姐さんも銀は不服よ!だって「失格」が妥当だもの!
「ソトニコワと並ぶ金メダル」だって。真っ先に「んまっ!なんて汚らわしいんでしょ!」と思ったわ。笑止千万。画像を見るだけで不愉快だわ。何この溺死体。真剣勝負のさいちゅうの「運動選手」の動きじゃないわよ。気持ち悪い。生物としてもっとも輝くはずの真剣勝負のさいちゅうにこのかっこう。やっぱりウリジナルの病身舞なのね。生命体として正しくない動作なんだわ。

姐さん最近、その道のプロに「体の動かし方」を教わりに行ってるけど、知れば知るほどウンコロボッチちゃんの動きってダメすぎるとしみじみ思う。このへんは後でまとめて記事にします。何がどうダメなのかきっちり書いておかなきゃだもの。

んで文書の送付方法は3種類だったかもしれないけど、抗議はメール、ファックス、国際宅配便に加えて「電話」「対面」もあったんでしょうね。韓国人ジャッジや韓国スケ連の中の人、そして当の韓国人選手は「ウリたちはジャッジに愛されてるニダウエーッハッハッハ」って普段から大威張りしてたもの。
ウンコロボッチちゃんに至ってはIOC会長と「親しく密談」ですもんね。おえーーーーー。

そりゃ韓国人は大いに火病を起こすでしょうよ、ビットに並ぶ2連覇2連覇ウェーッハッハってもうすっかり買った勝ったつもりになってたんだもの。

だってね。
フィギュアスケート分析ノートの熊子さんがお作りになったこの図が「ISU、めっちゃ仕事しましたん☆」の証拠ですもの。

201404251039228ae.jpg

実績点→いや四年間試合にまったく出てないんですが。ミニマムポイント獲得のためのお買い上げ国際B級大会とお買い上げナショナルで五輪に出てPCSさくっともらってるんですがそれはwww

実績点→実績では完全に同等のはずの前回の五輪メダリストの浅田がなぜか同等のPCSもらってないんですがそれはwww

演技が年々うまくなった→いや「本人の演技」っつー何よりも確実な物証が残ってますがそれはwww

ヨンよやパンくず配りあるいた連覇確実 癇癪起こす!


実は月刊誌『WiLL6月号』にはこの図が掲載されていないんです。なんでここを落とすかな~という肝心かなめの図だったんですが・・・『WiLL4月号』にまずIOC会長トーマス・バッハと韓国のアレレなつながりを詳述した記事がのり、5月号向けに「採点のおかしさ」を詳述した記事の掲載に向けて真嶋さん熊子さんもチーム公正の有志の皆さんも本当にご尽力くださったのですが、いったんは見送られてしまった。

5月号にボツになった原稿に加筆・修正したものを持ち込んで、編集部のほうで削った結果が、今回掲載されたものです。

もしも反響が大きければ、もしも「スケートの採点についての記事は売れる」と編集サイドが判断したら、さらなる掲載が増ページと共になされるかもしれません。
五輪から日がたてばたつほど、鮮度の問題も出てきます。記事の内容がタイムリーかどうかって非常にシビアに判断されます。ことに今はいろいろアレですからよくこの記事が載ったなあ、それだけ内容が重いものだったとわかっていただけたんだと思います。

姐さんはこの「韓国によって仕組まれた五輪ビジネスの闇」は、同時に<日本を弱体化する行動>だったと思っています。ノウハウを蓄えた韓国はもっともっと巧妙(なつもりwww)な罠をあちこちにしかけてくるでしょう。
でも、浅はかなのでバレバレです。

ようするに「事実」をちゃんと見て行けばだまされることはないわけです。

マスメディアがウンコロボッチちゃんをアゲアゲで絶賛しまくっていたときだって、「いや何言ってんのおまえら」と思っていた人はたくさんいました。それは「不正の証拠は本人の演技」だったからです。

キム・ヨナはすごいぞキャンペーンが韓国で、日本で、そして世界で展開されていたこの事実を、皆さんは苦渋の涙と共に骨身に沁みて知りましたよね。それはそれは酷く苛烈な生地獄の苦しみをずっと味わっていたと思います。

こういうことだったんです。こういうことが、堂々と行われ、ファンによる抗議は黙殺され、選手は翻弄されてきたんです。

なんかおかしくね?黙ってたらもっとずっとひどくなるんじゃね?

そう思える人は幸いです。きっとスケートの不正採点をフックにして「世の光」とはなんなのか、そしてそれに対抗して「自分の思い」「自分の誇り」を守るためにはどうしたらいいのかを、学ばれただろうからです。

6月号で「物足りない」「ここを書いて」と思われた方はぜひ、ご意見を編集サイドにお伝えいただければと思います。


「ISUの懲戒委員会」。
何を、誰を、どういう根拠でもって<懲戒>するんでしょうか。

姐さんは今までの「キム・ヨナは三流選手」の証拠をぼちぼちと各国スケ連およびISUにメールし続けています。
この際、ネットのWeb翻訳でぜんぜんいいや。何なら日本語で送ったっていいやくらいの勢いで。

でも、一番送っているのはロシアスケ連です。

ネット翻訳のロシア語はどうも精度がいまいちっぽいので、できるだけ簡単な英語にして、「キムは銀メダルっつーのがそもそもおかしい」と伝えています。

泥試合、しかし「予定調和」になるんでしょうね。

ソルトレイクの「不祥事」だってアメリカとカナダのマスコミがものすごい勢いでロシアのネガティブキャンペーンを行って、結果、「採点を覆す」非常事態になりました。この「不祥事」を受けて新採点が始まりましたが、新採点の運用上の欠陥はもはや誰の目にも明らかですし、ソチ五輪の「不祥事」を受けて、フィギュアスケートは大幅なシステム変更がなされるのでしょう。

そしてもっとずっと腐敗していくのでしょう。

すでに「団体戦」などというたわけた仕組みが実施され、ショートプログラムの廃止、試合日の調整などいろいろと漏れ聞こえてくる「案」が「こらアカン」になっています。

金儲け。これをメインにした<(自称)改革>がなされていくのは必須でしょう。

チンクワンタを解任しても、システムを運用する人間が不正を成さないための構造がない限り、同じことが起こるでしょう。

浅田真央、魂の演技をして「あの点」です。「あんな点」しか出ない、出させないのが今のISUなんですよ。

フィギュアスケートに未来はあるのか。あるとしたら誰によるどのような思いと行動によって命を保たれていくのか。
やはり、ひとりひとりの行動が問われていると思います。

孤立して、苦しんで、嘆いている「だけ」では、ただ「ひとりぼっちで苦しんでいる」だけです。同じような思いを抱え、何かしたい、どうにかしたいと思っている人と手をつなぎ、抵抗していく。
敗者というのは、何かに負けた人のことを言うのではありません。失意や恐怖に打ちのめされたまま、立ち上がらなかった人のことを言います。姐さんは何もできないかもしれないけれど、でも、自分にできることをしたかった。黙ってうなだれているのはイヤだった。

だから今も行動を続けています。それを誰がどう評価しようと構わない。むしろ評価してもらおうなんて思わない。

自分が納得できないから。それだけです。

逆に日本人はバンクーバーで金メダルを盗まれたときに、街頭デモなり正式抗議なり署名活動なりをすべきでした。今回どうように「完全な証拠」があったにも関わらず、やらなかったから今があります。

方法と手段は選ぶべきです。でも、黙っていることは相手に賛同したのと同じです。黙っていたら相手は勝手に<あなた>を賛同者にカウントします。

じゃあ逆にキムが銀メダルは妥当ですか?姐さんはそうは思わない。だから「キムは失格が妥当」と言い続けます。



人気ブログランキングへ
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2014/04/27 11:16

堀口珈琲店さんと水、歯磨き、歯ブラシ、石鹸

この記事はちょっともじもじしながらのアップです。

というのは、スケートにまつわるお話といえばいえますが、正確には「スケートのお供」の話なのであまりご興味のない方はスルーしていただけるとありがたいです。

よくお問い合わせをいただく「イイ商品って何かございませんこと?」にお応えする意味で、姐さんが実際に何年も愛用しちょります「珈琲豆」「水」「歯磨き」「歯ブラシ」「石鹸」の紹介をしています。

記事の中で紹介している商品リンクはみんな大好きAmazonと楽天という通販サイトのアフィリエイトリンクになっています。そういうのはどうよと思われる方はお手数ですが商品リンクからではなくて直接Amazonや楽天で検索をかけてみてください。そしてそれぞれのページの商品レビューも併せてご覧になって参考になさっていただければと思います。

きゃ~!堀口珈琲店さ~ん!許可をいただいたからまた感想つけるわよ~!


< 長 文 注 意 >


続きを読む
あんたたちもっと健康になりなさいよ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/04/27 03:41

ウロコのつぶやきさんによる「髙橋大輔評」

虹川章(ウロ子)さんがご指摘の「ボブスレー」についてはわかりません。知識が全然ないからです。バンクーバーで死者が出てしまったことと、ソチで見たヘルメット?の図柄の凄さに驚いたことと、恐ろしすぎて「やってみたい」とすら思わないけど、たまたま中継を見ていたらかなり面白かったことくらい、で姐さんが持っているボブスレーのすべてです。

しかし、稀代の名選手、前人未到の領域にずいぶん前から存在し続けた「髙橋大輔」と彼を取り巻く昨今の環境についてならわかります。

手が回らないのでこのブログでは触れていませんが、男子シングル、ペア、アイスダンスについても書きたいことは山のようにあります。

その中で100パーセント、一言一句たがわずに同意できた記事がこちらでした。

「ありがとう高橋大輔、そしてさよならフィギュアスケート」 



姐さんはこう思います。

× フィギュアスケートの採点は難しい
○ フィギュアスケートの採点はデタラメな点が出るのでわけがわからない

結局、勝たせたい選手を勝たせることができる仕組み、負けにしたい選手を負けさせることができる仕組みが前提の競技だからおかしなことになるわけです。こんなのスポーツではないですよ。

ルールを説明できない「実況」、「体がよく動いていますね」「表情にもご注目ください」というだけの何の役にも立たない「解説」がお得意な元選手、新聞、雑誌、テレビを駆使しての日本とは無関係なはずの特定の外国人だけをアゲアゲにする「報道」、そもそもの採点が「選手によって基準が変わる」んですから、もう何もかもがめちゃくちゃです。

男子シングルもややこしく面倒でヤバイことになっています。それはずっと前からです。

なんでこうスキッとしないんだろう。もはやスポーツでは全然ないじゃん!と女子シングルスの採点を2007年くらいから思い続けてどうですかもう2014年ですよ。日に日にひどくなるばかりです。男子だっておかしかった。今もおかしい、と思います。

髙橋大輔、という空前絶後の名選手をして失意や悲しみを感じながらの進退になろうとは。

「髙橋大輔」であることをあんなに極めた人が、自らの本当の素晴らしさを否定したり、絶望したり、悲嘆にくれるようなことがあっていいはずがありません。まして疑問に感じるようなことは。

彼は間違いなくフィギュアスケートの世界で「髙橋大輔」というまったく新しい一大ジャンルを切り開き、そして他の追随を許さない孤高の頂点に立っています。この先百年たったって、このジャンルで頂点を極められる人は皆無です。圧倒的力量でもって世界で屹立している選手です。

世界のてっぺんにいる人は、世界のてっぺんの歓喜と、そして孤独を感じるでしょう。
そういうときこそファンは、励まし、支え、力になってあげるべきです。姐さんは遠くから祈ることしかできませんが、どうかこの偉大な人物が、天によって定められた「人前で踊り狂い、そして人々を魅了する」という天命を疑うことなきように、と願っています。

コーリング、という単語があります。天命、召名、神によって定められた一生の職業、というような意味があるそうですが、髙橋大輔という人は「呼ばれた」人だと思います。天によってリンクに招かれてしまった人。でなかったら幾多のトラブルや、尋常ではない大怪我からかくも鮮やかに繰り返し、蘇り続けることはできないでしょう。想像を絶する努力の果ての栄誉です。けれども同じように必死の努力を続けてもそれが成果にならないまま、消えていく人はたくさんいる。やはり「何か」が加味されて「リンクにいなさい」と宿命づけられてでもいるかのように、戻り、戻り、戻り続けてくれた髙橋選手。これは並大抵のことではありません。

たぶん呼ばれちゃったんです。天に。

もうあきらめてガンガン輝いていただきたいです。誰にも遠慮はいりません。「髙橋大輔」の素晴らしさをリンクにぶっこんでいただきたい。これでもか、って勢いで。

振り付けにもなかなかの腕をお持ちです。全日本で彼の振り付けをこなした選手もいました。良かったです。コーチもきっとできるでしょう。優しい人です。根っから他人を思いやる気持ちの優しさがある人です。だから人間たちのあいだでも働くことはできるでしょう。

しかし「髙橋大輔」が極めた世界を、表現者として見せてほしい。それこそが本人と彼を愛する、「髙橋大輔の真実」を愛する人の爆発的な歓喜につながっていると思います。

それが「呼ばれた」人の幸せです。たぶんそれ以外に真実の歓喜はないのでは。姐さんはそう思います。

天と地とをつなぎ、神の領域に「人間」が到達できると示すこと。それは誰にでもできることではないんです。そんなおそろしいことをおそろしい精度で実行し続けてきた名選手。

この人もまた人類の底上げに尽力してくれたんです。本人の自覚の有無とは別に、単なる事実として。

姐さんは祈ります、どうかわれわれから「髙橋大輔」を奪わないでいただきたい。切実にそう願います。アマであろうと、プロであろうと、われわれには「髙橋大輔」が必要です。

そしてこのような幾多の実績を重ね、広くフィギュアスケートの普及に役立ち、たくさんの名誉と栄光を日本にもたらし続けてくれた名選手を大切にし、感謝と慰労で報うことができないのならば、それは所属団体である日本スケート連盟が異常ですし、態度を改めるべきです、絶対に。

姐さんは地方のスケート連盟のお話も皆さんからときどきお寄せいただいて拝見しているのですが、現場でがんばっている人たちに比べて「日本スケート連盟」のやらずぶったくりぶり、ただただ暴利をむさぼろうという姿勢は本当に正気の沙汰ではないと思います。

しかも本当にダメなのは一握りの人間です。

なんで頭のおかしい人がはばをきかせてのし歩いているんだろう。たとえばあの人やあの人。人間としてクズで組織人としてダメな人。

いいやそんなことはない、腐ってなどいないと主張するなら、清廉で潔白で「選手第一」な姿勢を見せてくれなければ、誰も信用しないでしょう。ちゃんとしてくださいよ。

自浄作用がない組織は、外からの改革が必然です。もういい加減、手荒い外科手術が必要なんじゃないですか?この腐った団体には。

「ありがとう高橋大輔、そしてさよならフィギュアスケート」 



人気ブログランキングへ
高橋大輔 | コメント(23) | トラックバック(0) | 2014/04/25 09:42

フィギュアスケーターが戦ってきたもの(2chの書き込みより)

転載禁止は無効っつー新婚のひろゆき大先生(おめでとうございます!)のお言葉アリ、と解釈してぺたりぺたり。
フィギュアスケーターが戦ってきたものまとめざんす。


22 :名無しさん@恐縮です:2010/02/10(水) 12:41:13 ID:Cjr8WzcW0
 朝鮮人のフィギュア界工作歴史
       ↓
・2005GPF(浅田優勝)、06トリノ五輪(荒川優勝)>日本フィギュアブーム
       ↓
・2006トリノ五輪(聖火ランナーにキムヨナ抜擢)、売国朝日が元ISU副会長
 久松更迭スクープ。
       ↓
・日本フィギュア界のISU地位低下&ISU韓国人理事ミョンヒが
 アジア最大権力者に就任。
       ↓
・ISU理事ミョンヒ(アジアスケ連会長当選)、フィギュア大会に八百長を持ち込む。
       ↓
・ショートトラック世界選手権、五輪スポンサーなどサムソンがフィギュアに介入(中国杯など)。
       ↓
・2007ワールド直前に時期開催国カナダからコーチ召集、国際スケート連盟のフィギュア
 最大権力者はカナダ人ドーレが掌握。カナダと韓国が日本女子狙いのルール改正開始。
       ↓
・安藤&浅田のセカンド3Lo狙い、キムヨナLipは2シーズン黙認。キムヨナDGジャンプも顔芸で爆上げ。
       ↓
・キムヨナ所属IB事務所は電通と契約。電通と契約しなかった浅田と安藤がバッシング報道される。
       ↓
・キムヨナスポンサー(国民銀行)がGPS大会の成績に連動した金融商品発売。
 韓国資金がミョンヒ通じてISUインサイダー工作。これがキム八百長の仕組み。

23 :名無しさん@恐縮です:2010/02/10(水) 12:42:01 ID:Cjr8WzcW0
>>22続き
       ↓
・2009ワールド直前、韓国SBSが日本女子による進路妨害報道(捏造心理戦)。
 読売(日本テレビ系)が第一報スクープ。日テレ社内の韓国SBSが意図的にリーク工作。
       ↓
・2009ワールドでキム八百長優勝、大会後恒例のパーティ急遽中止。
       ↓
・2009ワールド後、韓国ミョンヒが会長勤めるアジアスケート連盟HP閉鎖(逃亡)。
       ↓
・キムヨナスポンサーで現代出身のイミョンバクがサムソン会長を釈放。五輪八百長に向けて
       ↓
 犯罪者を政治利用、手段を選ばない韓国人。
       ↓
・キムに投資した韓国関係者が自治体と組んでスケート施設投資。韓国ミョンヒ理事の
 最大の野望、韓国史上初冬季五輪の為、キムを最大限に利用。
       ↓
・キムヨナ、電通、ミョンヒ>ISUフィギュア汚染の原因。
       ↓
・日韓WC買収4強>権力(モンジュン)、モレノ(審判買収)、キーセン接待(役員買収)
 雇われ外人コーチ(ヒディンク)、現代(買収資金)。
       ↓
・バンクーバー五輪>権力(ミョンヒ)、ISU審判(韓国で今年審判講習会・買収済み)、
 サムソン会長(犯罪者釈放・五輪スポンサー&カナダCBC株主)、現代(大統領、MJ支援)、
 雇われ外人コーチ(カナダ人オーサー)、アメリカNBC(韓国SBS提携)
 日本メディア(電通工作で批判を封じ込める)・・
       ↓
・キム八百長五輪優勝シナリオ=バンクーバープロジェクト。
 現地でメディアデー&聖火ランナーでカナダの養女を演出。

採点競技に八百長を持ち込むキムヨナ。朝鮮人は恥知らず。
24 :名無しさん@恐縮です:2010/02/10(水) 14:08:14 ID:Cjr8WzcW0
韓国スケ連会長ミョンヒが長野五輪視察>韓国冬季五輪誘致開始。
   ↓
2010冬季五輪に韓国平昌立候補。現代建設中心に用地買収など進む。
   ↓
2010冬季五輪平昌落選、カナダに決定。
   ↓
ISU理事会役員&アジアスケ連会長に韓国人ミョンヒ就任。
   ↓
ISUカナダ人副会長ドーレと徒党を組むミョンヒ。2014年冬季五輪を
目指すも韓国平昌再落選。現代が投資した五輪用地が塩漬け。
   ↓
キムヨナスポンサーで現代建設出身イミョンバクが2018冬季五輪を
目指し、キムヨナブームとISUを見方に付け、現代建設主導による
冬季五輪建設バブルを梃入れ。サムソン会長釈放、キムヨナ支援に乗り出す。
   ↓
五輪建設バブルやミョンヒ理事の関連企業など様々な利権がキムヨナ八百長に
絡んでいる。ISUカナダ人副会長ドーレが韓国ミョンヒと徒党を組むのも
時期ISU会長選挙対策。キム八百長を支援してISU時期会長に就任する
のがカナダ人ドーレの狙い。韓国とカナダを中心としてフィギュア界が腐敗する。


わたしたちがしなければならないのは、「○年」の項目をさらに細かく埋めていくことでしょう。
そしてそれをとりあえずは英訳し世界に向けて問うことでしょう。

各国スケ連は「この事実」を知っているはずです。知っていておそらくは「それならウチも」と身を乗り出すフィンランドやイタリアや、アメリカ、ロシア、っつーことになっているはず。

不正が横行している中で清く身を持し闘うことが、選手の失望と徒労感を増長させて、競技全体をダメにすることなど、誰の目にも明らかな今、

では、日本は?


人気ブログランキングへ
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/04/22 06:39

ソチ五輪収支、8億ルーブルの黒字



ソチ五輪収支、8億ルーブルの黒字

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_17/271306560/

コザク副首相


コザク副首相は16日の会見で「組織委の手にした支出に対する収入の超過分は8億ルーブルだった。目覚ましい好結果だ。ここ10年、五輪で黒字が出ることはなかった」と述べた。
収入がどこへ回されるかは未定。ともかくスポーツ部門に回されることは確定だ。



ロシアでは過去にロシアスケート連盟幹部が「私欲をむさぼっている」とプルシェンコがプーチンに直訴して幹部が更迭されるというトラブルがありましたね。ロシアスケ連がプルシェンコがショーに出たからISU公式試合出場不可とした事件もありました。プルがショーに出たのだって生活のためだったつーの!「選手にはカネが回ってこない!どこに消えるんだよ!」と言っていたプルはプルで提訴しかえすという泥試合、結局「五輪4大会連続出場、そのすべてでメダリスト」という大偉業を達成するわけですが、個人戦の棄権ではロシア国内でも相当バッシングされてましたよね。
いかに強面とはいえ、タラソワやミーシンの日常はリアルに「サバイバル」だったろうと思います。

ロシア五輪委員会はソチ五輪開催前に担当者が私腹を肥やしたとしてこれまた更迭。

動くカネが大きいだけに金銭がらみの問題が表に出てこないだけでも相当あると思います。利益は「スポーツ部門に回される」とありますがさていかがあいなりましょうか。


人気ブログランキングへ
ソチ五輪の対策・暗黒撃退用 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/04/22 06:33

ご意見募集フジテレビ「ワンダフルライフ」佐藤信夫コーチの回

追記
ぴよぴよ党」の俺たちのぴよさんが素晴らしい記事をアップなさっています。
Wonderful Life  佐藤信夫コーチ

そちらもぜひご覧ください!号泣注意!!!!


皆さんはフジテレビの新番組「ワンダフルライフ」をご覧になったでしょうか。
第一回目ゲストが佐藤信夫コーチ、という番組づくり。

「あの」フジテレビですよ。蛇蝎のごとく忌み嫌われ、と表現したらヘビとサソリにお詫びしなければならないほどの「ウジテレビ」と呼ばれる前科持ちのこの局で、いったいどんな番組が作られていたのでしょう。

ご覧になった皆さん、お手数ですがぜひ「ご感想」と「ご要望」をお寄せください。

具体的なよかった点、物足りなかった点、改善希望点、間違いがあれば訂正、あるいは番組スタッフへの思いなどなど。

この記事へのコメントへは、できれば年齢、性別、どなたと見たか、そしてなぜ見ようと思ったのか、など簡単でけっこうですので「どんな立場でご覧になったのか」もあわせてお寄せいただければ幸いです。

スノウさんからはこんなご意見をいただきました。


14/04/21 スノウさん

(※ここでは別記事へのコメント部分は割愛させていただきます。ご容赦ください)

ところで、昨晩の佐藤信夫コーチの番組は、本当の関係者しか出演せず、大変見応えがありました。松村充さんダンディーで素敵だし。

中でも、ニワカの私に衝撃的だったのは、動くいや、オリンピックで演技する信夫コーチを見られた事です。
そして、当時のジャッジが氷上で審査し、結果を一人一人が、築地の競りのごとく?札を掲げて示していたこと!

足元よく見えてたろうなあ。だれがどんな点出したか一発で分かったんだなあ。と、思いました。


いかがでしたか?率直なご意見をぜひ!お願い致します。


人気ブログランキングへ
佐藤信夫先生 | コメント(59) | トラックバック(0) | 2014/04/21 21:49

採点恭順派が見落としていること~「浅田真央試論」さんのご紹介~

昨日、ひとつのブログを教えていただきました。

淡々と、静謐な印象すらある筆致で「浅田真央を応援する」記事をアップされていらっしゃいます。

試合における画像解析の問題点、テレビ番組の感想、試合観戦などの記事のひとつひとつになるほど、と首肯させられつつ、「浅田真央」を見るときの、そして「フィギュアスケートの採点」に向かうときの立ち位置に思いを馳せつつ拝見しました。

姐さんはいつも言います、ニワカかそうでないかは関係ない、ニワカかどうかを決めることは誰にも出来ない。

姐さんは尋ねられれば「稲田悦子先生の現役時代を知らない者は全員ニワカ」だと言います。そのくらい意味がないと思う。いつ、どのタイミングでフィギュアスケートを愛するようになったのか、時期的な長短は必ずあります。でも、そこにどのくらい意味をおき、どれほどの「思いの深さ」でスケートを見るかは、観戦開始時期とは無関係。

今日、スケートを好きになった。そんな人を姐さんは祝福します。これからいくらでも素晴らしい演技を知ることができ、過去の名演技、名選手を無限に知っていく喜びがあるからです。同時に「同時代でそれを見ること」「リアルタイムで経験すること」が永遠にかなわないことを、その人のために悲しみます。


「浅田真央」という選手は、「同時代に生きていること」を最高に感謝された伝説のスケーターです。


採点恭順派の持論のひとつ「素人は黙っていろ」「ニワカは口を出すな」は、彼らの思考の堂々巡りぶりをあまりにもあからさまに露呈させている破綻した主張です。
彼らは「具体的な根拠」を出して採点の正しさを証明できたことがありません。「玄人の言うことだから正しい」というのは、「姐さんが言うことだから正しい」と同じレベルで陳腐極まりない誤りです。これは正しくありません。

おまけにジャッジもミスをします。そもそも恣意的なジャッジの主観で採点がなされている以上、ジャッジが「主観で」プラス3からマイナス3をつけている以上、「正しい採点」など存在しないと言い切ることすらできるのです。

そして採点恭順派の致命的なミスは、「フィギュアスケート観戦において”ニワカ”が存在するとしても、”その人の人生”においてのニワカはどこにも存在しない」ということです。

「採点がおかしい」と言うからには、その人が生きてくる上で培っていた、人格、識見、知識、教養、判断、思い、気持ちのすべてを賭けて「自分の人生」から出た言葉で、その重さを背負った上でひとりひとりが発言します。そこにはニワカは存在しません。

「採点がおかしい」と言うからにはその人なりの根拠があり、主張に見合った事実があります。「自分の人生のプロ」である大勢の人の口からコレが出る。多角的に、多種多様に、それぞれの人生のプロが見たときにやっぱり「採点はおかしい」のです。

ここで言う”ニワカ”の内容が異なること、階層が異なるクラスでの区分であることを、採点恭順派は理解しません。

それぞれの生きてきた時間の中で「見た」ことに対して、世界中でこれほど多くの異論が実際に出ていること、五輪だけとってみても8年前から「採点がおかしい」と言われ続けていることは、「素人は黙っていろ」などという野蛮きわまりない暴論で封殺できるものではありません。看過せずに対応すべき緊急時であると思います。

昔からおかしかったのです。政治がもろにからみあう、狭い世界でのもめごとです。

でも、それはスポーツとしては決して正しくありません。



昨日教えていただいた素晴らしいブログを、姐さんのブログで紹介することは、あるいはブログ主さんにとっては不本意なことかもしれません。もしかしたら迷惑をかけることになるかもしれません。

でも、姐さんはこの記事のひとつひとつにこめられた「思い」の深さと確かさに、そして「わたしはこう思う」という持論を冷静に丁寧に事実に即して書き続けているこの方の「浅田真央を応援する」という意志に深く心を打たれました。

「静かな水は深い」と言います。この果てしなく深い思考から紡がれる文章に感動しました。

素晴らしいと思いました。世界に向けて公開なさっているのなら、「一緒に浅田選手を応援しましょう」と同時に「あなたのお考えに敬服します。共感と賛意を表します」と言うことも、許されるのではないでしょうか。

プロフィールを拝見すると「出来れば古い記事から読んで貰えるとありがたいです。」とだけ書かれています。

皆さんも「出来れば古い記事から読んで」いただけますでしょうか。


追記・・・これは撤回されていますね。好きなところから読んでいいそうです。


ひとりが示す「わたしはこう思う」はこれほどに威あり力ありて人の心を激しく打ちます。

もっとブログが増えればいいのに!<あなた>の思いを皆さんにシェアしてくださればいいのに!
嘘のない、真実の言葉、心から出たまことの言葉はどこまでも遠く、広く、深く人の間に浸透します。


浅田真央試論



人気ブログランキングへ
ISUの諸問題 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/04/21 16:48

IOC「ゴキゲンな"It's Yuna Time"が始まるよー! (ゝω・)v」→結果、モーセ☆降臨

いやもう何に驚いたってソチ五輪、IOCが公式サイトで「ヒャッハー!”ユナ様の時間”だぜ~」と皮ジャン・鋲つきベルトに肩パッド装着で大型バイクに乗ってのぼり旗を押し立てて浮かれていたことですよね。背筋がゾッとしました。何これめっちゃ恥ずかしいwwwwwwwww

ふざけるなIOC「It's Yuna time!」でも取り上げましたが五輪直前にコレですよ。



IOC「ヒャッハー!”ユナ様の時間”だぜー!」

↓ 結果

モ ー セ 降 臨

9b32554b-s.jpg


他 選 手 か ら の ガ ン 無 視


ぼっち界最強の絶対王者ぶりをほしいままにする ぼ っ ち



得意の「エア談笑」を存分に発揮できる周囲にできた 広 い ス ペ ー ス
0ffcd3b1-s.jpg
※韓国の報道ですwwww


惨 め す ぎ る カ ネ ネ ダ リ ス ト
6ef93485-s.jpg
※韓国の報道ですwwww


誰からも敬意を持って扱われないせいですかwwww この 恨 み が ま し い 目 つ き
キモっ!ごめんキモっ!wwwwww
こんな顔でぶらぶらしている五輪メダリストって初めて見たわ!やべええええええ
0d170a9f-s_20140420125707c8d.jpg
※韓国の報道ですwwww


きめえええええええええ!!!!!


どんな特大ブーメランだよwwwwwww
これは恥ずかしいwwww痛いwwwww痛すぎるwwwwwwwwww


五輪憲章違反・倫理規定違反をして本来は<出場資格なし>のバンクーバー五輪
Bg_RHiECUAI2nFf.jpg

イルボンに国旗の大きさで負けたニダ!悔しいニダ!癇癪起きる!

↓ 結果

4年ぶり二度目の五輪憲章違反・倫理規定違反をして本来は<出場資格なし>のソチ五輪
国旗のデカさwwww馬鹿にしか見えねえwwwwwwwwwww
「クンクン・・・ウリ臭いニカ?なじぇ避けられるので?その?」
Bg9i0fBCAAECSBH.jpg


IOC「ヒャッハー!”ユナ様の時間”だぜー!」

↓ 結果

モ ー セ 降 臨

おいおいwwww

五輪はIOCが開催するもので、すでにIOCは「問題があったとき特有の声明発表」をしています。姐さん言いましたよね、「IOCは問題があったときは<その問題はなかった>とあえて言う」って。言いましたよ、IOC。

IOC会長:ソチオリンピックは素晴らしく、選手からの苦情はなかった

トイレに閉じ込められたり、現生人類の平均的な形状にそぐわない選手村ホテルの室内構造とかは無視ですかwww

IOC会長トーマス・バッハはキムだけを部屋に招いて<親しく>密談をしたそうですし、韓国との癒着もあり、「仕事はしたから」ということで韓国を突き放したわけですよね。実際、IOC公式サイトでいまだにバンクーバーのヨナをあげあげで賞賛し続けているわけですし。

金ヨナ採点の確認求める韓国側要請、IOC拒否

IOCは「ヨナ金メダル」を最初から宣言していた。となるとテクニカル陣営にロシア人をぶっこんできて無茶なPCS操作で「ロシア人のソトニコワを勝たせた」ISUという見方をし、その採点に不満がある韓国との泥試合、ということになります。

でも。「ISUがやったこと」と突き放しても、スポーツ仲裁所で出た判定によってはメダルの行方がどうなるかわかりません。そして「問題があった」としたら次の冬季五輪でフィギュアスケートが採用されるかわかりません。IOCだってひとごとです、と素知らぬ顔でいられないでしょう。

IOCに巨額の、ほとんど天文学的数字のテレビ放映権料を払ったNBCですらこのように厳格な対応をされていた五輪中の<コマーシャル活動>に抵触する行為。

BlmnWQuCIAAulA-.jpg

じゃあキム・ヨナは五輪前から五輪期間中も思いっきり宣伝してたけど、なんでスルーされるの?
BlmqOOjCMAA-1Dr.jpg


サムスンがバックについているから?<韓国人だから>OKなわけ?

冬季五輪の大輪の華「だった」フィギュアスケートの行く末はやっぱり大国間の政治的思惑に左右されまくりです。

あ、日本をはじめ他国の施しにすがっているボロボロな韓国は大国じゃないですねwwwメンゴメンゴwwwww

陰謀というのは関わった人数が少ないほど秘密を守り切れるものです。もともと肥大した自己顕示欲(城田みたいな?)と誇大妄想狂にも近い出世欲(城田みたいな?)を欲しいままにする 韓 国 人 が最後まで「秘密」を守り切れるでしょうか。このまま泥試合が続けば得意の自爆攻撃があちこちで見られそうです。


人気ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2014/04/20 13:16

「わたしはこう思う」と言い続ける

Yの奇妙なスケート」さんが更新を停止なさいました。Twitterのほうにフィールドを移しそちらは引き続き続けられるとのことです。ブログの運営、おつかれさまでした。そしてあらためましてこれからもよろしくお願い致します!


ききょうさんによる「フィギュアスケート偏向報道のまとめ」、フィギュアスケートといえば「不正採点」と他競技の間でも浸透しまくっている現状、いかにひどい捏造報道、変更報道がなされてきたか、こちらを見れば一目瞭然。最近は必殺てのひら返しで今更ながらの真央ちゃんやめないで攻撃が多いようですが、今更ですよ。ほんとに今更。
ききょうさんのこちらのブログに、ぜひ皆さまも情報をお寄せいただくようお願い申し上げます。これらの事実の蓄積がとても大切だと思うからです。よろしくお願い致します。


フィギュアスケート分析ノート」の熊子さんのアップなさっている記事は、姐さんからするとひとつひとつが肺腑をえぐるような慟哭に満ちています。熊子さんの精神力の強靭さに感嘆の思いを深くします。数字のすべてがフィギュアスケートの未来にとどめを刺す、卑劣で薄汚れた「意図」にまみれたものだというこの事実。
ひとつの競技の終焉を見守らされているわたしたち。
選手の演技と採点、という厳然たる物証を丁寧に調べ、配置し、わかりやすく教えてくださる熊子さん、英語での発信も続けておいでで、本当に頭が下がります。

不正採点がなければきっとお好きな選手の素晴らしさを同じように緻密で丁寧で面白い記事にして今のように大勢を楽しませてくださっていたと思います。
その一事だけ取っても痛恨の事態ですよ。なんでわざわざキムみたいな見ていて疲れる下手くそなキモい動きを・・・まあ仕方ありません。好き好んで醜い動きを見たい人は誰もいません。苦行を通り越して「笑っとくか」になってきている姐さんです。熊子さんの強さはどこからきているんだろう。図表のひとつひとつに歯噛みしながらの拝見です。


いちごスプーンのノート」、リブログって簡単にできるものなのかな?
最後まで信じていたのは真央ちゃんだけだった。」は必見だと思います。



前にも書きました。「かもしれない」という外から見ていての勝手な思いです。しかし、キム・ヨナという三流選手が演技内容は変わらない、どころか劣化し続けているのに突然点数だけがインフレを起こし、演技内容にみあわない異常な高得点をマークし続け、「これはおかしい」と誰の目にも明らかになっていた時期、それでも浅田選手のお母様は「スケート選手だから」「同じ競技を愛し、努力している”仲間”のひとりだから」という思いで、温かい気持ちでキムに接していたと思います。
姐さんはスケートリンクで生前の匡子さんから非常に親切で優しい言葉をかけていただいたことがあります。だから、「世界中が不正採点を疑い、キム・ヨナを忌み嫌い、避けるようになっていても」匡子さんだけは「ではそんな選手にどうしたらまっとうに勝てるのか」を考えて、娘さんともども努力をし続けていたと思うんです。まっとうに。正当に。堂々と勝つにはどうしたらいいか。姐さんはそれを信じて疑いません。

常にフェアな人は、試合でもフェアでしょう。赤の他人の姐さんにすらあれほど温かく思いやりに満ちた、心を揺さぶる言葉をかけてくださる人は、卑怯なことは「できない」でしょう。

匡子さんはフェアでした。姐さんの証言だけでは不足なら、それは娘さん二人を見ていればわかることです。匡子さんだけは世界中でたったひとり、ヨナちゃん、という思いで見守っていた最後のひとりだったと思います。
それはキム・ヨナの実の親でさえ、たぶん持っていない大きな「親の愛」、「仁慈」、あるいは「惻隠の情」だったのではないでしょうか。

ISUとIOCはその、いつでも優しく親切だった、フィギュアスケートを心から愛していた匡子さんを殺し、フィギュアスケートを心から愛している浅田選手の心を折り、最後の最後まで「競技の未来を閉ざす」ことを続けました。

匡子さんも浅田選手も殺された、折られた、とは思ってはいないかもしれません。赤の他人の勝手な思いで大変失礼、無礼に当たる言い草なのかもしれません。記事に書かせていただいた方は別の見解をお持ちでしょう。あくまでも「姐さんはそう思う」というだけのことです。

佐藤信夫先生もよくわかっていらっしゃると思います。あまりにも大きすぎるモノを「こみ」で浅田選手のコーチを引き受けられたのでしょう。

誰が何を考えているのかは本人でなければわかりません。推測の上に成り立つ論拠は脆いです。

でも、「採点がおかしい」のは事実です。

そして、「にもかかわず」挑戦し続けた浅田選手の努力に報いず、最後まで「不正採点」を続けたISUとIOCは万死に値すると思います。

今も地道に精進し、進化前進を目指して励まれている選手の皆さんがたくさんいます。
ISUが素晴らしいからやっているのではありません。フィギュアスケートという異常な困難を強いる、難しくて、大変で、続けるためには不屈の根性と努力を要求される「この競技」が、素晴らしいから励みます。

「フィギュアスケートっていいな」と思うから、だから氷に乗っている。

その無償の愛を、高みを目指す信念を、努力の結実としての選手の演技を、正当に評価する仕組みが必要です。

さまざまなブロガーさんが「わたしはこう思う」とそれぞれの立場から訴えていらっしゃることをひとつひとつ拝見しながら、改めて「おかしすぎる採点方法」に憤りを強くしました。

だから姐さんは、自分にできることを続けます。


人気ブログランキングへ
スケート関連 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/04/20 12:44

橋本聖子氏が新理事に 日本カーリング協会にポカン( ゚Д゚)


橋本聖子氏が新理事に 日本カーリング協会
http://www.asahi.com/articles/ASG4F66YXG4FKTQ2010.html

日本カーリング協会は13日、東京都内で理事会を開き、次期役員改選で橋本聖子日本スケート連盟会長が新理事に就任することを承認した。7月の総会で正式決定する。

助成金の不適切な取り扱いなどがあった反省から、同協会はガバナンス強化のため、外部からの役員招聘(しょうへい)が必要と判断し、日本オリンピック委員会常務理事で、選手強化本部長を務める橋本氏に要請した。

また、来季の強化指定選手を承認し、日本選手権を制した男子のSC軽井沢ク、女子の中部電力のメンバーが最上位のA指定となった。中部電力を退部した市川美余と佐藤美幸は含まれず、長野・臼田高の北沢育恵が加わった。


リアルで( ゚Д゚)こんな顔になりました。はぁ?「ガバナンス強化のため、外部から」「橋本聖子を」もってくる、という、コレをやっちまう判断力のなさが「使い込み」を招いたのでは・・・

あのー、日本スケート連盟の大惨事を一切まったく何一つ、ご存知なかったんですかね、日本カーリング協会さんは。よりによって「橋本聖子」!コレ持ってくる日本カーリング協会は頭おかしいんじゃね?と思っているのは姐さんだけですかそうですかwwww

このニュースを知って( ゚Д゚)はぁ?となった後「利権」「天下り」「私物化」「電通」「金儲け」「試合のショービズ化」「選手の酷使」「焦土という単語が芋づる式に浮かびました。

日本スケート連盟では連盟役員に対する報酬のランク付けがなされており、その金額は公開されています。上にいけばいくほど何もしなくても大金が転がり込む仕組みです。それどころか選手の足を引っ張ると出世できる謎のシステムがあるらしく、橋本聖子はおそらく頂点の報酬をぶんどっているはずですから、裏で大いに「何もしない」で「選手の足を引っ張る」ことを続けていると思います。

んで、浅田・髙橋というビッグスターを擁して怒涛の荒稼ぎをしてきた日本スケート連盟のように、「わーい、スターを作って荒稼ぎしちゃうもんね~☆」と思っているなら大間違いです。さらに「不正の排除」とか「明朗会計」「1時間三千円ポッキリ」とか(最後は違うかww)を狙っているならなおのこと大間違いだと思います。

つーか、橋本聖子って国会議員ですよね。国会議員は法律を作るのがシゴトですよね?片手間で会長とかされてても困るんですけど、この利権の流れは止まらないもんなんですかね?

この狂気に満ちた人選がすっごく不思議でございます。「大人の事情」ってヤツなんだろうなあ。うわー反吐が出る。


人気ブログランキングへ
日本スケート連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(10) | トラックバック(0) | 2014/04/20 12:15

もっとこう国をあげてどっかんどかんと・・・しないの?

五輪の結果に不服を申し述べたてることができる期限がありますよね。あらやだ早くしないとまずいんじゃないの!と姐さんはわくわくハラハラしていたわけですが。

ぴよぴよ党のぴよさん(お誕生日おめでとうございます!)が記事にまとめてくださっていました。

キム・ヨナ判定問題、ようやくISUに正式提訴=KBS報道(追記あり)

しょっぺえええええ!なんで韓国で大々的な報道がなされないんだろう。騒げば騒ぐほど困るのは韓国人、ということがわかっている筋が火消しにやっきになっている、ってことですかね。
それとも一部の人だけがわぁわぁ言っているんでしょうか。

その、相当にヒートアップしているらしき一般のファンと、韓国スケート連盟の温度差が楽しい激しいようです。陰謀ってのは秘密を知っている人間は少なければ少ないほど成功しますね。アポロ宇宙船が月に行ったかどうかなんて、当時のアメリカの宇宙開発で名前がわかっているだけでも2万人を超える人間(アメリカは国の方針でできるだけ内需拡大に貢献させるため、自国の企業にさまざまな発注をしてましたから、当時の雇用リストを見るだけでこの数になります)関連会社全員を黙らせるなんて無理すぎる!すなわち人類は月面着陸をしているし、最後に月面に降り立ったジーン・サーナンが月の砂の上に娘の名前を書いてきたのは真実でございます、というのと同じレベルで、キム・ヨナの不正採点も関わった人数が多すぎますから、いずれボロボロ出てくるだろうなとは思っていますが、出したくないのが関係者、知らずにか知っていてももうどうにも止まらない~でガンガンいこうぜ!な国民をどう黙らせていくのか楽しみ恐ろしいですね。

ボロボロ出していくためにがんばっている人もたくさんいますし。ええwwwすみません、もしかしてそうは見えなくても姐さんも一応がんばっているつもりなんですよwww


そしてもうひとつ、ぴよさんの記事。

フィギュア専門家ら、チンクワンタISU会長の辞任を求める請願

ISUとIOCはどこで手を打つんでしょうね。IOCは絶対に非を認めない組織です。認めるとしても、何十年単位で後にならないと「すまなかった、間違っていた」とは言いません。スキーのほうで企業コマーシャルに出演したからアマチュアじゃない!プロ失格!→次回から広告OK!というあんまりな流れのときも、すぐには謝罪しませんでした。

今回も「問題はなかった」とIOCは言ってますから、ことはISUと韓国との間での「手打ち」になるのでしょう。しかしここでまた「判定を覆す」ことは、ソルトレイク以来の「フィギュアスケートで問題を起こす」ことになり、次回の冬季五輪から外される可能性だってないとは言い切れない事態です。

どうなるか予測はしていませんが、これまで「韓国だけが見逃されていた諸問題」を改めて俎上に出して<本当に>検証をしたら困るのはソチ五輪女子銀メダリストのほうでしょう。

SPの廃止やら五輪団体戦をどうするのやら、さまざまな変化と共に、ISUがどう逃げるのか、あるいは逃げられないのか、みものです。


人気ブログランキングへ
韓国情報 | コメント(19) | トラックバック(0) | 2014/04/15 17:54

・・・そして、美しいままだった

BlKK5KZCYAAEdC7.jpg


子供のころそのままの顔で驚きました。おっさいさんが「まおはいつも新鮮だ。さっき生まれましたって顔してる」と以前書いていらっしゃいましたが(昨日生まれました、だっけかな?)浅田選手はいつも新鮮で清冽で、綺麗でした。美しかった。

そして新鮮で無垢なまま、存在し続けています。

わたしたちはフィギュアスケートの不正採点の虚偽の歴史をずっと見させられてきました。これほどに偉大な選手が正当な評価を得ることなく「実際の演技内容と無関係に、勝たせたい選手をどうあっても勝たせる」というISUの愚劣な思惑に翻弄させられ、けれども決してひるむことなく、闘い続けてきたのを見ました。

ひるんだり、逃げたり、したかったときもあったでしょう。試合でジャンプをミスした後、「あきらめて」しまったこともあったでしょう。やめようと思ったこともあったでしょう。

でも、浅田選手はリンクに戻り、大輪の花を咲かせ続けて、美しい上にも美しい、ほとんど神話的存在の咲きにおう名花として、その偉業の集大成をわたしたちに残してくれました。

バンクーバーの頃を思い出します。曲目も振り付けも衣装も、バッシングの対象にされていました。浅田選手の心構えすら指弾する人がたくさんいました。理不尽と言えばこれほど理不尽なこともない。スケートのルールも何も知らず、もしかしたら浅田選手の演技すら見たこともないような人たちが連日テレビでネガティブキャンペーンを行い、なぜか無関係な外国人選手を嘘をついてまで一方的に持ち上げて、自国のエースをおとしめ続けた。

フィギュアスケートの世界では頂点に立つほどの実績のあるコーチの言葉ではなく、「芸人」や「司会者」の言葉をみんな信じた。そのスポーツについて何も知らない「タレント」が台本通りに言う言葉をみんな信じた。

実に不思議な光景がフィギュアスケートでは見られました。

テレビで、新聞で、雑誌で、スケートのムックで、あらゆる媒体で浅田選手を事実と異なる報道をして、おとしめ続けようとした不思議な国ニッポン。ラジオは聞いていないのでわかりませんが、日本と本来無関係なはずの外国人選手を一方的に持ち上げる発言をした人のリストは持っています。

自国のエースに「負けろ、負けろ」の大合唱です。「勝てない、勝てない」の怒号です。

日の丸を背負って世界で戦ってきてくれる選手への、それがニッポンジンからの仕打ちでした。

マスコミはそうでした。

孤立無援。

まさにそんな状況に思えました。

そんな中で肩を寄せ合うようにして、この尊く貴重な炎を守ろうと、ご家族もコーチも必死だったと思います。この火を絶やしてはならない。この炎こそがフィギュアスケートの未来なのだと、目の前で死ぬ気で努力し続けているひとりの選手をなんとか守りきらなければ。そんな思いもなかったとは言えないと思います。

度重なるルール改正で狙い撃ちされ、追い詰められ、普通の人だったらおそらく自ら死を選ぶほどの、恐ろしい重圧の中でのあの演技。

真央ちゃんがんばれ、の思いで、どれほど祈っていたことか。どれほど必死に守ろうとしていたか。

がんばってほしい、守ってあげたい。

その思いの一端は、わたしを含め、ファンの皆さんはきっと昨日のことのように思い出せるはずです。

浅田選手は卑劣きわまりないISUとの死闘の果てに圧勝しました。SPの得点など、本当はもっと早く、もっと大きくごぼう抜きでぶっちぎりの高得点で塗り替えていたはずです。FSも、また。

最後の最後までしみったれた、削りに削った採点で、なおもあの圧勝です。

ここに至るまでの努力は尋常なものではなかったと思います。本当に本当に立派だったと思います。

そして理解されないことや不当な評価をされること、あらゆる人、団体、組織、企業から勝手な思惑をぶつけられ続けてきたことに対して何も言わず、浅田選手は「フィギュアスケートっていいな」と言いました。

この選手にして初めて言える言葉です。この重み。この尊さ。

浅田選手はきっと、「面白い」「やりたい」「できる」と思い続けてきたのでしょう。自分の体を訓練して「思う通りの動き」ができるようになるまでの過程。自分のものでありながら、なかなか思いのままにならない体。それとつきあい、仲良くなって、一緒に美しく強くなる。その過程を試合でリンクで披露する。

それは自分との対話です。
実施している要素が高度になればなるほど、誰にも理解できない、「わかる」と本当に言える人は限りなく少なくなる、超一流のレベルでの「自分との対話」です。もう余人の追随を許さない、わかりたくてもわかれない世界です。

研ぎ澄まされた感覚の世界。細い細い目に見えない糸一本を目をつぶってたぐるような、その線の上をぎりぎりのラインで進んでいくような世界。
職人技、とも、神業とも言いたくなるような世界です。

その対話が、きっと楽しかったのだろう。大きな喜びだったのだろう。姐さんはそう思います。




あるときから浅田選手は優勝したいとか、得点が嬉しいと言わなくなっていきました。

「得点より自分の演技を」。採点競技の選手がそう言わざるを得なくなった異常性。点は欲しい。認めて欲しい。死ぬほどのがんばりをきちんと評価して欲しい。そう思わない人は競技にそもそも入りません。おそらくやめてしまうでしょう。そう言わざるを得なかった、それまでの採点の酷さです。


もう、そういう次元で勝負をするのをやめていた。でなければ続けていられなかったでしょう。トリノワールドで得点が出た後の浅田選手の顔。思い出すだけで断腸の思いです。よく耐え抜いたと思います。

でも、わがままといえばこれほどわがままな人も実はいないのかもしれません。「わたしはこう滑る」を絶対に譲らなかった。サムライ、と称される選手ですが、サムライはサラリーマンです。上の命令は絶対です。上の命令に逆らうときは諌死(かんし)と言って自分が死にます。サムライはご用奉公の悲しき存在。浅田選手はサムライではありません。ただ、「浅田真央」であり続けた。

国の代表選手です。枠取り、メダル、重圧は常につきまといます。でも何よりも自分が目指す理想のスケートを大切にし、結果、実績という形でそれがしっかりついてきた。

怪我をしていても、体調が悪くても、ジャンプの矯正で苦しんでいても、いつもリンクに立ち続け、ありのままの姿で滑っていた。

その作為のない、天然自然のままの美しさに、不屈の闘志で磨き上げた超絶高難度の技術を盛り込んで、そして「美しい心」のままで滑っていた。

姐さんは冒頭の写真を見たときに、奇跡だ、と思いました。

浅田選手から失われたものは何もない。「美しい心」のままで穏やかに笑っている。苦しさも辛さも惨めさも、憤りも悔しさも悲しさも、すべてをありのまま受け止めて、そして語らず、穏やかに美しく笑っている。こんな奇跡があるでしょうか。

すべてを引き受けきって、自らの本分を尽くした人の美しさ。

見事です。あっぱれ浅田真央、世界一、と姐さんが思うゆえんです。

辛かったけれど、楽しかった。苦しかったけれど、嬉しかった。「理想」に軸を置いた人の、そして「理想」をついに実現し得た人の、曇りのない喜びを静かに共有させていただけることのありがたさ。

浅田選手の晴れ晴れとした美しい笑顔が素晴らしい。本当に素晴らしい。

実は人見知りをする方だそうです。本当はひとりで何かにじっと集中して根をつめるのが好きだそうです。でも、何も飾らず、ありのままだから、どれほど大勢に出会っても疲れも傷つきもしないのでしょう。

嘘をつかない人の強さ。ありのままに世界に向き合える人のしなやかさ。

「トリプルアクセルと仲良くなりたい」と語っていた選手です。今はもう大の親友。浅田選手が実施するのをやめたら、フィギュアスケート女子シングル選手が行うトリプルアクセルは存在しなくなります。そういうレベルのとんでもない高難度ジャンプと、浅田選手は親友です。
この一事だけとっても、本来与えられるべき栄冠が不当に奪われ続けたことへの憤りを、姐さんは深くします。

BlKK5KZCYAAEdC7.jpg

本当に素晴らしいフィギュアスケーターが心技体のすべてを取り揃えたときに、一体どういうことが起こるのか。浅田選手は「集大成」でそれを残してくれました。

高得点を出すから好きなんじゃない。順位が上だから愛するのではない。

「浅田真央」だから、好きなんだ。あらためてそう思わされた一枚でした。


Bdxz8N3CcAItopj.jpg

美しい人は、美しいままでした。


人気ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(66) | トラックバック(0) | 2014/04/15 10:43

「暗黒の歴史のはじまり」


2014/04/13 マアムさん

暗黒の歴史の始まり

皆様おはようございます。
最近はロム専でしたが、久々にお宝動画を見つけましたので、ご紹介したいと思います。姐さんはもしかしてとっくにご存じなのかもしれませんし、コメも入れてるかも知れませんが、知らない方が多いと思います。
一体キムチの八百長はどこから始まったのかと常々不思議に思ってましたが、これで2008年の「シェヘラザード」からだと分かりました。まっ黒オーサーと共に不正街道まっしぐらだったのですね。長い(24分越え)ですが、苦行に耐えてご覧ください。



http://www.nicovideo.jp/watch/sm5630218



こちらは dancing with the starsという番組からアメリカのアイスダンサー、メリル・デイビスの「ダンス」

Meryl Davis & Val "Too Close" | DWTS 18 | LIVE 4-7-14


http://www.youtube.com/watch?v=OuN2_KfkTaw&app=desktop

陸上でこれだけ動ける。陸上でこれだけ動けるからこその、リンク上でのあの演技。

メリチャリ

フィギュアスケートは滑ってナンボの競技です。すべての基準は「いかにスケートで上手に滑れるか」にあるはずです。「基礎的なスケート技術」の「上」に、スピンやステップやジャンプやリフトやもろもろの項目があるはずです。

なのにこれほどに「スケーターとして動けない」運動選手がメダリスト????

言いたかありませんが、

「誰も見たくならぬ」の人の戦績はバンクーバー五輪金(不正バレで剥奪されますが)、ソチ五輪銀、
一方のメリル様はバンクーバー五輪銀、ソチ五輪金です。

「実力は伯仲」のハズですよね?「金、銀、メダリスト」として「世界最高峰」の演技のハズですよね?
でも、実際にはそうじゃない。
ペアのソチ五輪金の駅長さんはメリル様と組んで滑っても問題ないと思います。少なくとも「うわっみっともねえ!」と言われないだけの、そういうスケートをしていると思います。

駅長さん


じゃあ女子ハングルで銀の人は?本当に「すごい」の?

マアムさんは2008年からとおっっしゃっていますが、「集大成」であるべき2014年の五輪で、銀の人は「進化した姿」を見せられたのでしょうか。「高難度に挑戦し、スポーツとしての競技のありかたを大きく前進させた」のでしょうか?

銀にふさわしい演技をしたのでしょうか?

姐さんは違うと思います。

比較




人気ブログランキングへ
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(17) | トラックバック(0) | 2014/04/14 11:07

「ワンキー美化」!がツボった画像加工サイト fotor

さっき!めちゃくちゃたった今!(いつだww)知ったオンラインでの画像加工サイト fotor

http://www.fotor.com/jp/index.html

ここ便利ですね~

実はひっじょおおおおおに簡素な機能のフリーツールを使っていまして、画像の並列が今ひとつだったのが残念で、いや多分なんか機能あると思うんだけどほらせっかく高機能搭載の最先端の電子レンジがあったってそれでするのは「暖め」ONLYでございましょ?電子レンジでジャムやらヨーグルト作れない世代の人間ですから、「拡大・縮小」「ちょっとだけ明るくしてみる」とかいう感じで非常におずおずと画像作成をしていたわけですが(えっあれで!?そうだよおずおずと遠慮がちにだよ!www)、しか~し!今日からはどしどし画像が量産できますよ!

ステップとかジャンプの画像も「ジグソーパズル」で画像をずらららら~ん♪と並べられますね。

「誰も見たくならぬ」の人の「あらやだフリップをアウトエッジでテイクオフ!?」とか「ちょちょちょ、ちょ~っと待って!この回転不足なにwww」とかばっちりっスね!どうするよ「スピン画像羅列」www耐えられないwww

ぴよさーん!ピエロを送ってクレクレの面目躍如になりますよね~♪
あと「ドッスン・ノロマ」の人とマレー熊とかマレー熊とかマレー熊とかも1画像10マレー熊の勢いで並べられますね!ね!

と騒いでいたら我らが@demohayakunai はやみさんによる華麗なる「見分けつかNEEEEE!!」画像が!

demohayakunai はやみさん

見分けがつきません!どうしたらいいですか!どうもしませんが!このままいきますが!

かりにも「運動選手」でどうしてマレー熊激似の大惨事wwwww
ろくでもねえなあ、マジで・・・(´-ω-`)


(´-ω-`)



それはさておき、どこをとっても美ポジな浅田選手の画像は並べただけで美術品!このままMOMAに飾れるよ!飾って永遠に保存するといいよ!次世代にも受け継ぐべき圧倒的な美しさだよ!

画像でかいよ!でかいままのせるよ!www
パンジー

ヴィオラの画像は@tomi1995ito、とみぃさんが丹精なさったものです。ほんとに綺麗でうっとりします。ご許可をいただいてブログに掲載させていただきました。とみぃさんありがとうございます。
姐さんヴィオラとかパンジーみたいな花びらがくしゃくしゃしててしかも枚数が少ない花ってこれまで興味がなくてですね、好きな花は?と言われると薔薇とか牡丹とか芍薬とか蓮とかアネモネとか、花びらがわっさわっさあって「誰がどう見ても花でございます!ええ!絶対!100パー花!」っていう問答無用なモノが好きなんですが、このヴィオラにはときめきました。美しい~。品位がありますよね。この花を好きになったかも!

tomi1995itoとみぃさん


お花つながりで姐さん激写の蓮の花。上野動物園でございます。けっこう前のやつ。

P8090260.jpg
P8090259.jpg
P8090241.jpg

上野動物園といえばパンダちゃん。

P8080232.jpg
P8080236.jpg
P8080239.jpg

さらにハシビロコウさんが!わりとたくさんいらっしゃいますよね。

兄貴のケツ! 中の人が出はいりするファスナーがあるはずなんですが・・・
P8090265.jpg

この人、くちばしにべっこり穴あいてる・・・(゚Д゚;)
P8090268.jpg

まばたき。たぶんウィンク。
P8090266.jpg

実に兄貴である。
P8090267.jpg

http://www.fotor.com/jp/index.htmlで加工を楽しもう!という記事でした。


人気ブログランキングへ
「全選手に公正な採点を!」連絡 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2014/04/13 23:06

世界選手権2014浅田真央選手SP、ブリティッシュ・ユーロの解説(モモさん編)

「モモ」さんが浅田真央選手のショートプログラム、ブリティッシュ・ユーロの実況翻訳をしてくださいました!
あのワールドの演技です。
こんな大絶賛で讃えてくれていたんですね。当然ですよねっ!モモさんと一緒にあらためて滂沱の涙・涙です・・・
モモさん本当にありがとうございます!


演技の説明は、もはやいらないとでも言わんばかりの、
ただ、ただ、
驚愕と、賞賛と、そして感想でほぼ終わっていて、
演技はもちろんのことですが、
単に実況・解説のみに対して号泣したのは、初めての経験でした。

それを姐さまにどうしてもお伝えしたくて、のこのこメールしてしまいました。



のこのこだなんて!超ウェルカムですよ!モモさんのお気持ちがただただありがたく嬉しいです。そしてメールを拝見してから記事にするまで、演技にあわせて「ブリティッシュ・ユーロの皆さんがおっしゃっていたこと」が理解できて、泣けて泣けて困りました。
欧米人が「神」をもちだすのはよほどのことです。それにふさわしい、どれほど言葉を尽くしても足りないほどの素晴らしさだったと思います。

おそらく世界中の人が喜びに包まれた演技だったと思います。浅田選手は人類の底上げをしてくれました。

それでは皆さん・・・モモさんによるブリティッシュ・ユーロの解説 翻訳です!

Fotor0413221013.png





http://www.youtube.com/watch?v=xm9F-lSuArQ

---演技開始前---
(黒字:実況、青地:解説赤:モモ感想)

昨年の世界選手権では3位。
残念なことにオリンピックは、
恐らく彼女にとって衝撃的であったに違いありませんが、
6位という結果でした。
Asada、2度の世界チャンピオン。
ここでハットトリックとすることが出来るでしょうか。

オリンピックで残念だったのはショートプログラムでした。
彼女にとって、それはもうひどい時間であったわけですが。
今となっては過去の出来事です。


さぁ、彼女の登場です!
歓声が轟きます!
感情高ぶる場内!
最後の競技会。
彼女は、もちろん彼女の代名詞である3アクセルからスタートします。
他には、誰一人として、挑めさえしないのです。
もし着氷に成功すれば、とてつもない差をもたらします。
6度の全日本チャンピオン。
信じがたくすらありますが、まだたった23歳です。
すでに、彼女の人生には、あまりにも色々なことがありました。
そうまるで、映画のようです。
さぁ、いよいよです。
日本の、Mao Asada。

---演技開始---

さぁ、3アクセルに向かいます・・・
WOOOOOW!!!!!
場内、痺れました。
しかし我々(観衆)、そして彼女にはまだ、落ち着き、成すべき事が続きます。
次はフリップです。
こちらも!美しくもクリーン!!

(ここからスピン~次のコンビネーションジャンプの直前まで、
息をひそめて見つめる様子が伝わってきます/モモの感想)

より一層良くなっていきます!
3ループ+2ループ!

(さらにここからまたステップ~スピン~フィニッシュまで、
まさに息をするのも忘れてガン見しているようです/モモの感想)


---演技終了---

もはやこれ以上など、あり得るでしょうか!!
ご覧下さい、花を携え、階段を駆け下り通路へ押し寄せる大観衆。
恐らくは、彼女の最後のショートプログラムになるであろう、
それを、
18,000人の熱狂的なファンの目の前で、
「フィギュアスケートのホーム」で、

(えっ!?ま、「真央ちゃんのホーム」でなくっ!?/モモの感想)

そう日本は、間違いない、
「フィギュアスケートのホーム」です!!


(!!!モモ号泣)

ご覧下さい、この光景を!!!
恐らく彼女の生涯最高のショートプログラムだったのではないでしょうか。

私は、これほどまでのクオリティのショートプログラムを、
今までかつて目にした憶えはない、と、
そう申し上げなければなりません。
冒頭の3アクセルは全く非の打ちどころのない、
まさに完璧、素晴らしい出来でした。
そしてプログラムは、
進むにつれ、
尚も良くなっていくのです。


花の雨が降っていますね。

これは、モンスター級の得点になるはずです。
78.50点が、現世界記録ですが、
今まさに更新の危機に晒されていると思います。

なんという冷静沈着ぶり。
彼女は、もはや神の領域です。

(か、神って・・・!/モモ絶句)

まさにそうですね。
これほどの期待を背負いながら、すべてを纏め上げたわけですから。
恐らく彼女にとって、
6分間のウォームアップ直度、最初の滑走であったことが幸いした部分もあるでしょう。


そうですね。

彼女にとっては、
いったんリンクから引きあげることで、改めて緊張と対峙せずとも済んだ、
とも言えるかもしれません。

Kim Yuna 不在でもありますし。

えぇ、精神的負担になるでしょうからね。

---Replay開始---

(そんなことはさておきと言わんばかりに)
さぁ、きましたよ!
3回転半です!!


(また話を戻して)
えぇ、確かに一理ありますが、
仮にキンケンヂが滑っていたとしてもですよ、
ショートプログラムをね、
全く太刀打ち出来ませんよ!


えぇ確かに出来ませんね。

ぇぇ出来ませんとも!

(このやりとり・・・!/モモ泣き笑い)

トリプル-トリプル レベルの話ではないんですよ、
これほどの質の3アクセルを成功させたわけですから、
もはや3-3すら必要ない、と。
見て下さい(画面左上)、現時点での技術点、既に42.81点です。
そして演技構成点も、非常に高得点が期待できるわけですから、
えぇ、各項目、9点以上が出て然るべきですから!!


(具体的に強調!9点以上!そうそう、その通りです/モモの感想)

非常に興味深いですね。
間もなく世界記録更新の瞬間を見られると思いますよ。
このショートプログラムで。
さぁ、コンビネーションジャンプです。
3ループ+2ループ。
ただただ、美しいテクニック。


朗らかな、澄んだ笑顔ですね。
演技中、ついに絶やされることはありませんでした。
終始、笑顔でした。
恐らく今年最高の演技であり、
彼女の生涯最高の演技の一つに数えられる出来でした。

終始一貫して平静を保ちましたね。
物凄いことです。


えぇ。

18,000人の大観衆は、我を忘れる熱狂ぶり。
一方彼女は、平静を貫きました。
彼女のスケートキャリアの一瞬に立ち会えたことが光栄です。

(・・・・・/モモ号泣止まらず過呼吸)

コーチのNobuo Sato!
元Yuka Satoのコーチでもあり、もちろんお父さんですが、その時世界タイトルもとりました。
さぁいよいよです!
Wow!!!!!
やりました!
世界新記録達成です。
アンビリーバボーです。

---動画終了---


なんと!モモさんの翻訳を、okozoさんが動画にかぶせてくださいました!すごい!
ぜひこちらもあわせてご覧ください。okozoさん本当にありがとうございます!



【英ユロスポ実況字幕付】 浅田真央 2014世界選手権 SP


人気ブログランキングへ
海外報道の日本語訳 | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/04/13 20:13

ソチ五輪、エキシビション準備で激おこなカネネダリスト様wwwww

いや~スゲーなと思ったわけよ。

ソチ五輪、通称「四輪(よりん)ピック」のエキシビション。練習風景らしいんだけど、おっちゃんの指示に対してすごい表情で応酬しているお姿が普通じゃないわ~としみじみさせられちゃったのよね。

kimyunautiawasehidoi01001.jpg
kimyunautiawasehidoi01002.jpg
kimyunautiawasehidoi01003.jpg
kimyunautiawasehidoi01004.jpg
kimyunautiawasehidoi01006.jpg

「できること」が少ないもんね~。「スケートは大嫌い」だしさ。イヤでイヤでしょうがないのでなかったら、こんなすごい表情はしないわよね。

ひょっとして
「振込額に問題がありましてね」
「うっぜぇな、サムスン会長に言えよ」

くらいの会話かと思いましたわwwwwwあらいやだwwww


普通さあ、選手にとってはエキシビションに出て踊るってのは「名誉なこと」なのよね。試合でできないいろんな「見せ場」をぶっこんで、自己アピールの場にもできれば、応援してくれた家族や仲間、コーチやファンへの感謝をこめたり、自分なりの「魅力」を存分に発揮して「もっと好きにならせちゃえ~☆」と発奮する場でもあるはずなのよ。

だって勝者にのみ許された特権なんだもの。普通は達成感や満足感、もしくは悔しさや決意を秘めてその試合への何らかの思いをこめて滑るわよね。普通はね。

でも、「スケートは大嫌い」な人にとっては「面倒」で「どうでもいい」ことで「とっとと終わらせたい」苦行よね。

「できること」が少ないし。

だってさ、これナニ? ( ゚Д゚) ハァ?
NISI20140218_0009369977_web_59_20140218141303.jpg


これだって別々の場面の写真なのよ?「訓練の成果」がいかんなく発揮されている迷走ぶりがよくわかるわ。とにかく「型にはめて」機械的に同じこと、同じことってやり続けてこの10年。何の進歩も挑戦もしなくてよくて、それどころか劣化してるのに点が出るなら努力なんかしないわよね。
こなきじじい

ステップもレベル3どまり。スピンに至っては「醜い」と連呼される始末。

Mallet foot


で、IOCとISUが必死こいてアゲまくったにもかかわらずモーセだし。

惨めよね~。ほんっと惨め。
Bg_reNrCAAALsa3.jpg

ヤバイwwwwwwww
きめえええええええええええwwwwwwwww



もう一回言っとくか。
「高度な表現は、高度な技術の上にのみ構築される」

Bk3S0M8CQAEZWN8.jpg


IOC的<It's Yuna Time!> 馬鹿にしか見えねーんだけどwwwwww
prfRZvgs.jpg

隔離しとけしとけwwww



韓国の報道写真。抜け殻みたいな薄っぺらい表情。こっち見んなwwww
0d170a9f-s.jpg


演出じゃ次の五輪の顔ですし~ってアピールしまくってたけどさ、とにかくゾッとするくらい「いないもの」にされてたわ。そりゃそうよね。ウリを忘れないでキャンペーンを展開中だけど、あたしですら普段すっかり忘れているどうでもいい存在なのよね、へっぽこさん。

ほんと、最初からいなきゃよかったのにねえ。大嫌いなスケートにこの先しがみ続ける宣言しちゃったけど、「カネの切れ目が縁の切れ目」でどう考えてもバックに何かあったら速攻で強制終了されそうな人生じゃない?やだわ~。


人気ブログランキングへ
キム・ヨナの人柄 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2014/04/11 00:51

「だらごろこぱんだ」さん、ブログ更新休止

だらごろこぱんだ」さんが、ブログ更新を休止されました。

KYについて何かを知りたいときにまずこちらをのぞかせていただいていたくらい、豊富で緻密で詳細な情報と画像が掲載されており、痛快きわまりない鋭い分析や提言などにも共感を覚え、「そうだそうだ!」から「へええええ!な~るほど!謎が解けたぜ!」といったふうにずっと勉強させていただいてきたブログです。

それでも「休止」となっているのがもしかしてハーフハーフなのかしら~、と思えてしまい、切ないです。ファンだったので。。。アレの悪事の拡散にあたり、こぱんださんのお力はとても大きかったと思います。ただただ感謝です。

さまざまなご事情を抱えてのブログ運営でいらしたと推測します。姐さんのブログのようにわぁわぁ騒いでいるだけで、大事なことはみんなコメント欄で教えていただいて「へーほーぎゃー」と驚いてばかりの記事とは違い、大変な労力をかけての記事作成、そしてそれゆえの説得力と重みだったと思います。

更新を休止なさったとしても、できれば残していただけると「4年後の俺たち」のためにも貴重な資料の宝庫として、そして「ソチ五輪当時のブロガーの闘いの記録」として、本当に重要な武器になると思います。

こぱんださんがブログ運営に投じられた時間と思いと労力は、大勢の心に届き、力づけ続けると思います。同時に怒りや驚きや悲しみも、涙すらも伴う「記録」でありましょう。

こんな不正はいつまでも続けてもらってはいけません。あらためてそう思います。

こぱんださん、本当におつかれさま&ありがとうございました。お志に深く感謝申し上げます。




そして・・・「浅田真央のラストシーズンを見守るブログ」さんでは、楽しいオフ会の企画を立てられており、姐さんも参加させていただくことになりました。い、行っていいんだよねっ!?

オフ会参加者の募集を締め切った後に紹介する。それは「やりたいときがやれるとき」「思いついた人から実行」というチーム公正の趣旨としては非常に適切ではないかと思いますwwwとか言うwww

ほんと、「楽しいことを楽しむ」のも重要な活動のひとつであると思います。うひひひひ。

ちなみに、チーム公正○○○支部wでも集まりを企画して立ち上げるご予定があるそうです。いや~ん素敵!姐さん言っちゃうwwwフライングジェラシー発動よ~☆

まわりに「スケートについて語り合える仲間がほしい」と思われる方は、どうぞ身近な場所で仲間を増やしてみてください。無理にリアルに会う必要はありませんよ、ネットだけでも心通う素敵な仲間はできるはず。

尊敬すべき畏友、こぱんださん、「真央ちゃんはすごい!」「そうだそうだ!」と言い合えるMao fanさん、これからもよろしくお願い致します!


姐さん的オフ会企画

武道館貸切にて「チキチキ!第一回 巻きますマニア 全力フルーツバスケット大会」

姐さんフルーツバスケットってゲームが大好きなんですよww参加者マイナス1の椅子を用意し、最初はひとりだけ立っています。そして司会者が着席した参加者に向かって「自分が該当すると思ったら立ち上がって他の椅子に座りなおす」という出題をします。まあ勝ちたかったら最後まで「いえ、自分、当てはまると思いませんので」ってずっと座っててもいいようなものですが、これは走り回って椅子を確保するのが楽しいので、1問ごとに1個マイナスされていく椅子の取り合いに真剣になっていただきたいです。

「浅田選手がかついでいるジンクス、リンクに入るのは左足からだと思う人!」\ワーキャー/
「愛犬の名前がエアロだと思う人!」\ワーキャー/

というような比較的軽いものから

「3Lz-3Tを最後にぶっこんだ試合、浅田選手が優勝したと思う人!」\ワーキャー/

というようなものまでいろいろな出題がなされるでしょう。

でも、きっと一番最初の出題は

「巻きますは俺の嫁だと思う人!」\ワーキャー/\ワーキャー/\ワーキャー/\ワーキャー/

でしょうねwww

「加速装置の利用はご遠慮ください!」「投網の遠投は禁止です!」「高速ツイズルでの移動はおやめください!」「ウィンドミルをスピンのレベル4取得要件の難しい3つの姿勢のバリエーションに含めるためには2度以上の回転が必要です!ご注意ください!」司会者大忙しwww

出題内容も事前に皆さんから集めてマニアックなものを取り揃え、ぜひ司会を担当させていただきたいと思います。優勝者には「トイレに流される権利」が贈呈され、「阻止!」「阻止!」のシュプレヒコールの中、姐さん画伯による「巻きます肖像画」が贈呈されます。その絵のあまりのひどさに乱闘になるところまでがオフ会です!www

いや、別に普通のクイズ大会でもいいのかwww

リンク貸し切りで「チキチキ! 第一回 巻きますマニア タラソワ鬼プロ競技会 ローリーのでもいいよ!」も楽しそうですww

姐さんラフマオの出だし2秒は完璧にできますわwwwシェヘラのくいっくいっもキープしていいですかwww「ふざけんなただの発作にしか見えんわ」「謝れ!マレー熊に謝れ!」やはり乱闘ですかwww


まあ浅田選手の真似は素人にはおすすめしません。つかできねーし。

こういう「リンクには銭の花咲くウェーッハッハッハ 世の中じぇにや!じゃにやでぇ!」なイカレポンチの真似だったらすぐできますがまあ全体に漂う場末感と下品さは普通に生きている人にはなかなか醸し出せませんwwww
おのれ、ごきぶり!

韓国の報道もひどいですよね!これ韓国の報道ですよ!wwwwww

915041_885580_5523.jpg

・・・というようなアホンダラな妄想も楽しみつつ「姐さんに会うなり壺を売りつけられた」「1個2億円と言われた」「断ったら渋い顔で3個500円の猛烈ダンピングで粘られた」「椅子に座るなり体重で壊した」「おかわりを40回した」「店長が泣きながら頭を下げて”もう食材がございません”と謝ったら”マヨネーズやケチャップはまだあるだろ””厨房に油はないのか、一斗缶ごと持ってこい”とブチ切れてた」という不穏な書き込みがあちこちに流れるのを待ちましょうwww



人気ブログランキングへ

スケート関連 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/04/11 00:23

書き替えられた「城田の目」、通称「城田の腐った目」

※この記事の初出は2014/01/25です。

姑息でしたね。
城田憲子。

コラムにトンチンカンなことを書き、問い合わせがいったら即、差し替え。
しかも内容的にも選手の実情にそぐわない、外国人選手のヨイショ記事。

上が第一報。下が夜11時にコンビニにあったもの

kkkjump_20140125163547e7d.jpg

※「城田の腐った目」画像は「あんたたちもっと拡散しなさいよ」からお借りしました。
管理者様、有志の皆さま、どうもありがとうございました!


「ぼちぼち生きてます」の石ころさんのこの記事
KYショー視聴率6.6% ロクサーヌ新旧比較動画 JGPフランス杯結果

そこにある「韓国報道によるルッツ踏切画像」のひどさにあらためて「慄然」となりましたwwww
2012年の画像。
2012082545097_2012082562091.jpg

「ジャンプ前の沈み込み」ひとつとっても、劣化の一途をたどっているKY。

スケートが下手で、
ひと蹴りの伸びが全然なくて、
バッククロスを多用しまくりで、
ジャンプが回転不足で、
かつ踏切違反で、
3Loが跳べなくて、
そのために組み合わせられるジャンプの構成が極端に少なくて、
ステップが踏めなくて、
ターンができなくて、
スパイラルすら一瞬で、
すべてのポーズがあいまいで、
表現力がなくて、
どの曲のどのプログラムでもほぼ均一な動作で、
「ただようボウフラ」とまで表現された、

惨めきわまりない稚拙な姿をさらし続けているこのお方に、なんで高得点が出るんですかね?

ザンナさんは、浅田選手のジャンプ前の姿勢が大変美しいので、教え子たちに見て学ぶように指導しているそうです。
ところが「腐った目」を誇示してやまない城田憲子氏はKYのジャンプ姿勢を絶賛。常人の理解の及ばぬ境地から並行世界の解説を繰り広げてくれています。

現実認識において、城田氏とザンナさんとでかなり相違がありそうです。城田氏の目には一体何が見えているんですかね?城田氏は既に気が狂っているか、あるいはわれわれと同じものが見えているのにもかかわらず、何らかの明確な意図のもとに浅田選手を不当な手段で根拠皆無なまま叩き続けているか、どちらが正解なんでしょう。

答えはずいぶん前に出ていたようですが。


人気ブログランキングへ
日本スケート連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(12) | トラックバック(0) | 2014/04/10 23:29

あらためて奇怪な背中

試合をサボってやっていたことの一部。

ニスタの有志様からの情報です。kmsなんです~~~

[参考] 完全休養2011-2012の広告関連のヨンよ

2011/10/28 ヨンよ陶器発売イベント
2011/10/31 ヤグの始球式
2011/11/11 KBの新店開店イベント
2011/11/12 霊岩F1サーキットでの現代車イベント
2011/11/13 ヤグの始球式
2011/11/23 KB新広告撮影
2011/12/08 仁川空港スケート場オープンイベント出席
2011/12/09 英国大使館にて外信広報賞受賞のイベント出席
2011/12/19 E1調印式(個人・オルデショスホン伝達式)
2011/12/31 「キスクラ」がSBS芸能大賞特別賞受賞して挨拶・大賞プレゼンター
2012/01/04 テルンでアイユと収益金伝達式
2012/01/05 三星エアコンの新作発表イベント
2012/02/02 コカ・コーラ体育大賞特別功労賞受賞
2012/02/03 三星スマート2018ヒラマサ五輪支援宣布式で講演
2012/02/08 仁川空港に出没(プロスペの撮影でタイへ)
2012/02/22 プロスペクスのイメキャラ就任イベント
2012/03/31 テグでチェイエスサイン会
2012/04/18 KBの寄付金伝達式に出席
2012/04/28 プロスペクスWタイムコンサート出演

2012年ヲルド真っ最中のヨンよ(テグて死因会)
ttp://imgnews.naver.com/image/mk/2012/03/31/0090002677592_0.jpg
0090002677592_0.jpg

誰!?(゚Д゚;)

マジで誰!?(゚Д゚;)

直しても直しても形状記憶○○の遺伝子最強。
ころころと顔を変えてあらわれますが全部○○という悲劇の遺伝子。マジヤバイwwwww

※参考 生まれ持っての顔
bs.jpg
ニスタ様、kms~~

k1-k.jpg

「人前で舌を突き出す」という動作を実によく見せるこのお方。それも金儲けのために東奔西走するイベントや、有料チケットが売れず客が入らないのでいっつもタダでばらまきまくるアイスショーなどでやらかします。
こちらはバンクーバー後の画像、2012年のもの。。。のはず。

bs2.jpg

首を突き出し、背中を丸めるというスポーツ選手にあるまじき姿勢の悪さですが、人前に出てくるときでも、わりと「姿勢が悪い」ことが多いです。なんででしょうね?
フィギュアスケートをお子さんに習わせているお母さん方にお話をうかがうと、「姿勢がいい」ことを人からほめられることが多いと皆さんおっしゃいます。
この人はいつも顎が出ていて体幹が使えていないので「軸がブレている」ことが多いんですよね。みっともないです。

んで、この背中が・・・・
bs222.png


こうなって・・・・
G20131209007165980_view.jpg

なぜか、次の五輪直前に

こうなる。
BdSs0nHCIAAGC1O_20140410225409997.jpg

こうなる。
sick.png

ん~~。実に奇怪ですね~~。


人気ブログランキングへ
キム・ヨナのドーピング疑惑の歴史 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/04/10 23:18

ニャラソワ先生、かく語りき(妄想注意)

tcat.png 「ふぅ・・・ワールドも終わっちまったわね。たそがれるわ」

2299629_201404092142359bf.jpg 「あらニャラソワ!ごきげんよう」

tcat.png 「ハーイ、タラソワ!あんたソチでも大活躍だったわね」

解説 「ええ、解説でちょっとね」

tcat.png 「うちの子(※念のため所有権を主張)、頑張ったわよね」

BZnYyRBCYAAPLfi.jpg 「ええ!うちの子(※改めて絆を主張)、すごかったんだから」




maomao_201404092148331f9.jpg





tcat.png 「美しかったわ。まさかのエイト・トリプル達成よ!この先千年は破られない記録じゃないかしら。いろんなクズに足を引っ張られて大変だったのに、偉いわ」

BZqr9H6CUAEvF4q.jpg 「ハッハッハ、さすがだね」

BZnYyRBCYAAPLfi.jpg 「おだまり、デブ」

tcat.png (画像の腹部に共通点を見出してしまったあたしを許して!まさかのボリューム増にショックを受けたわ!)

2299629_201404092142359bf.jpg 「五輪は楽しめた?」

tcat.png 「それがね、スケートはほぼ全部見たけどあんまり記憶にねーのよ」

テッサ 「ドヤ顔で主張したけど誰からもひとことも賛同を得られなかったこととか」
※テッサの「小鳥じゃない感」緩和策のひとつとしての提言ですwwww

ジュベール 「男子選手の透け乳首に減点するジャッジがいなかったこととか」
※ギリセーフか!よかったぁ~

tcat.png 「ジガガジにやっぱりメダルはどうしてもダメなのね!とか、そんなことばかりぽっかりと心に残っているわw」

2299629_201404092142359bf.jpg 「ふふふふ」

moro.jpg 「あたしは久しぶりにモロゾフを屋上に呼び出して、」

moro-2.jpeg 「ごっつい指輪をはめた拳でブン殴った後ハグしあったの」
※妄想ですwwww

プーチン 「モロゾフ、勲章もらってたしね~」

モロ 「しばらく休んだらいいわよ、モロも・・・」


BhxnXOECQAERXno.jpg 「仲良しきことは美しき哉」


tcat.png 「あんたはちょっと落ち着きなさいよ!」


imgres.jpg 「よく逮捕されなかったわよ!」


w.jpg
「さすがアメリカ人、恐れを知らねーわ!外交上のかけひきが錯そうしてたわね~」
※突然のブロッコリー!(左側)右はアメリカの国民的アイドル、ミス・ピギー!めちゃめちゃ面白いんですよ!ちなみにこの画像はニャラソワの脳内妄想ですwwww


20140210-00000019-jij_afp-000-1-view-thumbnail2.jpg 「まあまあ。もう済んだことだよ」


tcat.png 「そうも言ってられないわよ」


images_201404092205498d9.jpg 「アレが五輪で4年ぶり二度目の五輪憲章違反を思いっきりやらかしてるし、あのヨレヨレジェスチャーでメダリスト。ふざけんなってのよ。その子分もちゃっかり謎の高得点を継承してるしね」


BZnYyRBCYAAPLfi.jpg 「ソトニコワが優勝なのは間違いないわ」


tcat.png 「・・・検証は全試合、全選手、全採点に必要よね」

tcat.png 「思惑だらけの政治力と資金力前提の競技だけど、」

tcat.png 「フィギュアスケートっていいな、と、」

tcat.png 「あたしもまだ思うのよ」

tcat.png 「残念ながら、ってカンジだけどね」

tcat.png 「薄汚い連中の腐った思惑の中で、それでも一歩も引かず、技術を磨き、強く美しく清らかに誇り高き挑戦者として闘いに挑み続けた史上最強・最美の空前絶後の奇跡のフィギュアスケーターに、」

tcat.png 「素晴らしいプログラムと素晴らしい衣装をありがとう」

tcat.png 「あたしはうちの子(※所有権を念のためもう一度主張)と共に永遠にあなたを尊敬します。ありがとう、タラソワ先生」

2299629_201404092142359bf.jpg 「ふふふふ」

2299629_201404092142359bf.jpg 「わかってますよ」

BZnYyRBCYAAPLfi.jpg 「でもね、どうして日本人スケーターを日本人はもっと大事にしないのかしら」

BZnYyRBCYAAPLfi.jpg 「いろんな改革が必要だと思うわよ、絶対に」

tcat.png 「確かに。東京五輪もあることだし、その前に1個、とんでもない場所で開催しろってIOCが決めちゃったしねwwwwww」

tcat.png 「いろいろがんばらなきゃだわよ」

tcat.png 「こんな記事をこさえると、また月の桃うさぎさんが”姐さん、遊んでいる場合じゃありません”と言うかしらwwwそして読んだ人ほぼ100パーから”おいおい、神話的存在のかの偉大なるタチアナ・タラソワと対等気取りかよwwww死ねばいいのにwwww”と思われるわねwwwwつか自分で真っ先にそう思ったわよwwwww何様かっつー話なわけよwwwwwふざけるんじゃねーわよ、あたしwwww」
※ひ~、ニャラソワ先生ごめんなさいいいい(それも自分ですwww)

tcat.png 「でも、いろいろがんばらなきゃだわねえ」


tcat.png 「ほんとにね~」

tcat.png (画像のサイズは全部この半分でよかったわね・・・)


猫界のタラソワともいうべき画像を見つけてしまったので使わずにはいられませんでしたwww
お許しくださいwwwww全方位に土下座wwww

がんばれ!ニャラソワ先生!wwww


人気ブログランキングへ
スケート関連 | コメント(21) | トラックバック(0) | 2014/04/09 22:38

世界選手権2014浅田真央選手SPロシア語解説(トニーさん編)

このコメントは2014/04/05に「トニー」さんからいただきました。トニーさん、どうもありがとうございます!



世界選手権ショートロシア語解説(長文注意です!)
表題のとおりです。以下翻訳文ですが、ほぼ全文でかなりの長文ですので、おヒマな折にでもお読みくださいまし。どの記事のコメント欄にすべきかわからず、ここに書かせていただきました。記事と無関係な内容で申し訳ありません。

(以下訳)
オ)あなたはもう試験に受かったんですよね?
ソ)私は受かりましたよ、受かりましたとも。(誰か他の人たちとの比較で受かった、受からなかったという話をしている模様です。)
オ)私はロシア語の試験に受かりました~!(笑)
ソ)受かりましたよ(笑)、だって私は10年生と11年生を1年で終えたんですから。彼らは違いますけど…。
オ)わかりました。だから彼らはスポーツでも、ロシア語でも、その他の科目でもあなたに追いつかなければならないわけですね。さて、冗談は脇におきましょう、何故ならアサダの登場ですから。
ソ)ああ、私は彼女にとてもシンパシーを感じているんです!
オ)まったくもって肯定的な事しかもたらさない(良い評判しかないという意味だと思います)女子選手というのは世界でも非常に稀です。さて、再び年齢に注目しましょう、23歳です。でも、私が思うには、彼女は…
ソ)いえいえ、彼女に注意を払う必要はないです。何故なら私は彼女をかなり前から知っていますから。
オ)彼女はいつもそうだった、ええ、そうですね。(←何を言っているのかよくわかりません。)そして問題は一つ、最初に3回転半をやるかどうかです。おお、問題です!何故ならこの3回転半がソチで彼女を奈落の底に突き落したのですから。
ソ)彼女が今回、自身の決断にちゃんと近づけるよう期待しています。
オ)おわかりになるでしょうか、日本にとってまさに今が世界選手権での重要な瞬間です。
ソ)ええ。
オ)何故ならアサダに対する関心というものは、う~ん、日本にとって一体何であるのか、言葉では言い表せません。
ソ)うまくいきますように…。
(トリプルアクセル成功)
ソ)すばらしい!!(パチパチパチと拍手。ソト子ちゃんかわいい)
オ)これは3回転半です。
ソ)これです。なんてたやすく…。ウウン。(←色っぽいため息)長らく彼女はこのように跳べませんでした。ファイターです、何と言ったらいいか、これ以上何も言えません。まさにこれで彼女は掴んできたのです。
ソ)見れば見るほど、彼女を見たくなるんです。
(3ループ・2ループのコンビネーションのところ)
ソ)すばらしい!
オ)だけど3-2ですよ。
ソ)でも彼女はもうトリプルアクセルを跳んでいるし、ここはもう…
オ)ここは埋め合わせというところかな。
ソ)単にそういうことですね。
ソ)彼女は全てを持っています、身のこなしも、スケーティングも、そしてエレメントも。さらに音楽を表現することも…。本当に(すばらしくて)鳥肌が立ちます。
(演技終了)
ソ)まさにチャンピオンの滑りです。
オ)私が何を言おうとしているかわかりますか?お、彼らは立ちあがっています、もちろんでしょう。全観客がです。(何を言おうか)わかりましたよ。アデリーナ、お世辞を言わせてくださいよ。あなたは彼女を負かしたのですよ!
ソ)でもそれは…
オ)ダメダメダメ、どんなコメントもしてはだめです。今は私が話す番ですからね。あなたは彼女を負かしたのです。わかりますか?そういうことです。まるでマオ・アサダのように滑る女の子達です。オオ、ものすごい狂乱状態です。今アイスパレスで起こっていることをお伝えするのは不可能です。彼女は自身のショートプログラムの得点である73.18を超えてくると思います。記録更新の前提条件は全て整っています。何故なら彼女はものすごい滑りを見せましたし、それに3回転とダブルループのコンビネーションではありましたが、それは実際には、おそらくそれほど鮮烈でも派手なものでもないですが、非常に高く評価されるものです。特に演技後半で行われて、質の高いものであればほぼ9点を得ることができます。さて、ご覧ください。今氷上に登場するのは、幸運なことにまだカロリーナ・コストナーではありません。これから滑るのはカナコ・ムラカミです。もちろん、彼女にとっても、(この会場の状況で滑るのは)容易いことではありません。いいですか、日本人は基本的に、このようには感情をあまり外に表さない人々ですが、崇拝の対象に関してはそこに疑問も注釈もなくなります。さて、アデリーナ、コメントをどうぞ。全てうまくいった時にコメントをするのは難しいとは思いますが、それでも…
ソ)何も付け加えるべきことはありません。何故ならとても魅惑的でしたし、彼女は今日とてもすばらしい滑りをしましたし。非常に今日の演技は気に入りました。彼女を見るのは眼福です。まさに今ですね。ここも何も付け加えるべきことはありません。全てがクリーンですばらしかったです。
オ)おや、トリプルアクセルで彼女は10.5点を得ました。つまり、基礎点の8.5点に…しかも女子シングルで10.5点を得るとは…。もし、トリプルアクセルと、最も難しいコンビネーションであるルッツ-トゥループかルッツ-ループを跳んだら一体何点になるかわかりますか?計算しない方がいいでしょう。
ソ)ええ、ものすごい銀河点になるでしょうね。
オ)私見を言わせていただければ、追いつき、追い越す可能性はまだあると思いますが。これがショートプログラムにすぎないことはわかっていますからね。もちろん、ホームでの試合は彼女の助けになります。もちろん、彼女には責任ものしかかりますがね。ところで、彼女がアマチュアスポーツ界に残るか残らないかに関して、私とアデリーナとは意見が分かれました。何故なら…
ソ)しばらくは残るのではないでしょうか。
オ)公式の表明は無いのですよね?さらに、年齢的には彼女はまだしばらく滑ることができるでしょう。彼女にとって前回のオリンピックは容易なものではありませんでした。彼女は銀メダルを獲得しましたがユナ・キムに負けました。公正に負けました。(←異議あり!!!)つまり、不公正があったとは言えず、何の疑義もありませんでした。そして今回、今年も彼女はまたもオリンピックで負けました。つまり、彼女が目指していた目標には彼女は結局到達できなかったのです。2006年には彼女は年齢制限で出場できませんでした。
(得点発表)
オ)ご・ら・ん・く・だ・さ・い!!
ソ)すごい!!!
オ)ご覧ください。これはまだショートプログラムです。まだショートプログラムなのです。まだフリーを滑らなければならないのですが…。
ソ)78.66…
オ)彼女はコーチ陣を変えました。バンクーバーオリンピック後、私はどんなものか知りませんが、彼女はこんな言葉を言ったそうです。それは私の心をいたく感動させました。彼女は氷上に出て…
(訳は以上です。)




人気ブログランキングへ
海外報道の日本語訳 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/04/08 23:08

世界選手権2014浅田真央選手FSロシア語解説(トニーさん編)

おおおおお!待ってました!俺たちのトニーさんがロシア語解説の翻訳をしてくださいました!
今回はニコニコ動画の解説との違いなどがありますのでトニーさんの説明をそのままお伝えすべく、テキストではなく画像でお送りいたします。ミスは許されない!>自分


このコメントは2014/04/08に「トニー」さんからいただきました。


t-s-1.jpg
t-s-2.jpg
t-s-3.jpg
t-s-4.jpg


トニーさん、どうもありがとうございます!

「ピロシキ」とブログ閲覧者さん複数から教えていただいた「タチアナ・アナトーリエヴナ、マオザイチカ、オーチンハラショー、スパシーバ! ヤー リブリュー ティビャ!」だけしかロシア語がわからない姐さんにはトニーさんが訳してくださるロシア語解説が本当に本当に楽しみでした。おお、最近は「ハローシャヤ・サバーカ(よい犬ですね)」も加わりましたw日本の首相ありがとー!ブカレストの森とかでプーチン氏に突然出くわしたら言ってみます。ホールドアップされてたら噛まずにちゃんと言えるだろうか。

「どうしてこういう実況と解説が日本ではできないんだろう?」といつもいつも海外報道を知るたびに思います。フィギュアスケートを知り、愛し、育てようという熱意があればまったく違う放送内容になっただろうに、という願いむなしく塩原ですからwww日本の民法ってなんなんでしょうね。

試合で楽しそうに騒いでいる外国人観客(※韓国人を除く)を見るととっさに「イタリア人!?」と思ってしまうのはにぎやかすぎるイタリアお茶の間実況解説のせいでしょうし、フィギュアスケートが好きな各国言語能力者様のおかげでずいぶんと海外情勢を知ることができています。トニーさんをはじめ皆々様、本当にありがとうございます!


人気ブログランキングへ
海外報道の日本語訳 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/04/08 23:00

「Smile 浅田真央23年の軌跡展」が素晴らしい!

初日に行って参りました!ひゃっほー!
舞さんのテープカットには間に合いませんでした。「体をっ!体を清めなけれぶわっ!」と緊張のあまり長湯をしすぎてwww馬鹿ですwww超浮足立ってるのwww普段刺激の少ない暮らしですからこういう催しに行くだけで大事件ですwww

そして「初日に1万人」ですか。すげー。

1万人

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000104-nksports-spo

mao展

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/asada.html

地下鉄「日本橋」駅構内にイベント宣材が!これはアガる~!うわーい!!!

1-4-m.jpg

これは期待が高まります!どれもこれも素晴らしい、そのシーズンのそのプログラムを代表する写真です。

展示会そのものは8階なので、直通エレベーターですぐ上がったほうがいいと思います。各階どまりはかなり待たされました。でも各階どまりはエレベーターガールさんがいて働きぶりを拝めます。謎の感動がww

会場内は撮影禁止です。

これが非常に素晴らしかった!通います。1日だけじゃもったいない。

最初に今季エキシビションのスマイルの大型パネルと衣装の展示。スマイルの衣装は画像や動画だときらっきらに光を反射していますが、実際にはとても滑らかな衣装にごくごく小さな反射材?スパンコールがぽつぽつあって、どうしてこれほどきらめくのか不思議なくらい一見シンプルきわまりないもので、浅田選手が着て、動いて、輝くからこそなんだな、とここで既に涙目ですwww

ぶっちゃけお写真はネットや書籍、雑誌などでも再確認できますが、「本物の衣装」「本物のスケート靴」「本物のシューズケース」「本物のメダル」の迫力は、これはもう見た人でないとわからないと断言できそうな「重み」があります。
行ってよかった。

以前にコレド日本橋で行われていたオリンパスさんの写真展ではチャルダッシュの赤・金衣装が展示されていましたが、当時の印象よりもずっと多彩で色味も濃い気がしました。あのときも「細っせぇ~」「可愛い~」「細っせぇ~」「可愛い~」の繰り返しでうろうろしまくりでしたね~。


写真が綺麗、衣装がすごい、演技が華麗、展示がうまい、ここに勢揃いした以外にもまだまだ着用した衣装がありますからすごいですよね。
衣装ごとに浅田選手のコメントが掲示されていて、それがまたイイんですよ。

浅田選手の素晴らしさを語る際に、姐さんの友人が「これだけ長い間メディアに露出し続けていてただの一度も失言がない」と話し始めるというのを聞いてはっとしたのですが、浅田選手は決して誰かや何かを悪く言ったことがありません。ついでに言い訳もありません。
いつも戦う相手は自分でした。すごい人です。

嘘ばっかり報道する迷惑きわまりないメディアに対する「嘘でも書いていいのかな~って(思いました)」だって、悪口でも言いがかりでもなく「そう感じました」という話です。インチキ熱愛報道への見事すぎる発言です。浅田選手の嘘を書いた人間が馬鹿にしか見えません。

姐さんが「浅田は鏡だ」と言い続けるゆえんです。相手が全部出てしまう。浅田選手自身が無色透明で素直だから色眼鏡で見ようとするとどんな色にでも見えるのでしょう。ここは自戒もこめて「浅田選手を語る言葉は全部ブーメランになる」と思いたいです。

それにしてもすごかったです。

「鐘」の衣装が特に感慨深かった。あのバンクーバーを、トリノを、あのシーズンを浅田選手と一緒に闘った「武器」なんだ、と思うと体が震えるほどの感動をおぼえました。そしてまだ白ではなかったスケート靴も一緒に展示されていて、その靴のぼろぼろ具合に涙が・・・。

会場内で、ソチのフリー動画が繰り返し再生されていて、ライブで見て以来、初めて大型画面で鮮明な映像を何度も見ました。すごかった。
後で書きますが1Fのマダム・タッソー蝋人形館の等身大浅田選手像の背後で軌跡を追う映像が流れていて、そこでバンクーバーとトリノのフリーも見たのですが、当時も世界最高と思っていた演技は素晴らしいことに違いはない、のですが、ソチのフリーの進化ぶりに愕然となりました。ものすごくうまくなっているからです。
特に足元。伸びのある美しく軽い足元の成長の凄まじさ。こんなにうまくなるものなのか、と心底驚かされました。この伸びのある足元のすごさ、恐ろしさ。しかもジャンプの矯正をしながらです。演技すべての再構築をしながらの、このうまさ。

ソチのフリー、奇跡のトリプルアクセルの後はセカンドループをぶっこんで、無重力ルッツを美しく降り、当たり前のようにジャンプを決めていき、サルコーさんもデレてくれて、3連続も決まり、セカンドループを執拗につぶしまくったISUの不正採点のせいで「狙われた」トリプルループ、けれども浅田選手が決して手放さなかったトリプルループを降りた瞬間、「よし!」という顔になり、スピンは腰痛がひどかったのか、トラベリングもありポジション移動が迅速ではなく、回転についてはどんどん減らし続けたルールのおかげで助かった面もあったかもしれません。

しかし「何もしないで漕いでいる瞬間」がほとんどなく、常にターン、常にステップ、常にムーブインザフィールドの技をこなしつつ上体を大きく素早く使った超絶技巧、ステップはもうやりたい放題と言いたいくらい詰めに詰めた凄まじさ。

途中映り込むジャッジが画面に目を落とし、うつむいていて実際の演技を見ていないのに何度も何度もイラつきました。操作パネルの早押し競争、だから手元が狂って+3がつかなかったんですかね、と嫌みのひとつも言いたくなるGOEの出ししぶり。

そして最後のコレオシークエンスに入る直前、浅田選手、大きなターンをしながらの移動です。ジャッジの前からショートサイドに移るとき、ほんのわずかな少々の蹴りであのポジションに入り、加速しながら急停止。なんですかこのスケートのうまさは。
5回くらい大型画面で繰り返し見ましたが、左右で一回ちょちょいと軽くタッチしてそれであのポジションですよ。

ソチ

なぜか浅田選手の美ポジ・ベストショットが山のように公開される韓国報道からの一枚w
「どこ撮影しても綺麗だから当たり前なんじゃね?むしろわざわざ変顔とかを必死こいて選ぶ日本の報道がおかしいだけじゃね?」というご指摘をいただきまして、姐さん納得~。

こんなの、神業ですよね。おそるべきスケーター、最強・最美の奇跡のフィギュアスケーターです。

それが場内の映像でもリスト化されて流されていました、写真展示にもありました、「点数」と「順位」「だけ」ではかったら、常に一位ではありません。こんなおかしなことがあるのでしょうか。

ソチのフリー、あの演技に点を出さないなんて、ジャッジはそれでも人間か。
あらためて深い怒りと悲しみを感じながらの追体験でした。

まわりでは目頭を押さえる人がいました。演技が終わると何度か拍手が送られていました。

「何度見ても泣いてしまう」
「真央ちゃん、よくやったねって抱きしめてあげたい」
「よくあそこから立て直した」
「これだけは何回見てもいいのよね」
「笑顔がいいね」

お客さんどうしで交わされた小声のささやきは、姐さんとまったく同じでした。

「椅子を用意してほしい、一日中見ていたい」

そんな声も聞こえてきました。


きらめく素晴らしい色とデザインの衣装、スカート部分のフレアの構造など、立体裁断のテクニックの素晴らしさ、散りばめられたスパンコールとラインストーンにこめられた「思い」と「意志」。本当に美しかったです。

衣装のバックに置かれた大型パネル、その衣装を着用した浅田選手の輝きは、衣装を百倍増しで美しく見せているのがさすがです。

気品あふれる優雅さと、力強くて爽快な、さまざまに相反しかねない各種要素を非常に高いレベルで統合し、崇高ですらある「美」を見せ続けてくれた浅田選手の青春のすべてがここにある。そう思うと一着の衣装、一枚の写真ですらも思いをこめて眺めずにいられませんでした。

1-6-m.jpg

撮影用のツーショット写真はこんなかんじで世界屈指の鍛え抜かれたプロポーションの浅田選手の真横に立つ、というチャレンジングな試みwww

1-2-m.jpg

花束が数種類、用意されていて手に持って一緒に並ぶという夢のような構図です。
こちらはけっこう行列ができていました。人数は少ないのですが係員一名がお客さんが持参したありとあらゆる撮影機材で念入りに仕上がりを確認しながらの撮影にとりくんでいらっしゃってそれでなかなか列が進まないかんじでした。
笑顔で仕上がりを確認する来場者さんたちが微笑ましかったです。照れまくりのおじいちゃんが「孫に見せてやります」とおっしゃっていたのが可愛らしかったw 次はお孫さんもご一緒できるといいですね!

物品販売もなかなか充実していましたが、悪名高きぴろのの本まで並べているのはいただけません。浅田選手の名こそ冠していますが、読むに値しないトンデモ本です。下げるべきだと思います。
お子さん向けですが、普通に浅田選手を応援しているお子さんは、ぴろの本全体に漂う激越な薄気味悪さと執拗な悪意に驚かれると思います。すみやかに絶版にして「御用達ライターの金儲け」「悪意ある便乗商法」をやめさせるべきでしょう。売る側も中身はパラ見ぐらいしてくださいな。べっくらするぜ!


1Fに降りるとこのように人形が飾られて、写真展の案内が印刷された垂れ幕を背景にして浅田選手の映像が流されています。ところがこれが塩の糞ポエム入りという残念さ。フジテレビの害毒、塩原恒夫の残念さは言語道断の大惨事ですが、こんなところにまでまるで呪いのようについてまわるのが本当にがっかりです。
あんなに「仕事をしない・できない」人間がなんで平気で生きていけるんだろう。あ、フジテレビ基準じゃイケてる枠でしたっけwwwアレがアナウンサー枠では一番偉い立場らしいですからフジテレビがどういう局かの大変はっきりした目安になりますね。

と、夢の世界から一気に引き戻されつつも、浅田選手のそのときどきの素晴らしい演技にうっとりしつつ、この等身大のろう人形が、気になりますww
こちらは撮影OKでしたから場内撮影禁止のうっぷんを晴らすかのごとき激写ですw

1-3-m.jpg
1-5-m.jpg
1-7-m.jpg
1-8-m.jpg
1-m.jpg

すべてにほれぼれとしてうわ~素晴らしかったわよ~とウットリしながら会場を出ると、そこにはこれまた素晴らしい品物が山のようにあるわけですよwww
マオマオブランドは勿論、ずいぶんと散財してしまいました。

B1では日本酒の期間限定販売をしていまして、ついつい〆張鶴(特選はなかったけど、ラインナップは充実してました!)や麗人や獺祭(限定の冷酒スパークリングタイプ!)を抱えてふうふう言いながら服や食品をかなり。

髙島屋さん、本当にありがとうございます。素晴らしい写真展・展示会です。

「できるだけ多くの人に見てほしいから」という浅田選手サイドの意向で<入場無料>になったそうですが、姐さんは入場料が1万円でも通ったと思います。
すごくすごく見ごたえがあり、ありがたい企画でありました。

スケ連の搾取ぶりが報道されだしていますが、自費でこれだけのものを用意して競技を続けていくためのさまざまな苦労もしのばれました。

駅からふらりと立ち寄れます。通います。明日も行くと思うwww



人気ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(58) | トラックバック(0) | 2014/04/08 22:42

価値観が転動している現東宮一家

現・東宮は一家三人で速やかに伊勢神宮参拝をなさるべきです。
伊勢には皇室の祖霊が祀られます。なぜあいさつに行けないのか。まして一番近いご先祖である父にそむき、母を馬鹿にする。それでは祖霊の加護は得られません。自分たちだけが滅ぶのならご勝手にと言うようなものですが、立場があります。国民は困ります。

どうか務めを果たしてください。人を、神を、日本を敬う。その姿勢が見られません。失格です。
スキー旅行でさんざんに遊び呆けて我が世の春を謳歌できる気力・体力・財力があるのなら、伊勢参拝はすぐできます。
「行きたい」と言うだけでかなえられる行動です。やってください。

嫁は病を隠れ蓑にして肥大した自己愛の保身に必死です。同じ病気の人に迷惑です。嫁のせいで偏見の目で見られます。長男は人任せです。最終的な責任を取ったことがありません。いつも逃げます。

そして長女の「ご優秀伝説」を捏造する必死のキャンペーンが続いていますが、嫁の価値観はおかしいです。止めない夫もおかしいです。

「学業」はその機関の保証によるもので、しかもその時々でうつろいます。生きていく上の「後ろ盾」にはなりません。学問そのものが後から訂正されて「実は間違っていた」となることもあるのです。「そこ」だけで通用するごく小さな順番で、この先の人生のすべてを乗り切ることは不可能です。

後ろ盾が「学校の成績」など笑止千万です。それは「その人」を保証しません。密室で捏造された「ご優秀伝説」で迷惑をこうむるのは本人です。

カイガイガーとよく言いますが、その存在するかどうかもわからぬカイガイガーの人々は「○○小学校で○番の成績だったから」丁重に接するということがあるのでしょうか。会う相手全員にそう説明してまわるのですか?笑止千万です。すべての学問機関において、合併や消滅がありえます。何の「保証」にもなりません。それは目安のひとつです。

(正当な努力のもと、各種教育機関できちんと学び、入学、選抜のための勉強や、資格の取得や実績の蓄積をなさっておいでの皆さんには極端な言い方での表現になることをお詫びします。大変申し訳ございません。受験や研究における努力や成果を一律に無だと言うのではありません。捏造をするなと言うことです。どうか真意をご理解くださいますように。時節柄、お辛い思いでまた一年がんばろうとなさっている方もいらっしゃると思います。そのご努力を下に見ているということではありません。)

それよりはきちんと挨拶をする、お礼を言う、詫びを述べる。それができるほうが大切です。幸せに、いつも笑顔でいられる環境を与えることが一番です。そのような努力を払うことが親としての努めです。「こんにちは」「ありがとう」「ごめんなさい」これだけ言えれば十分です。

嫁は、置かれた環境下での比較において自身がそれほど優秀ではなく、親の七光りで押し通し、自己申告による前評判のメッキが剥げてどこに行っても嘲笑されます。それは本人がダメだからなのではなく、「ダメな自分を認められない」という現実認識の失調が原因です。自分たちの行動のおかしさに気づけない親のコピーのまま育ちました。気の毒です。

等身大の自分であることが、すべての命のはじまりです。

ありのままで輝けるのだと、輝くために生きるのだと、身を持って示すことはすべての人に許された人としての特権です。その崇高な権利をなげうって地上の栄光をかき集めても、それでは何の意味も持ちません。地上の栄光は滅びます。

嫁の価値観は間違いです。早く過ちに気づかなければ「自業自得」で滅びます。それをなんとか回避しようとはたらく人を切りました。耳に心地よく真実は毒を持ち込む人だけでまわりを固め、我欲ですべてをつっぱねます。大変な不敬です。

皇室には日本で最高のモノが集まります。英語ができずとも勉強ができずとも、力を貸すための人材には事欠きません。それらをうまく使ってこそ、<日本>の底上げにもなります。オールマイティーな人間はあまりいません。人材を結集させて使いこなし、<日本の象徴>たるべく努力する。<日本>をより良いものに変えていく。育てていく。それができないのなら疾く去るべきです。


誤った価値観のもと、間違った方法で「人気(じんき)」を集めようとしています。無駄なことです。集まりません。人が人を評価するのは、最終的には「心」です。「心」だけが残ります。心から心に伝わるものが、最後に残る「人気(にんき)」になります。今の東宮に果たしてそれがあるのでしょうか。今のその心根は醜いです。態度と姿に現れます。行動がおかしいです。

嘘をつき、人をだまして得られたものは、別の嘘によって崩れます。

伊勢参拝は残された最後のチャンスでした。現東宮一家はそれをあっさりと放棄した。反省し、行いを改めるべきだと思います。

「位打ち」の最高峰は、人の想像をはるかに超えて恐ろしい形で現れます。よくご存じのはずだと期待しました。とても残念に思います。嫁も長男も自らをもっとも不敬に取り扱っているのが自分なのだと、気づいてくださることを祈ります。

怒り、嘆き、悲しむ時期は過ぎました。あとは「自業自得」の輪廻の輪が粛々と機能するのを見るだけです。確認作業に入っています。国民も、神々も、耐えに耐え、待ちに待った結果がこれです。自らにくだした「最後の審判」とその結果を、天地人が見ています。


人気ブログランキングへ
皇室、神道、信仰など | コメント(192) | トラックバック(0) | 2014/04/03 21:28

金庫番!「JOC竹田会長 IOCの重要ポストに」

うわーーーとんでもないニュースが飛び込んできたわよ!


JOC竹田会長 IOCの重要ポストに
4月2日 13時52分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140402/k10013438601000.html
6年後に東京でのオリンピック開催を控えたJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が、IOC=国際オリンピック委員会の重要なポストの一つ、マーケティング委員長に就任しました。

これはIOCが1日に発表しました。
竹田氏が就任するマーケティング委員長は、企業スポンサーを集めるなどオリンピックの財政を支えるIOCの重要ポストの一つで、任期は決まっていません。
これまでは1994年リレハンメル大会の組織委員会会長だったノルウェーの委員が務めてきました。IOC委員に日本からただ1人選ばれている竹田氏は、JOC会長と2020年大会組織委員会の副会長も務めています。
就任について竹田氏は「非常に重要な立場で光栄に思っています。IOCのバッハ会長からも期待していると連絡をいただきました。IOCの財政基盤をさらに確立するために最大限努力したい」と話しています。
IOCはことし12月にオリンピックの改革に向けた提言をまとめることにしていて、竹田氏は「9月に開く委員会までにマーケティング部門の改革案をまとめたい」と意欲を見せていました。


トーマス・バッハ「(大金を集めるのを)期待している」


ちょっと!これとんでもない役職じゃないの!
金庫番よ金庫番!東京五輪で金を集めろ!ってことね・・・さすがIOC。カネにき・・・すごいわね!

うそ~ピアス問題、トップが日本人ならこれからは日本語で交渉できるじゃないの!
これはありがたい変更だわ、竹田氏がまともな人なら追い風だわ。

でもなあ・・・期待・・・うーん、様子見よね。

でも東京五輪の邪魔になる、と思われたら姐さん今度こそ消されるかもね。怖いのは韓国じゃなくて日本よ。その証拠にこのブログにコメントをくださる韓国からのアクセスは、日本語で励ましてくださるものばかりだった。韓国にも心ある方はいらっしゃるわ。ひとまとめにしちゃいけないと思うのよね。

ウジテレビみたいな売国放送局が「日本だからww」と甘く見られて突然つりあげられた史上最高額になる放映権料と言う名の巨額のカネをぶっこまされて、会社が傾くのを見られるのかしら!ジャパンコンソーシアムの担当は今から胃が痛いでしょうね。どうすんのコレ、ただただ「カネを引き出せ」しかバッハは考えていないわよ?

さてさて吉と出るか凶と出るか。これは面白くなってきたわ!


人気ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(13) | トラックバック(0) | 2014/04/02 16:39
 | HOME | Next »