今日は夏越の大祓

未明にあげようと思っていた記事、うっかりしていてこんな時間になってしまった。

皆さん、今日は夏越の大祓でございますわよ。
神社の鳥居をくぐって、半年のツミケガレを落としていらっしゃるといいですよ。

つかもう半分終わってるよ!早いよ!早すぎるよ!真央ちゃんの滑走くらい迅速だよ!


人気ブログランキングへ
皇室、神道、信仰など | コメント(13) | トラックバック(0) | 2014/06/30 13:26

チンクアンタ会長を再選 国際スケート連盟

やらずぶったくり大健在________


チンクアンタ会長を再選 国際スケート連盟
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061701002192.html

国際スケート連盟(ISU)はダブリンで開いた総会で、チンクアンタ会長の再選を決めた。任期は2016年まで。17日にAP通信が報じた。

ISUには75歳以上で役員に立候補できない規定があるが、総会では今年8月で76歳になるチンクアンタ会長に対し、4年の任期を2年に短縮することで譲歩した。

立候補できる年齢制限の変更や撤廃は否決された。(共同)



ルールを勝手に変えるの、好きですよねーーISU。利権のうまみをまだまだ吸い尽くしたいチンコクワエタは最悪です。


人気ブログランキングへ
ISUの諸問題 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/06/28 10:53

これからのイベント予定

昨日はチーム公正の皆さんと居酒屋でいろいろ話したのですが

昨日決定しました。自分の中で。

タチアナ・タラソワ講演会 with ジャンナさん」

ふおおおおおおお!!!!やりたい!やりたいよ!見たくね?おばちゃん生で見たくね?
姐さんはおばちゃんに直接言いたい!真央を信じてくれてありがとう、真央のために素晴らしいプログラムを作り続けてくれてありがとう、真央の良さを引き出して宇宙一のスケーターになるために成長させてくれてありがとう、大好きだ、俺たちのタラソワ先生!!!!ありがとうと直接言いたいよ!
この前、皆さんのご協力で訳していただいた「おばちゃんへの感謝の言葉」ロシア語バージョンもちゃんと暗唱して言うよ!おばちゃん!大好きだ!真央に関する限りタラプロはどれもがマスターピースだよ!傑作しかないってすごいことだ!

あとモフモフしてもらいたいいいいい!!!タラソワ!タラソワ!

姐さんの中では

「伊藤みどり講演会」
「タチアナ・タラソワ講演会」

そして

「浅田真央トークショー」

は予定に入れてあるんです。もちろん主催wwww

すっっっっっっっっっっごく楽しみ!

真央ちゃんが登壇しただけで泣きながらスタオベですよwwwそして拍手が鳴りやまず司会が「それでは時間になりましたので」とシメ。真央ちゃん会釈して去っていくwwwwww2時間大拍手wwwww

実現したいです。実現させます。
みどり神と真央ちゃんの夢の対談も見たいし、姐さんのタケーシのダイエット講座とかwwタケーシあんたすぐ太るけど一回姐さんにメール頂戴っていつも思います。体重なんてすぐ減らせるのにーーーーーアンパンマーン!伊藤さんから教わった誰でもどこででもできるトレーニングであっという間に体型改善しちまうし、姐さんだって食生活の見直しやなぜ太るのかの指摘をしてあげられるわよ。タケーシの画像を見るたびに「違うのよ、これ似てるけどアンパンマンじゃなくて世界のタケシなの!ヤグプル相手に一歩も引かず、空中戦の時代に堂々とクワドで張り合っていた天才なのよ!美しいスケーティング、重厚なイーグル、華麗なスピン、物体の高速移動、ああ物理法則よと実感できるステップ、謎の髪型、振り付けを忘れてあいまいなテンションで終わる演技www姐さんがこよなく愛するタケシなのよ!」って訂正しなきゃならないのが辛いのよ(ひどいwwww)。
タケシが好きです。ほんっといい。日本男子シングルスの覇王と言いたい。タケシあっての日本男子。姐さんはタケシがめっちゃ好きです。
ということですっきり痩せて精悍さを増し、3Aも軽々こなすタケーシ(怪我なしにね!ほんと心配よ・・・)に拍手喝さいを送る日と、タラソワ先生にモフってもらう日を夢見て頑張りたいと思います。

姐さんのトークイベントも思いがけずお席がどんどん埋まっていてすごく嬉しい。やっとお会いできますね!という感じです。
あたしは今後も月に一度くらいは人前でしゃべる機会を作ろうと思っていますので、今回予定があわない方もいずれぜひ、と思います。

伊藤さんの7月開催の講演会も人気ですよ。凄腕さんでいらっしゃるから大きい仕事が入って海外に飛ばれたり長期出張なさることもおありなので、会えるときに会っておく、べき!と姐さんは思います。
伊藤さんに一回会えば「なんで姐さんそんなに猛プッシュするんだろう」の謎は一瞬でとけますよ。それだけの素晴らしい人だから、です。日本人は全員伊藤さんを拝むべき。そして垣間見える天然ぶりに笑い転げるべき。

伊藤さん講演会の詳細はこちらです。
http://office-n.jp.net/

Facebook 伊藤祐靖ブログ

「伊藤祐靖」で検索するとこのブログが上位に出てきて本当にごめんなさいwwwという感じなんですが、あたしは日本人全員が伊藤さんを拝むべき、と思っているのでこれからも伊藤さんのすごさと素晴らしさを皆さんに伝え続けたいと思います。
迷惑だからヤメロっておっしゃらない限りは。そして日本人全体の共通見解としてこの方のおっしゃることを前提に物事を動かしていくようになったら騒ぐのをやめますよ。そのときはもうあたしが言う必要はないからです。


そして俺たちの今野さんトークショーも控えています!
こっちも捧腹絶倒で大爆笑間違いなし!めちゃくちゃ笑って涙をふきつつ、今野さんの熱い心と、負けじ魂、報道の世界に身を置いて自分の志を守り続け、そしてスケオタからは圧倒的支持を受けている「伝え方」「伝える思い」の根源を、じかに体感させていただけるまたとないチャンスです!
今野さんの洒脱な言葉の底にある思いの透明さと清らかさに姐さんは本当に心を打たれました。だから人の共感を呼ぶんですよね。だからああいう記事を出せるんですよね。
まさに俺たちの今野さんです。

川口淳一郎先生の講演会も開きたい。キングカズはいらしてくださるのでしょうか。キーワードは「熱い心」かしらねw

どのイベントも読者の皆さんのご参加あっての成立です。
皆さんと一緒に楽しんでいきたいですし、もしもこれらのイベントから何か心に期するものがおありだったら、一緒に活動していけたら最高です。とても嬉しい。

皆さんのご参加をお待ちしています!


人気ブログランキングへ
講演会・イベント | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/06/27 07:57

「人間がやること」

やっとソチ五輪の浅田真央フリー演技を見直すことができるようになって、各国語解説の映像なんかをちょっとずつ見直しているのよね。

ものすごい演技よね。

「人間がする採点」なんか無意味なんだぞってこれほどまでに突き付けてくる演技はちょっとないわね。
無意味。意味がない。ほんっとおおおおおおおに意味がない。

ISUがクソだって思いっきり証明してしまったし、IOCがクソだって完璧に世界に知らしめてしまった。

浅田真央、大したものだわ。

あとは「この結果」をどう見るか、そしてどう感じてどう動くかだけなのよね。

こんなに自分に厳しい人がソチのフリーを「100%」って言ってるんだもの、そしてショートの借りはさいたまワールドで返したんだもの、もうクソったれのISU傘下の競技になんか戻るはずがないと思うわ。

今は静かに学生生活を楽しんで、普通の暮らしを送ってほしい。その中で見えてくるもの、動いていくものがあると思う。もう好きにしていいのよ、浅田さんは。与え、与え、与え続けた人生だったもの。好きになさい。それしか言えない。

このような選手からいくつもの金メダルが不当に奪われ続けてきたこと、特に浅田真央その人が「最高の舞台」「今スケートをしている小さな人たちにも目指してほしい」と言う五輪の金メダルが、この人にないことがどうあっても納得できない。

あたしは浅田真央の五輪金メダル奪還を目指します。

北朝鮮に日本人拉致被害者がいて、今この瞬間にも苦しい日々を送られているように、糞ったれ韓国に五輪金メダルがあって盗まれたままだということはあたしにとっては同じです。
なぜなら同じ「日本」が暴力で拉致され、傷つけられ、生きる希望や「やればできる」という自信を損なわれ、苦しみ、悲しみ続けているのだから。

五輪金メダルがあればみんなの悩みがとたんに消え、生活が豊かになり、もめごとが減るとか、そういう効果はないかもしれない。でも、浅田真央が五輪金メダリストであるという、本当ならそれが当たり前の事実がある、ということは、あたしたち日本人の心を豊かにし、生きる活力を引き出して、誇りある国の誇りある国民として生きていく原動力に直結する。
あたしはそう思います。

どちらも日本の宝です。取り返さなきゃなりません。

人間がやらかした糞ったれな愚行は、同じ人間が片をつけなきゃいけません。

全力で取り組みたいと思います。


人気ブログランキングへ


浅田真央 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2014/06/26 03:23

キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念

コメントありがとうございます!
このニュース、噴飯ものの出来レースじみてませんでした?


14/06/24 ききょうさん

キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/06/24/0007083137.shtml

ソチ五輪フィギュア女子で銀メダルに終わったキム・ヨナ(韓国)の採点を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議申し立てをしていた大韓スケート連盟が24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した。中央日報(電子版)が伝えた。
ISUは今月4日、大韓スケート連盟と大韓体育会が提起した審判員の構成問題に対する訴えを棄却していた。
スケート連盟側は24日、「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と発表したという。
中央日報は「ソチ五輪でキム・ヨナはクリーンな演技をして、計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。」と伝えている。
韓国側は、競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面や、審判員にロシア・フィギュア連盟元会長の夫人が含まれていたことに疑問を呈していた。 


だろーね!
韓国人のいけ図々しさはとどまるところを知らない。ジャッジがハグだぁ?おまえらどんだけ接待してきたんだよ!主要国際試合の前に「点数」を得意満面で言いふらしてたよなあ。ああ?

これが通るなら姐さん国際スポーツ裁判所前で切腹してくるわ。はらわたつかんでちぎっては投げちぎっては投げしてくるわ。

この馬鹿な示威行動、皆さんはどう見られました?子分1号と2号に「点を出せよ、でなきゃ騒ぐぞ」って示威表示なんですかね。買収する実弾が尽きたときにこいつらがどうするかって話ですけど、サムスンマネーでホールホルのIOCが「ISUに丸投げ」した以上、ISUにつっかかるしかなくて、でもここでコレを許しやがったらそりゃもう全世界が黙ってないでしょうしね。
もっとも「採点をちゃんとし直し」たらメダルがなくなるのはキム・ヨナです。韓国人なにを考えているんだろうね。


人気ブログランキングへ
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2014/06/24 23:49

7/21開催の「手相見姐さんトークイベント」のご案内

今心臓が口から飛び出しそうなんだけど!
ちょっと皆さん!あたしのトークイベントがあるのよ!どうすんのよwwww
ガンダム、大地に立つってかんじ?

20140617_1105162.gif

伊藤さんクラスのとんでもなく素晴らしい方にしれっとまざって何やってんのよって我ながら思うんだけどさ、この際言いたいことを言わせていただこうじゃないのとも思ったし、普段会えない読者の皆さんと直接交流できることもすっごく楽しみだしで、皆さんの前でちょいとばかりお話をさせていただくことにしたのよ。

よかったらいらしてくださる?でけえテーマを掲げたわ。

手相見姐さんトークイベント
「あんたたちもっと輝きなさいよ」Vol.1
フィギュアスケートの不正採点から見た日本人の霊性と未来

http://office-n.jp.net/20140721befair

どうよこれwwww大丈夫なの姐さんwwwwwww何調子こいてるんだよwwwwしかもVol.1ってことは2とか3とか4とかあるのwwwwマジ受けるwwwwwって自分で草を生やしてる場合じゃねーのよ!

7月21日(月・祝日)・・・三連休の最終日ってどうなのかしらねえ。ぜんっぜんどなたも来てくださらなかったらスタッフの皆さんと楽しくまおまおしてましょ!って話してるんだけどどうなることやら。美味しいチョコレートでも持っていこうかしら。参加者が少なかったらテーブルをどけて座談会にできるわね。ブログに書けないことをばんばんしゃべるわよ、あたしwwww

よかったら予定を開けておいてね。待ってるわ。

トークイベント詳細の案内とWeb受付、問い合わせ対応はOffice Nさんでやってくださっています。
申し込みはそちらからしてください。完全事前予約制です。
http://office-n.jp.net/20140721befair

今頃「姐さんは本当に(外見が)マツコ・デラックスなのか」「こないだTwitterで3秒でバレる嘘ってお題であたし本当は伊集院光なの、ってつぶやいてたけど、本当にでかいのか」って賭けが始まりそうねwwwIKKOさんじゃねって意見も出たり出なかったりwww

あたし、「浅田真央の五輪金メダル奪還はできる」って思ったの。思ったのよ。だからその奪還方法も皆さんに伝えるわ。今あたしがチーム公正として何をしているのかもね。だからお志がある方にぜひいらしていただきたいの。そのへんも含めていろいろ話すわ。
数ならぬ身の自分だけど顔をさらして発言していこうって思ったのは、こんなちっぽけな存在でも本気になったら絶対に何かができるんだって証明したくなったのよ。あたしは自分の人生を賭けて「おかしいものはおかしいと言う」ことにする。顔や名前を出すことのリスクも考えたわ、2秒くらい。でも、そんなことよりあたしは皆さんに直接語りかけていきたい。

今のままでいいの?そのままあきらめていていいの?あなたにもできることがあるんじゃないのって。
そう、たくさんあるのよ。あたしはそれを話したい。

だから皆さん!もしよかったらいらしてください。会場でお待ちしています!7月21日、お会いしましょう~☆

・・・THE ICEの日でもあるのよね。チケットが入手できなくてしょんぼり残留組の皆さん、傷をなめあいましょうwww悔しいいいいいい!!


手相見姐さんトークイベント
「あんたたちもっと輝きなさいよ」Vol.1
フィギュアスケートの不正採点から見た日本人の霊性と未来

http://office-n.jp.net/20140721befair



人気ブログランキングへ
講演会・イベント | コメント(46) | トラックバック(0) | 2014/06/24 21:39

『ネイマール 父の教え、僕の生きかた』(徳間書店刊)が素晴らしい!

どうですか皆さん、サッカーW杯!

応援したい国と選手がいっぱいありすぎていちいち右往左往している姐さんみたいな人や、一途に「この国!」とだけ決めていらっしゃる方や、この試合であらためてどなたかのファンになる方や、監督の采配ぶりに言いたいことだらけの人や、日本代表のユニフォームを着てテレビの前で大拍手の人や、いろんな楽しみ方があると思います。

このブログはフィギュアスケート女子シングルスの不正採点を取り扱っていますけど、サッカーがお好きな方とは話がすごく通じやすい。それはなぜか。日韓共同開催というクソみてぇな「あのワールドカップ」で日本のみならず世界がさんざん煮え湯を飲まされてきたからです。お困りの国のお困りっぷりのものすごさ。安定の卑劣さと非常識。もうほんと、スポーツにかかわらせるなと思いますね。柔道で相手の腕を噛むなんてありえない。ケダモノ以下ですよ。こういうヤツは死刑でいいわとすら思う。

フェアではない人間は競技に参加する資格はない」と姐さんは思うのですが、どうも国際スケート連盟や国際オリンピック委員会はそうは思っていないみたいで、フェアではない人間「だけ」が圧倒的優遇を得てこの世の春とばかりに競技を踏みにじり続けています。実に醜く汚いです。大問題だと思います。

ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルスのメダルほど「こんなにメダルって無意味だったの!?」と証明してしまったものは近年「ない」と思うのですが、そのへんの「実際の演技と点数の乖離」「異常な不公平を誰も説明できない」こと、きょうび小学生だってわかってますよ。
カネってこわいな_____と思います。ほんとに馬鹿だな、と思います。ウンコはウンコだっつーの。見りゃわかるわ、ボケが。

・・・と、そんなうっぷんをサッカーファンもきっとずっと感じてきたと思います。実にいろいろありますもんね

さて、そんな中、姐さんは1冊の非常に素晴らしい本を読み終わりました。

『ネイマール 父の教え、僕の生きかた』 
ネイマール&ネイマール・ジュニア 著
竹澤哲 訳
徳間書店 刊
税別定価 1,800円



こちらを見ると、ネイマールさん(この本を読んだら呼び捨てできなくなりました)ブラジルVSクロアチア戦でさっそく2点入れてます。すごい。大活躍。

サッカーに詳しい方ならとっくにご存知のブラジルが誇る「クラッキ(天才プレイヤー)」であり、奇抜な髪型やピアス、たくさんの刺青が有名でゴールゲッターとして得点をあげた後のパフォーマンスの面白さなど、さまざまな視点から「すごい選手」とご存知だと思います。あと、体型。こんなにほっそりしているのにパワープレイヤーで動きまくり。いつも元気。そしていつも楽しそう。目が明るい選手ですよね。勝っても負けても人目をひく、すごい魅力の持ち主です。

本の帯にある「NEYMAR 日本初公式自叙伝 父は息子のためにすべてを捧げ、息子は父の信頼に全身で応えた――ブラジルの至宝、22年の軌跡」がすべてだと思いますが、お父様のネイマールさんも元プロサッカー選手で、怪我と加齢で思うような戦績を残し続けることができず、家族の生活のためにプロを断念、長男のネイマールジュニアに自分の持てる知識のすべてと、「幸せであり続けること」を惜しみなく与え続けます。

この本は、だから子供を持つ「お父さん」にぜひ読んでいただきたい。

ネーマール・ジュニアってすげぇ、と驚くと共に、じゃあどうしてすごくなれたんだろう、どうしてすごくあり続けられるんだろう、とぜひ興味を持っていただきたい。

「天才だから」という簡単なひとことの背後にあるものの重みですよね。

家族をあげての協力体制と、我が子さえよければというエゴを排した「サッカー」そのものへの深い愛情、お父さんがすごかった、と思います。


私は信頼する人間のことは全力で支持したいと思っている。それは息子に対してだけの話ではない。サッカーを愛するすべての人が対象だ。


「プレイ中に幸せでいられるかどうか」を判断基準にしたからこそ、若くして欧州の名門サッカークラブからオファーを受けても実際にマッチングをする中で子供がホームシックに苦しみそうだと判断したら断ったり、引っ越しを何度もしたり、家族が別々に暮らすこともいとわなかったり、就職先で不遇なめにあわされても「そのとき与えられた環境でベストを尽くすべき」とお父さん、超がんばっていらっしゃいます。

自分はクラッキではなかった、なれなかった、でも、子供は違う。その判断にすべてを賭けるお父さん。実際にサッカー場でまだ幼いネーマール・ジュニアさんがボールとたわむれていたら「この子は違う」とそれだけの動作で資質を見出した監督との出会いがあったりして「育てよう」「育てなきゃ」という思いはどんどん深まっていきます。

お父さんの叙述と息子の語りが交互にかさねられていて、これまでのさまざまな局面でお互いがどう感じ、どう動いたかがわかるようになっています。

互いへの深い敬意と仲間意識、「サッカー」を頂点におき、すべての時間をそこに投じて「幸せ」でいる二人の姿。

「ブラジルにはネイマール・ジュニアのような選手を引き留める力がある」と証明してみせた、と人々を感動させた「ブラジルで活躍し続ける姿」には、本当に感動させられました。

姐さんは、この本を読んでいる間中、別のスポーツ選手とそのご両親が頭から離れませんでした。
浅田真央さんとご両親、お姉さんの姿です。

ネイマール・ジュニアはきっと真央ちゃんと気が合うだろうし、話がはずむに違いない。そしてお父さんのネイマールさんは、真央ちゃんのお母様と意気投合しただろう。なぜならすべての判断において、この両家はほとんど同じ道を選択している。
二人はスタープレイヤーとしての役割についての覚悟も責任もすべて引き受ける度胸があるし、批判も賞賛も落ち着いて受け止めてそれらすら自分のプレイの糧にしている。強い強い強いふたりの、プライベートではむしろ静かで穏やかな暮らしぶりとか、試合にかける熱情と「美しい演技」「美しいゴール」をめざす志と努力の量、そして忘れてはならない天然ぶり。

もしもこの本のように、真央ちゃんの言葉と、生前のお母様の言葉が一冊の本にまとめられて、「浅田真央の真実」を目にすることができたなら・・・あの死人商法で小躍りしていたポプラ社の馬鹿編集とはまったく違う、ファンの願いに応えてくれる、真央ちゃん本人の思いに一番真摯に寄り添った、嘘のない「真央ちゃんの真実」を伝えてくれることでしょう。読みながら頷きながら、ときには涙を流しながら、姐さんはずっとそう思ってしまいました。

巻末にある訳者の竹澤氏の「あとがきに代えて」には徳間書店の編集者さんの名前が出され、感謝の言葉が記されています。
そしてこの本には書かれていませんがこの編集の方は浅田真央さんの本を出したいという希望をお持ちで、もしこの『ネイマール 父の教え、僕の生きかた』がたくさん売れたら、企画を通せるかもしれない、という思いもお持ちだそうです。
そうなったらどんなにすごいことでしょう。
真摯で誠実、すごいもののすごさを、そのままに伝える努力をしてくださる編集者さんが、腕と熱い心のあるライターさん、たとえば真嶋夏歩さんのような方と組んで「浅田真央さんの本」を出してくれたなら・・・超読みたい。超買いたい。
まっとうな「浅田真央自叙伝」、皆さんは読みたくありませんか?姐さんはめちゃくちゃ読みたいです。

そういうスケオタの下心?抜きにしても、姐さんは「ああ、本当にいい本を読んだ、ありがとうありがとう」と心から感動しました。ちゃんとしたことをちゃんと言えるこのお父さんのネイマールさんにすっかりほれ込み、お父さんのファンです!と今日から言おうと思います。
「ネイマールね~、あそこはお父さんが立派だよね~」とドヤ顔で言おうと思います。いやお母さんも妹さんもすごいのですが。

ワールドカップのお供に、そして我が子の幸せを祈るすべての「お父さん」に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

もちろんネイマール・ジュニアさんのファンの方にも・・・「初公開! 秘蔵ショット カラー32ページつき」はイイですよ!ここだけ見てもあらやだ可愛いわとさらに大好きになってしまうでしょう。ほんとに可愛いですよね。カッコいいし。おしゃれだし。面白いしwwww

そして世の中の「お母さん」、「あのネイマールのお父さん」がいったい何を考えて、どんな人生を歩み、どうして息子を世界的プレイヤーにできたのか、ぜひ知っていただきたいです。夫婦の間でどれくらい多くの会話がなされたか、どれくらいとことん意志を伝えあって「家族で」目標に向かって歩んだのか、行間からも学べることは非常に多いと思います。

サッカーをしていない妹さんがなぜ疎外感や孤独を感じずにネイマール・ジュニアとお父さんを応援し続けていられるのか、そのヒントは「夢を諦めたかわりに、私は2つの宝石を得た。私の夢をはるかに超えていく可能性を秘めたジュニーニョとラファエラ、2人の子どもたちだ」と言うお父さんにありそうです。

一握りの偉人だけがスターであり続けられる世界で、「夢」や「希望」を堂々と語ること、その山までは到達できないと思っていてもその姿に、言葉に、思いに、わたしたちは勇気づけられ、励まされ続けます。

この本で何度も語られる「神」の存在も見逃せません。人としてできる限りの努力はすべてして、万全の用意を整えながらも、最後は「神」という存在にすべてをゆだね、謙虚に頭を下げる姿勢です。神の名のもとに「いい試合」「いいプレイ」「いいゴール」を目指していくなら、傲慢になりようがありません。


懸命に働く者に対して、神は必ず加護してくれる。そして、神はピッチの中だけでなく、外でも助けの手を差し伸べてくれるだろう。


最後に他者に委ねる勇気です。自分の死ぬほどの努力をまるごと放り出して、委ねきる強さです。すごいと思う。

奇跡、と人が評するような「美しいゴール」も仲間と一緒に作り上げていくものだ、というネイマール・ジュニアさんの姿勢、素晴らしいと思います。
真央ちゃんのお母様と同じに、生きる姿勢を大切にしてきた証拠ですよね。


私が人生を通じて最も大切にしてきたことは、常に謙虚であれということだ。

個性を持つことは素晴らしいことだ。しかし、それは個人主義や自分勝手を礼賛するという意味ではない。

彼は、誰かを押しのけてでも上になろうなどと望んだことはないし、チームメイトや相手チームの選手を見下すような発想はない。この謙虚さが、仕事においても人生においても成長していくために不可欠な姿勢であるのだ。

私が彼に叩き込んだのはこの価値観だ。


すばらしい。どっかの「傲慢さが天を衝く」と自国民に言われた漂う溺死体に百回読ませたいですね_____自国民の子供に向かって言ったように「ゲンコをくらわせてやろうか」と脅されちゃうかしら___きゃーコワイ______


この本は名言の宝庫なので、特にお父さんのパートはイイ!と思ったところに蛍光マーカーをひいていくと本文が全面的にピンク色の物体ができてしまいそう。ふせんを貼ったらハリネズミ。そして読み返すたびに「あーーーー!!なるほど!!」と思う箇所が増えていきます。

紹介を重ねると全文引用するしかない。こんな本、久々です。ありがたいと思います。


僕はサッカーを思い切り楽しみたい、歓びを感じながらプレーをし続けたい。それによって多くの人に幸せを与えたいと思う。ドリブルをしてゴールを決める。いつまでも夢を諦めない子どもの心を持ち続けたい。

幼い頃から僕はサッカーの選手になりたかった。父さんがサッカーをやっているのを見た時から、僕も大人になったらああなりたいと思っていた。

もしも君が何かの夢を持っていたなら、その夢をとことん持ち続けるべきだ。誰かが無理だと言ったとしても、決して諦めちゃいけない。

僕は自分の夢を信じて生きてきた。素の部分の僕は、観客席を走り回ってベッチーニョに見出された時のガキだった頃と少しも変わっちゃいない。僕はいつもあの頃のままでありたいと思っているんだ。


幼いネイマール・ジュニアにお父さんがパスを出すと、彼はお父さんが取りやすい位置にすぐボールを返してきた。この年代の子供なら自分ができるだけ長い時間、ボールキープしようとするものなのに、彼だけはボールをひとりじめしようとせずに「相手とサッカーを楽しむ」ことを優先していた。そこでお父さんがおやっと思うエピソードが一番好きです。

サッカーをするには仲間が必要、相手が必要、監督が、観客が、「みんなが」必要だって、彼には生まれながらに「わかって」いたのでしょうね。
貧しい地区に住む子供たちのために教育とスポーツ支援を目的に設立されたプロジェクト・ネイマール・ジュニア財団の存在もこの思い、感覚の延長上にあるのだろうと思えます。

ブラジルが優勝するといいな。できればネイマール・ジュニアさんが得点王とかになっちゃって、スーパープレイを連発で、怪我もなく、元気いっぱいに走り回って喜びを爆発させてくれるといいな。
この本を読んだから、だからなおのこと思います。
でも他にも優勝するといいなって思うチームがたくさんあります。それぞれに素晴らしい。それぞれに神々しい。みんなが最高のプレイをできて勝っても負けても納得のいい試合になるといいなと思います。
ほんとに、サッカーっていいな、とあらためて思いました。サッカーはいい。

皆さんも応援で忙しいかもしれないですが、ぜひご覧になってみてください。素晴らしいです!

『ネイマール 父の教え、僕の生きかた』 
ネイマール&ネイマール・ジュニア 著
竹澤哲 訳
徳間書店 刊
税別定価 1,800円




人気ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(58) | トラックバック(0) | 2014/06/16 11:33

デイリースポーツの「俺たちの今野さん」は熱き快男児だった

きゃーーー!皆さん!大変よ!
あたしもいまだに夢でも見たんじゃないかと思うんだけど、なんとなんと!
フィギュアスケート報道で唯一と言っていいくらい「本当のこと」を書いてくださって、スケートファンの間で一躍有名になり、圧倒的支持を集めているデイリースポーツの今野さんと、お食事をさせていただいたのよ!!!
信じられないけど本当なの。

そのときうかがった話を皆さんにもお伝えするわね。と言っても、かなり限られた一部分だけなのよ。お話が面白すぎて腹筋がぷるぷるしすぎて痛くなったし「笑いすぎると顔が痛くなる」んだってわかっちまったわ。業界が長いだけいらして、逸話の宝庫、歩く伝説でいらっしゃるのよ。

しかもあまりにもあまりにも「まっとう」な考えをお持ちでいらっしゃって、マスコミの中でも志を失わず、「報道とは」を常に考え続けていらっしゃる稀有な硬骨漢なのよ。そのくせ韜晦ばかりで謙遜なさって、人を笑わせてばかりなの。あたし思わず胴上げしたくなっちまったわ。このまま筋トレを続けたら絶対にあたしひとりでも胴上げできるわ。いつか絶対!

それで、お話が本当に素晴らしかったので、今野さんのトークショーを開催させていただきたいとお願いしたの。そうしたらOKしてくださったのよ!
ひゃだ!こんな嬉しいことがある?今野さんから直接お話をうかがえるのよ!スケートのみならずサッカーも野球もお詳しいし、業界の変遷をずっとご覧になってこられた方だから、「なんで今こうなっちまったのよ」って皆さんが絶対持っていらっしゃるはずの疑問にもきっと明快な説明をしてくださると思えるわ。今野さんはド正論しか口になさらない。だからそれを批判したり通用させまいとしているのなら、それはまわりがおかしいわ。あたしにはそうとしか思えなかった。

今野(こんの)さんはチーム公正の皆さんとまったく同じに「スポーツとは採点の公正さが絶対的な前提となるべきだ」というあったりまえのことをあたりまえに主張できない・させない・できてないフィギュアスケートの現状について「おかしいことはおかしいと言う」スタンスを貫いていらっしゃるし、記者として、ものを伝える立場の人間が行っている自主規制や癒着なんかにも厳しいお考えをお持ちでいらっしゃるわ。

実力でまわりを黙らせてきたお方とお見受けするけど、おっしゃっていることはしごくまっとうで本当にそうだそうだ、そうなんだよと誰でもが思えるあたりまえのことばかりなの。この方は正しいわ。

でも、各種メディアでそれが通らない現状ってじゃあナニよ、って話よね。なんで今野さんしか「本当のこと」や「採点に対する疑問」を記事にしてくださらなかったのかしら。どうして嘘ばっかり捏造して、自国の選手をおとしめて日本と何の関係もないはずの特定の外国人選手の情報「だけ」をアゲアゲで垂れ流し続けているのかしら。

今野さんの記事が出たとき、あたしは嬉しくて嬉しくて大声を出して泣いたわ。ついに、ついにこういう報道が出た、出してくれた、と思ったらありがたくてありがたくて、今野さんを拝みたかった。冷静に、本当にフェアな視点から現状を分析し、誰にでもわかる言葉で「自分の思い」をそこにこめて、署名記事として出してくださった。
あのときは地獄で仏だ、と思ったし、今でもあの感激は忘れられない。こうして書いていても涙が出る。

どうしてこれができなかったんだろう、なんで「普通に」記事を書いてくれる人が誰もいなかったんだろうって思ったわ。あたしたちが大喜びしたことをお伝えしたら今野さんは逆に驚いたふうになさっていたけれど、それまでの日本国内の偏向報道がひどすぎて、どれだけ失望していたかってことだったのよね。失望というより絶望だったのかもしれないわ。

そうだわ、絶望、よね。

フィギュアスケート偏向報道のまとめ」の管理人、「ききょうさん」がお忙しくなさっていたのも、異常な報道が多すぎたせいよね。こつこつと記事をまとめて記録し続けてくださって、ききょうさんには本当に頭が下がります。
お体お大切になさってください。尊いおはたらきにただただ感謝です。ありがとうございます。

フィギュアスケートの報道に関してはまともなものがほとんどない、とファンはあきらめきっていたんだわ。どれだけの抗議や批判を寄せても変わらない「ように見えていた」しね。

でもね、あたしたちは誰が何を言ったかをおぼえているわ。誰が嘘をついて、誰が事実と異なることを安易に無反省に、それとも見返りアリの余勢をかってか知らないけれど、垂れ流し続けたのか、おぼえているわ。忘れられるものではないんだもの。流してすませようたってそうはいかない。忘れないわ。絶対に。

読者のあたしたちのほうがギョーカイの人よりもシビアな目で「嘘をついた奴」を見ているし、忘れないわ。記者さんたちが知らないだけでね。だから不買運動を即座にしたり、逆に応援買いをするわけよ。イイ記事なら買う。ダメなら買わない。ただそれだけのことなのよ。

嘘はやめてよ、ってずっと思い続けてきたわ。あたしたちだって試合を見ているのよ?それなのに実際の試合内容と全然違う嘘をついたり、どうせ城田なんでしょうけど、得体のしれない「連盟関係者」「スケート関係者」の薄気味悪い妄想を流したり、日本で一番キモい妄想ポエムを量産する連盟御用達ライターの青嶋ひろのを起用し続けたり、馬鹿じゃねーのって思い続けた。

いろんな「大人の事情」がからんでいて、記者の皆さんだってそれぞれ大変なんだろうけどさ、じゃああんたらの存在意義ってどこにあるのよ、って思われたって仕方ないと思わない?

だから、本気で志を失わず、「報道」に全力を傾注なさっている今野さんの存在が心強いしありがたいし、チーム公正の活動の一環としてぜひ今野さんのお話を皆さんに届けたいと思います。

そして、あたしたち一般人にできる援護射撃で一番有効なことは、電話なんですって。コールセンターやお客様相談室的なところへの問い合わせは「社長が必ず見るから」、だから「今野さんの書くフィギュアスケートの記事がよかったです」「今野さんのフィギュアスケートの記事をまた読みたいです」と伝えることはとてもとても有効なんですって。

実際に今野さんは、皆さんが投函してくださったお手紙を読んでくださっているのよ。お手元にきちんと届いて、皆さんの思いは確実に伝わっているのよ。

こうやって書いてしまうのはひとつの賭けよね。逆に今野の記事はなってない、と妨害することだってできるもの。でも、あたしは「自分がいいと思ったから」今野さんのフィギュアスケートに関する記事をもっとたくさん読みたいし、新聞だって買いたいわ。スケートについていい記事が出たら、何十部だって買いたいわ。

皆さんの応援が、確実に力になっていることを、今野さんからうかがいました。そしてこれからも、「フィギュアスケートの採点はおかしい」と「自分がそう思ったから」記事にしてくださる心ある記者さんを育てていくためにも、応援していくためにも、皆さんひとりひとりの行動がとても大切になってきます。

あたしは今野さんを応援します。なぜなら本当に心に響く、真実の、本当の、採点の不正を憂う「競技への思い」と「選手を応援する気持ち」がそこにこめられているからです。

皆さん、皆さんもどうか「ご自分がそう思ったのなら」心ある報道を出してくださった方に、エールを送ってあげてください。がんばっている人が正当に報われる社会、努力した人が正当に評価される社会への、それが大きな一歩になると思います。

あたしは、フィギュアスケートの不正採点を絶対に許すことはできません。さまざまな苦難を乗り越えてあんなにも大きく明るく輝き続けてくれた各選手の、辛く苦しい努力の成果を、正しく評価できないISUは絶滅しろと思いますし、自国選手の応援どころか妨害をし続けた日本スケート連盟も、そして日本を代表して世界で闘ってきてくれる尊い選手の活躍をきちんとサポートせず、日本の五輪メダルを減らしたJOCも、絶対に許せないと思います。

努力した人がきちんと報われる採点を!

スポーツとしての公平さが、あたりまえの前提となる採点を!

その思いを持ち、媒体を使って表現しようとしてくださる「中の人」に熱きエールを!

姐さんはそう思います。

あたしたちは絶対に無力ではありません。「あなた」の意見が、「あなた」の言葉が、「あなた」が選ぶ行動が、必ず世界を動かします。あたしはそう信じます。

なぜならこんなブログひとつだって、こうして皆さんに「自分の思い」を伝えることができ、それに共感してくださった方が「自分の判断」でどんどん活動の幅を広げてくださっている。この連鎖は、誰かが声を上げたから生まれたもので、その最初の声がたまたま姐さんだったのかもしれないし、今野さんだったのかもしれない。コメント欄で活発に意見を書いてくださっている皆さんだったのかもしれない。

それとも、あたし自身がそうだったように、皆さんが心から愛して応援している大好きな選手が放つ圧倒的な輝きだったのかもしれない。

きっかけは何でもいいんです。不正の事実がここにあり、それに対してほかならぬ「あなたが」どうするのか。あたしは変えていきたいと願っています。

だからあたしは皆さんに言いたいの。風向きを変えていきましょう。言いたいことを言える世の中、「本当のこと」が当たり前に言える世の中にしていきましょう。「ゼロと1は違う」んです。声を上げていきましょう。

フィギュアスケートの異常な不正採点と、日本スケート連盟の腐敗ぶり、ISUとIOCがどれだけ韓国マネーに依存してふりまわされているのかも、言えないはずがありません。「本当のこと」なんですから。

今野さんはあの瑞々しく爽やかな文章の通りの、痛快きわまりない快男児でした。皆さんに今野さんの言葉を届ける機会をぜひ設けたいと思います。あんたたちすごく期待しなさいよ!と大声で言いたいです。

どうよ皆さん、今野さんのぶっちゃけトーク!

あたし自身がめちゃくちゃ楽しみで仕方ないの。ものすごく勉強になるでしょうし、何なら若手の記者さんとかも来ちゃえばいいわ!ギョーカイの人はあたしに往復ビンタされない自信がある人だけにしていただきたいけどね!
マジでいいわよ来ていただいても。己を猛省する機会にして頂戴。
今野さんのお話を聞いて「俺の存在意義ってなんだろう」と思わずに帰れるほどのツラの皮の厚さがあるのなら、なんかもう地雷撤去とかの崇高なお仕事にぜひまわっていただきたいわ。その無神経さと無感動ぶりならたとえ地雷を踏んだって平然と木端微塵になって死んでいけるでしょうし、そのほうがよっぽど世のため人のためになると思うもの。
なぜ今野さんが圧倒的支持を集めたのか、ほんの少しでも伝わるのならって姐さんは思うわ。



ご紹介の労をお取りいただきました皆さんに心から感謝申し上げます。本当に今でも夢のようで、得難く貴重な機会に恵まれたことを心から感謝申し上げます。どうもありがとうございました。このご縁を大切にしていきたいと思います。

そして今野さん、もともとファンだったものですからしつこく握手を求めてしまい大変申し訳ありませんでした。次に会うときは胴上げできるように頑張ります!(ヤメロwwww)


人気ブログランキングへ
国内報道 | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/06/13 01:32

キム・ヨナ採点問題 ISU、韓国の不服申し立て棄却 


キム・ヨナ採点問題 ISU、韓国の不服申し立て棄却 
2014.6.4 21:52 [フィギュアスケート]
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140604/oth14060421520018-n1.htm

国際スケート連盟(ISU)は3日、ソチ五輪フィギュア女子でキム・ヨナ(韓国)が銀メダルに終わったことを不服とする韓国スケート連盟と韓国オリンピック委員会からの異議申し立てを棄却したと発表した。聯合ニュースによると、韓国連盟は4日に「弁護士と相談する」と表明した。

スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えることもできるが、聯合ニュースは2018年平昌五輪を控える同連盟がISUとのあつれきを長引かせていいのか、慎重な判断が求められると指摘した。

ソチ五輪ではショートプログラムで首位だったキム・ヨナはフリーで開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワに逆転された。(共同)


ISUはシステムとして受理は「できない」ようになってますから、これはこれで結果が見えた出来レース。受理していたら逆になんで韓国だけに特例措置を?とつっつけたんですけどね。

そもそも審議しなおせば五輪メダルは剥奪でしょう。韓国人のウリナラピギョクソーンに対する情熱だけはすごいなと思います。


人気ブログランキングへ
ISUの諸問題 | コメント(21) | トラックバック(0) | 2014/06/04 23:53

俺たちのmegumi師匠のブログ「さんたのつぶやき」のご紹介

うおおおおお!!!!大変よ!!
俺たちのmegumi師匠がブログをお始めになられたのね!!!
きゃーー!!!!!姐さん歓喜乱舞!!!欣喜雀躍!!!!



私信ですが・・・

フィギュアスケートについて私にも思うところがあり
このたびブログを立ち上げることにしました

こちらでは「技術班」「師匠」を呼ばれてますが、
実は知識だけ詰め込んだ頭でっかちなだけだったりもします
ブログは全く初めてなのでどうなるかわかりませんが
フィギュアスケートついてルールや日々感じることを書いていけたらと思っていますので
どうぞよろしくお願いします

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/
megumiさん  2014/06/04 03:44



すごーい!!!!megumi師匠の顔文字が新鮮ーー!!とさっそく超どうでもいいところに反応しておりますが、面白い!面白いです!!!
嬉しいなあ~またひとつ毎日の巡回先の素敵なブログの登場です!!!
5/3から開始なさっていてすでに記事が8個も!「そこが知りたいルール改正」めっちゃ頷きながら拝見しました。
「ぶー」さんというお名前のようですが、これは明らかにmegumi師匠!!!
皆さんもぜひご覧ください!超嬉しい!!!
megumi師匠、お知らせくださいまして本当にありがとうございます。
日参!日参させていただきます!

さんたのつぶやき
http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/


人気ブログランキングへ
スケート関連 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/06/04 14:05

浅田真央さんのDVD

浅田真央さんの演技をおさめたDVDがいくつか販売されていますが、先日有志の皆さんと一緒に鑑賞する機会があったので感想など書きたいと思います。

まずですね、やっぱりわれわれはずっと見守り応援してきたわけですよ。そして一番の魅力が浅田真央その人にある、とわかっているので変なドラマ仕立てや過剰なあおりを抜きにして「本人の演技」をもっとも求めているわけですよね。
そういう意味では「浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~」が素晴らしいと思いました。

タラソワ、ローリー、そしてマスター・ノブーオのようすも収録されています。ローリーが泣きながらインタビューに応じる姿、切なかったです。子を持つ母としての立場から、浅田選手の思いをくみとり、共感するローリー自身の浅田選手への思いとは別に黒カナダの人間として機能しなければいけない葛藤、その矛盾が目に出ている気がしましたね。いろいろな思いがこちらにも、見ていてこみあげてきました。



ソチ五輪、「あの」奇跡のフリーが収録されているのもポイントが高い。浅田選手の歩みをシーズンごとにざっくり紹介していますが、実際に起きたことをなぞるていどで変なあおりもウザい色付けもなく、安心して見ることができると思います。

浅田真央 20歳になった氷上の妖精
こちらは「鐘」が収録されています。でもウジ作成ってことで糞ったれ塩原恒夫のキモい音声が瑕瑾ですわね。とはいえ○ね!ポエムーーー!!と叫べばかき消せるていど。ほんっとに塩原恒夫の存在って害毒しかもたらなさかったなあとしみじみします。
そしてこちら、すんごく驚いたのですが大須観音さんの境内にいる浅田選手の映像に「神社に参拝」という字幕をかぶせているんですよ。
いやいや、おまえら作った人間は日本人じゃないわけ?とたまげました。神仏習合といいましても観音さまは寺院ですよ。しかも大須さんって神様は祀られていませんから。実際に現場に行って撮影しているのにもかかわらず、寺院と神社を間違えているという大惨事。これには驚かされました。
姐さんは名古屋オフで大須さんも熱田さんも参拝させていただきましたんで、速攻で気が付きました。
さすがウジです。日本人だったらしない間違いだと思うんですが、ぜひウジサイドからの反論をお聞かせ願いたいものです。
人が参拝している真横で撮影してじゃましておいて間違うか?しつこいようですがウジですわね。

そしてなんちゃらの美学ーーーーというような安っすいあおりが本当にウザいです。この選手はそういうレッテルとは程遠いと思うんですが、薄っぺらなドラマ仕立てにしないとウジサイドは不安でいられないんでしょうね。「ぼくのかんがえたさいきょうのしょーびじねす」がまあ安いこと安いこと。馬鹿丸出しのまま浅田選手の素晴らしさだけが逆照射されるという、需要と供給一切無視のウジクオリティが無駄に悪目立ちする悲しさです。
結局フィギュアスケートの魅力ってヤツを何ひとつ学ばないままだった、という惨めさです。馬鹿だなあ。

でも、浅田選手の真摯な活動と努力の日々はたっぷりとうかがえます。ウジにしてはアレとの嘘ライバルあおりもなく、記録的な意味ではこちらも持っていてもいいなと思いました。



そしてそのときどきで世界最高だと思っていた浅田選手が、試合に出るたび、時を重ねるたびに、めちゃくちゃうまくなっていて改めて驚かされました。ソチでびっくりした後のワールドですら「うまくなってる!」と驚愕したのに、振り返ってチャルダッシュやスケアメの衝撃ノクターンを見直すと浅田選手比でああまだ発展途上だったんだなと度肝を抜かれます。

おそらく、試合にこそ出ないシーズンですが浅田選手は倦まずたゆまずスケートの練習を続けることでしょうから、われわれはさらに進化した浅田さんをこの先目撃し続けるのではないでしょうか。

守銭奴の保身をはかる変な人間しかいない、いないほうがマシなくらいの日本スケート連盟と早く縁を切って、プロになってからあらためてそのときどきのプロスケーター浅田真央の演技をおさめたDVDを出してほしいと思いました。

スケートのうまさというのは、やはり地道な訓練、練習にかかっていると思います。

マスター・ノブーオの愛娘、佐藤有香さんがいまだにショースケーターとして現役なのは、あの素晴らしい「滑り」そのものの魅力が非常に大きいのと同様に、スケートの質そのものが空前絶後の浅田さんは、生涯現役、生涯プロでいられるはずだと思います。本人がそう望んでくれるのなら、ですが・・・。

そして「ISUは困っただろうなあ」としみじみと思いました。浅田さんが飛びぬけてすごいから、三流のアレはISUを買収しなきゃ勝てっこない、ということがよくわかります。無理でしょう。

どんなに難癖をつけても、ルールにない減点すらしてきても、一途にスケートを愛し、渾身の努力で欠点を削ぎ落し、長所を伸ばし、人間が到達し得る限りの最高難度ですべての技術を磨き上げて屹立し続けた浅田選手を前に、めちゃくちゃな採点で大惨事ぶりを世界に知らしめたISUと、IOCは「浅田真央の努力」の前に脆くも醜態をさらけ出し、すべてをゲロってしまいました。

この選手をして、滑るつど、世界歴代最高得点を更新でぶっちぎりで圧勝に「させなかった」ことがもう、不正の証ともいえるでしょう。

そして「浅田真央」その人がここまで努力しなければ、世界がそれに気づかない、というのも悲しむべきことと言えるでしょう。

気づいた人の声を封殺しようとしてできず、フィギュアスケートはもはやまっとうなスポーツでもなく採点の公平性も「ない」ことが他ジャンルでまで広まって共通認識になっていることを、ISUは猛省すべきだと思います。それなのにまたアレのコピーどもに異常な爆アゲを施して、点数乞食、買収乞食を持ち上げようとしている惨めさです。
ルール作成、公式試合運営の白人サマってやつらは、そんなにカネに困っているんですかね。ウンコのいいなりだなんて気の毒ですね______________

浅田選手の名演技。これらの映像がすでに、不正の告発そのものであることを、われわれは知っています。

浅田選手はスポーツとしての挑戦と、芸術としての完成度を非常に高度なレベルで統合し、前人未到の圧巻の高みにまで自分の努力ひとつで到達した、空前絶後の偉大きわまりない名選手です。伝説の存在です。

小さな人たちにスケートを教える姿の、あたたかく、やさしく、真剣な姿に目頭がうるむのをどうにも抑えられませんでした。

これだけは、どんな人でも認めざるを得ないでしょう。浅田真央は、世界で一番、フィギュアスケートを愛しました。一途に、ただただひたすらに。その「無償の愛」が、熱い心がさまざまな奇跡を生み出して、そして見た者の心を動かし、行動を変え、多くの光をわたしたちにもたらしました。その輝きはこれからも色あせることはなく、むしろこれからのほうがより強く、人々を動かすのではないかと思います。

二度と現れない巨大すぎる星として、浅田選手は人類の底上げをしてくれたから。

姐さんは、このように偉大な選手と同時代に生まれ合わせた幸運を、そして同国人として生きることができたことを、心から感謝したいと思います。

頑張り続けた現役時代、不退転の決意で駆け抜けたその青春に、心から敬意と感謝を表したいです。

真央ちゃん、ありがとう。本当にありがとう。


人気ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(16) | トラックバック(0) | 2014/06/01 02:01
 | HOME |