まっとうに生きよう



ある立場にせっかく就くことができた人が、「本来果たすべき職責」をきちんと果たしていないように見えるケースが増えました。というか問題となって表面化することのほとんどがこのケースだと思います。

本人にその能力はないのはもちろん、そもそも「職責を果たそうとしていない」「思ってすらいない」ように見受けられる人が多いのが問題です。本当の問題は「そのような不適任者でも一度任命されてしまうとなかなかすげかえることが難しい」ということと「そのような不適任者でも権力が集中すると我意・害を広範囲に及ぼしてしまう」ことですよね。

現在の都知事しかり、現東宮しかり、残念ながら現スケ連会長しかり。

こないだクアラルンプールでしたっけか、バッハに謝りに行った「最後まで自分の責任を認めようとしない」東京五輪利権の頂点に立ったつもりの森さんとかね。

真央に対する態度で見事にクズかどうか判別できてしまうというww
森さんは元首相だというのに日の丸を背負って戦ってきてくれる国の代表に剛速球の暴言を投げ込んでいましたよね。
馬鹿なんだと思います。
馬鹿は丸め込みやすいから「お飾りにいてもらうほうがいい」のでしょう。
関係者全員の認識が「馬鹿がトップ(笑)」の組織もすごいなあ。
でもほら、そのほうがカネの流れはスムーズにさばけますもんね。電通とかゲーノーカイとか建設業とか謎のデザイナーとか。

「闇」なんかじゃぜんぜんない。あからさまに、これみよがしに、五輪利権村の住人たちは今日も元気いっぱいにカネをグルグル回している。

「闇」じゃないです。ぜんぜん。


組織ってものは「ちゃんと運営できている」のが常態で、どうしたって「普段ちゃんとがんばっている人たち」のことは後回しにされてしまう。できて当然、で評価がなされず、問題があったときだけ「ニワトリのつつきの順位」で「罰していい人探し」が順送りにされてくる。キツイだろうと思います。

だけど、やっぱり問題が出るには出るに至ったプロセスがあってのことですし、スケ連のように「身内にとことんまで甘く、犯罪者すら身内だからというだけの理由で完全隠ぺいを強制される組織」からすら出てくる問題、というものは「もうどうにもならない悲惨な状態」になってようやくはみ出てくるものなのでしょう。

隠しようがないほどの大惨事だからやっと出てきた、とも言える。

そしてそれほどの大惨事すら他の組織の力を借りてまで「なかったこと」にするのが常套手段。

姐さんは忘れちゃいないですよ。問題が起きる都度、何回スケ連に問い合わせたか。

全部「上にあげてみる」でお茶を濁されました。

「実際にどうなったのか」「改善策は決まったのか」「誰が責任を取るのか」は一切表に出てこない。

「ホームページに掲載する」という回答すら「なかったことにされた」ままです。

だいたい「上にあげてみる」ってなんだよwwww
屋根にでも放り投げてみるのかよwww
「問題」は抜けた乳歯かっつーのwwwww
はーいこれで新しい歯がーーーって派閥の派ですねーーーわかりませんwwww

こういうことばっかりしているから、「浅田真央のTHE ICEにスケ連の強化合宿日程をぶつけてわざと遠隔地で開催し現役選手を出演できなくさせたんだ」「やっぱりなあ、陰湿な仕返しだけがお得意だものなあ」「馬鹿じゃねーの、おまえらの薄汚さが悪目立ちするだけじゃん」「この既視感、裏で糸を引いているクズが誰かはっきり署名してあるのも一緒だね☆」と思われてしまうわけですよ。わー気の毒_____
事実かどうかはわからないけど______

いやほんと、なんでシニアの合宿だけこの連日の真夏日の続く炎暑の季節にクーラーもない場所で開催するんですかねえ。
本当に選手のためを思う強化合宿ならもっとやりようがあるでしょう。

と、情けなさMAXで外から見ているわけです。情けない。

他ジャンルの競技連盟も相当なところもありますけど、ここまで死ねよがしの使い捨て扱いってなかなかないですよ。
そもそも「スケートを見る目がない」か「発狂している」会長、副会長、理事が居座る団体って明らかにおかしいでしょ。
謎の幽霊理事とか、謎の役職「監事」とか。

各地の地方スケート連盟はどうして中央集権のスケ連様に改善策を要求しようとしないのか。
やっぱ「試合に教え子を出させたあげたい」「偏向報復採点が怖すぎる」からなのか。

伊藤みどり神をして「芸能界ってこんなにクリーンなんだ~」と言わせしめるスケート界の真実を想像するだに恐ろしい。

恐ろしい。そして嘆かわしい。さらに改善を、と中から声が上がらないことがもっとずっと恐ろしい。

「地獄のままでいい」って住人たちが強硬に主張する。すごい世界です。



人を毒づくこと以外なにもしてねえんじゃねえかと我ながら思いますけども、確かにその通りです。
THE ICEの開催地に向かう電車の中で数分で飽きて目に入るすべてのものをdisりだすやら毒づくやら真央と過ごした時間だけほんわわわ~ん☆になってましたが
またしても電車に乗って東京に近づくにつれどんどん黒姐さんが飛び出す飛び出すww

いや、それでもですよ、真央のようにちゃんと生きていきたいなと、はるかに年下のあの人を見て姐さんなりに思うわけです。

真央ちゃんがきらっきらの綺麗な綺麗なスケートを、強い決意と相当な覚悟のもとに休養明けから取戻し、すでに過去の真央ちゃんを凌駕するようなハイレベルな状態にいるのを実見して、

「真央のまわりの大人たちはいったいナニをしておるのか」

と腹の底から思いました。

真央ちゃんは、小さいころから人前に出て「自分の演技」を見せ続けることで人生の時間を積み重ねてきた。

ずっとずっと絶えることなく光を放ち続けてきた。

その輝きを前にすると、腹に一物ある者ほど普通ではいられなくなるのかもしれません。

真央程の飛び抜けたグレードの人間は、よくもわるくも対する相手のすべてを引き出してしまうのかもしれません。

彼女を取り巻く大人たちがどれほどの醜態を見せ続けてきたのかと思うと、実に暗澹たる気持ちになる。

けれども同時に、真央には「世界最高」の人材もずっとまわりにいてくれた。

たとえばタラソワ、たとえばノブーオ。あるいは世界一のママだったお母様。
真っ先にマティコ、そして伊藤みどり神。みどり様がいてくれた。
世界でただひとり、五輪でトリプルアクセルを成功させた者どうし、「頂点」を極めた者どうしの話が真央とできるみどり神が。

そして有形無形の支援を与え続ける素晴らしい大人たちも彼女のまわりにはいたと思いたい。

そして世界で一番、真央を愛している「真央のファン」の皆さんたち。

真央は絶対に孤独じゃない。本当に、そうなんです。
こんな素っ頓狂なキモいブログにでさえですよ、真央のファンの皆さんは心から真央を愛し、支持し、応援する思いをコメントで寄せてくださっている。姐さんは何度涙をぬぐっただろう。この至誠、この仲哀、この思い。尊いなあ。

心から真央を応援し続けている人の、その至純はゆるがない。

「浅田真央の真実」をちゃんとキャッチできる人はじたばたと騒がない。ちゃんと真央のことがわかっている。

このように心をこめて幸せを祈り続けてくれる無数のファンの思いが、真央に届かないわけがない。
真央の行く手を照らし出さないわけがない。

真央ちゃんがいつからか「ファンの皆さんへ」と本当に向き合う姿勢を公にしはじめたころが、もしかしたら私生活では一番辛い時期だったのかもしれないなと、そんなときにほんの少しでもいい、一途に真央を応援し続ける皆さんの思いが、真央ちゃんにとってほんのわずかにでも支えになってくれていたらと、ファンのはしくれとしては思いました。

姐さんは「真央を見習おう」と思います。

弱音を吐きそうになったとき、くじけそうになったとき、「真央ちゃんはもっとずっと辛かったんだ」と思い、「よし!できる!」と自分に喝を入れてきました。
おかげで最近ではへこたれるってことが、果たしていかなる状態だったか思い出せないくらい「めげないヤツ」になってしまいましたけどね。
人から見てどんなにへんてこりんに見えたって、どんなに意味不明に見えたって、己に恥じず、天に誓って「まっとうに生きる」ことを志すことだけは忘れたことがありません。

「真央のまわりの大人たちはいったい何をやっておるのか」

これはまっすぐにまず自分の胸を突き刺します。

真央のような素晴らしい人がいるわが祖国ニッポンを、もう少し生きながらえさせていくために、
国家百年の計、千年の計、そして万年の計が成り立つように「まっとうに生きよう」と思うばかりです。


すべてのものごとは連動している。相互関係のみならず相関関係になっています。
真央ちゃんと彼女にまつわるひとつひとつの出来事を、自分も含めて筋を通してきちんとすっきりさせていきたい。

それはおそらく本当の意味でニッポン再生になるうねりだろうと思います。


とりあえず、真央をおとしめようとする無駄な努力は本当にもうやめたほうがいいと思う。
そんなひまがあるのなら、自分が真人間になるための努力をただちに始めるべきですよ。いつまでもそのまま生きていられると思ってはいけない。人には必ず終わりがくる。
嘘を言い立て、偽りを流し、「自分自身の真実」と向き合うことから逃げ惑う、そんな生き方は淋しいです。むなしいです。
後悔をしてもらいたくないんですよ。

あの人はもうとっくに、ずいぶん前から「そういうレベルの人じゃない」んですから。

真央だけがいいと思ったことも言ったこともわたしはない。

でも、彼女は確かに「人類の極北」に到達した稀有の人間です。国宝です。

永遠に輝き続ける「浅田真央的なるもの」として「浅田真央を代表とする」王道をゆくすべての人とモノとコトとが、すべて本懐を達することができるよう祈りたいと思います。

真央愛は揺るがない。


真央を見習おう。


言いたいことはそれだけです。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/07/31 22:47

電通、アジア22カ国・地域における、2018年・2020年・2022年・2024年のオリンピック競技大会の放送権を取得



2022年の冬季五輪が「北京」になったとか。


電通、アジア22カ国・地域における、2018年・2020年・2022年・2024年のオリンピック競技大会の放送権を取得
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0729-004107.html

2015年7月29日

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、資本金:746億981万円)は、社の強みであるスポーツマーケティング事業をさらに積極的に推進していくため、国際オリンピック委員会(IOC)からオリンピック競技大会の放送権を取得いたしました。
これは、2013年に取得したアジア22カ国・地域※における2014年・2016年の放送権に加え、新たに同地域において2018年・2020年・2022年・2024年大会の放送権を取得したものです。

 具体的には、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/韓国・ピョンチャン)、第32回オリンピック競技大会(2020/日本・東京)、第24回オリンピック冬季競技大会(2022/開催地未定)および第33回オリンピック競技大会(2024/開催地未定)、のアジア22カ国・地域における放送権で、テレビ、ラジオ、インターネットを含むすべてのメディアがその対象になります。

 なお、上記期間内に開催されるユースオリンピック競技大会の放送権も、取得権利の対象となります。

※アフガニスタン、ブルネイ、カンボジア、台湾、東ティモール、香港、インドネシア、イラン、カザフスタン、キルギス、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、タジキスタン、トルクメニスタン、タイ、ウズベキスタン、ベトナム。(アルファベット順)

以上

このページに関するお問い合わせ先
株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション局広報部
Tel: 03-6216-8041


「出来レース」とか「予定調和」という言葉しか浮かびません____

「五輪開催は一流国家の仲間入り☆」という幻想を世界のどの地域の人間がまだ持っているのかという話ですわね。

電通はIOCのために広報活動をする会社を作っています。

「出来レース」とか「予定調和」という言葉しか浮かびません____

IOCは2024年もなりふりかまわず「アジア」で開催するんじゃないですかね。

あと、次回冬季五輪の開催地なんですけど、姐さんは「もう一回ソチ」じゃないかしら~と思っています。
「そうなってほしい」という願望でもありますけど。

ただねえ、夏と冬と国に五輪を招致するために、ニセメダリストのアレを無理やり仕立て上げておいて、招致だけで力尽きた南朝鮮を見ていると「おまえら意地でも開催してみやがれ」とも思います。
「日本にたかることなく意地でも自分たちだけで開催してみろ」ってね。

ただ問題が山積しすぎて「無理」だろうな~。

かといってIOCは絶対に責任を取らないだろうし、いったい何人死ぬんだろう。そもそもマジで開催されたら選手に死人が出るでしょうね。

ひたすらIOCの五輪ビジネスに反吐が出ます。

電通もいつまで我が世の春とばかりに日本を踏みにじっていられるやら。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
東京五輪、日本の政治 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/31 21:11

平昌五輪、フィギュアは午前開始も 放送を優先




平昌五輪、フィギュアは午前開始も 放送を優先
2015/7/23 23:57
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40795_T20C15A7000000/?dg=1

2018年平昌冬季五輪のフィギュアスケートが、この競技では異例の午前開始で行われる可能性があることが23日、分かった。東京都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の冬季競技コーチ会議に出席した日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長が明らかにした。

同委員長は、時差により夜の時間帯となる北米大陸向けの放送を優先した開始時間となることを懸念。まだ変更の可能性はあるものの「コンディションづくりをどうすればいいか」と不安をのぞかせた。

また、五輪前年のテスト大会が会場建設の遅れにより、現時点ではソウル近郊で行われる見通しであることも明らかにした。〔共同〕


伊東氏の右往左往ぶりが悲しいなあ。

ソウル五輪で陸上100mと200mの決勝戦の開始時間をどうするかでイタリア人にまんまと大金をふんだくられたまだ純真だった南朝鮮の皆さんのことを思い出す。
「IOCはカネでしか動かない」「IOCは簡単に開催国を見捨てる」ことをあれで学んだんでしたっけ。
あのときもアメリカのテレビ放映時間をゴールデンタイムにしたいがゆえの「買収」をしなきゃならなかった。

さてさて伊東氏のお手並みは?

彼が「どこを動かせばいいか」と「ちゃんと最後まで責任を取る」ことをご存知であることを祈るばかりです。

期待できねえーーー



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
平昌五輪(仮) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/31 20:35

フィギュア軽井沢合宿 環境はビミョー!?



もうさ、トチ狂っているとしか思えない。


フィギュア軽井沢合宿 環境はビミョー!?
東スポWeb 7月29日(水)16時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000030-tospoweb-spo

軽井沢合宿の効果は…。フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿(長野・軽井沢町)が28日に公開され、小塚崇彦(26=トヨタ自動車)、宮原知子(17=大阪・関大高)らが取材に応じた。

個人競技のフィギュアだが、今回の合宿の目的はチーム力の強化。日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長(59)は「五輪では男女とも表彰台を狙える選手を3人揃えたい。そうすることで、日の丸の重圧を一人ではなく、3人で背負えれば」とその狙いを説明した。軽井沢を選んだのも、より合宿ムードを高めるため。昨年までの中京大では日常的に使用している選手もいて、普段の練習の延長でしかなかった。

一方で、選手には決して好評ではない様子。男子のホープ、宇野昌磨(17=愛知・中京大中京高)は「ホテルの部屋にクーラーがないんですよ。中京大のほうが良かったかな?」。日本を代表する避暑地とはいっても、日によっては寝苦しい夜を過ごしているようだ。

一流アスリートの練習環境としてふさわしいのか、やや疑問は残るが、小林強化部長は「合宿らしくていいじゃないですか」と一蹴。別の連盟関係者も「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしているから、そう思うんでしょう。五輪の選手村がそんなに恵まれているとは限りませんよ」と話した。

まさか、クーラーがないことが原因ではないだろうが、この日は村上佳菜子(20=中京大)が微熱を理由に午後の練習を中止。参加選手でただ一人、メディア対応も欠席した。スケジュールの都合で合宿に参加していない羽生結弦(20=ANA)、浅田真央(24=中京大)の2人が正解だったなんてことにならなければいいが…。


なんですかこの「戦争がいつ起こるかわからないから一週間に一度だけ飯を食えたらいいほうだ」的なキチガイ理論。

選手を粗雑に扱いすぎです。正気か、スケ連。

毎年莫大な利益を上げていながら「選手の育成」にぜんぜん費用を割いているように見えないスケ連。

これだけワールドタイトルホルダー、五輪メダリストを輩出していながらナショナルトレーニングセンターひとつもなく、他の機関に「間借り」しているスケ連。

各地のリンク消滅に対し何らの手を打たず、選手が懸命に保存活動をすることにしぶい顔をするスケ連。

会長は色気違いだし副会長が現実認識に問題がある人で。

幽霊か?と思えるような謎の理事に「日本のエースを嘘をついてこきおろし続ける」理事に「自称連盟関係者」。

ウンザリです。どうかしている。

「スケ連が骨までしゃぶれる金のガチョウになってくれる”いい子”」すら消耗品扱いにして使い捨てようとしているスケ連。

「五輪を目指す」選手というのは「国を背負って戦ってきてくれる代表者」です。それをなんですかこの扱い。

強化合宿と言う名のもとに選手をつぶそうとしているとしか思えない。

小塚選手「早く帰りたかった」と切実な思いをこめておっしゃっていましたよ。

じゃあ幹部は「もしかしたら悪い環境かもしれない五輪合宿所」を想定してこの夏、一切エアコンを使わずに、米粒ひと粒も食わずに過ごしてください。
ひとに強制するのならまず自分からやってください。

頭になんか沸いているとしか思えない。

いい話がひとつも出て来ない団体って、それを普通は「悪」と断じるものですけどね。

懸命に選手の健康維持に励むザビエル加藤だけが救いだなんて悲惨すぎる。

悲惨の一語です。


↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(5) | トラックバック(0) | 2015/07/31 10:21

週間新潮の記事を立ち読みしました



誰が買うかとは思いつつなるべく克明に頭に焼き付けようとしながら読みました。

まず、浅田家の家族間のことについてはわたしはまったくの部外者です。
だから「当事者の片方からだけの一方的な自己申告でしょ」という指弾は自分にもブーメランとしてかえります。
ただ放ってはおけなかった。

以下、立ち読みをしたていどの人間からの一方的な感想です。

今回のこの記事を読んだ感想は

「だから何?」

が真っ先にきました。

100%真実だったと仮定したところで「だから何?」です。

アイスショー開催中のこの時期にあえて掲載するということに「意図」を強く感じます。


それから、浅田真央さんを前よりももっと好きになりました。

記事の中身が話半分以下だったとしても、家族間でさまざまな出来事を抱えながら決して語ることなく耐え続け、一途にスケートに打ち込み続けたその努力に心から敬意を表したい。

真央ちゃんはどんなに苦しかっただろう。

どんなに辛かっただろう。

同時にご家族も周囲も、ファンもみんなも、それぞれにどんなに苦しかっただろう。

今、真央ちゃんを中心に構成されているすてきなアイスショー「THE ICE」のテーマは「ラブ&ピース」です。

「愛と平和」という明確なテーマを掲げ、出演者それぞれが心に思う「愛と平和」を心と体で表現している。

そもそも「平和を!」という強い希求は勝者の側からは出てきません。

「どうか平和を!」「もう二度と争いのない世界を!」という願いは、いつだって負けた側、弱い側、踏みにじられる側、取るに足りない側、「犠牲にしてもいいと強者によって判断された側」から生まれます。そこからしか生まれないと言ってもいい。

パックス・ロマーナという言葉はローマが圧倒的な軍事力を背景に完全な強者になったときに生まれている。

強者が弱者の声とその存在を「なかったこと」にした後に生まれるモノが人の世の「平和」なのかもしれません。

THE ICEに出演しているスケーターは、そういう意味で全員が「弱者」なのかもしれません。

順風満帆、思いのまま、わがまま放題で来られた人はひとりもいない。

怪我で、不調で、スランプで、家族や恋人や元恋人やもしかしたら友人やあってはならないことですがもっともしかしたらファンとの間でだって、あらゆる無数の人間たちの間で、そして政治的意図による不当な点数操作で、あるいはもっとうかがい知ることのないさまざまな理由で、傷つき、苦しみ、悩み、もがき、そして「それでも自分はスケートを続けていく」と決意して「戻ってきた」人間たちばかりです。

泣きながら、悔やみながら、「それでも」スケートを選び、選び、選び続けた人たちです。

無傷な人間は誰もいない。誰も、です。

リンクではどのように光輝いていようとも、やはり「人間」だったということです。

だからこそ、同じような傷や苦悩や悲しみを抱えながらもひとときの喜びを求めて集まったファンとの邂逅は、まるで一筋の流星が別の孤独な発光体に、無限の中の一瞬の恩寵として、広大なこの宇宙で巡り合えたかのような奇跡的な爆発力を持って圧倒的な美しさをもたらしている。

ファンはスケーターの技術に、演技に、存在に、そのスケーターの「心」を見る。

普通の生活をしていたのでは決して降りかかってはこない大きな感情の激動を経験する。

本当に、奇跡のような出来事がスケーターとファンとの間で交わされる。

弱いから、勝てないから、被害者だから、「だから」黙って忍従しなければならない、ということは「ない」。決して「ない」。

むしろ弱いから、勝てないから、被害者だから、「だから」こそ本当の平和を、本当の公平を、本当の幸せを、強く訴えていくことができるはず。

少なくとも「自分はこのような世界を望む者である」と表明することなしには何も一歩も進まない。

むしろ「自分はこうしたいのだ、このような世界で生きたいのだ」と願うところからすべてが始まるといってもいい。

「どうせ認定されないから」と真央がだらだらとサボって過ごし、怠惰に太って過ごしていたら奇跡のトリプルアクセルは「現実のもの」としてリンクの上に生まれなかった。

「全選手に公正な採点を!」というスポーツとしてまっとうな最低限の出発点すら、声をあげて訴えていかなければ何もひとつも変わらない。

姐さんは「変えることができる」と思いますし「それが全選手ならびに競技の未来のためになる」と確信しています。


祈ることから、すべてがはじまる。

THE ICEのショーが人々を深く感動させるのは何よりもまず出演者が「いいショーにしよう、いい演技を見せよう!」と願い、一丸となってくれているからだと思います。

弱者が強者に転換する。生まれ変わる。

傷ついたからこそ、倒れたことがあるからこそ、そこから「戻ってきた」人間は強いです。想像を越えてはるかに「強い」。

THE ICEは、そんなショーだと思います。

その中心にいる浅田真央はやはり尋常な存在ではない。

まさに「星」だと思います。

そしてもうひとつのテーマは「愛」。

わたしたちはありとあらゆる困難の中で「それでも」スケートを愛することをやめなかったひとりの少女の「愛」を見せ続けられてきた。降り注ぐ汚泥の中で、泥まみれになりながら、決して穢れず「星」を、「理想」を目指すことをあきらめなかったひとりのスケーターの「愛」を見た。

真央ちゃんは本当にスケートが好きなのだろう。

それしかないと思い詰めるほどに、そこにしか居場所はないと、切なく追い求めてしまうほどにもスケートを愛し続けた。

再び愛することを決意して、その愛をリンクで花開かせている。

ラブ&ピースというほとんど死語にも近いような手垢がついた古臭いコトバを、この概念を「今」あえて出したきたことの意味を、わたしたちはもう一度考え直すチャンスをもらったのだと思います。

ローリー・ニコルに真央がだまくらかされているとは思えない。

真央を通してローリーは「本当に世界に平和がもたらされる」のを見続けた。

そして実際にTHE ICEを一度でも経験したことがある人は、みんなが「あの夢時間」で幸せだった。満たされていた。

世界は本当に平和になったのです。真央がいるところを中心に。




今回の記事は「自分は被害者だ」という女性側からの自己申告で構成されていました。

他人の家の家計や家族関係すら喋り立てるこの人の、今回の行動を、姐さんは支持しません。

どのような理由があったとしても「マスコミにしゃべる」前にまだご本人には通常の努力の範囲でできることがあるからです。

本当に「記事に書かれたような自己申告」どおりの問題があったのなら警察沙汰どころかきちんと弁護士を立てて訴えを起こし存分に正義を争えばいい。簡易裁判なら安価で迅速に判別がなされます。そこまでいく前に公的機関なりを利用して、公正な第三者を入れて「まっとうな手段」で徹底的に戦えばいい。

まして新潮社は「有名人の親族だから」「国民的人気のあるヒロインの家族だから」「これは売れる!」という判断で記事を掲載したのでしょう。それ以外に理由はない。

この女性の「自己申告」も「だから記事にした」のでしょう。

となると、一方の浅田さんのお父様は以前から「娘と自分は別。自分はマスコミには話さない」という姿勢を断固として貫かれ、決して表に出てきません。

「マスコミには喋らない」と宣言している相手のことを「一方的な自己申告」で語ることは公正でしょうか?

マスコミを利用した段階で、すでにこの女性のほうが「圧倒的な強者」となってしまっている。

既に彼女は加害者です。

もしもお父さんに何か問題があるとするのなら、このように「当事者間でしか真実をうかがい知れないこと」をマスコミに一方的にしゃべるような人間とかかわりを持ってしまったことでしょう。

それが恋着なのか何なのかわかりませんが。

そういえばわたしは恋愛にうといです。どのように深刻な悩みとして相談を受けても次のアドバイスしかできません。

・あきらめる。
・続ける。
・死ぬ。

「好きなのを選ぶといいよ」としか言えないのです。これ以外の選択の余地があるとは思えない・・・。

まあそれはわたし個人がぱっさぱさに乾いた心の持ち主だということの現れなのでしょう。

でも、「当事者間でしか真実をうかがい知ることができないこと」ことに「男女の秘め事」を一方的に他人にベラベラしゃべる人は、一般人の間であっても嫌われます。迷惑です。

まして「有名人の家族だから」雑誌に掲載されると知って「一方的な自己申告」をした女性のことをわたしは尊敬できません。

どのような事情があったにしてもです。

常日頃、「できるだけ大勢を巻き込んで闘え」という主張を持ってはいますが、圧倒的強者の立場から「自分の言い分」だけを流布する前にいくらでも「まだ自分でできることがあったはず」ということと「有名人の家族だから」だからしゃべったこの人も、取材した記者も、掲載した新潮社もゲスな人間だと思います。

一方的な主張を圧倒的な強者の力を借りて流布させることを普通に世間では「卑劣な行い」と言いますね。

ことに新潮社はやりすぎです。

「トリプルアクセラーを詐称する荒川静香」ともども、新潮社は「常軌を逸している」段階に来ました。

自らの首をここまでしめずとも、という呆れた気持ちが残ります。自らの死刑執行書に大きく署名をしてしまった。

「かえし」はこれから出るでしょう。わたしが何かをするのではありません。自らの行いに応じた結果をすべて引き受けて生きていくのが人間界のルールだからです。大変気の毒なことに思います。完全に「やりすぎ」ました。もう取り返しはつきません。



そして、浅田真央さんです。

このゲスの極みのような記事に対する感想は「で、だから何?」と「このように、カネ目当てなのか復讐なのか自己顕示欲なのか、理由は本人にしかわからないが、当事者間でしか真実を知ることがない人間関係の機微を一方的にマスコミに話してしまう女性とかかわりを持ったことだけが、おとうさんは責められるべきだ」という二つです。

あ、「新潮社さんが自分で自分に引導を渡したわ」もありますね。

そしてこの記事の冒頭で「浅田真央をもっと好きになった」と書きました。


真央ちゃんがどんな思いでスケートに打ち込んでいたのかを思うとき、暗澹たる思いが広がります。

真央の救いはいったいどこにあったのだろう。

私生活はいろいろあるし、しかも「本人以外」がわやくちゃっぽいし、あんなに打ち込んだ採点は異常だし、マスコミはないことないこと嘘を書きたてるし、所属スケート連盟は「南朝鮮の外国人選手だけがすんばらしい」とキチガイみたいなことを言いまくるし一切守ってくれないし、それどころか所属連盟の理事みずからが発狂したように「浅田真央はなってない」とわめき散らすし、所属マネージメント事務所は「ほんとに守ってくれてるの?」と外部から見ていてハラハラさせられどおしだったし、

真央の救いはいったいどこにあったのだろう?

そう思うと胸がつぶれる思いがします。

・・・辛かっただろう。


真央のファンと話をすると「自分がどんなに真央によって救われてきたのか」を切々と語ってくれる人が多いです。

「どんなに真央に救われたか」

「真央がいたから強くなれた」

「真央がいたから踏み出せた」

「真央がいたから乗り越えられた」

「真央がいたから、生きていられた」

姐さんもそうです。浅田真央がいなかったらとっくに地球を去っていた。本当です。

その、真央の救いはいったいどこにあったのだろう。

真央ちゃん。

ごめん。なんにも、なんにもしてあげられなくて。

力になってなんかあげられなかった。

一所懸命書いたつもりのファンレターだってトンチンカンきわまりなくて、真央の心になんかひとつも寄り添えていなかっただろう。勝手な期待や願望ばかりで自分のエゴをまるだしで。

真央ちゃん。

だけど、わたしは真央によって救われて、真央によっていつだって勇気をもらっていた。

本当に好きです。心から尊敬しています。

たとえ何があったとしても、どのような黒雲が暴力によって覆いつくそうとしても、あなたはいつだって打ち勝ち、打ち勝ち、打ち勝ち続けてきた。

あえて言う、何度でも言う、死ぬまで言う、死んだって神様の前で言う(もし地獄に落ちたって根性で神様の前に這ってでも絶対に行って言う、神様が聞いてくれるまで暴れてでも聞いてもらう、)

わたしは浅田真央さんが大好きです。心から尊敬しています。
彼女は神に誓って後ろめたいことは何ひとつしていない。

彼女はフィギュアスケートを愛し、リンクに戻った。尋常ではない努力と闘志と「喜び」のために。

それをわたしは祝福したい。

真央ちゃん、おかえりなさい。嬉しいよ。

そして浅田真央さんをこれからも応援し続けます。



こんなクソ記事が出たから、「だから何だっつーのよ」以外の感想が出るはずがない。

当事者の女性はなさりたいのならどうかまっとうな手段で存分におとうさまと闘い抜いてください。それは自由だからです。
マジでぶっつぶす必要があるかどうか、公正な第三者や公的なしかるべき機関をおおいに使ってばりばり相談&戦略を練ればいいわよ!

マスコミに「一方的な言い分」を
売り飛ばして「卑怯者」と
世間様から後ろ指をさされる前に
できることは
いくらでもあると思うよ!



真央ちゃん、あなたがリンクで見せる輝きがすべてです。

どうか存分にぶちかましてください。

あなたがすべてに満足して笑ってシーズンを終えられるように祈り続けます。

どうか本懐を遂げられますように。

ご武運を!!!!




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(31) | トラックバック(0) | 2015/07/30 22:02

2ちゃん的フィギュアスケートさんの記事



愛読させていただいている「2ちゃん的フィギュアスケート」さんのこの記事。

2015年07月29日
キム・ヨナ「17~18年の選手生活のうち、つらかった思い出が80~90%だった」

浅田真央「フィギュアスケートっていいな」

キム・ヨナ「フィギュアスケートが憎い」


こんな奴にメダルをくれてやったIOCは本当に万死に値するし、南挑戦の不正に加担し続けたISUは地獄に落ちるべきだし、日本を敵対視して邪悪な目論見をぶつけ続けた南朝鮮に塩を送り続けた日本ドスケベ連盟は少なくとも理事以上は全員更迭されるべきだと思う。

浅田を孤立無援の生き地獄に突き落とし、犠牲にした日本ドスケベ連盟。
浅田を売って得た利益で彼らは何を買ったのだろう。


なぜ誰も責任を取らないのか?

なれあいと足のひっぱりあいと拝金とが蔓延するあんな腐った団体に
どうして「まともな運営」ができるんだろう。解体されるべきだろう。

「選手はカネもうけの道具」
「選手は使い捨ての消耗費品」
「手柄は連盟がひとりじめ」
「コネとえこひいきと利害関係ですべてが決まる」

こんな腐った団体に。


浅田真央のすばらしいアイスショーを経験した人たちに今こそ知ってもらいたい。

稀代の天才、浅田真央がどれほど辛い道を歩むことを強いられたのか、
どれほどけなされ、おとしめられ、傷つけられ続けてきたのかを。

「不正の証拠は本人の演技」

キム・ヨナの演技こそが最大の証拠です。本人の演技が「メダルに値しない不正の演技」という最大・最強の告発になっています。

真央を愛する心ある皆さんよ、わたしたちは決して忘れることはできないし、
罪は償わせるべきなのだと、
今だからこそ強く強く訴えたい。

真央がされてきたことは、わたしたち全員が「そのような立場」に立たされる可能性がある生き地獄だったということを。
真央がされてきたことは、彼女には一切の責任も理由もなく、ただただ理不尽すぎる「暴力」だったのだということを。


誰が忘れられるだろう。


これからも「不正の事実」をわかりやすく伝えていこう。
事実を集め、具体的に明確に、「不正採点」を伝えていこう。
そして罪を償ってもらおう。

「全選手に公平な採点」をめざすのが当然なのだとわかってもらおう。

姐さんは絶対に忘れない。そしてすべての罪状を実行犯に償わせる。


思いは強まるばかりです。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナが抱える多すぎる問題 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2015/07/29 23:39

IOC、新国立計画見直しを了承 理事会、東京五輪で




IOC、新国立計画見直しを了承
理事会、東京五輪で
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150729000075

 【クアラルンプール共同】国際オリンピック委員会(IOC)は29日、クアラルンプールで理事会最終日の審議を行い、2020年東京五輪のメーンスタジアム、新国立競技場の計画見直しについて大会組織委員会の森喜朗会長らが説明し、了承された。

新国立競技場は総工費が2520億円に膨らみ、計画が白紙撤回された。森会長によると、変更について申し訳ないと伝えると、開催経費削減を柱とする改革を進めるIOCのバッハ会長は「変更は当然あるべきこと。いい方向にもっていってもらいたい。そのための協力はする」と返答したという。(共同通信)
【 2015年07月29日 14時10分 】




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
東京五輪、日本の政治 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/07/29 15:44

悲報;姐さんのパソコン、ついに桃色に!



桃色!桃色!液晶画面が桃色に!
上部に指1本ぶんくらい残して元のままなのがまたなんともwww
買wwいww替wwえwwなwwwきゃwwww

asus.jpg

※姐さんのせいではありません!

どうですかこれ!

※THE ICEダンスバトル用「真央先生のダンスレッスン動画」にコーフンして壊したわけではありません!

ASUSさん!買ってまだ2年目なのにどういうことなの!

※メーカー保証が切れたとたんにこのありさま!これは・・・伝説のS○NYタイマーなのかっ!(伏字になってません)

困りますよねーwww
せっかく好評をいただいている荒川静香お衣装シリーズに支障が・・・
でも大丈夫!
色は全面的に桃色だけどデザインはわかるから!
めげない、へこたれない、あきらめない。
そう、お衣装シリーズは永遠に続くのよ!
だってアラカーさんが「ルールに詳しくなるな、衣装でも楽しんで(笑)」と命令指示を出していらっしゃるんだから!
そんなもん永遠に注目し続けますわね、アラカーさんの命令指示どおりにwww
姐さんは悪くなーいwww悪くないよねー☆

こういう画像だって作れるよ!

CK7KgxFUwAEX9T0.jpg


それにしてもなんだよお、ちょっとばかり盛り上がって画面を触ったくらいのことで「あーーれーーーー」と桃色になるなんて!
御代官さま呆然だよ!

※姐さんは何もしていません!←ここ重要

「真央ちゃんが好きな色だから☆」というだけの理由であんがい満足しているオノレがヤバイwwwww

※ASUSさんの名前を連呼してますがこれまで何も問題なく使えていました!いい奴でした、このパソコン!

さて、次は何を買おうかな?
あー、道にノーパソ落ちてないかなあ~(遺失物の横領は犯罪ですwww


以上、近況報告です。どんだけ間抜けなのか自分www

※浮かれすぎです!



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/07/28 11:28

近況その他。某お稲荷さんと丁々発止



セミナー用にネタを仕込もうと思い、先日、せっかくだからと都内某所のお稲荷さんに相談をもちかけてみたんです。
「アブラミとアブラゲは似ているから、ひとつあたいのアブラミをどっさり食い尽くしてみねぇ。ダイエット明神さんとして話題を呼ぶこと請負だぜ」と。速攻で「ヤだ!」とつっぱねられまして、○キロ減る!どころかデキモノをこさえられたあげくに内臓がはみ出してくるという事態に。そこで「せっかくだからキツネの形に腫らしてみねぇ」とリクエストするも拒否。
しょうがないので「じゃあ取り消し!」ということで手を打ちました。
この間、わずか三日ほど。ただちに健康体に戻りまして、元通りでございます。
残念ながら現在のダイエット大明神、ならずです。
「じゃあガン細胞だけ食い尽くすなんざ、どうでぇ?人には拝まれ自分は満腹、結構づくめじゃねえのかい」には「臭くてまずいから嫌だ」そうです。
ちっ、使えない稲荷だな~と内心で毒づいている姐さんはいつ落雷で死んでもおかしくはないですか、そうですかwww

これって「現象が出るのは三流」という持論に従えば「ダメな事例」に入るんですが、一応自分の中では「祟りではない」ことにしています。
そう、「祟りではない」のだ。まあちょっとした人体実験ですわね。
「何もないこと」をもって至上とする姐さんの体に改変を加えられるのだからなかなかのモノだなあと感心しました。
あと「自分で許可を出したからしょうがない」とも。
そしてこのような接触があったから今後崇敬を寄せるかと申しますと別にそうでもない。
これまで通り適正距離をおいて無視していきたいと思います。

実にスピーディであからさまではっきりと「わかる形」で意思表示をしてくるのが、このように人間の次元に非常に近く、それゆえに現実世界に容易に介入をしてくる存在ですな、とひとつ実証できたと思います。

そもそも「お稲荷さんてナニよ」ってことから話を初めて「お稲荷さんはコワイ」と「されている」理由とかルーツとかをひもとくことで「神仏とのかかわり心得」を広めようとしていたんですが自分が内臓はみ出すってどういうことかとwww
未熟です。ムwwカwwつwwwくwwwwww
いいじゃんねえ、アブラミをわしわし食ってくれたってwww

まあ功名心もちょいとありましたんで、やっぱ距離を置こうと思いました。

一切反省していないのは内緒ですwwwwwww


姐さんは「仕事」をしている時が一番幸せなのですが、近年「祟り」を取り扱うことにとても喜びを感じます。
祟るほどパワフルで一途に思いつめている人(というか人だったモノとか自然の事物)に話を聞くのが面白い。
ハリウッドスタァにインタビューするように「んまあ!それで二百年も!?」とか「どうなさりたいの?よかったら手伝いましょうか?」といそいそうきうきしてしまいます。真面目だもんな~、あちらさんサイドって。

人間はころころと気分が変わる。天国と地獄を瞬時に往還できてしまう。キムに被曝してげーっと思っても真央を見たらほわほわ~になれるw 自分で選べるんですよね、「いる世界」を。

真央ちゃんは、彼女がいればまわり中が笑顔になるからきっと普段から極楽に暮しているんだと思う。
ときどき地獄の住人やあえて修羅道を選び、好んで腐敗した暗くて寒くて殺し合いと奪い合いをしないといられない世界に安住している気の毒なモノたちが彼女の足を引っ張ろうとするけれど、そもそも真央の足は地面からちょっとだけ浮いているからつかめないw
無駄な努力に必死ですわね。

でも、ボディを出た実体たちはこの世に根がかりを持っていないと実在していられませんし、
そもそも神として存在するにあたり
滝や山や川や風や樹や岩や海や・・・というような「モノ」に準拠するような存在も、
ニュートン力学に代表される「この世の法則」には厳然と支配されている。
物理的法則には従っている存在です。

オバケが実体化するときに「寒っ!」となるのは
気温の熱を奪ってモノに転換して現れているからで、けっこう緻密なエネルギー換算をしています。
生命反応はすべからく電気反応ですから、異変があるときに電化製品に異常があったりするのも当然のこと。

たとえば現東宮が「天皇位」という「器」のお役目を果たせないのではないかと思うのも
ナイアガラ瀑布の水量を一気にいちごのパックにいれこむような、人には無理な電気反応を
節制と儀式と教育によって長年かけて「できる心身」に作り替えていくための準備が
できているように見えないからです。
準備ができている人はあのようにボンクラな顔をしていない。できないんです。
どのような資質の者であっても「覚悟」があればあのようにノホホンとしていられるはずがない。
そこを姐さんは恐れますね。
というか残念に思う。
日本で唯一「天地創世の神」とダイレクトにコネクトできる存在、になれたはずなのに。
日嗣の御子、というのは伊達ではない。実際に、本当に、現実に、「神」と一体化できるお立場なのに。
なんで消え去るモノにとらわれたかなあ。はかなく消え去る地上の営為を優先しちゃったのかなあ。

その点では小和田雅子氏もそうですね。もったいない。実に。
望めば日本最高、世界最高の人材と親しく語り合い、学び、育つことができたのに。
その立場を正しく用いてどのような痛みや苦しみにも光を当てて国民と共に「神」に近づくことができたのに。

全部自分でつぶしてしまった。
結果が「業務用冷蔵庫」と呼ばれる肥え太った容姿と「鬼」にたとえられる「人に不快感と恐怖しか与えない作り笑い」のあの面です。中身が醜いとどう外見をとりつくろっても「不快感」しか人に与えないんですよね。
いい加減、弟宮とその妃殿下の功績をかすめとり、自分たちの悪事をなすりつけるのもやめるべきだと思います。
無駄なんですよ。
お二人が立つべきは「神」の前であって、お抱えライターやお取り巻きママ友()連ではないんです。
地上のモノにあれほど拘泥する人は一般人の中でだって嫌われます。下卑た顔つきで荒い動作で損得だけで動く打算感情は軽蔑の対象にしかならない。
クズ磁石のゆえんです。

神ってのは人の「行動」を見ますからね。心など魂など当然のこととしてお見通しです。「その人が実際に何をしているか」をよく見ます。だから神前の儀式があるんですよ。礼を失しないようにわたしたちのご先祖が決めてくれている。最低限それだけは守っておけよ、という儀礼典範がある。ありがたい話です。

岩手県でいじめによる「殺人事件」がありました。

悪人ほどよく神社に参拝をするものです。怖いからです。「人に恨まれている自覚がある」から、だからせっせと神にすがって「どうかお守りください」とやる。社殿の建て替えにカネを出し、御祭りに寄付をし、イベントに参加する。「守ってください、助けてください」「そのかわりこれこれの寄進をします」と約束する。そして約束を守ります。

神も仏もこの世のルールに従うという一面がある。地上に近い存在ほど人間の次元に容喙します。それができる。許されている。

だから悪人であっても「約束を守る」ことを続ける人間には「そのカミ」は守護を与えます。神との関係性において「どういう態度だったか」だけを見るのならそれが当然、自然です。

そして「普通にいい人」は神社にそんなに参拝しない。わざわざ家に神棚を祀りもしない。せいぜいが新年の参拝や、人生の節目に思い出したように行くくらい。

そうするとやっぱり「可愛がられる者」は前者になるんです。悪人。

非常に残念なことですが、岩手県の手巾北中のいじめ「殺人」事件の地域ぐるみの隠ぺいではこれが起こった。
ようするに「地域全体に仇成す【悪人】を神が守護した」ということです。
これは地域神をすげかえるしかない。

支店長が、強圧的なクレーマーだからといって特定の客に対してだけ不当な大幅値引きを行って、プロパーで買う客との比較で異常な得をさせ、しかも赤字を粉飾決算したようなもの。
これは本社から人を出して「どういうことだ」と調査されます。同時に税理士も調べるし税務署も動くだろうし、コンプライアンスに照らして懲戒解雇相当もしくは損害賠償のため民事・刑事告訴ってこともある。
会社全体の信用をがたっと落とされてしまうことへの償いは、ひとりの人間ではもう決して取り返しがつかないほど大きい。
誰にもどうにもできないほどの悲劇が待っていることもある。

でも、「本当に地域のためになるのは誰か」を「人間も含めて自然環境全体」から考えてみると、「善」も「悪」もけっこうなスパンで見て行かなければなりません。
線を引く規矩は誰のものを採用するのか。
罰則はいつの時代の誰が制定したものを採用するのか。

「そのカミ」の取り扱いをどうするのか。

土地柄、というものもある。その場所が「日本」の中でどのような位置づけになっているのか。

姐さんは明治大帝が出された勅旨の中で「霊的な解除がなされていない命令がいくつかあるのではないか」という疑問を持ち、こつこつと調べ続けています。
ずっと心配していたのは「東北」への取り扱いでした。

不用意に公言すると右翼からも左翼からも誤解されますし、
皇室不要論の根拠にされないとも限らない。

姐さんは皇室は必要だと断じます。
理由はとてもシンプルです。
上から順番に大きい理由になります。

・普通の人が接触するとただちに死ぬほかないような高い位置づけの「神」とダイレクトに直結しその状態を保持できる「天皇位」に就くことができる人材を出すだけの儀式や帝王学などの技術と伝統が残されている。

少なくとも明治以後、践祚なさるたびに異なる立場の複数の人間が「人間として臨まれて神=天皇として現れた」と「その夜」おひとりで行われる儀式から明けた天皇陛下に対して書き残している。実際に「天皇」でなければ到達できない「出発点」には立たれている。これこそを登極という。そこからの精進の果てが本当の意味での現人神。


・「適正距離を置いて相手とつきあう」という霊的にも現実的にも最重要な「あり方」の伝統が色濃く残されている。

「自分プラス自然」が「大自然」であるという認識がある。
相手=自然を搾取せず、分を越えずに共存する知恵がある。これこそが神道の神髄であり本当の意味で世界宗教とも世界哲学ともなり得べき広大さを秘めている。
奪い合わず取り合わずとも万人に行きわたるだけの自然の恵みをあらかじめ備えていただいて人間は地上に降り立った。分かち合い助け合う世界観だけが唯一世界を救えるだろう。


・「天皇家」には既に代替の効かない歴史が積み重なっている。これにとって替われる「権威」や「歴史」ある家系を今から構築しなおすのはおそらく無理。

幾度かの断絶やそれに類した危機的状況を越えて「ともかくも続いたという事実」が「実際に有用だから」の傍証になる。
戦後、ころころと短命に終わる内閣と総理大臣ではなく、「天皇」という世界一長命な家系の裔が存在することが日本の国益にとってどれほどプラスになったかわからない。


そしてここでいう「神」はすべて「土地につく」ものです。

わたしたちは自分が住まう地域全体の霊的実在について、その素性をよく知り、理解して、どのような付き合い方をしていけば「まことの幸い」が得られるのかを、今一度改めてみる時代にいるのかもしれません。

神にとって人間というのは、神を認識し、音声に出して神に語りかけることができる直立する哺乳類として非常に重要な位置づけにあるのです。
人間もたった一種類の生命ですが、役割は非常に大きい。

わたしたちは空にまず太陽を見、それを最初に尊いと成した。そして夜。同じように月を見る。日と月と大地とで初元の三角を形作る。さらに深更、無数の星が空に出る。夜空は人工の光や火山の明るさ、夜光虫のようなものがない場所では文庫本が読めるほど明るいです。さらに光源があちこちにありますから影が複雑にできます。ものが陽光よりも立体的に見えます。奥行きが深い。
直立歩行し、自他を免疫機能によって識別する恒温動物、哺乳類でなければ夜空を見て「太陽のように尊いものが無数にある」と認識できない。神の多様性=多神教は必ず夜空からきます。
夜空を、圧倒的な輝きと美しさで世界を埋め尽くす星空を地上に降ろす。再現する。
「夜空を地上に配置しなおす」ことが世界の信仰のはじまりです。

これらの「機能」を、具体的に現実に、清潔を保ち、祈りのコトバを声に出し、祝詞と舞とでくりかえし「神」に伝えていくことが世界で一番得意なのは日本人だと思います。

そのためにこそ日本人はあると思う。

神ながらの道、というのは実にシンプルな道なのです。

環境と調和して、最小限の消費で最大限豊かに共生する。
万物と適正距離を保ち、それぞれに潜在性を発揮して花開いて輝くこと。

これだけです。

どこにも無理がない。無駄もない。ムラもない。不自然ではないがゆえに永遠に近いほどの時間、保たれます。

これらを害するがゆえに、わたしは一神教はすべてカルトだと断じますし、釈尊が「不要、無用」と喝破した「修行」に相変わらずはまっている人たちを気の毒なものに思います。よせばいーーーーーのに、です。


幼少期から奇異な現象が日常でした。奇異とされているカテゴリーでの経験が多かった。それゆえに「これはどういうことか」「なぜこれがこうなるのか」を理解すべく、自分は徹底したリアリストになりました。曖昧さを排除し、具体的、現実的に検証をしていく。
それらの冷徹な検証をはるかにこえて「神はある」「仏はいる」と繰り返し実証を得続けて今に至る。

人からのいかなるアプローチの荒波をもらくらくと凌駕して実在する。


・・・それらとの共生、それらとの共存をいかにはかっていくか。わたしも含めて見直す時代がきているのだと思います。

まずは「中の人」がいかなる存在なのか「自己申告」をチェックする。社寺の公開情報をあらためて、矛盾や偽りがないか確認していく。天台宗の寺院なのになぜか弘法大師が開祖だったりという矛盾などいくらもある。
神や仏がどのような扱われ方をしてきたのか歴史的事実を洗うのも大切です。

そして何よりも「自分がどう感じるのか」が実はすべてだと思う。

あう、あわないのフィーリングはある。波長が揃う、気が合う、というのが大事だろうと思います。

自分がありとあらゆる場所で平気で踏み込んでおきながらここで言うのもなんですが、

・あいさつをしっかりする=礼儀を守る。
・約束を破らない。

これだけできればOKでしょう。

あいさつは大事です。すべての祝詞はまず最初に自分が誰でどういう理由でこれをこと上げするのか説明します。

約束を破ってはいけないのは人間ともそうですが、神は「約束を破れない」存在です。彼らは現実世界に根をおろし、かすかなモノとの接触で自らをくくりつけているような存在です。約束を守ることが存在理由のひとつでもある。約束を破るのは常に人間の側だだった。これはとてもよくないです。
もし約束を守れなくなりそうなら、先に「守れません」と言うべきです。
「毎日の水の取り換えが無理になりました。1日おきにさせてください」とかね。
特に現実に近い存在ほど「えっ神として祀る約束だったよね」と簡単に「現象」を起こします。
しかも「場所につく」ものですから、これらを知らずにうかつに神像を盗んだりすると盗んだ先でフェスティバルが始まります(笑)。
神の祟りは連帯責任で地域に起こりますから、今知らずにやばくて怖くて祟るものから選んで盗んでいくとある人々は本気で気の毒でなりません。見た目悲しんでおかないとバレるので、あくまでも「人間のルール」できちんと裁き罪を償わせるべきですが。

仏の場合は人につきます。なので同じように「実行犯」が真っ先に血祭りに・・・いえそれぞれに事情がありますね。

ただ言えるのは「日本に仇成す意図と行動」はもう「日本の国土そのもの」が許さない時期にきたということです。
わたしが表だってこのようなことを言いながら無事でいる、加護を受けられている、ということが「もう言っていい」ことの証拠であり、人間への警告なのだと思います。

ほんと、崇敬を集める尊い存在に気軽に「どうよどうよ」とがぶり寄っていくような人間が何を言ってもアレですが、このようなことを日々思い、自らで試しながら楽しく過ごさせていただいています。


まとめ

「中の人」の素性あらためは念入りに(得意分野は立候補・自己申告制ですから)
あいさつ重要、礼儀は守る(これさえできれば人の間でもOKです)
約束は破らない(根の国の風に吹かれて嘘をつき続けると後が大変です)


ぐだぐだと長い記事ですみませんでした☆




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
皇室、神道、信仰など | コメント(9) | トラックバック(0) | 2015/07/28 02:24

ショーまであと少し・・・



以下、きめぇポエム注意ですわよ!
言ったからね!姐さん「きめぇポエム注意」って書いたからね!
読んでケツの穴がむずむずして「ひいいいいいいああああああああ」と叫んでそこらを走り回りたくなっても知らないからね!
「きめえええええええええ」って絶叫したくなっても責任は取らないからね!
引き返すなら今よ!
そして姐さんと一緒に「57年間も日本を戦火に叩き込むなんて後醍醐天皇パネェな」と語り合いましょ!あと「嵯峨さんの子だくさんぶりは異常」とか!
て、照れ隠しじゃないんだからね!



こちらの記事でTHE ICEのご感想を頂戴しておりまして、本当にありがとうございます。もっと書いてくれていいのよw皆さんのコメントを拝見するだけで感動とトキメキと喜びと、そして涙とが心身を満たします。
なんかもう「行かなくてもいい」気すらしてきました。
おりしも来日し福島を訪問なすってくださった臺灣総統に手持ちのチケットをお譲りしたいくらいです。
日本で最高のおもてなしとなったら「浅田真央のアイスショー」になるんじゃねえかと思います。わりと本気で。



改めて思います。真央ちゃんて本当にすごい人だなあ。
何千人をいっぺんにわーっと幸せにできちゃうんだから。
出てきただけで全員が笑顔になるんだから。
見ただけで、いや、心で「真央ちゃん!」と思っただけで幸せになれちゃうんだから。

これを菩薩行と言わずしてなんと言おうぞwと仏教用語を引いてみました。
真央のことを如来だ観音だ菩薩だと、あるいは天使だ女神だ妖精だいいや俺の嫁だと
人はさまざまに言いますが真央ちゃんは一貫してただただ「浅田真央」だった。
嘘のない、偽りのない、ありのままの自分のままでただただスケートを愛し続けた。

人が彼女をどう見ようと、彼女はただスケートをしていただけです。

その「道」にどれほどの涙と苦痛と悲しみがあったのかは何も語らず、
彼女は今日も笑っている。

なんてすごいことだろう。

アイスショーで見ていられるうちはいい。姐さんはきっとひとまわりもふたまわりも大きく豊かに成長した美しい真央を見て感動し感激し歓喜を得て幸せに戻ってくるだろう。

けれども続けて試合が待っている。

「よくも真央をいじめられるな」となかば呆然とするような理不尽と不正直と不平等をまたしても見せられるシーズンになるのだろう。
かつての不正をどう償いようもなく、一度ついた「嘘」のためにISUは自らの腐敗と罪科を今日も重ね続けるのだろう。
醜く、惨めに。
一切の自浄作用を欠いた、腐敗組織。けれども彼らが犯した罪ははしから明るみに出るだろう。
だって「選手の演技」と「異常な採点」が残されているのだから。

嘘は、嘘それ自体の重さによって必ず人を崩壊させる。すべてが明るみに出るのは確実だ。
それだけはわかっている。



でも、真央はもうすべての桎梏を解き放たれて「自由」にリンクを舞っている。

彼女はお母さんのためでもなく、ファンのためでもスポンサーのためでも、点数、順位、メダルのためでもなく、

「楽しみ」「喜び」のために戻ってきた。

「試合が恋しい」と彼女は言った。

ああ、本当に好きなんだ。技術を磨き、心を整え、命すらもなげうって、「自分の演技」を実現させる、そのサイクルが、
その苦難が、その喜びが、本当に好きなんだ。
そう思って驚愕した。同時に「ああ、だろうな」とも思っていた。

そうだよな。あれだけできる人だもの。あのような高みにいる人だもの。

世界最高得点をマークしたさいたまワールドまで「最低限戻す」と言うのなら戻してくるのだろう。

「新しい挑戦をしたい」と望むのならそのような構成で戦うのだろう。

それが真央ちゃんの喜びなんだ。

小さなころから世界を転戦してきた人の、一番幸せな瞬間なんだ。

なんて人だ。すごすぎる。




愛を得た人だけが味わえる本物の歓喜の中で真央はまた人類史を大きく前進させるだろう。

「喜びのために」滑るんだから。そうならないわけがない。今から見るのがおそろしいほど、それは確実な未来だろう。

本当に、真央ちゃんの中身は底知れず大きく、強い。

ただただ「ありがとう」しか言えないくらい、真央は一途にスケートを愛し、闘い続けてきた人だ。


ありがとう真央ちゃん。
歓声にかき消されて届かなくても、見交わす目と目がたとえなくても、
会場のどこかから姐さんは「ありがとう」を伝えたい。

真央ちゃん、大好きだ。ありがとう。


本当は少し怖かったんです。
生真央を見たら感動しないわけがない。
心身共に浄化されきって「それでは皆さんサヨウナラ」とならない保証もないわけで。

真央が幸せそうだから、だからもういい、とあきらめてしまうかもしれず。

でも、きっとそうはならないだろう。

この生来の喧嘩っぱやさと「不正はいけない」と思う心はたとえ浅田真央の天界の笑みをもってしても
きっと押しとどめられはしないだろう。
それが姐さんってものなのだ。

まだまだやるべきことはある。
本当に、とてもたくさん。

できることを、できる人が。



あらゆる意味において、天に誓って何ひとつ後ろめたいこともなく、本来彼女が手にするべき正当な持ち主なのだから、五輪金メダルを奪還できるまで粛々と歩き続けたい。
「その日」が来ることだけはわかっている。
どんなに嬉しい日になるだろう。どんなに幸せな日になるだろう。

そのとき真央ちゃんはわかってくれるだろうか、盗まれたものを取り返しただけなんだって。
あなたは犠牲者ではない、そもそものはじまりから勝利者だったのですよって。
あなたは、あなたこそは、人類の頂点に立つべき究極のフィギュアスケーターなんですよって。
バンクーバーのあの時点ですら、そうだったんですよ、って。


あれからの日々。

「浅田真央」の名は星と輝き、永遠の世界でさんぜんと光輝いている。

本当に、すごいことだ。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/07/28 00:52

フィギュアはぶっつけ本番? プレ大会はソウル近郊で開催の方向




フィギュアはぶっつけ本番? プレ大会はソウル近郊で開催の方向 2015.7.23 22:25
http://www.sankei.com/sports/news/150723/spo1507230040-n1.html

日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は23日、2018年平昌五輪のプレ大会を本番のフィギュアスケート会場で行えない可能性があることを明らかにした。

リンクの建設が遅れており、プレ大会に予定されていた17年2月の四大陸選手権は現時点でソウル近郊で開催される方向という。伊東委員長は「ソウルでやるなら普通の大会になる。(五輪会場で)滑らせていただく手立てはないか」と“ぶっつけ本番”となることを懸念した。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
平昌五輪(仮) | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/07/23 23:45

怪談イベント



いや~、フェアジャッジングムーブメント座談会、毎回笑いっぱなしです。なんでこんなに面白いんだろうw
ご参加くださる皆さんがそれぞれに熱くて愉快で筋が通った「自分の観方」をちゃんとそれぞれにお持ちでいらっしゃる上に、話がうまい方が多くて本当に勉強させていただいています。
まだ参加なさったことがない方も気軽にいらしていただけるといいですね。
何より面白いんですよ。
一年以上続いたのも皆さんのおかげです。ありがとうございます。
8月も勿論あります。近日中に参加者募集を行います。

ところで、完全に個人的趣味まるだしの「怪談会」を行います。
またしても突然、またしても平日早朝からというふざけんなwwwな日程のイベントですが
姐さんは「怪談」が文学表現における最高峰のジャンルだと勝手に思っておりますし
「生きた人間が実際に話す怪談」のすごさについて常々敬服してまして、
今回初めての試みですが、ぜひ皆さんと共有させていただければと思います。

3時間のうちで「怪異とは何か?」まで話がいくことを願いつつ。

それとお稲荷さんの回が人気だったので、別の日に同じ内容でもう一度話そうかなとも思っています。
あとは神仏別レクチャーシリーズとかも面白そうです。

できれば実際にその神社ゆかりの方にお話をお願いしたいので
今夏以後はちゃんとした神職の方に講演会を依頼するよう動いてみたいとも思っています。

ただ姐さんの不謹慎な合いの手やツッコミをどこまで許容いただけるのかwww
がんばってみます。

フィギュアスケートについてもたれこみ情報がたまりにたまってきましたので(いや皆さんの不満、大爆発ですね)
近日中にぜひ話させていただきたいですね。
ネットを使った表現としてラジオ、動画も考えてみたいなあ。
そしたら皆さんは家で涼みながらビール飲みつつ視聴できて楽でしょう。
方向音痴の姐さんもあちこち出歩かなくて助かります。
最近は「まったく行ったことのない神社をめざしてひとりでたどり着いてみる」訓練のおかげで少しずつ方向音痴が是正されてきましたが、いやはや、なかなか大変です。
でも道に迷うのはいいものですよね。約束なくぶらついていて「ここはどこ?わたしはだれ?」になると
人生迷いっぱなしのこの俺が人様に何か物申すなんて百年早いわ!と反省ができますから。
でも家に帰ってビールを飲むとまたこりもせずわぁわぁ言い出すんですけどね!(ダメじゃん!)


ということでイベント詳細はこちらをご覧ください。
O-ENNブログ

アタシだけ怖いのはイヤよ!皆さん一緒に震え上がりましょう!というだけでもないのでww
よろしければぜひ!




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2015/07/19 00:20

「アンタッチャブル」になってはいけないと思う



アンタッチャブルのザキヤマみたいな人が真央には似合うと思うんですが、「え゛え゛え゛え゛え゛え゛ーーー!」の拒絶の声と下手したらヒットマンを放たれかねないので誰にも言いませんが、って書いてるし。河野くんが来るのかwww
ザキヤマは「持ってる」よー。
伊集院光さんのラジオの企画で視聴者参加コーナー、野球でピッチャーをつとめて第一球、いきなりバッターに当てるという大惨事を引き起こし「何やってんだああああ」とつめよると既に泣いていたというwww
あのくらい気にしない男があうような気がします。
でもザキヤマはギャンブラーだし気にしなさすぎで嫁になった女は死ぬwww
やっぱダメかあ~。
あ、真央とデースケのカップリングも、デースケが気を使いすぎて倒れると思うのであくまでも戦友、友人としてつきあうのが吉だと思います。そもそも真央の好みは背が高くて話が面白くてイケメンで優しくて、とかなりキビしいですからねえ。
ザキヤマ、あきらめろwww(言ってねーよ、ザキヤマは!)

アラカーさん。

問題の本質は「トリプルアクセルを実際に跳べたかどうか」ではなくて、「立場を思いっきり利用してスケート利権の流れを着々と自分に向かせていること」ではないでしょうか。

「アテクシ、荒川静香はこの世で一番の実力者でありこの世で一番のおステキ☆スケーターである!」という強制を周囲に力づくで及ぼすために伊藤みどり、浅田真央という日本が誇る本物の二大レジェンドに割って入るどころか「自己申告で」上におこうとしている、と。

その一環として「アテクシ、もちろん最高難度のトリプルアクセルも持ってたざーますが、お利巧だから”試合では回避”して勝ったんざんすの!」キャンペーンが始まるよ~☆という前代未聞の「自己申告」がいただけない、と。

アラカーさんサイドからしたら

・フィギュアスケートではアジアで初めての五輪女王。
・どうしてQちゃんとなでしこジャパンはもらえてアテクシは国民栄誉賞がもらえないの!
・旧採点最後のワールドで世界女王、新採点最初の五輪で五輪女王。
・姫様とお呼び!
・日本スケ連で史上最年少の理事入り、最年少で副会長。
・アテクシのファッンセンスは世界一イイイイイィ!
・解説としてひっぱりだこ☆ NHK杯に向けてNHKは国民の血税で特番を作ってアテクシをアッゲアゲよ~☆
・「表情にご注目ください~」って”氷上”とかけているのよ!もう五年近く言い続けてるのよ!誰か気づきなさいよ!
・事務所を作り現役若手、プロスケーターのマネージメントとプロモートでWin-Win。
・鵜飼の鵜は多ければ多いほどイイ。人気者を囲い込めば元締めのアテクシは安泰~。
・フィギュアスケート教室を開き、スケート文化のすそ野を広げ、競技に関して知見を広める活動を続けている。
・「スケートを頑張りたいな 見せてあげたいな」

あ、なんかよけいなモノがまぎれこんでますねwww
1行おきにNHK刈屋さんお得意のイタコアプローチがwww

※イタコアプローチとは・・・
状況に応じて選手の気持ちになりきって思いを代弁する実況手法。
アナウンサー時代の刈屋アナが放つイタコアプローチの見事さは天下一品。
素人がうかつに真似ると「けっ!何も知らねえくせに!」ファンからもアンチからも嫌われる両刃の剣。
なのにやるのか姐さんはwwww



「スケートを頑張りたいな 見せてあげたいな」

o0416023113199762071.jpg

あら、おうちで育児に専念なさればよろしいのではないのかしら?
産後の大事な時期ざんしょ?
お体無理なさらずとも・・・
スケート教室をやりたい若手は山のようにいらっしゃいますし・・・

と、どうも立ち位置の中途半端さが問題ですね。

あと顔が怖いのも損だと思う。

827c204c4baf11e3abff0e20f0e703f7_8.jpg

※未加工です。

慈愛に満ちた優しい微笑みに 見 え な い

  怖   い

「ラジコ逃げてえええええ」というのが第一印象でございました。


とりあえず「若手を威圧する」のをやめるだけでも随分と印象は違うと思う。

アラカーさん本人はそうは思っていなくても鼻っつらに「アテクシは五輪金メダリストでございますの」とぶら下げているから「五輪金メダルだけの人」と必然的に思われます。それはもうみんな知っている。「だから」仕事がくるんだし、「だから」注目を集めるんだし。

でも、フィギュアスケートに限っては五輪金メダルが何のエクスキューズにもならねぇのはキム・ヨナで実証されていますんで、
あとはいかに心映えうるわしく健気に親切に情愛深く・・・ぶわっはっはっはwwww
できるものならやってますわよね☆

荒川静香は公人です。
国民の血税がぶっこまれている公益財団法人日本スケート連盟の副会長としてまさか私利私欲をむさぼるために現役選手に無理をさせたり太鼓持ちを強要したり他の選手の足を引っ張るような画策をやったりはなさらないと思います。

思いますが もし そのようなことをしているのならそれは大いに問題です。

ここは注目し続けていきたいところです。


笑いごとじゃすまないからね。
荒川静香がやり続けた「自分の好き嫌いで国益を損なう」言動は、続けられたらまずいんです。
国益を損なうから。

荒川さん、今日本を取り巻く情勢に無知なあなた様ではありますまい。
ことと場合によっちゃ、本気で罰せられかねないことを、なさらないほうがよござんすよ?

やってないでしょうから気軽に申し上げられますが、
まあスケート連盟の中の人たちって「うちの子は間違ってません!」とファンに金切り声でつめよる自称テクニカルなんちゃらの母親とかに代表されるように「内輪で閉鎖的」ですから、外からの意見にはとりあえず背中の毛を逆立てますが、

公益財団法人日本スケート連盟の所属者数よりも

圧倒的に多いのは「外」の人間なんですよ。

それを世間とか世論という。

そして「常識」というものは常に多数決で決まるんです。

選手を食い物にしたり、外国人選手を異様なまでに持ち上げて自国選手をけなし続けたり、嘘をついてまでおとしめたり、莫大な利益がどこに流れていくのか公にしないまま「カネがない」と言い続けたり、ありとあらゆる利敵行為は「非常識」であり「異常」です。

「自分たち」だけでことを進めていくうちに「犯罪者」にならないよう十分ご注意くださいね。

会長の橋本聖子は性犯罪を犯しましたし、それに対する「当たり前の罰」も受けていない。
でも彼女の心身をむしばんでいるのは彼女自身の良心です。
してはいけないことをした人は、必ず中から滅びます。気の毒ですがそれが生命の真実です。

アラカーさんが、五輪金メダルを保身のためだけに使うような愚かな人ではないと思いたい。

いくら金メダルがあったとしても、本人がヤな奴だったら人心は集まらないからです。

余計なお世話だと無視はできない。なぜならコレも、この記事も「民意」のひとつで、あなたはその「民意」にのっかって巡りめぐって仕事をもらう立場だからです。


ひとつ秘訣を申しますが、まわりを立てれば立てるほど、自分の立場も上がるんですよ。

スルツカヤ、コーエンの長所、美点、素晴らしさを言えば言うほど「その二人に勝った荒川静香」は「だからなおさら素晴らしい」わけですし、自国選手の、それもまぎれもなく世界一の実力者を「当たり前に、そのままに」表現すればそれでいい。

事実と異なることを

私利私欲を基準に言うから

「この嘘つき」「利己的」「保身」

と言われるわけです。



ありのままでいいじゃないですか。大きなお世話ですけど。
何を怖がるんだろうなあ。大きなお世話ですけど。
「もっと尊敬しなさいよ!」と思うのなら尊敬に値することをしてください。大きなお世話ですけど。
強制されなくたって力の限り尊敬します。大きなお世話ですけど。
スケ連およびスケート競技かいわいで「だけ」通じる威光なんて惨めですよ?大きなお世話ですけど。
お山の大将でも「大将は大将じゃん」と思うようなちっぽけな人生でいいのだろうか。知りませんけどwwwww

限界は自分で作らないほうがいい。どこまでも「でっかい奴」になりゃいいじゃん。
今のままではアラカーさんに政治家は目指せない。目指した場合、集まるのは利権目当てのクズだけです。

そういうことのために五輪金メダルを使うのもそもそもどうかと思いますよ?

アラカーさんはトリノが終わって半年たっても朝起きるときに「わたしは五輪金メダリストなんだ!」と歓喜しながら目を覚ますとおっしゃっていた。そりゃそうだ。嬉しいだろう。幸せだろう。
だってものすごい努力の果てにあのときあの場で「平常心」でいられたんだから。それは誰にでもできることではありません。
本当にすごかった。
ショートもフリーもパーソナルベストで競技を終えた。まさに競技生活の最高峰、頂点で現役を終えることができた。
素晴らしいです。本当に。
だからこそ「あの歓喜」を自分で穢してほしくない。
誰にでも到達できる境地ではないのだから。
荒川さんだからこそたどり着けた「頂点」だから。

だから「五輪金メダルを取ってもコレなの?」とちびっこたちをガッカリさせたり、
「五輪金メダルを鼻にかけやがって」と軽蔑されてほしくない。

誰と比較しなくても荒川さんは素晴らしい。

これだけは腹の底から言えます。わたしは荒川さんは素晴らしいと思う。偉人だった。過去形です。
現在やっていることがいただけない。疑問です。

素晴らしいな、素敵だな、と思うかどうか、感じるかどうか、それは受け手側に一任されます。

そこを「素晴らしいと思え」と押し付けられても誰にもどうにもできません。

「こう思え」と暴力で強制するキム・ヨナ商法は、無理です。



演技者は「これが自分の精一杯です」と信じて、受け手に差し出してくる。
自分で納得できるまで骨身を削り、血の涙を流して努力して「これがわたしの精一杯です」と信じて受け手に差し出してくる。

そこでひとりでも多くの人の心に何かが響くよう、迷いながら、苦しみながら、でも、努力し続けるしかない。
その努力を楽しめること、地獄の苦しみを幸せと思える人が、そのジャンルに向いている人ということになるのでしょう。

プロスケーターとして、所属する人員を束ねる者として、そこで「受け手を暴力で支配する」ことは絶対に勧められません。


荒川静香の人生はまだまだ続く。できるだけまっとうに、胸を張って生きていってもらいたい。

こんなクソブログの管理人にあれこれ言われるなんておかしいよ。

荒川静香のくせに! ちゃんとしてくれ!

勉強しろ!表現を学べ!客を満足させろ! 要求は厳しいです。

・・・でも他のジャンルの「解説者」は全員がやってることなんだけどなあ。
松木さんを除いてwwwwww


今のままでは恐怖政治をしいた独裁政権になり、連盟所属選手の中で荒川静香主導によるえこひいきと下駄外しが進むでしょう。
でも、アラカーさんがしなくても他の誰かがやっている。
その気持ち悪い「コネ」と「派閥」に乗らないと浅田真央のように死ぬほど嘘をつかれていじめ抜かれる。

アラカーさんは今のところは「うまくやっている」のでしょうが、先輩諸氏にやられてイヤだったことを正確にひとつずつ踏襲している現状、大変だろうなあと思います。

「してやったり」の結果が「廃墟」でないことを切に祈ります。

あの顔だし、あの態度だし、五輪金メダリスト様だし、あの顔だし、スケ連副会長様だし、あの顔だし、

怖くて誰も何も言えない ってなったらオワリですよね。

「威張りに威張って大将風を吹かすけど、誰もいない。気がついたらひとりぼっちだった」

「歪んだ鏡に映る自分をウットリ崇めているうちに、全員に追い抜かれていた」


大きなお世話ですけどね。



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2015/07/18 14:35

ボリビアのサッカー協会会長逮捕 汚職容疑で




ボリビアのサッカー協会会長逮捕 汚職容疑で
http://www.kyoto-np.co.jp/international/article/20150718000059
 【リオデジャネイロ共同】ボリビア検察当局は17日、同国サッカー協会のカルロス・チャベス会長らを汚職の疑いで逮捕したと明らかにした。

ロイター通信によると、チャベス会長は南米連盟の会計担当も務めている。米司法省が5月、国際大会のマーケティングをめぐる組織的な違法行為などの罪で国際サッカー連盟(FIFA)関係者ら14人を起訴した事件との関連は不明。(共同通信)

【 2015年07月18日 12時25分 】


「終わりの始まり」が始まりましたね、サッカー。
アメリカが「自国内の利敵行為と法律違反」を盾にしてサッカー界の汚職をびしばし取締り、その余波があちこちにあった火種を爆発させています。

公益財団法人日本ドスケベ連盟も「利敵行為と法律違反」はざくざく内在しているので、本気になって調べられたら超ヤバイところです。
順番に、緊急度の高い「問題」から手をつけて、そしていざドスケベ連盟の番になったときの阿鼻叫喚。

想像するだにゾッとします。まあゾッとしなきゃいけないのは悪人だけなので姐さんたち無辜の民はゾクゾクする、というべきところでしょうかねえ。

「次は自分かもしれない」と思いながら毎晩眠りにつく気持ち、いったいいかがなものでしょう。

まあ、嘘と偽りと言うのはどれほど時間がかかろうと、どれほど隠し通そうと絶対にバレることになっています。
捏造された従軍慰安婦”問題”だって七十年かかろうと「真実」は明らかにされている。

絶対にバレて絶対に「この世の法」で裁かれる悪事になど、手を染めるもんじゃぁありませんよ。

暇なんだろうなぁ、基本的に。



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
その他スポーツ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/07/18 12:53

荒川静香の病状に同情したい皆さんはどうじょぅ~



「ルールに詳しくなるな、衣装を見ろ」
とのおん自らのお達しなので荒川静香氏のお衣装に注目していきたい姐さんです。

腰みの

うっひょひょおおおおおお!!!!

どう見ても原始人です本当にありがとうございました

こ・・・腰みの!

酋長リスペクター!!!



独自の衣装観をお持ちということで有名な荒川さん!

腰みのでケツを振る勇気は認めるべきなのでせうか。

母さん、アラカーさんのあの衣装、どうしたんでせうね?
ええ、夏、楽屋からリンクへゆくみちで、
観客を爆笑の渦に叩き込んだあの衣装ですよ。

母さん、あれはすごい衣装でしたよ、
僕はあのときずいぶん笑い転げた、
だけど、いきなり「姫とお呼び!」と指令がかかったもんだから。

すいません、つい遠い目で夏の碓氷峠を思い出してしまいましたwwwwwww

アラカーさんすげえな!

そこにシビれないし憧れないッ!wwwww




ヤバイ。荒川ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
荒川ヤバイ。
まず怖い。もう怖いなんてもんじゃない。超怖い。
怖いとかっても
「オバケ屋敷20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ般若。スゲェ!なんかやさしさとか無いの。共感とか思いやりとかを欠落してる。無情だし超怖い。
しかも経歴を盛っているらしい。ヤバイよ、盛っているんだよ。
だって普通は経歴とかごかまかさないじゃん。だって試合で跳べないジャンプとかが全然跳べるって言ったら困るの自分じゃん。バラエティとか生放送とか困るっしょ。
ただ滑るはずが、前回のときは演技数分だったのに、今度のときは生放送で「トリプルアクセル跳んでください」とか突然ふられたら泣くっしょ。
だから日本人ジャンパーの第一人者だった恩田美栄とか経歴を盛らない。話のわかるヤツだ。
けど荒川はヤバイ。そんなの気にしない。盛りしまくり。最もエライとされる五輪金メダルの値打ちとか考えなおしてもよくわかんないくらい盛りすぎ。ヤバすぎ。
盛りすぎっていったけど、もしかしたらマジかもしんない。でもマジって事にすると
「じゃあ、試合で一度も決めていないのに”できる”ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと言動が超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。イナバウアーで犬を胸に乗せる暇もなく死ぬ。怖い。
それに解説の中身が超何も無い。超ガラガラ。それに超適当。「表情にご注目ください」とか平気で出てくる。「えんぎは みなくて いいから せんしゅが きている おようふく だけを よく みてね」て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても荒川は面の皮が厚い。経歴盛るのとか平気だし。
うちらファンなんて自主練とかたかだかお試しレッスンでモフォークが出てきただけで上手く扱えないからひょうたんバックにしたり、シューズを高いのに変えてみたり、陸トレやりまくったりするのに、
荒川は全然平気。嘘の自己申告を自己申告のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、荒川のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ荒川を副会長にしてしまったスケ連とか超ヤバイ。もっと恐ろしい。超ヤバイ。


と、何年前のコピペだよというご指摘はおいといてですね、というかこれ「宇宙ヤバイ」というコピペです。大変よくできていてバリエーションがたくさんございますわね。
思わず荒川静香のヤバさをあてはめるにはこのくらいの定型に入れ込まないと荒川さんサイドが訴訟も辞さないようなひどい言葉で土石流のような罵詈を書き散らしてしまいそうで、この大惨事を知ってからひと晩おきました。

おいたところで「荒川静香、おまえずいぶん遠いトコロまで行ったなあ」「引き返せない道だけど、そうか、どこまでも進む覚悟でやってるんだな」と、衝撃と怒りと悲しみはとどまるところを知りません。

五輪金メダルを取ったことが、この人のまっとうな人生の障害になっているとは凡人の姐さんには口が裂けても申せませんが、これだけコッテコテの「嘘」で塗り固める必要がいったいどこにあったのか?というのがおそらく世間一般の「事実を知っている」皆さんの総意であり一致した疑問ではないかと思われます。

荒川さんよ、そんなに「浅田真央」になりたかったのかい、が結論になるのかしら________


とにかく「自己申告をそのまま事実として定着させようとする」のは、キム・ヨナ陣営の手法そのままであり、
既に一度大失敗をしているのでやめたほうがいいと思う。
無駄です。
好感度を一気に下げる最大限に有効な方法です。逆効果。

ミキムチの言動を見ていれば学べるはずなのに、クズ磁石どうし集まっているとイケイケになるのでしょうか____


「練習ではできる」といえばサーシャ・コーエン。
彼女は3Aも4回転も「練習では」決めていました。
アラカーさんと違って動画も残っている。跳んでいます。
そしてそれを盛んに主張していた。それもひとつの戦略です。
でも試合に投入してはこなかった。
だから「プラクティス・クイーン」とアメリカ人自らに揶揄されていた。「練習では女王」って。

御存じないはずがありますまい。
トリノであなたが金メダルをもぎとったのは、本命視されていた、必ずこの二人のどちらかが五輪金メダリストになるだろうと言われていた二人からだったのだから。

史上最高の高難度技術を誇る美の化身、アスレティックなきびきびとした痛快な動作と絶対的な美しさを持つ技のデパート、ダンサーでもありジャンパーでもあるサーシャ・コーエンと、同じく史上最高難度の技術を誇るフィギュアスケート史に残る偉大な「女王」、西洋が生み出した最強・最高のフィギュアスケーター、イリーナ・スルツカヤ。

故障を抱えたサーシャと、同じく闘病中のイリーナと、・・・荒川静香。

でも、すべてのISU公式戦で浅田真央に勝ったことがなく、全日本での五輪通過順位も「三位」であり、もしも年齢制限を特例で免除され、浅田真央がトリノに出場していたら、行けなかったのは荒川静香、あなたでしたね。

浅田真央に勝つことができたのは「不可解判定」の果ての自国内の試合のみ。
点数操作が城田の意志で自在にできる自国内の試合のみ。

3回転―3回転がない五輪女王だなんて、と後から軽蔑されてはいたものの、
公式練習では鬼神のような怒涛の「倍速ステップ」を見せつけたり、
3-3-3に近いような3-3-2を披露したり、
「できることはすべてやった。もう死んでもいいくらい練習した」果ての
「出られなかった選手の皆さん全員の気持ちを持って」出場したトリノ五輪。

いい顔で旅立っていった。

当時まだ安藤美姫「選手」だった現ミキムチがカメラの前でぐずぐず、うだうだしたときに
「よーし、金メダル取ってくるか~!」と晴れやかに言い切ったアラカー姐御。カッコよかった。

後悔はない、と言い切って飛び立っていった。そして見事の大金星。あっぱれです。

「五輪メダルはパスポート」「わたしが得たのは”切符”だけ。これからは自分で切り開いていく」

とおっしゃっていましたね。立派だと思った。その覚悟を忘れないで、と心から荒川静香の前途を祝福した。

引っかかるところはいくつもありました。

ショートとフリーのステップがほぼ同じ。
スピンの種類が少なくて構成がほぼ同じ。
「マイナスをつけさせねぇ!」と完成度で勝負、つまりは難易度を下げる戦略を取った。

連続ジャンプのファーストがルッツでもフリップでもないなんて、おまえなめとんのか、と思いながらも「それがあなたの戦略ならば」と見守った。

五輪直前にコーチを変更し、指導で各国を回るコーチについて必死になって練習し、
「あの子はやる気さえ出せば」と嘆かれていた「やる気」を爆発させて、

あなたの戦略は見事にはまった。

五輪金メダリスト。見上げたものです。立派です。

なのになぜ「経歴を盛る」のか。盛り続けるのか。

姐さんは再三キムとミキムチに口を酸っぱくして言い続けてきましたが、
あなたはもちろんこんなブログをご存知のはずがありませんでしょう。
だからあなたにも申し上げますが

人の気持ちを得るために一番簡単で楽なことは「嘘をつかない」ことなんです。

どんなに盛りまくったところで「実物」がすべての答えです。

「キム・ヨナの不正の証拠は本人の演技」であるのが唯一絶対の証拠であるように、

「荒川静香が試合でしてきたこと」は全部見ている。みんな知っている。そしてそれは「もう取り返しがつかない」んです。

キム・ヨナのように「出場していない自国試合で連戦連勝」というような「嘘」は人を感動させない。本人の立場を下げるだけです。
別の意味で驚かせますがwwww


そして「自分を偽っているとき」が人間一番辛いんですよ。だってそれは「嘘」だから。

アラカーさんは自分のショーのパンフレットに「トリプルアクセルも跳べる」と書かせているそうですね。

それって本当なんですか?率先して「盛らせている」ってことですよね?
ショーのすべてに目を通し「プロデュース」していることが売りであり自慢のひとつなんだから。

そもそも「荒川静香がクリーンに決めたトリプルアクセル」を誰か見たことがあるんですか?

ことに、「試合」で。

疑問です。

「荒川静香によるトリプルアクセル出現率は、ツチノコ発見報告以下」です。


姐さんが知っているのはソルトレイク選出の全日本で一発逆転をねらって試合でトリプルアクセルを跳んだが転倒した。
という「荒川静香の自己申告」ひとつです。
結果は「ダブルアクセルの転倒」という判定でしたけど。

少なくとも試合で一度は認定されなければ「跳べる」と言えないのは、御存じないはずがありますまい。

だから「荒川静香の自己申告」によると

荒川静香は統合失調症である。

荒川静香は嘘つきの見栄っ張りで、浅田真央を嫉みすぎてどうかしちゃった人である。

のどちらか、ということになりますよね。

これからは荒川静香を見るたびに

「嘘つきの一発屋」と世間からは思われるわけですが、「人気者になりたい」という意図からはこんなにかけ離れた現実もありますまい。

姐さんは荒川さんが「一発屋」「まぐれ」「棚ボタ」と言われるたびに胸が痛みました。そうであっても、たとえそうであってもです、あのとき、あの場で金メダルを取れる人は、結果的にアラカーさんだけだった、と思わざるを得なかった。

不本意です。納得はいきません。

サーシャかイーラにあげたかった。二人の戦績、競技内容、どこをとっても荒川のはるかに上だからです。

アラカーは嫉むのなら浅田真央ではなく、サーシャとイーラを嫉むべきだった。嫉みとは、憧れです。
「あそこまでいける」「自分なら越えられる」と思うから嫉妬する。
あまりにもかけ離れた存在には妬みは持てない。
だって「太陽の輝きはすさまじい。わたしは太陽に嫉妬する」と「太陽越え」をねらって日々輝こうとする人はあんまりいない。

荒川静香には、トリプルアクセルは跳べない。

それで何がいけないんですか。

なぜ経歴を盛るんですか?

これでアラカーさんは学生向け、子供向け団体からの話は一切なくなりますね。

講師に「嘘つき」とわかっている人を呼ぶことは、特に公的なものであればあるほどまずいから。

今予約されている荒川静香の仕事のうち、キャンセルまではいかずとも、「次はない」ところが増えるだろう。

テレビ局が勝手に先駆者と挑戦者と嘘つきを並べたわけではないはずだ。

アラカーは、

「五輪金メダルを取ったのだから、本気でこの偉大な二人と自分とを並べてもいいのだ」と思っている。

歴史に残る偉大なフィギュアスケーターの伊藤みどりと浅田真央とを、自分と同列に語っていいと思っている。

むしろ「五輪金メダルを持っているから」三人の中で自分が一番上だと思っている。

・・・のではないか?

「トリプルアクセルをISU公式戦に投入し、五輪で実施・認定されたことがある人」というくくりの番組の中に「それができたことが一度もない」アラカーが選ばれて放送される。

ということは、「わたくしアラカーにできなかった偉業を達成したすごい二人」とみどりと真央を上げるのではなく、
「みどりと真央の戦績」にのっかった上で「でも、もっとすごいのはわたくしアラカー」ということになるのでは?

どうもそれくさいです。まだ見ていないからわからない。

でも「五輪金メダルさえ取ったんだからすべてが正解」というくくりであるのなら、

おそらく「みどりと真央はトリプルアクセルを入れたから、銀メダル」という流れにするのが
クズ磁石的には自然です。

アラカーが、伊藤みどりより上?

アラカーが、浅田真央より上?

は?

もしも、もしもそうならば。

・・・だから「現実認識に問題がある」と言われるのですよ、アラカーさん。

この放映が致命傷にならないといいのですが。

姐さんはこの放送以後、「もし事実と異なる内容でみどり・真央よりアラカーを上に置くのなら」心おきなくアラカーさんのことを

「棚ボタ金メダルの一発屋で経歴を自分で盛りに持ったことで有名な荒川静香」と呼ぶことにします。


それにしても
会長が性犯罪者で副会長が嘘つき(か統合失調症)の団体って問題ありすぎですね。
国税庁にはカネの流れを、厚生労働省には労働環境と職員のメンタルヘルスについて厳しい調査をしていただきたいものですわね。

あ、アラカーさん禁煙ポスターにもご登場でしたけど、人には禁煙しましょうと言っておいて家ではぶっとい葉巻をふかしていても姐さんもう驚きませんからwwww

まあうちうちでは「アラカーさん、けっこうきてるね~(苦笑)」と彼女の間違った生存戦略についてずいぶん前から陰では噂されていたのでしょうけどね。

「よくやるよね~(笑)」

ってね。

そこそこ利口でほどほど馬鹿。

でも、今日からは荒川静香は大馬鹿者、です。

どうせなら「練習では四回転トゥループも跳べる」とか「五回転アクセルも決められる」と言えばいいのにwwww

それでも、言ったもの勝ちの嘘は通用しないですよ。だって嘘なんだもの。

キムさんでさんざん学んできたと思ったらきっちりと同じ戦法をなぞるだなんて____

「やだ、荒川さんって日本人じゃないの?」「こんないけ図々しい虚偽の自己申告、日本人にはできないわねえ」と言われる日も近そうで姐さん怖い____



2015/07/15 ミミイさん 

犬HKでこんな番組をやるようです。

アナザーストーリーズ「運命のトリプルアクセル 伊藤みどり・荒川静香・浅田真央」
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2015-08-05/10/66046/

不自然極まりないこの番組構成。
「何か、おかしくね???」と思うのは私だけでしょうか?
荒川さんって、試合でトリプルアクセル跳んでました?
どなたか分かる方、教えて下さ~い!


跳んでねえよ!


中野友加里さんならともかく、なんで荒川静香さんなん?

トリプルアクセルを跳ばない道を選び、オリンピック金メダリストとなった荒川静香 練習では跳べたと言う彼女が跳ばないことを選んだ理由とは?

某ブロガーさんも書いてましたが「跳べる」というのは
大庭雅ちゃんみたいにUR判定でもDGでも一度でも
競技に入れたことがあるだけ人が言える言葉だと思うんだけど

2015/07/16  megumiさん


だよなー、日本人女子でトリプルアクセラーつったらゆきゃりだよな~。

ゆきゃりは常にアラカーさんよりも高難度ジャンプで試合に挑んでいたし、
アラカーさんと違ってISU公式戦で挑戦して認定されているからなー。アラカーさんと違って。


NHKサイドの「意図的な編集内容」と「荒川静香のクズっぷり」だけが視聴者と企業各社の心に残る番組になるのか、

伊藤みどりと浅田真央をサゲにサゲて荒川静香(虚言症の病気持ち)を上げまくる番組になるのか、

どきどきですわ~。

こりゃまた「スポンサーへの回答をお願いする丁寧で誠実なお手紙」を大量投函しなきゃいけないくさいですわね~。


NHK 「トリプルアクセルを跳ばない道を選び、オリンピック金メダリストとなった荒川静香。」

NHK 「練習では跳べたと言う彼女が跳ばないことを選んだ理由とは?」

荒川静香 「跳べないから

NHK 「は?」

荒川静香跳べないから




これ以外のどんな「答え」を出してくるのかどきどきです~

「跳べないから」だった場合でもどれだけの言い訳を山盛り出してくるのかどきどきです~



今シーズンのフィギュアスケート名言集に早くもすごいのが現れましたね!

「練習では跳べる。だからわたしはトリプルアクセラー」

いやいや言ってないよ!まだ言ってないよ、アラカーさんwwwwwww

幻のツチノコジャンプ!見たい、見たいよ、アラカーさん!

はっ!!自分じゃ客を呼べないアラカーさんが、ゲストに頼りっきりのフレンズオンアイスに
新たな観客を呼ぶための巧妙なステマかも・・・!

それはそれで
「じゃあなんで個人私有のアイスショーのために宣伝番組を作ってあげるの?NHKと荒川静香サイドの癒着ってそこまでハゲしいの?なんで?」
ってことになりますね。


簡単に言うと「積んだ」状態なのかしら~。



キム・ヨナ箱にてきぱきと自分からダイレクトイン!

これがアラカーの答えなのか_____

1つの嘘のためにまた別の嘘をつき続け、すべての信用を失っていく姿なんて見たくない____


荒川静香が沈みかけた泥舟なのか、スケ連内部でニヤニヤ笑いながら黙って見ている連中が輪をかけてコワイ_____



この「事実と異なる採点方法」についてもまだ納得のいく説明をしてもらえてないし___

荒川静香 「クロス数が少ないほどスケーティングスキルの評価が高くなる」

20140123075317037_201507161333152cc.png


酋長リスペクター、荒川静香氏!



いたいけな年下の選手にまで自分のことを「姫」と呼ばせているらしいので、
権力がだぁい好き☆なんでしょうね。

今度から荒川さんを見かけたら
「いよっ!盛りすぎ酋長!」
と思うことにします。


酋長、マジカッコいい~(笑)。



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(52) | トラックバック(0) | 2015/07/16 12:27

活躍次第で倍増 スポーツ美女たちの最新CMギャラランキング(浅田姉妹・荒川静香)




活躍次第で倍増 スポーツ美女たちの最新CMギャラランキング
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150710-00000017-pseven-spo
NEWS ポストセブン 7月10日(金)11時6分配信

y-1.jpg
y-2.jpg


ほーん。



女性芸能人CMギャラ モデル注目は水原希子、イッテQ芸人も
NEWS ポストセブン 7月12日(日)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150712-00000007-pseven-ent
(一部省略)

アスリート枠では、間もなく復帰戦を迎える浅田真央(24歳/8000~9000万円)を抑えて、宮里藍(30歳)がトップ。しかも1社9000万~1億円と金額も破格だ。

「アスリートは訴求したいターゲットが明確なので、トップ選手のギャラはタレント以上。特にゴルフの場合は帽子やウェアの胸や腕に企業ロゴを入れられるため、大きな宣伝効果がある」(広告代理店関係者)

浅田は引退後に「太りすぎ」の指摘もあった。最近は「週4ペースで横浜市内のジムに通っている」(フィギュア関係者)という。スリムな体型を取り戻し、さらなるギャラアップなるか。


芸能人枠一位の人は存在がキモイんでできるだけ無視して生きていくことに決めているので飛ばします。
芸名の由来がとにかくキモすぎた。姐さんとっても心が狭いんで、これでアウトです。
あとツイッターで出してくる情報がキモイんでできるだけ無視して生(ry
チェックしとるやんけwwwww

で、まいまいのほうがアラカーさんより上っすか!
世間の評価ってわかりやすくシビアですよねーとかよりも(あ、でもフィギュアスケート御殿はもうゲットなすったからいいっすよね、五輪バブルどころかいまだにこの評価ですから一生食いっぱぐれないでしょうし、ヤワラ~性子路線の政治家コースもありますものね___)
ココに引っかかったのですよ。

> 浅田は引退後に
> 浅田は引退後に
> 浅田は引退後に
> 浅田は引退後に
> 浅田は引退後に
> 浅田は引退後に

引・・・退・・・だと・・・?(驚愕)

いつ引退したんだよwwwww
まだでしょwwwwww

なんつーか、普段にこにこ笑顔の人の「嘘でも書いちゃっていいんだー」の
意味の重さを思い出さずにはいられません。

まあこのギャランティもどこまでホントかはわからないですが

これだけ老若男女に好感度があり続ける人もそうはいないわけで
特にちびっこ人気が不動だというのは浅田真央、さすがです。

アラカーさんがまだキム・ヨナ大絶賛をぶっちぎりで続けるかどうか、
姐さんひっじょおおおおおに注目しているわけですが、

東京五輪☆利権入りをねらうなら、
恐怖の妖怪「南朝鮮☆言いなり魔人」ことゾエゾエに媚びてキムさん大持ち上げを選ばなきゃならねえし、

公益財団法人日本スケート連盟副会長の座を不動のものにしたいなら

後輩みんなを分け隔てなく公平に大事にしてあげないといけないでしょうし、

できるかな~?

悩ましいところですわね、アラカーさんも。


ヒュ~、カッコいい~(笑)







↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2015/07/15 02:18

本の紹介 『お稲荷様って、神様?仏様?』



なんちゅうタイトルじゃーーーと思いますけど、それはふざけるなって意味ではなくて、
この本の持つすんごい深さと面白さをあんまりよく表現できてないんじゃないかと感じるからです。

実に良い。すばらしい。

特に東京都民の皆さんはぜひ一冊お手元に、と思います。

お江戸の精神構造というか「都民はなにをもってして”信仰”の対象にしてきたのか」が非常に鮮やかに端的に描写されています。

さまざまな人名や書名が出てくるので興味を持った箇所はおのおのでさらに調べていくと大変楽しい精神的なガイドマップになっています。

おいおい、こんなに面白いネタをそんなそっけない一文で片付けちゃっていいのかYO!と心配になるくらい。
これ、腕のいいライターさんが面白おかしくセンセーショナルに「××の謎!!」とかあおったらけっこうな売れ行きになるだろう。

でも、著者のお二人はなんと「学校の先生」だった方。それも「小学校の校長先生」と「教頭先生」のコンビです。

淡々と事実を提示し、明快この上ないのです。ここがすごい。こうだから、こうなんだ。とそれだけの筆致が痛快です。爽やかです。

さらには「全部、実際に行っている」のがまたすごい。

このお二人が本気を出したら「日本人の精神史」全八十巻、別巻二(索引・補遺)を岩波書店から出せるでしょう。
出してくれたら絶対買う。来世までローンが残るとしても買う。
臺灣からもきっと買い付けが来るぞ。有志をつのって百セットなんつう大型受注もあるだろう。「漢字」を理解できなくなっている大陸とは違うからな、臺灣のほんまもんの知識人。
そしてアジア全域を見まわしたときに「保全されている過去の叡智」が一番多いのは日本だろう。
日記魔、メモ魔が各地にいて、生きていた「自分の現実」をぜんぶ文献資料に残している。
そして「実践者」が必ずいる。
千年前の「わたしたち」が大切にしていた人・モノ・コトがそのまま現実に息づいている。ここがすごい。

血が絶えない、地域が残る、というのは大変なことなのです。

あらためて「やっぱすげえわ、お江戸の皆さん」と感心しましたよ。

これだけの内容をこんな端的に、しかも誤植なしで出されている。ここもすごい。

高田純次の『秘密主義』なんてこーーんなにでっかい字でこーーーんなに薄い本なのに誤植があったからな!
姐さんがなんで高田純次の本を手にしていたのかは言わないけど、こーーーんなにおっきな文字なのにこーーーんな目立つ誤植があったからな、株式会社学研パブリッシングさんよぉ~~~。
ドヤ顔で恥ずかしい内容をそれも思いっきり狙って「ね、ぼくちん、恥ずかしいでしょー☆」と出してくるなら「形式」に間違いがあったら恥の上塗りだろうよおおお。ああもう!ああもう!

と、自分のブログでは誤字脱字やり放題なのに、書籍の誤植をいち早くみつけてはイライラするヤな癖のある姐さんは無関係な本のことまで思い出して「いくら適当を標ぼうしている芸能人の本とはいえ、出版社側はテキトーじゃいかんだろう、プロなんだから」と思うのでした。

それはさておき、皆さん!
浅草寺さんでは「いかなる宗派のどのような立場の人からの依頼でも」引き受けて、定額金をお納めすれば「供養」を引き受けてくれまして、それゆえに「マッカーサー氏の位牌」とか「美空ひばりさんの位牌」なんぞも安置され、死後の冥福を祈られているとか、あんまり知られていないでしょう?でもやっている。おお!そんなことが!
つか、あそこの五重塔に近づくと怪奇現象が起きるんだけど、お位牌がそんな数あったんじゃ「何もない」のは嘘だよなww
んでもって別の宗教の信者の人が本人に無断で浅草寺で位牌を安置されて力強く供養を受け続けているという場合、これはいったいどういう事態になるのかと、問題提起もしています。
たとえば靖国で死者を祀る、ということの「意味」をも日本人全体で考えていくべきなんじゃありませんかい、と。

そんな提言もありながら、「お不動さまって?」や「お地蔵さまって?」にも明快この上ない解説と実地検分がなされているこの本は、本当におすすめです。

一番美しいと思えたのは「すべての祈りに、敬意を」という優しく穏やかな「思い」で満たされている著者お二人の心でした。

前に紹介した『神道とは何か』という本。



この本は「神道とは何か」を歴史的立場からほとんど「ばっさりと」と言いたくなるくらい明快に「・・・と思われてきたのだった」と解説を加えています。実は日本人の信仰史が「ご都合主義」と「権威権勢への迎合」と「塗炭の苦しみ」との攻防だったと「わかってしまう」。
でも、これらを越えて「尊いもの」は実在する。・・・そこに「いる」。

ならば「それ」とは一体何かを、あらゆる「解説」と「説明」と「合理化」と「分析・解剖・系統だて」をはるかにはるかに超越し、厳然と「そこに在る尊いもの」とは「なんなのか」をこそ、自分は知りたいと願います。

神は「ある」。

仏は「いる」。

それが今回得ることができたこの人間としての実在を賭けて言い切れる、自分が知り得た真実です。
と、力む必要なんかないくらい「当たり前」にカミともホトケとも共存してきた。
時の権力者によって、時勢の趨勢によって、どのように規制され、強制され、捻じ曲げられても、消されても、「信仰」と「祈り」は絶えなかった。不滅だった。
なぜならそれらはわたしたちの心身にあらかじめセットされている「サバイバル・ツール」のひとつだから。

否定できないですよ。それあるがゆえに「生かされている」のだというのは。自分にとっては単なる事実のひとつです。

では「それ」とどのようにわたしたち人間は、日本人は、都民というのはつきあってきたのだろう?

それを知ることで「ああ、やはりな」であったり「えー、うっそーん」であったりもする、愉快な冒険のひとときを著者と追体験できる。

読んでいる間中、楽しかったです。



今度、「お稲荷さん」について話をします。
(スケジュールなどはO-ENNブログをご覧ください。)

「お稲荷さんはなぜコワイのか」という刺激的なタイトルですが、実際に姐さんが検分した「マジの祟り物件」について「祟りの構造」を説明し、「そうなるにはなるだけの理由がある」というところから、「お稲荷さんってナニ?」というところまでもっていきたい。会場は三時間とってありますが、まあ毎回時間が足りないですよ、とwww

日本で一番多い「神社」として、二位の八幡様とあわせると全国の神社の実に八割を占めているお稲荷さん。

豪快にさまざまな存在と一緒に祀られているこの関東近県に非常に多い謎多き存在について少しでも理解を深め、「もしも好きになれそうなら」ご近所の神社にちょいと足を運んでみようかな、などと思ってくださる方が増えるといいなと願っています。それが必ずしもお稲荷さんでなくてもいい。

むしろ神様にも好かれ、自分も愛せる、Win-Winな関係になれる場所をみつけてもらうよすがになればいいなと思います。

好評だったら「八幡様とは何か」とか「お伊勢さんのヒミツ」とかもやってみたいですね~。
カミ=ホトケ=自分、という「輪」が実際に息づいているのを感じることは、本当に本当に愉快で幸せで楽しいことだと思うからです。

あと、結論としては「日本人の信仰はダジャレとおやぢギャグでできている!」というのが姐さんの持論です。

ホントだよwwww



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/07/14 23:49

面白い性格診断



7月9日!
もう昨日のことになりましたな。
7月9日!
いろいろな変化があちこちで起こっておりますな。
7月9日!
7月9日!
明日をも知れぬこの身の上
やがて土は土に還るのですーーーー

ということで、どこに行っても「占ってもらえない」気の毒な姐さんは
実は性格診断とかが大好きでございます。
きゃーきゃー言って大喜び!
だってあたいもオンナですもの、占いは大好きよ!
ただし占ってもらった結果については手厳しくやりこめるけどな!
納得いかねえのはイヤなのよ!
教えて!エロイ人!と怒涛のがぶり寄りでございます。
超イヤな客ナンバーワンの名をほしいままにしていますが
いやホント、占いって面白いよね!
あとなんちゃら診断!
ネット上に無料診断がいっぱいあるのでやってみては爆笑したり
震え上がったりしています。

生身の相手にみてもらうとなぜか言葉を濁らせる人が多いのはなぜなんだww

ということで何度やっても姐さんは「指揮官」か「建築家」のどちらかになるこちらの診断

16personalities 無料性格診断テスト
http://www.16personalities.com/ja/

なんだろうね、時間をおいて回答すると結果がちょっと変わってくる。
そしてけっこう当たってる・・・と思うのでありました。
自分じゃそうは思ってないけど変人らしいしな。
あきらめたよ、変わってると言われない人生は送れないって。
つかこの世で自分が一番まともだと思ってますが何かwww

スケートシーズンがはじまっていろいろなニュースが飛び交って
これからまたしてもジェットコースターもしくはひもなしバンジーが始まるよ~☆
という時期に現実逃避楽しいですwww

ちなみに「建築家」の有名人リストにはプーチンの名がありますが
やらせたのかコレwwwやったのかコレwww
あと「モリアーティ教授」てwww

皆さんもぜひ!そして家族やお友達でやってみるとタイプ別のつきあい方が把握できて楽しいかも☆

真央ちゃんは何になるんだろうか?
ネッリさんと決別したミスターサンシャインは!?

などと想像をふくらませております。

相性診断ではもれなく「自分の名前」と「浅田真央」と入力して試すのはデフォですよねっ!!!!!
そうだよとお言い!!!
でないと恥ずかしすぎるwwwwww
言っちゃったよwwww書いちゃったよww

そうだとも、もれなく「浅田真央」とペアで診断しているよっ!!!

見果てぬ夢を追うんだ、俺・・・(遠い目



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(23) | トラックバック(0) | 2015/07/10 14:20

【PHOTO】キム・ヨナ「私は大韓民国」イベントに出席“フィギュアの後輩たちと一緒に”



うわー
記事を目にはしたのですが
もうキモくて画像を載せたくありませんwww

証拠として保存はしましたけども

あとこの記事のカテゴリ「キム・ヨナは五輪委員を目指す」はもう「なかったこと」にされてねえのか心配です
目指せ目指せ!ぼっちのコミュ障で英語ができなくて世界中から「インチキな三流」と思われているキムさんが
ねじこみでIOC委員になったらどんな偉業を達成するのか、やってみりゃいいんだよ
南朝鮮国内からだってこの件についちゃバッシングされている中でやってみてくれ
と、思ったけど黙っていよう(書いてるし


いや~
思ってたより数段キモいです
相変わらずだけどキモさの質が上回っている

冒頭の画像の変な衣装っぷりも健在です

選びに選んでコレなの?という脱力感

あいかわらずの破壊力です

この人はほんとにアイスショーやイベントで輝くなあwwwww
リンクにいるときが一番みっともないなあwwwwww

今回もめっちゃ輝いてますよ!いろんな意味でwww


【PHOTO】キム・ヨナ「私は大韓民国」イベントに出席“フィギュアの後輩たちと一緒に”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2023904&categoryCode=PT

3日午後、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市徳陽(トクヤン)区の徳陽オウリムヌリにあるオルムマルアイスリンクで行われたKBS「私は大韓民国-ヨナのサプライズイベント」の現場で元フィギュアスケート選手のキム・ヨナが微笑んでいる。

光復節(8月15日、独立記念日)70周年を記念して企画された国民大合唱「私は大韓民国」は、7万人の国民が大合唱する瞬間を待ちながら、その制作過程を盛り込んだ事前ドキュメンタリーである。同ドキュメンタリーは、現在韓国で毎週土曜日の午後8時に放送されている。

キム・ヨナは8月15日にソウルワールドカップスタジアムで行われる7万人の国民大合唱に参加する。



南朝鮮メディアがえりすぐった「ホルホル画像」のはずなのに
キムあるところフフングあり!的な
威張り腐った間抜けヅラをはじめとする
例の豚笑顔が堂々と掲載されていますwww

子供を見る目の冷たいこと冷たいことwww
すげえなあ・・・

あとこの人五輪金・銀メダル持ちなのに
どうしてリンク上の動作がこんなにぎこちないんでしょうか

静止画像ですけど、足元がおぼつかないようすがはっきりとわかります

「立ってませんね、自分で」になりつつある・・・かも・・・(´・ω・`)

ヤバイヤバイ・・・


真央ちゃん復帰!で狂喜乱舞していろんな姿を見続けていたら
思っていたよりキムさんの豚笑顔に拒絶反応が出てしまいました。

ウリを忘れないでキャンペーンとウリはいい人ニダキャンペーン、
せっかく展開してもらっているのに
薄汚い性根がだだもれです

※個人の感想ですwwwwww

なんでこんなに好感を持てないんだろうwww

ごめんもうオブラートに包む元気がないの__________

冒頭のコピー少女たちの愛らしさ、意図的に豚笑顔を際立てようと画策されちゃぁいねえかと
心配になったほどwwww

キムのコピーになったってひとつも幸せにはなれねえぞと老婆心ながら思いますけど
それはあちらさんサイドの問題なので放っておきます。南無~


つかさ、これで本気で次の冬季五輪が南朝鮮でできなかったら
それはそれで絶対に許せないとは思いませんか。

日本からの一切の援助抜き

でみごとに開催してみろコラ
と最近ちょっとだけ思うんですよね

あくまでも

日本からの援助は一切ナシ

でな

でなかったらなんのためのキム・ヨナ捏造クソーンなんだよと

過去・現在・未来のすべてのフィギュアスケーターと
過去・現在・未来のすべてのアスリートを

最大限に侮辱した人類史に残る愚行の結果が

開催ナシでした~てへペロ☆

だったらもうおまえらただちに滅んでいいよ、と思われたって仕方あるまいて

ということで久々のキムさんですが例の豚笑顔は健在でした

リンクを貼ってございません!
フフング笑顔
豚笑顔
にじみ出る悪人ヅラ
薄っぺらい人間性
興味ないのがバレバレで退屈をどうにかごまかす豚笑顔

ごめんオブラートに包む気力が出せなくて________

※個人の感想ですwwwwww


ご興味がある方はどうぞ!

【PHOTO】キム・ヨナ「私は大韓民国」イベントに出席“フィギュアの後輩たちと一緒に”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2023904&categoryCode=PT

そして直しても直してももとに戻ってくる
キムさんの形状記憶遺伝子のたくましさ・・・
今ヴァージョンいくつなんだろう?




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナはIOC委員を目指す | コメント(15) | トラックバック(0) | 2015/07/06 01:14

働きすぎな現役選手(まほろばさん編)



フィギュア日本勢の五輪での失速はハード・スケジュールが原因
にいただいたコメントです。

ちょっと言葉を失いますね・・・。

働きすぎ

2015/07/03に「まほろば」さんが某スレの
フィギュアスケーターのアイスショー出演まとめをコメントで教えてくださいました。
どうもありがとうございます!
文字ズレがないようにコメント欄の画面キャプチャを掲載しますね。

テキストだけで一覧を作るこの技術!すごいです。

現役選手と休養中の人とプロ転向なさった方とが混ざっていますが
うーん
真央も多いけど、同じくらい多い
羽生さんはたしかぜんそく持ちでしたよね。キツいだろうに・・・。
もしも投薬が必要だったとしてもおそらくドーピング検査にひっかからないもの(弱いもの?)に限定されているでしょうし
とにかく試合とショーに追いまくられていましたから
見ていてほんとうに「ああ、ちゃんと休ませてあげたいな」と胸が痛むことばかりでした。
「大変なのに無理を押して出ているからエライ」というのは、本当は運動選手にとって
決して良い評価ではないと思うからです。
選手生命を縮めてしまう。それは良策ではありません。
無事これ名馬、などという言葉があるように、練習中でも試合中でも怪我がないのが一番ですよ・・・。
だからおっかない怪我や体調不良が立て続いたのも、疲労が重なりすぎたのでは、と心配でした。
オフシーズンまで試合と同様か、へたをするとそれ以上に緊張や工夫が要求されるようなショーの出演、
選手本人の希望なのかどうか、外から見ていてそこが一番の懸念です。

断ることってできるんだろうか?
そうは見えないのが一番怖い。怖いです。

スケ連が選手を使い捨ての駒、金儲けの材料としか見ていないのでは、という疑惑は
一切拭い去れていませんし、選手を生き地獄に突き落としても平気な団体だってのは
これまでに数々のやらかしによって自ら立証してしまっていますから、

男子シングルについては現役時代のヤグ・プル超二強の空中戦に割って入った偉大なる
現・アンパンマンこと本田武史も試合とショーで某S氏に使いつぶされた苦すぎる過去がありますし、
「休むべきときに休む」ことができないのが運動選手にとってどんなに致命的な問題になっていくのか
てんでわかっていないかのごとく
酷使に次ぐ酷使、

・・・心配ですよ。

タケシはなあ。姐さん、男子で名入バナーを作ったのは後にも先にもタケシだけだもんなあ。
足首がなあ。
「選手生命を絶たれた」ってイコール「殺された」ってことだって、いまだに思ってますよ。

真央が奇跡的に頑丈で、でもそれだって日頃の凄まじいまでの節制と努力の成果で、
それにしても一時期は「立って歩けないほどの腰の激痛」があったわけだし、
怪我を隠して出場した試合がいったいいくつあったことか。

アラカーさんも足を骨折しているのにワールドに出たり(そんで優勝しちゃったり!!!)
怪我をしているっつーのに「連盟が」許さなくてSPだけ出て棄権して
当時コーチだったタラソワ先生大激怒ってなこともありました。

おかしいよ。

野蛮すぎる。

テニスの錦織さんの棄権は英断でまっとうで「正しい判断」だって全員一致で「よくやった!」なのに
スケートに限っては「少々の怪我なんか当たり前だ、誰だって怪我をしている」でリンクに突き出される。

異常ですよ。

繰り返しますが「選手を一番に考えてあげてほしい」です。

「選手の思いを最優先にかなえてあげる」ことが今の連盟にできているんだろうか?

ショーに出れば練習にもなり経験にもなる。人気も出てお金ももらえる。
いいことづくめ、・・・ではないです。
アマチュア選手は「試合で勝つこと」が、「試合で自分の願う演技ができること」がもっとも重要なはずです。

そこを、見失ってはいけないのではないでしょうか。

「選手あっての連盟」のはずだから。

血迷った大人たちの金儲けの道具にされて、いざ本番までにへとへとになってしまい、
練習通りに実力が発揮できなかったとき、かばってなんかくれないのに、

それでも

黙々と励み続ける選手たちの努力にちゃんと報いてあげる、

少なくとも「引退すら相談できないまま消えていく」ような選手が、
もう二度と出ないことを願っています。
あの潔さと美しさに「引退後に熱狂的なファンになった」人が身の回りにどれくらいいるだろう。
ああいう演技をする人を大事にできない団体に何の意味があるんだろう?

もうさ、バカみたいなくっだらねえ私利私欲の追及に踊り狂うのはやめるべきだよね。


っとに電通が入ってからあっという間に腐りきったよ。

でもスケ連にはJOC経由で日本人の納税したおカネが回っていますから
わたしたち納税者は口をはさむ権利がありますよ。

「ちゃんとしてくれ」

「膿は出し切ってくれ」

と、関係各所への問い合わせと「回答要求」は黙々と続けていきたいと思います。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/07/06 00:23

ジャパンオープン行くわよおお!!!



神様仏様××様!!!
きゃーー!!!
ジャパンオープンに行けることになりました!
嬉しいいいいいい!!!
真央!真央!宮原一世!宮原一世!
こよなく愛するお二人がはやばやと出場決定!

あああああああ
男子!男子!日本人男子!
小塚こい!小塚出て!小塚でお願いします!!!
小塚がいいよお!

そして
えーとあれだ、陰陽師で滑る人が出るのなら
リンクインしたら全員で「悪霊退散!悪霊退散!」「怨霊調伏!怨霊調伏!」と
叫んであげればいいんですよねwwwテーマにそってww
よし、式も飛ばそう!wwwww
ちゃんとラッピングしてずさーーーっと氷の上をwww
あっ投げ込み禁止でしたっけwww
じゃあ空中で四散する方向でwwww

つかたまにテレビに出ていらしたりする陰陽寮に所属していないのに陰陽師を名乗る野良の皆さんは
どういうスタンスで自称しているんスかwwwww
陰陽師って平安時代の国家公務員だったんだゾ☆
といまさらのことを持ち出してすみませんwwつい仕事がら気になりましてwww
ってもうどうでもいいわ!

真央!真央!真央ーーーー!!!!
真央おおおおお!!!!!
復帰第一弾の試合を見られる!ということで感無量でございます。

その日まで生きていたいwww
姐さんを刺しに来るのならJO後でお願いします!
あっでもGPSもあるな!
全日本も(たぶん)ワールドも!

よし、
刺しにこられたら致命傷にならないように上手に流血しつつ
「皆さん!アタシこんなひどいめにあわされたのよ!」と
当ブログで猛アピールしたいと思います。
実行犯の顔写真と実名つきでな!wwww

いや~なかなか「殺してでも」って思っていただけなくてね~
まだまだ拙ブログのインパクトはちっせぇちっせぇ
がんばらないとな!

不穏すぎワロエナイwwww

ああ!!!!真央!真央!!!真央!!!!!

その前にTHE ICEもあるし!

生きよう!がんばって生きていよう!

そして俺・・・真央の演技を魂に刻むんだ・・・(死亡フラグ




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/07/05 23:53

アンドーさんはスペインリスペクターでもあった!?



「美を競うフィギュアスケートの自称プロでありながらアンドー大先生はなぜ肉肉衣装で街を平然と闊歩できたのか」「狂っているのでないとしたら脅されているのか、それとも・・・?」ということで姐さんなりに出した結論が

安藤美姫は、フレディ・マーキュリーのリスペクター!

これっしょ!これしかないっしょwww他に理由があったら教えてほしいッスwwww
アラカーさんもフレディリスペクターっしょ!

ということでその経緯はこちらにまとめてございます。

実はフレディに憧れていた人たち!(完全な嘘記事です)


が!ここへきて急展開!
ものすごいニュースが飛び込んできました!どっひゃあああああ!

アンドーさんはスペインリスペクターでもあったのね!
時系列がちょいと前後するけれどプロ彼氏の現地妻なんかじゃない!えいえい!
アタイは本気(マジ)でスペインに移住するんだからね!ふんがーーー!!!!という
心意気をあらわしていたのですね!!!

なんと!

スペインで催された「男性限定、10cm以上のハイヒールによる競走」の出場選手がまんまアンドー!

いや、アンドーさんがそのまま出られる!
運動選手にあるまじきものすごい高さのヒールで闊歩しているし!



深呼吸して見てみよう。やっぱり肉肉肉肉アンド肉である。
アンド
アンドー
安藤



ひいいいいい!
意外!それはハイヒール!!!!
似合ってなくもなくてワロタwwwww

niku.jpg

ヤバイよ!
舌出てるよ!左の二人、アンドーさんと完全に一致なお二人!舌が出てるよ!
もしかして二人はマレー熊リスペクターかもだよ!
アンドーさん=フレディリスペクター=キム・ヨナの図式が成立しちゃうよ!wwww

niku2.jpg

完全に一致である。なんだかとっても泣きたい気持ちなのであーる。

薄化粧の自然なメイクが一番この方の魅力をひきたてて
爽やかな運動選手らしさを漂わせているのになーと思いつつ
塗れば塗るほど餌堀りにまい進するアナグマみたいになっていく厚化粧ともども
欠点強調メイク&体型カバーなんざ糞くらえ!なお衣装選びのセンスのすごさ。


こ、コレが勝負服なんだ・・・と世界を震撼させた・・・

この人の脳内カイガイってのは一体ドコなんだよwwwww

と全俺が呆然となった・・・




アンドー、恐ろしい子・・・!(白目)


たぶんウルトラ怪獣もお好きなんだろうな~。これは子供受けをねらったのかな?

エレキング

エレキングからのミキング!だね!



いや、それだけです。「完全に一致」物件は見逃せない!というだけの記事でした。てへ☆



それにしても姐さんはこういうイベントがある国に行きたがっているのか(笑)
イタリアのほうがいいんじゃねって最近思い始めているwww



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
元・安藤美姫 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2015/07/03 20:10

共同とIOCが調印式




共同とIOCが調印式
2015年7月3日
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/07/03/0008176845.shtml

2020年東京五輪で国内公式通信社を務める共同通信社と国際オリンピック委員会(IOC)は3日、東京都港区の同社で合意文書の調印式を行った。共同通信は昨年9月、IOCから1998年長野冬季五輪に続く国内公式通信社に指名されていた。

福山正喜社長は「大きな責任を感じる。IOCの期待に応え、東京五輪の成功に貢献したい」と抱負を語った。IOCを代表して出席した元副会長のケバン・ゴスパー名誉委員は「共同とIOCが長年築いてきた友情と信頼の証明だ」と述べた。

共同通信は日本選手を中心に大会を幅広く報道する責務を負うが、報道の自由と中立性は確保される。

08176866.jpg

合意文書の調印を終え、握手するIOCのケバン・ゴスパー名誉委員(左)と共同通信社の福山正喜社長=3日、東京都港区


共同通信のお社長様・福山タソのアヒル口もどきが微妙にムカつくwww
すげえドヤ顔wwwwハンヤンでもないのにイラッ☆

それはともかく、

きゃーーー!!!そうなの!そうなのね!

> 共同通信は日本選手を中心に大会を幅広く報道する責務を負うが、報道の自由と中立性は確保される。

> 共同通信は日本選手を中心に大会を幅広く報道する責務を負うが、報道の自由と中立性は確保される。

> 共同通信は日本選手を中心に大会を幅広く報道する責務を負うが、報道の自由と中立性は確保される。

「報道の自由と中立性は確保される。」

「報道の自由と中立性は確保される。」

「報道の自由と中立性は確保される。」

「報道の自由と中立性は確保される。」

きたーーー! IOCお約束の「問題はなかった発言」!!!
開催前から予防線かよwwwww

IOCがコレをわざわざ明言するということはッ!

「報道の自由と中立性はない」ということッ!



恐ろしすぎワロタwwwwwww



常々思ってるんだけど、誰かがちょっと行ってデイリースポーツのお社長様に「キム・ヨナってアンチタイガースらしいですよ」って嘘ついたら総力上げて結集されたスペシャリストによる社内特捜部がアンチキム・ヨナキャンペーンを展開してくれねーもんかしらwwww
ちなみに上の記事のクリックをしていただけるとデイリーさんになんぼかおじぇじぇが入るとか入らないとか。

いや~、共同さんにはぜひとも「ありのままの事実を報道する」ことをお願いしたいですね。
たとえそれがIOCにとって「不都合な真実」であってもです。
訴訟になったら姐さん被告応援団のひとりとして熱弁をふるわせていただきますし。って人任せはよくないですね。

東京五輪こそ「事件は現場で起きているんだ!」ということでありとあらゆる角度から志を同じくする「採点競技に公平性を!」と願う同志が検証し「現場で見ました」という一次ソースの証人になれますわね。

姐さんもそれまで東京にいたら、いや、たとえEU圏に暮していても絶対に東京に戻ってボランティアにもぐりこみ、

「あたしは見たわよ!!!!」

と言いたいと思います。
また姐さんがマジでどこにでも潜入できるときたもんだwww
目立たないし無害そうだし気弱で大人しくて地味だからなwww
マツコのくせにwwwwww

それまでの談合談合また談合。カネカネカネアンドカネ!!!!!!

あーーーーーーーーーーーーーーーめげないようにがんばろう。

キム・ヨナ陣営が五輪憲章違反と倫理規定違反をして身勝手なカネもうけをしまくるのを
IOC様みずからスルーしまくった理由も明らかにされるでしょうしね。
同じことをして姐さんが罰せられるのなら、そのときこそ裁判沙汰にできるというもの。

超楽しみでございます。

そのときはデイリースポーツさんに独占取材ですべてを打ち明けますんで、皆さん!
夕刊と朝刊を買い、Web記事の拡散をよろしくお願い致します!!
どてっぱらに風穴を開けられながらアヘ顔ダブルピースでヘヴン状態の姐さんが見られます!(マジかよwww)


俺・・・東京五輪が終わったら真央への五輪金メダル返還式を翌日ネットの動画で見るんだ・・・(死亡フラグ)




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
東京五輪、日本の政治 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/07/03 16:51

キム・ヨナ陣営の「箔付け活動」の謎を暴く(モスクワの鐘さん編)



すげえええええ!!!!!
超力作!!!
ありがとうございます、「モスクワの鐘」さんんん!!!!!


2015/07/02 <モスクワの鐘> さん

お待たせいたしました

姐さん、皆さん こんばんは m(_ _)m

大変遅くなって申し訳ありません。
やっと何とか出来ました。
どうやってまとめたらよいのかに迷いに迷って、結局5つの記事になってしまいました。(長いですm(_ _)m)

文章力が弱いため、できれば姐さんにわかりやすい「まとめ」をこちらで作っていただければ…と思います。
解らない点等ございましたら、お知らせください。
よろしくお願いいたします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>


なんという力作・傑作!!!
すごい作業量だったと思います。ありがとうございます!
まとめの制作・・・いやもう一連の記事でFAでございましょう。

わぁわぁ騒いでいるだけの姐さんのブン投げをはっしと受け取りこのような・・・
もともとご自分でもまとめておきましょ、とお思いでいらしたそうですが、
面倒でウザくていちいち腹が立つこのようなあちら様陣営のやらかしを
調べてまとめて世に問うというのは・・・頭が下がります。素晴らしい(涙)

ちょっと皆様方もぜひ!!!ご覧になってくださいまし!!!!

こうやって「ねじこみ」をあちこちで続けて「既成事実」を量産して
三流へっぽこトンチキスケーターを二個の五輪メダル持ちに仕立て上げたってこと
日本人は忘れちゃらなねぇと思いますよ。

同時にまんまとあちら様陣営の策略にのっかって
日本のマスコミが嘘をついてまっとうな日本人をおとしめ続けてきたのだということも。

繰り返しますが「ことはフィギュアスケートだけではない」のです。

けれども嘘は必ず暴かれる。なぜなら「それは事実ではない」からです。

身の回りの不正を見過ごすことは「してはいけない」のだと思う。

努力した人が報われる社会、それぞれのがんばりがきちんと評価される社会、
ひとりひとりが誇りを持ち、自分の人生に自信を持って毅然と生きられる国、
そんな社会の実現のために改めて「ゼロと1は違う」のだと姐さんは言い続けたいと思います。

ああ、「モスクワの鐘」さん。
姐さんにぜんぜんできていないこと、けれども絶対に必要なことを、
かくも鮮やかに迅速にまとめてくださって、本当に本当にありがとうございます。

大変だったでしょう、さぞ・・・

皆様ぜひご覧になってみてください。
警鐘が鳴り響いておりますぞ!

ブログ ★フィギュアスケートのヴィーナス★ より

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 1

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 2

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 3

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 4

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 5


姐さんがまとめるとなると、ここだ!というところの抜書きになりますね。


以下の引用はすべて★フィギュアスケートのヴィーナス★さんからになります。


1993年から2009年までの個人スポーツの受賞者17人の内訳は、下記になります
  
  4人  スケート(フィギュアとスピード)
  3人  ゴルフ
  3人  水泳
  2人  体操
  2人  陸上系
  1人  パラリンピック水泳
  1人  ファニー・カーレース
  1人  競馬       

個人スポーツ部門のこの賞を、スケーターは受賞しやすいようです。
ISU(国際スケート連盟)の力が強いんでしょうか…?

☆☆☆☆☆

・・・しかしながら、個人賞をもらったキムヨナの理由づけが

1. エリック・ボンパール杯での初の210点超えと、2つの世界記録樹立
2. バンクーバーでの金メダル
3. ISUのランキング1位

弱くないですか?

世界記録といったって、採点競技では明確に測れるものが無いのに…
「国際スケート連盟のランキング1位」と書いてあるので、推薦したのはISUなのかもしれません。
1993年以降の受賞者17人の中で、スケート関係では4人も受賞していて、キムヨナで5人目となると、ISUとウィメンズ・スポーツ・ファウンデーションとの結びつきは結構強いのでしょうね。

☆☆☆☆☆

2010年、この団体から、遠征やトレーニング費用としての援助金が、24人のアスリートに贈られたようですが、受取人全員がアメリカ在住の人たちです。
こういった意味からも、この団体は、「アメリカ人の、アメリカ人による、アメリカ人のための」ものと言っていいのではないでしょうか?

しかしながら、2010年財団はアメリカ在住ではないアスリートを表彰する選択をした。
シリーズの4でお伝えした、プレス・リリースや、フェイスブックでの2010年の受賞者の伝え方の不自然さは、結果への不満や批判を表しているとしか思えません。

・・・では、2010年はフェイスブックでどのような伝えられ方をしたのでしょうか?

写真が一枚もない…!!!
上のアドレスは、リンク切れになっています。
写真出したくないのかな…

ウィメンズ・スポーツ・ファウンデーションの、プレス・リリースと、フェースブックを担当した人、
明らかに、2010年と他の年との作りが違う!
2010年の写真を残すことを嫌がってるとしか思えない…

☆☆☆☆☆

そしてこのウィメンズ・スポーツ・ファウンデーションの2010年当時のスポンサーの2つの内の一つがESPN。(ちなみに、もう一つは、ゲータレード)
ESPNは2010年から、ウィメンズ・スポーツ・ファウンデーションのスポンサーになっています。

このESPNもサムスンと関連があるのです。
2010年8月11日にESPNとサムスンが共同事業を発表しました。
詳しいことはわかりませんが、サムスンのスマートテレビで、ESPNのリアルタイムのスコアや詳細な情報を見られるような、アプリケーションを、ESPNとサムスンは互いに独占(排他)的に採用したようです。

当たり前といえば当たり前ですが、この賞の裏には明らかに「サムスン在り」です。

Form 990-2010もう一つ面白いことを発見しました。

「Form 990」という、アメリカ連邦の特定の非課税組織がIRS(米国歳入庁)に提出しなければならない年次報告書ですが、その2010年の報告書の「Contributions and grants 寄付と交付金」の金額が
4,703,215ドルになっています。
前年の2009年の寄付と交付金は3,914,438ドル。
かなり増えていいるのが解ります。

翌年は・・・

リーマンショックも、サブプライムローン問題もなんのその、
2010年の突出っぷりと、2011年以降の下落っぷりが目立ちますね…

☆☆☆☆☆

この賞の歴代受賞者たちは、毎年この授賞式に現れていたりしています。

しかしながら、キムヨナは2010年のみの参加で、
それ以後現れている様子がありません。

何故でしょう?

8月24日の投票開始の時点では本命ではなかったのに、スポンサーの力でゴリ押しでもらったと思われる賞なので、恥ずかしくて来られないのかな…


というような、黒黒黒アンド黒という「調べれば調べるほど浮き彫りになる違和感と不自然さ」を
「モスクワの鐘」さんはひとつひとつ傍証を上げて説明し、最後に結論を述べていらっしゃいます。

しかしすごいですね、よくお調べになったなあ。

「ぐうの根も出ない」ってこういうことですよね。だって全部確実なソースつきなんだもの。すごい。


ISUとキム陣営の癒着はすさまじかったですから、ISU推薦でもぜんぜん不思議はないですね。
ISUが推薦し、サムスンがカネをだし、キム・ヨナが(本人だけが何も知らず)有頂天、と。

とにかく肝心のご本人の演技がアレ
ですからありとあらゆる「権威によるこけおどし」は絶対に必要だったんだと思います。

「受賞したからすごい」
「受賞したからえらい」

というあちら様陣営お得意の論理のすりかえですよね。

これって無意味ですよね。だって「五輪金メダルだからすごい」「五輪金メダルだからえらい」は通じないってあちら様の主張は、これまでさんざん見てきた通り、

肝心のご本人の演技

がすべてを台無しにしてますもん。むしろ予定調和の世界です。劣化劣化劣化~♪おふざけでないわよって話です。

そして「箔付け」「格付け」は関係者の思惑でどうにでもなる。
だからあちら様陣営が陥落しおおせた「箔付け」は全部カネでどうにかなるところ、です。
ISUしかり、IOCしかり、日本のマスメディアしかり。


ここもそうなんだろうな、と状況証拠からそう思うしかないのが悲しいです。
あちら様と関わるとすべてがダメになる。腐敗する。
まともな概念を持てない人たちは「自分たちが知っているやり方」を押し通す。
ソウル五輪でイタリア人にだまれたのがそんなにトラウマだったのかw
いや、もう「そういう」人たちなんだと思うしかないですね。悲しいです。

だからほんとうに精査を必要とする「権威」はキムを認めやしないでしょう。だってなってねえんだもん☆

ギネスもキムのアレは申請だったけど真央のは日本にとんできて「認定させてくだしゃひいいいいい」だったしなw
アイスショーで実際に見ましたよ。ギネスの中の人、めっさ笑顔で「嬉しい!嬉しい!」って顔だったよw



それから、
このブログをはじめてみて一番驚いたのは、真央がこんなにも愛されていたのかということや
こんなにストレスをためこんで苦しい思いをしていた人が多かったのかということもありますが、
一番驚いたことは(真央にならって三つ出してみました。そのうち二つは同じなんだけどな!w)
スポーツでも芸術でも、詳しければ詳しいほど、
関わりが深ければ深いほど、それぞれが携わるジャンルからの見方で
「キム・ヨナの演技はなってない」という強烈なダメ出しが完全に一致していた、共通していた、ということです。

ありとあらゆるジャンルから検証され洗い出されたキム・ヨナの実像は
「貧しい心と、貧しさが怠惰を促進した結果、運動選手としても表現者としてもひとりの人間としてもどうかと思う」
悲しいほど低いレベルのひとりの貧弱な人間でした。

かわいそうな人でした。

「モスクワの鐘」さんが調べ上げてくださったこの記事のどの写真のキムも
得意満面で勝ち誇った笑顔です。時に気を抜いたときのうつろな顔もみものだけれど、
姐さんにはその笑顔は豚ヅラにしか見えないな。
己がその場にいることの「意味」も「理由」もわからずに
ただただ嬉しくて舞い上がっている馬鹿の豚ヅラにしか見えないです。

受賞を仕立て上げた人間の掌の上で踊るピエロ、使い捨ての駒なのにと
陰でせせら笑っている人間がいったい何人いただろう。
なのに「ウリはピギョクソーン!」とセルフホルホル。
いいなあ、「幸せ回路」でなんでも自分に都合よく解釈して平然と生きられて___

いや、平然としてないな。だから病むんだよ。
誰にも必要とされない、誰からも求められないって辛いもの。

「ウリは女王だから尊敬されて当たり前ニダ!」って死ぬまで自分で言い続けないといけないって
それは普通に言うと「地獄」ってヤツじゃないんですかね。

でも、もう仕方がない。

キム・ヨナと同年齢の少女で、同じリンクにいた?人のお母さんがあるときコーチから声をかけられたそうです。
「国家プロジェクトとして後押しするから、五輪女王を目指してみないか」と。
お母さんは断った。
娘のためにも競技のためにもならないと。
なぜならそれは「まず不正ありき」のやり方だったから。
すると親子はどうなったか。
――リンクを追われたそうです。スケートをやめさせられた。

だからキムの周辺にも、南朝鮮にも、心ある、「本当に真摯に競技に向かい合い、フィギュアスケートを愛する人」はいることはいたのでしょう。
少なくとも、お母さんと娘さんの、二人だけは。二人だけはまともだった。
子を持つ親の身としては、一時の栄光(それも偽りの)ために、娘の人生を売り渡すわけにはいかなかった。
五輪金メダルなどという、関わる人間の裁量でいくらでもどのようにも傾く曖昧なものに娘の人生を賭けるわけにはいかなかった。
「まず買収ありき」なら当然です。

まあもっとも「ウリのココマは買収なんかしなくても勝てるニダ!」あるいは「ヨナと比べるなんて失礼であって!」という火病だったかもしれないですが、姐さんはこのお母さんは「まともな人」だった気がします。

だってほらクズ磁石の法則によるとクズはクズと固まりますから。それを蹴ったということは「俺たちのお母さん」の可能性が大きいです。

この話、残念ながらソースを控えてありません。
バンクーバーのころに南朝鮮側が出してきた美談?として新聞にのったんでしたっけか。テレビだった?
うろおぼえです。細かい点は違うかもしれないけれど、大筋は同じはず。

FJMで「このようなことが」と教えていただいて、それから心に焼き付いています。
その方の捏造ではないと思います。
何かご存知の方はぜひ教えてください。お願いします。

「不正の手筈は整った。あとは試合で滑りさえすれば全勝ニダ」
「お断りニダ!!!ウリのココマは利用させない!不正して勝ったって意味はないニダ!そんな人生は送らせない!」
「じゃあ追放」

ああああああこのお母さん・・・(泣)
会って話をしたいです。手を取りあって号泣したいwww

ほんとにね。
なんでまともな苦労をしないんだろう?
なんでまともに練習しないんだろう?
不正のためにぶっこんだカネのうち幾ら回収できたんだろう。
「誤った賞賛」のせいで破壊されきったキムの人生はこの先どうなるんだろう。

そもそもなんで国威発揚でよりによってキムを選ぶのさwwwwww

あ、つい爆笑がwwww笑いごとじゃないんですけど、国家プロジェクトで選びに選んでブタ笑顔かと思ったらwwww
すみませんwww

まあキムチ2号や3号がキム・ヨナ以上の身体能力と訓練と決意とで
あっさりとキム越えをしてしまいましたけど、
どうせ「キムだけが最高であって!」理論の通り、キム以上の活躍はさせないし、
もうさせられないでしょうね。
実弾=カネが尽きたからw

何が気の毒ってキムの後輩たちですよ。キムより明らかに素晴らしいのに、普通にいい選手なのに
「キムがすべてのお手本」でひょっとこ踊りや不可視ステップや豚ヅラ笑顔の(これはいいかw)
型にはまらないといけないという地獄。

キムのコピーをしたって、キム自身がなんちゃってスケーターですから
コピーのコピーは画像がぼやけてにじむだけです。
目も当てられない。

しかも後輩ちゃんズが人前で滑れば滑るほど
劣化コピー・キムのコピーのはずなのになんだかスキルもレベルも上、という大惨事がががががw
キムのコピーなのにあれだけもっていけるというのは、他国でまともな練習環境にあって、
ちゃんとクラシックバレエや基礎的教養の修練を積んだら相当なところまでいけたかもしれないです。
ほんとうに気の毒な結果しか生み出さないお困りの国☆

※個人の感想ですwwwww


そういえばこのブログで教えていただいたんですが
かの国の人たちって「☆」の記号を嫌うんですってね。
だからどしどし使いましょ、ってコメントで教えていただきました。
姐さんはもとからコレが大好きなのでしょっちゅう使うんですけど、
★フィギュアスケートのヴィーナス★というブログ名にも入っているのは素敵ですw

もうひとつ、
かの国には「人間に桃の実を投げつけて桃の枝で殴打してくる悪神がいる」という伝説があるそうですが
東南アジアはもとよりヨーロッパでも大吉祥なラッキーアイテムとして子孫繁栄、商売繁盛などの御守りに
使われている、その桃を持った悪神って・・・

「退治される側」としてあらかじめ予約というか予兆(オーメン)を組み込んだ神話がある国ってのも
なかなかですわね。切ないし悲しい。

そして「そういう存在」でなくなるための努力をする時間はちゃんとあったと思うのですが
結局「そういうこと」になっていくのがまた切ない。
そういう存在じゃダメだ、そういう存在でいたくない、と願えば抜け出す道はあるんですよね。
すべては本人次第です。
「決意」や「覚悟」の深さに応じて世界はがらりと変わるから。

真央が「3Aを何がなんでも試合で実施し成功させる」と願ったから、決めたから、
だからそのような世界が立現れるのを見ていれば、わかりそうなものなんですが(溜息)。

「女王だから尊敬しろ」とか「女王だからエライはず」」とか、順番が逆なんです。
まさに価値観が転動しているとしか言いようがない。

でも、ひとり「事実」だけが時の風化によく耐えて、忘却の暗黒を自らの輝きをもって乗り越えて必ず世に出て残るのです。
事実だから。

もうめくらましや、嘘や偽りでいくら糊塗したってどうにもならない。

そして「見る目」を養い「自分の直観」で世界を見ていく練習をわたしたちは続けていかなければなりません。
「野生の勘」はあなどれないです。本当に。

とりあえず姐さんは桃をもって吉祥とする側にいたいです。
育ててよし見てよし食ってよし。なにしろめちゃくちゃ旨いしな、桃。

「モスクワの鐘」さんの素晴らしい記事を拝見していたら、
姐さんも馬鹿みたいなちゃかし記事だけじゃダメだなあ、と4秒ほど反省しました。
自分にしちゃ長いよ!しっかり悔い改めたよ!5秒目から平常運転だけどな!

ぐだぐだ長くなりました。ともかくアクセス!べっくらしてください。
とてもわかりやすい文章ですし、傍証をこれだけ集めて提示されると「モスクワの鐘」さんが出された結論以外に何かを思えというほうが難しいと感じられます。

あちら様陣営っていつも同じですよね。こうやって人が楽しくやっているところへ土足で踏み込んで「ウリのウリによるウリのための栄光ニダ!」とやらかすのが実に痛い。
二度と顔を出せない場所を世界中に作りすぎ。あーあ。


ブログ ★フィギュアスケートのヴィーナス★ より

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 1

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 2

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 3

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 4

キムヨナ 2010スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞の謎 5





↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナはIOC委員を目指す | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/07/02 05:02

いよいよ一周年!第十二回FJM座談会



気がついたら12回目!
今月でついに一周年を迎えます。

採点競技の公平性、採点の透明化を訴えるフェアジャッジングムーブメント座談会、
毎回わきあいあいと楽しませていただいています。
よく敷居が高いというご意見をいただくのですが決してそんなことはなく
月に一回、それまでの各自の暮らしの中で得たさまざまな知見をもとに
ああでもないこうでもないと集まって話をする。
フィギュアスケートでいえば競技やショーや報道についてみんなで意見を交わしあい、
同じように他種目でも精通した方がいらっしゃるのでとても勉強になります。
何よりも「自分が好きな競技について感想を好きなように話す」のがすごく面白いですし
日頃のストレス発散の場として非常に有効だと思います。
よろしければぜひ!

お申し込みはこちらから

O-ENN公式ブログ
フェアジャッジングムーブメント座談会
http://oenn.blog.fc2.com/blog-category-12.html


↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
フェアジャッジングムーブメント | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/02 03:42

フィギュア日本勢の五輪での失速はハード・スケジュールが原因



スケ連は金儲けのために右往左往して選手を使い殺して恥じない組織。


2 名前:フィギュア日本勢の五輪での失速はハード・スケジュールが原因 投稿日:2014/02/20(木) 19:41:19.06 ID:N+NAJ6js0
今季の真央は、どんだけ試合に出てるんだよ。

 4月 国別対抗(一応昨季だが)
10月 ジャパン・オープン
10月 スケート・アメリカ
11月 NHK杯
12月 GPファイナル
12月 全日本
 2月 ソチ五輪・団体戦(←特にこれがクソ)

本番までにこれだけ滑ってんだよ。10代の頃ならまだしも、ベテランの域では、これは無茶過ぎる。
しかも全試合で「勝ち」を要求されるんだから。
高橋とか他の選手だって、似たようなスケジュールだろ。
真央の腰痛や、高橋のケガが、ハード・スケジュールと関係ないと言い切れるのか?
日本の選手はみんな、五輪本番ではグダグダな演技だろ。

日本の選手は、五輪に出る時点でヘトヘトに疲れ切ってるんだよ。
だいたい、GPシリーズの点数だとか、ファイナルの表彰台だとか、まして世界ランクだとか、
そんなものを選考基準にしてる国は無いからw
どこの国だって、ナショナルと五輪に合わせてるから。

ファイナル表彰台とか言っても、日本人最上位じゃないとダメとか、最上位でも全日本に出ないとダメとか…
だったらファイナルなんて出る意味無いから。

今回キム・ヨナがメダルを獲ったならば、日本は選考基準や強化日程を根本から改める必要がある。
ヨナは国際試合1試合、ナショナル1試合だけで、五輪に出て、それでもメダル獲れるんだから。
(この4年間で、ヨナは何試合に出た?一方真央は?)
トリノの時の荒川だって、GP2試合と全日本だけで五輪に行ったんだから。


忘れちゃいけないなと思ったのでコピペさせていただきました。

外から見ているファンのほうがよっぽど正確に事実を見据え、
問題点の分析と改善案を持っている。

なんでスケ連にコレが普通にできないのだろう?

まず金儲けありでものを考えるのをいい加減やめちゃくれませんかね?



↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/07/02 03:36

実はフレディに憧れていた人たち!(完全な嘘記事です)



え~、先日、フレディ・マーキュリーをこよなく愛するお方とですね、親しく話し合う機会に恵まれまして。
あんなにすごいパフォーマーはいない、あんなにカッコいい表現者はいない、あんなにうまい歌い手はいないいいいい!!!と
大いに盛り上がったものでございます。
実はあたいのきょうだいに熱烈なファンがおりまして、なんと結婚式の入場曲にフレディの歌を最大ボリュームで流すという暴挙快挙を成し遂げましてですね、異性愛者ではあったのですが「フレディの歌う”愛”がサイコー!!!!」と言い切っていたのでございます。

そんなわけでこの記事のまとめ

・フレディのかっこよさは永遠であーーる!
・姐さんは英語もまったくできねぇけどカラオケではついつい洋楽を入れて毎回自爆しておりやす。クイーンだって入れちゃうんだぜ(死亡フラグ)。
・主な登場人物はフレディの他にアラカーさん、アンドーさん、はびはび☆、キムチ姉さんでございます。

姐さんがいろんな意味でこよなくリスペクトしているこのブログの常連さんですねっ!

飲み物注意、かな?一応「みんなでフレディのかっこよさに学ぼうぜいっ!」という
非常に前向きでポジティブで爽やかなリスペクトがブリザードのように吹き荒れる
お素敵☆記事でございやす。


それではレッツ!学習よ~☆

続きを読む
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(13) | トラックバック(0) | 2015/07/01 04:17
 | HOME |