選手たちに心から慕われる浅田真央



フェアジャッジングムーブメント座談会、次回で17回目です。長く続けてこられたのは御参加いただいた皆様のおかげですね。ありがとうございます。

昨日のFJMで中国杯に行かれた方が現地で直接ご覧になったすてきなエピソードを教えてくださいました。

メダルセレモニーのとき、氷上に出てきたメダリストの選手たちがさーっと滑ってばーっと集って真央ちゃんを中心にして囲み、ひとことでもいい、一目でもいい、言葉を交わしたい、まなざしを交わしたい、とそれは熱心にしていたそうです。

真央!真央!とみんな夢中だったとか。

話をうかがっていて涙が出ました。

競技に参加する選手たちからの敬意と愛情ほど、「確か」なものがあるでしょうか。

真央ちゃんがどれほどの過酷な環境の中で、どれほどの困難に挑み、挑み、挑み続けているかみんな見ている。知っている。

一度でもリンクに立った者ならわかる、彼女の挑戦がいかばかりのいばらの道であるのかが。

なぜ彼女ほどの空前絶後のスケーターが評価をされず、基礎点だけの闘いを強いられているのかという、異常な事態が異常な上にも異常であることが。

にもかかわらず人を責めず他を恨まず、ただただ無心にフィギュアスケートを愛し続けていることの、それがどれほどの強さと偉大さとを備えているか。

みんなわかっている。知っている。

だから、「真央ちゃん!」と集まるんだ。

自分も選手だとしたら、お父さん、お父さん、家族、仲間、もちろんコーチ、応援してくれる友達ぜんぶに、そして真央にも感謝を向けるだろうと、真央にこそ「わたしも頑張ったよ!」「真央ちゃん、できたよ!」と伝えたくなるだろうと思うだろうな、と、それは「山が高ければこそ人は頂点を目指す」という、スポーツとしてあたりまえの挑戦と進化と困難の克服とを、真央が目指し続けている偉大すぎる先輩だからこそ、と、思うのです。

真央は愛されている。本当に、愛慕されている。

採点競技のはずなのに試合ごとに基準が違う、選手ごとに基準が違う、真央は恣意的、意図的な「採点操作」でガタガタにされながら、それらを越えて「理想」めざしてまっすぐに王道を歩み続けている。

真央、真央、あなたがいたことでどれほど多くのファンと選手とが救われたか。癒されたか。戦う勇気をもらったか。

それがいつかストレートにあなたに伝わることを願います。

真央が好きだ。

不遇きわまりない採点地獄のただ中でも一歩も引かず、リンクで頂点を目指し続ける、真央が好きだ。



自分で選んだいばらの道です。辛いことはわかっている。報われないことも織り込み済み。

だけど、ふと横を見たときに同じリンクで一緒に励む「仲間」である競技者から、「真央、ありがとう」と感謝と敬意を向けられることは、どれほどの力になるだろう、と、生涯一度も世界一になったこともなく、これからも決してなることもないだろう姐さんは、頂点を経験した者でなければ推測も共感もおそらくはかなわぬであろう「その世界」にいる皆さんからの純粋な愛慕の情が、とてもとても嬉しくて、さすが真央だ、いいものはいいのだ、真央はいいものなのだ、と、

同じ競技にたずさわる、真央が「皆さんと一緒にがんばりましょう」と思う「仲間」からの賞賛がどれほど真央の心を温めてくれただろうかと、

「真央はひとりじゃないよ」と、

それだけは天に向かって祈り続けたくなったのでした。

真央。

リンクに戻ってくれて、ありがとう。

NHK杯、三位でした。立派に負ける姿を見せるのも、先輩のつとめです。幾多の名選手が後輩に乗り越えていかれる姿を見せることで、スケート界ぜんたいを強く豊かに明るくした。

そんな試合もある。もちろん。



真央は真央にできることをし続ける。そのために戻ってきた。

その果てに何があるのかは、完全に未知の領域です。

真央は真央にできることをし続ける。

負けた悔しさは試合で取り返すしかない。「できる」と思えるかどうか、真央は真央自身のために滑ってください。

そのために、今は生きよう。駆け抜けよう。

すべての経験が真央の宝物なのだから。


ファイナルも大事ですけど、全日本、そしてワールドめざしてだんだんに調子を上げてほしい。

真央のめざす「自分のスケート」がリンクで、試合で、どうか成就されるよう、祈り続けます。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(28) | トラックバック(0) | 2015/11/29 20:02

【イタリア版翻訳】 伊解説・GGのフリップはエッジエラー(お茶の間さん編)



「選手によって基準が違う」証拠をISUみずからが世間に流しちゃってます。

またまたお茶の間さんが翻訳してくださった動画の紹介です。

「真央のルッツは踏切が完全なアウトサイドでも絶対に認めない」「だけど勝たせたい選手の踏切違反は豪快に見逃すよー☆」の物証ですね。

ふざけんなって話です。

こんなんでよくやってられるなあ。

そりゃあ「スポーツとしてあったりまえの大前提」であるはずの「不正採点はヤメロ」に対して「うるさい黙れ」と切れるわけですわwww
こんなことしてるんだもん。

【イタリア版翻訳】 伊解説・GGのフリップはエッジエラー


露骨スギィーーーー!!!!!

いい加減にしろーーーーーーー!!!!!!

ジャッジは絶対派の人はなんか夢でも見てるんじゃね、と思わせる「証拠」ですわね。

GGを何がなんでもワールドチャンピオンにしたいんです!!!という「証拠」ですわね。

あ、ジャッジが絶対派の皆さん、つーかいるのかそんな人間wwwwと思う昨今で、ISUの中の人たちには猛省を期したいですものですね。
何しろ五輪の表彰式でメダルをかける相手を間違えるわ、JOでもアメリカの名選手、ずーっと第一線でがんばってきたアボットの国籍を「カナダ」って書いた滑走順を会場で配ったりしている皆さんは「この世に絶対はない」と骨身にしみて思ってもらわなきゃ困るんですがwwww

滑走順くらい刷りなおせ刷りなおせwwwwww「ここまでダメなんだ」と膝から崩れ落ちそうになりましたよwww

JOの男子シングル選手として出場した選手、何人だよwwwその国籍表記を間違えるかよwww

主催者だろおまえらナメんなよwwww

あーあ。

で、真央だけがなってねえキャンペーンを虫の息になりつつもなんとかの最後っ屁で執拗にかまし続ける日本のマスコミはこういうことは死んでも伝えようとしない。

真央のエッジガーーーというサゲ報道はこういう「不正の事実」とあわせて人に伝えるべきです。

真央が悪いんじゃない。GGが悪いんじゃない。

悪いのはまともな採点をしないISUです。

こんなにもハッキリした証拠を出し続けるISUも、しかしすげえよな(ほめてない)。

お茶の間さん、本当にありがとうございます。おっさんたちの沈黙ぶり、身の毛がよだちましたとも!

それではみなさん、

せーの、

「不正の証拠は本人の演技」!!!!!!



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
海外報道の日本語訳 | コメント(21) | トラックバック(0) | 2015/11/25 05:57

いまだにアレを持ち上げることに必死な嘘つきマスメディア



真央の復帰が悔しくて奥歯がなくなりそうなほど歯ぎしりをしているのは某さんだけではないようです。

リンクをしてアクセスを稼がせるのもしゃくなのでリンクをしませんが、いまだに日本の報道でキム・ヨナと真央を比較して真央をおとしめる記事を出してくるマスコミ側の不勉強さにも困ったものです。

というかキム・ヨナは過去に出場した二度の五輪、バンクーバーとソチと両方とも出場資格がなかったヤツです。
五輪憲章違反と五輪倫理規定違反を犯していたのですから。
IOCみずからが決めたルールを破り、不正に出場し、それをIOCもスルーした。
それどころか「キムだけがすんばらしいぞキャンペーン」という噴飯ものの胸糞悪い仕掛けをIOCみずからが展開し、五輪の権威そのものを泥にまみれさせました。

アレと真央を比べる以前に「五輪出場資格がなかった、不正出場の闇」をなぜ書かない。

いまさらアレを持ち上げる論調は「犯罪に加担している」lことになるんですが、もちろんわかっていてやってるんでしょうなあ、嘘を垂れ流す人間は。

馬鹿で無知、以前に「犯罪に加担している」事実は揺るがせられない。

ヤツはやったんです。国家ぐるみの不正を。

その事実は揺るがせられない。絶対に落とし前をつけてもらわなければならない「不正」なんです。

そもそも真央だけがこうも執拗にありもしない捏造の「欠点」を繰り返し報道され続けることの異様さです。

また別の記事ですけど、岡崎さん、あなたどうしてありもしない真央の演技上の「問題点」を繰り返しアピールするんですか?それをして誰がどういうメリットを享受するのですか?

そもそも「うわー、岡崎さん、まただよ~。スケ連の言いなり、大本営発表のお役目ご苦労☆いくらつかまされたんだろうねえwwwwwwwいや、スケ連幹部にホルホルしてもらえることが報酬かwwwww」としか自分には思えない。

誰が得をするんだろう。真央をおとしめることで。

不思議ですよね。自国のエースをこぞって「連盟関係者」が叩きに叩く。誰も応援していないんじゃねえか、日本スケ連は、と世間に勘違いされかねない「浅田真央はなってないキャンペーン」がまだ続いている。

死ぬほど努力して活躍すると所属スケ連に憎まれるってどんな競技だって話ですよ。怖っわーーー!!!!!!地獄じゃん!!!!怖っわーーー!!!!!!!

でも「実際の演技」だけが物証です。「不正の証拠は本人の演技」、真央の演技そのものが告発です。あれがすべての答えです。

「え、あの演技を見てそう言うの?岡崎さんもエミ・ワタナベと同じで痴呆がはじまっちまったの?この先大丈夫?国際ジャッジなんかしている場合じゃないんじゃないの?通院なさっているのかしら」と心配されるようなことを書かないほうがいいですよ。

それとアレを持ち上げることで、逆に「そうまでして暴力的に嘘をねじこまないと誰もアレをいいものだとは思わない」という事実が浮き彫りになりまくりです。

つーか、アレのことなんて忘れてるよwwwwwwwだって見ても見なくてもおんなじだもん。むしろ見ないほうがいい、見ると損をするくらいなってない演技だもんwwwwwwww

マレー熊化したへっぽこお遊戯会、おぼえている人、いらっしゃいます?

「ものすごくトイレに行きたいんだな」としか伝わらないしかめっつらのアヘ顔しか残ってねえwwwww「いつも気持ち悪かったよね」「あげひばりの頃はよかったなあ」とうっすらと青霞む遠い記憶の中で「そういえばそんなのもいたねえ」ていどのいや世間の反応は「えーと、ほらほらあの、そうそうユンソナ!」ていどの三流wwwww

コーチのオーサーにすら自伝で戦績を間違えられる時給でナンボの「スケートが憎い、スケートが嫌い」と言う教え子wwwwww

フィギュアスケート史に名を刻み、永遠に記憶に残されるべき名選手、伝説のアクセルマスターとしてすべての要素が空前絶後の極みに到達している浅田真央よりも根拠なくすごいすごいすごいすごいすごい、だからすごい、すごいニタ゛!すごいと思うニダ!という馬鹿みたいな論調の駄文を垂れ流すのはもうやめたらどうっすか。

「いくらもらえるんだろうwwww」としか思えないっす。

そして「うわーこの期に及んでまだあんなのと比べる度胸がよくあるよねwwwww」と「人間失格」「おまえ、よくいまだに嘘を書いて平気でいられるよね」と思われるだけっす。

少なくとも「キム・ヨナにはそもそも五輪出場資格がなかった」ことを知る者からすると。


現在の採点方法の問題点はいろいろありますが

・選手によって基準が違う

・試合によって基準が違う

・ジャッジは匿名のかくれみのの陰でやりたい放題

・機械判定くらいやれるっぺ

・無理でもあの広いリンクを一カ所から撮像した映像だけで思惟的に判定するのやめなよ、せめて複数撮像すればいいやん

・不正採点に抗議できないジャイアンルールは撤廃しなよ

くらい速攻で出てきますよね。

・ジャッジが無給だからテキトーな採点でも許してちょ☆とかなめたこと言うなwwwちゃんと金を払えよwwwなんのための高額チケットだよwwwwww

とかも。

マスコミに対しては

・日本スケ連のクソババァがにらみをきかせてるのはイヤン☆な状態かもしれねえけどよ、取材拒否される「かもしれない」から言いなりってどうなのよwwwww

・野球、サッカーには及びもつかねえマイナースポーツではあるが「スケ連がこう言った」、だから「それだけ掲載する」のはいかがなものか

なんつーか、こんな地獄のような環境下で浅田真央、本当によくやっていると思います。

過去の幾多の英雄たちに比べるとその「とんでもなさ」が突き抜ける。真央は南朝鮮の国家ぐるみの「ウリたちは夏季・冬季りょうほうの五輪を招致できた一流国家ニダ!」「土地投資と五輪景気で大儲けニダ!」の不正にまきこまれて一方的に矢面に立たされたのみならず、ISU、IOC、そして自国スケ連と自国メディアに徹底した攻撃を受け続け、自らの努力と情熱と不屈の決意だけで戦い続け、今もなお戦いの中にいる。

こんなに頑張り、こんなに努力し、こんなに報われることわずかな名選手をして「採点に怒りと悲しみを感じた」と言わせしめる環境ってなんだろう。

にもかかわらずスケートが好きだから、とただただレベルアップをはかり続ける浅田真央は、なぜ今になっても「嘘」でおとしめられなければならないのだろう。

もうやめろ、と言いたいです。

無理だよ、浅田はくっだらねえ大人の思惑でどう報道しようと、本人の演技が「それは全部嘘」と粉砕してしまっている。

真央にだけ適用される謎の「加点はやらねえルール」とか「高難度ジャンプは認めねえルール」の「嘘」をこそ、暴いてもらいたいものですね。

あ、真央を攻撃しなきゃいけないからできないのかwwwwwww

不思議だねえ、ここは日本なのにねえ______________

マスメディア、あんまりにも嘘をつき続けるのでマスではなくなってきてますよねえwwwフジテレビとかねえwwww

くだらねえことしか垂れ流せないところは内輪向けのミニコミ紙でもやってろよwwwwww誰も見ねえよwww嘘なんだもんwwwwwwwwミニFM局とか楽しそうよwwwwwって話ですわね。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本の報道 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2015/11/25 05:41

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態




浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/sports/8926

自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。

「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。

「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)

今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。

「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」

五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。

(週刊『FLASH』3 月11日号)





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
ソチ五輪・劣悪な「アルメニアのリンク」問題 | コメント(19) | トラックバック(0) | 2015/11/18 20:03

ブログの紹介「正常な報道のために テレビ偏向報道の記録」



有志の皆さんが作ってくださった記録ブログを紹介します。

正常な報道のために
テレビ偏向報道の記録

http://benormalpress.jpn.org/


このサイトについて」より引用

主にフィギュアスケートに関する偏向報道の書き起こしを扱っています。
政治・文化・他の競技等に関しても、偏向の強い異常な状態が終わり、公正で正常な、ごく普通の報道に変わってほしい。
そのため、現状の資料作成・まとめ・拡散を行っています。
サイトの主旨に共感していただければ、拡散用の二次加工等にもご自由にお使いください。
ただし、偏向や捏造のための二次加工は固くお断りいたします。
スポンサー情報も全文に含んでいますので、偏向報道への問い合わせにもご活用ください。




> 政治・文化・他の競技等に関しても、偏向の強い異常な状態が終わり、公正で正常な、ごく普通の報道に変わってほしい。


> ごく普通の報道に変わってほしい。


わたしも強くそう願います。
有志の皆さんが資料を集め、気の遠くなるような時間を割いてこつこつと「偏向・捏造なく」アップしてくださったこの記録、あらためて「皆さんはどうご覧になりますか」「このままでいいと思われますか」と自分を含めて問い直したいと思います。

「ありのままを伝える」ことを、マスコミが目指してくれるように。

事実こそがよく時の検証と精査に耐えて永遠に残るものだと思うから。

もう偏向と捏造は不要です。

フィギュアスケートはマスコミの表層的で薄っぺらな「嘘のドラマ仕立て」を抜きにしてただそれそのもの力で、素晴らしいものだからです。
だからこそ、このように「現状はおかしい」「スケートはもっとずっと素晴らしいのだ」「選手への敬意を持ってほしい」と願う人が「実際に行動を起こす」ことになるのです。

フィギュアスケートに魅力がなかったら、勇気を与えられなかったら、素敵だと思わなかったら、いいものだと思わなかったら、少なからぬ犠牲を払ってまでも、このように立ち上がりはしないだろう。

その強い愛情と深い悲しみこそが痛切な告発の原動力となって「事実の提示」だけのこのようなブログに結実するのだ。



有志の皆さん、本当にありがとうございます。
「自分にできること」を続けてくださっている皆さんに敬意を表します。感謝します。



正常な報道のために
テレビ偏向報道の記録

http://benormalpress.jpn.org/




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スケート関連 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/11/16 07:08

浅田真央CoCイタリア放送(お茶の間さん翻訳版)



みんな大好きお茶の間さんが、GPS中国杯の真央ちゃんの演技を翻訳してくださっています。

【イタリア版翻訳】浅田真央 2015 中国杯 SP
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27533219


【イタリア版翻訳】浅田真央 2015 中国杯 FS
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27542578


どうですか、この小気味よい解説は!
ちゃんと「仕事」をしていますよね。

イタリア語から日本語への翻訳作業、しかも本気出したおっさんたちの専門用語も含めての、ということでお茶の間さんにはひたすら感謝です。ありがとうございます。

ちゃんと「仕事」をしているイタリアの皆さんに海のかなたから感謝と敬意を表します。

俺たちの真央の雄姿をなぜ彼女の母国日本ではこのように「普通に」「当たり前に」放送できないんだろう。


お茶の間さん、どうもありがとうございます!!!


↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
海外報道の日本語訳 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/11/16 06:53

漢マッオ、最高難度に挑戦する



浅田真央、自己最高難度に挑戦へ
GP復帰の中国杯6日開幕
http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20151105000126

最高難度

ワイ、漢マッオの勇気に涙が止まらないwwww

真央!!!!!!

真央!!!!!!

挑戦し得るだけの練習を積み重ねてきたからこそや!!!!

真央!!!!!

思いっきり羽ばたくんやでー!!!!!!(涙ヌグイー




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(49) | トラックバック(0) | 2015/11/05 20:12
 | HOME |