よいお年を



毎年叫んでおりますが「また今年もなんにもしないうちに終わっちゃったよーーー」というかんじです。
今日で一年が終わりだなんて!
「フィギュアスケート十大ニュース」とかやるまもなく!終わりです!ひい!
・・・・・・「フィギュアスケート十大ニュース」、考えていたんですが、「真央ちゃん復帰」で全部ふきとびましたwww
一位から四十七位ぐらいまで「真央ちゃん、復帰」です。てへ☆

来年もいろいろと面白いことができるよう、今年一年のあれやこれやをふりかえりつつ、2016年も良い年であるように、と念じたいと思います。

フィギュアスケートの不正採点を見逃すことは、他のすべての不正と悪意を「わかっていて放置する」のとまったく同じことだと思います。

嘘はよくないし不正はただされなければならない。

そのためにできることをできる人が「やり続ける」ことが今後いっそう大事になると思います。

われらが真央ちゃんがくれたワンモア・チャンス。

わたしたちは真央ちゃんの努力と栄光と輝きとを見て、そして「では自分はどうするのか」「では自分はどう生きるのか」をあらためて問い直す機会に恵まれたと思います。

姐さんはキム・ヨナ箱には行きたくない。

全人類を二分したら、どうにかこうにかであってもいい、「浅田真央箱」に入れるように来年も努力したいと思います。

そこは努力した人が報われる場所。
人をうらやんだり嫉んだり、きったねえ手段で足を引っ張ってキム・ヨナ商法で偽りの栄冠にウットリする人はいない場所。

チャレンジは常に弱い自分、だめな自分、小さい自分を「乗り越えていく」ためになされる場所。

そして弱いからこそ、だめだからこそ、小さいからこそ、そんな自分をまるごと受け止め、大切にし、「だからこそ」尊い自分独自の輝きを存分に放つことができる場所。

広々と明るい大空のもと、胸を張って生きられる場所。

世界を平和にしたかったら、まず自分が平和であればいい。

不正をさせたくなかったら「自分は」不正をしなければいい。

みんながそんなふうに生きる世界はあっという間に変わるでしょう。

ローリー・ニコルの発言は重いです。彼女は「真央はキリストだ」と言っているのも同然だから。「真央がいるところに平和がもたらされる」と彼女は言った。かなり思い切った発言です。

ロシアでは「真央を見習え」と自国の選手を育てている。真央の人柄、真央の練習量、真央の熱意、真央の情熱、真央の「愛」を「見習いなさい」と育てている。


では。彼女の母国、日本では?

わたしたちは真央をも含めた選手の努力にふさわしい取り扱いをしてきただろうか?本当に?

できていないのだとしたら、何がそれらを邪魔するのか。

カネか利権か面子か恨みか。

そういうじめついた「超どうでもいいこと」で動く人が、動かされてしまう人がいなくなれば、世界はどんなに清々しく明るくなっていくだろう。

世界を変えるたったひとつの方法は、「あなたが変わること」だと姐さんは思います。

それは今この瞬間から実行できる。今この瞬間から。

やるかやらないか。それ以前に「やる」と決めるかどうか。

わたしはよく申し上げるのですが、「やりかた」は考えなくていいんです。むしろ、やり始める前に最善の方法なんか、いくら模索したって「わからない」。無数にある選択肢からミスのない唯一の正解をみつけることはできません。
それよりも大切なのは「やると決める」ことなんです。

世界は「あなたの決意」を待っている。

あなたが「では、どうするのか」を宣言するのを待っている。だからこそ「決める」だけでいい。あとはあなたが生きる一歩一歩が最善の道となってまっすぐに目標に向かって連なっていく。あとからふりかえってみたら「ああ、これでよかったのだ」と思える道が自動的に「あなたが生きたあと」にできるんです。

怖がることも迷うこともない。「こう生きる」と決めるだけ。

久美子先生がおっしゃっていた。「あとは勇気だけ」。

真央を見ているとそう思う。彼女は正しい。あんなシナリオクラッシャーはいない。薄汚い思惑だの策略だのでせっせとどぶ川を深くしたってそのはるか上空を軽々と飛翔していく。

だいじょうぶ、真央は最後に帳尻をあわせて「全部もっていく」人ですよ。ずっとそうだった。

現代日本において浅田真央を上回る徳義、倫理を備えた人間がいるだろうか。
彼女の「心」は世界で一番美しい。だから彼女がすべきことは「どこでジャンプをとぶか」「どこで手を上げるか」「どこでターンをするか」という技術的な話だけでいい。

ジャンルは違うがヴァイオリンの先生だったドロシー・ディレイがそうだった。
音楽性とか曲の解釈とか一切言わない。彼女はただ「そこでピッチを上げて」「ここはゆるやかに」「ここはタ・タターン」というようなテクニカルな指導だけだった。それだけで演奏者独自の「表現」と「解釈」が見事に花開く。ディレイ先生は「どう演奏したらちゃんと聞こえるか」だけを指導した。でも、結果、彼女の教え子は綺羅、星のごとく音楽史を彩る名演奏家になっている。

今の真央にもし言えるとしたら「神に奉納する気持ちで踊ったらどうだろう」ということだけ。

真央は「その境地」を知っている。初めてのワールドタイトルホルダーになったとき、トリプルアクセルで異様な転倒の仕方をして、足もブレードで切っていた。でもただちに起き上がりどこで演技に戻ろうとリンクをすみやかに滑走しながらタイミングをはかっていた。「あーあ、やっちゃった」と思いながらも「よし、できる!」「いこう!」という思いは消えなかった。

あとで「神様がいた」とおっしゃっていたあの演技。

「その境地」に正気を持ったまま到達し、歓喜とともに地上に舞い戻ることができる稀有な逸材として、あえてけだし天才であろう、とあらためて思わずにはいられない。

普通の人は、つぶれます。もちこたえられない。日常とのギャップに呆然としたり、「その境地」をどうあがこうとも人にまるごと伝えることは「できない」ことに絶望したり、あるいは捏造得点でうかれあがってもんどりうってころげまわって増上慢の天狗になって「俺は超特別☆」とか言い出すからねwwwwwカッコわるーwwww自分に自信がない人ほど「おしつけがましく」なるんですよね。「すごいと思え!」って。思わねえよバーカバーカwwwww
姐さん、スケートが上手で体幹がしっかりしていて見ていてスカっとするスケーターが好きなのwww「病んだマレー熊」は好きになれない_____

※個人の感想ですwwwwwww

真央は真央でいればいい。それだけでみんなが嬉しい、という超すごい人だから。

ママごと、ファンごと、その境地にぶっこんでしまう稀有な人。



姐さんは「二万年にひとり」のとんでもねえ奴だと言い切ります。



ではでは。

皆さん、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

来年もどうぞよろしく。姐さんは姐さんにできることを続けます。
できればそれが大爆笑の痛快事で、「だよねー!!!」と皆さんに思ってもらえることだといいなと思います。

徳は弧ならず、必ず隣あり。

真央を見ていて、思いました。


真央が「ひとりではない」ように、わたしも、あなたも、思いを通じてひとつに結ばれている。
その思いができればさまざまな方面で、あらゆる色合いを備えたうえで、強く、太く、美しく、織りなされていくといいなと思います。

そのほうが絶対おもしろいwwwww



どうぞ良い年をお迎えください。

新世界でお会いしましょう。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2015/12/31 15:26

天皇誕生日一般参賀



行って参りました、一般参賀。
「知り合いいっぱいいるだろうなー」と思ったらいっぱいいました(笑)。

今回は秋篠宮家の大姫様目当ても半分ございまして、ええ。だってあの姫様のどでかさは異常。頼もしいったらありゃしない。あれは神の器ですわね。その器のでかさは明治大帝をほうふつとさせますわね。秋篠の宮さまと、このおふたりは特にあのすこーんと突き抜けたでけぇ青空みたいな空気を生来お持ちかと。すごいことです。
大姫様のお姿を見るたびに「ニッポンの未来はまっこと明るいぜよ!!」と叫びたくなる。
単身での海外ご公務も大成功で素晴らしいことだと思います。

陛下の誕生日をお祝いしに参じたはずなのに、かえって陛下から暖かくやさしい気持ちで祈りを手向けられまして、ありがたいやら申し訳ないやら。
陛下・・・24時間、365日、本当に本当に日本の繁栄と世界の平和を祈り続けてくださっているお方です。
ありがたい。ありたがい上にもありがたい。


ずーっとゲームの話をでけぇ声でしていた小僧どものグループがお出ましになったとたん「可愛い可愛い」とほとんどおろおろするかのごとくうめいていたのに笑いました。泣きそうだったぞ。わかるけどな。姫様方の気品と美貌と清楚さに完全にノックアウトされていたのだ。姐さんも同じだ(笑)。

情感豊かな年代の彼らが、美しい異性の気高さに心を打たれる経験を持つことができた、ということは彼らの今後に大きな影響をもたらすと思います。
がさつで下品で私利私欲だけの凶暴なオンナ、メス、たとえば姐さんのような奴、だけでは「ない」ということを胸に刻みこめただろうということ。
「本物の気品」を備えた素晴らしい淑女を目の当たりにできた、ということ。これは大きな転換になるだろうと思います。
人生に明るい希望を持てるようになりましょうし、かくも気高く明朗でたっぷりとした「余裕」を持った心根の清い女性を知ってしまったら、自分をかえりみる、ということもできましょうし、めったな相手は選ばないだろう、とジジィはうむうむとそっと目頭の涙をぬぐったりぬぐわなかったり、余計なお世話をかみしめておりました(笑)。

よかったなぁ、あの姫様方がいてくださって。そしてあのようにおふたりを育ててくださった秋篠宮両殿下の尊い志と生きた行動とに深く敬意を表したい。利発で思い深く可愛さ天井知らずのゆうゆう殿下は言うに及ばず。

いやー、しかし弟宮ご一家は麗しい上にも麗しく、ひごろの生活態度がモロバレの「ああいう場」でさんぜんと光輝いていましたねえ。人として生まれてあらん限りの努力を続けておいでだということがひとめでわかる。本当に偉大だと思います。

天皇陛下、皇后陛下は言うに及ばず。

ああ。陛下。

あと百万回お誕生日を祝いたい。この世で。地上で。

おかしかったのが某ヨシフ氏に激似の男性がいらっしゃってですね、「あれ本人じゃね」って勝手に写メられたりしていたのですよ。姐さんも「ま、ま、まさか本人!」とちょっとだけ距離を詰めたりしていたのですが(いや別に、暴れ出したら殴ろうとかそういうことではなくてですね、人波に押された結果ですよ結果)、しかして陛下がお出ましになった瞬間に「天皇陛下、ばっざあああああいいいいいい」と朗々たる声で両手を上げていましたので「あ、別人」とわかりました。正直すまんかったwwww「もしかして 左翼」とか写真をあげかけたうっかりさん☆は人違いだから気をつけて!感極まったようにすごい笑顔で涙ぐんでらしたので絶対違うと思います。

でもさ、ヨシフも来ればいいのにな。そして感極まってうっかり泣けばいいのにな。それをイラストレイターさんにネタにされてしょうもない言訳をして大炎上すればいいのにな。とまでは思いませんが、ものすごい数の人が「おめでとうございます!」と一緒に思える空間を与えてくださって本当にありがたいなと思います。
朝から何度もお出ましでお大変でいらしゃるでしょうに。。。嗚呼!ありがたい。

で、姐さんはなぜか毎年外国人一家、外国人グループに取り巻かれるのですが、彼ら彼女らの反応が毎年本当に興味深い。
「わーラッキー」くらいの気持ちで参加したと思うのですよ。そして誰もわりこみをせず行儀よく指示通り列を作って静かに待っている日本人にビビらされていると思うのですよ。ぐいぐい割り込みをしていらいらしながら日本人を蹴散らす不逞なガイジンとかたまにいるもんな。そして気がつくと神妙な顔で一緒に並んだりしてるもんな。

そしてお出ましになった瞬間、陛下の慈愛に心を打たれ、皇后陛下と恋に落ちる。世界共通で伝わるものが確かにある。
毎年、ガイジンのトーチャンズが「なんてエレガントなんだ」と皇后陛下の気品にうめき声をあげるのを見るのは愉快です(笑)。

さらに加えて今年は秋篠宮家の美しい姫様方と妃殿下とお三人で発光なさっている分には各国語で「綺麗」「可愛い」「素敵」と絶賛のつぶやきが。

ぐえへへへ、となぜかドヤ顔でうむ。と思いつつ、あのような気品と威光を備えるまでの超人的なご努力を思い、われわれもしっかり生きていかなければなと大いに反省をいたしました。

宮内庁ホームページを見るとビビりますよね。両陛下と秋篠宮家の皆さまのご公務の多さとに。
ありがたいことだなと思います。

来年の新年の一般参賀もぜひに、と思っています。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
皇室、神道、信仰など | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/12/29 23:47

学び続ける浅田真央



次のショートのジャンプ構成は

3A
3Lz
後半で3F-3Lo

うは。

真央や真央。
こんくらい攻める気持ちでいったんさい。

ちみは守りに入ったら途端につまらなくなって
「あ~あ」とやる気をなくす人。

「え・・・あたい、できるのに」ってがっくりきてしまう人。

「リンクで完全燃焼」するために戻ってきたのだから、
遠慮しないで燃えるといい。

できるから。絶対に。

日程はキツいけど、四大陸でぶっとばして世界ランキングを上げて、
そしてワールドでさらにぶちかますといいのです。

そのために戻ってきたのだから。
わくわく、どきどき、「その瞬間」に至るといい。

ワールド終わったらシーズン終わりだもんね。あっという間だよ。

「今できることを全部やる」、その機会を自分の手でもぎ取った。

すごいことだ。本当に。



どんなにアホみたいなクソ採点がなされようとも最後まで残るのは「本人の演技」だけ。

何十回繰り返し見ようとも新鮮で、発見と驚きと感動があり、「もう一回」と思える演技を浅田真央はし続けている。

驚異であり奇跡である。

見る側の知性と教養と審美眼とに挑戦し続けている。

見る側の感知力と判断力と「正気」にも。

その偉大さを正しく評価できないのは評価する側の怠慢だ。あるいは悪意。

でも、そういう「大人の事情」で右往左往するカワイソーな連中をはるかに越えて
「どれほどの高みにいるのか」を、むしろ見る側の方が真摯に完全に受け止めていて、

「真央ちゃん」だから演技を見る、
「真央ちゃんが出るから」テレビを見る、
「真央ちゃんがいるから」試合に行く、
「真央ちゃんがいるから」ショーに行く、

そんな人は増え続ける。

真央だから好き。

勝っても負けても、学び続ける真央が好き。



見せてやれ、見せつけてやれ、「自分の真実」を。

本当に残るものは「嘘のない美」だけなんだから。

姐さんは、困難な上にも困難な道を、「努力」で身に着けた「実力」でのりこえていくそんなあなたたちを尊敬します。



GoMaoバナー、すごかったね。泣けたよ。真央はひとりじゃないってそろそろ気づいてもらえたかな?

北海道寒すぎワロタwwwと思いながらみんな一緒に燃えてたと思う。

真央の親戚多すぎワロタwwwwみんな真央が大好きなんだ。真央が「やったー!!!!」って大喜びするのを一緒に喜びたいだけなんだ。

「やったーー!!!!」と大喜びして、寄り目になって、ベロが出て、ガッツポーズしながらびょんびょん跳ねる真央を見たいだけなんだ。

それはどんなに幸せな光景だろう。わたしたちはその「祝祭」を生涯忘れないだろう。

真央が笑うとみんなが笑う。

真央はひとりじゃないんだよ。

勝っても負けても、「自分との戦い」を続ける真央が好きなんだ。

これだけの回数、いろんな試合を経験してもまだまだ知らなかった境地がある。
まだまだわからなかったことがある。

そう思えることが、そう、素直に受け止められることが、超一流の証だろう。


この先のすべての歩みが、これまで以上に尊く貴重な「真央の宝物」になっていく。

「復帰してよかった」と腹の底から思えるように、

「戻ってよかった」と自分の選択を誇れるように、

「がんばれうちの子」!!!!!!!

真央が望む理想の演技が試合で成就されますように。

Goだよ、Go!!!!!!




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2015/12/29 23:05

試合ごと、選手ごとに基準がバラッバラなクソ採点



グランプリファイナル、女子シングルSP。

参加人数が少ないんで採点基準が「恣意的」だってことがものの見事にわかりますわね。

えげつないほど「こういう試合結果にしますんで」が見て取れる。



真央、ガッカリしているだろうなあ。

こんな異様な「差別」、どうあってもやめてもらわなきゃならない。



真央、元気出して。

真央にできることは、「真央にできることをやる」ことだけだ。





こんな生き地獄、姐さんだったら耐えられない。

真央は強い。本当に。

「それでも」戻って来たんだから。


cat-a.jpg


真央。

あなたはかつてクソ採点によって残酷にも奪われたセカンドトリプルループを自分のものにして戻ってきた。

刺されまくったトリプルアクセルも「親友」にして戻ってきた。

だからこそ、世にも華麗で美しく風のように軽々と跳ぶ、世界一美しいあなたのトリプルルッツを奪われてはならないよ。

ここで手放してはいけない。

真央には跳べる。

真央のルッツを奪い取り、せせら笑っている連中に負けてはならない。

思い出すんだ、かつての真央はひとつの試合でショートで一度、フリーで二度、三度のルッツを入れられることが、
そしてルッツとフリップを両方実施できることが最大の強みだったんだから。

そしてそれは今でも失われてはいないんだ。

真央にはできる。この世でもっとも美しいルッツを実施できる。

真央。

あなたのルッツは完璧だよ。

奪われてはならないよ。

あなたを苦しめようと思って苦しめてくる連中の、クッソくだらねえ思惑に乗ってはいけない。


真央。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(101) | トラックバック(0) | 2015/12/12 14:42

再確認「キム・ヨナ商法」とは何か



キム・ヨナって誰?
という人が日に日に多くなっていますので、というか姐さんだって忘れて過ごしていますよ、普段。
むりやりねじこんでくるので「うわ~、まだ実弾残ってるのぉ~?」と思いっきり顔をしかめて「馬鹿じゃねーの、マレー熊なんか見たかねえよ」とつぶやいて光の速さで「謝れ!マレー熊に謝れ!」とつっこまれているくらい。

あらためて「キム・ヨナ商法」についておさらいしておきましょう。

<キム・ヨナ商法とは>

(1)ISUが勝たせたい選手を勝たせるためにルールをねじまげる。

(2)ねじまげたルールをさらに恣意的に拡大解釈し、特定選手にだけ利益があるように採点する。

(3)マスコミを使って嘘をばんばん流しまくり、読者や視聴者を洗脳する。


あげていくと1から1億くらいまでありそうなので、コメント欄がにぎわいそうです。

で、これをやる連中というのは「特定選手をアゲるために、それより人気・実力・魅力が上の選手をセットで必ずサゲまくる」という馬鹿のひとつおぼえをしかけてきます。

意味もなく特定選手がサゲられだしたら「ああ、他にアゲたい選手がいるんだな」「実力だけじゃどーにもならないから、もっと素敵な選手をサゲまくって相対的にアゲようとするんだな」ということですな。

「キム・ヨナ商法」の短期的なメリットは「マスコミでカッコいいところしか流さないので普段スケートに興味がない不特定多数の人は簡単に洗脳できる」ところです。

が、長期的なデメリットは「全部嘘なので、結局圧倒的多数の人から最終的に超嫌われる」ということです。

もう一回書いておきます。

「全部嘘なので、
結局圧倒的多数の人から
最終的に超嫌われる」


そして「忘れられる」んです。

だってスケートが好きで連盟にカネを落とす人間は嘘を見抜きますから。
普段スケートに興味がなくてマスコミであおるから「ああそうなんだ」と思うていどのライト層はカネを出さない。

そして「忘れる」

忘れ去られる。
誰もおぼえていない選手になる。


なんでのっかるのかなあ。

しょーもない短期的メリットとその後の人生のすべての時間とを引き換えに「昔はよかった」と余生を過ごすのってキツそうですけどね。

で、のっかった選手はマレー熊化していく、というのが共通項でございます。

アスリートとしてもヘン、人間としてもヘン、というモンスターになっていく。

一時期のキムさんの天狗ぶり、すさまじかったですからね。

ああなったらおしまいだな、という姿をいかんなく見せてくれた。頼んでもいないのに(笑)

まあこういう商法は頼まれてものっかってはいけませんわね。

末路は哀れだからです。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本の報道 | コメント(22) | トラックバック(0) | 2015/12/07 21:47

2015年グランプリ・ファイナルへの「Fair Judgment for all!」応援の一斉ツイート(ニコル @steplevel5さん)



わーい!
嬉しいお知らせをいただきました!


2015/12/06 ニコル @steplevel5さん

2015年グランプリ・ファイナルへの「Fair Judgment for all!」応援の一斉ツイート

お姐様&皆様、こんばんは。

グランプリ・ファイナルへの「Fair Judgment for all!」応援の一斉ツイートを提案致します。
今年も3日間、ジュニアの試合開始時間に行います。
ご都合のよい日時に、無理のない範囲でご参加頂ければ幸いです。

12月10日(木) 22:05 ~ 22:11
12月11日(金) 23:45 ~ 23:51
12月12日(土) 21:30 ~ 21:36

詳細⇒ http://steplevel5.exblog.jp/25027908/

よろしくお願いいたしますm(_)m


ニコルさん、いつもありがとうございます!楽しみです。
その期間、うまくすれば山から降りてこられるので姐さんも参加したいと思います!
出没できなかったら「ああ、埋まってるんだな」と思ってください。
あ、念のため、埋まっても戻ります。

全選手に公正に採点をする、というスポーツではどんな競技でも当たり前の前提を、関係者全員がもう一度共通認識で持つに至ったときに、フィギュアスケートの未来は最大限明るく美しく希望に満ちたものに変わると思います。

「嘘」はよくないですよ。嘘は残れない。嘘は滅びる。

「なぜフィギュアスケートは採点システムを変えたのか」、この原点に立ち戻っていただきたい。

それは「不正を排除するため」でしたから。


全選手に公正な判定を!

切に祈っています。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
チーム・公正 Twitter班連絡用 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/12/07 21:46

元気にしております



コメントの返信が遅れておりますし、記事の更新も滞っておりますが管理人は元気にしております。
ご心配くださった皆様、どうもありがとうございます。
ほんとはね、コメントには全部返信をしたいのですよ。
そのうちまたチャットでもしますかね。姐さんからのウザい全レス、どうですかwwww

なんつーか、スケートに関して思ったことをそのまま書くと呪詛と怨嗟と罵倒だらけ☆になりそうでクールダウンしてから~☆と思ったり思わなかったり、腰みの酋長方式で文末に☆さえつけりゃあ何を言ってもいい、という流儀人としてどうかな~と思うので伝えきれない思い☆をどうしたら文章にできるのか☆模索する日々でございます☆

てへ☆

すいませんwwwwww

年内に片づけないといけない野暮用があれこれございまして忙しくしております。
「貧乏ひまなし」と「稼ぐに追いつく貧乏なし」はどちらが真実なのでせうね。

ですがスケート関係のことはできるだけ追うようにしています。
が、姐さんはみんなが忘れかけたころに「そういえばアレどうなったの」と騒ぎだす周回遅れのアナログ人間でございます。
どうかご容赦くださいませませ~☆

てへ☆


・・・・書いてみて思いましたが文末の☆ってけっこうムカつきますねwwwwwww

腰みの酋長は日常、「文末☆使い」なのでしょうか。弔意を示す文章にすら☆をつける人間ですから普段からメールなんか☆が乱舞なのでしょうねwwwwうわーやだそんなメールwwwwwwよかった知り合いでもなんでもなくてwwwwww
言ったら逆恨みされそうだから「とんでもなく非常識だし、ものすごい馬鹿にしか見えないから、やめな?」と言い合える仲じゃなくてよかったーーーーwwwwww本当によかったーーーーwwwwww

よかったー☆





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/12/07 21:38

タチアナ・タラソワ「真央は最高のスケーター」(佐々木正明さん編)




現役復帰の浅田真央に元コーチのタチアナ・タラソワさんが熱いエール「彼女は最高のスケーター」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000545-san-spo
産経新聞 12月5日(土)14時10分配信

 日本フィギュアスケート女子の浅田真央選手のコーチやプログラムの振りつけを行ってきたロシアのタチアナ・タラソワさんが、浅田選手の現役復帰を喜び、活躍にエールを送っている。今季は何の役割も引き受けていないが、「私は真央の大ファン」と話し、グランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯でもロシアの中継番組の解説中に「大会に戻ることができておめでとう。100%うれしい」と語りかけた。ロシアフィギュアスケート界の重鎮のあふれる「真央愛」は、日本のファンの間でも大きな話題となっている。(佐々木正明)

 浅田選手がGPシリーズに2年ぶりに復帰を果たし、優勝した11月の中国杯の後に、モスクワにいたタラソワさんに電話取材した。

 浅田選手はフリーでミスをしたが、タラソワさんは「大会を通しての滑りは素晴らしかった」と述べ、浅田選手が再び現役選手の第一線に戻ってきたことを喜んだ。「私は真央のファンであり、彼女にいつも愛情を抱いている。真央はこれまで私が教えてきたスケーターの中で、最も素晴らしい選手」と褒めたたえた。

 さらに、「もっと、練習を積み重ねて、プログラムに磨きをかける必要がある」とアドバイスを送り、今季はコンビを組んでいないものの「真央が必要なとき、いつでもアドバイスする準備ができている」とも語った。

 「私は真央のファンであり、真央の演技をまた見ることができてとても幸せ」とも答えた。

 タラソワさんと浅田選手の師弟関係は2007年に浅田選手が訪露し、芸術性や表現力を磨くためにタラソワさんの教えを受けたことに始まる。タラソワさんは自身もフィギュアスケートの元選手でその後、コーチに転向。日本の荒川静香選手やロシアのアレクセイ・ヤグディン選手らを指導し、「金メダルの請負人」とも言われた。

 08年からは浅田選手の本格的なコーチとなり、10年のバンクーバー五輪では一緒に歩み、銀メダルを獲得した。2人の関係はその後も続き、昨年のソチ五輪でもフリーのプログラム、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」の振りつけを担当した。

 タラソワさんはロシアでも「真央の振りつけを行ったことは私の誇り」「一緒に取り組むことができた運命に感謝している」と公言してはばからない。その理由を浅田選手ほど才能があり、ハードな練習を根気強くこなす選手にはめぐりあったことがないと説明する。「これまで男子がこなしてきたジャンプを成功させ、私のフィギュアスケートのイメージを覆した」のだという。

 フィギュアスケート王国のロシアで、もう何十年も現役のコーチとして第一線に居続け、モスクワでは、メダル候補がずらりと集うリンクへと常に出向き、若手に寄り添い、その成長を見守っている。重鎮ぶりは、自国初の冬季五輪となった昨年のソチ五輪の開会式で、貴賓席のボックスにプーチン大統領と一緒に座ったことからもわかる。

 情熱と愛情をもって選手を叱咤(しった)激励する様はロシアでも多くの人が知っており、ロシアが数々のフィギュアスケートの名選手を生み出してきたことは、タラソワさんが他の有名コーチとともに尽力してきたからにすぎない。

 そのタラソワさんは、浅田選手がフィギュアスケートに取り組む真摯(しんし)な姿勢を、ロシアの若手選手らにも伝え、さらなるレベルアップを図ろうとしている。そうしたことから、ロシアでは、浅田選手を目指して、世界のひのき舞台に立ちたいと夢見る若手選手が多い。

 ソチ五輪女子の女王となったアデリナ・ソトニコワは、「タラソワ一門」で成長した選手。タラソワさんから伝え聞いた浅田選手の素晴らしさを模範にして練習を重ねた。競技後、世界中の記者が集まる五輪メディアセンターでの金メダル会見で、ソトニコワは「彼女を心から尊敬している。私は真央と一緒の場にいることができてうれしい。真央は本当に素晴らしい人だと思う」と言った。

 タラソワさんのもう1つの顔は、フィギュアスケート大会のロシアでの中継番組の解説者役だ。全ての選手に愛情を持って、まるで自身がコーチであるかのように語りかけるその解説ぶりは、ロシアではフィギュアの中継番組を盛り上げる「1つの花」となっている。

 11月中旬に行われたGPシリーズロシア杯でも、地元のテレビカメラは解説席で大きくガッツポーズをしたり、全身を動かして喜んだりするタラソワさんの様子を映し出して、お茶の間にリンクの臨場感を届けた。

 ソチ五輪でもタラソワさんは地元テレビ局の解説席に座った。前日のショートプログラムで失敗した浅田選手が翌日のフリースケーティングで見事な演技をみせたとき、「ブラボー。ありがとう。真央。本当にありがとう」とリンクの浅田選手に語りかけ、涙した。

 先日、行われたGPシリーズNHK杯でもタラソワさんはロシアの中継番組で解説役を担った。浅田選手が映像に出ると、「マオ…」と呼びかけ、「頑張りなさい」と語りかけた。

 演技後、大会を通して3アクセルを跳べなかったことに「とても残念だった」と言いながら、「きっと次の大会では成功する。彼女ならできる」とエールを送った。

 日本のファンの間では、タラソワさんの「真央愛」は大きな話題となっており、「18年の韓国・平昌大会では2人のコンビを期待したい」との声が聞かれる。


最終行、「18年の韓国・平昌大会」は「無理でしょう!」と万人がこぞって反論をしそうですが、そのあたり、どうでしょうか佐々木さん。
それはともかく、素晴らしい記事ですね。
こういう記事だけを読みたかった。嬉しいです。もちろん号泣しながら読みました(笑)。

復帰第一弾のローリーのプログラムには既視感が強く、真央の無駄遣い、と思ってしまう瞬間がありました。
真央ちゃんごめんなさいね。
でもわたしは、やっぱりタラプロで真央が戦うところが見たいです。

と、もう真央にねだりがましいことを思ってしまうのは、それが「浅田真央」だからなのでしょう。
真央、ごめん。

でも、真央ちゃん。THE ICEの人気投票で一位から五位までをタラプロが独占したということは、「そういうこと」なんだろうと思います。姐さんも気が付いたらフリーもショートもエキシビションも全部タラソワの作品で投票していましたよ。

タラソワ先生は「真央からの連絡があれば」とアップをしているようですが、浅田さん!!!

どうでしょう。

どうでしょう。


ついでに、ナンバーにタラソワ先生のインタビューが掲載されていて、あふれるばかりの真央愛にそうだよね、そうですよね、タラソワ先生!と嬉し涙とともに何度も読み返してしまいました。

リンクはAmazonのアフィリエイトです。そういうのはちょっと、と思われる方はクリックせずに別に検索なさってください。
そもそも真央ファンはすでに全部持っているかもしれないですね。



ついでにバックナンバーも。









タラソワほどの「真実、フィギュアスケートを知る人間」が「真央は最高だ」とずーーーーーーーーっと言い続けてくれている間、日本のマスコミはこぞって「浅田真央はなってない」と嘘をつきつづけました。

でも、断言しますがマスコミの連中の誰一人、タラソワよりもスケートに詳しい者はいなかったはず。

日本のマスコミが流す嘘、芸人や文化人やコメンテイターやアナウンサーが「浅田真央はなっていない」と嘘のキャンペーンをする間、なぜわたしたちはタラソワの言葉よりも、お笑い芸人の言葉を信じたのでしょう。

そしてなぜマスコミは、いまだに「浅田真央はなっていない」と嘘をつき続けるのでしょう。

それを意図する者がいる。それによって利益を得る者がいる。いいかげん、ウンザリです。滑稽であり悲惨である。

もうやめるべき。馬鹿にしか見えないから。


佐々木さんの記事により「タラソワの肉声」にやっと触れることができ、あらためて「タラソワ先生、ありがとうございます」と満腔の意を表したいと思います。

タラソワの指導についていった真央もすごい。本当にすごい。

「事実」をありのままに伝えてくださった佐々木さんもすごい。感謝します。心から、感謝します。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本の報道 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2015/12/07 21:11
 | HOME |