何ともユルい球界の反応




何ともユルい球界の反応
2016.2.16 14:45
http://www.sankei.com/west/news/160216/wst1602160048-n2.html

元選手の告白と同じ07年に本格的なドーピング検査を開始したNPB(日本プロ野球機構)。

今回、清原容疑者が現役時代から薬物に手を染めていた-という話が出てきても、ほとんど動きがない。検査導入に関して《「違反」で試合に出られなくなった場合、選手生活への影響が大きく、あまり積極的にドーピング検査を導入しようという動きはありませんでした》とホームページで振り返るほどで、もともと薬物対策には消極的。世界アンチ・ドーピング機構(WADA)や日本アンチ・ドーピング機構にも加盟していない。

目薬や毛はえ薬でもひっかかるのがドーピング検査であり、それが違法薬物ともなると世間同様、「選手がやっているわけがない」という立場を機構側がとるのもわからないではない。

だが、ドーピング撲滅がスポーツ界の大きな潮流になっていることも事実。検査の充実は違法薬物摘発にも効力を発揮できる。せめて年間100選手足らずといわれる抜き打ち検査を、大リーグの4000人に少しでも近づける努力はするべきだろう。

昔ながらの野球賭博も、つい最近まで行われていたようだから。(市坪和博)



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/28 18:10

世界最強でいいじゃない!



真央ちゃんはさ、霊長類最強といわれる吉田兄貴、じゃなかった吉田姉貴ともうちょっとつっこんだ話をしたらいいと思うんだ。

吉田沙保里さんはさ、内面が「乙女」なんだよね。とんでもなく古風で優しい、心映え麗しい乙女だよね。

乙女のままで強くいられる吉田さんは、「か弱くてはかないアタイだってがんばれば強くなれちゃう!」くらいのことは思っていそうだ。「だってアタイ、勝ちたいもん!」ひとつでここまで来られるってのもとんだ乙女ではあるんだけど、吉田姉貴の安定感とかいつも幸せそうな雰囲気とかは、今の真央にとってすごくいい影響を与えそうだよ。

そして真央は吉田姉貴がほしかったものは全部持っていると思うんだよね。だから姉貴にとってもそんな真央との交流はいい刺激になると思う。

真央ちゃん、きゃわわで平凡でフツーのままでも世界最強でいられる人生もあるんだよ。真央ちゃんが何を苦しみ、どこで悩んでいるかはわからないけど、姐さんは今真央のことを思うとき、「強いんだからしょうがないじゃん」という一種の開き直りが必要な気がするよ。

「世界最高難度の構成をぶっこめるんだからしょうがないじゃん」
「この世でもっとも美しい演技ができるんだからしょうがないじゃん」
「めちゃくちゃスケートがうまいんだからしょうがないじゃん」
「そりゃあ空前絶後の演技になるわよ、だって世界最高なんだもん」
「皆さまごめんあそばせ~」

というカンジ。

何を遠慮してるのよwwwあんたリンクで爆発したくて戻ってきたんでしょう?
爆発すればいいじゃない!
何も考えず、「ごめんあそばせーーーー!」と言って花開いていりゃいいのよ。

なんか、本当に心技体揃えた「後」を怖がってはいないよね?
真央には燃え尽き症候群なんか関係ないと思うけどなあ。

心技体揃えたとんでもない演技の「後」にもまだ「その先」があって、衰えていく体との折り合いをどうつけようとか、まさか不安に思ってはいないよね?
それは先回りした妄想だよね。
常に最高水準を要求される、って、そりゃ試合なんだから全員そうだよ。
真央だけじゃないんだよ、そのプレッシャー。

全員がそれと戦っている。一緒だよ。

真央にかかる重圧と他選手にかかる重圧と一緒にするなという声も出そうだけど、「その個人」がどう感じているかなんて誰にもわかることではない。そして真央は重圧と思わずに「応援」と思える心の回路を持っている。

真央ちゃんが「ごめんあそばせ~」とできることをやるだけで自動的に世界一だよ。だから「その後」のことは何にも考えなくていい。

ずっとそうだったよね。真央は黙って「自分にできることをやり続けた」。
リンクで、試合で。

真央はずっと立派だった。



この記事のすべてが妄想っちゃ妄想なんだけど、真央ちゃん、「フツーの人のままで世界最強を極めることも全然できるよ?」と言いたい。

だから吉田姉貴と連絡を取って女子会を開くといい気がする。
真央は「真央ってオッサンだった」と自己認識を改めるだろうし吉田姉貴は「ひゃだ!人間ってやっぱり内面が大事よね!」と驚きを感じることでしょう。

二人でお茶したらどうかしら。
夜はダメよ。アルコールもなしで。
さくっとケーキとハーブティーで二時間くらい。

個室ね、個室!
あと真央ちゃん。立膝禁止よ!

真央には「世界最強でいいじゃない!だってあたいはうまいんだもの!」と思って帰ってもらいたいですね。
「やっぱり勝ちたいよね、負けたくないよね!」と本当に世界の頂点にいる同士で盛り上がっていただきたい。

姐さんはただただご武運を祈るのみです。

真央も姉貴も、やりたいことが存分に試合で達成されますように。


ご武運を!



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2016/02/26 14:05

MMMで定礎になる



先日のイベントの帰りに喫茶店でおしゃべりしているときのこと。

真央ちゃんが独立して事務所をこさえて、そこにいろんな選手が所属して、自前のリンクでアイスショー!どうよどうよと盛り上がったのですが、「こんな設備があったらいいな」を出し合っていったらとんでもないことになりました。

まずリンク名は「マオマオメモリアルリンク」です。略称はMMM。

一歩間違うとNNN(ねこねこネットワーク)からエージェントが派遣されそうですが、そこはそれ「じゃあ猫カフェを」ということでセフセフでしょう。

リンクは60×30の国際試合対応サイズ。メインはでけえ。
そしてサブリンクには真央ちゃん専用をこさえます。
24時間営業で宿泊施設もあり、レストランと売店とジムとエステとブティックとデザイン事務所が入っている。
もちろんスケートに必要なグッズ販売とエッジ研ぎ職人さんが常駐です。
メインリンクを見下ろすようなレストランと、さらにリンクを囲むように個室がだーっとあってずっと滑走を眺めていられる。
それからクリーニングもルームサービスもあって、スケートだけを流し続けるテレビチャンネルもある。
ジムにはマッサージや整体や岩盤浴やサウナや、とりあえずよさそうなものは全部そろえる。

で、とにかく美味しい料理と美味しい飲み物が飲食できなければ論外です!ということですんごい名店とかやる気まんまんの若手職人とかをテナントに入れてどしどしいいものを出してもらう。
国産品のみで営業です。

あ、リンツとゴディバは許してwwww

旅行代理店も入れてチケット手配などを含むスケート観戦ツアー企画や温泉とセットの地方のリンク巡りとかをしてもらう。

記録映像集は馬鹿売れ。DVD、CD、ブロマイド、ポスター、絵葉書。

マオマオブランドとは別にMMM独自のグッズも出しましょう。普段使えるデザインのやつwwww

うん、すごいwww

当然のごとく浅田真央記念博物館も常設展示で衣装やシューズや写真がばっちり。

MMMのアイスショーに呼ばれるのは人格識見実績技術実力ばっちりの「まっとうなスケーター」のみ!このショーに呼ばれるのは大変な名誉ということで憧れられる。座長の真央は常に最高の演技をドヤアアアアアと示し、観客全員スタオベの嵐。

なんかもうすごいことになりそうです。

誰かビル・ゲイツか孫正義をたらしこんで「真央ちゃん、よかったら使って」と1兆円くらい出させなさいよwwww

と話していたのですが、姐さんは「じゃああたし、定礎になる」と爆弾発言を投下してしばらく笑いが絶えませんでしたww

 定 礎 
定礎

リンクの地下30メートルくらいに埋められるのですがことあるごとに飛び出してきて騒ぎまくるwww
マネージャーが「いや、うちの定礎がそれでは納得しないんで!」と対外交渉のネタに使うwww

定礎、ふだんは静かなんですが何かあると建物全体をゆらしてガタガタ言いますのでそのときはしょうがないから会議に参加させたり真央の演技を見せたりするwww

定礎。

「あらやだ提訴にも通じていいじゃない!」と姐さん自分で言い出しておいてすっかりお気に入りです。

MMM、早くできないかな~。

舞ちゃんにコーチしてもらいたい。舞ちゃん、教えるのめちゃくちゃ上手ですもんね。姐さんの「発作ですかスピン」もきっと舞ちゃんならwwwww

「定礎がんばれ!」と言ってもらえればどうにかなりそうwwww




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/02/24 20:00

日本ネオ・トロピカル協会さん



日本ネオ・トロピカル協会さん。
調べてもよくわからないのですがどのように素敵な集まりなのでしょうか。
ご存知の方がいらしたらぜひ非公開コメントで教えてください~
個人的に興味があります~



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本の報道 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/02/23 13:45

教えて!スケ連さん☆



「あたしのコメントが消えてる!」と思った人はこのブログでコメントをつけるときの決まりに反していないか確認してください。
記事の末尾にあります。
ルールを守らない人ほど口汚く罵倒のための罵倒をするんで消すのになんのためらいもありませんwww
面白いわね。

あと匿名のmさんwww
あんたガッツがあるわ!「おまえは浅田真央なんか好きじゃない!」と言ってくる度胸と「それは間違いでした」と訂正する勇気!
今になって自分からわざわざ蒸し返す姿勢wwwあんた絶対いい子だわwwwwwあたしはそういう人が好きよ。そうやってコミットメントし続けてくださってありがとうね。嬉しいわ。mさんにも楽しんでもらえるようにと思うけど、でもまあこんなあたしですwww内容はお察しくださいwwwwmさん、引き続きよろしくね。

姐さんは真央が好きだと「自分では」思っているわ。でもそれを証明はできない。
誰もが納得する形で愛の深さを見せてみろと言われたら、mさん、あなただって「証明」はできないでしょう?
あたしはそうは思わない、のひとことで崩壊よ。
でもあたしは真央が好きよ。四十年見てきてこんなにも好きで尊敬できる人、初めて見たわ。
美しさも強さも素晴らしさも華やかさも繊細さもゴージャスさも、真央が頂点よね。

信じられる? 真央が一番よ。その全盛期を、現役時代を、ともに過ごすことができたなんて、まさに奇跡だわ。恩寵だわ。


うちは親も親戚もみんなアイスダンスが大好きで、自分たちでも滑るしどちらかというとシングルよりもアイスダンスと、次にペアをよく見る家だったの。コドモ姐さんはアイスダンスの濃厚な「大人の世界」が恥ずかしくて、「男女」の身振り手振りにいつも顔を真っ赤にしてうつむくような子だったわ。刺激が強すぎたのねwwwエロいじゃない、ほんとに。
鶴の求愛ダンスなら美しいなと思うけど、人間同士って生々しくて「こんなもん子供に見せるな」と思ったわw
だから「足元」を一所懸命に見る癖がついたのね。当時の選手たちの表現力がどんだけすごかったかって話よね。実際にスケートをはじめたときもひとりで滑ることができる種目を選んだの。まあ当時それしか選びようがなかったこともあるけどね。フィギュアスケートの先生も靴もまわりで見ることはなかったわ。逆にあたしが選んだ方面では五輪出場選手が教えに来てくれたりして環境的には恵まれていた。地元からいい選手がいっぱい出たしね。

でも、水泳もなんだけど、スケートってリンクの中をぐるぐる回るでしょう。途中で「あたし何やってんだろ」って我にかえっちゃうのね。飽きるというか。向いてないのよ。凍結した湖面をどこまでも、なんてのは大好きだけど、みんな一緒に同じ方向によーいどん!がイヤだった。という名目でもっと変化が楽しめるスノーボードに興味がうつって、ゲレンデはあたいのもの!ってかっとばしてたわね~。でも隅々まで詳しくなるとやっぱり飽きてきて「来たれ吹雪よ!」って荒れ模様の天候を待ちわびたりして。
ひとつのことを続ける根気がないのよね。生まれてこの方やめなかったのは呼吸と鼓動くらいてなものよ。情けないわよね。

どんなジャンルであっても世界一になる経験なんてこの先もないだろうし、なるための努力を積む決意も勇気もないだろうし、だからこそそれができる人、実際になった人はすごいなと思うわ。
そこに不正を持ち込んだらいけないと思うわ。

長いことアイスダンスに比べると、シングルはどうしても足元が、と思っていたの。アイスダンスに行けない人がシングルに行くんだ、というロシアふうの考え方も親がしょっちゅう言うからしみついていたし。
(ところであたしの親はどこからそういう考えを仕入れてきたのかしら?今度聞いてみなくちゃだわ!)

ジャンプも「怖い」しさ~。あんな異常なことをやるほうが悪い!やめなさいよ!あぶないわよ!って今でも思うわww
おかしいでしょ、後ろ向きに滑ってきて三回回って降りるとかwww
なんであんなことできるのよ!と毎回思う。若くてきれいな女の子がこともなげにするじゃない。
真央なんてずっとお人形さんみたいに完成された「理想的な体形」なのにトリプルアクセルまでキめるでしょ?
あんなに可愛くてきれいで陽気で華やかで美しいのにジャンプまで!絶対嘘だ!って信じられなかったわwww

だからスケートで一番好きな要素はスピンかもしれない。ステップやターンは細切れ要素にしたら、一個ずつならなんとかなるじゃない。キム・ヨナさんのようにろくにそれすらできない人もいるけど、普通はモホークだけ、とかスリーターンだけ、とかツイズルだけ、とかならどうにかなるでしょ。1時間もらえればあたしだって連続ターン3種類はかたいわねwwwたぶん100回以上転ぶけどwww
「い、今の転倒もターンに入れてください!」「だめ~」ってか。

でもスピンをできるだけ早くできるだけ美しくできるだけ難しいポジションで回るってほんとに「できない」のよね。ほんとに。なんでぶっ倒れないのよ!としか思えないし、できないことをできる人って無条件で尊敬しちゃう。「よく吐かないわね~」とかめちゃくちゃ原始的な感想が先にくるのが野蛮人すぎかしら?あたしは一回前転すると数分間は「おええええ」ってなって伸びてるからさ。水中では平気だけど。氷の上でぐるぐる回るなんておっそろしいwwww「発作ですか!」で助けの手が差し伸べられるわよwww

どうでもいいわねwww
以上のデータから導き出される姐さん像は「単なる怠け者」だわwwwwwカッコ悪~!


真央はね、奇跡ね。
自分の中では好きとか嫌いじゃ語れない選手よね。「浅田真央」という新ジャンルの第一人者。
真央はね、奇跡ね。

奇跡。

しかも「全部自分の努力で」構築された奇跡よね。真央にしたら「当たり前」のことが人類史に残る偉業なのね。

真央に、一度でいいから真央の演技を見せてあげたいわね。映像とか写真じゃなくて。観客のように「今目の前で滑っている浅田真央」を見せてあげたい。それだけが真央に関する残念なことよ。
見たらわかるのにね。自分がどれだけ美しいか。どれほどの困難を克服しているのか。どれほどの圧倒的感動をもたらすのか。
でも真央のことだからただちに「直すべき個所」を見つけて悩みだしそうねwwww
真央。
奇跡の「努力の人」。
報われてほしい。本当に。


えーと、
このブログは「とりあえず、言いたいことを言ってみましょうよ。ただし相手への配慮や節度はお忘れなく」という場所ですが、管理人のあたいが一番守ってないというwww

採点に関するいろんな「意見」があって当然です。
そしてこのブログの管理者である姐さんがそのすべての疑問にお答えできるわけでもありません。
日本で一番フィギュアスケートとその採点に詳しいのは公益財団法人日本スケート連盟です。
「教えてください」と問い合わせをなさったらきっと超納得!なるほど!な「説明」をしてくださるんじゃないかしら。

・・・そう思っていた時期は残念ながら「なかった」わけですが(舌打ち)

とはいえスケ連は「日本人選手全員の利益になること」を率先してなさっているはずですし
そのために日本人の税金がぶちこまれているわけですし
国益を損なうような不正に加担することはしていないはずですし
問い合わせを続けるのはおおいによろしいことだと思いますね。

でも「素人は黙ってろ!」で出てくる「玄人」が佐野稔ってそれは一体wwww

そういえば「素人はルールに詳しくなるな!衣装でも楽しめ!」と信じられない暴言を放つ副会長様って今後どうするつもりなんですかね?率先して「馬鹿でいろ、でもカネは出せ!」というなめくさった態度を続けるの?すごいね。
他の競技だと「ルールに詳しくなってください、一緒に楽しんでください」と必死になって啓もう活動を続けているのにね。

「馬鹿でいろ」って命令するスポーツ関係者、初めて見た☆
あ、初めてじゃないわwwwww


姐さんの目標はバンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルの金メダルの「返還」です。
あれは「盗まれたもの」だから。
南朝鮮の国威発揚の道具にされたものだから。

スポーツの政治利用と不正採点をIOCが容認した。
その布石をISUが作り、日本スケート連盟も加担した。

浅田真央という稀代の名選手の当然得てしかるべき栄誉も点数もメダルも意図的に奪われた。

こういう「不正」を見過ごしてはいけないのです。

と、姐さんは幾多の物証と共に「そう思う」ので、あの大惨事を絶対に忘れられないので、ライフワークのひとつとして「五輪金メダル奪還」を目指します。

その過程で今もなお続けられる「政治的かけひき」によってソチ五輪をはじめとする尊い国際試合の現場で「不正操作がなされた」ことも明るみに出るでしょう。
ソチ五輪の真央のフリー、少なくとも162は出さなくちゃ。


いや、明るみに出てはいるんですよ。だって「不正の証拠は本人の演技」ですからね。
ただ、誰も責任を取ろうとしない。
そこが問題なんです。責任を問われないなら不正をしますよ、そりゃwwwww
やらないほうが馬鹿、という狂ったジャイアニズムにのっかれる恥知らずが得をしますよ。
大惨事です。焦土です。

ひとつの不正を見過ごすことは、すべての不正の温床になる。

真央ほどの努力の人が報われない世界にいったい何の意味があるんでしょう?
しかもゼロ対100であちらが悪いのに。

スポーツの場でくらい、不正なしに全員が平等な条件下で参加できるよう努力くらいしようよ、という話です。
でもスポーツの場こそが不正の温床になるんですよねえ。
まっとうに頑張っている人全員の気力をそぐような不正を、やるなっつーの。
でも、システムができている。

スケートは実はウィンタースポーツの中での位置づけとしては「マイナー競技」なんですよね。だからこれだけの大掛かりな不正に着手できたわけです。しかも採点の基準が不明確で人為的操作がいくらでもできる。ブラックボックスがいっぱいある。
そこにつけこんだ。つけこんでくるウンコどもにはいはいと従う馬鹿がいた。恐ろしい話です。
カネが動くと怖いねえ。貧乏人でよかったわぁ~。

バンクーバーとソチでは「五輪出場資格がなかった」キム・ヨナは「失格」です。子分もな。
こんなわかりやすくて楽な戦いはないはずです。
だってあちらがやらかした物証が思いっきりあるんだもんwww
「不正も努力したうちにカウントするニダ!」という姿勢、すごいです。
悪さを見せびらかしているwwww馬鹿だろwwww

ただ、誰も責任を取ろうとしない。ここが問題なんです。


なんで国益を損なうことをスルーするの?
大勢のオッサンたちに猛省を期すべきと往復ビンタをして歩きたい。
「やること優先順位リスト」の上から順番に片づけていって、五輪金メダル変換の番が早く来るようにしたい。

わたしは「責任を取っていただきたい、過ちは正していただきたい」と思います。


五輪の場で「あれは間違いだった」と「絶対に責任を取らないくそったれIOC」が頭を下げてメダル返還セレモニーがなされ、帰国した真央が今上から「よく努力しました、国民のためにもよく尽くしました、ありがとう」ともう一度返還される。そんな「来るべき未来」を楽しみにしています。でもテレビがないから中継が見られないww翌日不正アップロードされた動画を見て「神職人さま!ありがとう!真央よかったわね!ほんとうによかったわね!」と泣き崩れるwwww

「その朝」を目指します。嬉しいだろうなぁ。びっくりだろうなぁ。「マジ返ってきたよwww涙が止まらないwwww」だろうなぁwww





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/02/23 12:33

何を柱にするのか



先日のフェアジャッジングムーブメント座談会には前回に引き続きスペシャルゲストにお越しいただきました。
あの集まりにご参加いただく方全員がある意味精鋭(笑)ですから、ゲスト様も当然超精鋭です。
毎月時間を作って、都合をつけて、わざわざお運びくださる精鋭たち。
あんなに本音で語り合える場所もないな、と姐さんはとても大事に思っていますし、次回でなんと二十回!ということにも感謝と感動をおぼえます。
だからといって全員が気持ち悪く意識統一を強いられるわけではない。
意見が違うのはあたりまえ。
ただ「目標」が同じだから、重なる部分が多いから、それぞれに自由に過ごしてそれで結果的に怪気炎、ということであろうと思います。
ありがたいなあ。本当に毎回楽しみです。

で、参加者のおひとりから「山田宏さんがある場所でこう言っていた」という話をうかがってなるほど!と感服した次第です。
これからの日本が何を柱にしたらいいのか。何を支えにすべきなのか。
山田宏さんの持論はこうです。

神社
皇室
日本語

姐さん、聞いた瞬間「おおおおおお!」と目が覚めるような思いがしました。
さすが山田さんです。言語化能力があんまりない姐さんがぐだぐだ言ってきたことを三行で。
しかもこれ、大変な普遍性を持っている。日本に住む日本人なら誰でもに、万人に、適用可能な要素です。

姐さんなりに説明を考えてみました。

まず神社。
神社というのは聖域です。霊域です。「ここに神様がいらっしゃいますよ」という目印がはっきりとある場所です。
そして神社の本体である神道は、さかのぼればさかのぼるほど「自然物そのもの」に崇敬をよせる仕組みです。
神道というのは宗教ではありません。
なぜなら宗教に必須の経典がない、戒律がない、教祖がいない、罰則がない。
神道で主張するのは「場を清めよ」だけです。
もっと言うなら本来は「大自然の中に神を感知せよ」だけです。
だから古い様式ほど人工物を含みません。山。とか岩。とか木。とか、大自然の構成要素であり人の手によって加工されていないものをカミととらえます。
そして相手の状態を変えずに「神様は聖地でどうぞさきわってください。わたくしども人間は里でさきわいます」とお互いに適正距離を保って共存しあうという非常に高度かつ知的かつ理にかなった付き合い方をしてきました。

神社=神道、というのは結局は「地面」を中心に自然物と人間が共存共栄していくための考え方であり行動です。
だからこそ絶対的な普遍性を持つ。その人が住まう地域を大切にし、人類の存続に不可欠な「自然の諸要素」を尊ぶからです。

神社を拒む人は、だから日本では生きていきにくいと思いますよ。それが「不自然」だからです。

万物の中に神を見る。神の形を見る。そして神の機能なり権能なり構成要素なりの、霊と肉の融合体として「ご神体」を尊ぶ。その神の神霊=それそのもの、を宿すがゆえに人間もまた「等しく」尊い、というのが神道の奥義です。

神が神の中で神ごとをするわけですからああめでたしめでたし、ということですね。

神社=地域の自然環境をも含めたわたし自身、ということになる。

皇室。

これは「先祖を大事にする」という意味にとっていただくとわかりやすいと思います。
この世にこれほど長く続いた家系はない。
生物学のほうで長く続いたものは有効である、欠損せずに伝わるものは有益である、という適者適合の考え方がありますが、皇室がなぜこれほど長く続いたか、その理由はいくつかありますが、まず第一に「誰を大切にすればいいのか」がハッキリしているから、ということもあげられましょう。
先祖が明確ということは誰に感謝を向ければいいかわかっている、ということです。
人類全体という大きな構成要素の中から「●●さん」というヒトに直接「ありがとうございます」と意識を向けることができる。その方あればこそ命が続いたと認識できる。自分に直接つながる「その人」を尊ぶことができる。
これは大きな違いです。なぜなら先祖に向ける崇敬はそのまま自分自身の尊厳を高めていくことだからです。
そしてそういう人は一番近い祖先であるわが親をも大事にするでしょうし、一番近い子孫であるわが子を尊ぶことでしょう。

お茶をなさっている方はよくご存じだと思いますがやんちゃすぎる当首として有名だった「あのお方」もご先祖の像の前で親に泣かれてから改心して精進をするようになりました。野生のパワーを茶道、という道=大自然=神への道にぶっこんで励まれました。辛かっただろうと思います。でも、その茶筋の見事さは日本以外の諸外国でも当たり前に通じるものへと育っていった。人にわかってもらうための努力を惜しまない。かつての自分がそうだったように「わかるまでわからせる」ために手を変え品を変え活動されている。インタビューなんか拝読するとそこまで言うか、のぶっちゃけ話だらけです。ひとつひとつの道のりを隠さない。改竄しない。すべてを引き受けてただ今ある。
奥様の早逝で自殺を考えたエピソードひとつとっても人にいれこみ、人にほれ込み、人に恋してしまう情の篤さ、イケズざんまいでぬっころされた先祖をほうふつとさせますね。「茶の湯」にほれこんだ先祖はその美意識の許す限り楽しみきって世を去った。
イケズじゃないんですね。相手がどれだけせせこましいか、つくっているか、嘘をついているか、わかるまでわからせる。
秀吉もたまったものではなかっただろうと思います。だから芸術家を甘く見るなとあれほどwww

皇室というのは、日本で一番「親を大事にしてきた家」です。だから続いた、ということも確実に言えると思います。
初元においては濃厚に有益な気象コントロールの技術を持ち、神=大自然とダイレクトにやりとりできる家筋で、祭祀(まつりごと)がそのまま政治(まつりごと)であるような時代だった。
そこからさまざまな勢力が「皇室の政治利用」を目論見ますが、それらがついに「とってかわる」ことを成しえないままに消え去っていく間、皇室だけが厳然と存続しつづけていた。そうできた。
変な話、皇室に弓を引くと天皇その人であっても滅びるんですよね。天皇も上皇も法皇も女院も公卿も武士も商家も宗教家もすべて滅びる。滅びるまでには至らない場合でも権勢を失って歴史の表舞台から消えていく。裏での暗躍については知りませんが少なくとも世間の目からは隠される。
不思議なものです。

そしてわたしたちは自分に至るまでの命がただの一度も途切れずに続いてきた、という事実においては皇室と何ら変わるところはありません。わが先祖ナイス!です。日本人全員が皇室ばりに歴史と伝統、格式と調和、保守と改革を「品位をもって」どんどん行えばよろしいのです。皇室ごえの美と調和、どうぞなさってみてください。すごく素敵な世になりますね(笑)。

皇室=自分につながる命に感謝、親孝行、と思えばいいですね。

そして最後の柱、「日本語」です。
これを出されたときに姐さんは「やられた!」と完全に山田宏さんに心服しました。

日本語って、この世で最後に残された「神と直接やりとりするためのツール」なんですよ。
そもそも紀元前二千五百年前後の甲骨、金文の字形を、われわれ現代の日本人は母国語としてそのまま理解可能です。
もっと古い時代の遺跡もあるのでしょうが発掘が進んでいなかったり、見つけ次第「食っちまう」人が多かったので人類の文化遺産の継承がうまくいっていない。中国大陸に残された貴重な、かけがえのない文化遺産、ちゃんと保全してくれよ!と切に思いますね。先祖を大切にしない国は滅びますよ。当たり前です。
甲骨文はすべて「占い」というか「神に問う」文章です。いついつ、どこそこに雨が降るか降らないか。それらを神に問いかける。
どっちに転んでもいいようにYesとNoが両方ある愉快な物証もありますが(愉快言うなww)、統治者である王は神にモノ言う権利と資格とを持ち、事前に気象を察知して「そら当たった!」という根拠にした。「文字」をです。
日本語は「記号ではない」んですね。ひとつひとつの字形が意味を持ち、「見ればわかる」形をしている。
自然界の万象を誰が見ても理解可能なデザインにして普遍性を持たせている。

現代の国語教育の一番の欠陥は、「字形」をあまりにもおろそかにしていることです。
漢字は難しい?馬鹿言っちゃいけません。難しいと思わせるような教え方しかできない、教育者側の無知と無力を恥じるべきです。こんなにわかりやすい文字体系はないですよ。
でなかったら三千年も使われない。三千年ですよ、三千年。
いや、四千年でもいいくらい。
かくも長きにわたって実際に使用されてきた。
そしてわたしたち「日本人」はその紀元前の遺物を見て母国語で読解できるんです。
見ただけでわかるから、そしてそのひとつひとつに意味があるから、だから継続して使われた。
便利で簡単、わかりやすい上に神霊とコネクトできる一番効率的なツールだから。

文部科学省が「漢字はテキトーでいいっすよww」と言い出しましたがとんでもない話です。
わかりやすくたとえるならば彼らが言っているのは「犬」と「大」は似ているから同じでいいよ~んということです。
違うよ!全然違うよ!
なぜ語源にさかのぼって理解し、普及させ、国語を大切にしないのか。
インスタントな手っ取り早さと文化というのは真逆です。

漢字は難しくないですよ。難しいと思わせる教える側が「知らない」だけです。

こうして使っている中でも、膠着語の日本語は「俺、昼、カレー」で意味が通じる。漢字とひらがなとカタカナとアルファベットとを自在に使い、最低限の表現で最大限豊かな表現をつかさどることができる。

みずから漢字を捨てた国はどうなりましたか。今の南朝鮮は文化国家ですか?中国は?
母国語を捨てるというのは一般的には「敗戦国」がすることです。勝った側がまずすることは敗戦国の「文化破壊」です。国語を奪い、戦勝国側の言語を強制する。コトバとは生きるということそのものです。コトバなしに人は何もできはしない。ヒトが集まって、社会を作って、一緒に繁栄するための一番基礎となる「財産」です。
南朝鮮と中国は自ら負け犬宣言をした。
コトバを放棄するということは、上であげた神社=大自然と、皇室=ご先祖さまと、ふたつながらに放擲するということです。捨て去って顧みない。
だからこそ今の南朝鮮と中国を誰も「文化国家」とは言わない。

日本と、台湾の一部と、それくらいしか「漢字」を理解し使いこなしそれを国家の基盤に位置付けている人々はもういません。

逆に言えば日本人が日本語を捨てない限り「日本」は続く。日本の神=大自然も、皇室=祖霊たちも存続できる。

中国なんて文字を捨ててしまったから日本人が作った日本語を使っているのよwww
母国語で表現できないモノの名を仕方がないから「日本語で」代用しているのよwwww
どうすんだよwww
知性と教養が急降下www
「中華人民共和国」の「人民」は日本語とまことしやかに_______
ちょっと調べると「うわああああ」ですよね。
いいのか中国。

漢字学をやる学者ってみんな 日 本 に 勉強に来るもんね。当代のモノが残っているから。ちゃんと文献もモノも残っているから。クロトワばりに「あーあ、みーんなぶっころしちまいやがった」ですよ、日本以外。

神社、皇室、日本語。

こういうことを経験則からすぱっと端的に表現できる。
さすが山田宏さん。と感服した次第です。

山田宏さんが立候補する予定の比例代表選では、投票時に「自民党」と書いていただくよりも「山田宏」と個人名をハッキリ書いていただきたい。自民党内での位置が繰り上がっていくからです。
そして地域ごとに集計結果が出ますから、●●県の●●市では山田宏、●票!というように後からわかる。
「この●票はあたいの口こみよ~」と思えるわけです(笑)。

山田宏さんはクリーンです。
買収がきかない。
こんな政治家がいたんだ、いてくれたんだ、と思います。

今、日本は東京五輪をめざして、それをひとつの目標にしてあちこちを取り繕いながら動いている。
福島の原発事故だって東京五輪誘致の際に「どうにかする」と言ってしまったからどうにかしようと動いている。
五輪誘致がなかったらどれだけの犠牲が出続けようと「放置」し続けない、という保証はない。
まるでお客さんが来るからと急いで室内のごたごたを押し入れに放り込むみたいに、ガイジンが来るからみっともないところを取り繕う、というアレですね。

前回の東京五輪もそれで道を整備し、街を美化し、「日本人のための公共の福祉」ではなくて「ガイジンの目にどう映るか」を基準に突貫工事が進められた。
意識改革のための黒船をわたしたちはいまだに待ちぼうけてはいないだろうか。

黒船は、いらない。わたしたちは「おかみの言うことならば」というやみくもな従属、隷属、奴隷根性から脱して日本を日本人の手でかじ取りをしていかなければならない。

文化を守り、誇りをもって、いきいきと自分の人生を歩かないといけない。
なぜならそうすることが一番愉快だからです。
自分の人生に誇りと自信を持って生きるってとてつもなく幸せですよ。爽快です。

「そう生きたい」と姐さんは思うんです。「もういい、苦しむのはやめだ!」って。

山田宏さんは国家百年の計どころか、国家千年の計、国家万年の計を持っている。

神社、皇室、日本語と言える人なら間違いはない。

山田宏さんを国政の場に投じ、仲間を増やし、「日本人のためになる日本を代表する政治家」として最後の仕事をしていただきたい。
心からそう願います。

あと、話がめちゃくちゃ面白いwwww
相当、とんでもない経験をなさっていますし、「よくそれで持ちこたえられましたね!」というようなゾッとする話も豊富です。でもここまでまったくブレずにここまでいらした。だとするとこの先もブレることはないでしょう。
だいたい、へんな方にブレだしたらまわりが許しちゃおかねえやwwww

姐さん、「クリーンな政治家代表」として皆さんにぜひ一度、お話を聞く機会をと思いました。
そして質疑応答の時間をくださいねとしつこく念を押しました。
国政でしてもらいたいこと、今の疑問、あの話はやっぱりアレなの?的なこと、なんでもどんとこい!ですよ。

一回見てください。そして魅了されるがいいよwwww
その生き方、主義主張、戦い方、めざすもの、すべてを国民の目で厳しくチェックして、ふさわしいと思えたら比例代表選で「山田宏」と書いてほしい。

わたしは、書きます。

講演会、埋まってきました。三月に入るとどっと申し込みがあると思うのでお早めに。

O-ENN公式ブログ
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

司会は姐さんの予定です。無駄な雑談はよして山田宏さんに「日本の正念場」についてぞんぶんに語っていただこうと思います。
そしてわたしたちが持っている危機感や「えっそんなことになってるの!?」という疑問を皆さんでシェアし、「ではどうしたらいいか」を一緒に考えていけたらいいなと思います。

こちらもぜひご覧ください。

山田宏公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/


これからの日本人が柱とすべきもの。それは地面とご先祖と言葉。
とあたしは理解したのですがこれであっているのかは講演会でおうかがいしたいなと思います。
皆さんも質問をたくさん持っていらしてください。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
山田宏さん | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/23 11:24

宮原1世(モモさん編)



モモさんが姐さんが言いたかったことを全部代弁してくれました。
モモさん、どうもありがとうございます。


2016/02/21 モモさん

宮原1世

横から大変に大変に失礼致します、どうしても抑え切れずのこのこ(°_°)

モモと申します。あたしは、世界中に数多といる真央ちゃん大大大ファンです。フィギュアスケートが大好きで、みどりさんはいわずもがな、有香さん、ゆきなさん、シズニーさん、若手(すでに?かも)コストナーさん、かなちゃん、未来ちゃん、当然ながらおソトにおラジに、おサト!!!あぁぁ何人でも出てくる女子シングルだけでこのありさま、もうやめときますスミマセン(°_°)

宮原さんは、姐さんが
宮原一世
と仰ったのが、私にとってはドンピシャでした。

素晴らしい才能、それこそ浅田さんの専売特許くらいに思える、というか、身につまされる、
努力の天才
宮原さんは、それを不言実行する無口で才能溢れる次の世代。
真央二世とか、ポスト真央とか、そんなチープな器であるはずもなく。

しつこいですが、あたしは所謂マオタです。浅田真央という、まさに唯一無二の、スケートの神様に祝福された、またはもはやそれ以上に、競技やら人種やらのくくりすら遥か彼方、人類の可能性をフィギュアスケートというツールで我々に示してくれている存在と信じて疑わない、イタいファンです。
姐さん仰る通り真央ちゃん応援するのに忙しくて仕方ない。

ただし、スケートが好きです。

宮原選手は、つい昨季まで下げられ続け、うっかりその類稀なる才能を潰されかねなかった選手のひとりです。
よくぞ、折れずにここまで。
で、今季、少なくとも四大陸でまともに近く採点されたものだと。

色んな見方があります。

ロシアのインフレとの折り合い?
その他諸々?
世選は知らんぞ的な?

例えば今日のPチャンの演技、如何でしたか?

あたしは息が止まるかと。
そして彼のインタビューに号泣しました。
彼曰く、なされるべきことがきちんとなされた
と。

に対して採点もついてきた。

彼はもとより強烈に素晴らしいスケーターですが、(ある意味、プル様が名指しで潰しにかかろうという時点でもはや異次元)彼に対する採点が意図的に一人歩きしていた時代、あたし自身、はぁ?と思って、しれーっとしていたひとりです。ゴメンpちゃん。

でも今日の彼は確実に違う次元にいた。
どんだけ努力したんやこの人、と。

採点がバッラバラやから、見てる側の視点も歪められるのではないでしょうか。あたし自身への戒めも含め。

宮原選手は、昨夜、本当に見事でした。

ソチの浅田さんの演技は、いわんや、神演技です、今更ですが。

人類の可能性を引き上げてくれた。

あたし含めあたしみたいな数多の1小市民に明日生きる勇気をこれでもか!と与えてくれた。

何より、人類はこれほど美しくあれるのかという驚愕に満ちていた。

あたしも、浅田さんと人類というくくりで同じカッコ内!しかも国籍まで!!きゃー日本人で良かった!くらい単純に嬉しかった。

そもそも、涙する以外、何が出来たよ、あの神演技。

個人的には、あの演技は、仮にショート出てさえいなくても、あれだけでぶっちぎり金メダルちゃうん、だって演技構成点やとかゆうなんか??知らんけど満点でも足りひんくらいやろ、な勢いですよ。

そんな神演技に3アクセルもセカンドループも夢にも跳べへんようなジャッジらが諸々の事情でつけてしまった採点は、それ自体が追求され続けるべきもの、宮原さんの昨日の採点は、あの採点よりマシだった、しかもそれにも最も恐らく諸事情からんでおり、というところではないでしょうか。

宮原さんは、是非とも折れずに、採点諸事情諸々おいても強すぎる同世代ロシア勢に真っ向勝負して欲しい。

あたし達は、おかしな採点に意義をとなえる。

そんな思いでいる、イタいマオタのひとりでした。

てゆーか、真央ちゃんが本当に本気出してるタイミングで、玉三郎御仁ものたまった通り
心と身体のバランス
がハマれば
今夜のPちゃんも吹っ飛ぶ、とゆうか、
あたし達は、ソチ神演技以上の想像を絶する世界を見せてもらえますよ。

そんときより前にゲロっといたほうがええよ、ジャッジ含め関係者は、と、本気で思います。

長々と、大変に失礼致しました。姐さん、ごめんなさい久々のコメントなのにこんなで(T_T)


姐さんは、ソチ五輪の真央のフリー演技のジャッジスコアを、ことあるごとに取り出して見ています。
あれだけの構成、あれだけの内容、あれだけの生きようをしてあの採点。

マスター・ノブーオ講演会で配られたジャッジスコア。メダリスト三名と真央のフリー。

真央だけが削りに削り、下げに下げたきったねえ最悪の採点です。

忘れちゃなんねえ。バンクーバーでもソチでも、そして現在もなお、薄汚れた「思惑」のただなかにさらされている真央をはじめとした全スケーターのことを忘れようがありません。

そんな嵐のただ中に真央は戻ってきた。「わかっていて」。

真央の心中を推測するのは、姐さんは好みません。そんなもんわかりゃしねえwwwww
マスター・ノブーオとだって話し合いで「わかりあおう」と努力を続けているくらい真央の心はラビリンス。

わかっていることは「真央はスケートが大好きなんだ」「真央は努力を続けるんだ」「真央は世界で一番きれいな心の持ち主だ、だから世界で一番、見る者の心を打つんだ」ということだけ。

「真央はあきらめていない」

だからこそ外から見ていて「真央ちゃん、ご武運を!」と祈るだけ。

同時に「あたしはこう思う」「だからあたしはこう動く」ということを続けるだけです。


演技は選手のもの。選手の努力の果てのもの。

採点はジャッジが行うもの。そしてそれが「事実と一致」しているかどうか、万人が自ら検証できる。


宮原一世よ、すくすく育て。
まわりが異常だからって自分がおかしくなっていいという理由にはならない。
不正をすれば勝てるからって自分から汚辱につっこんでいく必要はない。

全日本女王として、そしてまた四大陸女王として、堂々とワールドに臨むがいい。

こんなことはみんな、さとこには「わかっている」はずだから。


「荒川静香と浅田真央を足したよりももっと上をいく可能性のある選手」だと前から書いてきましたが、個人的には荒川静香は越えたと思いますね。

そんな後輩たちの育成を考えて副会長☆サマが快く応援支援声援を送ってくださることを切に祈ります_____


モモさん、姐さんも例の「巨大組織マオタ」の一員ですよwwwあたいも入れて入れてwwwww
あのリストの最新版、どこかにないかしら~
一覧が長すぎて作り切れないのかしら~w

ひゃだ!そういえば真央のモロパクリ衣装でご登場の南朝鮮チャンピオンのあの子もマオタリストに入るのね!
反日教育の不徹底_____ひゃだ!ひゃだ!_____



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
宮原知子 | コメント(77) | トラックバック(0) | 2016/02/22 12:37

キム・ヨナ五輪憲章違反(モスクワの鐘さん編)



素晴らしいコメントをいただきました。ありがとうございます。


2016/02/20 <モスクワの鐘> さん

今 私に出来ること

姐さん、ご無沙汰しています。

弊方ブログで、キムヨナの五輪憲章違反について、
私に出来ることを6回に分けて書きました。
お読みいただければと思います。



拝見しました。
キム・ヨナの五輪憲章違反の「証拠」が記事にされています。
彼女はバンクーバーでもソチでも、「出場資格がなかった」のです。
それをIOCは見逃した。
意図的に、わかっていて、「何がなされているか」把握していて「見逃した」のです。

ソチ五輪後、有志の皆さんの手によってこの「五輪憲章違反」についてIOCへの問い合わせがなされました。
それに対してIOCは「問題はなかった」というそっけない返事をよこしました。
姐さんの名前で姐さんの住所で、問い合わせた回答です。

問題がないはずがありません。バンクーバーでもソチでも、もっとささいなことで「失格」にされた選手がいるんです。
なぜキム・ヨナだけが「ルール違反」を見逃してもらえたのか。

絶対に風化させてはいけない大事件です。

IOCの公式スポンサーはこのルール違反に対して「IOCにモノをいう立場にない」とふざけた回答をよこしています。
あなた方がモノ申さずに誰が言うんだという話です。

東京五輪を前に、巨額のカネが動くこの時期だからこそ「絶対に風化させてはいけない大事件」についてもっともっと疑問を持ち、問い合わせや質問や意見を出す人が増えてほしいと思います。

わたしは国民の総意として「不正に盗まれた五輪金メダル奪還を行う」ことが国益に直結していると思います。

心ある皆さん、どうか拡散をお願いいたします。

フィギュアスケートのヴィーナス

カテゴリ;キムヨナ五輪憲章違反


モスクワの鐘さん、心から敬意を表します。
改めて「わたしは絶対に風化させない」と決意を固めました。


↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
キム・ヨナの五輪憲章・倫理規定違反(1)ピアス編 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/21 00:27

【フィギュア】宮原“魔物狩り”Vだ!過去2回2位



おさと!
スポーツ報知さん、イイ記事じゃないの~。


【フィギュア】宮原“魔物狩り”Vだ!過去2回2位
2016年2月17日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20160216-OHT1T50197.html

【台北(台湾)16日=高木恵】欧州以外の国・地域で争うフィギュアスケートの四大陸選手権が18日に台北で開幕する。16日は公式練習が行われ、全日本選手権覇者の宮原知子(17)=大阪・関大高=は“魔物狩り”で、世界大会でのシルバーコレクターを返上する。

高校在学中に「オリンピックに魔物はいるのか」というテーマで論文に取り組み「魔物は自分がつくってしまうもの」と結論づけた。“取材相手”は、いずれも五輪経験者で2006年トリノ金メダル・荒川静香さん、10年バンクーバー銅メダル・高橋大輔さんと同7位・織田信成さん、14年ソチ8位・鈴木明子さんという豪華布陣。宮原の心には、織田さんの「魔物は考え方によっては女神にもなるよ」という言葉が突き刺さった。

その発想を2年連続2位の今大会に生かす。特に昨年は首位で迎えたフリーで転倒した。「(四大陸選手権にも)魔物はいる。その時の自分の気持ちと、どれだけ自信を持てるかで出てくるか出てこないかが決まる。2回も2位を取っているので優勝を目指したい」。この1年で培った自信こそ、魔物を封じる最大の武器だ。この日、フリーの曲がけ練習ではノーミスで好調をアピール。昨季世界選手権、今季GPファイナルも2位だった。今度こそ頂点に立つ。


列挙されると本当にいい環境ですよねえ。

織田くぅ~んからは「紐は切れたり切れなかったりするよ」という言葉を別にもらってはいないようですが、そして高橋からは「紐はコーチが取り替えたり取り替えなかったりするよ」という言葉もって茶化すのはやめろと自省しながら(していない)、さとこはいい競技生活を積んでいますね。「魔物は自分が作り出すもの」ってなかなか言えないですよ。すごい。

トリノでショートもフリーもパーソナルベストで人生最高の演技をキめた副会長☆様からもさぞかしいろんな意味で参考になるドヤ顔ネガティブコメントをたっぷりいただいたんだと思いますが、さとこや、あんまりそれには惑わされずに(笑)このまま頂点を極めていただきたいのです。さとこ自身の努力と「頭の良さ」の見返りとして。

思うに副会長☆様から「よくない方面での田舎者くささ」がすっきり抜けて「あたい、すごくがんばったから、メダルが取れて嬉しかったの☆」と何のてらいもなく言えるようになったらますます尊敬される素晴らしい先輩になるのでしょうがどうでしょう。いまさら無理か。てへ☆

鈴木先輩はソチ五輪当時、コーチの哀愁馬面が「メダルは真央ちゃんに任せて(笑)」と言い放ったときの心境をぜひ後輩に伝えてあげてほしいですね。姐さんが選手ならコーチを細かく切り刻んで東京湾に捨てに行きます。なんという侮辱だろう。全日本女王として銀河点でぶっちぎり優勝した人間に「おまえは五輪メダルなしな(笑)」宣言だなんて。
あそこでブチ切れて哀愁馬面にパイプ椅子を投げつけなかった時点で「ああ、そういうことなのね」と姐さんは、とまあそれは記事を別に作っておかないといけない大惨事ですけども、安心してください、忘れていませんよ。
鈴木先輩も「生き残り」をかけて各方面で頑張っておいでですが、さとこや、取捨選択は頭のいいあなたのことだから大丈夫ですよね。

こういう頭のいい子が黙ってじーーーーーーーっとみている「先輩」たち。
そしてさとこのように黙ってじーーーーーーーーーっとみている後輩たちは全国に無数にいるという事実。

スケートをする人って基本上品なので闘志むき出しで直接ぶつけるってあんまりなかったですよね。せいぜいがロッカーから荷物を放り出すとか試合の前にシューズを隠すとかテレビに出て嫌味を言うとか、あ、これ全部ひとりの人かしら。わからなーい☆

「そういうこと」ってされた側は決して忘れないんですよね。だからこそ「ちゃんとした先輩」には圧倒的な支持が集まる。
そりゃ~誰だって性格がよくて親切で明るくて頑張り屋さんが好きですよ。
ことに一緒に氷に乗るとしたら「選べるものなら選びたい」ですよね。
キム・ヨナさんのモーゼっぷり、姐さん死ぬまで忘れられないですね。誰だってああするわ。

さとこは、あとはこの方の持つ内面の「大自然」すなわち「天性の抒情性」が素直にそのまま出てくれば、あれですよあれ、「高度な表現力は高度な技術の上に構築される」が見事に実証されますよね。

「表現力」って「技術力」の上でしか花開かないんですよ。どんなジャンルであっても。
さとこは王道を歩んでいる。大丈夫です。
わたしは四十年スケートを見てきて、そして自分でも十年以上滑ってきて「浅田真央を越える可能性のある女子選手」を初めて見ました。
さとこです。
宮原一世としてのびのびと極めていってほしいです。

横綱相撲の浅田真央には表立ってインタビューをしなくてもさとこは「生きるとは」「よく生きるとは」という一番大事なところはしっかり学んでいるでしょう。頂点を目指す者どうし、自然と伝わるものがあるからです。

さとこは四大陸のショートプログラムでパーソナルベストを出しましたね。
1点を、いや0.1点を伸ばすために選手がどのくらい辛い思いを重ねているのか。
理不尽な、殺人にも等しい「実際の演技と乖離した異常採点」の苦痛を、この人も潜り抜けてきた。そして現在もなおそのただなかで「自分と戦っている人」です。

何もしないのに、いや、本人比で明らかに劣化しているのに点数だけがインフレーションし続けたキム・ヨナの罪は重い。あんなクソ採点に加担したISUと、所属選手を背後から撃ちまくった日本スケート連盟の罪はなお重い。
あらためてそう思います。

諸先輩方が陥った魔の穴にさとこは落ちるな。
いかなるときも自分自身であってくれ。と切に祈ります。

会場に見に行くとアップの動作が誰よりも大きく激しく美しいです。リンクでみっともない真似なんか死んでも見せない。最初から最後まで「さとこの理想」を追求している。
アップのときから研ぎ澄まされた「透明な闘志」に満ちている。
それはまるでローマのコロッセウムで出番を待つ剣士のようです。百戦錬磨の。

そして皆さん、忘れちゃならねえ、この人は「京女」です。
魔物に対して「世界最高峰のイケズ」を思いっきりブチかましてほしいですね。
「魔物いうたかて自分で作り出すものとちゃいますか」
「そんなぁ、イケズやなんて。ただありもしないもんに右往左往するのんもどないなもんやとは思いますわ」
「魔物かてそろそろ摩耗するんとちゃいますか(笑)。さんざん人さんの足引っ張ってきたかしりまへんがいつまでもおおけな顔さらさんとちゃっちゃとお逝きやす」
「魔物!ハウス!」

さとこ。心技体そろえて極めておしまい!君ならできる!その努力に、その勇気に、その強さに、敬意を表する。

震えて待つわwwww



※「偽みやこことば」は架空のものであり実在するいかなる京都とも関係はありません。姐さんに内臓されたみやこことば翻訳機がポンコツなのでてきとーです。なお姐さんの心の平安のためにいつまでも京都人とその集団は日本最大最高の××であってほしい模様。

イケズこそ日本最大の奥義!今こそイケズの復権を!

※ただし姐さんに向けないでwwwwww



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
宮原知子 | コメント(23) | トラックバック(0) | 2016/02/19 12:28

こんな「応援の仕方」もある



嫌なことを書きます。
浅田真央選手に関するネガティブキャンペーン、よせばいいのに相変わらず続けられているようです。
「日本人」からの応援を阻害するような嘘記事が出る可能性が高いです。

そこで提案なのですが、真央のスポンサーに真央がCM出演したから御社の製品を使っている、とあらかじめ報告するのはどうでしょうか。感謝というか、なぜ買ったのか動機を率直にお伝えする。別に真央ではなくなったら買わないぞという圧力ではないんです。実際に使っていなかったらそれでもいい。でも真央を起用したのはいいと思う。でも構わない。
消費者からのちゃんとした反応を企業はとても喜びます。
実際に購入した人は感想を伝えてあげるとまともな会社なら「宝物だ!」と大事にします。

なんというか、ウンザリするくらい卑怯で陰湿で薄汚いイヤな手段を繰り出されるのに飽き飽きなんです。
浅田真央についてどんなネガティブキャンペーンをしたって、どんな不正採点で低い点を出したって、真央への愛情や敬意や感謝は絶対に薄れないんですよ。
この十年ファンをやめなかったんだから何があったって真央についちゃどうこうなりはしませんて。いい加減わかれwwww

それに真央を下げたところで他選手の人気がそれだけ上がるってこともないんですよ。それに真央ファンは真央を熱愛するのに忙しいので他選手の下げ活動なんかしているひまがありません。

嘘のライバル構造とか、誰かを上げるために真央を下げるとか、もう「キム・ヨナ商法」はウンザリです。馬鹿だろ、無駄なことばっかりしやがって。

とはいえそうは言っても「ひどいことを実際にする」わけですから、それに対して正々堂々と一消費者として企業に感想を伝える、というのは有効な手段だと思います。

むしろやって当然だと思いますね。

ファンを見れば選手がわかる。

だからわたしはできるだけ丁寧に、率直に、感謝をこめて「真央を支援してくれてありがとう」と気持ちを伝えようと思います。
普段からお礼を言っておきたいよ。

真央の努力を評価して、真央なら信じられると決断して、企業イメージアップのために起用してくれている。それだけでも大正義じゃんと思いますね。
がんばる真央を応援する企業さんを応援する。こんなWin-Winの関係はないですよ。
真央へのファンレター1とするならば企業への声援10くらいにしたい。

個人的にはそう思います。あとやってみると楽しいよ。嘘っぽくほめる必要はないですし、そういうのはまずダメです。相手も毎日仕事で見ていますからね、一発でバレる。素直に「わたしはこう思う」と伝えるのが一番です。

ファンを見れば選手がわかる。

姐さんがもしアレなら、あたしは別に真央ファンに入れてもらわなくてもいいですよwww
ただ死ぬ瞬間に思い出すのは「浅田真央の幾つもの笑顔」とこの犬画像ですよね。

dog_201602150324396c0.jpg

薄れ行く意識の中に真央の名演技がいくつも浮かぶ・・・頑張る真央・・・微笑む真央・・・歓喜と共に飛び跳ねる真央・・・

(真央・・・より目になってベロが出てびょんびょん跳ねてるわ・・・!そしてガッツポーズ出たよ!ああ真央が満足しているわ・・・)

そう思いながらのこの世で最後の映像はこの犬です!

よくわかんないけど見た瞬間そうだ!と思ってしまったから仕方ありません。
なんだよこの写真wwww

ということで「いまさらのネガティブ報道かよ。バーカバーカwwww」と「スポンサーさんありがとう!」というお話でした。
馬鹿をしないでくれるといいなあ。ほんっと無駄だからwwwwwバーカバーカwwwwwww



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/15 03:28

佐野稔氏の昔を懐かしんでみる



佐野稔。

お若い方はご存知ないかもしれないですが、この方、スーパースターだったんですよ。
日本人選手としては最高のところまでぐいぐいいって、滑れて、踊れて、跳べて、魅せて、「日本人ここにあり」を見せつけて、そして現役引退後はアイスショーで日本全国を回って「スケートの楽しさ、すごさ、素晴らしさ」を、みんなに圧倒的な表現力で教えてくれた人なんです。
それまで根付いていなかったアイススケートリンクに行ってみんなで滑ることの喜び、を教えてくれたフィギュアスケートのエバンジェリスタだった。
姐さんがこよなく愛する氷上のアンパンマンこと本田武史や「コーチもいいけどアイスショーでもっと滑ってくださいお願いです」のヤマト先生や「すべてを持っている男」「しかもそれがみんな本人の努力で、という信じられない奇跡の男」「スケートの神様と本人の合作による最高傑作」ことデースケを足しっぱなしにしたような人気があった。

それが佐野稔「だった」。

テレビの仕事では自由奔放かつのびやかで率直でわかりやすく親しめる「お茶の間実況」が話題を呼び、時にフリーダムすぎるところから「酔っ払い実況」と呼ばれて親しまれていた。

佐野さんは魅力的でした。

コーチ業も生徒が途切れたことがない。人気でした。教えるのがウマイから。要所要所で的確に指示を出し、コツをさらっとコンパクトに相手に伝え、わかるまで繰り返し練習。でもからっと明るくてネチネチしない。口は少々なんなのですがわかりやすい。

そして何よりも本人が滑る姿が「カッコいい」。いまだにです。リンクに行けばわかります。人目をひく。

華やかで、明るくて、いまだにリンクの上では自由自在。

そして、かつては浅田真央をほめていた。真央ちゃんすごい!と普通に見たままを語っていた。

・・・ように見えました。

ところが皆さんご記憶でしょうか、某週刊誌に「暴力コーチ」と記事が出た。

教えていてかっとなって手が出るのは、未熟です。言葉で理解させられないのはコーチの腕がないからです。
やってはいけない。

だって叩いて上達するのならデースケなど歌子に逆さづりにされて毎日水攻めにあっていなければおかしいです。あの「欠点がなさすぎる」スケート、「最上位の技術と芸術がひとりの人間の中で融合している驚異の演技」は殴られてできたものではない。「練習」ってそういうことではないですよね。

殴ったら上達するのなら姐さん毎日リンクに行って滑っている人全員をどつきまわしてあげますよ。2分に一回ずつ殴る。でも、そういうことではない。

体罰は暴力です。いついかなる場合でもそれをするのは「教える側の幼稚さ」をさらけ出すものだと思います。

稔「先生」は常日頃から生徒の体に手をかけて「こうだよ、こう!」と言う人だったのだろうか。本人は暴力をふるう恐怖の鬼コーチという意識なく「指導の一環」としてやっていたのだろうか。雑誌社の人間はたまたまそういう場面を目撃したのだろうか。生徒が氷上に転倒するほど強く「指導」する場面を見たのだろうか。

それとも?

「未熟」で「腕がなく」て「幼稚」だった稔先生はその後どうなったでしょうか。

「暴力コーチ」として悪名を轟かせてしまった佐野稔は、フィギュアスケートの楽しさをわたしたちにかつて教えてくれた大スターの佐野稔は「解説者」としてもうひとつの現場で、まともな「仕事」をテレビでするようになったのだろうか?

真央を突然けなすようになりました。テレビで過剰なほどのキム上げと真央下げをセットにしだしたのはそのころからだった、と思います。

なんでそんなことになったのか?

なんで?

なんで佐野稔は生徒を韓国に連れて行くようになったのか? 時にはデースケまでも?

なんで現在ただいまも紛争地帯で分断された北朝鮮と「停戦中」の危険な場所に、ぼろぼろの建物と大腸菌まみれの不潔な食事と、半日教育の結果の敵意むき出しの韓国にわざわざ子供たちを連れて行くようになったのか?

なんで自国のエース浅田真央を、スケート連盟理事の佐野稔が悪く悪く言うようになったのか?

痛快で、「見たまんま」で、視聴者の思いと「そうだそうだ!」と一致するがゆえに「居酒屋実況」と愛されていた佐野稔は、なぜ嫌われるようになったのか?

そして、嫌われ、憎まれ、疑われたままで本人はよしとしているのか?

スケート教室の生徒さえ途切れなければいいんですか?

スケート連盟の役職者でありさえすればいいんですか?

それで佐野稔は、いいんですか?

と、なぜか最近しきりに考えるようになったんですよね。余計なお世話というものですが。

あんなにもスケートの楽しさを教えてくれた人が、スケートを今でもあんなに滑ることができる人が、悪評にまみれ、疑念の汚辱にまみれたままで「いい」と思っているのだろうか?

もしかしたら佐野稔は自分がどう思われているか知らないのか、知っていても「よし」とする人間なんだろうか。

わたしは、そろそろ人生の清算を考えるような時期に入ってきた年代の人間として、佐野稔自身に「かつてのスーパースター佐野稔として生き、かつてのスケートの楽しさの伝道師、偉大な先駆者としての佐野稔として死んでいくつもりはありませんか」と訊きたいです。本当に。

佐野さんの身の上にただちに何かがということでは決してなく、単純に知りたいと思います。

「本当に今のままでいいんですか?」と。

逆に言うと「変わるなら今だ、今しかない」ということでもあると思います。姐さんヘンな勘だけは働きますからね。これまでも幾つか警告めいたことを、というか警告をはっきりと名指して書いてきました。
人間には二度まで警告をして、スルーされたらわたしも忘れることにしています。
佐野さんには最後です。
わたしが何をするでもなく、本人には自覚があると思います。というか、ここで「本当のこと」を出しておかないとあとあとどえらいことになると思うんです。
政策が変わり、時世が変わり、人心が変わり、そして「反日勢力」が主に実弾不足=資金切れから勢いをなくして「撤退」をしていくときに、一番最後まで反日を続けていた人や団体や企業が一番手酷く叩かれます。

佐野さんはセンスがいいスケーターだった。勘が良かった。そして自身が優れたスケーターであるだけに真贋を見極める目がある人だった。と、姐さんはいまでも思っています。

だからこそ、これまでがどうあれ、「実はあのときこうだった。だからこうした」と「本当のこと」を早めに出してしまったほうが、いい。

保身とか裏切りとかレッテルを貼られるのは仕方がないです。でも巻き添えになって一緒に地獄に行く必要はないと思う。

日本人は素直にありのままを認める人は憎まない。罪を認めた人には、逆にある種の敬意すら感じながら仲間でいることを認めます。
逆に嘘をつき続ける人、嘘で塗り固める人、嘘で押し通す人を憎みます。嫌います。仲間でいることを許しません。

まだ間に合う。ぎり最後。と、わたしは見ているのです。

センテンススプリング砲、いつどこに発射されるかわかりません。人前に出てミスリードを誘発する「兵士」であったがゆえに浴びせられた汚泥の数々、ここらで「実は」と晴らしておいた方がいいんじゃないでしょうか。

今後の保険のために安心材料を提供申し上げるとするならば、そのほうが「仕事」は増えます。絶対に。

「あとは勇気だけ」と久美子先生が真央におっしゃっていたそうです。わたしもそう思います。

まあこんなところで何を書いても佐野さんの耳には一切届かないと思いますし万が一知ったとしても「はあ?馬鹿言ってんじゃねえよ」でお忘れになると思いますが、いらぬおせっかいを焼いてみました。
もし知ってしまったら超~気持ち悪いだろうと思います。有名税だねえ。すまないねえ。ほんと薄気味悪いよねえ。

佐野稔が本気でキム・ヨナが世界一だと思っていてこれからもそういい続けるのなら、それならそれでいいんです。
そう「思う」のは誰にも変えられない。
佐野稔が本気でキム・ヨナが大好きで超うまいと思うのならそれはそれでいいんですよ。
そう「思う」のは誰にも変えられない。

でも「本当ですか?」と、かつてのスーパースターの輝きを全否定することになるそのスタンス、それで本当にいいんですか?とそれだけはおうかがいしてみたいですね。

さらには「暴力コーチ」がなぜテレビに出演し続けられたのか。なぜ連盟理事を解雇されなかったのか。
いろいろなことが一本の線でつながっているのかもしれないですからね。

だが姐さんには知る由もないのだった___________




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/02/15 03:11

真央の記録では意図的に嘘をつき、いまだにキム・ヨナを持ち上げるNHK



NHKさーん。あたし昨年の八月からずーーーーーっと「回答待ち」なんですけど、なんで今に至るも無視なんですかあ~?
八月からってけっこう時間ありますよぉ???

浅田真央のトリプルアクセルに関する「数値」をめちゃくちゃなものに改竄して嘘を放送したことについて、なんでほっかむりなんですかあ?
そのくせ紛争地帯の停戦中の南朝鮮のキム・ヨナには嬉ションする犬HKなんですかあ~?


2016/02/15 tomoさん

あんぐり

今、nhkのサンデースポーツが「NHKの単独インタビューにキムヨナさんが応えてくれました」と爛々と紹介してました。気持ち悪い放送局だな


気持ち悪いっつーか「異常」だよね。
自国のエースの「数値を改悪」した下げ報道をしておいていまだにキム・ヨナ?はあああああ?

NHKはなぜ浅田真央のジャンプの数字を改悪したのか、説明してくださいよ。どこから嘘数字持ってきたんですかねえ?
同じように問い合わせをなさった方もいらっしゃると思うのですが、どなたか「NHKからの回答」をもらった方はいないでしょうか。

この世の誰もあの数字について説明をしてくれないなんて「気持ち悪い」~
何が公共放送だよ。解体待ったなしだな。
(Yさんありがとう~姐さんもうトシだわ)

スケ連もなぜ抗議しないんですかねえ。
日本人から受信料を強制的にまきあげておいて日本人を叩き半日のシンボルを持ち上げる。
これ、本当に異常ですよ?




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
NHKテレビの捏造報道 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/15 02:22

「ブロック」禁止 本塁クロスプレーに新ルール導入で東尾修「野球変わる」



先日、はやみさんにスキージャンプのルール改正について教えていただきましたが、野球でもこういう動きがあるようです。


「ブロック」禁止 本塁クロスプレーに新ルール導入で東尾修「野球変わる」
http://dot.asahi.com/wa/2016021100043.html

西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、今季から変わる本塁での衝突を防ぐ新ルールで野球が変わるだろうとこう推測する。

*  *  *
プロ野球では、今季から本塁での危険な衝突を防ぐ「コリジョン(衝突)ルール」が導入される。米大リーグは2014年に試験的に採り入れ、昨年から本格導入した。日本では1年遅れとなるが、捕手の故障リスクを考えると、反対意見は少ないのではないかな。

分かりやすく言えば、捕手は、本塁ベースを隠す、いわゆる「ブロック」が禁じられる。走者は、捕手への体当たりが禁じられる。ともに悪質な場合は警告や退場処分が下される。アウト、セーフの判定が覆る可能性もあり、微妙な場合はリプレー映像で確認される。本塁上での格闘技的な要素は完全になくなるというわけだ。メディアでも、「好ブロック」といった表現がなくなるだろう。

本塁上のクロスプレーは野球の醍醐味でもある。捕手がベースを隠していても、それをダイビングしながらかいくぐり、体をひねってタッチする。そうした走塁方法はもちろん、捕手が走者に体当たりされても衝撃を和らげる方法なども、必要な技術とされてきた。

しかし、私も現役時代に目の当たりにしたが、体格に勝る外国人選手が全速力でタックルをしてきたら、捕手は恐怖を感じる。捕手を目指す野球少年のためにも、故障のリスクを減らすルール作りは大切だ。

日本では昨年10月に宮崎であったフェニックス・リーグで試験的に導入されたが、規定に抵触するようなプレーはなかったそうだ。守る側にすれば、完全にアウトのタイミングなのに、ブロックしたせいで判定がセーフに覆ってはたまらないからね。

この変更で野球は変わるだろう。今まで「五分五分」のタイミングだったものが、セーフになる確率が格段に上がる。作戦面を見ても、1死三塁の場面で、ゴロを打った瞬間に三塁走者がスタートを切る「ゴロゴー」は増える。外野手の守備位置も昨年より1メートルくらい前になるだろう。

反復練習で体に染みついたブロックという行為を捨てなければいけない捕手は大変だ。捕球してからタッチに向かう機動力が大事になる。新しいレガーズ(すね当て)が開発されるかもしれない。

どこからがダメで、どこまでがOKなのか。キャンプでも現場と審判団のコミュニケーションは多くなるだろうし、シートノックをしながら細かく確認していく必要がある。数年前、統一球の反発係数などが大きな話題になったが、今回の変更に伴う影響も大きい。

審判員の重圧も半端ないよ。外野フェンス際の飛球に関してもビデオ判定は導入されているが、本塁上のプレーに対する重圧はその比ではない。

例えば、同点で迎えた十二回裏2死一塁を想定してみる。次打者の打球がいったんサヨナラ本塁打とされながら、判定が二塁打に覆ったとしても、2死二、三塁となり、サヨナラ勝ちのチャンスは残る。だが、同じ場面で打者が三塁打を放ち、走者が本塁でのクロスプレーとなり、その判定が覆ったとしたら……。サヨナラ勝ちだと思ってベンチが空っぽになって歓喜にわく中で、主審は判定を覆し、引き分けを宣告せねばならない。同じ1点でも、チャンスが残る判定と、一瞬にして好機がつぶれる判定では重みが違う。もちろん、どんな微妙な判定であっても、審判員へのリスペクトは欠かせない。機械じゃないんだから。

※週刊朝日 2016年2月19日号


な~るほど~。口語体でわかりやすいのは、もともとこのサイト、朝日新聞が出している雑誌から記事を作成しているからなんですね。
朝日のくせにいい記事じゃないかw

「選手を守る」ためのルール改正はおおいにやるべきだと思います。
わたしは野球に詳しくなくて、好きな選手はと言われると「野茂」と言います。理由は「わかっている」顔をしてプレイしていたから。あと清原に変化球ではなくてストレートを投げ込んで清原のプロ打席初三振を取ったからと言います。後者は最近知りました。なんてカッコいいんだろうと思って。イチローは別格ね。野球が好きな人でイチローの凄さを、好き嫌いは抜きにして認めない人はいないだろうから。いたらすまんw

甲子園を一切見てこなかった自分もさすがに桑田と清原がいたころのPL学園のすごさは脳裏に焼き付いていますよ。知らず知らずのうちに見ちゃうんですよね。ニュースでもハイライトが何度も流れて「ああすごいなあ」と。清原いっつも泣いてた気がする。「嬉しくて泣く」ってすごいな、どんなにかものすごい喜びなんだろうな、と同年代でありながら学校をいかにしてサボるかくらいのことしか考えていない、何ものでもなかった姐さんはテレビ画面(当時はあったんですよ、テレビ)の向うの「遠いヒーロー」を眺め、そしてただちに忘れました。
プロ野球中継はそもそも興味がないのに親の毎日の楽しみでえんえんそれが流される上にかのにっくき「延長」のせいで自分が見たい番組が遅くなる、もしくは見られないという悪鬼の所業を繰り返しましたからどちらかでいうと「嫌い」でした。
それが畜ペンの言動に魅了され、赤ヘル軍団の応援ぶりに感動し、イチローがどのくらいすごいかFJMに行くたびに教わって(笑)野球、なんだか好きですよ、最近。
でもボールが来たら怖いからベンチをあっためる係になる。それか監督。「ホームランな!ホームラン!」しか言わないですがw

で、フィギュアスケートなんですが、ノービス(小学生)の子供たち、先生から最初に教わることってなんだと思いますか。
「自分と他人の身の守り方」なんですよ。たいていそうだと思います。
「スケート靴は刃物ですから、自分もお友達も怪我をしない、させないように注意しましょうね~」「はーい!」ですね。
これはスピードスケートも同じです。シューズとブレードの形状と機能は違いますけど、完全な「危険物」ですからね。

ノービスのおちびさんたちにできて、これができないトップ選手がいるから困りますよね。
伊藤みどり神に猛烈なアタックかませて足に怪我させてた人もいましたもんね。
いくらなんでも練習中にそれするか???とあきれましたし怖かった。
(かをるさんご指摘ありがとうございます)

「スケート靴は刃物だから、自分とまわりが怪我をしない、させないように気をつけよう」

ノービスのおちびさんたちにできて、これができないシニアの選手ってなんなのでしょう。基礎ができてないってことですよね。もう一度小学生に戻って基礎から学びなおしたほうがいいと思います。危ないから。

ボナリーは禁止されているバックフリップも試合中にやってましたね。あれはいただけません。あそこまで追い詰められるに至って過激な「抗議手段」を取ったにしても、「人種差別のせいでメダルが取れない、優勝できない」と激おこになるまでいろいろあったにしても、競技のさなかにその競技のルールを守れない人は参加すべきではないと思う。

だから二度の五輪で五輪憲章違反と五輪倫理規定違反をおかしていたキム・ヨナ、そもそも「出場資格がない」キム・ヨナを放置しておいたってのは異常です。権力者のオキニだったらなあなあでスルーしてもらえるようですが、そういうのも競技のためにはならないですね。絶対に。オキニなら何をしてもいい、というのならそれはスポーツではないですよ。わざわざスポーツの世界に乗り込んできて場を荒らす必要はありません。外で勝手にやってなさいって話です。

ただでさえ苛酷な条件下で行うスケートです。みんなでルールを守って安全に滑っていきたいですよね。

いろんなところで隠されていた「不自然な」膿がどんどん出ている。いいことです。
そして本当に競技のためになることはがんがん実施していっていただきたい。

フィギュアスケートはやればやっただけ素晴らしい解決を見るような「改善」がいっぱいできると思います。
今が最低だからね。いや、年々マイナスをぶち抜けていく。

不正を排除するための「新採点」があっという間に政治利用されたのをわたしたちはずっと見てきた。
「三度目の正直」で今度こそ、と思いますよ。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
フェアジャッジングムーブメント | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/02/13 19:22

丸山珈琲さんのコーヒーにべたぼれ



以前、堀口珈琲さんを紹介したのですが最近また素敵な珈琲屋さんを知ってウキウキです。

表参道にフランフランという雑貨屋さんが入っている建物があって(あの横断歩道に面した店よ~←どこだよ)その二階のカフェスペースで飲んだカフェオレがびっくりするほど美味しくてただちにお店で配布しているフライヤーをいただき、「最高っすねwww今まで飲んだ中で一番好みっすよwww」といらん自己申告を居合わせた不運な店員さんに行い、「とりあえず豆ください」と珈琲が好きでよく飲む友人にも豆を押し付けて「本当に美味しいか念のため飲んでくれ」とお願いしました。

やばいですよね、二週間くらい毎日のように通いましたよ。最後には恥ずかしくなってきて店員さんのシフトを観察してできるだけ毎日違う人が当たるようにしたりして、われながらキモい行動でした。でも機械でがーっとつくるのですが不思議と「この方がつくると最高に美味しい」という人がいらっしゃって、「やっぱり美味しいのを飲みたい」と思い、「またか!」と思われているだろうことを気にしない!と自分に言い聞かせて隙を見てはその方に「カフェオレを・・・」とお願いしておりました。小さいサイズでもたっぷりあって、いつでも座れるし取り扱い品のソファの座り心地も確かめられるしでけっこうお気に入りの場所です。あれでBGMがもうちょっと小さければいいのですがね。

通っていたのは去年のクリスマスシーズンだったので、たしかホワイトクリスマス?という豆というかブレンドだったと思います。
好き好き言いながらうろ覚えというのが本当に情けないのですが九年間通った建物に道に迷って行けなかったりする人間なので許してくださいwww 大学生になったとき、校舎から見えるアパートに帰るのにタクシー使おうとしたもんな。方向音痴じゃないはず!という訓練で最近は少しまともになりましたが。その方面はほんとダメです。

で、「鎌倉に行こうとして大阪に行ったことがある」とかどうでもいい姐さん情報はおいておいて、実際に飲んでくれた友人も「これは確かに美味しい!」と太鼓判を押してくれたのでひと安心です。その節はありがとうございました。

わたしは「メシなんか食ってるから寿命が来るんだ!」という大暴論を放ちつつ、できるだけ飲まない食わない息しないのが不老長寿の秘訣よ~ん(ナオミよ~ん☆のイントネーションでお願いします)と自分じゃひとつも実行できていないことを人に押し付けてきましたが、食わないほうが調子がいいときのほうが多かったし実際「どのくらい食べなくても死なないか」によくトライしていたので、あんまり世の中に出回っている食べ物のことを自ら知ろうとしていなかったですね。でもまあ仕事がら「何をどう食うとよくないか」は一応一通りおさえなきゃだし、考えてみるとド田舎育ちで新鮮で豊富な食材に恵まれていて親はふんだんにモノを食わせようとしてくれていて、まあ人並みにはちゃんと知識はあっただろう、と。それらに無自覚だったなあということです。

例の、バルセロナに行ってから「ものを飲食する喜び」に目覚めてしまい、みるみるうちに肥え太り、それでも陽気に「うんめえ!」とやっておりました。そしたら入っちゃいけない場所を通過するときに柵に引っかかったりするようになり、その衝撃で運動量をあわてて増やしたりワインを控えたりジタバタしつつ、「いや~、世間の皆さんはこんなにウマイものを食ってたのか~」とあちこちで感動の嵐を(自分の中だけで)巻き起こしたりしています。
ほんと日本にはなんでもある。現地で見たボトルのあまりの美しさと水の旨さに忘れられずにいたスペインの霊泉といわれ古くから親しまれていたというミネラルウォーターもちゃんと日本で売ってたもんな~。でもやっぱり味が違う気がする。けどウマイ!

自覚的に口にしてこなかったから「おまえは人類の飲食史の中においてどういう位置づけなんだよ(どこから目線)」と意識をはっきり保ってから口に入れると何を食っても「うんめええええ!!!」となりますね。これはお得かもしれないwwそのへんのゴミでも「うんめえええ!」になるかもしれないし。
それで普段は家に引きこもりならぬ「立てこもり」をしておありますがセミナーなどでたまに外に出ると「メニューの中でもっともカロリーが高いものを」という神をも畏れぬ選び方をしたりしています。
能動的に「美味しいものを食べたい」となるとなんでもあるのが日本なんですなあ。普通の家でも和洋中なんでも出てくるもんね。
日本の働くお母さんの偉大さは異常。
うむうむ、これまで通り「いいとこどり」でいこうぜい!と思います。「魔改造なら任せろ!」が日本のあるべき姿だと言い切ります。

はい、いつも通り余談が長くてすみませんww
珈琲が好きな方ならもうとっくにご存知かもしれないのですが、紹介します。

丸山珈琲さん、お値段は少々なんなのですが、それ以上の値打ちはありますね。飲食に関してタブラ・ラサな状態なのでよく雷に打たれたような衝撃を感じる人間ですがこれは本当に「目が覚める」ような驚きを持った「美味しさ」でした。

とはいえ以前のようにがぶがぶと飲みまくっているわけでもないので堀口珈琲さん!見限ったとか飽きたとかそういうことでは決して決して!御社の「No.7」はわたしの永遠の恋人です。雑味がなくてすっきりしていて深くてコクがあって最高にいい香りが長続きして。大好きです。酸味がある珈琲が苦手でたっぷりとガツンと「深い味わい」を楽しみたかった自分にとってこの7と、それから8と9もですね、嬉しい驚きの出会いでした。7に慣れると8が一番の好みかな~。いややっぱり、とぐるぐるですねw

「コーヒー豆は野菜や果物と同じ」と教えてくれたのも堀口珈琲さん(のホームページ)でしたよね。あれにはべっくらだった。言われてみればその通り、「生鮮食品」なんですよね。

ということで、飲食に関してできるだけ遠ざけて過ごしてきた自分にとって堀口、丸山は二大巨匠でございます。
たぶんどちらも「すごく有名」なのでしょうがよくわかりません。詳しい方教えてください。

そういえばバルセロナ、GPFに「真央が出ていない年にわざわざ行った」っての、今思うとへんてこですねwww
そしてバルセロナ引っ越し計画、あきらめてはおりません。問題はお金です!それだけです!wwww
いずれ必ずと思います。
その前にたくさん飲んでおこう、日本で飲めるうまうま珈琲。

丸山珈琲
どれかを飲むと「えっ何これ!」と驚いて「じゃあ別のはどうなの」ともうがつがついきたくなりますね。すごいです。彦摩呂さんと一緒に飲んであれこれ言い合いたいwww
今だと季節がらホワイトデーブレンドなんてのがありますよ。飲み逃がすと後悔しそうで季節限定品にはとびついてしまいます。

堀口珈琲
ブレンドは7が一番好きだしバランスがいい気がします(姐さんの中だけで)。
8と9はカフェオレにすると一回の食事に匹敵するような満足感がありますね。でもすぐ飲みたくなる。美味しいです。

あ、あとね、もし注文なさるとしてもこのブログの紹介だって書かなくていいですよ!むしろ書かないで、恥ずかしいww
いろんな方が「いいなあ」と思って人にすすめていると思いますし、誰がほめてもほめなくても、どちらのお店もますます栄えていくはずでしょうし。

もしよろしければ楽しんでみてください~。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/13 13:45

最終的な「たどり着くべき場所」



ちょっと真面目な話をします。
いや姐さんはいつも真面目だけどさ。ホントだよ。だからこそできるだけ不真面目でいたいと思うのです。
笑えるものはすかさず笑う。自分も含めて。
いわれのない「権威」はつっこむ箇所を見逃さない。
たとえば「キムさんて表現力ガーーー」というあきらかに事実と異なる評価にはマレー熊比較画像を出してくる。
だって「それは嘘ですから」。

わたしは、フィギュアスケートの不正採点を通して、わが祖国である「日本」と「日本人」たちが、いかに素直でおとなしく、権威に対して「いい子」でいようとし続けたのかをじっと観察してきました。

ブログを始めた最初のころにさんざん言われた言葉があります。

「言葉が汚い」

「全選手を応援できないなんて本当のスケートファンじゃない」

「そんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」

「キム・ヨナだけがだけがだけが最高!」

そう「思う」のは勝手ですがわたしに強制しようとするのは暴力です。無駄だからやめろwww
わたしはこの場で「わたしはこう思う」とだけ言い続けてきた。それだけです。本当に。

「言葉が汚い」、これはその通りです。意図的にへんてこりんな表現を多用して「読み物としても面白い」ことをできるだけ心がけました。何より素の自分が、どれほど偽ろうとしても野蛮で下品だから出るのでしょうね。これに関しては「不愉快な思いをされた人、ごめんなさい」です。やめないけどなwww

「全選手を応援できないなんて本当のスケートファンじゃない」、これについては「じゃあ阪神ファンの前に行って”巨人を応援できないなんて本当の野球好きじゃない”と言って来い」とだけ申し上げましょう。怒り狂ったトラファンの手で道頓堀に叩き込まれてから姐さんに言いに来てください。いや、トラ好きの人はトラを一途に応援するのに忙しい。「アホちゃうん」で終わりですわね。
好き、嫌い、好みはあります。どんなジャンルであっても。
でも、わたしは不正採点が続く限り「犠牲者は全選手」だと思うのです。高すぎても低すぎても、誤った評価は競技の未来を歪めます。
ISUの今の姿勢は、間違いなく心ある選手の引退を早め、選手生命を危機に陥れています。ここ数年で引退した選手に聞いてみてほしい。「後悔していませんか」「本当は続けたかったんじゃないですか」と。

これも多かったなあ。「そんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」という決めつけ。聞いたのか、本人にwwwと毎回思いましたね。
「荒川静香さんについてそんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」
「安藤美姫さんについてそんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」
「キム・ヨナさんに

もういいわwwwwwww

これね、ものすごく卑劣な書き込みですよね。まず本人に確認していない。絶対に。外から勝手な推測をして、そのありもしない幻想を根拠にわたしの言動を非難する。言いたきゃ「自分の言葉で言ってくれ」ってなものですよ。
「わたしは不愉快だ!」でいいのにね。
ありもしない幻想は妄想です。妄想を根拠に語られましてもwwwという感じでしたね。

「キム・ヨナだけがだけがだけが最高!」これもあったあったwww「じゃあ根拠を出してください」としかwwww
「世界最高得点だから最高」って、うん、その点数をつけたのはISUだよね。そしてISUは試合ごとに恣意的なルール運用をしてめちゃくちゃなジャイアンルールでアゲサゲを続けたよね。
キム・ヨナが好きなら好きで全然よろしい。力いっぱい応援してあげればいいですよ。だけどこの人が最高だという根拠を、誰一人出せなかったじゃないですか。
全要素で「必ずもっとうまい人、もっとできる人が他にいる」選手は、「最高ではない」ということです。単なる事実として「キム・ヨナは別に最高じゃない」んです。

応援も多数いただきました。
コメントは全部目を通していますし、毎回の常連さんでとっても素敵なコメントをつけてくださる方もいます。いち早くいろいろ教えてくださったり、誤字脱字があるとそっと教えてくださったり。
それから「真央を知ってからいかに自分が変わったか」という大切なご経験をシェアしてくださったり。
「がんばって」とも言われました。そのそれぞれに心から感謝しています。ありがたいと思います。

わたしは、浅田真央ほど努力し続けた人が、あれほどに頑張り続けてきた人が、正当に報われることがない社会など、あってはならないと思います。

そもそもキム・ヨナは二度の五輪に参加資格がなかった人間です。出場できない人だった。それなのにバンクーバーで金、ソチで銀、というのは明らかに異常です。
バンクーバー当時、わたしは資料を揃えてキム・ヨナの「五輪憲章違反」と「倫理規定違反」の証拠を添えて「これはおかしい、早急に動いてほしい」とありとあらゆるところに書面を送りました。
速度が大事とわかっていたからです。でも、誰も何もしなかった。ただのひとりも動かなかった。
動かすだけの力が、わたしになかったのです。動かせなかった。

不正は歴然としていて「絶対的な証拠がある」のに、「日本」は浅田真央を見殺しにした。あのように偉大な、空前絶後の「努力の人」を、です。

多くのブロガーさんが絶望し、あるいはスケート観戦を離れ、あるいはさまざまな理由によりブログをやめた。

絶望と、無力感と、失望と、閉塞感と。
事態は変わらない、変えることができない、とあきらめた人も多かった。

戦いの残骸のように、廃墟のように、力尽きた「過去の資産」であるブログの名残は、でもまだネット上のあちこちに散見されます。尊い贈り物としてかき集めるようにしてそれらを読み、データを集め、画像を保存し、わたしは「この状態は絶対におかしい」と思い続けていました。

そしてソチの前に、ブログを始めた。
自分の言葉で話そう。自分で思ったことを伝えよう。自分はこう思う、と声をあげ、交流する「場」を創ろうと思ったからです。

「あなたはどう思うの?」と尋ねたかった。「いいものをいいと言って何が悪いの?」と訊きたかった。
それは同時に「あなたはなぜ自分でいいと思ったものを渾身の力で愛さないの?」と同義です。

「なぜ真央のために動かないの?黙っていたらあなたも真央を残酷にバッシングする連中の仲間にカウントされるのよ?」

その問いかけは今も自分の中にあります。わたしにとって真央を愛するということは「日本人の日本人らしさ」を守ることだった。
あれほどに「日本人が理想とする美徳のかたまり」のような人は他にいない。
いたとしても、真央と同じほどの生き地獄に突き落とされて、真央のように「美しい心」を守り切れる強い人はいないだろう。

国家ぐるみのたくらみです。
所属団体からの狙い撃ちです。
参加する競技のルールすら変更されて、手足を縛られたような異常な制約の中での演技です。
家族のプライバシーすらも暴かれて、さんざんに誹謗中傷を浴びせられて、叩かれ続けて。
事実と異なる嘘で塗り固めた報道の荒波です。

辛かっただろう。

それでもなお、浅田真央は「美しい心」のままだった。これは途轍もないことです。

真央はただの一度も人の悪口を言わなかった。愚痴らなかった。誰かを責めもしなかった。ただひたすらに「努力します」とだけ言い、そしてその通り努力した。

裏切られても、報われなくても、たとえボロボロになろうとも。理由はひとつ、「フィギュアスケートが好きだから」。

このように立派な真央ひとりきちんと守り、育み、伸ばすことができないのなら、「日本」は終わりだ。確実に「終わる」。
そのような危機感を持つほどに、これまでの状況は異常でした。異常。

だからわたしは、自分にできることを続けました。
国防に専心している伊藤さん、ジャーナリストの今野さん、「言葉で戦う方法」を教えてくれたシュガー先生、「生きる道」を指南する荒谷さん、各界の「日本のために動く人」に講演を依頼してお話をしていただきました。至らないながら自分も講演活動を続けています。依頼があればどこにでも行こう、と思い続けています。今も別な素敵な方に講演依頼をしています。

そしてついに政治家の中から本当にクリーンで誠実で、これからの日本をよくするために絶対に必要な人、山田宏さんにお話しいただけることになりました。

真央の政治利用だ、と非難する人もいます。でも、真央はもう「政治利用されている」んです。南朝鮮の手によって。ことはもう国家レベルの対立なのです。

日本スケート連盟の惨状はどうですか。ISUにもIOCにも「自浄作用」はありません。だったらもう国として動いてもらうしかない。
ことはそこまで来ているのです。

ひとつの不正を見過ごすことは他のすべての不正の温床になる。
スケートは不正をしていいけど他はダメ、なんていう線引きはありえない。全スポーツで不正はダメなんです。

この、ダメなものをダメとしない風潮、マスコミ主導の「嘘」に乗って世論が形成される恐ろしさ、わたしたちは民主党政権下の「売国行動」でさんざん見せられたじゃないですか。
韓流ブームにのっかった人は南朝鮮の「リアル」をどれくらいご存知なんですか。現地に行ってひどい目にあった方を知っています。戻るなり口をきわめて罵倒していましたよ。猛烈な手のひら返しをせざるをえないほど「実情は違う」ということです。

これまで一緒に活動をしてくれた大勢の仲間たちのうち、ここを離れてしまった人もいる。
今もなお志を共にして「できることをしますよ」と協力してくれる人もいる。ありがたいと思います。
もともとわたしなんぞとは無関係に「真実」を広めるために黙々と活動されている人もいる。尊いです。

その全員にやっと言える日が来ました。「真央の五輪金メダル奪還は、必ずできます」と。

夢じゃない。妄想じゃない。団体、企業、国政にとってやはり物事には優先順位があるんです。大変なことから片づけていって、「問題点リスト」の上からどんどんクリアにしていけば「不当に奪われた異常採点の五輪金メダル奪還」は必ず着手されるんです。

今の日本は異常です。生きた人間すら拉致されているのに「国として」動いていない。いや、動きたいのだが「まだ」動けない。十分な支持が、コンセンサスが、国民から得られていないからです。

山田宏さんはブルーリボンバッジをつけている。拉致被害者のために動くつもりで政治家を続けている。あきらめていない。
そういう人をわたしたちの手で国政に送り込むことができるんです。

わたしはこれまで何かをお願いしたことはなかったつもりです。でも、お願いがひとつあります。
さんざん言ってきた「不正採点をただす」なんてのはそもそも誰かに頼まれてすることではありません。わたしが言うまでもなく自分たちで率先して「やって当然」のことです。
これができていないってことは、競技全体が「おかしい」ということです。
「おかしいままのほうが得になる」人が多いということです。
これは競技の未来を閉ざします。

自浄作用が望めない現状、フィギュアスケートであれば心あるジャッジを育て、特定選手のえこひいきをなくし、コーチの政治勢力を均衡化させ、国どうしの「政治的配慮」でメダルが決まるようなことを「させてはならない」外からの力も必要でしょう。

拉致被害者奪還も、五輪金メダル奪還も、それを言うなら「日本人のためになる国政」も、まずは与党の中に心ある議員を増やし、民意を本当に反映して動いてくれる集団を育てていくしかない。

やっとここまで来たんだなあと思います。まあわたしはなんにもしていなくてわぁわぁ騒いでいただけですがwww

山田宏さんに国会議員になってもらいたい。首相に、とも思います。
もし首相が無理なら首相を育てる側に回ってもらいたい。
国家百年の計どころか国家万年の単位で「まっとうな国づくり」をしてくれるはずだからです。

だから、今度の山田宏さんの講演会にはぜひご参加いただきたいのです。見てほしい。
見たうえでダメなら無視してもらってけっこうです。
「なんだありゃ」とわたしに文句を言ってください。全部聞きます。

これまで通り講演会参加費用をいただきます。支援パーティなどを除けば他の政治的集まりよりも高額です。でも講師に講演料金を支払うのは「支援」です。その場で文句を言う権利だってあるわけです。野次を飛ばすのも料金に含まれるw

何よりも「面白いし痛快」だから、というのも皆さんをお誘いする理由です。
山田さんの話をうかがって、こんなにクレバーな政治家もいるんだ、と感動しましたね。筋肉馬鹿じゃない!頭いい!
(どんだけ偏見)

きっと、大爆笑の集まりになると思います。そして「よし!」という静かな闘志と、「未来は明るくできる!」という確信が生まれてくると思います。何よりわたしがそうでしたから。

あきらめるのはまだ早い。真央はあきらめていない。真央のようにいじめられ続けてきた山田宏さんも、まったくあきらめていない。

できることを続けています。

わたしが、山田宏さんのこれまでのご活動や政策について書かないのは、公式ホームページがあるからです。
そちらをぜひご覧ください。政治家ヅラな写真ばっかりだ(いい意味でですよ!)。実物はもっと明朗で、なんていうかもっと柔らかくデキる感じよ(言いたい放題)

山田宏 公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/



イベントお申し込みはこちらから
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html


もうここを読むこともないかもしれないけれど、ソチで「スケートを見るのをやめます」とおっしゃった人、チーム公正というゆるやかなつながりの活動を表立っては離れた人、そういう人にも「ありがとう」と言いたいです。やっとここまできたよ、君たちのおかげだよ!と。真央ちゃんのおかげで知り合うことができた仲間たちがそれぞれの場で元気に真央を愛し続けていること、きっと自分なりにできることを続けているだろうことを信じます。お互いがんばろうなんて祈ることも余計なお世話であるくらい、元気だろう。
姐さんも至らないなりに過去の反省を生かして活動を続けたいと思います。

日本人全員がダメなものはダメなんだよ、という意識を持ち、自分の人生に誇りを持ち、自信を持って生きていく。それはどんな軍備よりも強い強い、最強最大の国防になると思います。
そのための一里塚として、できることを、できる人が、と思います。


十年かけて仕組まれた不正なら、たとえ十年と一日かかっても「最終的にただされればいい」のです。
時間などいくらかかったってかまわない。
あきらめない人がひとりいれば、悪は必ず倒される。
あせる必要はありません。「その朝」をめざして歩くだけ。

そのとき横に「あなた」がいてくれたら嬉しいな。


「不正の証拠は本人の演技」

「黙っていたら敵対者は勝手にあなたを賛成にカウントする」

「いいものはいい、わるいものはわるい」

「ゼロと1は違う」

山田さんだけじゃない、わたしはこれから国会議員になる人全員に「拉致被害者奪還」と同じレベルで「五輪金メダル奪還」も考えていただくつもりです。生きた人間の奪還が先、拉致されない、そして「拉致すんな!」と言える「まともな国づくり」が先、メダルもその延長線上にある。

「民意」さえあれば国は動かせます。そのための第一歩として「マジで日本のためになる人」、山田宏さんを国会に送り込みたい。どうあっても。

めっちゃ痛快な国会質疑が見られるはずwwww悪がきりきり舞いするの見たい見たいwwwwwwwコテンパンにやってくれる人だわさ。

もう「いい子」でいるのなんてやめません?
それって絶対、私利私欲でしか動かない誰かにとってのただの「都合のいい子」ですもん。

では皆さん、会場でお会いしましょう。お待ちしております!

山田宏 公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/



イベントお申し込みはこちらから
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
山田宏さん | コメント(25) | トラックバック(0) | 2016/02/10 12:08

山田宏さんの講演会が決まりました!



でーーーたーーぁあーーーーーー!!!
山田宏さんの講演会、決まりました!

O-ENN公式ブログ
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

司会があたいの予定なのでアレとかアレとかアレについて真っ先にがんがん質問をしてしまいそうですYO!

だって山田さんが国会議員になってくだささったら姐さんはただちに「きゃーーー!!×××に行ってくるわよおおおおお!」とさんざんブログで記事にした後×××に行って惨殺死体で海辺に流れ着くから(流れ着くのかwwww)「ひどいですよ!これは国家の主権の問題です!」ってやってくれるんですよねーーーきゃーーーーー楽しみーーーーーーーーーーーと怪気炎をぶち上げていたら「そういうことにならないでいいようにわれわれが手順を踏んで民主主義を」ってたしなめられました。確かたしなめられた気がする。残念だYO!

細かい肉片になってもわかるように事前に染料をごくごく飲んでいくとか、頭蓋骨の「内側に」署名してもらっておくとか、特殊な波長の電波を発信する「オール非金属」の機械を埋め込んでいって現地で「ステンレスのスプーン」を体にぶっ刺して「今ここだな」ってわかってもらうとかいろいろ考えたんですが、そういうコトじゃNEEEEEEE!!!とどこに行っても呆れられる(頭が)可哀想な姐さんです。

なんかねえ、ラスボス登場ですよ。意見がこれほど一致するのかというほど「そうそうそう!」と思いました。

わたしは「政治家」ってものがこの世で一番面倒くさい職業だと思います。とうていできない。しかも自分の信念を貫くためにどれほどの犠牲をはらうのか、払わされるのか、想像を絶します。

そして信念を途中でポッキリ折られる人のほうが多いでしょう。いろんなことがあって。ええ。

そんな中で「クリーンな政治家」にやっと会えましたよ。だからこそ大騒ぎをして「まずは見てくれ、知ってくれ」と思うんですね。

7月の総選挙までに、できるだけ機会を作っていただいて、繰り返し講演会をお願いしたいと思います。

まずは見に来ていただきたい。そして「今わからないこと」や「不満に思うこと」があったら質問なりリクエストなり、どんどんぶつけていただきたい。

わたしはそうするつもりです。こう言ったらなんですが、われわれ一般人を納得させられなかったら魑魅魍魎と民主党がうようよいる(分ける必要があるのかwww)国会で立法していくことなんかできないですよ。説得してみやがれっていうんだ!くらいの気持ちで来ていただいても全然大丈夫だと思います。

「こりゃダメだ」と思ったら別の人の名前を書けばいいんですよ。もし今支援している政治家がいるのなら「比べてください」。

わたしは山田宏さんに全賭けします。

地方出張がおありのときはなんとか時間を作っていただき各地でお話をと思います。
”問題”が多いところほどこの方をぶっこんで「ですよね!」の感動の輪を広げていただきたいなあとも願っています。

一回「ちゃんとした政治家」を見ておけば基準になるしな。むしろ山田さんをたじたじにさせる勢いで皆さんで迫ろうではありませんか!

わたしたちはいくらでも日本を立て直せるよ!全然がっかりする必要はないよ!できる。

真央の五輪金メダル奪還も見えてきた!(主に姐さんの脳内でwwww)

待ってます!

O-ENN公式ブログ
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

山田宏 公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
山田宏さん | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/02/09 19:48

ロシア、出場禁止選手は4千人超 薬物問題で国際陸連




ロシア、出場禁止選手は4千人超 薬物問題で国際陸連
2016年2月9日 9時2分 共同通信
http://news.livedoor.com/article/detail/11160694/

【ロンドン共同】国際陸連は8日、組織的なドーピング問題で資格停止処分を科したロシア陸連に対し、国際大会の出場を禁じた同国選手のリストを提示した。タス通信によると4027人に上り、女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワらトップ選手も含まれている。

選手リストは違反で処分を受けた選手を含めてロシア陸連の情報に基づいて作成され、今後変更もあり得るとしている。

国際陸連は処分解除に関する厳格な条件をロシア側に提示しており、調査チームが1月からモスクワで調査を開始。再建の取り組みを確認し、3月の理事会で8月のリオデジャネイロ五輪出場の可否を判断する報告書を提出する。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/09 17:43

ソチ もう一度五輪開催の用意がある



わっほい!お年頃さんがコメントで教えてくださいました!
「次の冬季五輪はもう一回ソチ」と姐さんは言い続けてきましたがさすが恐ロシア、はじめて公的な立場のおっさん、じゃないや人が「オッケーだよ~☆」と言いましたね!


2014年に冬季五輪が開催されたロシア黒海沿岸の都市ソチのパホモフ市長は、もし信頼してもらえるならば、ソチ当局はもう一度五輪を開催する用意があると述べた。
http://sptnkne.ws/aAuZ

市長は、「私たちは、開催を提案される全てのイベントを受け入れている。サッカーW杯あるいは世界合唱オリンピックなど、あらゆるイベントが私たちの町を有名にしてくれる」と指摘した。
オリンピックで金メダルを3個獲得した元アルペンスキー選手で、国際オリンピック委員会(IOC)の名誉会員でもあるジャン=クロード・キリー氏は、教育センター「シリウス」で行われた子供のためのオリンピック授業の中で、再びロシアで五輪が開かれる可能性について、次のように語った-

「私は選手としていくつかのオリンピックに参加した。そしてロシアはまさに最高のオリンピックを開催した。全てのオリンピック・ムーブメントとIOCは、ロシアの貢献に感謝している。五輪は将来、ロシアに戻ってくるだろう」。


ソチは珍しく「黒字」で終わった五輪ですし、もともとヨーロッパ発祥のさまざまな競技を取り戻す!という意識はあるでしょう。
フィギュアスケートは女子シングルでやっと五輪金メダリストを出しましたし「もうひとり」と思わないはずがない。

IOC会長のトーマス・バッハの出身地であるドイツは候補地が住民投票で「絶対やだ」で逃げましたから、こりゃ~どこかヨーロッパが押し付けられるんだろうなあとそれにはもっかいソチだっぺと姐さんずっと言ってきたんですよね。

で、史上初の「運営委員が軒並み馬鹿でなんにも用意できなかったクソ開催地」として永遠に歴史に名を刻むのがヒラマサですか~☆

北朝鮮が先日なんか発射してましたが、あれは完全に「南朝鮮の五輪つぶし」だと思います。
マスコミがあんまり言わないんですけど、なんでだろう?違うから?w
でも、南朝鮮と北朝鮮は現在停戦中の紛争地帯」だと世界に誇示しているんですよ。統合の際に北朝鮮が主導権を握るためにも南でなんかでけぇことをやってもらっちゃ困るんです。
実際、夏のソウル五輪のときもソウル市内で爆弾テロが「あった」のに日本ではまったく報道されなかった。当時アメリカがちゃんと調べて記録を全部残しています。

浅田真央をはじめ全選手を地獄に突き落として嘘の五輪金メダリストにキム・ヨナを仕立て上げてやっと招致できたはずの冬季五輪。招致しただけで終わりじゃねーわよ!

真央を目の敵にして半日のシンボルの三流へっぽこキム・ヨナを捏造女王に仕立て上げて、それで招致したけどできませんでした~てへぺろじゃ許せない。

南朝鮮と北朝鮮は現在停戦中の紛争地帯」

で、ソチ市長が名乗りを上げたということは、これがガセネタでないのなら「国と話がついた」ってことでもある。

当然、ソ連、じゃなかったロシアも思いっきり紛争地帯」なわけで、これを「平時」にする自信があるということです。

ということは、ロシアは自国領域内および領線をこえた別のどこかに戦争をあらたに吹っ掛けるということです。

「とりあえずウチの領土は平和なんで~☆」と言える自信があるのでしょう。恐ロシアです。恐ロシア。

いや~、この声明を待っていました。IOCも水面下で土下座させられたかもしれませんね。愚かなプライドをくすぐられて内心犬っころみたいに尾を振りながら表面的には威厳を保ちつつ、もうロシアと「アメリカ国内のテレビ放映権料」について分け前の相談をしているでしょう。目に浮かぶwwwww


真央や、あなたの盗まれた五輪金メダル奪還のためにできることはすべてやるよ。この声明が出たということは、姐さんのやり方は間違ってなかったという保証になる。いろいろあって、待ってたんだ。
真央は「できること」をし続けてくれた。ずっと。
わたしも「できること」は全部やる。
よし。

さきほど別の記事で紹介した「パンドラの憂鬱」さんから


海外「これこそ愛国心だ」 日本人体操選手の尋常じゃない精神力に大反響
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1794.html

現在山梨大学教育学部の教授を務めていらっしゃる藤本さんは、
1976年モントリオール五輪体操男子団体の金メダリスト。
話題となっていたのは、そのモントリオール五輪での出来事です。

藤本さんは、団体総合の第一種目のゆかで、右膝の半月板を損傷
(後日になって、右膝にはひびが入っていたことが判明)。
しかしチームに動揺を与える事を懸念し、コーチなどには伝えませんでした。
まともに競技が出来る状態ではない中、続くあん馬では9.5、
つり輪では約2.5メートルの高さからの着地を決め、9.7をマーク。
つり輪の演技後、競技の続行は不可能となりましたが、
それまでに藤本さんが高得点を連続してマークしていたこともあり、
最終的に日本は0.4ポイント差でソ連を退け、金メダルを獲得しています。


1976 Olympics gymnastics Shun Fujimoto


怪我をしたなら棄権だ棄権、と姐さんは思います。無理はイカン。絶対に。
この方個人の努力の結果を本当にそうだったかわからない愛国心と他人が結びつけるのはよくないことかもしれない、と真っ先に思います。
でも、普通だったら歩くことはおろかただ立つことだって「できない」ような極限状態でなぜ完璧な演技ができたのか。
この方の「心」が普通の状態じゃなかったからだ、としか思えません。
怪我は確かに不運でした。ここまで追い込んできた結果、疲労が蓄積していたのだろう。無理を重ねていたのだろう。
でも、ここまで追い込んだ結果、「奇跡を起こすための準備」はできていた。
奇跡じゃない。
この方の努力と「心」に見合った結果だったのだろうと思います。

そして今げんざいの「男子体操」の超絶技巧ぶりを思ってください。
スポーツとは、こんなにも決死の熱意を傾けて努力を要する困難な道なのか。
スポーツとは、こんなにも人の心を熱くして歓喜に包まれるものなのか。

そこが「オリンピック」だったからこその「奇跡」の結果が金メダル。

だとするなら、それぞれの選手がこんなにも心を傾けてすべてをかける「スポーツ」の場を、私利私欲の商売に使ったキム・ヨナや南朝鮮と、それにまんまとのっかったIOCの罪は重いです。はかりきれないほど重いです。

オリンピックを馬鹿にするな!IOC!南朝鮮!と叫びたい。こんな異常なことが許されてたまるものか。

日本は一切、まったく、完全に、一銭もカネを出す必要はありませんね。南朝鮮開催なのに五輪公式スポンサーになっている日本の企業も正直どうかと思いますよ。個人的に不買をしています。

五輪も一度は「完全に」浄化されなければならない。

不正に加担する者は滅びます。南朝鮮が身をもって今、証明している。
彼らはあらゆる場面で嘘をつき、裏切り、信頼を損なった。

われわれは彼らに精いっぱい手を貸した。そしてすべてが無駄だった。
今後は自業自得で滅びるのを静かに見守りましょう。
日本人が彼らに向けた愛も信頼も努力もお金も、すべてが悪用されたことを思い出しながら。

合掌です。さようなら、南朝鮮。北が主導権を握って国家が統合されるときに、南朝鮮のシンボルだったキムさんは一体どういう扱いを受けるんだろう。わたしはキムさんも助けたかった。彼女もかつてはフィギュアスケーター「だった」から。十五か六か。さっさと「政治的モンスター」に変わってしまったのだけれど。世界はひとりのスケーターを失った。独自の雰囲気を持ち、懸命に努力するスケーターはもういない。いるのはキム・ヨナという「国策」によって仕立て上げられた無能な人間がひとり、です。

だからキムさんが世界一と思う人は急いで「キムさんを大統領に!」と運動したほうがいいですよ。地位も上り詰めておけばまだましです。今のままじゃ「人気」というあいまいなモノに左右されるだけの「使えない奴」ですからね。世界が終わるときに「中途半端」な立ち位置の人が最初に消えていくんですよね。歴史上のルールです。

うん、次がどこであっても「ちゃんと開催できるところ」ならどこでもいいんだ。紛争地帯でただ停戦しているだけの南朝鮮よりはね。
次もソチ、の声明だけであと五年は戦えるなwwwww


↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
平昌五輪(仮) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/09 01:00

TBSはどこまで醜態をさらせば気が済むのか



あいた口がふさがりません!
あ痛痛痛痛です!
いやがらせをさせたら日本一!悪名高きTBSがまたやりやがった!

TBS.jpg


マラソン取材でコース進入、TBSが謝罪 音声担当が並走、ゴール直前の優勝選手にマイク出す
http://www.sankei.com/sports/news/160208/spo1602080042-n1.html

7日に行われた別府大分毎日マラソンを取材したTBSスポーツ局は8日、音声担当者が競技中のコース内に入り、選手の近くを並走してマイクを出したとして「弊社カメラクルーがご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした」などと文書で謝罪した。

 視覚障害女子で優勝した道下美里選手(大濠公園ブラインドランナーズク)のゴール直前に、音声担当者が競技場のコース内に入った。同局によると、道下選手に情報を伝える伴走者の声の収録をディレクターが指示し、取材経験の浅い担当者がコース内で並走してしまったという。大会事務局や中継局にも許可を得ていなかった。


視覚障碍者の前にマイクをつきだしながらゴール直前にコースに侵入。
これへたにぶつかっていたら大怪我をしていたかもしれませんし、タイムにも影響があったかもしれません。

信じられない愚行です。無神経と不作法と傲慢の塊。

スポーツ中継の基礎の基礎「アスリートの邪魔をしない」がなぜできない?

ものすごく頭が悪い。というか、「人として頭がおかしい」人間しかいないんですかね?
許可取ってない、認可受けてない、完全に妨害になっているのに「取材ですんで~☆」

これがTBSですよ。

TBS.jpg




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
TBSブルーリボンバッジ悪用事件 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/08 23:43

ブログ【海外の反応】パンドラの憂鬱さん



おおっと目をひくタイトルが多く時々アクセスしています。「パンドラの憂鬱」さん。
日本のさまざまな事象に対して各国からよせられたコメントを翻訳して記事にされています。
ここで初めて知った日本の出来事もあるくらい幅広くさまざまな観点が網羅されていて読んでいて楽しいです。

今回はこの動画に驚かされました。


海外「本当に綺麗な国だ」 日本の冬の自然風景に外国人感動
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1056.html

”映像は主に日本各地の自然を撮った動画を投稿されている方が撮影したもので、
冬をテーマに、美しい光景がタイムラプスで映し出されています。

長野の美ヶ原・霧ヶ峰・戸隠、栃木の戦場ヶ原・中禅寺湖、
群馬の田代湖・白根山・湯の丸高原(群馬側)・榛名山など、
主に山岳地帯を中心に「風と雪」「星」「虹」「黄昏と夜明け前」「雲」
そして「空」といったサブテーマごとに紹介されています。”


Time Lapse of Winter Scene (HD 720p)


真っ青な空のグラデーションで白く輝いている景色を見ると泣きたくなります。宇宙の中心は青を超えて白いから。
「次」は絶対に恐れずにあそこに飛び込んでやろう、と思います。
※個人の感想です

そういうのはともかくですね、映像と音楽と両方を手掛けていらっしゃるのが素晴らしい!
軽やかで明るくて澄んだピアノの音が心地よい。

こういう景色をじっと見つめてきた人だから出せる音なんですかね。

真央の幻想や鐘を弾いていただきたいなあ。200人くらいのホールでスタインウェイで演奏していただけないだろうか。と思ったり思わなかったり。

日本って本当に美しいですよね。そして「美しさを見る目」を持った方の「目」を通してあらためて提示された「このような日本」もまたとんでもなく美しい。
どこでもこんなふうだった。もっと以前は。

「共生」が得意だった日本人の伝統をわたしたちはもう一度、取り戻すべき時に立ち会っているのかもしれません。

作者さんに感謝です。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本人として生きるということ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/02/08 21:25

山田宏さんの講演会を企画しています



わたしは、わからないことがあったら、とりあえず一番詳しい方に直接確認させていただくのが、手っ取り早くてイイ!と思います。
そして一番詳しい人に直接聞きに行くのにためらいがありません。

皆さん。

次回の選挙では比例代表に「自民党」ではなくて「山田宏」と書いていただきたいのです。そう心から思います。
なぜなのか。

山田宏さんは、あの朝日新聞の従軍慰安婦捏造キャンペーンについて国会議員として国会で質問をして「あれは嘘でした」と訂正させる機縁を作ってくださった方なんです。

直接お会いしてきました。いただいたお名刺にもそのことが記載されています。

山田宏さん

東京都の杉並区、区長に立候補されたときも家族で山田宏さんに投票しました。支えたい、と願いました。

次の選挙でがっつり国政に打って出て、自民党の中で「日本のことをちゃんと考え日本のためになることを実行する議員」のひとりとして大いに活動をしていただきたいお方です。

クリーンな方です。曲がったことが「できない」方です。

そして浅田真央のファンです。

真央ちゃんの美しさや強さや正しさをちゃんとハートで受け止めている。これは信用できます。

詳細は別途 O-ENNブログでご案内いたします。
都内で、次の選挙までにできるだけ大勢に「まずは山田宏を知ってもらう」ことを目標に講演会を開催したいと思います。

ご本人が訴えたいことをお話しいただく時間と共に、わたしたち参加者が、一般市民が、自由に質問できる時間とを設けたいと思います。
わたし自身、従軍慰安婦問題をはじめ、「南朝鮮との”問題”をはじめ、国政が今どうなっているのか」「真央ちゃんのどこが好きですか」等、聞きたいことがいっぱいです。

この方は「本当のことを」を話してくださるとわたしは思いました。「大丈夫な人」です。

政治家でありながら澄んだ目をしています。

まずは直接知ってください。

あと、ガンガン聞きたいことを質問しようぜwwwww

思ったのですが、それぞれの主義主張はあって当然ですし、ガチバトルだって大賛成。で・す・が!!!!
まず「日本という国家をまともな状態に立て直す」のが最優先されるべきではないでしょうか。

わたしは山田宏さんを国政に参加させることが一番手っ取り早いなあと思います。

ということで山田宏公式ホームページをまずはご覧ください~。

hy.jpg
(画像は公式ホームページより)


山田宏 公式ホームページ

気持ち悪くない政治家!wwww

ほんと、不屈のクリーンな政治家です。うかがっただけでも「ぎゃあああああ」と震えあがるような嫌がらせの数々を乗り越えて、全然ブレずに『ちゃんとした政治」に取り組み続けている人です。

姐さんびっくりしたんだよ。「真央がいる!」「真央と同じだ!」と思ったからね。

あと選対 事務局長のイケメンさは異常wwww
ぶん殴りたいくらいイケメンで「ちょwwwおまえズルすぎだろうwww」と腕ひしぎ十字をかけたくなりましたwww

当日は山田宏さん関連の書籍の販売もできたらいいなあと思います。
ぜひ後になって「首相のヤマダはワシが育てたwwww」と皆さんで言い合えるようにまずは知っていただきたいと思います。

来たれ!「本当のこと」を知りたい仲間たち!

自民党から比例代表で出馬です。

わたしはこの人を国会議員にするのが日本再生のために一番手っ取り早いと思います。

わたしは「山田宏」と書きます。

できれば、できるだけ大勢の皆さんに「山田宏」と書いていただきたいのですが、

「本当に代表として国会議員にすべき人なのか」をまずはご自分で見て、会話をなさって、判断していただきたいのです。

ですので講演会をさせていただこうと思いました。

「見ればわかる」人だからです。


講演会にはぜひ小さい人たちにもいらしていただきたいですね。親子で「まっとうな政治家」をご覧になって、それぞれの感想を話し合ってもらいたいなあと思います。
中学生以上を参加条件にしたいと思います。保護者同伴で「ちゃんとした政治家」とのエンカウントを経験してほしいです。

まずはこちらを!

山田宏 公式ホームページ




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
山田宏さん | コメント(7) | トラックバック(0) | 2016/02/06 19:38

スキーのワールドカップルールで「ウィンド&ゲートファクター」の素晴らしさ(はやみさん編)



はやみさんからのレポートにいろんな意味で涙が出そうです。

「整備の人も頑張っています!」
skyw-1.jpg

飛んでる!飛んでる!SUGEEEEEEEEE!
skyw-3.jpg



>先日、札幌で行われたスキージャンプのワールドカップを見に行ってきました。
>会場入り口を通るときに大会プログラムを渡されたのですが、そこにはわかりやすくジャンプの勝敗の決め方の説明がありまして・・・こうやって、ルールを説明して大会をより楽しんでもらおうとするスキー連盟の姿勢に、別の連盟の副会長さんのお言葉を思い出し、ちょっと目頭が熱くなりました。

>選手の安全と公平のため、しかも人の身にはいかんともしがたい刻々と条件の変化する自然を相手に公平に評価するにはどうしたら良いかを考え、そして実行したルールです。

>まったく違う競技のルールを、しかも日本人が勝ち始めるとすぐにルール変更をやらかす競技のルールを持ち出して比べても意味がないかもしれませんが、「どうにかして、なんとかして選手たちの条件を公平にして勝敗を決めよう」という姿勢がうらやましくて仕方がありませんでした。

>どこぞの連盟に爪の垢を煎じて煮えたぎったままを口に漏斗で流し込んでやりたいくらいに裏山でした。


コメント全文をご覧ください。非常に多くの示唆が含まれていると思います。


2016/02/03 はやみさん

選手の安全と公平な条件

姐さんこんばんは。
”ルールについて”という流れでしたのでこちらに書き込ませて下さい。

先日、札幌で行われたスキージャンプのワールドカップを見に行ってきました。
会場入り口を通るときに大会プログラムを渡されたのですが、そこにはわかりやすくジャンプの勝敗の決め方の説明がありまして・・・こうやって、ルールを説明して大会をより楽しんでもらおうとするスキー連盟の姿勢に、別の連盟の副会長さんのお言葉を思い出し、ちょっと目頭が熱くなりました。
そして、そのルールの中にはワールドカップルールである「ウィンド&ゲートファクター」というものがありまして、抜粋させていただきますと

”ウインド&ゲートファクターとは選手のスタートするゲートの位置(高さ)と、風向きや風の強さによって、加点・減点されるポイントシステムです。

ウインドファクターとは、選手が飛び出してから着地するまで、ランディングバーン横の7ヶ所に設置された風向・風速計で、選手が飛んでいる間の平均値を瞬時に算出して得点に反映させるシステムです。
選手が有利となる「向かい風」はマイナス点、不利となる「追い風」はプラス点としてそれぞれ得点に反映されます。

ゲートファクターとは、選手の安全と公平な条件を保つため、その回の途中でもスタートゲートの変更が可能なシステムです。
従来、天候などの状況で協議中にスタートゲートを変更すると、その時点までの選手の成績が全てキャンセルとなり、やり直しになりましたが、このルールでは状況に合わせてゲート変更ができるようになります。

最初に基準となるスタートゲートが決められ、そのゲートより下からスタートした時はプラス点、上からスタートするとマイナス点としてそれぞれ得点に反映されます。
なお、基準となるゲートは、その日の気象条件やテストジャンプ、試技等により決定します。”

とありました。選手の安全と公平のため、しかも人の身にはいかんともしがたい刻々と条件の変化する自然を相手に公平に評価するにはどうしたら良いかを考え、そして実行したルールです。
まったく違う競技のルールを、しかも日本人が勝ち始めるとすぐにルール変更をやらかす競技のルールを持ち出して比べても意味がないかもしれませんが、「どうにかして、なんとかして選手たちの条件を公平にして勝敗を決めよう」という姿勢がうらやましくて仕方がありませんでした。
どこぞの連盟に爪の垢を煎じて煮えたぎったままを口に漏斗で流し込んでやりたいくらいに裏山でした。

尚、当日はなぜか某元女子フィギュアスケーターがテレビ放送のゲストに呼ばれていたようですが、それを知ったのは自宅に戻った後に録画放送が始まってからだったのですが、「ふーん・・・」という感想しか持てなかった自分に少々驚きました。
私、もうこの人に何の関心も持ってないんですね・・・。

それでは、お目汚し失礼いたしました。


そしてチケットのお代金が。。。

「入場料が前売りで1,600円、当日券だと2,000円です!桁ひとつ違います!! 」

skyw-2.jpg


姐さん24,000円のチケット買ったことがあるよ!しばらくごはん抜きだったよ!wwww

なんでフィギュアスケートはスポーツとして最大の前提である「全選手に公正な採点を」する努力姿勢を見せないのでしょうか。
なんでフィギュアスケートは「根回し」ありきの「政治力」で順位と得点が決まるんでしょうか。
なんで?

やろうとしないからです。今のままのほうが得をする人の声がでかいからです。

でも、「まず不正ありき」の競技って、スポーツである必要はないですよね。アイドルの学芸会じゃないんですよ。スポーツなんです。

スキーはいいなあ。「ちゃんとやろう」という姿勢が結実している。スキーが全部公平かどうかはセンテンススプリングならぬ身の上にはわかったものではありませんが、こうして「やろう」と実行されている。素晴らしいです。

はやみさん、貴重なレポートをどうもありがとうございます。

どこかの連盟は「ルールに詳しくなるな」という言論統制を副会長みずからが強制していましたっけ。
姐さんが会長だったら「どういうつもりだ」と激怒するところですがね。
到底納得できないので同時に出ていた「衣装でも楽しめ」というお達しだけ姐さんは守らせていただきたいと思います。

あ、副会長が中国で乳首を出していたのはエロで売るぜという誰得な宣戦布告だったんですかね。
「衣装でも楽しめ」ってことはモロダシ乳首こみで楽し・・・・めるかーー!しまっとけしまっとけ!(嘔吐)




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
フェアジャッジングムーブメント | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/02/04 18:31

3月5日(土)開催のシンポジウム「どうすれば拉致被害者を救出できるか」



一部の「活動家」とか「思想家」とか「中の人」の動きにとどめておいては「絶対にいけない」重要なこととして、皆さんにぜひ一度ご参加いただきたい催しのご紹介です。

画像全体はここをクリックで表示されます。

※このイベントの最新情報は「荒木和博BLOG」をご覧ください。
内容が変更になる可能性があるそうです。


拉致被害者問題の一番の「問題」は「国家としての主権を侵害されている」ことだと思います。そしてそれに対して全国民一丸となって怒り狂い奪還のための即時行動を「取っていない」ことだと思います。
こんな異常なことを許しておいては絶対にいけないんですよ。

予備役ブルーリボンの会様ホームページの「コラム」欄をぜひ御一読いただきたい。

サイトトップの「調査指令」を拝見して思わず旅行代理店に見積依頼をしてしまいましたけど。。。会員じゃないけど勝手に指令を受けるってのはどうなんだろう。そして「奪還のための視察」にあたり、とりあえず市販されている各種戦略・戦術書を見たのですがそもそも世界一の方向音痴である自分は側聞、動画・写真撮影が禁止のあの町で何を記憶してこられるんだろうか。「道がありました!」レベルの報告ではひとつも役に立ちません!無能!無能です!生体カメラを埋め込んでもらうにはどうしたらいいんだ、とお悩み中でございます!

せめてものことに「なんで全員が怒り狂って取り戻そうとしないんだ!」「アメリカなんかの言いなりでノソノソしているのはもういやだ!」と騒ぎ続けたいと思います。
いやいやアメリカはステキです~☆けど、「日本が本当に独立国家として胸を張って存続していく」ためにはこういうことを許しちゃおかねえという姿勢を徹底的に見せなければだめなんですよ。本当に。

拉致被害者が「誰かが絶対に助けに来てくれる」と信じてくれているとしたら。見殺しにはできないです。
そしてこれから拉致された人が「どうせ見捨てられるんだ」と絶望するような国家のままで生きていたくありません。

一部の活動家、だけの問題「ではない」んです。
もっともっと幅広く市民権を得て普通の会話の中で当たり前に話題に出せるようにしていきたい。

姐さんブログをご覧いただいている方は、「本当のことを知りたい」という願いをみんな持っている。コメントでもそういただくし、イベントでも皆さん全員がそうおっしゃる。
それでフィギュアスケートとか皇室とか不正採点とか、検索なさってここにきた。
「ちゃんと知りたい!」という方ばかりだと思います。姐さんと一緒です。
この際、「何が起きているのか」を「実際に現場で戦っている皆さん」から一回ちゃんと聞いてみませんか。

わたしたちは「わからない」ことをそのままにしておくと「敵対者はあなたを勝手に賛成にカウントする」のをさんざん見てきたじゃないですか。
正しい情報がなければ正しい答えは出せません。まず事実を知りましょう。「知っている人」に聞いてみましょう。

ともかく、「何が起きているのか」を一緒に教えてもらいましょ。

判断はそこからです。まず事実。そして「あなたの判断」と「行動」です。

そもそもこのように国家としてやるべきことをなぜ民間人が貴重な時間やお金や心や人的資源を払って続けばければいけないのか。
「義を見てせざるは勇なきなり」と立ち上がったこの方たちを少数派にしておいてはいけないんです。
どうして立ち上がってくれているんだろう?赤の他人のために。頼まれてもいないのに。身を粉にして。

そこから考えていただきたいんですよ。

ユーストのライブ中継もあるようですから、ぜひご覧ください。


※このイベントの最新情報は「荒木和博BLOG」をご覧ください。
内容が変更になる可能性があるそうです。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
拉致被害者奪還 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/02/04 18:20
 | HOME |