浅田選手「平昌まで現役」 今季は苦しいうちには入らなかった。




浅田選手「平昌まで現役」 今季は苦しいうちには入らなかった。
2016年4月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201604/CK2016041302000138.html

2季ぶりに復帰した今季を振り返る浅田真央選手。収穫と課題を得て、平昌五輪出場への意気込みを強くした=大阪市内で

今月2日まで行われた世界選手権(米ボストン)で今季の全日程を終えたフィギュアスケートの元世界女王、浅田真央選手(中京大)が本紙のインタビューに応じ、休養から2季ぶりに復帰を果たしたシーズンを振り返った。

世界選手権では過去最低の7位に終わるなど本領発揮には至らなかったが、競技の魅力を再確認。2季後の平昌(ピョンチャン)五輪まで現役を続けることを明言した。

オフに出演するアイスショー「ザ・アイス」(7月30、31日・大阪市中央体育館、8月5~7日・愛知県体育館、8月10、11日・西日本総合展示場新館=福岡)でも競技者としてのこだわりをみせ、真価が問われる来季への準備を進める。(聞き手・原田遼)

 -二季ぶりとなるシーズンが終わった。
 今季は本当に長く感じた。昨年五月に復帰宣言してから、気持ちをぐっと引き締め続けてきたので。どこまでできるのか、どれだけ周りについていけるのか、クエスチョンマークのまま始まった。

 -グランプリ(GP)シリーズ初戦となった昨年十一月の中国杯で優勝後、不振に陥り、苦しい戦いが続いた。
 今季は苦しいうちには入らなかった。今までたくさん苦しいことを乗り越えてきた。どんなことが起きても大丈夫だと思っている。試合が目の前にくると難しく考えてしまい、満足に滑れないこともあったけど、それはちっちゃな悩みなので。

 -今季は表現力が一段と増した。
 競技の楽しみの一つになった。十五歳のときはジャンプが楽しいだけだったが、いろいろな喜び、悲しみを経験してきたからこそ、出せるものがある。

 -競技の魅力を思い出せたか。
 練習で積み上げたものを皆さんに見せる過程が好き。年齢的にそれがしたくても、できる時間が少なくなっていくことに寂しさを感じるようになった。

 -休養前はなかった感情か。
 ソチ五輪直後はまだできると思っていたが、休養から復帰して、コンディションをつくるのが難しかった。十代の時は疲れを感じることはなかったが、今は無理。今季はがむしゃらな練習をせず、良い時、悪い時、疲れている時、やらないといけない時、状態に応じた調整を考えた。

 -GPシリーズ開幕前はリラックスのため、塗り絵にはまっていると語っていたが。
 塗り絵はシーズン中もやろうと思っていたが、考えることが多く、できなかった。やはり気持ちを追い込まないと、競技はできない。それでも以前に比べれば、休日に息抜きができるようになった。

 -来季以降につながるシーズンになったか。
 自分の中では平昌まではやろうって思っている。状況によって、いろいろ考えることもあるが、一年間悩んで、どんなことがあっても諦めないでやるって決めた。

 -世界選手権には姉の舞さんが観戦に来ていた。
 昔は気が散るので、来てほしくなかった。見てほしいと思えるようになったのも気持ちに余裕が生まれたから。休養が大きかったと思う。成長できたシーズンになった。

 -例年通り「ザ・アイス」を経て来季が始まる。
 「ザ・アイス」は十周年だし、選手として復帰したからにはレベルを落とせない。アイスショーは演技直前の練習がないので、大変な部分もあるけど、慣れれば試合にも生きる。シーズン初戦のつもりで滑りたい。

 -完全復活が期待される。
 上位にいくためにはジャンプのレベルをもっと上げないといけない。今季と違い、明確な課題が見えている。来季が本当の再スタートになる。


真央ちゃんは、「日本」と「日本人」の最善最美最強の部分を集約したような人だと思う。

だから「日本」と「日本人」の中の最良の人々が彼女の尊さを鋭く感知し、慕い、焦がれ、応援する。愛さずにはいられない。

彼女の苦闘、彼女の善戦、彼女の努力に涙せずにいられない。

「真央ちゃん、ありがとう」

それ以外にいったい何が言えるだろう?

「浅田真央」はもっとも尊い「日本人」の集約だ。頂点だ。

そんな彼女が青春の日々を捧げ尽くし、命を懸けて懸命に励み続ける当の相手、フィギュアスケートの世界ただそれだけが、不幸にして彼女の善さを認めない。利用し尽くし、嘲笑し続け、残酷きわまりない卑劣さで不当におとしめ続けている。

不幸にして。

けれども「日本」と「世界」の最良の部分を占める大多数の人間は「浅田真央」そのものを正しく受け止め、評価している。

「真央ちゃん、ありがとう」と。

不正採点は、是正しなければなりません。

高すぎるのも、低すぎるのも、「基準がない」のも異常です。

だれも、だれかのための偽りの栄冠の作為ある得点操作のために生き地獄に突き落とされては、ならない。

そのとき、その場の、「その演技」でのみ評価されるべきなのだと、ISUよ、それを決めたのはあなたたちだと、それを忘れているのなら思い出せよと、

真に敬意を払われるべきは「選手」なのだと、

思い出せよと、

わたしは言い続けたいと思います。

真央ちゃん、ありがとう、の思いと共に。



黙っていたら敵対者はあなたを”賛成”にカウントする

ゼロと1は違う

いいものはいい、わるいものはわるい

真央のような人が魂を燃焼させて取り組み続けたフィギュアスケート。

それはとてもいいものなのだと、真実、愛し、応援し、盛り立てるに足る素晴らしいものなのだと、

ISUよ、「本当にそうなのか」と問われているのはあなたたちだ。


全選手に公正な採点を!

全選手に公正な採点を!

全選手に公正な採点を!


全選手に!!!!!


↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
浅田真央 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2016/04/17 21:44
 | HOME |