ここからです



バンクーバー五輪で、韓国のキム・ヨナが「ドーピング違反をしていた」とか「不正採点の結果勝利した」という事実は、それを主張する側が証明しなければいけません。これはけっこうおおごとです。

しかし、バンクーバー五輪で韓国のキム・ヨナが「五輪憲章違反」と「五輪倫理規定違反」を「していた」のは「事実」です。
これは万人に証明できる。
誰よりもほかならぬ韓国サイドが「明らかな違反」を誇示して見せて証拠が残りまくりです。

そして「本来ならば失格」のはずの韓国のキム・ヨナがなぜ平然と「IOCによって」「違反行為を保証されていた」のか?

問題はここなんです。

「IOCはなぜ韓国のキム・ヨナの公然たる失格行為を見過ごしたのか」なんです。

バンクーバーの金メダルは浅田真央のものです。


わたしには、「自分の一票」と「自分の行動」しかありません。

「おかしい」と思った方から自分で調べ、自分で気づき、自分で動く、ということをなさっていただけるよう切に願ってやみません。

真央ちゃんが引退したから終わりなのでは決してない。

ここからです。

わたしは、とても気が短い。拉致被害者奪還だって今年中になどと言わず今日中に、と思うほど気が短い。
けれどもものごとを動かすために必要な時間であればいくらだって耐えて待つことができるほど、気が長い。

五輪金メダルは最終的に戻ればいい。戻って、不正がただされて、そして全員で歓喜の笑顔を浮かべるまで、あきらめることはありません。

ファンが黙ったら終わりです。

浅田真央その人が歯を食いしばって飲み込んだ言葉の数だけ、ファンは騒ぐ権利がある。

これほどの異常事態をスルーして真央ちゃんありがとうとはなにごとか。

今の反日汚鮮マスコミには何も期待できません。
気づいた人から行動するほかはない。

ゼロと1は違います。

黙っていたら敵対者は「あなた」を勝手に賛成にカウントする。

真央ほど立派な方がこれほどまでに苦しめられて不当な扱いを受けたことをなかったことにはさせません。

このブログもやめたりしない。

最終的な目標を達成するまで、わたしは声を上げ続けます。





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/04/12 04:01

浅田真央を使い捨てた日本スケート連盟




空前のブーム呼び込む 日本スケート連盟の黒字膨らむ
2017.4.11 19:21
http://www.sankei.com/sports/news/170411/spo1704110042-n1.html

10日に現役引退を表明した浅田真央選手(26)は数々の偉業を達成した一方、五輪では金メダルに届かず、悲哀を味わった。だが、国民的な人気で日本に空前のフィギュアブームを呼び込み、日本スケート連盟の小林芳子強化部長は11日、「功績は計り知れない」とたたえた。

 浅田選手の登場で同連盟はスポンサーやチケットの収入が劇的に増えた。同選手がシニアにデビューした2005年度に約6400万円だった単年度黒字は、13年度に11億円超まで膨らんだ。

 14年ソチ五輪は直前に調整したリンクの氷面の砂でスケートの刃が傷むトラブルに見舞われた。SP16位の出遅れが響き6位に終わったが、フリーでは圧巻の演技を見せて巻き返した。「言い訳をしないこと」は11年に他界した母、匡子さんの教えだった。

 各地のスケート教室は浅田選手に憧れる子供たちであふれ、名古屋のリンクで直接勧誘された宇野昌磨選手(中京大)は男子のトップ選手に成長した。




ソチ五輪、真央ちゃんも佐藤コーチも日本に戻っての調整を希望していた。
アルメニアの「砂だらけリンク」を用意したスケ連は「選手が使ったという実績」を残すためだけに劣悪な場所での調整を強要した。
ロシアのタラソワ先生は別なリンクを用意して使っていいと言ってくれたのにそれもスケ連が断った。

浅田真央でさんざん稼ぎ、利用できるだけ利用して背中から撃ちまくった日本スケ連。


復帰後に浅田真央が

練習拠点を奪われてリンク難民となり、

海外拠点を模索するような

異常事態を放置したスケ連。



怒りしかありません。




※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) | コメント(28) | トラックバック(0) | 2017/04/12 03:50
 | HOME |