【比較動画】2014ソチオリンピック 浅田選手 キム・ヨナ選手比較(CHICOさん編)



ブログにいただいたコメントより。


14/09/30 CHICOさん

夜も遅くに失礼します。

姐様、こんばんは。

28日の講演会ではお世話になりました。
今野さんのお話は目から鱗なことばかりで、大変勉強になりました。

「どの選手も公平な条件で戦わせてあげたい。」
誰よりも選手に近いところでそして長い年月を見守っていた今野さんだからこその言葉の重みをずっしりと感じました。

今野さんに引き合わせて頂いた、姐さんには感謝の気持ちでいっぱいです。


大変遅くなりましたが、ニコニコ動画にて浅田・キム両選手の比較動画をUPいたしました。
頭にhを足してコピペしてご覧頂ければと思います。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm24583254

Youtubeその他動画サイトへの転送大歓迎です。
優劣をつけて採点して勝者を決める「スポーツ競技」であるのなら、
比較されても不都合はないはずだと私は思います。

朝晩は冷えるようになりましたので、ご自愛くださいませ。

非公開コメントにて投稿させていただきました。
姐さんが良いと思われれば、公開して頂けたら…と思います。
お手数をおかけ致しますがよろしくお願いします。



CHICOさん、ありがとうございます!!!



http://www.nicovideo.jp/watch/sm24583254

どうですか、右側の人の大惨事ぶり。漂う腐乱死体です。いきなり猫背。いきなり体幹ぐちゃぐちゃ。そして漕ぎに濃いでの回転不足ジャンプ。もう目を覆いたくなるひどさです。コレがこの点、ということが、まさに不正の証拠ではないですか。
スケート技術の圧倒的な差。すべてのエレメンツの圧倒的な差。

浅田真央選手の輝きを前によくも不正ができたものです。そして不正に加担し続けた日本ドスケベ連盟の糞ったれぶり。
JOCのろくでもなさ。

仕組まれた五輪メダル、ソチのフリー演技の比較動画、ぜひ皆さんもあらためてご覧になってみてください。
そしてぜひ拡散をお願い致します。


ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/09/30 12:13
コメント
コメントを書き込むのは初めてです。ブログ拝見しています。
貼られた動画を見て、「あれ、ヨナさんのほうは動画の動きがスムーズじゃないのを使ったのか?」と思いました。なんかコマ切れに見えるのですが・・・。
スピンは初めて見る人にも分かる難易度の差の大きさですね。
私はヨナさんが持ち上げられ出した頃から、浅田選手が負けているとは思ったことはありません。ただ採点ルールでヨナさんが有利なのか、ぐらいに思っていました。ヨナさんの表現力が讃えられたときも「それはスポーツとしての評価じゃない!」と思って、”表現力”という言葉をきくたびにむかついてました。ネットで情報を得る前から、私はこういうふうに思っていました。技についての知識はありませんが、これくらいのことはわかります。こういう人は、けっこう多いと思います。
初めまして、毎回記事がアップされるのを楽しみに閲覧していました。

今回の比較画像、興味深く拝見しました。

これは嫌味でもなんでもなく、二人を同時に見比べたいのですが、あまりに真央ちゃんの演技がすごすぎて惹きこまれてしまい、右側の人の昆布ダンスを見ようと努力をしても、目が行きません。
どうやったら両方を見れるのか、コツなどありましたらどなたか教えて頂ければと思い、コメントを残しました。
シェアさせてくださいね
はじめまして。
シェアさせてくださいませ。
いつも拝見しています。初めてコメントさせていただきます。
浅田真央さんとキムヨナさんの演技を同時に観て、初めて気がついたんですが、カメラのアングルが、キムヨナはリンクの縦長の方の真ん中辺りのカメラから、真央ちゃんは丸くなった角の辺りから撮られている映像が多くないですか?
縦長の真ん中からだと、端から端に滑っていくのをカメラを横に振って撮るので、スピード感があるように映り、角から縦方向に撮ると、遠くからこちらに近づくので画面の横方向の動きが少なくなり、スピード感がないように見えますよね。
真央ちゃんの練習風景ではあんなにスピードあるのに、試合では何だかもどかしさを感じてたのは、こういうカラクリがあったのかなと思いました。
キムヨナのカメラアングルがおかしい
手相見姐さん、今晩は。
キムヨナがスピンをやる時、一番最初のコンビーネーションスピンでチェンジフットする瞬間カメラを切り替えて軸ブレが見えないようにしていますね。
そして最後のスピンは、軸ブレが酷いのでカメラを引いてトラベリングが見えない様にごまかしています。
得意のレイバックスピンとヘアカッタースピンはまともに撮っているのに。
キムヨナの単発3Lzは何とか飛びましたみたいな着氷しているのにGOEに-なく+テンコ盛り.
スパイラルもあっという間におわり、クロスカットの多いこと。
まさに大惨事プログラムですね。
真央ちゃんもカメラアングルに何か悪い意味で小細工しているのかもしれませんが、全く汚く見えない。
どこから撮っても美しい。まるでブリリアントカットされたダイヤモンドで4Cの鑑定もらえるほどに高貴に見えます。
キムヨナのにとっては公開処刑ですね。
またもや、奪われた金メダル
男子体操、世界選手権中国大会、

日本男子、0,1差で中国に負け・・・。

おかしいです、
航平ちゃんのあの演技を大幅に上回る点数、

爆上げもいいところ。
納得ができません・・・・。

体操
私も体操見てました。
あの演技であの点数?
体操の詳しいことはわからないけど、内村選手と較べてみても、あんな点数ちょっと考えられないです。
このままで終わらせて欲しくないです。
仕方ないで終わらせて欲しくないです。
体操の日本選手の顔
中国の勝利が決まった時、日本選手の皆さん悔しいとかがっかりじゃなくて「やられた」って顔していましたね。
苦々しい顔。
フィギュアでもたくさん見てきたからわかりました。
真央ちゃんはお手本
『仁川でキラリ!光った関西パワー アジア大会、west勢もメダル量産』(産経WEST 10/8 15:00) 
ttp://www.sankei.com/west/news/141008/wst1410080004-n3.html
~抜粋~
■空手の浅田真央よ!

 大会後半は空手で関西パワーが活躍した。日本のお家芸のひとつで、中でも女子の「形」種目は1994年広島大会からずっと日本が金メダルを死守してきた。輝かしい歴史を仁川でもつないだのは大阪の美人女子大生だった。

 清水希容(20)。大阪生まれで東大阪大敬愛高から関大とずっと大阪を拠点に活動している。静と動のめりはりの利いた気迫あふれる演武。爽やかな笑顔が印象的だ。

 「形」が美しいのには理由があった。浅田真央(中京大)やフィギュアスケート選手の動きを参考にしていた。

 「ジャンプで(体の)軸を大事にするところは空手と共通しているんです」

 2013年は東アジア大会で金メダル、全日本選手権で日本一。

 「2020年には空手が五輪競技になっていたら素晴らしい」

 マイナー競技の人気上昇へ、清水の強く美しい空手は新たなブームの到来を予感させる。


管理者にのみ表示