現東宮は皇祖霊を降ろせるのだろうか?



天皇は空位が許されません。崩御なさった暁には必ず即座に次代が践祚なさいます。
そのときに、
おひとりで夜を過ごされる儀式があり、そこで代々の皇祖霊ならびに日本創世の神々と

じかに、

実際に、

人の身で、

接触をなさいます。天皇霊を宿して、別人になって朝を迎えます。

非常に過酷な瞬間です。同時に巨大な祝福の瞬間です。

「神」の臨在に、「神」との対面に、果たして長男が耐えられるのか。姐さんはそれをもっとも懸念しています。

神、という巨大すぎる電圧の持ち主にうかつに近づいた者は、莫大すぎる電位差により簡単にショートします。あっけないほど簡単に終わります。脳溢血か心臓麻痺か、あるいは単に中身が崩壊してしまうか、弱い部分から崩壊します。

そうはならないように時間をかけてさまざまな儀式を繰り返し、「神」に近づく経験を持ち、そして何年もかけて「その電圧」に耐えられる心身を作っていく。
普通の人が普通に神社に参拝するのとはわけが違う。モロダシの「神」です。とんでもないことなのです。

現東宮にその準備ができているのか。それをもっとも懸念します。

最悪、儀式そのものをスキップし、天皇霊がかかっていない「普通の人間」が天皇になるという大惨事が勃発する。

そして普通の人間はおのれの欲求しか見ませんから、我欲のままに立場を利用し、代々の皇祖霊ならびに日本創世の神々にアクセスできないままに、やりたい放題の愚行を繰り返して自滅していくでしょう。自分だけが滅びるのならどうぞご自由に、というようなものですが、立場があります。巻き添えが多すぎます。自滅させないための努力が、売国を加速させるという八方ふさがりの事態も懸念されます。

それよりも、

もしもきちんとした手順を踏んで、準備が整っていない人間が即位前夜に「その儀式」に臨んだら、・・・。

「次」の「次」が即位、という流れをもしも「神」が選んだら。それは「人間・現東宮」にとってはあまりにも辛い現実です。
お役目とは言え、辛いだろうと。

その、「神」の前の辛さを解消することよりも、彼は「普通の人間の私利私欲」を選んだのではないか、と思えてなりません。本心はわかりません。でも、外から見ている限り、嫁の暴走を一切おさえず、むしろ推奨してすらいる「ように見える」。

お姿が年々崩れ、弛緩して、ありがたさも、嬉しさも、消え薄れて行ってしまっているのが何よりの証拠だと思います。

そんな存在で満足なのか?「神」の前に立つときに、今の自分でいいと思えるのか?
それがもっとも疑問です。不思議でならない。

「神」の前で自分が生きていることで誰かひとりでも幸せにできたかどうか、胸を張って答えられるのか?姐さんにはあの人がどう答えるのかまったくわかりません。

「普通の人間」でいたいなら位をゆずられるべきです。妻と子とつつましく、国民の血税にすがって生きるべきです。一切表に出ないまま。

義務は果たしたくないが、権利は一方的にむさぼりたい。そんなアタマの妻の言いなりになる天皇など、いりません。
天皇は天と地をつなぐ存在です。ヒトの利権だけに集中するのはあまりの浅慮というものです。
風も土も光も水も、すべてを含めた「いのち」=大自然に対し、国民を代表して「神」にさまざま報告し、祈りを捧げ続ける存在。

過去の、部族長どうしが流血の抗争をしていた時代は終わったんです。そのころの「天皇」と意味も機能も変わっている。

次代がしてくれないのなら、わたしたちひとりひとりが自分の「神」を活性化し、私欲を離れた心から出る、無私の祈りを常時持つ他ありません。


姐さんはトークイベントの講演タイトルを「皇室”問題”とは何か」と、「問題」というコトバをダブルクオーテーションでくくって表記しています。
皇室「問題」は「ない」、というのが姐さんの持論だからです。
それはなぜか?

あらゆる勢力がどれほどやっきになって「天皇制」をぶっつぶそうと画策しても、「天皇」になる人が「立派な天皇」でありさえすればいい。それだけでこの制度と、この「家」と、この「国家」は続きます。

だからこそ、来るべき冬の時代を前に、現東宮がヒトのまま生きるのか、天皇に即位できるのか、見極めるための「その時」が刻々と近づいているのを前に、わたしたち国民ひとりひとりが自らを知り、自らを誇り、自らを支えとして、明るく輝いていくことが大切です。

24時間、365日、自分を捨て、「わたくし」を捨て、日本の繁栄と世界の平和を、渾身の努力で祈り続けてくださっている、それが今の天皇陛下だと思います。わたしたちひとりひとりのために、本気で祈り続けてくださる。本気で幸いを願い続けてくださっている。それが信じられるから、それが伝わってくるからこそ、天皇陛下の姿を見ると泣いてしまう。ありがたくて嬉しくて、元気が出てしまう。あの温かさです。あの優しさです。あの仮借ないまでの祈りです。

だからこそ、姐さんは国を代表して「神」と常時接続し、祈りを続けてくださる方を敬うからこそ、現在の東宮一家には疑問を感じずにはいられません。

「その時」に「神」によって罰せられるのは誰なのか。
このような大惨事になるまで、なぜ日本人は無関心を保ったのか。事実を知り、不正をただし、国民の総意としてまことの幸いを祈れる方を、なぜ大切にしてこなかったのか。


辛い瞬間が迫っています。


10月の手相見姐さんトークイベントでは皇室について話す日があります。
よかったらぜひお越しください。
O-ENN公式ブログ
10月の手相見姐さんトークイベント



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
皇室、神道、信仰など | コメント(14) | トラックバック(0) | 2014/09/30 13:01
コメント
祈り
非力なわが身で出来ることは祈ることと、「おかしくない?」と声を上げること

朝日に向かって祈り、これは!と思うブログ等を見つけたら拡散する

小さいことでもコツコツと続けていきたいと思います
このテーマでのトークイベント、平日の午前中なんですね。

もしご都合が合うようであれば、平日の夜にも開催してくださるとうれしいです。

天皇陛下の「祈り」は、公務のスケジュールにもよりますが、平均すると3日1回くらいの頻度で、それも多くが夕方~明け方に行われると聞きました。電気もガスもない部屋で、今の皇太子がそこまでのことができるのか?

はなはだ疑問に感じております。
考えが変わりました
姐さんこんばんわ。

昨年、【「天皇」になるということ】のブログにコメントを入れた者です。

コメントを入れたとき
あの頃は無条件に皇室が大好きで、今上陛下と美智子妃殿下の手によって惜しみなく愛を注がれ育てられた皇太子殿下なら、絶対的に聖なるものだと信じて疑いませんでした。
黒い噂も単なる反日勢力のせいと思っていました。

姐さんはあのコメントに返事をして下さいましたね。
同じ真央ちゃんファンとして、日本を想う者として、なぜ皇太子殿下のことだけ考えが違うのだろうと私の中で小さなシコリができました。

私が目が覚めたのは、今年四月に行われた愛子様入学式のご挨拶の動画を見た時でした。

愛子様のカメラマン達を見る表情、報道人の質問に対して小声で雅子さまに耳打ちした態度、13歳とは思えぬ倦怠した声、公衆の面前で鼻をすすったときの顔の歪みよう、、、私は恐ろしくなりました。
この得体の知れない不気味な子は誰?
その傍にいる般若のような雅子さま、ただただニコニコとしている皇太子殿下。

入学式だから緊張してこうなっているだけかしら、と慌てて他の動画も即確認。
もっと恐ろしい動画を見てしまいました。入学の折、挨拶参内の車中での動画です。

《左手で逆さバイバイ》をしているのです。

《裏拍手》は怖い話などでよく耳にし大変気持ちが悪いものと思っておりましたが、それと同様に恐ろしく感じました。
逆さバイバイがどのような意味を持つものか私にはわかりませんが、見た途端に理屈抜きで恐ろしくなったのです。
全ての指と指の間隔が開いており、また全ての指の関節が曲がった手で、それも甲をみせて振っているのです。

雷に打たれたようでした。

そこから東宮について怒涛の検索検索。(どうやら愛子様は前々から逆さバイバイをしていたようですね)

いかに私の眼は腐っていたことか!
去年の生意気なコメントをお詫び申し上げます。

私は本当に本当に見る目がなかったです。情けなくて涙がでます。
今や東宮のニュースや動画を見る度に気分が悪くなり、日本の将来が不安で不安でなりません。

東宮だけではありません。
高円宮家の朝鮮汚染ぶりは吐き気すら覚えます。
なぜ皇室はこんなにも朝鮮に汚染してしまったのだろう...。

まるで渡来系蘇我氏が勢力を振るった飛鳥時代の到来??



気持ちが悪くなるので、YouTubeで各局の悠仁親王殿下のニュース等動画を見て心を癒しております(笑)

悠仁親王殿下には人の心の靄を消し去る光が出ているようですね。
画面越しでもその威力は凄まじいものです。見てるだけで幸せ。笑顔になってしまう!


皇室が皇室として、日本が日本として存在するには秋篠宮家に全てがかかっておりますね。
姐さんの過去のエントリーを再度熟読し納得しています。


長くなりましたが
かつての非礼を詫びるとともに、
目が覚めるきっかけを作って下さったことを感謝いまします。
ありがとうございます。

十六夜さんへ
コメントありがとうございます。いつもコミットメントを続けてくださってありがとう。

あなた自身とあなたが大切に思う人、あなたを愛する人たちが幸せであるように。
報道はいくらでも操作できますが、画像は嘘つきません。
私が覚醒したのは、東宮負債のオランダご公務でした。

あの時の東宮、東宮妃のみっともなさと言ったら!
日本の皇族にいままで、あのような風体の方がいらしたでしょうか。

愛子さんは、中学に入って初めての運動会が終わったばかりだそうです。
画像が一切出てきません。
出せないのでしょう。

今年の学習院女子中等科は、受験者数が激減、偏差値もかなり下がったということですが、
それよりも悲しいのは、校風の変化でしょう。
秋篠宮ご夫妻はいうまでもなくおふたりともOBですから、
その変化を嘆いておられることでしょう。

学習院大学からは佳子さまが、無事脱出なさいました。
これからは凋落の一途でしょう。

まだまだ気づかない人のほうが多い状態ですし、
皇室報道が少なくなったせいもあり、皇室自体に興味のない人が増えています。
これからが正念場だと思います。
千代さんへ
こんにちは、コメントありがとうございます~

姐さんから見た皇室は一貫して変わらないです。「神」の前の正しさを追求してくださっているかどうか、をものさしにしてみればご指摘の宮家の諸問題などが非常にわかりやすいですよね。

日本人全体が性善説を取っている。それは非常に稀有な美質で歴史的、世界的に「特異」なのです。日本人の素晴らしさが「神」寄りだったから得られ保持された尊さです。

そこに私欲のためならモラルもへったくれもない某国民が恨みを持って文化的侵略を開始して、「免疫」のない日本人は非常に簡単に陥落させられてしまいました。

まさかの浅田真央バッシング、まさかの皇室バッシング、まさかの日本人バッシングです。

姐さんは「今」は建国以来の危機的状況だと思っています。だからブログをやめられません。どてっぱらに風穴を開けられても死なずにしゃべり続けます。
祭祀とは
御嶽山噴火 死者、計48人に 雲仙普賢岳上回り戦後最悪に

産経新聞 10月1日(水)18時12分配信

長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)の噴火で、長野県警は1日、新たに23人の死亡が確認されたと発表、これまでに確認された分を含め、死者は計48人となった。
火山活動による被害では、平成3年に行方不明者を含め43人が犠牲となった長崎県の雲仙普賢岳を上回り、戦後最悪となった。

またも“戦後最悪”です。

何度目だと思う位「史上最悪の〇〇」とかいうフレーズが多い平成です。

天皇は祭祀を行う役目があります。

簡単に言えば、神様に国民が幸せに暮らせるようにお祈りすることです。

本当に祭祀ってやっているのか疑問に思う今日この頃

まさか、宮内庁に「祭祀って本当にやっているのでしょうか?」と聞くわけにいきません。

(アンチじゃありませんし)

昭和天皇の頃よりも厚く行っているという祭祀ですが、気になる情報があります。


http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/people/201405/

日本橋の御鮨屋さんの方のインタビューです。

こんなことをおっしゃっています。

佐久間家では先々代の頃から、宮内省(現・宮内庁)の賢所(神事を行う神殿)に鮮魚をお納めしている。「宮中では毎朝、神事が行われ、鮮魚を三品お供えするしきたりがあるそうです」と佐久間氏は教えてくれた。かつては毎日通っていたが、現在は週二回ほど、ご子息である三代目の一郎氏が宮内庁へ鯛などを納めに行く。

え?毎日行っていたのが、週2回になったの?

もしかして、祭祀って減っているの?
はてなさん、あなたヘカテーでしょう?
ヘカテー、死の女神の名で列外派星くず日記で天東宮を持ち上げ、皇皇后両陛下と秋篠宮家を貶めるような発言を繰り返していらっしゃいますね。
先ほどのコメントもあなたのブログの記事の丸写し。
昭和帝は気力体力の充実期に大難にあたられました。
今上陛下はジワジワと外堀を埋められていらっしゃるのではないでしょうか。
大体、平成になって暫くしてからの宮内庁長官達の前歴が・・・どう考えたって・・・聖なる場には相応しくない。
最近のそして両陛下の画像を拝見すると、時に苦渋を感じてしまうのです。
美しく、無防備な聖域にドロドロヌメヌメした物が入り込んで来る恐怖を感じるのです。
気が付けば、聖域には欲に釣られて、或いは無自覚に手引きする奴等がいる。
皇室なんて自分達に関係ないと思える国民が沢山居る事に恐怖を感じます。
氏神さんの神社が汚されても、氏神さんとこの次の宮司さんになる人が恥さらしな事をしても平気なの?
東宮一家擁護している人に問いたい。
現東宮の外見だけではなく、して居る事の中味を見て、地位に相応しい事をしていると思えるのでしょうか。
日本の象徴が汚されていくのに、なんで変だと感じないの?なんで嫌だなと思わないの?

焦燥感で、かなり支離滅裂になってしまいました。申し訳ありません。
先日、地元に天皇皇后両陛下がいらっしゃいました。拝見するのは初めてでしたが、何とも言えない優しさ、慈愛というのでしょうか。そんなものが感じられて目が潤んでしまいました。
30代、日常生活では皇室の事は考えずに過ごしていますが、この方を尊敬出来ているうちは日本は大丈夫だ。と思いました。でしので東宮の時代になるのが怖いですね。てどうなるのでしょう。
しかし生きているうちに今上天皇を拝見出来て本当に幸せです。そして1歳の息子に見せる事が出来て良かったです。

(敬語がなっていなくて失礼しました。)
姐さま、皆様はじめまして。

ソチ五輪の前から、ブログを拝見しています。

春日大社宮司だった葉室さんが『神道 見えないものの力』という本で、大嘗祭のときの陛下のご様子を書いていらっしゃいます。

「大嘗宮のなかにはもちろんはいれないから、その入口で待っているでしょう。そのときに、一つになられる前に入っていかれる天皇と、天照大神とご一体になって出てこられた天皇の違い、この威厳のすごさにみんなびっくりしました。私だけが思ったのではなくて、そこに奉仕した人はみんなそう思ったのです。」

陛下が祈ってくださっていると思うと、本当にありがたいと思います。
皇室の番組で、両陛下のお姿を拝見して涙が出るときもあります。

東宮同妃には、そういう気持ちが起こりません。
天皇皇后両陛下という素晴らしいお手本がいらっしゃるのに、なぜ何も学ばれないのでしょうか?
皇祖神が怒ってる
最近の災害の多さにそう思えてなりません。

宮内庁に電話で聞いたことがあります。
「皇太子が即位されたら祭祀をちゃんとなさいますか?」と
「祭祀は私的な行事ですので」と言われました。
祭祀は私的なことだから。しなくても構わない。そう聞き取れました。
でも、皇室の祭祀は皇祖神をお守りしてるのですよね?
私達市民の先祖供養とは違うのですよね?
私は、最近立て続けに起こっている災害は、神様が皇室に警告しているように思えてなりません。
本来ならば、高齢の陛下に代わって、祈りを捧げる立場の皇太子が
祭祀に熱心でないとしたら、皇室はどうなるのでしょう?
果たして皇祖神は皇太子徳仁親王をお認めになるのでしょうか?
未だに愛子様を天皇にと言うブログや掲示板をみると
悠仁親王に、無事皇位が受け継がれるのか不安でたまりません。

久しぶりの書き込みで、長々と失礼しました。
姐さんのトークショーに参加したくても、地方なので参加できません。
機会があったら、是非スケートの話、皇室の話を聞いてみたいです。
季節の変わり目です、お体ご自愛ください。これからもブログを
楽しみにしています。
皇太子様
こんにちは、フィギュア好きの人間で時々このブログを覗いています。
姐さんの皇室話にはいつも色々とドキドキしてしまいます。
こんなに過激な事を書いて大丈夫なのかな~、と。

姐さんの意見に反発するわけではないのですが、以前直接皇太子ご一家を間近で見た時の印象を申し上げると、テレビと違って皇太子さまからは凄く爽やかなオーラを感じ、雅子さまも良好な雰囲気で驚いた記憶があります。
その時はホッとしたといいますか、テレビでは色々言われているけど皇室も安泰だなあ、と思ったものです。
でも姐さんの意見は私と真逆だし、私は姐さんみたいな霊感や特殊な力が一切ないし人を見る目も無いので姐さんの言う事が正しいのかな、と考え悲しくなってしまいます。
だって私の見立てが正しい方が日本にとっては良い事ですからね。
はぁ、、姐さんには申し訳ないですが、この件だけは私の見立てが当たっている事を願います。


ちなみに浅田選手への賛辞は全く異論ありません。私も気付くと人に浅田選手の素晴らしさを熱く語ってしまいます。(一人興奮してしまって伝わっているんだかどうだか。。)
Re: 皇太子様
さちよんさんへ

わたしは彼らの行動を見ています。

管理者にのみ表示