性獣、橋本聖子再任と荒川静香が「あえて(by性子)」の副会長職に



荒川さん、大出世wwwwwww(笑うとこなのかwwwww
うわーーーどうしてくれようwwwと思っていたら俺たちのstupsiさんがコメントをくださいました!


14/10/08 stupsiさん

しお韓スレより<静雄理事様、副会長に

ご無沙汰しております。

亀の如く遅くなりましたが、お姐さんブログ1周年おめでとうございます♪
これからも活躍の場が広がりますようにお祈り申し上げます。

さて、しお韓スレを覘いておりましたら
あらかー理事さま、ご出世のニュースがががwww

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000530-sanspo-spo

しっかし、金メダリストさまを担ぎ出すなんて、よっぽどスケ連って人材ふry
小作鴨ちゃん、ここにも飛んでくるー???


鴨ちゃんばっさばっさと飛んできて珍説と暴論を書き込めばいいのに~☆最近とんとお見限りよーんwwww
さすがのしお韓、ニスタの諸賢諸氏には常に感謝しております。ウリも参加したくて癇癪起こす!
ウリも手足縮むネタを投下したくてたまらないの、ソースを出せない大暴露多すぎてこいちゅ!www
stupsiさん、ありがとうございます!

そして俺たちのききょうさんが関連記事をまとめてくださいました!いつもありがとうございます。
ききょうさんの情報収集能力とまとめ能力は異常wwwこういう方が内閣府にいてくれたら日本はもっと・・・げふんげふん
※コメント内の文字修飾は姐さんの加工です。ききょうさんゴメンナサイ


14/10/08 ききょうさん

会長に荒川氏=五輪金http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014100800654メダリスト―日本スケート連盟
時事通信 10/8 16:49
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014100800654

◆内容◆
日本スケート連盟は8日、東京都内で開いた理事会で新役員を決め、2006年トリノ冬季五輪フィギュア女子金メダリストの荒川静香氏(32)を副会長に選任した。橋本聖子氏(50)が会長に再選され、5期目となる。任期は2年。
 橋本会長は、荒川氏の抜てきについて「まだ若いが、冷静な判断力と将来を見る目がある。これからのスポーツ界のため、国際的に活躍できる人材を育てなくてはならない」と説明した。
 荒川氏は12年に理事に就任し、先月の評議員会で再選された。近く出産を控えているため、同日の理事会は欠席した。 
◇毎日新聞から
>荒川副会長は昨年12月に結婚して妊娠しており、この日は所用で欠席したが、橋本会長は「周囲に流されずに選手の立場から、練習環境などについて発言してきた。ポストは人を育てる。国際連盟、国際オリンピック委員会(で活躍できる)まで成長してほしい」と期待した。

荒川副会長、ソチの練習拠点を決める時、発言されていましたね。
>荒川静香理事は金メダルに輝いた06年トリノ五輪で直前合宿地が不評だった経験を踏まえ「ソチの本番リンクに質の近い氷が大切。これまで(大会後半の)女子は早めに現地入りする必要はなかったが、団体が採用されれば合宿地は必要になる」と話した。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/16/kiji/K20130116004995160.html

この発言も踏まえて決定したのが、あの砂交じりだとされてるスケートリンクで、全くソチと気温が違ったアルメニアの練習拠点なんですね。

◇共同通信から
>橋本会長は「冷静な判断力がある。連盟としても人を育てていかないといけない。あえて肩書を与えた方が今後のスポーツ界のためになる」と抜てきの理由を説明した。

会長さん、「肩書を与えた方が・・・」だけでは、気が済まなかったんですかね・・・
あえて」:敢えて・・・、無理に・・・
本当は役職なんて就けたくない、やりたくなかったけど、諸事情があったからね~に感じてしまいます。


参考までに(こんな記事も)
◆【スポーツ随想】橋本聖子氏、辞退せず会長5期目へ スケート連盟の内幕とは
(夕刊フジ 9/30 http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20140930/spo1409301550001-n1.htm

~抜粋~
>フィギュア関係者はいう。「スピードの赤字を埋めて、なおそれだけ儲かったことになる。しかもフィギュアには、いろんなエージェントが絡んでおいしい蜜を吸い取っていく。連盟がしっかりして自分たちの手でやれば、実入りはもっと増えるはずだ」
 スケート先進国は、ほとんどがフィギュアとスピードが独立した組織になっている。「日本も早く別々の連盟にすべきだ」とフィギュア界から声が上がって久しい。
 しかし、06年に発覚した連盟の大規模な不正経理で「スケート界の天皇」として君臨していた久永勝一郎元会長の失脚後、フィギュア側は政治力を失い、理事会も数で上回るスピード側の発言力が大きいという。
 今回の改選でも、サラエボ五輪男子500メートル銀メダリストの北沢欣浩氏が理事になった。「スピードの方は名前の通った“キャリア”の理事が多いが、フィギュアは有名人がプロになってしまうので、キャリアで対抗できる理事が少ない」と関係者。


「冷静な判断力」を「冷酷な保身力」とみまつがいしてしまったのは姐さんの性格が悪いからであって_____

あらかーさん。繰り返しますがトリノの女神!と泣きながら金芽米を食って(親戚に頼んで取り寄せてたww)爽健美茶飲んでた(箱買いしてどっかに行くたびに車に積んで配ってました)うちのオッカアはその後のあなたの言動を見ていて「あの嘘つき女」と吐き捨てるに至りました。あなたの著書も買って読み、激怒していましたよ。ちなみにオッカアは姐さんよりもスケート観戦歴があり、スケート実戦歴はあなたよりも長い人間です。
実績はそりゃ比較にはならないですが、あなたが「自国選手を守る」ために動いているようには「見えない」ことを未だに忘れてはいません。

正念場、ですよね。
魑魅魍魎を相手どり、しかも自分が選手だったときからえっらそーな顔でわけのわからないことを言ってきた「大人」を相手取っての立居振舞です。
セクハラキチガイの橋本性子は、自分の立場を守るために、日本ドスケベ連盟の規約を変えて、会長職にずーーーーーーーーーーーーーーーーっと居座ることができるように工作してくるかもしれません。そうするように画策をずっと続けていると思います。というか、こういう筋肉脳のクソ馬鹿野郎をおみこしにしていたほうが得をする連中が、日本ドスケベ連盟の私物化をさらに推し進めるでしょう。

あらかーさん。

ファンは、あなたを応援したいと願っています。心底、あなたを代表に「クリーンで、安全で、競技のために」選手を後押ししてくれるまともな団体に変わってほしいと、腹の底から願っています。

あらかーさん。

すぐには変えられないでしょう。誤解を受けるときもあるでしょう。

でも、あなたがトリノ直前に口にした、「競技に出られない選手全員の思いを持って、一緒に五輪に行く」という言葉、姐さんは決して忘れません。
あれが、あなたの本来性だと信じたいです。

正直、現役時代の村主・荒川エピソード、山のように持っています。あちゃぁ~ってモノも多いです。
でも、人は変わります。それも善いほうに変わります。自分が望めば望めば望んだだけ、光に向かって進めます。

あらかーさん。

「五輪金メダルはパスポート」とあなたはかつておっしゃっていた。その実績があるからこそ「できる」こと、携われること、参加できることの、そのすべてに、どうか無私で公平で最善の道が、見えていることを祈ります。

姐さんが知る限りスケート関係者の中で表だって「全選手に公正な採点を!」と公に言ってくれたのは、恩田美栄さんただひとりでした。新聞に記事が掲載された。

過去記事→恩田美栄チェック「全ての選手に公平なジャッジを」
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-723.html

これにはびっくりしたし、嬉しかったし、驚きました(まおまお風)。


「姐さんが作ったコラ画像」とまで言われたしwww


ああ、他にひとり「みどりは干された」の俺たちの伊藤みどり神がいましたね。キム・ヨナのジャンプの回転不足を指摘したらテレビで解説の仕事がこなくなった、と。結婚して福岡に引っ越したからという後付けの言い訳もネットでは見ましたが、さて真相はわかりません。
デイリースポーツの今野さんによれば「陰謀論をたくらめるほど頭のいい記者はいない。そしてそのことのほうが救いがない」そうですが、この世でたったひとり、浅田真央をのぞけば五輪でトリプルアクセルに挑戦し、そして決め、フィギュアスケート女子シングルスの歴史を大きく動かした大天才の伊藤みどりを「起用しない」ことが、テレビ報道のダメさ加減、クズ磁石大集合の現実を物語っていると思います。

みどり神の解説には愛があった。ひとりひとりの個性と特徴をよく知って、どうしたら伸びるのかよく考えて、本当に温かい目でためになることを言ってくれていた。2007年東京ワールドの場内放送でオンエアされたみどり神の解説は素晴らしかった。今でも耳に残っています。素晴らしかった。

「銀盤の女王は銀メダル」のゆきなはん、まおの技術チェックをしてくれていた岡崎さん、いろんな方がいましたが、みんな「のまれて」いった。結局はキムアゲに組して矛盾したことを言いだして。

不正採点

俺たちのノブーオは頑として言いません。それに近いニュアンスのことはけっこう発言していますが、注意深い人でなければ裏の意味は読み取れない。また、「言えば報復採点」ですからどうしようもない。

フィギュアスケートに関する限り、すべての実績、すべての言動、すべての軋轢を越えて、姐さんの中では恩田美栄さんがあなたをぶっちぎって燦然と屹立する「女神」です。
「全選手に公正な採点を!」と、競技にとって何よりも大切な、根本的な前提条件について警鐘を鳴らしてくれたからです。

よっしー、オンちゃん。あなたは姐さんが講演会を依頼したらOKしてくれるのでしょうか。
講演会で食っていけるほど収入が確実に確保されたら、きっと怖がらずにしゃべってくれるんだろうなあ、と思います。
暴露本を出してもらってもそれで一生食えるほどの莫大な収益が約束されていないのなら、誰も怖くて話せない。

スケート業界で生きていくためには「すべてを闇に葬る」のが一番楽な予定調和の世界なんでしょう。
でも、それでは競技のためになりません。選手のためになりません。


あらかーさん。
あなたが、勇気のない女性だとはどこの誰も思っていないでしょう。
トリノの演技、イナバウアーをぶちかまし、奇跡の手放しY字スパイラルで最後に手をさしのべた、あのときの神々しいまでの美しさは、「最高の演技をする」という不退転の決意と、血を吐くような努力の結実に他なりません。

あのときの、この世ならざる「美」と「強さ」を、実生活でも今一度、「おろして」いただきたいと思います。

「ファンは採点についてガタガタ抜かすな」「黙って楽しめ」という方向ではなく、「ファンは採点についてもっと勉強してください」「大いに論議をしてみんなで良いものにしていきましょう」という方面にドSであってほしいです。

・・・もうあなた自身も「今の採点」については学んでいらっしゃらないのでしょうか?
6点満点方式でワールドで優勝し、新採点システムで五輪で優勝したあらかーさん。
6点満点方式で最後に満点の「6点」を取り、新採点システムでスピンのオールレベル4を初めて取ったあらかーさん。

「日本のフィギュアスケート界」がどうなるか、ファンはかたずをのんで注目しています。

「金メダリストだから」副会長になったのだとしたら、それはあなたに対するずいぶんな侮辱だなあと思うのですが、その話はまた今度。
「取り換えのきく存在」とみなされるのはイヤじゃないの?というとても長くなる話ですから。


> いろんなエージェント

電通と真壁のCICしか思いつかない姐さん無知で___________

性欲の鬼、橋本聖子の会社も食い込んでいたはずで________________

そしてあえて一番応援している人の名前を出せないこの悲しさ____
だって「ファンから圧倒的支持を集めている期待の星、最後の望み」がその人だってバレたらひゃだ!得体の知れないところから謎の圧力がかかるわよ!発言が変わってしまうわ!だから「しーっ、内緒だよ!」でいかないといけなくて_______________________



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/10/09 12:28
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
全柔連のことですが・・・
◇全柔連、引責辞任の上村前会長を顧問に(読売新聞 10/16)
ttp://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20141016-OYT1T50152.html?from=ycont_top_txt
全日本柔道連盟(全柔連)は16日、都内で理事会を開き、女子選手への暴力行為や助成金問題などの不祥事で引責辞任した上村春樹・前会長を顧問とすることを決めた。
 全柔連には、会長や副会長などの要職経験者を顧問に、元理事らを参与とする規定がある。理事会では上村・前会長の顧問委嘱に異論も出たというが、前会長は処分を受けていないとの理由で規定通りに対応することにした。顧問は、会長と理事会から諮問を受けた場合に意見を述べることができるが、「無給で名誉職の意味合いが強い」(全柔連幹部)という。一方、暴力問題で会員登録停止処分を受けた元理事は参与にしなかった。
 理事会は、全日本男子の井上康生監督と同女子の南條充寿監督に2016年リオデジャネイロ五輪まで指揮を執らせることも決めた。

◆上村前会長が顧問として全柔連に“復帰” (東スポ 10/17)
ttp://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/323943/
全日本柔道連盟の上村春樹前会長(63=講道館館長)が顧問として古巣に“復帰”する見込みになった。16日の理事会で上村氏を含む8人に顧問就任の委嘱状を送ることが決まった。
 上村氏は昨年8月、暴力・パワハラなど一連の不祥事の責任を取って会長職を辞した。理事会では「こういう方が顧問になることには違和感を感じる」との反発も出たが、賛成意見が上回った。全柔連の顧問になるためには理事職に加え、専務理事以上のポストを経験していることが条件。近石康宏専務理事(65)は「彼も資格がある」と説明した。
 一連の不祥事により、全柔連から明確な処分を受けた人物は資格を持っていても対象からは外れた。ある理事は「(上村氏は)会長職から離れて責任を取っている。これまでの貢献を考慮して一丸となってやるべき」と前向きに受け止めた。また、別の関係者は「顧問はいわゆる名誉職。運営に影響はないから入れた」と大勢に変化がないことを強調した。

管理者にのみ表示