たかり屋さん☆なIOC(お小夜さん編)




キッツイーわ~これはキッツイーわ~


14/10/10 お小夜さん

オスロ五輪招致撤退の理由はIOCの接待要求。

オスロが公的資金の欠如を理由に2022年冬季五輪招致から撤退かと思いきや、IOCの接待強制に耐えかねての辞退らしいです。
Ben Mathis-Lilleyさんの記事。
どん引きです。
--------------------------------------------------------
聞きしに勝るIOCのたかり体質にあきれ、冬季五輪から逃げ出したオスロ。
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2014/10/02/ioc_demands_oslo_drops_bid_after_over_the_top_list_of_requirements.html

和訳が掲載されているサイト。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/10/post-3421_1.php

2022年冬季五輪の招致レースから、ノルウェーのオスロが撤退した。
理由は大会後に無用の長物になる競技場に巨費を投じるのがばからしくなったから。
さらにIOC(国際オリンピック委員会)が、いかさま貴族の腐敗組織と分かったからだ。

ノルウェー国民が半ばあきれ半ば憤慨したのが、五輪開催中に必要とされた豪華接待。
その内容を地元ベルデンスガング紙の記事から抜粋すると──。

・IOC委員は開会式前に国王と面会。式後のパーティー費用はノルウェー王室かノルウェーの組織委員会が持つ。

・公道に委員専用車線を設ける。

・各委員のホテルの部屋に組織委員長とホテル支配人の挨拶状と、季節の果物と菓子を届ける。2月のオスロで季節の果物を見つけるのは至難の業だが。

・ホテルのバーは営業時間を夜遅くまで延長。ミニバーにはコカ・コーラ社の飲料を置く。

・空港でIOC会長の歓迎レセプションを行う。空港には委員専用の出入り口を設ける。

・開閉会式には各種アルコールを準備し、競技期間中は会場のラウンジにワインとビールを。

・委員のホテル出迎えは笑顔で。

・会議室の温度は常時20度に。

・会場のラウンジに温かい食事を用意し、メニューは定期的に入れ替える。

オスロの撤退に対してIOCはこんな声明を発表した。
冬季競技の熱心なファンであるノルウェー国民にも、自国で記録を達成する機会を逃すノルウェー選手にも、残念な決定だ、と。

悲しい。実に悲しい。
--------------------------------------------------------

姐さんブログの読者様はトーマス・バッハIOC会長が ク ロ だとご存知だと思います。
韓国のムン・デソンIOC委員の論文剽窃について、完スルーし、世界中に向けて不正は無かったとドヤ顔で嘘をつき、表向き五輪改革を推進しているかのように見せかけようとしてみたものの内実は高級接待。
オスロが一方的に搾取され尽くす前に辞退に踏み切ったのは非常に懸命なのではないでしょうか。
そして残るのは中国-北京市とカザフスタン-アルマトイ市。

はてさて、次回冬季五輪開催国歌の例の国は、IOCの尽きることの無い無間地獄のような強欲を満たせるだけの接待資金を一体どこから捻出したのでしょうか。
聞くまでもありませんね。

P.S
stupisi様、おひさしおなんです。


溜息しか出ないわね~。
そして東京五輪を前にIOC最大の集金部署であるマーケ部の部長にJOC会長の竹田氏が任命されたってのが、もう「カネカネカネ!俺らカネにしか興味ないから!」という豪速球すぎでもうねwww

お小夜さん、ありがとうございます。
IOCの要求、というのが徹底して「地上の栄光」だけなのが、どんだけだよって思いました。

日本もこいつらにカネを献上させられまくるんですかね。
おっと、その前にたかが都知事が都民の血税を南トンスルランドにぶっこもうとしているのを阻止しなくちゃだわね!

ねえゾエゾエ、あたしあんたの幸せを日夜祈り続けているからね。



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
IOCバッハ会長と韓国の黒いつながり | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/13 00:29
コメント

管理者にのみ表示