荒川静香はやっぱり筋肉脳の馬鹿なのか



「しーちゃん」のファンの人にはほんっとーーーに申し訳ないとは思いますが(本当です)、荒川静香大先生の「やらかし」をさきほど知って大変ショックを受けています。
やらかし、でないのなら冷酷な鬼だわ、この理事様あらため副会長。

公私混同は「安藤美姫の妊娠を知っていたのに連盟に報告しないで特別強化費の搾取に協力した」事案に端的なように前々からすごかったですが、「安藤美姫をかわいがる」ってどういうことか、少なくとも世間がどう見るか、について一切考えていない馬鹿だってことは確定です。

がっかりするほど期待していないつもりだったんですが、まあガッカリですわね。
でも、普通に考えて「理事」が「副会長」、ひいては「会長」になったところで、一足飛びに賢くなったり、選手を第一に考える人格者かつ「改革に着手する」勇気や行動力がぽんと身に付くはずはない。
ひとつひとつ、学びながら、失敗しながら、成長していく・・・・・・はずです。普通はね。

でも、本人にこの「腐敗しきった構造」を変える意志がなく、むしろ「腐敗しきった構造に率先して乗っかっていく」つもりしかなかったら、荒川静香、五輪金メダリストの肩書があるだけにやっかいです。たちが悪い。

とりあえず、城田憲子にされてイヤだったことは後輩に「しない」だけでも、ずいぶんと違うと思うんですが、どうでしょうか荒川さん。

髙橋さんは、この人の事務所を離れたほうがいいと姐さんは思います。
荒川静香から受けているのはある種のDVなんじゃないのかしら、と感じるからです。

人がいいのにつけこんで、与えた恩を死ぬまで言い立てて「取り立て」に回る人間って、現実にいるんですよ、髙橋さん。

怖いことですがカネが動くと人間って簡単に狂いますからね。

怒りで今ちょっと内容をまとめられません。
日本ドスケベ連盟の現会長がああですから、副会長が少々とち狂っていても「納得~☆」とは絶対にワロエナイ。
困ったものです。

何に怒っていてどうして天下の五輪金メダリスト様を公然と筋肉馬鹿、と指弾しているか、後日記事にまとめます。

筋肉馬鹿でなかったら冷酷無情な保身のことしか頭にない、でも、結果的に底意地の悪さと浅はかさと自分さえよければだれでも見殺しにできて嫉妬が隠せなくてすり寄りがうまい、要するに城田憲子ばりに血の巡りが悪いクソ、ってことになるので、「しーちゃん」がうっかりし続けているんだってことにしたいくらいです。

城田憲子さんのことも、一度まとめてきちんと記事にしておきたいです。この方がいかに自分の時間とお金を投じて、懸命に競技の隆盛のために尽力してきたか、姐さんは知っているつもりです。今は「害毒」でしかない、ように「外からは見える」としても、少なくとも語学能力を磨き、ISUのジャッジ資格を持ち、世界ではたらいていることや、「女帝」と呼ばれるに至るまでに、今つるんでいる安藤美姫の寄生先にしてひまわり(通名)の父親候補ナンバーワンのCIC社長、真壁氏やらと本当に昔からスケートに関わって「ワシが育てた」と思うに至ったその経緯、いちがいにすべてを否定すべきでもないと姐さんは思います。
城田氏には城田氏の功績がある。「日本」にメダルを、と思い、実際に動いたのはこの人だった。やり方や思想にたとえ問題があったにしても、実際にやったのはこの人を含む日本スケート連盟だった。
勝者のかげには犠牲もある。でも、それがよかれと思って実行した。それすらも抹殺すべきことではない。そこらは分けて考えないとあまりにも不公平でしょう。まあ功績をなかったことにする、どころか「あんた本当にジャッジ資格持ってるの???」と言いたくなるような「城田憲子の腐った目」連載、などの「罪」はありすぎますけどね。
あれはひどかった。大惨事。
どっちがいいですか城田さん。悪意をもって真央をおとしめ続けてきたクソ、と世間から思わるのと、どこかよその並行世界でわれわれとは違う「あさだまお」を見ていたんだ、とキチガイ扱いされるのと。同じことですかね、城田さん。アラカー、おめえもだよ!とここで怒鳴りたいところですが。

まあ見返りもありましたよね。ロッテにお子さんが就職とかね。いろいろありましたよね。

しかしすげえなあ。連盟もと幹部と五輪金メダリストが結託して所属現役選手サゲ。どういう組織なんだよwwww信じられねえ。嘘みたいだけどこの21世紀の世の中で「リアルに起こった」事案です。はい。

城田氏の公金横領の件にしても、それまでにあまりにも多額の私費を投じ続けていたので、自分が出したカンパ金を戻してもらうようなつもりも多分にあっただろうと思います。むろんそれが公私混同で、公人がしていいことではないことは、司直によって判決が出されていることからも明らかです。「有罪」でした。それが日本の司直の意志でした。

迷惑もありましたよね~。「何かやった」ことを残すためだけに、いらんことばかり口出しして、選手をやたらにその時ついているコーチから引き離したり音楽や振り付けや衣装について超いらねえ「アドバイス」をしてきたり。
「放っといてくれ!!!」と飛行機の離発着レベルの大音量でお断わりしたかった人もたくさんいただろうと思います。ええ。

荒川さんも現役時代、コーチ変更でトラブルにあっています。コーチには連盟から言っておくから、と言われてじゃあと動いたら実際は無断で離れたことになっていたり、とか。有名な話ですよね。
でも城田氏がそう言ったから、と自分で確認もしないでそれまでの大御あるコーチからぽんと離れてしまえる荒川静香のメンタリティーってのも相当すげぇな、と思います。鉄面皮というか、アホというか、これを「ちょっぴりうかつな可愛いあ・た・し」エピソードに使えるとは思わないほうがいいですよ、荒川さん。「うわ~、人任せなんだな~、無責任!」と普通は思うからです。たいがいにしろよ、と知った当時も思いました。英語ができないならできる人に電話してもらうとかさ。やりようはあるでしょうよ。まあ後からお手紙を書いて釈明したそうですけども、すぐやれよwww離wwれwwるww前wwwwにwww書wwwけwwwよwwwwwwと思うのは姐さんがせっかちだからですね、わかりたくありません________

そういう、「のりちゃん」の主張を素直に言うこときいたのだって「自分のため」だもんなあ。トリノ五輪前に天才がやっと本気出した!のだって五輪金メダル欲しかったからだもんね。それは素晴らしい動機です。荒川のボディに村主(姉)のメンタルが入っていたら、今ごろは五輪メダル4個持っていたと思いますもん。やっとかよ!!!と関係者がワクテカで荒川がんばれ超がんばれ!!!!と祈っていた。そしてあの抒情性を素直に開花させたショートプログラム。3-3こそなかったものの、マイナスなんか取らせねえ!の戦略そのままに流れを途切れさせずに盛り上げたフリースケーティング。ループがダブルになったのと、3-3のはずがダブルサルコーだっけ、いや違う、ダブルトゥループになったのと、それだけですかね、ミスったのは。3-2の組み合わせも今ぱっと思い出せません。忘れてしまった。カリヤンと有香さんの声は響くんですがw

やればできる人なんです。でも、自分のため、と利害計算を冷静にして――冷酷、とそう見えてしまうのは勝手な期待があったからです。わかっています。そういう人ではないってことは。

でも。

ああ!!!荒川さんのこのやっかいな行動原理!!!
外からぼーっと見ていての推測ですから、本当は一番やりたくないことです。本人にだってわけがわかってないでしょうし、言ってみたところで「はぁ?」と思われるだけでしょう。わかってくれる人だったら、もう実行しています。

後輩を「ちゃんと守る」とか、インチキをする糞ったれには「やめなさい」と言える、とか。

今できていない人に「これからやってください」と言っていくのは非常にキツイ。繰り返し繰り返し、噛んで含めるように言い続けなければならない。ウッカリしているとえこひいきだの私情だの、それこそ「じゃあオマエが五輪金メダル取ってみろよ」のめちゃくちゃな反論をナイアガラ瀑布のように浴びながら私怨乙と言われかねない誤解と闘いながらでも。

でも、荒川静香は日本ドスケベ連盟の「副会長」です。聞いていただかずばなりますまいよ。無視するにしても、言うだけは言わせていただきたい。なぜならあなたがしていることはれっきとした「害」だから、と姐さんは思うからです。

落ち着いて書くようにします。淡々と、事実だけを書くようにします。
でないと大変なことになるwwww

ああああああ!!!アタイはいつまで自分を抑えてブログをやっていればいいんだよお!!!
これでも抑えまくりだっつーのwwwwwww

あと、マアムさんに教わった論文の書き方を思い出さなきゃですね。
ええと、結論を先に書く。これ大事。手短に。これも超だいじ。最後なんだったかな、うんこうんこ言わない、でしたっけ(もう違うwwwwwww

あらかーさんのお母様がなんですか素敵な方だとうかがっています。今の娘さんの行動を「日本ドスケベ連盟副会長」の役職にふさわしい☆と「本当に」思われているんですかね????
そういう公私混同をなさる方では「お母様はない」と思うのですが、それもまた推測でしかありません。

でも、「あの城田氏」のやり口を踏襲して「第二の城田憲子」「第二の橋本聖子」への道を歩んでいる、と思ったら親は心配するんじゃないでしょうかねえ。わかりませんけど。

どうも「昨年の全日本選手権、男子シングル、フリーのテクニカルなんちゃらの自称親」のふとましい女性が観客に浴びせた罵声、「うちの子は間違っていません!」の金切り声以来、選手と親をセットで考えてしまうことが増えましたwww

安藤美姫とその「クレーマー」らしい母親とかね。あ、これマスコミ報道ですからね!ひどいですよね、クレーマーだって名指しで書かれて!ミキムチのお母さんは一般人のはずなのに!南里さんにむかって「娘を養える立派な男になれ!」と説教をかませるほどの立派な立派なお母様の「はず」なのに!________
娘さんどうようにマスコミって言うことがコロコロ変わるから怖いですよね_________

まとめます。

フレンズオンアイスに出場した安藤美姫が打ち上げのようすを写真つきでネットに出した。
おい馬鹿だろ、この微妙な時期に、しかも「フィギュアスケートって性犯罪が横行しているけど誰もおかしいと思ってないし、改めるつもりも一切ないんだよーん☆」と声明出されちゃった微妙な時期にそれやるか!?
と思ったら副会長様まで露出きたーーーー!!!
渦中の選手のほろ酔い画像を世界に向かって公開きたーーーー!!!


・・・・というのをさっき知って脱力&激怒&「やっぱりそういう人だよアラカーさんは!!!!」と、「コレのどこが問題でいかに異常か」をつらつらと指摘していかなければならない面倒くささと情けなさにがっくりきているところです。

やっぱ異常だ、異常な奴がどんだけ異常か見くびっていたわ、姐さん。



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/10/20 01:11
コメント
荒川なんて所詮こんなもん
姐さんは優しいですね
ここまで荒川が醜態を晒しても、その卑しさに絶望してもなお
懸命に荒川のいい所を探してそれを信じようとされている

私は解説になってからの荒川しか知らないので
『荒川=後輩イビリの連名の犬』のイメージしかありません
当事24才の立派な大人でありながら当事子供の浅田真央に敵意むきだし
金メダルをとっても『恨(ハン)』は尽きることなく
解説で、インタビューで何年も執拗に浅田選手への嫌がらせを続けた
ソチシーズン、もう何年も関係なかったはずのNHK杯にまで出てきた時はゾッとしました

色々ありましたね
ツイッターで舞ちゃんのメイクを嘲笑う
真央ちゃんが大量のSPを連れて横浜リンクを占領してるかのようにミスリードする
2007年の世界選手権では浅田選手を無視して安藤にだけ花束&握手

自分だけが楽しいメダリストジャージ
先日の高橋選手の引退にあたっても
『昔はガラスのハートと言われ試合でうまくいかない時も多かったですが~』
とまずサゲから入る挨拶
安藤と同じで『上か下か』でしか人間関係を作れない
ただ安藤より取り繕うのが上手いだけ
あれだけ長い事スポーツキャスターをやらしてもらっといて
未だに他競技のお友達が一人もいない

要はそういう残念な人格なんです
金メダリストにも関わらず、他競技の選手が寄ってこない
『この人をもっと知りたい、この人から何か吸収したい』と思われない

褒めてくれるのは後輩達だけ
スケート界は狭い世界だから嫌でも付き合っていくしかないですからね
でもそういうしがらみのない人達からは、見事に相手にされない

『フィギュアの未来を』『選手達の未来を』

としたり顔でよく言ってますが、
じゃあなんでトリノ直後のまだ世界的に評価されていた村主をフレンズに呼ばなかった?
あの時の二人ならそれなりにフィギュア界を盛り上げていけたはず
なぜ浅田真央を先輩として応援しサポートしなかった?

荒川がやってきたのは金メダリストを免罪符にした
後輩イビリと自分が中心でいられる派閥作りだけ

悪名名高いスケ連の副会長になってくれて私は嬉しいです
今更味方顔して善良な選手に擦り寄ってくる方がゾッとしますから
黒い人は黒い人同士で固まっておいてください
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 火に油を注ぐつもりはありませんが
コメントありがとうございます。目が飛び出しました。ちょおおおおおおおおおおなんちゅう恥ずかしくて愚かでみっともないことをwwwwwwwwwww

あああああああ 最後に残っていた擁護したい、という気持ちが吹っ飛びました。
ダメだこりゃwwww

そのへん、ちょいとつまびらかにおうかがいしたいです。よければお茶でも!!!!
現副会長のことではありませんが
いつもの記事転記です。(ヤフーなどですでに読まれたかもしれませんが)

◆浅田姉妹、真央の休養宣言で早くも今後の活動に暗雲?急速に薄れるメディアの関心?(Business Journal 10/22)

7月から始まっている今季について休養の意向を明らかにし、現役続行か引退かについても「わからない」と5月の会見で語った女子フィギュアスケーターの浅田真央。真央は4年前のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得し、今年2月のソチ五輪では女子シングルでの金メダルを期待されていたが6位に終わった。そんな真央を、プロアイススケーター兼タレントの姉・舞は、2011年12月に亡くなった母・匡子さんの代わりに支えている。
 フィギュアスケート一筋で日本を代表する選手にまで上り詰めた真央と、才能を生かし芸能界デビューも果たした舞――。一時はタイプの違う仲良し姉妹としてメディアでもふたり揃って取り上げられることも多かったが、休養宣言後の真央は現在、在籍する中京大学の学生生活を満喫する一方、契約スポンサーの期待に応えるべく、タレント的な活動も充実させている。
 7月には佐藤製薬「ストナシリーズ」の新CM発表会でトレードマークのロングヘアをバッサリ切ったショートボブヘアを披露。歌声まで披露して話題となった。9月には住友生命のキャンペーンCM発表会に登場し、スケートを離れてから初めての夏休みの思い出について「スキューバダイビングの免許を取りました」と満喫している様子をみせた。しかし、注目が集まる今後の競技活動については明言せず練習再開のメドも立っていないという。
 その裏で舞は、9月に発売された写真週刊誌「フライデー」(講談社)に以前から交際を報じられているJ-POPグループ「シクラメン」のボーカルDEppaとの焼肉デート写真を掲載され、DEppaの家族も同席していたとされ、結婚秒読みとも噂されている。9月の住友生命の発表会で真央は、誕生日の同月25日は舞と一緒に食事をする約束をしていると明かしたが、記者陣からはそれ以上掘り下げるような質問は出なかった。
 一般紙スポーツ担当記者は語る。
「フィギュア選手は、芸能人以上にイメージを大事にします。子どもたちに夢を与える仕事なので、私生活の話題は基本タブー。たとえ本人の話題でなくても、熱愛などの話題は触れないというのがスポーツメディアの世界では暗黙の了解です。特に真央の場合は、23歳になった今でも少女時代のイメージが定着していますし」
 また、前出の9月の発表会に出席した芸能記者たちも舞の熱愛報道にはまったく食指が動かなかったようだ。そもそもそこに集まったメディアは一様に浅田姉妹の近況には関心がなく、スポンサーの広告のためというのが本音の模様。
●トップ選手ゆえの難しさ
 その発表会と同じ日には、浅田姉妹が出演する『浅田真央・舞のTRY&GO 初体験!素顔のプライベート旅』(テレビ東京系)が放送されたが、放送後の評判はいまいち。というのも、旅行のクライマックスは、ニュージーランドの天然氷の上を浅田姉妹が滑るというものだったのだが、テレビ関係者からは「浅田姉妹が氷の上で滑るなんて当たり前。真央ちゃんが常夏の海でビキニになっている姿なら話題性はあると思いますが」と語る。別のテレビ局関係者も「映画『アナと雪の女王』のヒットもあり浅田姉妹に目をつけたのでしょうが、タイミングも微妙にずれているし話題性に欠け、視聴率はとても取れないでしょう」と厳しい。
 メディアや世間の浅田姉妹に対する関心が薄まりつつある中、もし真央がこのままスケート靴を脱いだ場合、真央と舞の今後はどうなるのであろうか。
「同じ元フィギュア選手でも、現在バラエティー番組にひっぱりだこの安藤美姫や織田信成のようなタレント性が真央にあるかといえば疑問です。真央の需要がなくなれば、それにつられて舞の出演機会も減るでしょう。“真央ちゃん”のイメージを守っているだけでは、姉妹そろってフィギュア引退後の芸能活動が厳しいものになりかねなません」(前出テレビ局関係者)
 誰もが認める世界トップレベルのフィギュア選手であり、抜群の好感度を誇る真央ゆえに、今後の身の処し方をめぐり難しい選択を迫られているのかもしれない。(文=編集部)


まぁ よくもここまでおかしな記事が書けたものです。
露出しないと食べていけない人陣営が、ミスリードのために書かせてるのでしょうか。

TRY&GO 初体験 
2人がやりたいことにチャレンジする内容の番組なのに、何でやりたいと希望していない(スケッチブックに書いてないですよね?)常夏の海でビキニにならんといかんのですか?
全く番組の企画が理解してないし、舞・真央ファンは2人がやりたいことを楽しそうにやってることを喜んだと思うですが・・・
姐さま、皆様、大変ご無沙汰しております。
(PCが壊れてしまい、買い替えましたので
以前とIPアドレスが変わっていると思います。)

ききょうさん同様、私も昨日、Business Journal の記事を読み、
何てまぁ頓珍漢な記事だろうと呆れてしまいました。

記事全体に、記者自らの理解力、状況判断力の乏しさが
にじみ出ていますが、一番、えっ?と思ったのは「安藤美姫や
織田信成のようなタレント性が真央にあるかといえば」という
行。

私は、マスコミ嫌いと言いつつテレビに出るのは好きなAさんに
タレント性が備わっていると思ったことが1度もないので、
非常に違和感がありました。

かなりムッとした後、やはり、ききょうさんと同じく、これは誰かが
ミスリードのために書かせた記事かも…と勘ぐってしまいました。

マスコミのことなんですけど・・・
週刊誌の記事なんて、売れればいいのよ!の、捏造、偏向オンパレードの矛盾だらけなんですが

ちょっと???と思ったので

◇引退の高橋大輔 「集金係は嫌」とスケート連盟の登録抹消か(10/24 女性セブン)
「引退に関しては、誰にも相談していない。自分で決めて、あとはすべて事後報告です」
 10月14日、生まれ育った地元・岡山で引退を発表した高橋大輔(28才)。しかしもう、“現役復帰”を望む声が上がっている。
「フィギュアの世界では、一度引退した選手が現役復帰するのは珍しいことではありません。復帰するには、ドーピング検査をする国際機関への再登録のほかに、出場する大会期間中に、その大会のスポンサーとは別の企業の商業活動ができないといった制約がある程度です。ロシアのプルシェンコ(31才)のようにアマとプロを行き来する人もいますし、1992年のアルベールビル五輪で引退したあと、1998年の長野五輪にむけて復帰した伊藤みどり(45才)の例もあります」(スポーツ紙記者)
 ところが高橋の中では、今のところ復帰は完全白紙だという。
「どうやら彼は、スケート連盟の登録を抹消するつもりのようです。登録があれば、連盟が窓口となって開催しているアイスショーへの出場オファーなどを受けやすいというメリットがあります。昨年末に引退した安藤美姫(26才)は、スケート連盟にフィギュア選手としての選手登録が残ったままなんです。
 でもそうすると、選手の窓口はスケート連盟になりますから、例えばスポンサー離れを食い止めるために使われることもあります。“○○選手はまだうちに所属してますよ”って。連盟は、高橋選手にもこの手法をとろうとしたんですが
、彼は引退したのに、連盟の“集金係”のままではいたくないのでしょう。本当の意味でまっさらの状態になりたいんだと思います」(前出・スポーツ紙記者)

◆安藤美姫 連日のテレビ番組出演で…ただいま月収500万円!【安藤美姫】(6/3 女性自身)
5月下旬、横浜市内の自宅マンションから迎えの車に乗り込んだ安藤美姫(26)。車が向かった先は、ゲストとして招かれた都内の映画イベント会場。車を降り立った彼女はたたんだベビーカーを持ち、1歳の愛娘ひまわりちゃんを抱いた実母と笑顔で会話しながら、会場に入っていった――。
 競技生活を引退した後、安藤はタレントとして精力的に活動中だ。現役時代に所属していた事務所との契約は解消し、現在は2年前に設立した個人事務所に所属。社長は実母が務めている。
 「選手引退後の安藤さんが頼りにしているのが、日本テレビの敏腕プロデューサーなんです。彼女はタレント業をスタートするにあたって、自分の将来について彼に相談すると、『とにかくいろんなことをやってみようよ。方向性はその後で決めればいい。美姫ちゃんにはいろいろな可能性があるんだから』とアドバイスされたそうです」(テレビ局関係者)
 そのアドバイスを受けて現在は、オファーを受けた仕事は可能な限りOKし、とくにテレビのバラエティ番組を中心に、多くの仕事をこなしているという。また、個人事務所に移籍したことで、収入面にも大きな変化をもたらした。
「前の事務所にいたころのギャラの取り分は、安藤6に対して事務所4の割合でした。しかし、独立後は30万〜50万円といわれるテレビ出演料は、すべて安藤の収入になります。
さらに、日本スケート連盟へのCM契約の20%などの納付義務もなくなりましたから、かなりの収入増です」(フィギュア関係者)  安藤はタレント転身後、いったいどれくらい稼げるのだろうか。
「テレビ番組での出演料、そのほかにもイベントのギャラなどを合わせると、最低でも年収6千万円、月収にすれば500万円ほどの稼ぎになるでしょうね。このほかにも、決まれば約3千万円といわれているCMが契約できれば、年収1億円も視野に入ってくるでしょうね」(芸能関係者)


引退後もスケ連に「登録」していると、スケ連に上前をピンハネされるんでしょうか?

まさかピンハネされる人(高橋さん)とそうじゃない人(故・安藤選手)がいるなんてことないですよね?

現副会長が妊娠を知っておきながら・・・とか、何かと寵愛を受けているように思える故・安藤選手

なんかこのピンハネのこと 気になりました。
バラエティ番組にでることが、そんなに・・・
◆引退・高橋大輔、オファーなしの業界は? (10/25 NewsCafe)
先に引退を表明した2010年バンクーバー五輪銅メダリストのフィギュアスケーター、高橋大輔(28)。
「早くも仕事のオファーが殺到。高橋のマネンジメントをしているのは、プロフィギュアスケーターで2006年トリノ五輪金メダリストの荒川静香(32)も所属する同じ事務所なので、そのツテでスケート解説者が最も有力ですね」と解説するのはスポーツ誌デスク。
解説以外にはどんなオファーが?
「やはりCMです。抜群の知名度があるので、食品や自動車など、有名企業の多くが争奪戦を繰り広げています。受験産業とタイヤメーカーは滑るイメージを嫌い、スケート選手はCMに使わない慣習がありますが…(笑)。それ以外の企業なら、どこでもイメージキャラクターにしたがるでしょう」
やはり、旬のうちに使いたいってこと?
「もちろんです。CM以外では俳優の話も来ていますよ。元来フィギアの選手は目や表情で演技する素質が備わっていますから、トレンディドラマのイケメン役なんかピッタリでしょう。たとえば、年上女性とのキスシーンがあったり、スケート選手の日常をドラマ化して、織田信成(27)と共演したら、かなり話題になると思います」
テレビに出るようになると、選手時代より稼げるの?
「現役時代はCM出演料の2割をスケート連盟に取られていましたが、今度は本人に丸々入るんです。事務所からもマネジメント料は引かれますが、それでも収入アップは確実です」
CMの出演料はいくらくらい?
「今までの実績から1本3000万円と予想されます。CMと並行してバラエティ番組からも必ず声がかかるはずなので、その場合は1本50万円~100万円くらいです」
それはすごい!で、高橋ブームは当分続きそう?
「それは本人の努力次第でしょう。芸能界では、会話がうまくないとすぐに人気が落ちますよ。織田がバラエティで人気なのはよくしゃべるし、すぐに泣くキャラが面白がられているからです。高橋も何か一つ目立つ個性を出さないと、すぐに忘れられます」(先のデスク)
ソチ五輪金の羽生結弦(19)に比べると、インパクトに欠ける高橋だが、芸能界でスベらないように…。

フィギュア選手って、スポーツ選手、アスリートで、芸能人じゃないですよね。(自称・私はバラエティにひっぱりだこの売れっ子なの!みたいな方がいますが・・・)

先日のBusiness Journalの真央ちゃんの記事でも思ったのですが、そんなに芸能界、バラエティ番組でひっぱりだこになることが偉い、人生の成功者なんでしょうか?

フィギュアの魅力を伝えて、後輩やこれからの子供たちに夢をもってもらえるような内容ならいいとは思いますが、これなら出演しない方がいいと思ってしまうようなことだけはやめてほしいと思います。






管理者にのみ表示