フィギュアも選挙も“後出し”が有効!? 真央には公平なジャッジを



少し前の記事ですが。


フィギュアも選挙も“後出し”が有効!? 真央には公平なジャッジを
2014.1.7 08:59 [甘口辛口]

 「後出しじゃんけん」の方がインパクトが強いからか都知事選(2月9日投開票)に必ず出馬する、と誰もが思っている人たちは年が明けても沈黙を守っている。“頭隠して尻隠さず”とはこのことだが、フィギュアスケート女子の金妍児(キム・ヨナ=韓国)の戦略も一種の「後出し…」ではないか、と勘ぐりたくなる。

今季、ヨナはGPシリーズを右足のけがを理由に欠場し、B級の国際大会に1試合出ただけで世界の強豪と戦わないまま、先週末の韓国選手権でSP、フリー合計227・86点で優勝した。2010年バンクーバー五輪で自らが出した歴代世界最高228・56点に迫る高得点だった。

フリーでは後半に予定していた3連続ジャンプが2連続になったり、ダブルアクセルの回転が抜けて1回転半になるなどミスもあったという。国内の大会では自国の審判が採点するため高得点が出やすいのは世界共通らしい。それを割り引いても、五輪前のこのタイミングではやはりインパクトがある。

ある専門家はこう指摘した。「昔の審判は事前のチェックで頭の中である程度順位を決めていた、ともいわれた。さすがに今はより細かく客観的に採点するようルールがどんどん変わっているが、人間だから五輪の審判には“ヨナはやっぱり五輪女王。すごい点数”とインプットされ、採点に影響しないともかぎらない」。

ソチで雪辱を目指す浅田真央にとって見えざる敵の不気味な動きともいえるが、点数に惑わされるほど、もろくはないだろう。残り約1カ月、やれるだけのことはやって万全の体調で臨んでほしい。

同時にソチ五輪の審判には公平無私の正確な採点を、改めてお願いしたい。

(サンケイスポーツ 今村忠)



サンケイスポーツ 今村忠

で検索すると何かとんでもない反論ブログがヒットしますね。
でも、姐さんは「2014.1.7」のこの記事に関しては完全に同意します。

同時にサンケイスポーツさんに「今村忠さんによるフィギュアスケートの記事がもっと読みたい」とリクエストをすることにします。




ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本の報道 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014/10/23 00:59
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ももさんへ
コメントありがとうございます。

わたしは「マスコミが褒めるものはウンコ、マスコミがけなすものは宝石」という持論をここ10年ほど強く感じるようになったものですが、まっとうなことを書いただけなのにいちゃもんをつけられる、というおかしな事態には義憤を感じてなりません。非難するほうが「おかしい」ときも多々あります。
取捨選択をしながら行動していきたいと思います。

お志に感謝します。ありがとう!!!
姐さん、お返事ありがとうございます。
本当にいつの日からマスコミが、世論操作なんてちょろい!国民を欺くことが出来る、と奢ったものの集団になったのか。
その闇は、知れば知るほど深いものがありますね。

でも闇があれば光もある。 私は姐さんのブログを通じてそして、大好きなフィギュアスケートを通じて知ることができました。
しかし、闇と光を見分ける、健全な心と、目と頭がなければ、まんまと闇に引きずられることも多々ありますね。 姐さんのおっしゃるとおり、取拾選択をしながらこれからもコツコツとできることをしていきたいと思います。

今日のイベントにも参加させていただきます。
姐さんからは以前、パワーを頂いて(パワーというと即効的な感じですが)じわじわと染み入るような癒しの感覚とともに、心の目が開いて行くような不思議な体験をしました。 また、お話が聞けるのを心より
楽しみにしています。
先日、いつも熱くマジに語るラモス瑠偉さんが、バラエテーに出演していて「日本のサッカーはもっと厳しいこと言わないとダメ。厳しいことを言うと仕事がまわってこない。自分とセルジオさんは悪者になって、仕事がこなくなったよ」と。なんでも自画自賛な某国な電通が支配するマスゴミですね。

最近の大臣のあらさがし=現政権下げに終始=無能な民主にはウンザリです。周囲にはそんな報道に「お金の問題はダメだよ」、なんていってる人は多い。うちわなんて、野党もやってる、もっと大事な案件があるでしょうにって、拡散しています。震災の際、民主政権の無能っぷりな罪は、絶対にわすれません。
No title
生臭い話ですが、先ほどの中国GPシリーズ大会を見るにつけ、
難易度が高い技への挑戦での(わずかな)失敗でもりもり点を引かれていた浅田選手の採点に納得がいかない気持ちが沸々とわいています。
採点基準が揃っているなら浅田選手はソチでメダルを取るか、
中国大会では男子メダルなしで終わっていたはずです(選手自身を貶める意図はありません。でもあの採点は納得できない)。
全選手に公平な採点を。今日本人が主張したらかなり説得力があります。我ながら嫌な感覚ですが。

管理者にのみ表示