11/18、11/22プレミアムイベントの参加者募集



演題がフィギュアスケートのトークイベントでも「皇室」「電波」「掃除」「生き方」によせられる皆さんの関心の高さ、適切な指針として「大自然」を導入することへの興味の深さ、ひしひしと感じさせられます。

「電波者」ってなんですか、という質問をいただきました。霊能者、とか、能力者、と言ってしまうと既存の概念の手垢にまみれ、また、実質をうまく表しきれていないと感じます。そこでよくある「春先に電波を受信しちゃった人」的なイメージをあえて持ち出すことで、「既存の概念にとらわれず新しい提示をしていく姿勢と、それに対する一種の含羞、あえて自分をはみだし者だと自己申告する」ために使っている言葉です。

霊能力って言った瞬間に、皆さんの脳裏には織田無道とか「こんなん出ましたけど~」の尼さんとかが浮かんでしまうじゃないですか。たとえがちょいと古かったですかね。
またスピリチュアリストと自称するには、またこれもちょっと違うんですね。姐さんはそうではないし、巷間言われているスピ系とかスピという言い方そのものがわずかに蔑称を含んでいるように思えます。英国発祥のまともできちんとしたスピリチュアリズムに対する冒涜ですよね。あちらのホンマモンはものすごいですよ。また、ものすごいモノになっていくためのテクニックとか資格試験とか、新規の概念が生まれた瞬間にただちに構造化を進めていく科学的手法の整備のされぶりも、見習うべきだなあと思います。

そして霊能、というのは他者の存在を必ず前提としています。霊的実在との共同活動。ソロ活動「ではない」んですね。しかし、生きていく上で訪れるさまざまな局面で霊的他者の選定が適切にできる人は、そもそも姐さんの話を必要とはしないでしょう。「わたしの前世はなんですか」と人に聞いてまわる人が、他人に「あなたの前世はマリー・アントワネットです」と言われたとして、じゃあそれが妥当なことなのか検証ができるんですかって話です。

順番が違うんですよね。

自分のボディに備えられた野生の勘とでもいうべき、「生きる力」「生き残るためにあからじめ用意された力」を発揮して自分の人生を生きていく。人生の旅を続ける。その過程においてあちらから、すなわち霊的実在から共同作業を提案される。常に受け身なんですよ。そのとき人は一切の疑惑も恐怖も困惑もなく、当たり前にそれを受け入れ、そして世界を輝かせる。もともと共同作業をしていたのだと、守護も加護も祝福も、とっくに最初から与えられていたのだとわかります。わかるために、感謝ですべてを輝かせるためには、まず、「自分を見る」ことが一番です。それが最短距離だと姐さんは思います。

そしてわたしたち人類は全員がほとんど同じ物質的構造を備えますから、自分を見るということは、人類全体を知る、ということです。魂のいれものであるボディを知れば、「中身」もちゃんと見えてくる。肉体にいかに魂が引っ張られているか、それを観察していくべきです。

まず足元だって話ですよね。自分を知る。そこがすべての出発点です。外ではない。内を見る。

わたしは、人類共通のこの人生の旅のお供である肉体をもっともっと活用し、潜在能力をフルに発揮していくことが、世直しの第一歩でもあると思うんです。世直しという言葉が強すぎるなら、「それぞれが100%輝ける社会の実現」、と言い直します。

そのためのポイントをぜひ、わたしが生きている間に伝えておきたい。誰にでも簡単に実行できて、お金も手間も一切かからず、ただ実行者の意志にのみよる、「笑える野生の勘講座」です。

霊的実在とか、あいまいでわけがわからない誰か他人が作った概念はまず置いておいて、先の楽しみにとっておいて、まずは「自分自身」の機能をがっつり働かそう!そのほうが絶対面白い!wwwというイベントです。

とても楽しみなイベントです。わたし自身がそうやって自分を導いてきたやり方です。そこに「笑い」がないはずがないwww よかったらぜひいらしてください。お待ちしております!

お申し込みはO-ENN公式ブログから~☆

11月18日(火)手相見姐さんプレミアムイベント
http://oenn.blog.fc2.com/blog-category-10.html


11月22日(土)手相見姐さんプレミアムイベント
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-34.html




ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
講演会・イベント | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/11/04 17:46
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
トークイベント、初めて参加しましたが楽しかったです。姐さんの尽きない熱い思いと「どっから仕入れてきたんだ?その情報」に「おお~っ」となるだけでなく、楽しい実習では気持ちもわくわくし、あっという間に終わってしまった感じです。

宿題もやっと今日できまして、神田明神さんの方はお互い気持ちが伝わりやすかったようで「なんとなくそうだと思ってたわ~」的な感じでしたが、白い封筒の方は金属板のようなまっすぐでフラットな感じがしたのに、中を開いたらにゃんこのメッセージだったのでその落差にいまだもやっとしています。

宿題も含めて、今の私が一歩踏み出すのに必要なものを色々頂いたと思えるイベントでした。また次回も楽しみにしています^^

ありがとうございました。

管理者にのみ表示