バルセロナが素敵すぎた



ぎゃーー!!!もう一年が終わりますねっ!なんにもしてないのにっ!と今更あせったりもするわけですが、この一年もほんとにあっという間でした。そこのお若い方、年を重ねれば重ねるほど、「時の流れ」ってめちゃくちゃ加速する一方ですよわ!お気をつけあそばせ!

※この記事は超どうでもいい雑感です。

そういえば空港でニナ・リッチの香水レールデュタン(時の流れ)を見かけましたよ。アレ、まだ現役商品だったんですね!自分が初めて知った香水が、小さいときに親戚か何かから親に持参された土産物の小瓶だった気がします。上に白鳥さんがくっついていて綺麗だった。まだ早いです、ということで当然使わせてもらえないから憧れていて、初めての海外旅行で真っ先に買ったのがこれでしたっけ。嬉しかったなあ。中学生のときでした。こんな小さなコドモがこれを、と思ったのかどうかしりませんが、ミニサイズのボトルをおまけにつけてくれて、それはずっと姐さんの宝物でした。

しかして現在のウィーン空港にあったそれはでっけえボトルで買ったら何十年ももちそうでしたwいいなあ。浴びるくらい使うようにでけぇんだろうなあ。浴びたいよw

今回ね、スペインに超失礼なまま行ってしまったんですよ。なんかこう田舎で僻地でさびれていて、漁師町?え海あるの?スリとかいるの?怖い怖いと無駄に怖がっていましたしね、治安もあんまり?とか思ってたんですが、バルセロナ超でけぇ!上からぶーんと飛んでいる間中「でけぇ!」「でけl!」と大騒ぎでした。どこまで行ってもバルセロナ!そしてビル群もりもりです。
だいいち、バルセロナの空港が異常にでかくないですか?市内から空港まで地下鉄があるんですけども、実際にフライトで飛び立つ場所までの空港内の移動でバスに30分くらい乗っていたかな?地下鉄で移動した半分くらいの距離を戻ってるような気すらしました。しかも道路標識に「100」ってあったんですよね。100キロが制限速度で30分て相当だぞオイwww
しまいにゃ旅慣れている友人が「考えて作ったのか」とぼそっとwwww確かにwww写真もとりましたが、ヤシの木が生えていたりしてなんとなくハワイアンな景色でしたよ。ウィーンじゃ雪かなんて言ってたのに、温かかった!

スペインってこれまで意図的に避けてきたところなんですよね。理由はいろいろありますが、「現代の」ここがこんなにイイところだったなんて本当に驚かされましたし、すごく好きになりました。

バルセロナはいいところでした。なんというか、些細なところまで美しかった。市街戦とか空爆がなかったので残されたという古い街並みが非常に綺麗で洗練されていて、「住みたい・・・」とうわごとのようにつぶやきながらの旅でした。
観光客として数日滞在しただけで、「いいとこどり」しかしてないのはわかるんですが、なんというか違和感なし、だったんです。普通に東京を歩くよりよっぽどリラックスして「普通に」日常を送れました。なんですかね、海外じゃ初めてです。言葉もわからないし、初めての場所だったのに。

そのくせ「鍵」ひとつで大惨事を引き起こしたりしてwww 長期滞在型のコンドミニアム形式のとっても素敵なホテルを借りたんですよね。そこが道路に面した重々しい大変立派な木の扉をがちゃりとあけて、それから建物内部の吹き抜けを通ってエレベーターに乗り込むんですが、こちらの鍵って「横」に抜く!ってのを知らなくて、深夜に戻ってから「あれ、鍵が抜けない!」と真っ青になりました。「やだ、今日は野宿なのかしら!ホテルの前で!」とガクブルでした。

しかも深夜になった理由が地下鉄からホテルまで戻れないというwwwでも「無の境地!」「わたしはマチダ!」と思いながら(すみませんwwww)うろついて、それで危険もなければ怖くもなくて、最終的にはホテルが目の前に!ということで結果オーライでしたけど、この姐さんに「××ストリートはどこか」と道を聞いてくる人もいたりしてww
「申し訳ない、わたしも現在、自分の道を失っているのである」
「それは難儀なことである。どうかあなたがあなたの道を見出しますように」
「かたじけない祈りに感謝する。あなたも無事にゆくべき場所に赴けますように」
「グッドラック!」
「グッドラック!」
というような会話が深夜のバルセロナでwwwwなんですかね、ぼさーっと油断しながらにやにや歩いていたせいですかねwwww
んで別れたあと少しして違う場所でまた迷子さんと出くわしたりして「グッドラック!」「グッドラック!」の応酬だったりww
態度物腰、使っている英語の中味からアメリカからの観光客だと思ったんですが、陽気で楽しかったです。

今回はすべて「グッドラック!」で押し通した気がするなあ。

あとあと、バルセロナのスーパーが面白かったww
たぶんなんですけど、昼間普通に営業した後、一回しめて、夜にもう一度店を開ける仕組みらしくて、友人と歩いていたらちょっとした行列ができてたんですよ。それでおっここで何か買っていこうぜ!って並びましてね。サンタクロース姿のホームレスさんもいたりして「おおこれが夜のバルセロナ」ってわくわくしてました。んで開いたんで入って、「わーバルセロナ~」「きゃーバルセロナ☆」と喜んであれこれ眺めていたら突如停電ですよ。停電!わーって思っていたら「レジが打てないから出て行ってくれ」と客を外に誘導しはじめて、いえ姐さんはスペイン語がわかりませんから多分そういうことをのたまってたんじゃねえのかな、と思うんですが、「えーー売りなさいよ~」と日本語で無茶を言いつつ外に行こうとしたらぱっと電気が復活して照明が!そこでつっぷしたレジの人に「でぃすいずすぺいーーん!」とカタコトで声をかけたとかかけないとかwwwwおまえ昨日今日ついたガイジンだろうがww何を知ったふうなことをwwww

まあ無事に買物を終えて外に出たらホームレスのサンタのおじさん、ビールをごっきゅごきゅと一気飲みなさっていたwwwwおいwwww

面白かったなあ~

ちなみにそこのスーパーの名前がエロエーロみたいな日本人には「えっ!?」と二度見させられる響きの上に売っていたお菓子が「BIMBO(ビンボー)」でした。そしてカフェで飲み食いしていたら出された砂糖が「CINKO」でした。
・・・」「姐さん!」すいませんwwwwww

モノが安くて安くて驚かされました。たとえば姐さん、リンツのチョコが好きなんですけど、まず東京で買ってひいいいいと思っていた超高級品のはずのチョコがウィーンのスーパーではえええええええと思う値段で、バルセロナではうそおおおおおおおおという捨て値のような価格でした。海外在住の友人は「・・・スペインに買い出しに来たい」と真剣につぶやいてましたけど、同じモノのはずなのにところによって全然違うのが面白いですよね。
リンツさんがTOKYOで「ポイントカード」を導入できている理由がちょっとだけわかったような・・・「”心”で!今!理解した!」と内心騒然となりましたよwwwいえいつもありがたく使わせていただいておりますwwww
食いすぎて最近「もういいや・・・」って気持ちでいっぱいです!しばらく時間をおいたらまたリンツ!リンツ!となるのでしょうがwwww

スペインは皮製品がいいよ!と聞かされていたので、ブーツを買いました。確かにすんばらしい!大事に手入れして長くつきあいたいと思います。そこの店員さんがわたしが日本人だということを確認した上でその店は中国でも売っているけど、スペインの2~3割増しだよ!と教えてくれました。移送するから手間賃ね!って。日本には店を出していないようですが、あったらわたしは靴・バッグ・財布・マフラー・手袋・帽子はここでのみ買うと思います。そのくらい気に入りました。
ってやっぱりものを知らないので他にあったら「きゃーーここが最高よーーー」と飛びつくのかもしれないですがww
店員さん、さすがプロです。わたしの足を見るなり「あなたにはこれ」というのを出してきて、そしてそれを買いました。姐さんは足の甲が高い上に幅も広くて、ようするに「下駄ですごしなさい」と言われそうな足なんですが、ぴったりばっちしなブーツで大変嬉しい。数年探してやっと、だったので幸せです。
そう、昔から手足がぶっといのでもっとデカくなると思われていたんですよね。犬の子か!w 習い事で長年膝を圧迫し続けたのが原因だと思うんですが、意外と伸びなかった。残念です。身長はいくらあってもイイと思います。来年は「背を伸ばす」を目標にしようかなwwww4メートルくらい欲しいなあ。

そして姐さん痛恨のミス!スペインってコワイといういわれなき思い込みのためにクレジットカードを1枚しか持参しなかったんですよ。そして使用限度額がいくらだから買物はこれくらい、とうきうきしていたら、実際には想定していた額の1/5が上限で、欲しかったものがまったく買えないという大惨事wwwああ!悲しい!wwww
でも欲望のままに歩いていたら「今日から住むから!」とマンションの契約はするわ店で「ここからここまで☆」とマイケル・ジャクソンみたいな買い物をするわでえらいことになっていたと思います。ヤバイヤバイ。頑張って働かないとwwww

今回のGPF公式グッズがどれもこれもとびきりカッコよくてですね、ブログ読者様にプレゼントしたらすっごく喜ばれそうだな~と思ったんですが、そういうわけで一生一度の2014GPFの公式グッズは幻となってしまいました。
詳細はわからないんですが、デザイナーさんはスケートについてあんまり詳しくない方?だそうで(FJMでうかがいました)、「美しさ」を基準に選んでいったらマオマオしてしまったとか。そりゃそうだよね~。
下世話な話、まだ引退を表明していない今季だけが、真央ちゃんの画像を使っても「いい」シーズンなわけですし。ISU傘下の試合に出たい選手はまず自国スケ連に所属して、そこでオノレの肖像権を渡しちゃうわけですもんね。世知辛いですがしょうがない・・・そして今回のグッズもポスターも素晴らしかった。姐さんはとても気に入りました。

あとね、嘘でしょ!?というくらい食べ物がおいしかったです。街角のパン屋さんで食ったパンがあまりにうまくて涙ぐむ、というwwwwホテルの側にあったパン屋さんに通いつめました。朝行って、観戦中のパンを買って、深夜に戻って売れ残ったパンをまた買って、どんだけ通ったかwwwうまかったなあ~。
街の飲食店もうますぎるし量もどっさりで、ここに住んだら簡単に体重200キロコースだと思いました。でも食った分、美しい特徴のある街を散策して海もあれば山もあるここを満喫すればいいんだな、毎日お散歩すればいいのよっと非常に前向きに思いましたよ。

飲み食いをするとか、いいものを身につけるとかって、楽しいんだな、幸せなんだな、ってことを非常に強く再認識した旅でした。物質って素晴らしいwwwwww

ほんと、行ってみて初めてわかることって多いですよね。5年ぶりの海外旅行、非常に楽しかったです。

そしてスケートの海外観戦、やみつきになりそうです。ラフでカオスでハッピーで。
これからは海外にも気軽に行くことにしよう!スケートは海外で見よう!

・・・と思った旅でした。

そして恐怖のサグラダ・ファミリヤ!!!!!!
なんなんすかあそこ!姐さん、高所恐怖症が治ってしまいましたよ!!!!

エレベーターでぎゅいーんと上に連れていかれて、帰りは「歩いて降りて☆」なんですよ!死ねと!死ねとおっしゃっていますか!wwwwwww怖かった。マジ怖すぎて腰が抜けました。涙と鼻水とヨダレでどえらいことにwwwww汗なんか服が重くなるほど出ましたよwww姐さんがグログロモンスターになっていたwwwww

「これって天罰なのかしら」って40回くらい思いましたよwwww普段文句ばっかり言ってるからかしらwwwww

あのですね、登る前にですね、ちゃんとですね、「ふくよかさんと年配の方と姐さんは昇るの禁止☆」って掲示を出しておいてくださいよ!wwwww
ほんと、あの狭い通路は「みっしり☆」で身動きならねぇ人だって出てくるでしょうし、足元がおぼつかない老齢の方はどうするのでしょうか!そんな方のために途中で壁に「SOS」と書かれたボタン的なものがありましたが、それを押したところで「がんばれーー」と音声ガイドが流れるだけのようで怖いじゃないですかww最後の救いだと思って押したら「あと○メートルで地上です」とかだけだったら絶望は計り知れないwwww死ぬwwwただちに死ぬwwwww

そもそもサグラダ・ファミリヤは聖地です。祈りの場です。そこを観光客ごときに見下ろさせるとはっと見当違いな怒りと共に(注 姐さんは観光客で既に昇って見下ろしていますwww)必死こいて降りてきました。途中から迷惑にならないように歯を食いしばって声を出さないようにしましたけど、ああいうときにぎゃーーーーってわめくのって非常なストレス解消ですよね!ホラー映画の女優役を受けた人はサグラダ・ファミリヤで叫ぶ練習ww叫ぶに叫べないとき、人体はいろんな汁を体から出しますよwwwwヤバイwwwww

あまりの恐怖にショック療法になったのでしょうか、自分では気づかなかったのですが、空港のガラス張りの二階から下を見下ろして平気で話をしていたという・・・友人に指摘されて初めて「あれっ!?」と思ったのですが、全然平気。ダメージゼロ。そして飛行機も平気の平左。「揺れるね~ハッハッハ」くらいで帰路は余裕しゃくしゃくでした。
何なのコレwww
飛行機が平気ってすごいことだ。よーしパパ、もうこれでどこにでも行けるぞー!ってな気楽さで帰りのフライトはついに一睡もせず、映画を4本見てしまいましたwww楽しかったなあ~

尖塔を立てるにあたり、かかわった職人たちがどれほどの命の危険をおして作業をしたのか、都会のビルの窓ふきさんをみかけると姐さんは声をかけずにいられない、怖くないですか、に全員が「仕事ですからね~」と明るく答える。仕事だから、他にできる人がいないから、頼める人に頼んできて、そしてそれに応じて結果をきちんと出せるから、だからヨーロッパの教会はときに恐るべき立地に恐るべき形状で忽然と天を目指してたりもする。

この石のひとつひとつに祈りが、と思い、ウィーンでもまた天井のフレスコ画見たさに昇った高い高い塔の中で「神への道」について深く思いを致したことでした。

自分の歴史観、人生観、宗教観、死生観、さまざまなものの再検討、再構築をするべき時期なんだろうな、と思います。わたしもまた、死にゆく者のひとりとして人生の折り返し地点をはるかに過ぎて「次」の命を考えるべき時なのだろうと。

奇しくも今日はクリスマス。

彼の地でも此の地でも、天でも地でも、すべての生誕を祝う日の、ひとつのモデルケースとして、ハッピーメリークリスマス!と姐さんは思います。

そして日本では全日本が始まりますね。明日からですか、選手の皆さんが悔いなく全力を発揮して、笑顔で終われることを切に祈ります。

大変な中でも大変な状況で、それぞれに事情を抱えて、「それでも」スケートを続けてきた、という事実。

喜びのために、幸せのために、充実のために、達成のために。すべてがその人のためになるように、心から祈ります。

明るい新年を迎えられますように!!!



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ

関連記事
GPF2014 | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/12/25 18:22
コメント
納得~
姐さま、バルセロナの愉快なご報告、
楽しく拝読しました。

で、GPF公式グッズのデザイナーさん、
スケートについてあんまり詳しくない方が
「美しさ」を基準に選んでいったらマオマオして
しまったという行。「うん、うん、うん」と
PCに向かって何度も頷いてしまいました。
嬉しい話です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
心が洗われました
すばらしいスペイン体験レポでした。姐さまの実体験がまざまざと伝わってきます。本当に文章がお上手ですね。このブログを読むといつも元気が出ます。
わたしも海外でフィギュアスケートを一度でいいから体験してみたいと思いました!
バルセロナ
バルセロナ、満喫されたようでとてもうれしいです。
というのも、私は1993年からバルセロナに住んでいるから。本当にいい街ですもんね。危険な目にも遭わず。でも結構危険なんですよ。それに日本人観光客、特に若い人たちとか、年配の人たちは地下鉄や街中でのスリの標的です。
地下鉄には、本当にスリが一杯いて、こちらでの生活が長い私には本当に良くわかります。まあ何事もなく、良かったです。

ところでGPF、あの街中の浅田真央のフラッグ、そしてポスター、本当に美しくてよかったですよね。GPFが終わる夜には、きっと撤収作業をするのだろうなと思い、「夜中の散歩」がてらにブラブラして、なんとか撤収作業をしている人に頼んでGETしようかなと、初めてフラッグやポスターを見たときに思いました。結局、しませんでしたけど。

私はフリー当日の公式練習にしか行ってません。あとはTVで見ました。TVではジュニアもシニアのSPもFPも全カテゴリー、全部放送されました。TDPというスポーツ専門の公共放送チャンネルがあって、それで全部、しかも再放送も何度かしてました。
さすがに今回は地元開催ということでね。ジュニアの放送までされて、しっかり全部、録画しました。何度もリピートしてます。

通常のGPは欧州大陸開催のものはそのチャンネルで放送されました。

公式練習だけに行ったのは、最初、通しのチケットしか販売しておらず、もちろん仕事しているので金曜日までは行けないのがわかっていたから。あとで、バラで売り始めた時には、もう後ろのほうの席しかなかったから。その時、なぜか日本で開催の会場を思い出して、あんな後ろの遠くから見るのならTVがいいやって、それで公式練習だったら結構近くで見れるだろうからと、公式練習に行くことにしました。公式練習、入場料はなんと5ユーロ、ネット購入だと2.5ユーロの“法外”な手数料を取られるのですが、それでも7.5ユーロ。午前11時から午後2時半過ぎまで、シニア全カテゴリーの公式練習が見られました。

公式練習を見終わった後、すぐ近くにあるショッピングモールに向かっていると、その手前にあるホテルの前で無良君と遭遇、「頑張ってください」と声をかけると、ちゃんとリアクション有りで、うれしかったです。

そんなこんなで、またバルセロナでフィギュアスケートの国際大会をやってほしいな、と思いました。


こんにちは
姐様、前回のコメの時は大変ご迷惑をおかけいたしました><以後気をつけます…。




バルセロナ、満喫されたのですね!
私も数年前少しですが住んでいたので、記事を見ながらうんうん、と頷いていました。

BINBO、パンにも有りますよね??あんまり美味しくないんですけど><
もう名前を見て爆笑もの多いですよねーー。
私は大きめのショッピングセンターの近くに住んでいたのですが、其処に入っているスーパーはカプラボ。それは良いのですが、カプラボはかならず、件のエロ的な名前のやつが書いてあって、しかもそのスーパーってめっちゃ安いんですけど、品質が悪すぎるんですよねーー笑

サグラダファミリア、私の父がそこの日本人の彫刻家の方と知り合いで、父は工事現場も入ったことがあるのですが、(うらやましい!)あの塔怖いですよね笑きっと工事用だともっと怖いんでしょう…。
私は全く高所恐怖症ではないので結構平気なのですが、妹などは本当に恐怖症で、前に進めないんです笑
そのノリでティビダボのテレビ塔なんて行ったらホント動けてませんでした。
(ティビダボつながりで、あそこの遊園地と言えば結構ホラーなんですよ;;)

本当にご飯美味しいですよね。お魚も美味しくて、スペイン料理も美味しくて!皆さん本当に優しい方が多いので楽しかったです。

スリは私の親が遭いそうになったり、実際に友人の親が遭ってしまったりしたのですが、やはり其処はヨーロッパですよね。

私もGPFの時バルセロナに居たかったなぁとちょっと思ってしまいました。真央ちゃんの写真なんかも生で拝見したかったです…。

これからもブログ楽しみにしております。



((記事違いで申し訳無いのですが、ドス子の事件簿見れなくなってますね。今はWikiaで運営しているようです。))
Re: うらやましい
けいちゃんさん。

前向きにね。この世には真央ちゃんの演技のように、すてきなもの、美しいもの、すばらしいものがいっぱいです。
それらをすべて味わうまで、病んでいても、傷(いた)んでいても、健やかで存ることってできるんですよ。
影ながらあなたの生がすばらしい冒険と輝きに満ちたものであるように祈っています。

怖がらないで、しっかり取り組んでください。わたしたちの誰もが通る人生のひとつの出来事にすぎません。軽くみろと言うのではなく、あなたの悲しみを無下に否定するのではなく、それはひとつの出来事です。

ここでよければ非公開でいつでもコメントをつけてください。応援しています。


来年はより良い年になると信じます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
スペイン語って、ホラ・オラ・オレ・アホって良く付いているような・・・エロ系は言わないw

それはねえ、清らかで美しいのを考えたら真央ちゃんしかないですよね。
方向音痴の話、腹筋の運動させていただきました。未来の嫁は「姐さんの思考に一票!」って絶対に言うと思います。
私、国境を越えたことは無いんですが、いつか行きたいなと思います。・・もう余り時間ないやろ~!と天の御声が聞こえます。
生きてるうちに清々しい採点で、心から楽しめるフィギュア大会を見たい。見たい。見たい。
取り留めの無いコメント、失礼いたしました。

スルーかな
ヴォロノフより不当に点が高かった逆走?選手のことは。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
バルセロナ日記を楽しく拝読させて頂きました。
見知らぬ土地に降り立って、気持ちがしっくりする
場所と何やら落ち着かない場所ってありますね。
バルセロナは姐さんにとってしっくりした感が
ヒシヒシと伝わってきて、私まで行った気になり
お蔭様でウキウキしました(笑)

フィギュア界では町田選手の突然の引退表明、でも
町田選手本人が以前から言ってました。「その時がきたらシーズン中でも引退する」と。言葉通り
なのが彼らしいと、私は笑って引退を受け入れ未来を応援します。

羽生選手はまた体調不良によりEX欠席との事、
「それだけ満身創痍で試合に臨んでいる!」
「EXを馬鹿にしてんのか?!」と、
羽生選手が好きな友達と嫌いな友達が不毛な
意見交換をしています(笑)

今年も色々あった1年でした。
姐さんはじめ、こちらに集う皆さんにとっても
良い未年となりますように!

たまにしか書き込みしないですが、来年もお邪魔
致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 姐さま ありがとうございました
タイフーンさんへ

コメントありがとうございます。文面から静かな決意とひたひたと押し寄せる明るく強い輝きを感じました。
わたしたちにできるのは、自分がよかれと思ったことに懸命に取り組んで、そして「結果」を見ていくことだけだろうと思います。
思考錯誤は人の常です。くじけずに明るさを求めて、そしてできれば次のステップとして「伝えていく」ことにもぜひ取り組んでいただけたらと思います。

良いお年を~☆

管理者にのみ表示