ウィーンのクリスマス市と街路と美女



クリスマスシーズンにそろそろ入る、という直前だったので観光客があまりいないし、街も普段と変わらない・・・けれども楽しみいっぱいの季節の予感はあふれていて、とてもわくわくさせられるいい時期でした。

ウィーンは思ったほど寒くはなくて、日本から持参した洋服は厚手のセーターなどの出番がなくてもうちょっと少なくてもよかったくらいでした。バルセロナはさらに暖か。クリスマスの2週くらい前からの長期滞在ってけっこう好きかもしれません。




外観

教会の前の広場にはクリスマスシーズンだけ開かれる市が!
それぞれの場所に出店するのにも熾烈な順番待ちがあるそうで、何年も場所が決まっているそうです。新参者の割り込みはほぼ無理だそうな・・・。

友人と、何かウィーンで新しい商売をはじめよう!とあれこれ話をしたのですが、まずは市内に店を出し、順当に何年かがんばって、地元にもいっぱい還元して、そして十年くらいしたらここかしら~なんて甘すぎる夢を見たりしてw

地元の学校の子供たち。放課後、先生がここに連れてきてくれて、ここで解散なんですって。いいなあ~。お母さんたちが車でお迎えに来てくれるのもうらやましいし、それまでお友達とお店をいろいろ見て歩いて、お小遣いでいろいろ食べたり飲んだり、プレゼントを物色したり。なんというすてきなロケーション!

クリスマス市

写真を見ていただくとお気づきかと思いますが、こちらのお子さんで「キャラクターもの」のお洋服を着ている人はめったにいません。この写真ではカーズ?かな、キャラ物のリュックを背負ってますけど、ウィーンで初めて目にしたくらいです。
「子供たちが軒並みシックだ・・・」と思っていて、理由が「洋服」だってわかりました。大人もおしゃれなんですけど、お子さんたちも目がちかちかするようなプリントや、いわゆるファストファッション的な使い捨てっぽいものを着ていないんですね。そしてそれが美しい。
ちなみに、こちらだとH&Mってブランドが人気だそうです。


ウィーンの焼き栗!!!!!!

カップ

カップはホットワインが入っていたもの。デポジット式になっていて、カップを返すと何ユーロか返金されます。わたし、ここで失敗しちゃったんですよね。すりにあいました。
栗をむいて食っているときに、友人がちょっと席を外したんですよ。そのとき、すぐに「新聞売り」が近づいてきて、新聞を目の前につきだして、ほとんど耳元で今の経済がどうの、って言い始めたんです。昔かじった共産主義関係の経済用語だけ聞き取れたwwwそれでいらない、って知らんぷりしていたら、いつの間にかブルーのカップがなくなっていた!
まったく気がつきませんでした。
わたしは手前のこのフェストの説明パンフにずっと目を落としていたので、スリは売り物の新聞に隠してカップを持ち去ったんだと思います。鮮やか!
たしかに、日本円で1個数百円の返金ですから、あちこちでこれをやればけっこうな荒稼ぎになるわけです。友人が戻ったときに、カップがない、と言われて初めて気づく始末。
顔をおぼえていたので、どこかにいないかその後ずっとキョロキョロ見て回りましたが見つけられず。かわりに別の新聞売りがいたのでその人をしめあげようかと思いましたよ。

ああ、やられた・・・。この旅全体で唯一のトラブルらしいトラブルでした。バルセロナで鍵が抜けなくなったのは、使い方を間違っていただけだし、バルセロナで地下鉄からホテルに帰れなくて夜の異文化交流をしてしまったwwのは自分のせいだし。
ああ、悔しい。せめてわたしのカップが取られていたらまだましだったのですが・・・ごめんね、友人よ。そしてちゃっかり自分だけカップを持ち帰ってしまって申し訳ない。。。

ホットワインがすごく好きで、冬になるのを待ちかねてネットでダースで買ってます。ホットワインって酔わないよね。いくらでも飲めちゃう。アルコールが少し飛ぶせいかなあ。体はあったまるし、楽しくなるし、いいことづくめですw

3本セットで送料込み!これは安いかも。
楽天アフィリエイトリンクです。そういうのはちょっとと思われた方は「グリューワイン」で検索してみてください。
わたしはチェリーの味が大好きですw



去年までは冬になると近所の東急ストアで売っていたやつ。今年は仕入れなかったそうです。なんでや!飲むのに!去年だって何本買ったかwww



楽天さんだとうきうきワインの玉手箱、というお店が最安値かもしれません。わたしはもっぱらこちらで買っています。



と、ちゃっかりな上にもちゃっかりとホットワインの宣伝を入れましたが、ここで飲んだホットワイン、すっごく美味しかったです。寒い中、ふうふう吹きながら友達と飲んだワイン。友人が頼んだ別のお酒もすごく美味しかった。とりあえずここで酒盛りしようやと言いたいくらい美味しかった。

ちなみにウィーンでは「お酒一杯までなら車の運転OK」と法律で決められているそうです。あまり強いのはダメでしょうけど、ビールやワインていどならオッケーだと。

ウィーン市内、けっこうな通勤ラッシュになるんですが、ほんとうに「成熟した車社会」だなあと思いました。友人いわく「あうんの呼吸」だそうですがほんとうにそうで、魔法みたいにドライバーどうしが意思の疎通ですっすっと車線変更や右折左折をしていて驚きました。
また市内はクラクション禁止だそうで、それで静かだったんだな、と後から感動。
そして何十年ぶりかの厳冬で雪がいつもより早く降り、自動車事故が多発した翌年にはスタッドレスタイヤは今日から絶対に装着すること!という期限を即座に法で制定。
「何が一番大切なのか」をちゃんとわかっている社会だな、と車を通して何度も強く思わされました。
法の施行に対して「やだ・・・カッコいい・・・///」と思う日が来ようとはwww
大まかな枠組みだけ作って、あとは本当に自己責任。ただし人命にかかわることには速攻で対応していく。
この姿勢、素晴らしいと思います。


広場で美少女発見!めちゃくちゃ可愛い方でしたw

クリスマス市2


車といえば、観光ルートで必ず行くところではない、普通のウィーンの人が暮らす生活圏で、普通の日常風景にまぎれこませていただいたのが今回本当にありがたくて楽しかったです。
自家用車でぬくぬくと眺めるウィーン市内w

いちいちカッコいい建物。空爆やら銃撃戦やらで崩壊していないあたりは本当に華麗きわまりない堅牢かつ豪華な建物がみっちりでしたよ。このへん、市内の路面バスというか路面電車と通行人と自動車がけっこうな近さで共存しています。


世界の車窓から。
助手席って素敵☆ 移動もガイドもみんな一手に引き受けて心を尽くしてくれた友人に本当に感謝です
。ありがとう!

街路2

ウィーンに「通勤ラッシュ」があるなんて行ってみるまで全然知りませんでした。
そして道路添いの建物が全部違っていて、それでいて全部魅力的だった。
現代に近いほど建物はのっぺりと殺風景で「安物」になっていくんだな、醜い建物って犯罪的だな、これで東京に戻ったら普通に生活していけるのかな、とわずかな時間しか滞在しなかったにも関わらず不安になるほど魅力的な場所でした。

街路3

マリア・テレジアが好んだというテレジアイエロー。
「黄色い建物」って聞くとぎょっとしますが、上品で可愛くてとても素敵な黄色です。突然こんなふうにカラフルになっていても全然おかしくないウィーン。

街路

それどころかこんなふうにカラフルに赤黄青、みたいに非常に爽やかなパステルカラーが並んだりしています。

街路4


スペインとウィーンでわかったこと。「腕におぼえあり!」な美女、ってなんか表現を間違ってるかもですが、「わたしは美女ですが何か」という方は、

(1)髪は長く伸ばし結わずにたなびかせる
(2)意外と薄化粧だが目元には思いっきり気合を入れる
(3)上半身はだぶっとしたオーバーサイズでも、下半身はこれでもか!なタイトなぴっちぴちパンツにロングブーツ

だということがわかりました(2014年 姐さん調べ)。

このように!

美女1

と、特定・・・されないですよね?大丈夫ですよね?ものすごい美人だったので心配ですけど。。。

ふわ、ゆる、びし!です、EU美人。ことにヒップコンシャスなびっちびちのパンツがすごい。ケツか!ケツが自慢なのか!と脚フェチな姐さんにはマジパラダイスでございましたwwwww


お召し物がやっぱりシック。誰も同じかっこうをしていないのに、結果的に全員のバランスがとれているという。

街路5


すべての季節に、それぞれのよさがあるのでしょうね。
京都に通いつめた知り合いがいるのですが、その気持ちがやっとわかってきましたよ。全部経験したくなるんだ。

ウィーンではいやなことがただのひとつもありませんでした。あのスリを除いてはな!せめてこれ持って行っていいですか、って聞いてくれたら自分の分を渡したのに。いや、拒んだな。

次回はあの美味しい焼き栗と共にワインをおかわりし、そしてカップはぜったいに死守だ!
つか姐さんが歌うからおまえさんは空き缶持って立ってな!と酔いに任せて言いそうで怖いwww




ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
GPF2014 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/01/05 05:33
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示