東京五輪、最高協賛は150億円 スポンサー計画





東京五輪、最高協賛は150億円 スポンサー計画
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011801001689.html

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会運営費に充てる国内企業の協賛金集めで、最高位のスポンサー「ゴールドパートナー」との契約目標を1社150億円以上に設定したことが18日、分かった。契約期間は五輪終了後の20年末まで。大型契約で総額1500億円以上の収入を目指す。

スポンサーは三つのランクに分かれ、原則的に1業種1社に限定。関係者によると、ゴールドパートナーに次ぐランクとして1社60億円以上を目標とする「オフィシャルパートナー」、その下に1社10億~30億円の「オフィシャルサポーター」を設定。金額は契約内容によって低くなる場合もあるという。

2015/01/19 02:00 【共同通信】


ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
東京五輪、日本の政治 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/19 09:35
コメント

管理者にのみ表示