忘れずに生きる



人間の心は大きいですよね。
苦しみや悲しみを抱えながらも笑って生きることもできる。
できてしまう。


好きな言葉……

静かな水は深い


せーの、おまえが言うなー!おまえは口から生まれてきたと幼少のみぎり親にあきれられたものですが、それは自覚しております。すいません未だにそうでございます。うるせえうるせえwwww

ことさらに騒ぎ立てずとも、黙っておのれのなすべきことをしている人は存在が大きいです。力がある。

何があっても生きている以上は生き続ける。あせらなくても最後の時は必ず来る。
来るからこそ今が充実して輝く。

悲劇を忘れず、けれども黙って自分にできることを続けていく。「必ず死ぬ」という同一条件のもとにこの世にあり、なにものかに命を預けられて生きているわたしたち。

がんばれ、とは言いません。自分にだけそう言います。まだやれる。まだがんばれる。まだ何も成していない。
だからこそできることが目の前一面に広がっている。

ひとつずつです。ひとつずつなら絶対できる。
そこはシングルタスクでいきましょう。……と自分に言い聞かせています。

”あれは私だったかもしれない”

”もしも自分だったとしたら”

そう思うことを、意気消沈や自分を責めることに使わずに「だからこそ」より良い未来のために動きたい、動ける、動こう、と思う材料になるようにと心を誘導しています。

残された自分、生き残った自分、この命をどう使うのか。どうすればより輝けるのか。
徹底的に使い倒してより明るい未来へと向かっていく。残された自分が。

そうでなければ無駄になる。忘れられて、捨てられて、なかったことにされてしまう。そんなこと見過ごせない。
でも大きな悲劇に生命力を搾り取られて動く前にあきらめてしまいそうになる。それはいけない。二次災害はごめんです。
まきこまれすぎるのも悲劇です。
無事だった人は大変なめにあっている人のために余力を確保しておこう。共倒れではなくちゃんと手を差し出せるように。そんなふうにも思います。

できることを、できる人が。


がんばれ、自分。



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ


んーー。他にも好きな言葉はあって、そうですね、「宣戦布告」「下剋上」「徹底抗戦」などです。
和を!和を!和を!とオノレに言い続けているのですがこれがなかなか____フヒヒ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(7) | トラックバック(0) | 2015/03/11 03:55
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
どうしましょう。
お姐さま、こんにちは。

どうしましょう、私も「徹底抗戦」とか「宣戦布告」とか、大好きv-344
でも、秘密にしてます。

なのに、先日見えない世界の話ができる数少ない知り合いに、「地球平和のために瞑想してください!」って真顔で言われました。
下手に瞑想して、戦う人がいなくなったとして。それは良いと思うんですけど、戦わない人もいなくなるんじゃないかと思うと怖くてwww
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
覚えている
今回、被災地を訪れた浅田真央さんが言った、「忘れないことが一番ですよね」それは震災だけではなく…というつぶやきにも似た言葉を付け加えることでその深みが伝わって来ました。

真央さんが被災地への思いや取り組みについて生放送のインタビューを受けて語る時、「私たち、私は…」と言い直すことが何度もありました。あくまでも私はこう思う、私はこうしていきたい、という自分の意志だという明言であり、それらに責任を持つ真摯さが見えた気がしました。

(スケートとは違う場面での真央さんからは、スケートに対する事柄を語る以外の彼女の考えや人柄が色々と見られるので、見逃せません。)

19歳の女性が母との別れをスピーチした内容も、「私だったら…」と真剣に考えさせる「リアル」だと思います。
Re: 場違いですみません
ぜんっぜん場違いじゃないですよ。
姐さんはずっと「それ」を訴え続けてきたのですから。

ありがとう。感謝します。
忘れられない事を穢すな
追悼の日に代表でスピーチした子は震災直後に被災地から脱出し、其の後、被災者特別枠利用でスイスに留学。祖父は地元の副市長。今回、帰国して特別Ao枠で大学進学。特別がついてまわりますね。
なんだか、おかしく有りませんか?
私は、あのスピーチは嫌です。母親の惑乱した言葉を晒すなんて。チグハグな自分の言葉に気付かないなんて。あの日、あの場所で取り乱した人は一杯いたのは、承知の上です。それはお互いにそっとして置くのが日本人ではありませんか?
うーん・・・
追悼式典でスピーチをされたSさんですが・・・
ツイッターでいろんな情報が流されてて、見てみると、なんか経歴が色々変わってるんですよね。
実際のところどうなんだろう?

ただ、彼女が経験した恐怖や辛さは我々の計り知れないものだと思います。ツイッター情報も信憑性が不確かだし、情報も当初誤ったものがとりあげられた、という可能性もありますし。だからあまり彼女のことは悪く言いたくないのですが・・・

何だかモヤモヤした気持ちが拭えなくて、書き込んでしまいました。お目汚し、失礼しました。

管理者にのみ表示