その「朝」に向けて




一神教の一例(※姐さん調べ)
cat1.jpg

すいませんすいませんwww


またしてもこの記事、長いですwwwwww

まとめると
・皆さん安心して励みましょうねっ
・人を呪わば穴二つの世界は終わるのよっ 呪った人だけが勝手に墓穴に転がりこむ時代になったのよっ
・落ちた穴から謝罪と賠償を請求されたところであ~らオホホ あたくしたち生きるのが楽しくて仕方ないんですのよ あまりにピカピカでまぶしくて目がくらんだのねっ あらそこからは自力で脱出なさってね ご自分で転がり込んだんですもの 根の国から何か出てきて足首をがっつりつかまれているようですけどご自分で選んだ道ですものねえ~ うわすごい悲鳴 志村~うしろうしろ~! それはまあどえらいモノとご対面アンド頭からガリガリはおっそろしいわよね~☆ こんなことも予想しないで日本に喧嘩を売っていらしたの? だからあれほど日本だけはやめとけとwwww FU☆BE☆N☆KYO! あらやだ舞踏会のお時間~! それではごめんあそばせっ~☆オーッホッホッホってことなのよっ

そうなのかwwwww

こういうことを常に思っているから不謹慎、というより姐さんって完全に中二病だよねwwwww
症例として報告したら完璧なサンプルケースだよなぁ。
長いですけどね、中二病。なんつったってここ一万年は治ってない。←ほら中二病wwww
いやー長げぇ長げぇ。ヤバイっすよ。死に至る病どころか死んでも治らなかったというね。死ねば死ぬほど中二病がひどくなるっていうね。
次回、地球じゃないほうがいいと思うんだよなー。最近の夢は独裁者☆とか言い出しているしwwwふざけるなどこを統治するんだよwww自分の家で家族に威張って終わりだろwww家族迷惑wwwすまぬwwwすまぬwwwアロワナのほうが威張ってるし、グラム幾らで勘定したら確実に姐さんのほうが安いwwwアブラミwwwこんなアブラミは値段がつかないwwwwwwwデブといえばおおわが心の友よマツコ・デラックスよwww姐さんもニャンコ・デンジャラスとして生きていきますwwwwつかオカマのデブにド正論かまされて素直に聞き入れる日本人ヤバイwwwしっかりしろやwwwテリー伊藤は猛省しろwおまえの兄ちゃんの卵焼きなんか買わないからなwwwwwキム・ヨナをほめるのがラサール石井だけってやだープロ彼女にやられてるスケベなオッサンだけじゃないですかやだーwwwwラサールにエロ目線でほめられるキム・ヨナさんものすごく可哀想ーーーーやだーーーーー姐さんだったら猟銃乱射wwwwこっち見んなwwwwwお兄ちゃんそこどいて殺せない!やだーやだーーキム・サンって書くとバルサンみたいーーーーもくもくwwwもっくもくwwwヨナクニサンはカッコいいwwww誰かが「ヨナクニサンとキム・ヨナサンをひっかけたギャグを言い出したらやだー」と思ってたけどそんなこと考えるのおまえだけだと判明wwww姐さん悲しい____てんで忘れられている自国内のバッシングの火消しに必死なヨナの領土は自分ちだけーーーきゃーーー狭っ!!!!!ウリを忘れないでキャンペーンが兵役中にソープに行った彼氏と復縁かだってよwwwなんつう報道をするのよwwww生wwwきwww恥wwwwwじゃんwwww日本のマスコミはヨナ・サンをなんだと思っているのかwwwwwww上がらないよ!それで別にキム・サンの評判上がらないよ!wwwむしろ「ヨナ必死だなwwwww」になるよ!wwwwどうしたの電通さんwwwww便通さんwwwwきゃーーーーーwwwwww


えー、酒なんか飲まなくてもこのテンションなんですけど、酒を飲み始めるとものすごく騒ぐので外では極力静かにしています。そうそう、家飲みが一番だよなー。真央の演技も見られるしさ。見ながら号泣して土下座できるしさwwwwww


もういいから記事をwwww





他を害している人は、自分にとって有益になることをしているつもりで実は自分自身を深く傷つけています。
心はいつも暗く閉ざされ、少しの余裕もありません。
比較の世界で揺れ動き、上か下か、損か得かで一喜一憂し続けます。
まさに修羅の世界です。

でも、そうではない生き方がある。安心立命な世界です。

傷つけられたら倍の強さで愛し返す。
傷つけられたら倍の大きさで思いやる。

そして他を傷つけてはいけない、とわからせる。
他を害することそのものが、滅びへの第一歩だからです。

共依存はおそろしい。戦後70年間、「日本は加害者」「日本は最低」「日本は誇りと足るに値しない」とすりこまれ続けた結果が「これ」です。

笑止千万な主張です。本当に誇りと足るにしない国だったらこれだけ続くはずがありません。どこかで消滅しています。

日本人というのは、尊い存在に対して敏感なアンテナを備え、そして「共存共栄する生き方」を「自然と」持っていた民族です。

アイヌ、琉球、蝦夷、えた、非人、おぅおぅウチの先祖にナニしてくれるんじゃ、と言いたいようなさまざまな悲劇があったところでは、上の者が我欲を満たすためだけに後からこじつけた「設定」で搾取と支配を続けたところ。そのときそのとき力を持っていた為政者ならびに宗教団体が自分たちさえよければいい、という態度で過酷な支配を続けたところ。
あるいは特別なケガレを設定し、ある一定のグループに押し付けた。その枠組みから出てくるな、という強制。
ものごとは根っこにさかのぼってよく見れば「自分が得をしたいから、誰かに損をかぶってもらおう」という実に単純な仕組みがほとんどです。
ヒトが、自分と、自分の息がかかった者たちだけが栄えればいい、後は野となれ山となれ、としたときから間違いが始まりました。

ことに一神教は非常な問題をはらんでいます。最初から崩壊するようにできている。熱心に信じれば信じる人ほど発狂するようにできている。
それはヒトが考えだした袋小路、ヒトの理解の及ばない迷宮に、誘いこむように設計され、本来立ち戻るべき「大自然」を除外し、支配していい、搾取していいものだと一段低く見ているからです。
人間が大自然を支配できるはずがない。
自分のボディという自然すらどうにもならないのが人間です。
本当に支配できるのなら自分の意志でただちに腕を10本、足を100本にできるはず。できる人は誰もいません。

そもそも自然は「一」ではないですね。全体、総体としては「一」ですが、個々の自由、個々の存在をすべて神ととるならば一神教は間違いです。
そもそも神の影、神の悪を取り扱うことができない以上、未発達、未完成な考え方です。論理的整合性がないんですね。
不自然、不備。これでは誰も救われない。

罪など一切犯していない乳児が幼くして死亡する。神様、なぜですか?の答えが「ない」。
教会に行くと「原罪です」と苦悩をそのまま突き返される。
「祈りが足りない」「お布施が足りない」
これではどこにも救いはありません。おかしいです。

安心を、本当の安心立命を、与えてくれない。「すべての基本は”自分”」を搾取する側が自分にとって都合が良いように改ざんしてテキトーに使うからこういうことになる。

大自然のめぐりの中で恵まれて、与えられて、すべてを外から取り込んで、ありがたく生きている「全体性」を一神教は欠いています。だからすぐ数で勝負しようとする。だからすぐ「不自然な」教義で信者を縛ろうとする。だからすぐトップが異常な搾取をはじめる。

たとえばバチカンの栄光は民衆からの搾取によってもたらされている。構造的に「不自然」なんです。

イスラムは「神の愛の家」という意味だった。熱心なムスリムは「われわれの神は”愛の神”です。暴力によって人を傷つけることは禁じている。ISILはムスリムではありません」と涙を流して訴えます。

文化、風習、習慣、境遇、立場、思想、さまざまな「差異」をこえて、みんなが平和に暮らすための指針のひとつがそれぞれの「神」であり「宗教」であった。

それが暴力のタネにされている。

これほどの暴力を生み出すのは神ではない。人間です。
人間が同胞であるはずの人間に向けて残虐きわまりない仕打ちをしている。

実に残念なことです。


もともとはそうではありませんでした。日本人がいい例です。

日本人は大自然に神を見ました。そして神の霊威あり、神の実在あり、とした場所は禁足地とし、人間側は立ち入ることをやめました。あなたはそこで100%輝き続けてくださいね、人間は里で100%輝きます、という態度です。
海、山、川、湖、泉、滝、岩、石、樹木、動物、自然現象、さまざまな実在のものに霊威を感じ、そしてそれを「ありのまま」受け止めた。
ありのままにそのままに人は自然を傷つけない。一緒に栄えましょう、という姿勢です。なんかの歌詞に似てますけどもw
聖地に建物を作らない。尊い岩はそのままに岩として保全する。宗教的建築物の土台にしたりしないんですね。

また、立ち入る場合はそれなりの手順と決まり事を作り、きちんと守った。濫用しない仕組みを適用するんです。
消費に対して非常に慎重だったんですね。

神霊に対してすら一方的な消費をしない。きちんと挨拶、お礼、祝福を返すようにする。実に見事な付き合い方です。

この姿勢。これこそがこの先の地上にとって大きな鍵になると思います。

一緒に生きる。

それぞれがそれぞれにフルに自分の潜在性を発揮してぴかぴかに光輝く。

そのとき、互いは互いを阻害しません。我欲によってぶつかりあい、傷つけあるのではない世界が開けます。

すべての生物というのは共通の願い、生命の基本原則を持っています。

1. 何がなんでも自分だけは生き延びたい。

2.何がなんでも自分と関係があるものは生き延びさせたい。

3.自分の潜在性を100%発揮して光り輝いて生きたい。


2.の「関係があるもの」のいい例がコネですね。人間は自分、家族、恋人、友人、知人、仲間というように、物理的、肉体的に縁がある者から、霊的な縁があるものまで範囲を広げて「生き延びさせたい」と思うものです。
企業に縁故採用を、とか議員には二世を、というのはこの霊的なコネの世界の反映です。
さらに広げると職場や学校、地域、国家、あるいは政治理念、宗教など形のないモノを共有する者「だけ」を存続させたい、という考えに至ります。
巨大利権団体、統一教会や創価学会などもそうですね。自分と他を峻別する。助ける者と殺す者を自分たちが決めたルールで線引きする。自分たちが理念のトップに位置づけられていますから、これは本来の意味の宗教ではなく、経済活動を含む互助団体です。
同じようにイルミナティは左翼的秘教団体、フリーメイソンは神秘主義的経済互助会、と言えます。
本当の意味の「神秘」を求める団体ではない。すべて地上の栄光に還元される。要するにもうかりゃいい、という姿勢です。

狭いなぁ。小さいなぁ。息が詰まるだろうなぁ。

と、姐さんなどは思うわけです。ヒトが決めたルールって、だいたいちっさいんだよね~☆くらいにwww

メイソンリーのハンドサインなど、一所懸命おぼえて仲間うちでやってますけど、うんうん、鳥の求愛ダンスのほうが複雑で優美で真剣だよねー☆などとすぐにちゃかしたくなりますね。不謹慎でスミマセンwww
人が一所懸命にやっていることを横からわぁわぁ騒ぐのはよくないですけど、ヒト、という袋小路にとっつかまって、ちまちまやってるのってどうなんだろうと思うわけです。

わーつまんねー。というのが本音ですwww

世界はもっともっと大きいし、美しいし、可能性に満ちている。そうは思わないかね、みなの衆。

早い話、太陽様がいつ請求書を送りつけてきたのかって話ですよ。「これまで照らした分、回収ね~」とは決して言わない。「ドル立てで」とか要求しない。
太陽は太陽で無心に一途にありのままに生きている。それが他のすべてとうまく見事に調和して絶妙なバランスで地球は元気に生きている。
地球もまたひとつの生命体として無数の命をどっさり載せて、ものすごい勢いでこの宇宙を移動している。吹っ飛ぶような高速でぐるぐる回転しながらヒャッハー!俺は地球だぜ~☆と喜びに満ちて動いている。

その中で活かされている自分、生きていく機会を与えられた自分、生かされている自分、の分を忘れて「自分だけよければいい」と思い込んだのがすべての害悪のはじまりです。

神は自然を人間に与えられた。確かにそうです。でもそれは「自分さえよけりゃいい」と我欲に任せて他のすべてを殲滅するためではありません。

「一緒に」生きる機会を恵んでくれた。わたしたちすべての生命の総体を内包し、さらにそれらの無数の世界の意志の総体としてのナニモノかに。

それこそを姐さんは神と呼びたい。

その神のかけらがわたしたちひとりひとりに他なりません。

わたしは、今の日本は建国以来の危機的状況にあると思います。日本、という国がこの先成立し続けるのか、それとも消えて無くなるのかの分かれ道にあると思う。

だからこそ、国民ひとりひとりが浮足立たず、日々の暮らしをしっかり行い、心に祈りを、瞳に輝きを、そして行動に優しさを、思いやりを、仁慈をたたえて生きていくべきだと思います。

わたしたちは皮膚によって隔てられ、あたかも孤立して肉の身それだけで存在しているかのような錯覚を持ちがちです。でも、実はすべてと接続されているのです。「すべて」とです。
それゆえに「あなた」が活き活きと喜びに満ちて生きていくことがとても大切。「あなた」は全体に作用する。

自分自身に誇りを持ち、傷や痛みや過ちがあったとしても、自分を大切に取扱い、明るく清々しく光に満ちて生きていくことは可能です。それを実行するためにわたしたちは「この世」を与えられている。

生き変わり、死に変わり、永遠の旅人としてひととき地上に宿っている。

その、人生の旅路において美しい国土と豊かな自然に恵まれ、生かしていただいている、という視線。

日本が「祈る」ことをやめない限り、日本が「他を想う」ことをやめない限り滅びない。
そしてまた、「祈る」ことの本当の意味での大きさと尊さを、まさにこの日本から発信する日が必ず来る。

お役目は大きいです。元気な日本人が増えることを姐さんは祈ってやみません。

元気というのは、元の気です。初源の、根源の、おおもとの「生きる力」を損なわずにありのままに発揮していることをいいます。
寝たきりの意識不明の人だって元気でいることはできるのです。

与えられた環境の中で精一杯に花開くこと。

他を恨まず、人を責めず、おのれの本文を尽くすこと。その実に見事で実に尊い例をわたしたちはいくつも知っている。
たとえば浅田真央さん。たとえば天皇皇后両陛下。たとえば秋篠宮殿下、妃殿下。

「4月は激震が走る」と姐さんは前に書きました。なぜ即座にネガティブな意味に取るのだろう。
抱えきれぬほど巨大な喜びが連続する、と「決める」ことだってできるではないか。

光輝き、花開くためのさまざまな素晴らしい出来事として、起きたことすべて、起こしてしまったことすべて、与えらえたものすべてを受け入れ、取り込み、養分にして、ありのままに生きればいい。

他を害さない暮らしを続けると、必ず神仏の加護が入ります。求めなくても勝手に護りが入ります。なぜなら光は光と集うから。

まず、自分から。まず、足元から。

「本当に」自分を大切にするってどういうことなんだろう?

そこから取り組んでいくうちに、人は必ず「自分」の範囲が思っていたよりも広いことに気が付きます。ボディだけが自分ではない。この心ひとつだけが自分ではない。

そのとき世界はただひたすらに美しく、尊く、ありがたいものとしてがらりと様相を変えて見えます。

幾つもの「朝」を迎えるために。もっとも暗い夜明け前を、心折れることなく通り過ぎるために。

まずは自分に祝福を。神の恩寵に他ならぬ「赦し」を「自分」に与えること。地球という一家一族の「間」で「一緒に」生きている自分の存在を腹の底から喜ぶこと。

そこからの祈りを始めて行きたい。

祈るとは意を述ること。口に出して言う。神に向かって宣言する。そして祈りながら願いながら「動いていく」。

これこそが来るべき明るい朝への最短距離だと思います。

未来は明るい。どのような暴力と悲劇があったとしても、それらすべてをひっくり返し、万人が安心して光り輝ける未来は作っていける。

神のひとかけ、宇宙のきれはし、神仏のひときれの自分として、生きていく。

宇宙のカケラ。

星を見るか、塵を見るか。選ぶのは自分です。そしてそのどちらを選んだとしても、結局は救われるようにできている。あらかじめ救済されていないものなどいない。プランクトンもミジンコも、キョクアジサシも姐さんも、最初から光あふれる宇宙のカケラとして地上に出現しているのです。
なーーーーーにが原罪だよバーカバカwwwwwwていていっ!!!!


未来は明るい。

さ~て、面白くなってきたぞwwwww「日本」に仇なしてきた皆さんの右往左往ぶりすげえwwwwww
いやいやそれはまた別に記事にしましょう。日本の国土を踏んでおきながら唾を吐き続けて何もないだろうと思っていることがすでに間違い。やーねー☆


そうではなく、一途に、懸命に、なすべきことをなし、励むべきことに励んでいる皆さんに、祝福あれ!(ドヤァァァァ

あたいも頑張るわよ!(キリッ



ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(26) | トラックバック(0) | 2015/04/09 13:22
コメント
天皇皇后両陛下がペリリュー島で黙祷されているお姿を見ると祈りの力がまるで光の輪のように世界の隅々に、日本に届くような気がします。

東宮家といい、政治の動きといい、何だか色々なことが一気に起こって
無関心な人たちまで色々なことに関心を持ち始めました。

近所の神社のそばを通るたび、世の安寧を願います。
美しい自然の中に生きられるありがたさを感じます。
ありがとうございます
お姐様、初めてコメントさせて頂きます。

いつもこのような為になるお話をありがとうございます。

お姐様の言葉はとても清らかであたたかく、時に厳しく、読むと背筋がしゃんと伸びる感覚がします。

以前「毒親」についての記事に(読んだ後本当に涙が出ました) 自分を誰よりも愛し大切にできるのは「自分」だ、他人や他の存在に愛や救いを求めるのではなく、自分を赦し自分を愛し自分を最高の友として過ごすのよとあり、以来そのように心がけています。

うまく言葉にできませんが、これからも「自分」を大切に、そして丁寧に生活していきたいです。

いつも本当にありがとうございます。
まずは私の足元から
改めて「生きている、生かされている」という素晴らしさを思い
知らされた、そんな姐様のお話でした。

>他を害さない暮らしを続けると、必ず神仏の加護が入ります。
>求めなくても勝手に護りが入ります。なぜなら光は光と集うから。

>まず、自分から。まず、足元から。

今はまず、私が出来る事をちゃんとしていこうと思います。
守るべき家族がいるので、家庭を大切に。
自分の身を削って家族のために一生懸命働いて帰ってくる主人や
学校で勉強、部活に頑張って帰ってくる子供のために、家という
場所を癒される場所にしていこう。元気の源になるような。

そのためには綺麗に掃除をして整理整頓をして、すっきりと。
元気が出るような愛情たっぷりの料理で迎えて、ちゃんと「ありがとう」
「ごめんなさい」を素直に言おう。
そして、私は笑顔を絶やさずに。

大変なことや辛い事も多いけど、人を恨まず羨まず。
大きな愛を胸に生きていきたいと思います。

それに改めて気づかせてくれた姐様、ありがとうございました。

それから余談になりますが、とっても嬉しい事がありました。
真央ちゃんのラジオのトークライブ当選しました!!
愛してやまない真央ちゃんとレジェンドみどりさんに会えるなんて
本当にありがたい~。

すみません。つい嬉しすぎて書かせて頂きましたm(__)m
時音さんへ
両陛下という偉大な仁慈の「象徴」は
すでになかば以上この世の者ではありません。
だからこそああいう方の祈りというのは
天地にすみやかに広がります。
非常に尊くありがたい、まさに有難いことだと思います。

外の世界でどのような争いや暴力があったとしても
自らのうちに平和と安寧をはぐくむことは可能です。
そしてそのような心の中から不正の撲滅や
暴力の抑止を行うことが実現に向けての
最短距離だと感じます。

神域霊域でどうぞ存分にお心平らかに
魂の栄養を摂取なさってくださいね。

コメントありがとうございます。嬉しいです。
あるヨガ愛好家さんへ
コメントありがとうございます。

諸方面からお叱りを受けるような内容かも
しれないですがこれがわたしの「実感」です。

まあたわけた人間なので話半分に
取捨選択をなさってくださいw

外から来るものはすべてが悪である、
くらいに思って「自分のハートが」
すてきだなとささやくものだけを信用する。
そのくらいでちょうどいいと思います。

ヨガの話も待ってます。無知な姐さんに
ぜひ教えてくださいね
ボサノバDIYさんへ
ひゃっほーい!!!すごいじゃないですか!
よかったですね!嬉しいよね、よかったね!!!!
存分に楽しんでくてください!よかったあ!!!

あのレジェンドおふたりがまっとうに懸命に生きているのを
まじかで見たら「わたしは間違っていなかった、この道をいこう」と
再確認できると思いますよ!!

姐さんも嬉しいよ!
すごいすごい!いやっほー!!!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
感謝しきれません。
こんばんは、いつも更新を楽しみにさせていただいています。
天皇皇后両陛下がパラオに行かれる事にどれほど感謝をしてもしきれない思いです。
先日、テレビを見ていましたら、パラオの日本統治時代の現地のおばあさまが蛍の光や仰げば尊しを日本語で歌ってらっしゃいました。
その歌声を聞いた時涙がこみ上げてきました。
80歳を超えるおばあさまが日本語も日本の歌も忘れずにいて、日本人が好きだと言ってくださる。
なんて幸せで有り難い事だろうと思いました。
失われた命が繋いでくれているものの尊さを深く感じさせてもらいました。
日本は戦争の罪を背負わされています。
けれど、戦争をやりたかった人間はどの国にもいたのでしょう。
少なくとも、日本を守る為に身を捧げた方々は相手を害する為に武器を持ったのではないと信じています。
日本は戦争で残虐な行為をした国々を恨んでいない、罪を憎んで人を恨まずとはよく言ったものですね。
どの戦争映画でも小説でも、そこに描かれているのは戦争の悲しみです。
二度とこんな悲劇を繰り返してはいけない、悲しみに寄り添う事が出来る。
まさに天皇皇后両陛下の御姿がそれをあるべき姿として示してらっしゃる、なんて畏れ多いのと不敬で張り倒されても文句は言えませんね。
しかし、かの国々は自分達のやった事ですら日本のせいにしている。
悲しみに寄り添うのではなく、恨み辛みをエネルギーにしてまた新しい負の産物を生み出している。
手相見姐さんのブログや他の方のブログを拝見して、私初めて日本統治前の朝鮮半島の事をほんの少ーしだけ見ました。
ですが、恐ろしくてとても読めないんです。
特に写真は何気ない生活の写真であったとしても、例えようもない恐ろしさを感じるものが多いのです。
私は繊細な感性は持ち合わせていないのですが、正直、戦時中の写真を見るよりずっと恐ろしい。
それが何を示しているのか分からないですが、良くないものであるのは分かります。
だから、手相見姐さんの言っていた呪いと言うものの正体の様なものが隠れていたのかな、と全然見当違いかもしれませんが、思いました。
どんな時でも、正しくある努力を惜しまない、慈しみ、愛し、感謝する心を忘れてはいけないなと改めて思いました。
ありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメントのT(末尾はG)さんへ
コメントありがとうございます~
そ、そ、その酒はっ!!!我々宇宙クラスターにとっては伝説ですよww

ご指摘のブログなんですが、意余ってのことではないかと思います。長年、ほとんど孤軍奮闘なさっておいででしたからね。
ところで姐さんの記事もモロリと持っていかれたことがありますねw 引用と転載は許可していますけど、神的存在に関してわたしからすると明らかな間違いを書かれていたので指摘したコメントは削除されちゃいました。まあ見る人が見ればわかることなのでいいのですけど、無批判に信じ込んだ場合は大変なんじゃないかなあ。

どのブロガーさんもその方ご自身の思いを書かれていますから何らかのバイアスは当然かかっていると思います。このブログも勿論そうです。ですのでご自分でできるだけ複数のソースを確認なさり、判断していただければと存じます。

そしてご転居、おめでとうございます。

姐さんもバルセロナに引っ越してカタルニア独立運動に身を投じるべき日は近いのでしょうくわっ
Re: 感謝しきれません。
えりるママさんへ

コメントありがとうございます。

かの国の古い写真からあなたが感じられたものがすべてです。それが答えです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
輪廻転生
人は亡くなるとどこに行く?
極楽浄土に行くか六道に転生するか?
最近「どーなのよっ」と考えています。
とーなんですか姐様。
というのもお葬式が2週間で3回も続いたのですよ。

仕事でお世話になった96歳のおばあ様。
元気が良くて、気風が良くて、本来世話(幅広い意味で使っておりまする)する立場の私達をずっと励ましてくれた方でした。
96歳と言う大往生でしたが、涙で見送る方が多かった。

読経を聞きながら「ああ、この方はこんなに多くの方に徳を広めたのだから、極楽浄土に行かれるなー」と思った時、お焼香の煙が人の形になってワッと目の前に現れてました。

びっくりしたなー、もう●●さん!!最後まで茶目っ気だしちゃって、もう泣いちゃうから・・・

(読経聴きながら)でもさ、徳をつんだ方が全員極楽に言ったら、転生した人間界は過去世の俗人ばかりだから、未来はひどーい世界なんでないのー?

わかった!!極楽に行かれた方から何人かが「使徒」に選ばれて、人間界に使わされているのでは。
具体的には真央ちゃん、天皇皇后両陛下とか??
言いかえると俗世の「学級委員長」に神様から任命されているんでないのー。

一神教の国にも大和の国の人が救済に転生しているはずですよね。日本人は他国の方も救う運命を持っていると思ってます。私。

ところで「お迎え」というと三千院の勢至菩薩がとっても好きなんです。菩薩様は悪人でも微笑んでお迎えしてくれると誤解していたけど、極楽に行ける方しかお迎えに来てくれないみたいですねー。

極楽に行く人も下位の方は、自分でよっこらしょとお迎えの台座に乗らなくてはならないですって。

私は、どーなんだろー。
転生したらプラナリアとかゴキブリだったりして。
学級委員長は無理よねー。


と悶々と読経を聞き、妄想した3回のご葬儀でした。
ありがとうございます
姐さん、おはようございます。

息子との関係に悩んでいるまさに今、
「その朝にむけて」を、読みました。

子育ては無償の愛。わかっていますが、虚しくなり、涙が流れます。

私の態度から察する息子と、さらに距離ができてしまいます。

光にはひかり、ゴミにはゴミ。
親の私が光にならなければ。

息子に馬鹿にされているのは承知しています。
それでも、馬鹿になって光になれるよう
努力します。

真央ちゃんのように、負の心を持たず、
光を目指します。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ありがとうございます
たなひろさんへ

コメントありがとうございます。

子育ては大変ですね。たなひろさんが試行錯誤しながら、いつも一緒懸命に最善の道を歩き続けていることは姐さんにはわかっていますよ。

息子さん自身もお辛いのです。親子きょうだい、みんなで仲良く親しみあい助け合って生きていきたいとそれぞれが本当は思っているのです。

日々励んでいらっしゃるたなひろさんに何かを申し上げるのは非常におこがましいことなのですが、息子さんに変わってもらおうとすること、息子さんに期待することを少し減らして、たなひろさんご自身が「自分のために」ケアを始め、「自分のために」生きることに目を向けてみるのはいかがでしょうか。

誰かに尊敬されたいと願う気持ちは姐さんもよくわかります。けれども人の心を左右できるのは「その人」だけです。

まずは自分で自分を大切に扱って、誰よりも自分が一番の理解者であり、一番の親友になってみる。

自分で自分を尊敬できる人になれれば、世界中の誰が敬意を向けてくれるよりも幸せです。

親を馬鹿にする子供は、倫理性においてすでに親に劣っています。御知らずです。
本当にダメな親なら同情します。馬鹿にできるほどの甘えの上で勝ち誇っているだけです。
可愛いものではありませんか(笑)。

何度でもやり直せます。一緒に真央ちゃんから学んでいきましょう。あなたを応援しています。
Re: 姐様本当にありがとうございます
非公開コメントのOさんへ

コメントありがとうございます。よかったね。本当によかった。

アメリカでは、一般市民が自分の成功体験を話すことで皆さんを勇気づけ、がんばるための動機付けを行うモチベーション・スピーカーとかファシリテイターという仕組みがあります。
ごく普通に暮らしていると思われる人でも、意外な過去を持っていたり、さまざまな苦闘の果てに穏やかな暮らしを勝ち取っていることがあるものです。
姐さんが今している講演会、イベントもそのようなジャンルにおさまるかと思います。

あなたも、自ら経験したがゆえに人に伝えることができる素晴らしい宝物を今、手にしていると思います。
それが必ず「自分と」誰かの力になる、と信じてください。
いずれ人に伝えるための場所と機会が与えられると思います。

あなたの文章はとても素直で、自然で、優しいと姐さんは思います。
きっと大勢の人に「あなたの真実」が伝わるだろうと思います。

しっかりと頭をもたげて、ご自分の勇敢な冒険を祝福してあげてくださいね。姐さんもとても嬉しいです。
ブログをやっていてよかったなあと思う瞬間です。ありがとう。
Re: 輪廻転生
kibakoさんへ

すてきなコメントをありがとうございます。
身近で死者に接するというのは非常に得難い素晴らしい機会です。先人に感謝ですね。

「この世”も”極楽である」というのが姐さんの信条ですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
釈迦に説法でしょうが、「原罪」という考え方が強いのは、一神教の中でもキリスト教ですね。
あれは、導師キリストを目の前でうかうかと刑死させてしまった弟子たちがその後ろめたさをどうにかするために編み出した教義ではないかと考えたりしています。
うまく付き合えば、人間を謙虚にする方向にも働く教えかとは思うのですがね〜。
毎度細かい感想失礼いたしました。それと祝福ありがとうございます。それでは。
Anonymさんへ
コメントありがとうございます。

姐さんが激おこなのはキリスト教原理主義者の皆さんのダブルバインドな態度です。
ローマン・カトリックはたとえ数百年後であろうとも人間が間違っていたことは認めて正式に謝罪しますからね。
でも聖書原理主義者、キリスト教原理主義者は「知識は悪」「無知こそ善」というアホみたいなことを暴力で人に押し付けてくるから困るんです。

レイプで望まない妊娠をした未成年者の中絶手術をした医者を射殺するとかどういう矛盾なんですか、と。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 神道には疎いんですが
非公開コメントのⅯさんへ

コメントありがとうございます。
また貴重な情報をお寄せいただきまして誠にありがとうございます。

自然と調和する生き方を選択した瞬間から、それは自動的に「神道」になるんですよ。
いちばん「自然」でいちばん「無理がない」大自然とのありかたが神道だから。

わたしは、日本こそが「人類」の最後のキーパーソンになると思います。
誰も殺さなくていい、奪い合わなくていい暮らし方、
全員が生き残れる生き方を知っているから。実行しているから。

だからこそ日本人の皆さんに自分の人生に誇りを持ち、自信を持って
環境と本当の意味で共生できる生き方を選び取っていただきたいなと願っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示