「自分でどうにかできること」




ずーっとずーっと真央ちゃんを熱愛し続け、すばらしいコラージュと情熱と思いのこもった深い言葉で応援し続けている「おっさいさん」のサイトは、姐さんも大好きで毎日のようにアクセスして楽しませていただいています。

この記事で使わせていただいたのはすべておっさいさんのこちらの記事で掲載されていたものです。

浅田真央 ぬぅ~爺乱弩の旅【その2】まおの記録

http://blog.goo.ne.jp/ossai_maomaotaishi/e/1281b56ebc5db4adb5591c4724a36c45

真央ちゃんのベストショットをおっさいさん以上にうまく切り出せる自信などありません!
流用させていただきました。問題があれば削除します。

実際の放送よりも、画像を前に一枚一枚じっくりと丹念に眺めることができ、そしてまたおっさいさんが取り出したショットということで、すべてが愛と励ましと熱意に満ち、まあそこにおっさいさんならではのエロい目線も文字としてのっかってくるわけですが、思わぬ気づきがあったりするものですよね。

真央ちゃんってこんなにも多彩で豊かで美しい表情を持っているんだなと、繰り返し驚かされたりもしてきました。

今回は、「真央ちゃんは自分ひとりでどうにかなることは全然平気なんだな。何か相手があることには慎重になるんだな」と思いました。
そんなの当たり前でしょ、と奥ゆかしい皆さんは思われるかもしれないですが、姐さんだったらバンジージャンプよりは牛さんに餌をやることを選びますwww

度胸座りすぎだよ!すごすぎる!!!!

バンジー直前にこの笑顔!嘘だろwww

j-1.jpg

ていーっ!
何のためらいもなくあっさり虚空に身を投げ出します。
しかもなんでしょうか、この美しいポーズ!
今まで見てきた中でもっとも整ったフォームです。
きれいな形してるだろ、バンジーなんだぜそれ……(驚愕)

j-2.jpg


そしてバンジーが終わった後の「おもしれーーー!!!」という表情。

j-3.jpg

可愛すぎるし勇敢すぎるwwwww


そのくせ「牛さんに餌を」でこれですよ!

j-4.jpg

どういうことなのwww牛さん怖くないよ!大きくてあったかくてじーっとしてるよ!
そばで見ると目がとんでもなく大きくてビックリするよ!



可愛いなあ。

このコラを泣き笑いしながら拝見して改めて思いました。

真央ちゃんは「自分ひとりでどうにかできること」には一切のためらいや迷いや恐怖なく、真正面から「えいっ!」と飛び込んで、そして克服していける人なんですね。

だからこそいつだってわくわくしながら競技に飛び込んでいけたんだ。どんな過酷なスケジュールでも、どんな不正採点でも、どんな誹謗中傷の只中にあっても、「自分が積み重ねてきた練習」を信じて、「自分の演技」に集中しきって、そしてリンクで思うさま爆発的かつ驚異的な「美」と「強さ」と「正しさ」を花開かせることができたんだ。

前に、ショーより試合が好きだとおっしゃっていたのも今ならわかる。

試合のあの尋常ではない緊張感、非日常と異なる雰囲気、何千人、何万人の歓声をたったひとりでその身に浴びてあの広大なリンクで一瞬の燃焼に青春を捧げた日々。

真央ちゃんは、そういうことにはいくらでも平気で耐えていける人だったんだ。

問題は、そうやって真摯に努力し続けた彼女の演技を、正しく評価しないISUサイドです。

真央は一度も採点についてただの一言も言わなかった。決して。
いつだって「自分が」努力をすればいい、「自分が」もっと技を磨けばいい、と、それだけしか言わなかった。

「もっとがんばる」
「もっと成功率を上げる」
「もっと練習する」

それしか言わなかった。

「やっと認めてもらえたのかな」と、それすら疑問形で口にしたのは最後のワールドで、です。

文句は言わない。相手を変えようとは思わない。

「自分が」もっと頑張ればきっとジャッジもわかってくれる。
いつかはちゃんと認めてくれて、点数も後からついてくる。

実際に「採点は気にしない」と口にしていた。点が出ない、ならば努力が足りないのだ。真央ちゃんの中ではその考えは何も矛盾なく素直に当たり前に「点数」=「努力」となっていたのだろうと思います。

以前、タラソワも言っていた。「努力すればジャッジはわかってくれる」と。

そして実際に練習した。練習して練習して練習して練習して練習して練習して練習して血反吐を吐くような練習の積み重ねで技の難度を上げ、美しさを磨き、成功率を高め、全身全霊で「自分の理想」を見せ続けた。

その信頼に背いたのはISUです。

その死ぬほどの努力の結晶、苦難の結実である「選手の実際の演技」に正当な評価を与えなかったのはISUです。

一緒になって浅田真央を責めさいなみやがった公益財団法人日本スケート連盟の中の人たちは、何も思わなかったのでしょうか。心ある中の人がいたとして「実際に」浅田真央をかばってくれた人がいったい何人いるのでしょうか。

いた。と思いたいです。浅田真央は素晴らしい、その努力が素晴らしい、と彼女を理解して支え、嘘ばかりつく「上の人たち」に心を痛め、「真央ちゃんがんばって」「真央ちゃんはがんばり続けているよ、わかっているよ」と寄り添ってくれた人もいたと思いたい。

そうでなければ残酷すぎます。孤立無援のただなかで彼女の努力ただひとつに何もかもを押しかぶせて敵地に放り出すような、そんなむごいことができる人間がこの世にいるとは思えない。

努力ができて、実際に黙々と励み続けて、結果、あのように奇跡的な「美しさ」と「強さ」と「正しさ」を立証してみせた。それが浅田真央選手です。

なぜISUは彼女の努力を正当に評価しなかったのか。


断腸の思いです。



真央ちゃんは「自分にできること」をし続けた。

じゃあ一方のISUは?

「ちゃんと評価する」ことを放棄したISUは?

ISUは何をしていたの?真央が努力している間。




選手は「自分にできること」を最大限やり尽くした。

ジャッジを信じて、

努力はきっと報われると信じて

リンクで「自分にできること」をした。



じゃあISUは?

なんで「自分にできること」であるはずの

「正しく評価する」ことをしなかったの?

なんで?

なんで選手の信頼を裏切り続けたの?

なんで?

なんで?



真央ちゃんは、自分の努力でどうにかできることであれば、ためらいなく実行する。
そうだったんだ。ずっとずっとそうだったんだ。

真央を熱愛するおっさいさんの「目」を通した浅田真央を見て、あらためてそう思いました。

これは、迷うわね~、引退を。と思いました。

住友生命さんの浅田真央ちゃんのラジオ番組で、伊藤みどり神をゲストに招き対談をした公開収録の感想を募集していますけど(ぜひお願い致します!)、みどり神も一度は引退しISUの規定に従って、引退してからもう一度アマに復帰なさった方ですね。
世界選手権の、あるいは五輪の枠取りのためだってもっぱらの評判でしたけども、みどり神のように一度プロの世界に行って、そこからまた、という手もないではないし、来シーズンから現役にというのもある。
このままプロに、というのもある。

競技のほうが好き、というのは「自分ひとりでどうにかなるから」という枠に五輪もワールドもグランプリシリーズも全日本も、入れているからなんだろうなあ、と思いました。
お母様とお姉様が争いごとをしているときに「もうやめて、真央がメダルを取るから」と泣きながら割って入ったというエピソードなどを知るにつれ、観客やジャッジやスポンサーや他の選手やコーチや警備員やいろんな人たちがどれほど熱視線を送って注視していたとしても、真央ちゃんにとってはマジであんまり関係なくて、ただただ「自分がしてきた練習の成果」をどう発揮できるかだけが念頭にあったのだろうな、と思いました。

マッマ「なんで練習せんのや、大正義スケートやで」
マッイ「もうイヤなんじゃ、遊びたいんや」
マッオ「争いはやめてクレメンス、ワイがメダル取るンゴ」
ISU「ワイらへの貢献度(みつぎもの)が足りてないんじゃないんですかねえ…(意味深)」
観客「マッオのほうがいい、どんだけ努力したかはっきりわかんだね」


「なんJ語でまとめる浅田真央のこれまでシリーズ」があったらわっかりやすいわね~wwww

前代未聞の転倒後、ケツをはらってのろのろ立ち上がるにやにや顔のアレ。ひどかったな~。
ヨッナ「フリーならワイが一番やで」
観客「尻もち加点で草生える、スピンは回るもんやで」


行かんでええ行かんでええwwww
ソット「韓国には行きたくない、怖いんや」
観客「あっ…(察し)」



わかるわかるwwwwロスワールドから振り返ってやろうかwww

観客「ちょっと出過ぎなんじゃないですかね…(困惑)」
ISU「これから特定選手だけインフレさせるんやで」
観客「ヤオは出てって、どうぞ」



まさにこれ。
ミドリ「ワイはパイオニアとして記憶されたいんじゃ、ここで跳ばずにいつ跳ぶんや(使命感)」→五輪で人類初の女子シングル選手として3A認定


家族でテレビ観戦中の真央ちゃん。
マッオ「アラカーさん綺麗や、ワイも次の五輪は出るやでー」
マッマ「それには練習あるのみなんやで」
イッヌ「2005年から登板のワイの散歩もお忘れなく、よろしくネキ~」



名場面台無しwwwwいやでもけっこうおもしろさで読ませるかもなww
問題はなんJ語を姐さんがよく知らねえということねwwww
一知半解!それが姐さん!まさにイッチ(もういいってwwwww)

そういえばエアロちゃんたち元気よね。大事にしてもらってるんでしょうね。いいなあ。エアロになりたいっと思ったことが皆さん!国民の皆さん!ないとは言わせないわよwwwwww




ええと、元に戻して(すいませんwww)
試合ならではの緊張感や、「普段と違う」感覚は、いくら回数を重ねてもいつもつきまとうものだとは思います。同時に回を重ねることであるていど予測がつき、対応を覚え、「自分で」うまく調整できるようになっていく。

バンジージャンプは全然平気。
牛さんに手渡しの餌やりにはとても慎重。

なるほどな~。やっぱり本当に試合に向いている人なんだなあ。そう思いました。

ジャンプの申し子、浅田真央が休養している間に、女子シングル選手でトリプルアクセルを実施しそれが国際試合で認定される人が出てきた。
これも不思議な符号ですよね。
というかスポーツならそうやって、高みを目指す者によって記録や技の難易度や内容が上書きされていくものです。

キム・ヨナのようにできることが少なくて、そのどれもが三流のへたくそで練習が嫌いな人を勝たせ続けるためにISUが四苦八苦してルールを変えて「女子だけは高難度禁止」にしたのがそもそも異常だったんです。

トリプルループが跳べない、フリップのエッジと軌道がおかしい、ジャンプは回転不足、ステップ構成は最初からレベル2ていど、甘々なお目こぼしでやっとレベル3、スパイラルもまともにできない、チェンジエッジ無理、スピンはポジションのバリエーションがなくてぶれぶれで移動しまくり、踊れない、体が使えない、試用曲の世界観ぶち壊し、どころか使用曲の中身すら理解していない、いつもいつも「ただ転ばなかっただけの演技」で優勝優勝また優勝。アホかと思います。

キムを浅田真央と比べるのがそもそも間違いなんですね。浅田真央ほどの高みに、キムがいたことはないから。そして他のどんな選手の実施要素と比べても「劣っている」。「すぐれているところがない」。じゃあなんでそういう人が勝てるんだ?ってことですね。アホかと思います。

ほんっとに、フィギュアスケートを確実に前時代に押し戻した元凶が「キム・ヨナを勝たせたいISU」だと思います。腐っています。

「自分でどうにかできること」にフィギュアスケートが入っていて、浅田真央はどのような異常な採点地獄の中にあってもただただ「自分にできること」すなわち練習を積み重ねた。

度重なる体の不調、立って歩けないほどの激痛、骨折、ひび、捻挫、風邪、激ヤセ、それらを黙って飲み込んで、試合に出続けた。

大変な悲劇をもたらした東日本大震災のときにあのようにやつれてしまったのは「自分でどうにかできない」恐ろしい現実を前に「じゃあ何ができるだろう?このように苦しんでいる人を前にいったい何ができるんだろう?」と真摯に問い続けた結果だろうと思います。

自分にできることがあればさっさとやる。一瞬の遅滞もなく。でも、あのように激甚かつ広範囲かつ悲惨な出来事を前に、すくむような思いで日々考え続け、そして「フィギュアスケートを通して役に立とう」と決めたのでしょう。

お母様を失ったときも「自分にはもっと何かできたはず」と自分を責めるであろう我が子を前に、おそらくお母様はご自分亡き後のこのいとしい姉妹が決して後悔しないよう、苦しい病床から繰り返し繰り返し、ママは満足だったんだよ、舞と真央も精一杯、自分の人生を生きるんだよ、と語りかけただろうと思います。

フィギュアスケートを恨むんじゃないよ。ママは本当にスケートが好きだった。舞も真央も同じようにスケートを好きになってくれて本当によかった。ママは嬉しい。二人には無理ばかりさせてしまったけれど、ごめんなさいね。ママはよかれと思ってママなりに精いっぱい頑張ったんだよ。よちよち歩きの小さな赤ちゃんがこんなに大きくなって、美しい演技でのびのびとリンクで輝いてくれているのが本当にママは嬉しいんだよ。
あの試合のこと覚えてる?舞が初めてトリプルを決めた……あ、じゃああの試合は?真央の衣装可愛かったね~。

フィギュアスケートって本当に素敵だね。大好きだよ。

きっと、そんなお話をなさったのではないでしょうか。

心残りのないように。恨みも憎しみも残さないように。

人はそれぞれに頑張ったのだと。立場も理想も情熱も、何もかも同じ人などいないから。どのような悪意や不正や偽りの地獄の苦しみにあったとしても「自分の心」だけは自分でどうにかできるから。悲惨な不正のただ中にあっても「美しい心」のままでいることはできるから。

真央ちゃんは、だから「自分の心」を美しいままに保ったのでしょう。そのための闘いだったら彼女は「自分でどうにかできる」。たぶん、真央ちゃんの強さってそういうことなんだろうなと思いました。

喜びの達人だわ。姐さんはそう思って涙をふきふき、おっさいさんのコラを見ました。

すごい人だなあ。強い人だなあ。そしてその強さと忍耐と情熱が、みーんないい方向に揃ってむいているのがまたすごいなあ。
真央ちゃんが笑うとみんなが笑って、真央ちゃんが泣くとみんなが泣く。
心に邪念を持たないがゆえに、その言動はいつも自然で無邪気で無垢なまま。
誰よりも賢く人の心も敏感に察するがゆえに、人を押しのけ、下に見るアホな言動は取らないけれど、何もかもわかった上で本当に素直に正直に生きているんだなあと思いました。

これだけ長いことこれだけ露出し続けているのに、いまだに新鮮なままでその魅力は一切衰えを見せません。それどころかますます魅力的になり、人々からの需要は増大し続けている。すごいことだと思います。

作為なく、自然だからなんだろうな。だから世界のどこの国でも真央ちゃんの笑顔は人の心を温めて優しくしてしまうんだろうな。

姐さんは、伊藤みどり神が大好きです。神、と呼んでいます。偉大な先輩と偉大な後輩と、お互いがお互いを敬愛し、よさをわかり、理解して、慕いあっているのが本当に美しいし、奇跡的な配置の妙を感じます。

みどりがみどりであったこと。真央が真央であったこと。そして二人がそれぞれであり続けたこと。

それがいくつもの奇跡を生んだ。奇跡を起こすべく努力し続けることで「本当に」奇跡は起きると実際に証明してくれた。

ふたりの見せた「心」の強さと美しさ、崇高なものに憧れ、焦がれ、理想を実現しようとする情熱の素晴らしさ。

もっともっと二人の偉業とその苦しみをみんなに知ってもらいたい。どれほどのことをあきらめ、苦しみ、悩みながら、さいごまで「自分の理想」を死守しきり、決して手放さなかったのか。

それがどれほどすごいことで、そしてどれほどみんなを励まして勇気づけのかを。

伊藤みどり、浅田真央。

人類史に永遠に刻まれた偉大な「挑戦者」たちです。

最後に、これもおっさいさんのコラから。

j-5.jpg

息をのむほど綺麗です。はっとしました。憂愁を感じさせる表情です。
神秘的なほど美しいのに子供の無垢と成人女性の成熟した色香とを兼ね備え、どことなくお茶目で陽性の魅力を発散していて、それでいて深い内省と優しい心のゆらめきが漂っている。
こんな表情をふともらす女性、好きにならずにはいられません。ほんとうに新鮮で尽きない魅力をいっぱいにふりまいている。

この番組でもおっしゃっていたそうですね。
「家族がほしい」

真央ちゃんのことを心から大切に思い、いつも面白いことを言って笑わせてくれて、楽しい家庭を一緒に築き上げて維持してくれる、「俺、子供が好きだからさ~、いっぱい欲しいんだ~」と言う犬好きな、自分で稼げる(ここどうでしょうね、姐さんここは外せないッス)、長身でイケメンのちょうどいい殿方!!!!

真央のために日夜励み続けてくださいまし!きっといつか美しい自然のもとでめぐりあって愛をはぐくみ、おっさいさんがおっしゃるように何年もかけて真央の心を動かして、一切問題のない形でちゃんと結ばれることでしょう。

「真央ちゃんのおうち」「真央ちゃんのご家庭」

なんか夢のようですね。姐さんはただちに今死んで真央の子供に生まれたいわよwwwwwwwしないけどwww迷惑はかけられないからしないけどwww犬でもいいww犬こそが正義wwwべろべろwwwわんわんwwww散歩行こう!散歩行こう!www抱っこ!!www抱っこ!!wwwパラダイスwwwww真央んちの玄関先の草でもいいwwww小石でもwwwwwwwwうえwwwうwwwwぇwwwwwえええwwwwwww生まれ変わりたすぎワロタwwwwwwwww


※この記事のすべての画像はこちらから借用しています。問題があれば削除します。

浅田真央 ぬぅ~爺乱弩の旅【その2】まおの記録


そしてそして!幸運にも参加することがおできになったみどり&真央のラジオの対談の感想をぜひよろしくお願い致します!うらやましすぎワロタwwwwwww

M&Mのご感想をぜひ~
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-1140.html


自分でどうにかできることには熱心に取り組んで
そして実際にどうにかできてしまう人ですからw

ISU「セカンドループ奪うやで~」
マッオ「ほな、3Tの確実性上げるわ」


ISU「ジャンプは回転不足決め打ちな」
マッオ「ステップを最高難度にするンゴ。穴埋め余裕ンゴ」


ISU「スピンできない誰かさん向けに認定甘々やで~」
マッオ「当然オールレベル4、慢心、環境の違い」


ISU「ルッツはどうあっても認定しないンゴ」
マッオ「3A跳ぶわ、すまんな」


ISU「女子のスパイラルなしな」
マッオ「コレオでも驚異的な美しさやで(ニッコリ)」


マティコ「すべてがそろった子がやっと来たんやで」
マッオ「ブタ麺うめえ」


ラッファ「真央の美しさは武器」
マッオ「(おじさん何言ってるの…)」

タラッソ「死ぬ気で滑らんと殺すぞ」
マッオ「観客が昇天しとるで」


ノブッオ「できて当たり前なんやで」
マッオ「やったら驚いた!」
ノブッオ「せやな」


ISUもどうしたらつぶせるか胃が痛む日が続いたでしょうね_______
クッソくだらねえ駆け引きで世界に向かってインチキ暴露_______


真央ちゃん、悩むなら一期だけ復帰しちゃいなさいよ。
最近姐さんそう思うの。徹底的にやったらいいのよ。

コンペが好きなんでしょう?出たらいいわよ。そして世界の度肝を抜いておやり!えいえいっ!

ただし、それには「あの苦しみ」が伴うわね。でも、どの道を選んでも真央の行く手にはまぶしい光がさんさんとさしているのよ。真央がおひさまみたいなものだから、どっちみち輝かざるをえないのね。

姐さんは引退してからのほうがずっと忙しくなるし、学ぶことが増える分、大変だろうと思うわ。そしてそろそろ踏ん切りをつけても全然いいと思っているわ。

「自分にできること」が多すぎるってのも大変なことだけど、真央には真央の役目がある。必ず正しい選択ができると思うわ。

だから、真央の好きになさいね。自分のハートによく聞いて、ハートがささやく声だけに耳をかたむけるようにね。

誰も真央の人生を代わって生きることはできない。真央の好きにしなさいね。


あとあと、真央ちゃん!
引退したらスケ連に一銭も入らない形でマオマオグッズをどしどし出してほしい!!!!!ここは譲れないwwwww
ワッイの老後の楽しみやで~☆




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2015/04/19 14:11
コメント
ありがとうございます<(_ _)>
姐さん、ご機嫌麗しゅうございますか?

しかし・・・真央ちゃんの記事を読むと、なぜになぜに毎回泣いてしまうのでしょう。
おっさいさんの愛が滲み出る写真と記事。
そして、姐さんの記事。

日曜の昼間から、キッチンで泣いている(息子たちからは)鬼と呼ばれる私・・・

心が洗われましたよ。

真央ちゃんに最大限の幸あれあれ♡
こんにちは。
いいですね、まおまおするって本当にいい!!
私は演技ではまおまおできないんです。
「うおおぉぉぉうぅ!!極北ぅぅ!!」ってなっちゃうんです。(余談ですが、姐さまの「極北」って言葉好きです。私の「神秘の領域云々」より解りやすし)

「真央ちゃん、早く家族作って!!」という気持ちと、「どんな男も認め~ん!!」という気持ちが入り交じって、苦しい…(笑)
どちらの気持ちも、「真央愛」という出所は同じ…

せめて今夜は私が真央ちゃんを「イイコ×2」している妄想にふけよう。
ウフ(はぁと)
かつて、夢に好きな人が出てきた時、それはその人が自分のことが好きで、自分の夢に会いに来てくれたと考えられていたそうです。皆様の夢に真央ちゃんがおとずれますように。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なんで
姐さん、いつも拝見しています。真央ちゃんのことになると、なぜだか涙がでてしまいます。
ISUはなぜそこまでして浅田真央を潰さなくてはならなかったのでしょうか?キムヨナの為ですか?それだけではないのでしょうか?もし、現役を続行した場合、やはり公正なジャッジは望めないのでしょうか? 今季の採点を見ても、男女問わずに
選手によっては、へーそんな高い点が出るんだと思うことがありました。相変わらず色々が渦巻いているようですね。競技に戻ったら真央ちゃんが今度はどんな仕打ちを受けるのか、とそればかりが気になります。
真央ちゃんにはとにかく幸せになってほしいなあ。
自分にできる事
姐さま、こんばんは。
今日も、涙を流して大笑いさせて頂きました。ありがとうございます。(おっさいさんにも感謝です ♪)

やっぱり笑顔(&爆笑)って、大事なものですよね。

昨年、休養に入ってからのテレビや、ラジオの真央ちゃんの言葉や行動を観たり聞いたりしていて、私の真央愛も、止まることなく膨らみ続けています。

姐さまもおっしゃるように、真央ちゃんは、本当にお茶目さんで、かわいい方ですね。

私は、ラジオ聞いてて、「DJふう」とか「駅員さんふう」とか、後なんでしたっけ?「宇宙人ふう」でしたっけ?・・そういう真央ちゃんの感性に触れて、心の中で

愛しい動物たちを抱きしめるムツゴロウさんのごとく、真央ちゃんを
「よ~し よしよし~ ♡」とカイグリカイグリせづにはいられません (*^^*)

「自分にできる事」という事で、読ませて頂いて、一ファンとして自分がこれからも、可能な限りしていきたいなあと思った事は、スケーターの方々のプログラムの曲がどの様な意味を持っているのかを、可能な限り調べ、スケーターや振付に込められた思いを、自分なりにくみ取っていけるといいな、という事です。
お久しぶりです
今シーズンもやっと終わりましたね
真央ちゃんのいないシーズンは 今までにないほど長く感じられるました

スターズオントークで、真央ちゃんが発した「オリンピックは もういい」の言葉を聞き 絶句しました
幼い頃からオリンピックを夢見てきた彼女が2度のオリンピック出場を経て この発言…どれほどの重圧に耐えてきたのか今更ながら泣けてきました 休養宣言してから半年以上たっても まだまだ心の疲弊感は癒えてはいないんだ……
スケ連もISUもメディアも都合よく彼女を使うばかりですから
あれからまた真央ちゃんの心の中でどのように変化があるかはわかりませんが、もうあちらとは離れてほしいとさえ思います
勿論、氷上での彼女をずっと見ていたいという気持ちもありますが…
今回の国別対抗を見て またモヤモヤした気持ちが湧いてきて 何故 浅田真央の時には…と腹立たしく思うことばかりで見るのがしんどかったです
グチグチ書いてごめんなさい
まだまだ自分の中でごちゃごちゃしてて他の選手の演技も素直な気持ちで見られなかったということですね
ダメだな…自分…
No title
エアロになりたいさん。
私も同じこと感じながら、解説はなるべく聞かないように演技だけ見るように努めていました( ^ω^ )
特に、3Aに対する関心度がいつからこんなに高くなった?と思いました。それだけ、真央ちゃんがどんなに凄かったのかソチ以降からちょいちょいマスコミも伝えるようになってきた流れなのかなとも思いましたけど。
もし来季真央ちゃんが復活したら、さすがに以前のような下げ気味な風潮にはしないだろうと思います。いや、分かりません、斜め上を行く普通の感覚じゃない人達が牛耳ってる世界ですし。
それも承知で、真央ちゃんはまだ戦いに挑みたい気持ちも残ってるなんて、漢ですね。みどりさんとのトークライブでも迷ってる感じだったそうですし。
二回ほど前のラジオでも、今年は男前な私が見られるかも?って終盤で話してたのを聞いて、復帰の可能性を感じました。見てる方は辛いけど、真央ちゃんはこちらの想像を遥かに超える強い人なのかもしれません。
とりとめのない文章で失礼いたしました。
No title
姐さんが息をのむほど綺麗と書かれた真央たんのおさしん、
私は見た瞬間「広隆寺の半跏思惟像だ!」と思いました。

アルカイックスマイルっていうんですか、もともとの意味は
ともかく、人間の喜びや悲しみ、苦しみなどありのままに
受け取って、そのまま自らの感情として大切に育んでいる
ような菩薩様の表情に、私には見えます。

半跏思惟像って、弥勒菩薩様なんだそうですね。

とぉ~い未来に来るはずが、今あまりにもこの世が乱れて
ぐっちゃぐちゃなので前倒しして来ちゃった、てへべろ、
って突然真央ちゃんが語り始めても、私全く
驚きませんwww
No title
神様が人間に与える才能は努力だけです
真央ちゃんのいいように。
真央ちゃんのにっぽんスマイルをyoutubeで聴きながらコメントを書いています。なんて心地よい声なんでしょう。
姐さんの真央ちゃんへの想いをここで読むたびに涙がでます。
真央ちゃんを愛している人たちはみな同じ気持ちだと思います。
正直な気持ちを言うと私は真央ちゃんに競技に戻って欲しいです。でも真央ちゃんが選んだ道ならそれがなんであれ全面的に支持し応援します。
彼女が選んだ道に間違いはないですから。
時々、この姐さんのブログをすべて印刷してISUと日スケ連に送りつけてやろうかと思うことがあります。
そして各記事にそれぞれ反対意見なり感想なりを書け!と命じてやりたいです。
特にアラカー女史に。
どんな返事を書いてくるでしょうか。
やはり当たり障りのない言葉と自分たちを擁護する言葉しか返ってこないのでしょうかね。

42年間フィギュアスケートを見続けていつも思うのは「採点の不明瞭さ」です。
いつの時代も不遇に泣く選手がいます。
ジャンプを失敗しても皆が納得いく皆が「素晴らしい!」と絶賛する演技をしても、ミスのない(ように見える)無難な演技が高得点を得る。
そしてメディアを使って印象操作をする。
オリンピックの時だけフィギュアをテレビ観戦する人の多くはその印象操作に騙され操作されてしまうでしょう。
プルシェンコの時も、真央ちゃんの時も騙される周囲の人に一生懸命説明しましたが、周りは「熱いねー」という反応。悲しかったし、悔しかったです。
それでも語り続けますが。

今シーズン、みどり&真央に続け!追い越せ!と3Aに挑戦する選手がどんどん出てきていますね。
嬉しいことです。
努力するすべての選手たちに公正なジャッジをしてくれるようになれば、言うことなしなんですが・・・

それでは、また。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
書いても大丈夫かな…(-_-;)
今日バルタン…さんのブログを偶然見つけて拝見しました。
ブログの内容やコメント欄も拝見してたら何故そのブログに行き着いたのか忘れてしまいました(・・;)思い出せない…
凄く後悔しました…何が正しいのかもっと分からなくなってしまいました。

でも私はこのブログでキムのスケートが下手なんだと気づかせてもらいましたし演技も綺麗だと感じた事は一度もないですしこれからも変わりません。
すいません…(T-T)真央ちゃんのこと色々書かれてたからショックで…皆さんからするときっと今更なのかな…。
真央ちゃんの動画をみて元気になります(*^^*)
己に気合を入れろ!
はにゅさん!
色々な意見を聞く、読む事はとても大事な事だと思います。
自分と同じ意見の人、それに反する意見の人、あらゆる方面からの意見に耳を傾け理解し、その上で御自分の考えを確立すべきです。そして一番大事なのは、自分の心の奥底を知り、それを鍛え高める事だと私は思っています。
真実は何か?それは人間の最大のテーマ。ひと様のブログでは何も解決されませんよ。

管理者にのみ表示