すっごく美味しい「淡路玉ねぎ」!



うんめえええええええ!!!!

これは……真央ちゃんに食べさせたいwwwwとただちに思いましたとも!

どうもお久しぶりでございます。megumiさんをはじめ、皆さんが精力的にいろんな情報をコメントにお寄せくださっている中、姐さんが何をしていたかと言いますと、玉ねぎを食いまくっておりましたwwwすまんwww

姐さんが出家しない理由その1、にして最大の理由とは「ネギ、にんにく、玉ねぎ、ニラ、などの強烈フレーバー軍団が大好きだから」なのであーる! オフの日は即座ににんにくを食べ始めるのであーる!いやほんと大好きなんです。だからもしおめーの口、くっさ!くっさ!と思うことがありましたら「……食ったんだな」と思ってくださいwwすみませんwww
仏門を叩かない理由がにんにくが食いたいから、などという不届き者は誰だ!俺だ!

と、のっけからへんなテンションではありますが、今回紹介するのも小躍りしながらでございます。

これはウマイ!!!

噂には聞いておりました、そもそも以前、おみやげにいただいた淡路島の玉ねぎを使ったスープがめちゃくちゃ美味しかったので、以来、いかなるオニオンスープも食べられなくなったといういわくつき。

淡路島=玉ねぎ

というそれまでになかった図式が刻まれてはいたのですが、今回ご紹介する玉ねぎはマジで美味い!!!です。びっくり。

刻んでいても涙が出ないし、気になるにおいがあんまりしない……それどころか「もしかして 果物?」と思ってしまいそうなほど、優しくてコクのある深い甘さがあるんです。

調味料がいらないくらい。野菜の持つうまみ、野菜が秘めた「だし」ってこういうことだよなあ、と感動してしまいました。

届いて、段ボールをあけたときに「あっ、笑ってる!」と思いました。丁寧に詰められた綺麗な玉ねぎ、泥などがつく部分は取り除かれ、すぐに料理できるようになっています。ごみが出ないのはありがたい。

ほんとに、にこにこと機嫌よく笑っているような玉ねぎです。
料理する前に生でぱくぱくいきましたwwwwうまい!!!ヤバイ!人に見せられないwwww
立ったままかじるのはあんまりだということで刻んでカツオブシ&かき醤油でわっしわっしとオニオンサラダ。
おお生命の神秘よ!なんかもうもりもりと知恵と力がみなぎりますね。血液さらさら効果どころか、うますぎて笑いが止まらないwwww
生でも蒸しても焼いても最高です。届いてからこちら、「うめーなー」しか言ってないwww後でマリネもしこもう。焼酎につけこんで玉ねぎ酒とかもいいかもしれない。醤油や味噌とあわせてつけダレにしたり。これ持ってバーベキューに行きたいなあ。炭火でごろっと焼いたらうめえだろうなあ。ああ、なんかこうもりもりと料理しまくりたくなります。

そもそもこちらの玉ねぎだけのコースができますね。めっちゃ満足できますとも。

フライパンで炒めるときに油がいらない!そのままざっくり切って炒めまわすとすぐ火が通ります。数分かからずにひと皿できちゃう。感動しました。蒸気穴のないふたのある鍋にどさっと入れて火をつけてちょっとすると玉ねぎから出るエキスで蒸されて甘くて深いヘルシー蒸し物のできあがり。白ワインもしくは日本酒でじっくりコトコト丸ごと煮込む。うわーーーーーヤバイですね、もう一生ここの玉ねぎだけでいいと思えるほどです。
圧力鍋で煮込むとたぶん溶けてしまうんだろうなあ。肉じゃがも作らなきゃ。ヤバイなあ、超楽しいw

「土がいいんです、土が大切なんです」とのことですが、「君たちはふかふかクッションのような栄養たっぷりの土の中で超すくすく育ったね?だろ?だろ?」とそれを伺う前から思いました。

でも、甘やかされてはいないです。やる気に満ちている。生きている。ほんとに、「いい」野菜です。
そして毎日食べられる。癖がない。ひたすらまっすぐに玉ねぎとしてまっとうに健全に息づいている。

ああ、(自分じゃ何の努力もしていないのにww)日本人でよかった、マルイチさんありがとう!!!!と思いました。


どうですか、このぴっかぴかな「わーい」と言わんばかりの健康なメンバーたち!

onion-2.jpg

写真が下手でごめんなさい……

onion-1.jpg

料理の写真は割愛します。食欲なくされたら困るww料理をするのは好きですが、味はわからんwwww


淡路マルイチ青果さん
http://www.tamanegi-net.com/


値段を見てください、そして「嘘でしょっ!?」と叫んでください。
これほど良質な野菜がこのお値段!お試しパックもありますのでぜひ一度!

縁あってこんなに素晴らしい玉ねぎを知ることができ、人生がまたひとつ豊かになりました。

いろんな料理に使えます。多目にとってもたぶんあっという間に食べきってしまうと思います。

日本と、日本の真面目で一途で熱心な、すばらしい生産者の皆さんの底力に震えます。
本当にありがとうございます。

淡路島の土壌は絶対「旨い」と思う。埋まりに行きたい。土を食べたい。というか畑でにっこにこの玉ねぎのために雑草を引き抜きに行きたいです。テント持参で野宿しながら。。。

「食」という、わたしたちが生ある限り、決して切り離すことができない根幹を、このように豊かに変えてくれるこのような生産者がいて、このような野菜が手に入る。日本ってすごい、日本ってありがたい。腹の底からそう思いました。

玉ねぎを見て「あっ笑ってる!」「やだ、宝物みたい!」と思えたのは初めてでした。

ブログで紹介させていただく許可はいただきました。
ご迷惑でないといいのですが、あんまり美味しかったのでこの感動を皆さんにも!と思い記事にしました。

よかったらぜひ!おすすめです!


淡路マルイチ青果さん
http://www.tamanegi-net.com/




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
あんたたちもっと健康になりなさいよ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2015/06/12 17:40
コメント
淡路島の玉ねぎは本当に美味しいです♪( ´▽`)
以前、旦那が買ってきたオニオンスープが美味しくて(*^^*)姐さんが夢中になるのわかります。
でも、残念ながら我が家は兼業農家なんで玉ねぎには不自由しません。嬉しいやら悲しいやら。
にんにく好きで刺身好きなら、ぜひ地元高知のカツオのタタキをお勧めしたいです。
塩タタキ、お勧めです。
初めまして。注文しました
姐さま、初めまして。以前から拝見しているえむなたと申します。
玉ねぎ大好きなので、早速注文いたしました。楽しみです!
嬉しいです!
姐さん、淡路島は私の地元なんです。淡路島の玉ねぎをそこまで喜んでもらえるなんて!!確かに成人して淡路島以外に住むようになって、玉ねぎの味にあれ???と思ったんですが、もう慣れてしまいました。
たまに実家から送られてくる野菜は懐かしい味がして嬉しくなります。
玉ねぎ切ったら白い液体が出る、と思っていたのに、こっちではあまり白い液体が出ないのでびっくりしたのもありました。

久々に田舎の話がでて飛び付いちゃいました。
時音さんへ
コメントありがとうございます。
兼業農家をなさっおいでなんですね。
自分が口にするものを自分で育成、管理できるなんて最高ですね~。
これからの時代、田畑を持っている人ほど強いです。
姐さんは第一次産業従事者を農作物の商業化とは別にがっつり確保していく国策の制定はよはよと言い続けていますよ。
この時期、すくすくと育つ野菜を見られて楽しいですよね。
もし機会があったら淡路島産のブツもぜひ!w
えむなたさんへ
コメントありがとうございます~。
玉ねぎ大好き仲間ですねw
食ってよし眺めてよし、吊るしてよし!
玉ねぎのあのフォルムも含めてすんばらしい野菜だと思います。
作ってくださる農家の皆さんに心から敬意を表します。
俺の血となれ肉となれ~!えいえいっ!

淡路の玉ねぎはいかがでしょうか?
ぜひ感想をお寄せくださいね。
カフェオレさんへ
おお!淡路島出身とは!
姐さんの人生で二人目だ!w

「俳句で詠む 淡路島百景」という冊子もいただいたのですが、寄せられた区がめちゃくちゃハイレベルなのと、選者の皆さんの選考評が実に的確なのと、淡路島の画像が美麗きわまりないのとでノックアウトされました。
確実に「す、住みたい……」と思いますよねw

姐さんもむかーーーーし上京したてのころ、どんな店でも料理の味がおかしいと思えてなんにも食べられない時期がありました。半年くらい、飢えていました。今思えば「水」が田舎とは違っていたんですね。異質だった。

住めば都と申しまして今では水道水でミントティーをいれて平気で飲むようになりましたが、田舎に行くと「水、うめええええ!」と浴びるように飲んでしまいます。

白い液体が出ない、というご感想につられて思い出しました。
関西の誇り\(^o^)/
淡路島の玉ねぎ!関西人が世界に誇る淡路島の玉ねぎ!
甘くて柔らかくてみずみずしい!
料理が上手になった気がする魔法の食材ですよね!

姐さん、スライスして、
塩昆布(塩吹いてる乾燥したやつ)
と、ニンニク効かせたエクストラバージンオリーブオイル軽くかけて、
試してみて下さい!
超ヤバいですから!
ニンニクオリーブオイルは、
小皿にオイル入れてニンニクスライス浸して、
レンジで1分チンで超楽チンです!

ところで淡路島は、これまた世界に誇る魚の宝庫、
瀬戸内海という宝石箱のような内海に囲まれた島ですが、
ここでは素晴らしく健康で美味な

がとれます!
きめ細かくしっとりとした身が、
歯応えが楽しい皮の下に、
旨味たっぷり香りふくよかにつまっています!
その昔、真夏の炎天下、
桶に入れられて京の都に運ばれ、
桶の水はもはや熱湯と化しても、
ビクともせず元気一杯だったことから、
滋養強壮、夏の風物詩として、
関西人、とりわけ京都人にとっては、
夏の大ご馳走でもある鱧。
鱧なんや!京都人には鰻ではなく、鱧!!
鱧落としは素晴らしいですが、
夏なのに鱧鍋で頂いたりもします。

その鍋の立役者が、淡路島の玉ねぎ!
どっさり!
と、ゴボウ!
を、炙った鱧の骨と昆布のお出しで頂くんです。
甘くてスゴくキレイな味のお鍋なんです!

そして少しイヤな話を(°_°)

淡路島の鱧は、あたしは、間違いなく世界一の鱧だと信じているんですが、
何故かここ数年、お困りの国産が、
高級品
として蔓延っています(°_°)
あろうことかブランド化してる(°_°)(°_°)
曰く、倍ほどもあるサイズで、
身はがっつり脂がのり、ふわふわでクセがなく、
鱧の大トロだと(°_°)(°_°)(°_°)

しかも天然だと(°_°)

そして値段は、淡路島はじめ瀬戸内産の鱧の2〜3倍!
それが韓鱧と称して偉そうに売られています。

あたしには、巨大化肥大化した鱧が健康的とは到底思えず、
クセがないのではなく野趣溢れる香りと風味がないとしか。
てゆうか、ふわふわの身を鱧に求めるか?そもそも??

近所の魚屋の兄ちゃんが、
俺は難しいことは分からへんけど、
中韓から来る魚はマジやめなはれ、
あれは鮮魚やない、
魚に対する感覚が違い過ぎるから、と。
天然ゆうてるけど、区切ってないだけや、
脂ぎったヤバい餌をヤバい海に撒いて、
餌で囲って一本釣り風にしてるだけや、
と断言します。

玉ねぎから派生してこんなネタでスミマセン。
日本が誇るキラッキラの食材たち、
もっともっと正しく認知されて欲しくて!

時音さん、高知の鰹塩タタキ!
素晴らしいですよね!
生ニンニクのスライスと塩とワサビで頂く一本釣りの天然鰹、
素晴らしい!
そしてこの食べ方、
あらゆる魚にマッチしますよね!
鮮度抜群であることが条件だけど、

も同じく塩タタキにすると、超ヤバいですよ(≧∇≦)

以上ながながと失礼しました!
モモさんへ
うおおお!!!なんだ君は!プロか!プロなのくわっ!
エキストラバージンオリーブオイル!
買いに行きますともっ!
塩昆布は常備している!よろしいならばオニオンサラダ!
やってみますやってみます!
嬉しいなあ、新たな世界が開かれる!www

鱧。そんなことになってたんですね、、、、
姐さんは「国産品」にこだわりたい。
日本人を信じたい。

これからも純国産品でみのまわりを固めたいです!
コメントありがとう!
マルイチさんの玉ねぎ
姐様
初めてコメントさせて頂きます。
私も戴いたことがありますが、本当に美味しいですよね!
箱を開けた時に「何て元気な玉ねぎなんでしょう」と
感じる、瑞々しさです。
家族で玉ねぎが好きで沢山食べますが、ここの玉ねぎは別格です。
味が深いです。

それから、淡路島には美しい棚田、鮎やの滝と源氏ホタル、巨石信仰があったり、国生み伝説のイザナギノミコト・イザナミノミコトを祀るおのころ島神社など見所満載なこと知りました。
「淡路百景」で検索すると出てきます。
行って見たいな淡路島!の気分です。

今日は蒸し暑いですが、冷房で冷えてしまったので、コトコト煮込んだオニオンスープを頂きます。










No title
私も関西人なので淡路島の玉ねぎのおいしさに魅了されています。
人気者だけに、スーパーでは必ずしもおいてあるわけではないし、他の玉ねぎよりちょっとお高いんですよね。
で、うちも毎年お取り寄せの箱買いです!
淡路島に観光に行けば、玉ねぎと鳴門ワカメが押し寄せて(?)来ますよ!
淡路島のたまねぎせんべい
今、我が家に淡路島の「たまねぎせんべい」の大箱が
どーんと2箱、鎮座ましましております。
先月、娘が遠距離恋愛中の彼氏(神戸)のところに遊びに行った時
淡路島に行って、お土産に買ってきてくれたのですが
それがとってもおいしくて、大絶賛したら、その彼氏
律儀にお取り寄せをして持ってきてくれました。
が、しか~~し!!コメント欄を拝見すると
オニオンスープなるものがあるのですか?
我が家は、インスタントのオニオンスープに
バケットを乗せて、とろけるチーズでふたをし
トースターで焼いたオニオングラタンスープが大好きなので
次回はオニオンスープを「おねだり」しようと思います。
実にタイムリーな話題に、思わずコメントしてしましました。
届きました! 頂きました!
再び失礼します。
今日玉ねぎさんが届きました。

箱を開けたら、きれいでしっかりした玉ねぎさんたちが。
しかも、送り主さんからの嬉しい心遣いも!
むいてみると、フレッシュで爽やかな香り。
手に残る香りも、嫌じゃないんです。
これが良い玉ねぎなんですね。

まずは小振りな一個をレンジで加熱して、そのまま頂きました。優しい甘みです。ジューシーです。
その後、手製のポン酢醤油とおかかで。
そして夜には、飴色に炒めてスープに。
このスープがですね。

ノクターンな、お味でした。

優しくって、柔らかくって、ほわんとした甘みうまみで。こちら、毎日喜んで飲めます。
本当に、良いお品を教えてくださって、ありがとうございました。
No title
姐さま、お久しぶりです。スケアメのチャットでお世話になりました者です。何度かコメントして以降ずっとロムっていた不届きものでございます。
私、玉ねぎ大好物なので今回の記事も胸躍ったのですがそれ以上に姐さまのお使いになっているお皿がっ!パラティッシではないですかっ~。私と姐さまのお皿が一緒だなんて光栄です!真央ちゃんと姐さまに一生勝手についていきます!
No title
手相見姉様
講演会フォローアップの貴重な時間をいただけたことに感謝いたします。

私自身の思い違い、心得違いを気づかせていただきました。
話をしながら、何でもお見通しで隠し事はできないなぁーと驚きながらも楽しいひと時を過ごさせていただきました。

輝く自分になることを与えられて、この世に存在する生命体の一つとしての人間。
人間の勝手な都合で作られた狭い尺度に囚われてしまい輝きを忘れた自分。

光輝くことも曇で覆い隠すも、すべて自分自身の中にあること。

掃除・掃除~。まず、大切な自分の居場所を磨き上げます!

玉葱に混ぜ物なし日本製のごま油、お醤油をかけても美味です。

管理者にのみ表示