浅田真央の音楽表現(ヤマムロさん・じゅんこさん編)

「見りゃわかるだろ」と放り出しておいたらアカンということで「ヤマムロ」さんが浅田の音楽に対する「表現力」のすばらしさをコメントで教えてくださいました。

また「じゅんこ」さんがNBC制作の動画を教えてくださいました。

ありがとうございます!



---------------------------


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ヤマムロ」さんにあります。



13/10/18 ヤマムロさん
私も同意です
姐さん、ちゃっこさん、cavalierさん。こんばんは(*^^*)

そして、皆さんの熱い意見にウンウンと同意しながら拝見しました。

私以前キムチのステップは減速するって言ったことがあったと思いますが、何が許せないっていったら、音楽の解釈まるっと無視している所なんですよね。つまり、音楽はリタルダントがかかっているわけではないのに、足元の動きは遅くなる。
恐らく連続ターンが下手くそでテンポ通りに出来ないのでしょうが、それにしても「はぁぁ~~~!?(怒)」ってレベルの酷さです。
メロディーにもリズムにも乗れてない。ホントにただのBGMですよ。あれじゃ。

それに比べて、我らが真央ちゃんは素晴らしいのですよ。
白鳥ステップは、あんなに早いテンポに合わせて、5連続ターンを2回もするのですよ。レベル4をとる条件のうち、連続ターンは「種類の違うターンを3つ以上、連続で素早く左右両方向に行う」(他にも条件はありますが、連続ターンについてはこれでした。因に今シーズンからは「素早く」の部分が「明確なリズムに乗って」に変更になりました。あれ~?誰の為~?)なので、普通は3連続ターンが2つの選手が圧倒的に多いのですよ。さらに言えばそこまで難易度上げる必要もないっちゃないのです。レベルが上がる訳ではないので。
でも我らが真央ちゃんは挑戦するのですよ。男子でもやらない難易度のステップを。しかも、あの華麗な音楽を身体中で表現しながら。
あのテンポであの難易度で、驚異的な音ハメをするのですよ。これ以上ないくらいの調和です。

さらにもっと言っちゃうと、アイガットのステップが実はさらに凄いのです!確か四大陸では審判の加点オールプラス3、GOE2.1(係数掛けるとこれが満点です)でした。
詳しく追っていくと当たり前なんですけどね。
白鳥のような5連続ターンはありませんが、やはり音楽との調和が半端ないです。完璧な音ハメ。
特に、最後の方の「タッタタ タタタ」(すみません。スマホなので音楽記号が♪しかなくて…(^_^;))というリズムが3回続くところがありますが、あそこはリタルダントがかかっており、だんだんテンポが遅くなるのです。しかも3回目の時にガクッと大きくテンポが変わるので、動きを合わせるのが非常に難しいです。スケートだとなおさら。
しかし真央ちゃんはそれも完璧に合わせます。しかも、スピードを落とさずに、です。
大きなカーブを描きながら、ファンスパイラルのポーズをするところがありますよね?アウトエッジに乗って片足で滑りながら手足を大きく上げる所です。
あれだけ急激なテンポの変化があるのに、毎回外す事なく合わせてきます。これがどんなに凄いことか!

これが音楽を表現するという事。
これが音楽との調和なのです。

キムチにはひとかけらもありません。


Copyright (C) 2013 「ヤマムロ氏」 All Rights Reserved.


---------------------------




---------------------------


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「じゅんこ」さんにあります。


13/10/19 じゅんこさん
タイトルなし
身体全体で表現するってどういうことなのか
NBCが作成した比較動画を見るとはっきりわかりますね

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9832487?ref=search_key_video

ジャッジがいかにいいかげんな点数を付けているかも

Copyright (C) 2013 「じゅんこ氏」 All Rights Reserved.


---------------------------





人気ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2013/10/19 13:56
コメント
姐さん!
こんにちは。いつも楽しく見ています!動画、あえて音消して見てみました。
皆さんも音消して一度見て欲しい。浅田の方は音楽が聞こえて来るかのようですよ。
スケートで音楽を奏でてるみたい。
しかも体全体で。
キムヨナの方はいかに小手先だけで演技してるのか、音消したらわかりやすいです。
まさに「小手先」 
こんなのが銀河点だったなんて本当に信じられないですねぇ。
あ、姐さん応援してます頑張って下さいね
芸術家から見たバンクーバーのフィギュア
アレの方に投稿しましたが、真央ちゃんの方がふさわしいので、投稿し直します。

真央ちゃんの「鐘」に関して、とても有名な三人のブログがあるのですが、未読の方もおられるかな?と思い紹介します。この方達の評論の1%くらいの事さえフィギュアの専門家さん達(笑)は言いませんからね!

2010年2月に「音楽の大福帳」で作曲家・中村洋子さんが的確な批評をしてくださいました。未読の方は全文を読まれる事をお勧めします。

無断での転載、引用はお断りとあるので内容の抜粋はやめます。審査員に関しても意見をしっかり述べられています。フィギュアの解説者なんて一言も言わないのに!凄く的を得た感想で、流石に芸術家は鋭い!と思いました。韓国の思惑もちゃんと書かれているし!

私の≪浅田真央&キムヨナさんへの感想≫が、東京新聞「こちら特報部」に掲載■2010-02-27 17:14:25 | ■楽しいやら、悲しいやら色々なお話
http://blog.goo.ne.jp/nybach-yoko/m/201002

■≪浅田真央さんへの感想≫についての、驚くほどの反応■
2010-03-05 20:59:41 | ■楽しいやら、悲しいやら色々なお話■
http://blog.goo.ne.jp/nybach-yoko/m/201003

■平均律 1巻 3番 70小節目、なぜ途中で段落を分けたのか?、真央の秘密を解くかぎがここに2010-03-26 17:59:55 | ■私のアナリーゼ講座■
http://blog.goo.ne.jp/nybach-yoko/d/20100326
続きです
【フィギュア世界選手権】 絶対狂人・浅田真央~『鐘』に隠されたメメント・モリを考察する~
http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2010/03/post-fe50.html


こちらは他の方も紹介されていましたが、福山知佐子さんも鋭い感性でフィギュアの事を書かれています。(画家の方からの視点)

フィギュアスケート
http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/cat39903774/index.html

浅田真央 「鐘」  身体芸術  アスリート
http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/index.html#entry-60119954

3月29日

3月28日

浅田真央  「鐘」  身体芸術  大野一雄

3月26日

浅田真央 身体芸術 アスリート

2月28日

感覚 / 浅田真央 鐘
http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/index.html

2月23日
動画、凄いわかりやすくてよかったです!
ひどい採点なのは知ってましたが…(汗)比べるととてもわかりやすくていいですね

日本人の自覚があるのなら、この動画を見てもっと怒りジャッジを批判すべき!!!
キャー(汗)
ヒィー!まさかコメント取り上げて頂けるとは…
なんか分かりにくい説明なのにすみません。
しかもやはり百聞は一見にしかず、じゅんこさんの紹介して下さった動画!クソーン、真央ちゃんの半分位しか動いてないじゃん(笑)
比較動画は沢山ありますが、これは分かりやすいですね~。

ヒロさんの紹介して下さったコラム、読んだことありますが、本物を知る人ってやっぱり凄いって思います。

いよいよスケアメ放送(笑)
実は我慢出来なくて、結果だけはチェックしてしまいました。堪え性のない私(^_^;)
ついでに・・・
ヨナのおかしさを、言いつづけよう
皆さんも、おっしゃっているように、
ヨナの演技を見ていると、なんともいえない
不快な感覚が湧いてきます。
それで、ついヨナの演技は見るのを避けてきましたが、
それではイカン!と最近思うようになりました。

ソチを控え、安藤騒動などいろいろありますが、
やはり、私たちがやらなければならないのは
ヨナの「採点のおかしさ」を繰り返し言っていくこと。
バンクーバーのとき、私は何もできなかった。
あの、苦い苦い後悔と忸怩たる思いを、もう繰り返したく
ないんですね。

それで、ロンドンワールドのヨナの演技を見てみると、
どうしても納得できないことがいくつかありました。

まず、滑りです。
KURUMIさんが起こしてくださった荒川解説によると
「エッジが少しフラッとする場面もあったのですが、うまく
コントロールしてミスに繋げない……」と。
荒川さんは、これをヨナの「強さ」と言っていますが、
私には納得できなかった。たしかに転倒はなかったけれど、
SSで最大級の得点を得る理由にはなりませんよね。

ロンドンワールドのSSを、女子メダリスト3人で比べると
SP=ヨナ8.39、コス8.46、真央8.18
FP=ヨナ9.21、コス8.96、真央8.61
この9.21は、あろうことかPチャンの9.11よりも高い!
(前もここで書きましたが、何度でも書く!)
ヨナの滑りは、あやうい足元をドタバタと踏ん張って維持して
いるように、私には見えました。だからなめらかではないし、
スピードも、音楽を無視してかっとばしているだけ(それも
後半にはガクッと落ちる)。リズムがないんです。

それに、フリーのヨナのPCSは他の要素も9点台がゾロゾロ。
あのステップで! あのスピンで!!(呆)

ところでヤマムロさんは、ヨナのターンを……
「恐らく連続ターンが下手くそでテンポ通りに出来ないのでしょうが、それにしても「はぁぁ~~~!?(怒)」ってレベルの酷さです。
……と書かれていて、激しく同意するのですが、
そもそもヨナって、ターンができているのでしょうか?
私が見たところ、ターンって足元と腰が伴わないと
できませんよね。それを支えるには体幹も必要。
でもヨナは、体幹が非常に弱いので、それをカバーするため
腕を振り回す反動で、ターンしていませんか?
つまり足元がついていっていない。
音楽性がないのもむべなるかな。

ウィルソンは、こういうヨナの欠点を振付でカバーしていますが、
でも最近、私はヨナのプログラムを見ると、背後にウィルソンの
あきらめ半分の、冷酷な視線を感じるのです(いやがらせというか)。
どうせできないんだから、とりあえず適当にとりつくろって、
やらせときゃいいだろう、みたいな。
夏のヨナショーの「イマジン」を、
動画で見たときは衝撃でしたわ。
ホントにホントに、ジョン・レノンに失礼です。謝ってほしい。
いまでも思い出すと怒りがわきます。
あれを「平和のメッセージ」として、
本気でソチで披露するつもりなのでしょうか。
(EXをできるくらいの順位が、とれるでしょうかね)

今季のプログラムは、このEXしかわからないのですが、
さあ、どんなプログラムをもってくるのか。
なんかフリーは「息もできないほど苦しいプロで後悔している」と本人は言っているそうですが。

GPSでは、ヨナが出てこない(これない)間も、
真央選手は着々と、高い技術と芸術性をみせつけていくことでしょう。ストーカー・ヨナはそれを見て、ますますあせるのでしょうか。

スミマセン、長くなりました。

ヤマムロさん、私もアイガットのステップはフィギュア史上
空前のものだと思っているんですよ。
ほかに誰ができますか、あれを。
ヒロさん、中村洋子さんのエッセイをご紹介いただき、
ありがとうございました。
私は、バンクーバー後、ひどく落ち込んでいたとき
中村さんのご意見に、どれほど勇気づけられたことか。
(皆さんも、もう読んでおられることでしょうね)。

今日は深夜2時半から、女子ショートですね。
真央さん!! いまからワクワクして待機していますよ。






3F-3L > 3Lz-3T
3A > 3Lz
3Lz(e)=3F(e)
2A-3T > 3S-2T
3F-2Lo-2Lo > 2A-2T-2Lo
3Lo > 3S
3S > 2A
スパイラル・スピン・ステップ全て浅田が勝っている。
浅田がノーミスで150点いかなかったらどう言い訳するの?
ジャンプの構成だけでも、ジュニアがシニアに対抗するための
難易度アゲ状態なのに・・・ましてや浅田はトップシニア選手よ!
これだけジャンプの難易度上げないとかなわないって・・・・
フィギュアスケート採点がおかしなことになってるからなのよね?
それは間違いないのよね・・・・・
浅田3A.3-3無し。
2A-3T < 3Lz-3T
3F-2Lo > 3S-2T
3F-2Lo-2Lo > 2A-2T-2Lo
3Lo > 3S
3Lo-2Lo = 3Lz
3Lz(e) = 3F(e)
3S > 2A
スパイラル・スピン・ステップは浅田が勝っている。
本来ならこの構成で150点でてもおかしくないのよ!

もう一度言うわよ!
浅田がキムに勝つためには3-3も3Aもする必要ないの!
SPでも同じことが言えるのよ。
3F-2Lo < 3Lz-3T
3Lo > 3F(e)
2A = 2A
スピン・ステップ・スパイラルすべて浅田の勝ち。
本来、どちらかがノーミスであればどちらかが勝つってことなのに
浅田の点数低くして、キムの点数あげた結果が
この難易度への挑戦ってわけ・・・・

はらっぱさーん(T-T)
いい続けましょう!
おかしいものはおかしいと!!

キムチクソーンのターンはとにかくおっっそいんです。
普通の選手はスロー再生しないとステップシークエンスは何やっているのか分からないんです。
ところがあら不思議、クソーンは通常速度でもよーく分かります。だから逆にターンがターンっぽく見えないんです。
一般人がクソーンのステップシークエンスを見て、スッカスカに見えるのは当たり前なんですよ。
だって、他の選手のスロー再生と同じスピードレベルなんですから。
しかも、ターンの時はエッジの切り返しの時の重心移動がスムーズにいかないと減速するので、クソーンはそれが出来ていないものと思います。
ウィルソンは勿論分かっていますよね。イマジンのあの指差し&ピースサイン。何だあれ?って(^_^;)。明らかにクソーンのこと見下していると思うのですが…(^_^;)
ウィルソンがホントにクソーンのファンだって言うなら、あんな安っぽい振り付けしますかねぇ?

因に、我が嫁真央ちゃんはスロー再生でも何やってるか分からないです(笑)目がついていかないです。それくら内容が濃いんですよね。
この記事がこの競技の未成熟さを物語っていますよね。
ステップの細かい技術など分からない大多数の人間からすれば、浅田選手の手の動きなどちゃんと音楽を聞き込んでいるのか?と思うところがあるし、技術的に未熟(この記事を信用するなら)なキムヨナのほうがショーや芸術作品として綺麗にまとまっているように見える。そしてこのような競技の特性上、後者の影響が大きいのもやむなしと思えてしまう。
私は日本人ですので、どちらを応援するんだ!?と問われればもちろん浅田選手と答えますが、それ以上にスポーツのファン。まずはたとえ一国でもプロまたはそれに準ずるレベルの統一された価値判断の基準を示せる組織を作ってから出直してほしい。個人的にはレスリングが除外候補になるくらいならフィギュアスケートはとっくに正式種目から外れてます。

管理者にのみ表示