電通、アジア22カ国・地域における、2018年・2020年・2022年・2024年のオリンピック競技大会の放送権を取得



2022年の冬季五輪が「北京」になったとか。


電通、アジア22カ国・地域における、2018年・2020年・2022年・2024年のオリンピック競技大会の放送権を取得
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0729-004107.html

2015年7月29日

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、資本金:746億981万円)は、社の強みであるスポーツマーケティング事業をさらに積極的に推進していくため、国際オリンピック委員会(IOC)からオリンピック競技大会の放送権を取得いたしました。
これは、2013年に取得したアジア22カ国・地域※における2014年・2016年の放送権に加え、新たに同地域において2018年・2020年・2022年・2024年大会の放送権を取得したものです。

 具体的には、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/韓国・ピョンチャン)、第32回オリンピック競技大会(2020/日本・東京)、第24回オリンピック冬季競技大会(2022/開催地未定)および第33回オリンピック競技大会(2024/開催地未定)、のアジア22カ国・地域における放送権で、テレビ、ラジオ、インターネットを含むすべてのメディアがその対象になります。

 なお、上記期間内に開催されるユースオリンピック競技大会の放送権も、取得権利の対象となります。

※アフガニスタン、ブルネイ、カンボジア、台湾、東ティモール、香港、インドネシア、イラン、カザフスタン、キルギス、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、タジキスタン、トルクメニスタン、タイ、ウズベキスタン、ベトナム。(アルファベット順)

以上

このページに関するお問い合わせ先
株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション局広報部
Tel: 03-6216-8041


「出来レース」とか「予定調和」という言葉しか浮かびません____

「五輪開催は一流国家の仲間入り☆」という幻想を世界のどの地域の人間がまだ持っているのかという話ですわね。

電通はIOCのために広報活動をする会社を作っています。

「出来レース」とか「予定調和」という言葉しか浮かびません____

IOCは2024年もなりふりかまわず「アジア」で開催するんじゃないですかね。

あと、次回冬季五輪の開催地なんですけど、姐さんは「もう一回ソチ」じゃないかしら~と思っています。
「そうなってほしい」という願望でもありますけど。

ただねえ、夏と冬と国に五輪を招致するために、ニセメダリストのアレを無理やり仕立て上げておいて、招致だけで力尽きた南朝鮮を見ていると「おまえら意地でも開催してみやがれ」とも思います。
「日本にたかることなく意地でも自分たちだけで開催してみろ」ってね。

ただ問題が山積しすぎて「無理」だろうな~。

かといってIOCは絶対に責任を取らないだろうし、いったい何人死ぬんだろう。そもそもマジで開催されたら選手に死人が出るでしょうね。

ひたすらIOCの五輪ビジネスに反吐が出ます。

電通もいつまで我が世の春とばかりに日本を踏みにじっていられるやら。




↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
東京五輪、日本の政治 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/31 21:11
コメント

管理者にのみ表示