146個のメダルにドーピング疑い~英紙




146個のメダルにドーピング疑い~英紙
2015年8月3日 11時20分
http://news.livedoor.com/article/detail/10423990/

イギリスのメディアは2日、2001年以降に開催されたオリンピックなどの陸上競技で、全体の3分の1にあたる146個のメダルについてドーピングの疑いがあると報じた。

これは、国際陸上競技連盟が選手5000人以上に行った血液検査のデータを、イギリスの新聞「サンデータイムズ」が極秘に入手し、再検査した結果を報じたもの。2001年から2012年までに行われたオリンピックや世界選手権の中長距離の種目で、全体の3分の1にあたる146個のメダルで選手に異常な数値がみられ、ドーピングの疑いがあるという。特にロシアは獲得したメダルの80%以上で選手に異常な結果が出たとしている。また、日本も調査したデータのうち、5%で疑わしい数値が出たとしている。

世界反ドーピング機構のリーディー会長は、十分な検証結果ではないとして「できるだけ早く調べる必要がある」と述べた。また、機構として早急に調査に乗り出す考えを示した。





↓ せっかくのいいコメントもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/08/03 20:09
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示