「黒」確定か!「半値ダンピング報道」のNHKから返事がこない~



大変よ!NHKが「やらかした」可能性が大よ!

非公開コメントでBさんが教えてくださいました!

ソチオリンピック前、1月26日日曜日21:00からBSで放送した「NHKスペシャル 金メダルへの挑戦 浅田真央 最後のトリプルアクセル」を見ていたのですが、その番組内に、浅田選手の助走速度を湯浅元教授と同じ数値、バンクーバーは6.43m/秒、今回は6.54m/秒、として放映していました。


コメントでお名前の一部が欠落していましたので追加します。

> 浅田選手の助走速度を湯浅景元教授と同じ数値、バンクーバーは6.43m/秒、今回は6.54m/秒、として放映していました。
> 浅田選手の助走速度を湯浅景元教授と同じ数値、バンクーバーは6.43m/秒、今回は6.54m/秒、として放映していました。
> 浅田選手の助走速度を湯浅元景教授と同じ数値、バンクーバーは6.43m/秒、今回は6.54m/秒、として放映していました。

ちょっとNHKさん!
どういうことなの!

この番組の映像をお持ちの方はぜひ確認なさってくださいな。
そして「にゃ、ニャンだと~!」とべっくらしてくださいな!

うわ~、これはちょっと見過ごせないわね。

NHKからの回答が待ち遠しいわ~。
「悪意を持って」やらかしたのなら許せないし、
「間違えました☆てへ」ならなおのこと許せないし、
「無視無視無視!」ならもっと上のほうから調査依頼をすることになるでしょうし、

なんでこういうことをするのかしらねえ(溜息)。


(1)2014年02月07日の記事では 「6.54m/秒」。
(2)2014年01月26日のNHKの番組では「6.54m/秒」。
(3)2015年08月05日のNHKの番組では「3.7m/秒」。←なぜ!?


(*1)
浅田真央 進化のトリプルアクセル 自己と向き合った4年間の集大成
ソチ五輪特集(3) フィギュアスケート
2014年02月07日(Fri)  玉村 治 (スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3575?page=5

(*2)
2014年1月26日(日)21:00
NHK BSで放送した「NHKスペシャル 金メダルへの挑戦 浅田真央 最後のトリプルアクセル」浅田選手の助走速度を湯浅景元教授と同じ数値、バンクーバーは6.43m/秒、今回は6.54m/秒、として放映

(*3)
アナザーストーリーズ「宿命のトリプルアクセル それぞれの選択」
8月5日(水)午後9時00分~午後10時00分
8月11日(火)午後11時45分~午前0時45分(再放送)
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3444/1453013/index.html

うわ~カネとってこれなんだーー(驚愕

有料チャンネルでこれなんだーー(驚愕

嘘でも流しちゃっていいんだーーーーーー(痛烈な皮肉


契約なさっている皆さんは怒ったほうがいいと思う。カネ取ったあげくに嘘垂れ流しってあんまりじゃありませんか。

しかもBSではちゃんと湯浅教授(当時)の数値を使っているのにBS プレミアムになったとたん半値ダンピング。

これ、出演者であり、インタビューに応じていた腰みのさんこと荒川酋長は知っててスルーしたんですかね?



そもそもものすごい高さでふっとんでいくみどり神の3Aと、細い軸で回転速度でぎゅるぎゅる回りきる真央の3Aと比べる意味ってあるのかしら?って話なんだけどね。
比べて、だからどうなんだって思うけど。
どう回ろうと回っていればいいわけで。
おサトのジャンプに難癖つけるのと一緒よね、って言いたくなるわ。


1_201508260321270ea.jpg

2010年の時点でこれだけの「演じ分け」ができていた浅田真央。
しかもこのポジションですよ。超絶高難度。かてて加えて美しい。

なんでスケート界の大御所にして稀代の天才振付師、「キングメイカー」と言われたタチアナ・タラソワ先生の言葉より、浅田真央をけなしまくる「お笑い芸人」や「コメンテイター」や「文化人」や「アナウンサー」の言葉にのせられる人がたくさんいたんでしょうね?

見りゃわかるじゃん、と姐さんは今でも不思議でならない。

浅田真央の演技を見て背骨がへし折れるほどの衝撃を感じなければならない、と某コーチばりに言い切ります。
修造ならわかってくれるだろう、この台詞。

2010年のバンクーバーのこのときだって世界一だと思ったけれど、あれから彼女は更に磨きをかけ続け、ほとんど現実離れのした夢のようなスケーターになってしまった。

信じがたいほどの極みを越えて、さらにさらにはるかに遠くで、浅田真央は踊っていた。

今でも「あれは夢だったんじゃないか」と思えるほどの、衝撃的な舞でした。

真央を知り、好きになり、応援してからこの方、ずっとずっといつの時でも「真央は最高だ、素晴らしい」と思い続けていたけれど、過去のいかなる時点におけるより、「本当に最高」の真央になっていた。

これ以上伸びる余地があるのだろうかと、マスター・ノブーオがソチ前に「ルッツとフリップとスピード」とあげていた三点など、らくらくと凌駕して、おそらくはただただ見惚れる他はない極みに達してしまっている。

とんでもないことだ。恐ろしいほどの努力だ。努力の天才が「スケートよりほかに道なし」と断じて努力を続けたら一体どういうことになるのだろう。
ソチよりも、たまアリよりも、われわれは更に美しく更に磨き抜かれた「浅田真央の真実」を目にすることになる。


・・・本当に、驚くべきことなのです。

浅田真央の「身体能力」は実は「普通」だと言われている。
さまざまな立場の人が証言している、突出してはいなかった、普通の少女のものだったと。
トリプルアクセルを最初に決めたのも、お姉さんの舞ちゃんだった。

だからこそ、すごいのだ。

「普通」の少女が「努力」によって、ひたすらなる「己の意志」ひとつによってここまでの輝きを放つに至ったということが、
そもそもありえないほどの稀有な事態で、だからこそ、すごいのだ。

その真央のトリプルアクセルに対しNHKは「謎の数値」を出してきた。

なぜ「それ」なの?と視聴者としては確認せざるを得ないわけです。

まさかのほっかむりってことはないでしょうなあ、NHK。

回答がもらえるまで問い合わせをしたいです。

皆さんも、「自分が疑問に思ったら」ぜひ。

だって「どういうつもりなのか」をぜひ知りたいじゃ、あ~りませんか(笑)。

おかしなことを言う人には「どういうことか」って言った本人に確認するのが一番です。

NHK(笑)。


NHK問い合わせページ
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
NHKテレビの捏造報道 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2015/08/26 03:32
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 僭越ながら
コメントありがとうございます。

ご指摘の通り教授のお名前の一部が欠落していましたので訂正しました。
ありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 訂正お願いします
非公開コメントのRさんへ

コメントありがとうございます。

ひいいいい!うっかり未来の預言かよ!と思ったら誤字でした。ご指摘ありがとうございます。
光の速さで訂正しました!
すみませんでした~

しょっちゅうなのでまた何かありましたらぜひ!教えてください。感謝です~
普通の少女じゃありません
おかしいじゃないですか。どこが普通の少女なんですか?
小さい頃からどれだけ将来を嘱望されてきたかは、活字で残っています。「早く世界のジャッジにお披露目したくて、海外試合のできるジュニアに上がるのを、ノービスの頃から待ちかねていた」連盟。「真央が大きくなったら誰も勝てないんじゃないか」と口をそろえていたプル、キャンデロロ、安藤美姫など、スケーターたち。
小さい頃から体操もバレエもやり、肩はしっかりしていて回転力があり,身体コントロールと空中感覚やバランス感覚があり、しっかり必要な訓練は行き届いてます。あと、筋力やエッジ感覚を身に着けて、コンパルソリーもうまい。
まんべんなくよいので、かえってどこかが突出して見えないくらい。
フィジカルの数値は野辺山で採っていたはずです。
凡庸な子供にあれだけの期待もしなければ、必要なトレーニングもすべて連盟が持ってやらせたりしません。
むしろ、それだけの内容があるから、浅田真央を勝たせないためには、ルールや解釈を弄繰り回さないといけなかった。
そのように見ています。
スウェーデンでトリプルアクセルなしでも逆転優勝をした。
それが浅田真央の実力です。
かえってトリプルアクセルが、実力を見るのにマスコミ用の目くらまし的になってしまっていたかもしれません。
あるいは可愛い見かけが。
いずれにしても、テレビ局のスタッフの見る目のなさにはほとほと嫌気がさします。マスコミ汚染が一番ひどいですね。

管理者にのみ表示