「日立さん」からの誠意ある回答に涙した



「TBSブルーリボンバッジ悪用事件」に関する問い合わせの日立さんからの回答です。


××様

  新秋の候、××様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
また、日頃は日立家電品を御愛顧賜り、厚く御礼を申し上げます。

この度は、弊社の宣伝活動および、弊社が提供いたしましたTBSドラマ「八剣貴志」に関しまして貴重な御意見を賜り、重ねて御礼を申し上げます。

弊社は日頃より御客様からのご要望、御期待にお応えすべく、正しくかつ有益な情報を、品位をもってお伝えすることを基本理念に据え宣伝活動を行っております。

もちろん提供いたします番組に関しましても、その理念に基づき厳選した上で提供いたしております。

しかし誠に残念ながら、番組内容の詳細部分に関しましては、当方が、放送されます事前に知り得る事が非常に困難な状況にございまして、その部分に関しましては制作テレビ局の良識に頼らざるを得ないところがございます。
 
ところが、結果的に弊社が提供いたしました番組に、今回このように社会的に到底容認できない内容が含まれ、多くの方々を傷つけました事は、全く弊社の本意とするところではなく、非常に残念に思うところです。
 
  今後、弊社提供番組におきましては、今回の反省に基づき更なる厳しい目で選択いたして参りますとともに、TBSサイドに対しても再発防止と番組制作に対する姿勢の改善を強く要望いたします。

何卒、御理解のほど、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

また御承知とは存じますが、このほどTBSのホームページに謝罪文が掲載されておりますので、念の為、御報告申し上げます。

この度は貴重な御意見を賜り有難うございました。
今後も何か御意見がございましたら、御一報賜りますようお願いを申し上げます。

 天候不順が続いておりますが、××様をはじめご家族の皆様がご健勝にお過ごしになされますよう、心よりお祈り申し上げます。


本件担当:日立アプライアンス メール問い合わせ係


姐さんは返信されたメールを読みながら涙をぼとぼと落としました。
そして「これが普通の感覚だろう?これが普通の日本人の想うことだろう?」と何度も何度も思いました。

「到底社会的に容認できない」と思うのが当たり前だろうと、そしてそれをはっきりと返してよこした日立さんに「ありがとう」と思いました。

この事件が発生した構造的な問題はいくつかあります。

まず、広告代理店は「CM枠」を売っている。
買い手である日立さん等が「買うとき」には番組内容が「わからない」。
もちろんテレビ局側が用意する企画書や概略などは出されているとは思いますが、姐さんが今回問い合わせた11社のうち回答があったところのすべてが「事前に内容がわからない」という一文を含んでいました。
スポンサーの責任逃れ、と決めつける前に「買う前に内容が不明なまま金を出させる仕組み」そのものも「異常」だと思います。
だってテレビのCMが1本幾らだと思います?

買う前に内容がわからない。

せっかく出した巨額の代金で日本をおとしめ、日本人を傷つけ、日本人を苦しめる内容の放送をされ、「こんなひどい番組のスポンサーなんだ」「××は不買をしよう」とレッテルを貼られてしまう。

これ自体「異常」ですよね。

そもそもテレビ局は視聴者からの血を吐くようなクレームすら「これだけ反響がありました~☆」といいようにカウントする。本当です。だからテレビ番組を見ていておかしいなと思ったら徹底的にスポンサーに言うのが吉です。だってクレームすら内容を無視して「数」にまるめて利用する相手ですから何を言ったって通じない。キチガイ体制を堂々と敷き続ける相手には兵糧攻めが一番です。

問い合わせの際にSNS、ブログなどで回答をシェアさせてもらう、だからそれがだめなら理由と共に可否を教えてくださいと書きました。
日立さんは公開NGとは書いてなかった。そしてこれだけの「きっちりしたコンプライアンス」を示してくれた。

窓口の独断とは思いません。公開していい、との前提ですからこれが日立さんの意志であろう。

次に家電を買うときは逆に日立さんのものを、と思いましたね。

順次スポンサーからの回答をのせていきます。

一番ダメな回答をしたところが「絶対に公開するな、著作権はこちらにある」と恫喝してきたのには笑いました。
無視よりはいいようなものですが火にガソリンをぶっかけてどうするんだって話です。

それと日立さんからの回答にあった「TBSホームページの謝罪文」ですがあれは「詫びていない」です。わたしは謝罪とは認めません。「他意はなかった」とオスカープロモーションと完全に一致した文章を掲載している。示し合わせて責任逃れ。

他意はなくてなぜわざわざこのためにバッジを買い、悪人にだけつけさせるのか。
バストショットではっきりと「ブルーリボンバッジである」とわかるように繰り返し画面に映した。これが他意ではなくてなんなのか。


もし自分が拉致被害者だったとしたら、わたしは「絶対に誰かが日本から助けにきてくれる」と信じるだろうと思います。「絶対に日本に帰る」と。そうでなければ生きていけない。こんな生き地獄の中で何をよすがに、何を支柱に生きればいいのか。

死なずに待つ、待っていてくれるはずの人を「国家として」取り戻すのが当たり前だとわたしは思う。

その血のにじむような努力をかくも悪辣に、浅はかに、愚昧に玩弄嘲笑したTBSの罪は思い。

人でなし、と断じます。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
TBSブルーリボンバッジ悪用事件 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/09/20 23:27
コメント
0と1は違う
姐さん、その節はいろいろありがとうございます
日立さんの回答、胸あつです。ぜひ多数の人に読んでもらいたいです
ブルーリボンバッジの悪用問題、私は官邸へメールしました
ネットではこの事件の反響がすさまじく、有志がすぐに文章を作成して拡散してくれました
余命さんの官邸メールの号外として官邸メール自動ソフトには、号外8号で採用されました
号外メールの文章は、全部ネットの俺らが考えたものです
このメール以外にも、自分なりの意見を官邸に送っている人たちが沢山います。
政治家が動くより、私たち無名の市井の人間からの意見の方が、各監督省庁は動きやすいそうです
だったら、メールしないと!!
でも、一番はスポンサーへのメールですよね、高須先生の例もあるし
このような問題に敏感で誠意をもって対応する企業と、そうでない企業との選別ににもなります
今度は企業へメールしますね
この問題は電通やマスゴミによる報道統制と利権問題も含んでいます
そう簡単に幕を下ろすわけにはいきません(他にも色々ありましたしね)
HPに謝罪文らしきもの載せたくらいで済むとおもうなTBSです
0と1は違うんだと教えて下さったのは、姐さんやここに集う皆さんです、ありがとうございます。
めぐみさんやその他拉致された人たちを必ず日本に連れ帰る!
だから私は自分のできるこてをやっていきます(コツコツと官邸メール・入管通報、リスト作りをしています)
他のスポンサーさんからの回答、楽しみです

No title
いつも貴重な情報をありがとうございます。
日立さんの家電は純国産のものが多いです。この夏我が家ではこの理由でエアコンの白くまくんを購入しました。
また近所には中央研究所があります、ここは武蔵野の原生林を広範囲に残しており、春夏秋冬広葉樹林をたのしめます。年2回春と秋には普段は関係者以外立ち入り厳禁の敷地を地元に公開してくれています。この雑木林を残すのは大変な経費がかかると聞いていますが、創設者の意向を尊重し頑張ってくれているようです。公開日はネットわかるようですので一度いらしてくださいね。

管理者にのみ表示