安藤美姫を「ヘブンちゃん」と呼ぼうかと思ったけどやっぱやめるわ

安藤美姫はモスクワワールドで引退してスケート競技から去って、今露出しているあの人はミキムチだって言ってきたわね。
昨日、ある画像を見たせいであたしこれから「ヘブン」ちゃんと呼ぶことにしようかと思ったんだけど、安藤のエゴサーチに引っかからないと指摘されてやめることにしたわ。

いいあだ名だと思ったんだけど安藤大先生に当方の意見も御自らエゴサーチしてせっせと御高覧願いたいものね。ぷぷぷ。

ヘブン大先生はいつまでマスコミに露出して恍惚としていられるのかしら?

子育てと五輪出場のどちらも本当にはヘブンちゃんには必要のないものなのよね。こうして一時的に取り上げられて「すごいですねー(棒)えらいですねー(棒)」と言っていられれば大満足。

むなしいわね。

あたし複数の出版社の人間に興味本位で冗談で「ヘブンちゃんを使いたい?」って聞いたのよね。答えは皆さんの想像通りよ。すごい回答をいただいたわ。
でも、それは書かない。「今の安藤美姫に幾ら出すか」も書かないわ。ヘブンちゃん陣営の目論見とはずいぶん違っているみたいよ。
「何をするかで相場が違う」って、完全に××としか見られてないわね。どうでもいいけど。



ちょっとショッキングな画像があるから注意してみてね。

というかもう見なくていいわよ。安藤の話題なんかムカつくものしかないもの(笑)。


TOTAL OLYMPIC LADIESに出演し完全にヘブン状態のヘブンちゃん。


ヤバイわね。口元なんか完全に心霊写真になってない?見た瞬間「うわぁ・・・」って引いたわ。
こういう怨霊を具象化した能面があった気がするわ。やだやだ。


CAPYgs7.jpg


過去には「オードリー・ヘップバーン」と自称していたヘブンちゃん。


安藤美姫のつぶやきや言動を考察するスレ @ ウィキ
の記事、武士の情けも品切れですに画像があるわ。

オードリー・ヘップバーンじゃなくて劣゛~り・ヘブンばーん!ちゃんね。





人気ブログランキングへ
関連記事
元・安藤美姫 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2013/10/20 15:16
コメント
姐様、沢山の更新ありがとうございます。
朝から色々なブログを渡り歩き、真央ちゃんの美しさを堪能し、
町田くんの活躍に嬉しさ反面、ソチへは誰が行くの~?
と、複雑な思いでスケート浸けの一日です。

・・・ヘブンちゃん。
聴こえはなんか可愛らしいのですけど~。
うちの娘が「ミキムチ」のネーミングを大変気に入っております故、
出来れば変えずに頂きたいです(=^・^=)
これは私だけが思っていることかもしれませんが。。。
安藤さん、泉ピン子に似ていませんかぁ?
今よりも、数年前特にそう感じていました。
ピン子さんの顔の輪郭がもう少しシャープだった頃かな。
あ、でもこれは単なる悪口になってしまう?
・・・と言うと、ピン子さんにも失礼ですね。

大きな画面で見る真央ちゃんを皆さん期待していらっしゃる時に、
こんなおかしなコメントで失礼しました~。

今夜の放送、また昨年の映像入れたりして無駄な時間を費やすつもりでしょうかね。
タクタミちゃんとかはばっさりカットでしょうか。
全部の選手を放送するからこそ、良い演技をした選手の素晴らしさがわかるというのに。
オードリーって…
姐さん、なんにも考えないでクリックしちゃいましたよ、おそろし画像。短期間にこんなに酷くなってるなんて…てか顔色茶色くなってるし…。おまけにオードリーって何のこと?って、好奇心でアチラも見に行ってしまいました。(泣)だだでさえ視力弱ってんですからダメージ勘弁してください。
ああ早く、大画面のラベンダー真央さんで浄化しないと。
最近安藤さんのことを脳内でミピティ(MePity)と呼んでいます
ソフィア・ローレンとかも言ってましたよね。あれはトリマキが言っていただけかな?

寝言は寝ていえって感じです。
好きなスポーツ選手2013
オリコンが発表した「好きなスポーツ選手2013」です。

真央ちゃんに好感をもてる理由も納得です。

女性8位以外の方々には、うんうんと納得なのですが…

http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/766/#rk
オリンピックシーズンでしょう?
えっと…この人オリンピック目指してるんですよね?それもあと4ヶ月後に迫ったソチですよねぇ?マスコミ大嫌いなんですよね?他の選手がこれやったらフルボッコされちゃいますよね?それとも私の知ってるマスコミとこの人が知ってるマスコミは別の世界のことでしょうか?姐さんがおしっしゃる通り「安藤美姫さん」と「ミキムチ」って別人なんですね。
人の容姿について言うのは憚られるものですが、これは絶句してしまいましたよ・・・。
どんな世界の人を見ても思うのですが、やはり魂の質というのは顔立ちに出てくるものですね。
ヘブンちゃん節炸裂中〜〜
http://www.absoluteskating.com/index.php?cat=interviews&id=2013mikiando

いやだもう何このインタビュー!
むかつくっ!!!

一番目指してないとかソチ目指してないとか言えば言うほど
酸っぱいブドウにしか聞こえないってーの!
某所に能力者様が!
44 :氷上の名無しさん:2013/10/22(火) 22:32:48 ID:OqT3YIf2
>>28 ゼエゼエこんにゃくしてみたの
まだ続くけどべらべらと大したことは言ってねー
質問に対して回答がおかしい、唐突に会話口調、「良い事です」連呼は原文ママ
出産後の復帰は「挑戦」だそうで____誰かから借りた言葉ニカ____

>試合に復帰するきっかけとなったことは?

復帰を決めた第一の理由は私のファンです。この2年間、ファンからはたくさんの手紙が届き
そのほとんど全員が私の競技結果は気にしないと書いていました。
私が氷の上で戦っているところが見たいのだと。これで競技者として戻ってきやすくなりました。
もうひとつの理由はもちろん、私の娘です。
競技者としてカムバックしトップスケーターと戦うことは、良い挑戦になります。
これを彼女に見せることができます。まだ理解はできないかもしれませんが、
将来私が話してあげられます。これが復帰した理由です。

>競技中、娘さんはアリーナにいるのですか?

オーベスドルフは、SPの間は眠っていて、FPの時はホテルにいました。
ショーにはもういくつか来ていて、多分楽しんだのではと思います。

>母親になったスケーターの多くが、出産後はスポーツ中にもっと穏やかでリラックスできるように
なったと言います。あなたもそうですか?

多分そうですね。この試合ではもっと緊張すると思っていました。でも大丈夫でした。
もちろん少し緊張しましたが、同時にここにまた居られることをとても楽しめました。

>出産後に氷上に戻るとき、精神面と身体面のどちらが大変でしたか?

身体面です。精神的にはスケートをすることがとても幸せでしたが、
身体的には準備ができていませんでした。筋肉も、体調も、全て。
オーマイゴッド、すごく大変でした。

>家族や友人があなたの復帰の決意を聞いたときの反応は?

家族は私を娘としてだけでなく、スケーターとしても気にかけてくれます。
ですが、スケーターとして私をサポートしてくれる人の何人かは「子供を産まないで」と言いました。
でも私は本当に娘にさよならを言いたくなかったので、産むことを決めました。
もちろんとても大変ですが、私には挑戦です。家族は私をサポートしてくれ
色々と手を貸してくれますし、友だちもとてもわくわくしています。

>ホームで練習中には誰が赤ちゃんの面倒をみていますか?リンクに連れてきていますか?

練習中は私の母が面倒をみています。私が子供だったときと同じです。
私の母も父も働いていたので、家では祖母が私と一緒にいました。
このような家族をもつことは良いことです。

>赤ちゃんに初めてのスケート靴を買うのはいつの予定?

もしスケートに興味があると言ってきたらスケート靴を買うつもりですが、強制はしません。
でも既にたくさんのショーを見に来ているので、こんな風に私の後をついてきていたら多分
「ママ、私もスケートしたい!」と言うでしょうね。

>出産後に人生の何が変わりましたか?赤ちゃんがもたらしたものは何でしょう?

人生がすごく明るくなりました。すごく緊張していたり練習で疲れていても、
彼女の顔を見ればまた笑顔になれます。彼女は人を笑顔にする強いパワーを持っています。
私だけでなく、母や弟も彼女を見れば笑顔になります。私の元気のもとです。

>赤ちゃんは良い子ですか?

はい、よく眠ります。でも私のメダルを食べようとします(笑い)。
自分のおもちゃだと思って、食べられると思っています。
ネーベルの銀メダルは彼女へのプレゼントになるはずです。
ドイツ連盟には招待していただき本当にありがとうと言いたいです。
日本の連盟は、私がナショナルチームに入っていないため試合に派遣することができませんでした。
なので、それでもオーべスドルフで試合ができたことに感謝しています。
私にとって本当に大きなチャンスでした。

>復帰をしたのは主にファンのため、ファンが氷上で作りだすものを見たいからとおっしゃいました。
>でもそれはショーでもできますね。

私も同じことを考えていましたが、日本人は競争を見るのが好きです。どうしてだか分かりません。
私はショーでも同じように人に力を与え、感情を見せられると思いました。
試合の方がもっと興奮するというのは、日本の文化だと思います。
なので、いいわそれなら、私はファンから力をもらったからそれを返すわ、と言いました。
これが復帰した理由です。
某所の能力者様続き
46 :氷上の名無しさん:2013/10/22(火) 22:33:40 ID:OqT3YIf2
>>44つづき

>今季の目標は?

今年は五輪の年ですが、五輪のことは一度も考えていません。
ナショナルを突破しなければならず、日本では本当に難しいことだからです。
今はソチのことはあまり考えていません。まず私はナショナルチームに入っていないので、
チームに戻る必要があり、それからナショナルの出場権を取る必要があり、
それからトップスリーに入る必要があります。(←は!?トップスリー???)
すごく大変。でももし五輪に出られるチャンスがあればもちろん出ますし、ベストを尽くします。

>日本で女子のトップスリーに入るには何が必要でしょう?

ただ上手くスケートして、ミキアンドウとしてパフォーマンスするだけ。
トップスリーに入るには、本当に上手く滑る必要があります。
点数をつけるのはジャッジで、私たちではないので、私が言えるのはベストを尽くすということだけです。

>あなたの公式バイオにはコーチの名前がありませんね。

でも、今はコーチがいます!今日からです!Valter Rizzoです。
この試合の間2日間だけ彼と練習したので、協力することに決めましたが、すごく感謝しています。
最初の試合なのに超緊張というわけでなく、リラックスできました。
彼と一緒にいることをとても楽しめました。私を信じてくれますし、私に集中してくれます。
私も彼を信頼しています。昔からお互いによく知っていますので、うまくいくと思います。

>現在までは一人で準備したのですか?

はい。もちろん日本にはテクニカルコーチはいます。初めのころに習い始めたコーチで、
技術は彼女から習いました。ジャンプを取り戻すにあたり、すごく協力してくれました。

>コーチなしでモチベを保つのは大変ではなかったですか?

大変なように思えますが、一人の場合でもどのように保つかはニコライモロゾフから習いました。
なので私にとってはそんなに難しくありませんでした。
最初はどのジャンプも跳べなかったので、一人で滑るのはとても快適でした。
大勢の人と一緒に滑ったり、たくさんのコーチの前で滑るよりは、日本で一人で滑る方が良かったです。
何を言われるか分かりませんでしたから。

>ジャンプを全て取り戻すにはどのぐらい時間がかかりましたか?

最初のルッツは9月上旬に着氷しました。ジャンプは全てダブルから練習をやり直す必要がありました。
最初の3か月はダブルで転倒して、トリプルはひとつも跳べませんでした。
なので陸上の練習をたくさんしました。復帰にあたりとても厳しい訓練をしました。

>つまり女性スケーターは子供の頃ジャンプを覚え、その後体型が変化したらまたやり直し、
>そのから出産した場合は、3度めにまたやり直す必要があるんですね。

誰しも怪我をしますし、その時は全て最初からやり直す必要があります。
でも練習すれば体が覚えるし、体型も戻せれば、ジャンプも戻ってきます。
これを理解したのは将来にとって良いことです。私はコーチになりたくて、それが夢なので、
自分自身が練習しなおす経験をしたのは良いことです。
設定を紙に書いておけとあれほど___
亀吉さんではなかったですか、設定を紙に書いておけと忠告していたのは!!こいつの目の前でうぜええええええええええと叫んでやりたいです!!
安藤さん…
>日本人は競争を見るのが好きです。どうしてだか分かりません。
私はショーでも同じように人に力を与え、感情を見せられると思いました。
試合の方がもっと興奮するというのは、日本の文化だと思います。

なんか…言い表せないほど気持ち悪い…
あなたはどこの国の人なの?どこから目線なの?
あなたに「日本人」も「日本の文化」も語って欲しくない。
No title
うわぁぁぁ~~~!!

自分が競技にもどりたかっただけでしょう!?

なんで
「望まれて~」って構図にしてんの!!

いやいやそんな妄想、バレるって!!



あ、もるさん情報ありがとうございます。

妄想癖まででてきたの・・・?
どんどんkyに似てきてるね・・・・。

安藤先生の文化論
文化というか、認知度や浸透度の問題もあるよね、日本はエンターテインメントとしてみるよりは、まだ「試合を見て、アイスショーに人が集まる」状態。百年構想で考えないとね。今のスケート連盟には一生無理な課題だけどwww

サッカーがいい例なんだけど、(1991年だったかな)プロリーグが出来てから、代表選手もプロリーグの選手もどんどん上手く強くなった。メキシコ五輪の銅メダルなんて奇跡、釜本なんて生きる伝説よ。サポート体制が強化され、企業が支え、観客も増え、サッカー選手を目指す子供が増え、各自治体・市民もサッカーチームで赤字出しながら町おこし(良くないけどw)、で、今に至る。鹿島アントラーズなんか、そこら辺のおばちゃんが「あのディフェンスがどうのこうの」と舌戦を繰り広げるんだからw。恐ろしいwww。でも、やっとここまで来たという状態。スペインあたりでは、選手経験のない体育の先生が監督になってたりするからね。監督としての腕が確かなら選手の実績がなくても良いなんて日本ではありえないよね。サポーターがサッカーをよく知り、生活の一部みたいなものだから可能なのだと思う。彼らだってそこまでなるのに百年近くかかってるからね。

アイスショーを常時気軽に楽しむ状態になるなんてまだ先でしょう。アイスショーも真央ちゃん大ちゃんが引退したらどうなることやら。リンクが閉鎖されていくご時世に。
安藤さん、興行って人を呼べば簡単に集まり運営でき利益を出せると思ってないかしら?その大変さ、真壁さんに聞いてみたらw。

それからフィギュアスケートはスポーツよ、試合の方に興奮するのは、「下衆の極み」みたいなこと言わないで。引退間際で試合に勝てる自信がなくなり、逃げ道として突然アーティスト面するんじゃないの。4回転の練習は何のため誰のためにしてたの?試合に人が集まるから日本でもアイスショーも頻繁に開催されるようになったじゃない、これ、ほんの数年前からよ。自分の置かれていた環境がいかに恵まれていたか解らないのね。

「お客さんが選手を育て、選手がお客さんを育てる」これを忘れないでほしい。選手が猛練習の末、高度の技を習得し、自分を表現する喜びを知り、一人前の競技者に成長していく過程を共に喜び、良い時も悪い時も一生懸命応援するのは「日本のアイドル文化」と似てるよね。それはね、ある意味日本人は優しいのよ。未完成・完璧じゃなくとも応援し、お金を払ってくれるのだから。

そういえば、フランスは試合の観客席がスカスカでもエキシビションになると突然満員になるよねw解りやすい国民だな。

管理者にのみ表示