浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態




浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/sports/8926

自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。

「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。

「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)

今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。

「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」

五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。

(週刊『FLASH』3 月11日号)





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
ソチ五輪・劣悪な「アルメニアのリンク」問題 | コメント(19) | トラックバック(0) | 2015/11/18 20:03
コメント
悲しいことを思い出してしまいました、でも・・・
このニュース・・・
真央さんは、文句ひとつ言わなかったんですよね。スケ連に対して(;_;)
その時の真央さんの気持ちを考えると、今でも胸が痛みます。
あまりにも残酷。あまりにも非情。
真央さんが金メダルをとるために、バンクーバー後の4年間、どれほど努力をして、悲しい思いも乗りこえて・・・

真央ファンなら、思い出したくない“仕打ち”ですが、目をそむけていてはだめですよね。
真央さんがリンクに立ち続ける限り、ファンもともに戦わなければ!

文句も言わず、顔にも出ない、本当に凄い人です。
アルメニアのリンクでは、
魚の目が痛いとうるさく泣き叫んで邪魔した人もいました。
真央ちゃんなら痛くても黙って耐えると思います。
なんなんだ!!
選手や選手の関係者にひどい事言うって…。

なにやってんだよ。ムカつきます。

マッチーや高橋ダイちゃんだって怪我などはありましたが、連盟が大切にしていたらもう少し選手生活続けてくれたんじゃないかな。

悲しいです。
もうちょっと、追記
書かずにおれなかったものですから。

本当にあともう少しで、自分の夢に手が届きそうなところで、自分の身近にいる人たちに邪魔されるって、一体どれほどの絶望を味わったのだろう・・・

でも、あれだけの仕打ちをされて迎えたソチの“伝説のフリー”が、全世界の人の心をうち震わせ、希望の光を差し込ませたんですよね?(少なくとも私にとってはそうだった)彼女が世界中のファンに見せたものは、決して絶望ではなかった。このとき、点数やメダルよりも遥かに尊いものが存在するのだと思い知らされました。
やはり、真央さんは特別な人なんだと、つくづく思います。
△△障害の人
> 痩せたいママ様

いましたね~!
彼女こそ虚言や被害妄想など見苦しく勝手放題なのに誰も批判しませんよね。
おまけに現在はいきなり特強の振付師にチャッカリ収まって大々的に宣伝。
村主さんやキャシーさんなど本当に頑張っている人たちにしてみたら怒り心頭な存在なはずです。
No title
週刊誌報道で信憑性は『?』ですが
真央さん、周囲に「連盟って何なのでしょうね」と
周囲に不満を漏らしていたと報じられてました

あれだけ忍耐強い真央さんでさえ不満を漏らすくらいだったのだから
連盟の対応はよほど酷いものだったのでしょう

思えば例の妨害発言騒動についても真央さんはじめ日本の選手が某国からあらぬ疑いをかけられ
口撃されていたにもかかわらず
連盟は一切抗議もせず真央さんを庇おうともしなかった。

私たちはこの連盟の仕打ちを忘れてはならないと思います
No title
ソチでの酒盛り・・・、ご丁寧にテレビ放映までしていましたよね。見ていて吐きそうでした。
「そうよねぇ、あんたたちにとって大事なのは、そっちの金メダルだけなのよね。お隣と何か取引でも?」って思ったのは忘れません。
あれが余りに強烈だったので男子フィギュアに拒否反応が出ていましたが、最近やっと見るのが楽しみな選手たちが出来ました。ストレスゼロで応援出来て幸せです。
No title
確か連盟会長さんも酒盛りをされていましたね。
この方は、羽生選手にもSPの後は、脅しそして、帰国後の表彰式では嫌味
ご両親には、ソチのメダルセレモニーの家族パスを渡さないという仕打ち
もしかしたら、フィギュアだけの問題でもないのかもとも思ったのは、私だけでしょうか?

No title
「△△障害の人」
「彼女こそ虚言や被害妄想など見苦しく勝手放題なのに誰も批判しませんよね」

ここは実名を出さなければ誹謗中傷しても良いんですね。
驚きです。
なんか
あっこちゃんの事ですか?障害の人って失礼じゃないですか?
本当に障害もってる人にも失礼ですよ。
上から目線過ぎませんか?
りかちゃんもあっこちゃんのスケート好きだし振り付けお願いしたんじゃないでしょうか。

それってダメなんですか?
木ばっか見てないで森を…
私はアッコさん大好きでも嫌いでもないけど、良くも悪くもアッコさんがなにしようがなんかの脅威にはなんないし。
それよかGGが大人の都合で第二のキムヨナにされないか先行きが心配ですことよ。
「これが世界一の料理だ!」と無理矢理にキムチ食わされ続けた次はハンバーガーなのかしら?
暗い森には要注意だわ。
No title
GGだけがエッジエラー見逃しで大化けしているわけではありません。
メド子もフルッツがずっと見逃され続けています

ロステレコム杯全競技が終了しましたが
メド子が跳んだFSのタノルッツは踏切はがっつりインサイドでした。
https://www.youtube.com/watch?v=aJTewII2Ff0
(5:50あたりのスロー映像再生速度を0.25倍速にすれば
インサイド踏切がさらにはっきりします)
真央さんが同じ跳び方をしてe判定を受けましたがメド子は認定。

ハァ?!!なんですけど(▽Ⅲ▽♯)
真央さんがいい演技しても彼女だけは回転不足やエッジエラーが厳しくとられ
他の選手は回転不足やエッジエラーは見逃されて得点がどんどん吊り上る

ジャッジはどこまで腐っているんでしょうか

エッジエラー
megumiさん、いつもありがとうございます。

今年のメドベちゃんとGGのエッジエラー見逃しはわかりやすいです。
ロステレコムSP,ラジオノワ選手も3T回転不足に見えました。
女子はロシア勢のPCSが高すぎ。
皆さまいい選手ですが、ジャッジは公平とは言えません。

エッジエラーやURでマイナスつけられるか多少ミスがあってもプラス貰えるか、毎回やられる選手のとそうでない選手では当然心理的負担や構成などの作戦面でも変わってきます。

宮原さんのPCSの伸びなさ(SSや丁寧な所作はもちろん、去年のワールド銀メダリスト)、昌磨くんのステップでレベルが貰えない、ここらへんもいちゃもんレベルだと思ってます。足元とかINやTR、どこを見ているのか不思議です。

誰もお気に入りの選手や日本選手だけに高い点数をつけてほしいなんて思ってないはず。
全日本のジャッジも気になります。

関係なくて恐縮ですが、世界野球プレミアの日韓戦の監督采配や一部のジャッジも、不可解すぎて話題になっています。
誰が主役ですか?
確かソチ五輪の開会式だったと思うのですが、選手入場行進の時、日本選手団より前に真っ先に会場に現れたのはJOCや各連盟幹部の皆さんだったと記憶しています。
あまりにもはしゃぎ過ぎの態度と溢れんばかりの笑顔に、最初は「やけに老けた選手達だな」と思っていたのですが、その御一行から少し距離をおいて本物の若々しい選手の皆さんが現れた時には、「醜悪な物を全世界に発信してしまった」という無念な気持ちで一杯になりました。

今回の記事の内容と直接の関係はないかも知れませんが、ふと思い出しましたので、コメントさせていただきました。
再投長文ご免なさい
むむむ…しょーじき、
ISUは各国連盟相手に小遣い稼ぎの採点配慮サービス業でもしてるんですかねって思っちゃうレベル。
もちろん、選手達は悪くない。
"希代のなんちゃってヘッポコスケーター"なんてのはさすがにいませんから。
しかし、あまりに露骨にやりすぎたキムが去ろうが、そもそもあんな状況を放置してしれっとしてる運営団体なんだから何にも変わってないんだよな〜と。順番ずっこ感覚で各国のロビー期待してさらに体質的におかしくなってるかも。
ってあきれます。
何よりも腹たつのはISU、各国スケ連ともに「ジャンプの判定なんて黙ってりゃシロートが見たってわかんねーよ」って今だに思ってそうなところ。競技ファンと選手をも馬鹿にしてるよね。あきれる傲慢ぶり。
そして選手の為の仕事はしない日本スケ連。反吐が出ますな。

真央ちゃんは誰が見ても文句のつけよう削りようがない、ぐうの根も出ない究極を目指すんだと思いますが、それは彼女のやり方なんですよ。真央ちゃんが何も言わなくても、見せられてる私達には私達それぞれの見え方考え方があり、真央ちゃんとも同じじゃない。私自身はこんな不可解な大人達の不条理なやらかしを大人しく見守ってらんねーです。ジタバタします。
審判するテクニカルスペシャリスト達の尺度は試合、選手に関わりなく常に同じで当たり前なんじゃないの?スペシャリストなんだからさ?と憤懣やる方ないです。なあに?甘めのテクニカルスペシャリストに当たったらラッキー♡とかそんなバナナなの?バカなの?

おかしな采配したように見えてしまう評価なんて高くても低くても、最終的には回り回って選手にとって不幸でしかない。もう、キムみたいな不幸な選手は見たくないんです。
GPF進出規定
ISUがTEBの処遇とファイナル進出規定を改定しました
http://static.isu.org/media/256791/1980-isu-gp-fra-2015-partial-cancelation-info-to-members-public.pdf

TEBについてはこれまで有力視されていた通り
SP順位を最終順位としてポイントと賞金、WSのランキングポイントが与えられることになりました

ファイナル進出規定については
1.2大会ポイント合計
2.1大会最高順位
3.2大会のSP合計
4.出場大会数(2大会>1大会)
5.2大会の出場人数
6.上記基準で決まらない場合はファイナル進出
GPSランキングでTEB出場選手が補欠1位になった場合は特例としてファイナルに進出させる
となりました

この新ルールで救済されたのは宇野昌磨、GG、パトリック・チャンの3人になります
(Pちゃんの合計Pは22でGPSランキングは3番手ですが、
NHK杯に出場する羽生、コフトゥン、ボーヤン、グラント・ホクスタインがポイントを上回っても
スケカナを優勝してTEBにも出場していますので
最低でも補欠1番手以内には入ります)

男子は補欠1番手になる可能性がチャンまたは村上大介になりますので
出場選手は「7」になります

羽生、コフトゥン、ボーヤンが表彰台、ホクスタイン4位
→羽生、コフトゥン、ボーヤンは3~5位で、チャンは6位で進出。村上大介が「特例措置」で進出

羽生、コフトゥン、ボーヤンが4位以内でホクスタイン2位以内
→1位、3位の選手とPちゃんは進出。ホクスタインは4位選手とSP勝負でかい選手が補欠。

羽生、ボーやんが表彰台でホクスタイン2位、コフトゥン4位
→羽生、ボーやん、Pちゃんはファイナル。ホクスタインとコフトゥンのSP合計勝負。
コフトゥンは4位以内なら自動的に救済。
ホクスタインはSP合計がコフトゥンを上回らない限りは×

羽生、コフトゥン、ボーヤンのうち一人が5位以下、ホクスタイン2位以内
→ホクスタインと4位以内に入った二人、チャンが進出。ダイス「特例」

羽生、ボーヤンが4位以内、ホクスタイン2位以内、コフトゥン5位
→羽生、ボーヤン、ホクスタイン、チャンが進出でダイス「特例」

羽生、ボーヤン4位以内、ホクスタイン3位以下、コフトゥン5位
→羽生、ボーヤン、チャン、ダイスが進出、コフトゥン「特例」

となります

女子は宮原知子or本郷理華orアンナ・ポゴリラヤが補欠1位になる可能性が高いので出場選手はそのまま

パトリック・チャンはもうほぼファイナル進出決定したと言っていいのかもしれません

後はダイスが救済されるかどうか、です。
なんとかファイナルに進出できるといいですね
訂正
パトリック・チャンはNHK杯で誰が上位に来ようと
補欠1番手以内が確定しましたのでファイナル進出決定となったようです


1.羽生、ボーヤン、コフトゥンの3人が表彰台
→表彰台3選手とパトリックが確定、村上に特例措置。

2.羽生、ボーヤン、コフトゥンの3人は4位以内でホクスタインが2位
→コフトゥン4位なら表彰台選手とパトリック進出。コフトゥンに特例措置。
コフトゥン以外ならホクスタインと4位選手のSP合計勝負で上位選手だけが進出。

3.ホクスタイン優勝、羽生、ボーヤン、コフトゥンが2位~4位
→コフトゥン4位なら表彰台選手とパトリック進出。コフトゥンに特例措置。
コフトゥン以外が4位なら表彰台選手とパトリックのみ進出。

4.メンショフ優勝、ホクスタイン2位、羽生、ボーヤン、コフトゥンが3位~5位。
→コフトゥン4位なら上位4選手とチャンが進出。コフトゥンに特例措置。
コフトゥン以外が4位ならメンショフ、3位選手とパトリック進出。ホクスタインは4位選手とSP合計勝負で上位選手のみ進出。

5.メンショフ以外が優勝、ホクスタイン2位。羽生、ボーヤン、コフトゥンが3位~5位
→パトリックと2位~4位選手がファイナル進出。村上大介に特例措置。

パトリックは確定でコフトゥンも4位以内は自動的にファイナル進出となります。

女子は本郷選手がSP合計点で4番手、タクタミは5番手なので
特例の適用可能性はかなり低いです。
「浅田選手とワグナー選手のどちらかが優勝、下位選手が7位」
または
「浅田、ワグナーが上位2位。宮原、ポゴリラヤ以外の選手が3位」
という条件にならない限りは本郷6位、タクタミ7位にはならないかと思います

結果としてパトリックとコフトゥンに甘い救済措置となったような気がします
Pチャンは・・・
>megumiさん
PチャンはN杯の結果にかかわらず6位以内確定では?
N杯で同時に22ポイント以上になるのは最大4名で、最低1名は22ポイントですよね。
22ポイントで並んだ場合は最高順位が1位ですので・・・
先ほどのコメント・・・
どうでもいいコメントでしたね、すいません。
ファイナル確定に変わりは無いんだから・・・
細かい事が気になる性分なもので。(笑

管理者にのみ表示