よいお年を



毎年叫んでおりますが「また今年もなんにもしないうちに終わっちゃったよーーー」というかんじです。
今日で一年が終わりだなんて!
「フィギュアスケート十大ニュース」とかやるまもなく!終わりです!ひい!
・・・・・・「フィギュアスケート十大ニュース」、考えていたんですが、「真央ちゃん復帰」で全部ふきとびましたwww
一位から四十七位ぐらいまで「真央ちゃん、復帰」です。てへ☆

来年もいろいろと面白いことができるよう、今年一年のあれやこれやをふりかえりつつ、2016年も良い年であるように、と念じたいと思います。

フィギュアスケートの不正採点を見逃すことは、他のすべての不正と悪意を「わかっていて放置する」のとまったく同じことだと思います。

嘘はよくないし不正はただされなければならない。

そのためにできることをできる人が「やり続ける」ことが今後いっそう大事になると思います。

われらが真央ちゃんがくれたワンモア・チャンス。

わたしたちは真央ちゃんの努力と栄光と輝きとを見て、そして「では自分はどうするのか」「では自分はどう生きるのか」をあらためて問い直す機会に恵まれたと思います。

姐さんはキム・ヨナ箱には行きたくない。

全人類を二分したら、どうにかこうにかであってもいい、「浅田真央箱」に入れるように来年も努力したいと思います。

そこは努力した人が報われる場所。
人をうらやんだり嫉んだり、きったねえ手段で足を引っ張ってキム・ヨナ商法で偽りの栄冠にウットリする人はいない場所。

チャレンジは常に弱い自分、だめな自分、小さい自分を「乗り越えていく」ためになされる場所。

そして弱いからこそ、だめだからこそ、小さいからこそ、そんな自分をまるごと受け止め、大切にし、「だからこそ」尊い自分独自の輝きを存分に放つことができる場所。

広々と明るい大空のもと、胸を張って生きられる場所。

世界を平和にしたかったら、まず自分が平和であればいい。

不正をさせたくなかったら「自分は」不正をしなければいい。

みんながそんなふうに生きる世界はあっという間に変わるでしょう。

ローリー・ニコルの発言は重いです。彼女は「真央はキリストだ」と言っているのも同然だから。「真央がいるところに平和がもたらされる」と彼女は言った。かなり思い切った発言です。

ロシアでは「真央を見習え」と自国の選手を育てている。真央の人柄、真央の練習量、真央の熱意、真央の情熱、真央の「愛」を「見習いなさい」と育てている。


では。彼女の母国、日本では?

わたしたちは真央をも含めた選手の努力にふさわしい取り扱いをしてきただろうか?本当に?

できていないのだとしたら、何がそれらを邪魔するのか。

カネか利権か面子か恨みか。

そういうじめついた「超どうでもいいこと」で動く人が、動かされてしまう人がいなくなれば、世界はどんなに清々しく明るくなっていくだろう。

世界を変えるたったひとつの方法は、「あなたが変わること」だと姐さんは思います。

それは今この瞬間から実行できる。今この瞬間から。

やるかやらないか。それ以前に「やる」と決めるかどうか。

わたしはよく申し上げるのですが、「やりかた」は考えなくていいんです。むしろ、やり始める前に最善の方法なんか、いくら模索したって「わからない」。無数にある選択肢からミスのない唯一の正解をみつけることはできません。
それよりも大切なのは「やると決める」ことなんです。

世界は「あなたの決意」を待っている。

あなたが「では、どうするのか」を宣言するのを待っている。だからこそ「決める」だけでいい。あとはあなたが生きる一歩一歩が最善の道となってまっすぐに目標に向かって連なっていく。あとからふりかえってみたら「ああ、これでよかったのだ」と思える道が自動的に「あなたが生きたあと」にできるんです。

怖がることも迷うこともない。「こう生きる」と決めるだけ。

久美子先生がおっしゃっていた。「あとは勇気だけ」。

真央を見ているとそう思う。彼女は正しい。あんなシナリオクラッシャーはいない。薄汚い思惑だの策略だのでせっせとどぶ川を深くしたってそのはるか上空を軽々と飛翔していく。

だいじょうぶ、真央は最後に帳尻をあわせて「全部もっていく」人ですよ。ずっとそうだった。

現代日本において浅田真央を上回る徳義、倫理を備えた人間がいるだろうか。
彼女の「心」は世界で一番美しい。だから彼女がすべきことは「どこでジャンプをとぶか」「どこで手を上げるか」「どこでターンをするか」という技術的な話だけでいい。

ジャンルは違うがヴァイオリンの先生だったドロシー・ディレイがそうだった。
音楽性とか曲の解釈とか一切言わない。彼女はただ「そこでピッチを上げて」「ここはゆるやかに」「ここはタ・タターン」というようなテクニカルな指導だけだった。それだけで演奏者独自の「表現」と「解釈」が見事に花開く。ディレイ先生は「どう演奏したらちゃんと聞こえるか」だけを指導した。でも、結果、彼女の教え子は綺羅、星のごとく音楽史を彩る名演奏家になっている。

今の真央にもし言えるとしたら「神に奉納する気持ちで踊ったらどうだろう」ということだけ。

真央は「その境地」を知っている。初めてのワールドタイトルホルダーになったとき、トリプルアクセルで異様な転倒の仕方をして、足もブレードで切っていた。でもただちに起き上がりどこで演技に戻ろうとリンクをすみやかに滑走しながらタイミングをはかっていた。「あーあ、やっちゃった」と思いながらも「よし、できる!」「いこう!」という思いは消えなかった。

あとで「神様がいた」とおっしゃっていたあの演技。

「その境地」に正気を持ったまま到達し、歓喜とともに地上に舞い戻ることができる稀有な逸材として、あえてけだし天才であろう、とあらためて思わずにはいられない。

普通の人は、つぶれます。もちこたえられない。日常とのギャップに呆然としたり、「その境地」をどうあがこうとも人にまるごと伝えることは「できない」ことに絶望したり、あるいは捏造得点でうかれあがってもんどりうってころげまわって増上慢の天狗になって「俺は超特別☆」とか言い出すからねwwwwwカッコわるーwwww自分に自信がない人ほど「おしつけがましく」なるんですよね。「すごいと思え!」って。思わねえよバーカバーカwwwww
姐さん、スケートが上手で体幹がしっかりしていて見ていてスカっとするスケーターが好きなのwww「病んだマレー熊」は好きになれない_____

※個人の感想ですwwwwwww

真央は真央でいればいい。それだけでみんなが嬉しい、という超すごい人だから。

ママごと、ファンごと、その境地にぶっこんでしまう稀有な人。



姐さんは「二万年にひとり」のとんでもねえ奴だと言い切ります。



ではでは。

皆さん、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

来年もどうぞよろしく。姐さんは姐さんにできることを続けます。
できればそれが大爆笑の痛快事で、「だよねー!!!」と皆さんに思ってもらえることだといいなと思います。

徳は弧ならず、必ず隣あり。

真央を見ていて、思いました。


真央が「ひとりではない」ように、わたしも、あなたも、思いを通じてひとつに結ばれている。
その思いができればさまざまな方面で、あらゆる色合いを備えたうえで、強く、太く、美しく、織りなされていくといいなと思います。

そのほうが絶対おもしろいwwwww



どうぞ良い年をお迎えください。

新世界でお会いしましょう。






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2015/12/31 15:26
コメント
よいお年を!
>真央が「ひとりではない」ように、わたしも、あなたも、思いを通じてひとつに結ばれている。

これ、姐サマのブログを見たり、ツイッターのTLを眺めたりしたら、しょっちゅうそういう思いにさせられます。『ご縁』てこういうことを指すのでしょうか。

年末の日韓外相会談にはぶったまげましたが、何か日本にとっていい方向に行きそうですね。姐サマ、読者の皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

追伸;
>新世界でお会いしましょう。

↑姐サマ・・・大阪ですか?
姐さま
今年もたくさんの記事をありがとうございました。
真央ちゃんの放つ輝きに導かれて、私も「こうありたい」と願う世界を、ヨタヨタとした歩みながら、求めていきたいと思います。
姐さま、読者の皆さま、よいお年をお迎えください!
真央ちゃん先生
姐さま
いつもありがとうございます。
今年は自分がいかに足りない人間か、なのに努力の出来ない人間かと(分かってはいたつもりですが)心底痛感しました。
頭が悪くて勉強してもなかなか身に付かず亀の歩みではありますが、真央ちゃん先生を見て気を引き締めたいと思います!
姐さま今年もあと僅かとなりましたが、いいお年をお迎え下さいませ。
(☆好きのウリ、副会長様のせいでゾラ癇癪!w)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
姐様明けましておめでとうございます。今年もここにこさせてもらいます。ありがとうございます。今年も真央ファンの皆様、真央ちゃん、姐様にとって良い年になりますように。
あけましておめでとうございmす
姐さま
あけましておめでとうございます
思えば、姐さまをきっかけに出会った方々と、ソチを見守り
真央ちゃんの復帰を見守ってきました
一人だったらきっと、どこかで心折れていたでしょう
でも、みんながいたから乗り越えられた
姐さまがおっしゃるとおり、その思いを強く、太く、清く織り成していけたら…
と改めて思いました
今年も色々な事が起こるでしょう
でも、それに惑わされること泣く、まずは自分が変わることを目標に頑張っていきたいと思います
時節柄、お体ご自愛くださいね
また、お邪魔します
初めまして
いつも楽しく勉強させて頂きながらブログを拝読しております。
いつもはROM専なのですが、一年の計は元旦にありと言うことで、自分の言葉を形にしていきたいと思い初めてコメントを入れさせていただきます。
真央さんの事から始まり、神道、皇室まで大変勉強させて頂き、自分で考える事と選びとる事などをしなくてはいけないと強く感じました。
ただ素通りする事は易い、ただ言葉を発して関わっていく事は大変ですが、自分の為にもなるべく出来る範囲でたくさんの関わりを作っていきたいと思います。
今年も姐さまのブログに元気と気づきをおすそ分けさせていただきながら、自分なりに一歩ずつ頑張って行こうと思いました。
いつもありがとうございました。
そして今年も姐さまのブログを読みながら楽しく過ごしていきたいと思います。
乱文長文失礼しました。
神様の通訳者
姐さま、皆様あけましておめでとうございます。

年末は姐さまの言う通り、隅々の埃を見つけては、「うはっ!あった」と喜び吸い取っていました。。
見えないところの埃を掃除すると不思議なもので、部屋がすっきりと清浄になりますね。

年末に子どもと多神教と神様とキリストの話になり、
「キリストは神さんの通訳者で、人間の目に見得えるように
工夫して人間界に送りこんだんではないかな」との結論になりました。

真央ちゃんも、通訳者のひとりなんでしょうね。
だからニコルさんわかってらっしゃる。
タラソワさんもモチロン!!

「狭き門より入れ」
聖書の言葉を読み返すと、真央ちゃんの生き様そのまま書いてあります。
不思議だけど当然ですよね。

年越しに姑がマイルド真央ちゃんファンとわかりびっくり。
「ジャンプに苦労しているけれど、滑りがすごくいいの」だそうだ。
お義母さん今度一緒に、真央ちゃんショーに行きましょう!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示