浅田真央、スケートアメリカ優勝!グランドスラム達成!

浅田真央!

グランプリシリーズ7大会すべてで優勝経験アリ、という生涯グランドスラム大達成!

マスター信夫のめざす「1度や2度転んでも優勝できる(すべてにおいて高質の演技ができる)選手」になりましたね。

買収ではなく技術で。

もっと点出せや!という検証はひとまずおいていて、真央ちゃん、優勝おめでとう!

早速いただいたちょこさん、ヒロさん、モモさんのコメントを記事にしました。

皆さん、大いに「おめでとう!」を叫んでください!あたしも叫びます!!!!

いいものはいい!俺の嫁見ろやゴルァ!!!!!!!



人気ブログランキングへ
---------------------------


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ちょこ」さんにあります。


13/10/21 ちょこさん
タイトルなし
こんにちは!
真央さん、スケアメ優勝そしてGPシリーズ全大会コンプリート!!
おめでとうございます!!
今回、PCSも8点台後半がかなりついて、シーズン中盤には9点台にもいくつか乗るんじゃないでしょうか?

スケアメの報道を見ていて、なんとなく流れが変わったというか、
真央さんに風が吹いてきているのを感じています。
日本のマスコミはそう簡単には信用しませんが、海外のメディアも
絶賛しているのが嬉しくて。
アメリカの報道も見ましたが、なんとなく、真央さんに好意的に書かれている(記者が真央さんに好意を持って書いている)ような印象を受けるんですよ。
演技のすばらしさもですが、インタビューでの穏やかな受け答え、感じの良さ、タラ・リピンスキーに「会えただけで感激」と言って、タラさんからも「とっても可愛いくて、そして努力家ですばらしい」と言ってもらえ、アシュリーも真央さんの実力を讃えるコメントをされています。
なんだか、真央さんの良さが、どんどん世界に発信されているような気がしているんです。
※例外としてシカゴトリビューンのスポーツライターでヨナ信者のphilip Hershだけ、皮肉たっぷりに真央さんのこと書いてましたけど。(この人はフィギュアを見る目がない人でいつもあきれます。)

あのノクターンの美しさを見て、力づくのジャンプやガシガシ漕ぐフラットエッジスケーティングのヨナとは全然違う価値を、多くの人々はフィギュアに見いだすんじゃないでしょうか?
あのフワフワなフィギュアスケート、それがどれだけの技術に裏付けられているかを知るんじゃないでしょうか。

まだ、そう簡単に油断はしませんが…
今回の優勝を見ていて、私にはそれがすごく嬉しくかったです。

Copyright (C) 2013 「ちょこ氏」 All Rights Reserved.


---------------------------


---------------------------


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ヒロ」さんにあります。



13/10/21 ヒロさん

優勝おめでとうございます!

1位 浅田真央 jpn日本 204.55
http://www.youtube.com/watch?v=gEDqxxlVhWk&feature=player_embedded

プロトコルFS
http://www.isuresults.com/results/gpusa2013/gpusa2013_Ladies_FS_Scores.pdf

Copyright (C) 2013 「ヒロ氏」 All Rights Reserved.


---------------------------



---------------------------


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「モモ」さんにあります。


13/10/21 モモさん
真央ちゃんはオマケも桁違い!
姐さま、皆様、こんにちは!

仕事の合間のランチタイムですが、ガマンできないので叫ばせて下さい!

真央ちゃんおめでとう!!!

3年前にマスターノブオと目指した理想のスケート、一つや二つのジャンプミスなんかでビクともしないスケート、すでにそのステージをクリアしちゃったことを、まさに世界中に証明してくれた真央ちゃん!ただただもう、盛大な拍手を贈りたいです!

目指した理想のスケートに、ここからさらに磨きをかけて、どこまでも高みに上ってくれるはず!どんどん、上っちゃって、真央ちゃん!ついでにジャッジの連中、ぶちのめしちゃって!!!

しかも、前人未到のグランドスラムのオマケつき!

桁違いですよね、あたしたちの真央ちゃんは!どうよ、世界中の皆様、どうよどうよ!!!

早く帰宅してヒロさんが貼って下さった動画が見たいですーーー!


Copyright (C) 2013 「モモ氏」 All Rights Reserved.


---------------------------




人気ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(28) | トラックバック(0) | 2013/10/21 13:15
コメント
http://espn.go.com/espnw/news-commentary/article/9855159/espnw-japan-mao-asada-pushes-boundaries-wins-skate-america-gold-ashley-wagner

ワグナーもぶっちゃけてるし、ラジ子かわいいし、真央はウリの嫁だし。
グランドスラムは雪ちゃんずしか達成してないらしいです。ダンスと男子はまだ誰もいないはず。(
いたら教えてくださいmm
姐さん&亀吉さん
嫁阻止、断固阻止。

記事ありがとうございます。
某所で、アシュリーの発言読みましたよ。
スポーツマンらしくて、すごくうれしかった。
そうだよね、その姿勢が本来正しいはず。
タラも可愛がってくれてるし、ラジ子はまおまおしてるし、
本当にうちの嫁の為にありがたいです。
真央ちゃんは弥勒菩薩で阿弥陀如来なので嫁とか阻止です
グランドスラム
姐さん、初コメントです。ブログ開設当初から拝見拝読させていたでいています。

今回のグランドスラムはギネス登録できないのでしょうか?ついでに今シーズン中に誰かのインチキ最高得点も更新して正しいギネス記録に塗り替えちゃって欲しいです!
姐さん、今後とも男前な?記事よろしくお願いします。
すみません
間違えて送っちゃいました。

別記事でマスター信夫発言コメントしたら、
姐さんも記事で書いててくれて、うれしかったです(*´∀`)人(´∀`*)
マスター信夫は素晴らしいですね。
高い要求に答える真央ちゃんも、もちろん素晴らしいです。

腰や足の痛みがあるのか心配ですが、
スタッフさんケアお願いしますね。
男女初のグランドスラム
真央選手!! 優勝おめでとうございます。

これで、GPSの全試合で優勝しましたね。
これはヤグ、プル、スルツカヤでもなしえなかったことで、男女通じて初めて。

ジュベールは、中国杯を残していましたので、何度かトライしましたが(本人も渇望していましたね)、結局できず。

ずっと休まず続けてきた真央選手が、むくわれたようで、とてもうれしい。
本当に本当に価値のある勝利だと思います。

ところで、ユーロの解説で気になることが。ショートの時にはいなかった女性解説者が、ヒステリックに真央選手をけなす?ようなことを言っているようなのです。
私は全部聞き取れていないのですが、いつもの男性解説者が(採点が出る前に)「真央選手が優勝だろう」「ワグナーは2位」と言っても、「Idon't know」。この女性は、他の選手のときも、男性解説者とけんか腰でやりあっているようなので、そういう人なのか、という気もしますが。

真央選手には、周囲からどんな声が聞こえても、わが道を進んでいってほしいですね。ま、これまでもそうでしたから、心配していませんが。
ファンも、何があってもあまりヤキモキせず、見守っていきましょうね。
ああ、でも、ソチまでは「短いようで長い」。
私も叫びます!

真央ちゃんおめでとぉぉぉぉおっ!!!!!!!!!!!!!!

そしていくら姐さまでも 嫁阻止ぃさせて頂きます(`・ω・´)キリッ
何度でも♪♪♪諦めません

フリーの赤リップ&赤ネイル
エキシの赤うるリップ
なかなかに素敵でしたね☆


マスター信夫がコーチについたとき、『3年待って下さい』と言ってから3年後。1度や2度のミスでは負けない高難度ばかりのプログラム、質のいいエレメンツ。二人が目指してきたものが、もうすぐ完成する。
アスリートとしての姿勢も、人としての姿勢も、素晴らしいから海外の方々も尊敬するんでしょうね。コメントを聞いてても、嘘とは思わないし、思えない。

嫁争奪戦…(( ̄_|プププ
表彰式もgood!
≪解説無し≫フィギュアスケート 2013 スケートアメリカ 女子表彰式
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22089174

取り敢えず、ここまでの嫁とか全力で阻止!
あんまり言うとキムチ投げんぞ

という事で姐さん、みなさんこんにちわ
真央ちゃんおめでとうございます。
次の試合までに身体のケアをして欲しいです。
お尻とか腰とか足首とか、もう怪我だけが心配です。
今回の納得いかないところにメラメラと闘志を燃やしてそうなウリの嫁ですが
キチンとケアして次に、ソチに繋がりますように。
表彰式を見たわ!
ヒロさん、いつもありがとう!
浅田、「俺はなんで転んじまったんだ!」って顔してるわねw
泣き笑いよ、ほんとにこの人は・・・!

浅田って腕力あるわよね、あのデカい花束をがさっと持ち上げて手を振ったわ。いつも思うんだけどNHK杯のデカいトロフィーとかも普通に持って滑ったり歩いたりしててすごいわよね。

浅田がコールされたときラフがかかってステップ始めちゃうんじゃないかしらってどちどちしたわw

ラジオノワちゃんがちっちゃいわ!そしてワグナーは表彰台からおりるちっこいちゃんに手を貸してサンキューって言われてたわ!好感度アップね!ドヤ顔は大健在よ!メダルのかざし方も絶対鏡を見て練習済よ!

浅田!おめでとう!

実は皆さんのフリー演技はまだ見てないのよ。ちょっと野暮用でね。

結果はわかっているのに怖いわ。でもがんばってこれから見るわ。
はらっぱさんがご指摘の件、動画を検索して見てみました。
私もすごく英語ができる方ではないですが、出来なかった所も冷静に指摘してくれるのが海外の解説でいいところだと思っていたのでそんな放送があったと聞いて驚いています。

女性解説者が男性解説者の話を遮っていきなりキレたのには驚きましたが、結局浅田選手の演技がその女性解説者の方の好みではなかったのでしょう。

高難度の構成を予定しているので、ある意味賭けみたいな部分が嫌だったのかな。だからってそんな怒らなくてもいいのに、と思いました。

I don't knowは得点が出てないから、「分からないわ」という感じなんでしょうね。
全体的にずいぶん突き放した言い方でした。演技に完璧はないけど、変な解説でしたね。

浅田選手はしっかり課題が見えていると思います。次の試合に期待大です!!
心配。
姐さま、はじめまして。
いつも小気味よいブログ、楽しく読ませていただいております。

真央ちゃん、おめでとうございます!!
グランドスラム、素晴らしいです!!!
ルッツもフリップも見分けられない素人ですが、真央ちゃんの演技はいつも何か心揺さぶられるものがあり、いつも応援しています。
でも今回のフリーは何か体が重そうに見えました。
ショートでは感じなかったのですが。
キス&クライで、トリプルアクセルの転倒でぶつけた?的なことを信夫コーチに腰に手を当てて話していたので、本当に心配です。
集大成と決めた今シーズンですから、今後の試合も万全の体制で頑張ってもらいたいです。
特に何もありませんように…。

これからも姐さまや皆さまとともに応援していきたいと思っています。
これからも楽しい記事、期待しています!
キスクラで佐藤信夫コーチに『お尻痛い・・・』って言いながら手で腰の辺りをトントンしてましたね。
演技中ずっと痛かったんだろうな。
お尻に青タン出来ちゃったかな。

リンクが狭いのもあったのかセカンドトリプルはお預けになったけど、
初戦でこの出来!まだまだシーズン始まったばかり!
これからの真央ちゃんを思うとワクワクが止まりません(*´▽`*)
怪我のないよう頑張って欲しいです♪
はいはい嫁はみんなそしね
どさくさまぎれに嫁とか言ってるの全部阻止!dbnぶつけるぞ

真央ちゃん優勝&グランドスラム達成おめでとうございます

腰と足が痛そうだったのが心配です
たいしたことありませんように


とりあえず、ここまでのウリ嫁阻止!!

ウリ嫁巻きます、GPSコンプリートおめでとうございます!!

はらっぱ様、キリン様のおっしゃってる女性解説者は、某所の方によりますと、ジョアン・コンウェイ アルベールビル18位の選手だそうです。(某所の方、勝手に投下してごめんなさい)

みどり様がピアコンで銀の時の選手らしいので「日本人」「みどり様の妹弟子」「3アクセル」「ピアコン」等々、コンプをこじらせてるのかもしれません。
(あと○○マネーとか???ウリよくわかりませんぐw)

まだ時間がなくて少ししか見てないのですが、足と腰が心配です。

さて、ウリ嫁堪能の旅に出てこよう。



真央ちゃんおめでとう!!すごいすごい!!
live映像で見れましたがなぜか音出ず…でもすごかったです。3Aこけましたが他のジャンプはまとめたし、スピン、ステップ良かった〜ステップなんか早送りのようにみえました。あんな超むずいのを…恐ろしい子!
足は大丈夫ですかね…腰も養生してほしいです。いや、絶対大丈夫!!

まおーー!!
浅田選手、GPS全試合制覇おめでとうございます。
どんな時も試合に出続けること、これがスポーツ選手にとって当たり前のようでどれほど困難なことか。
ずっと試合に出続けて積み重ねてきたものが結実した偉業ですね。
本当におめでとうございます。
ああ嬉しい。

Vladislav Luchianov氏が2012年の世界選手権の後に書いたMao Asada – The fight must go onという記事、ご存知でしょうか。

http://fskating.com/2012/04/mao-asada-the-fight-must-go-on.html

浅田選手が一番苦しかったシーズンにこの記事を書いてくれたことが嬉しく、泣きました。
(日本にもこれくらい書ける記者はいないもんかと思うと別の意味で泣けましたが…)
浅田真央という道という題で素晴らしい訳文をブログにアップされている方がいらっしゃるので、そちらをご覧頂ければ二倍泣けます。

彼女が勝利するとき、その勝利ははかり知れないものとなる、この言葉を毎試合思い出しながら浅田選手の演技を見てきました。
そして今、現実になりつつあります。
チキンスキンが止まりません。


はらっぱさんも書いていらっしゃいますが、私も今朝の女子FSを英ユーロで見ていて、ちょっとおかしいなと思いました。
あの女性解説者がどなたかは存じ上げませんが、まさか英ユーロまで汚染されてしまったのでは…と疑ってしまいます。
単に浅田選手の演技が好みではないだけかもしれませんけれど、地上波のキモリミナルを逃れてネット観戦しているのに何だか朝からモヤモヤしてしまいました。

この後は浅田選手、SPの手直しにカナダに渡るのでしたっけ??
浅田選手が怪我をしていないことを祈っております。

P.S 今日もミキムチはイベントでウハウハしているみたいですね…。



真央ちゃんおめでとう!
本当に本当におめでとう!!
真央ちゃん初戦だよ?初戦ですよ?
今回のスケートアメリカすごかったです。
いきなりファイナルみたいでした。
後すごく心配なのは足や腰の具合ですね。
無理せず美味しいものを食べて休めて下さい。
でも、他の書き込みでの情報によりますと
3日後には帰国予定らしいですね。
(間違ってたらスミマセン)
久美子先生も同行するみたいなので
先生、真央ちゃんをよろしくお願いします。
海外の解説を聞いてますと
まぁオリンピックシーズンだなと思いますね。
残り4ヶ月最後の人間性リトマス紙の期間だと
思って注目しています。
ちなみにその海外の女性解説の方はどのくらい
美味しいキムチをいただいたのかしら?
参考までに聞いてみたい。



嫁阻止!(「・ω・)「 ガオー

真央ちゃんおめでとー!
女子シングル初のグランドスラム!すごい!素晴らしい!ブラボー!!
表彰台の写真、アシュリーちゃんもラジオノワちゃんもとってもいい表情ですね~。はー癒やされる。

足と腰が痛そうだったとのことですが、大事に至らなければいいのですが・・・

でも、アメリカの報道が好意的というのはとても喜ばしいことですね!真央ちゃん自身が、流れを変えたんですね。すごい子だよ。
アンチがコメントで、あんな演技で高得点とか何とか言ってましたので動画を見るのが怖かったんですが、素人でも明確に分かるミスって3Aの転倒だけ。悪くないじゃない。
たしかに今回よりJOの方が良かったかもしれないですけど、まだまだ初戦だしこれから完成させていくのだからな~んにも心配してません!
お姐さま・皆様こんばんは~♪
私の方は昨晩、ドイツユロスポの実況を正座してTV観戦しました。
メモも取りましたが、私のボキャブラリーの無さゆえに撃沈・・・orz
1回だけしか聞いていない上、ドイツ語は皮肉っぽい言い回し
(文字の落とすとポジティブでも会話の流れではネガティブな意味合い、みたいな)
ことがあるので裏取りなし+中身なし、の恥をかくのを覚悟で書留めさせてくださいね。

①実況はいつも通り、ヘンドリック(元アイスダンス選手)とジギ(アナウンサー)の2人。
良い演技のときは基本的に沈黙→終わってから解説。
ミスが多いと、演技が終わっていないのに居酒屋実況に変わります。
真央ちゃんの時は冒頭3Aの失敗だけ呟いて、あと沈黙でした。

②演技が終わった瞬間ジギが、みの爺みたいな呻き声を上げて「どー思う!?
(ワグナーと)どっちが勝つ!?」でヘンドリックが「・・・」と、もにょもにょ言って、

③一番気になったの「langweilig」→退屈な、とか、つまらない、という単語がでたこと。
放送しなかったSPと合わせての話の流れでした。
SP・FSのいずれかを退屈に思ったのか?(どっちか退屈と感じても、アタシは
頭の中で、理解不能と叫んでいましたが??(-ω´-。)ゞ)
あとlangweiligのほう一つの意味として「(スピードが)のろい」というのがあるので
転倒のあと慎重にまとめたのに対して、のろい~とコメントしたのかもしれません。
↑で、なり様のコメントにもあるように私も昨日のFSは重たい印象を持ちました。
転倒でぶつけたのも、相当痛かったと思います。

④いくつかスローを流した後、得点が出る直前に「ま、構成的には浅田の勝ちだろ!」
と吐き捨てた《気》がします。

⑤ドイツ、かの国との悪の枢軸国のはずですが今回「キム・ユナ」という単語は
《一言も》出してませんでした。GJ。

ドイツ・ユロスポを聞かない方が殆どだと思いますので念のため付け加えますと・・・
※ヤ◎ーで「ドイツ ユーロスポーツ スケート」で検索しても、
日本人番組ウォッチャーさんの感想が出てきますが①の解説のお二人、かなり
奇人変人系です。また過去にはオーサー絡みでこんな事をポロリしてしまい、
誤訳・勘違いもあいまって一騒動になりました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11104261736

※※今年の世選EXの放送、ドイツ・ユロスポはメリポピ真央を放送をカットしてました。
多分、胸に帽子のっけて宴会芸なイナバウアーもどきの1位と、
傘もってスパイラル&ジャンプするきゃわわ3位さん
を混ぜては可哀想、という配慮があったものと思われます・・・

もしつべでドイツユロスポの解説がupされたら聞きなおして修正するかも
しれませんが・・・今日はとりあえずこの辺でお許しをm(_ _)m

追記
マルケイ嬢のキスクラでユカ・サトーが大写しになったとき解説両氏は「おい、
ユカ・サトーは現役の頃と全然変わってなくて若々しいなあ~
1994年の世界チャンピオンだぞ!ブアハッハッハッハ!」
と居酒屋のおっさん臭を撒き散らしてました。
確かに有香さん、美マダムで今の方が素敵♪
stupsiさんへ
おおおお ドイツ語能力者様きたーー

速攻で記事にさせていただきました!豪快に事後承諾です!ありがとうございます!

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

正座しちゃいますよね、あと両手はひしと握り合わせ前傾姿勢で見守ります。

実はあたしまだ浅田のフリーを見ていないんですよ。これから見ます・・・怖いよお。
真央ちゃんおめでとう!
転倒があって怪我が心配ですが、一人レベルの違う素晴らしい演技でした!
スタミナが足りなくてあんなステップが出来る訳ないんですよ~!

NHK杯まで約2週間。とにかく怪我が深刻なものではありませんように。
諸々でスミマセン
真央ちゃん、美しかったぁ~。圧巻で、競技であることを忘れてしまいます。真央ちゃん自身もどこかふっ切った感があって(本当に悲しいかな)、それがまた更にリンクを異次元にしているようです。
でも!ラフマニにはどこか、コノヤローー!も入っていて、ハッとします。そうだそうだ、無かったことになんかしてたまるか!また繰り返させてたまるか!と。

わたくし事ですが(全部そうですがっ)、最近は不正や偏向報道の話が自然にできるようになってきました。4年前には友人たちをドン引きさせてしまったこともありましたが、軽く当たり前の事として話すと、意外とすんなり聞いてくれるものですね。これはお互いの日本人としての4年の歳月と、あとやはり姐さまのブログのおかげが大きいと思います。不正や偏向報道は“マオタ”の主観や被害妄想だというモヤッた霧をパッと払ったのが姐さまでした。また他の選手やファンへの配慮という名目の下、何も言えなくされていたネットの空気も一蹴して下さった。これは裏事情でもないし、明白な表側の事実なのだと、自信と確信を持てた威力は大きいです。そしてダメなものはダメだと言わなければいけない!と、コノヤローーと、しかも軽快さのあるコノヤローと、奮起させて下さった姐さまに、改めて感謝いたします。
しかしこの感じは…ホントDVそっくりだったんですね。このことは、これからの人生のさまざまな局面で参考になると思います。

それから、今回の放送から荒川さんが気になって気になって。姐さま、そういうことだったんですね!過去には何度も真央ファンを震撼させてきたというのに(私は、タラソワコーチとうまくやるコツは「服従です」と荒川さんが言い放ったときテレビの前で凍りつついた経験が…)、なぜかノーマーク気味だった荒川さん。ウォッチャーが増えるとやりにくいでしょうが、もうウォッチャーせずにはいられません。

最後に、アシュリ~!真央ちゃん称賛コメありがとう!あなたは立派なアスリートです。ドヤドヤ言ってごめんなさい…。でもやっぱりドヤドヤジュリエットだったけど、マダム盛りヘアーじゃなくて編み込みだったせいもあってか、久しぶりに可愛いらしいアシュリーも見れた気がします♡しかしISUは、ジャンプを刺すのなら昨シーズンまでにやってあげればいいのに…!

本当に、雑多に長々と、失礼致しましたー

Re: 諸々でスミマセン(ぐーぐーさんへ)
真央ちゃん美しかったですね。すごかった。

荒川についてはあたしはずーーっとマークしてきたので、この際ハッキリさせとこうじゃないかという気分です。巻き込んでしまってスミマセンw

過分なお言葉に痛み入ります。
韓国からのDVモドキ、もういらないわ、と軽~く投げ捨ててはらいのけて、それぞれに闊達に意見を交わせるようになっていったらいいですね。

そもそもならねぇ我慢なんて無理なんですよ。嘘なんだから。

というスタンスで引き続きこちらの色物ブログをよろしくお願い致します!コメントありがとうございました!
遅ればせながら、お小夜さんに感謝です
姐さま、これもまた遅ればせながらですが、
先日、お小夜さんがコメントで紹介されてた
Vladislav Luchianovさんの2012世選直後の記事、
Mao Asada – The fight must go on
が、あまりにも感動的だったので、翻訳させてもらいました。

と思ったら、お小夜さんのコメントに、翻訳をされているブログも紹介されてたんですね。
おいらまたやらかしちゃったかも。
とりあえず、あたしのは、いじり放題ってことで、消すなり茶化すなりで遊んじゃって頂けたら幸いです。

それにしても姐さま、本当にこちらのブログは素晴らしいです。
何度感激して涙ぐんだかしれません。
有難うございます。

これも長くてすみません、連投します。不要なら削除下さいね。
お小夜さんに感謝の続きです
Mao Asada – The fight must go on (by Vladislav Luchianov)

「戦いは続く」

”なぜMao Asadaは、毎回あの高難度なトリプルアクセルに挑むんだ?何のために?
彼女は完璧なダブルアクセルを飛ぶことが出来るし、連続3回転だって出来るだろう?
これほどの高い芸術点を持ってすれば、金メダルだって確実だったはずだろ?
それが、6位に終わるなんて!”
これは、先日ニースで行われた世界選手権で彼女を見た多くのスケートファンが抱いた思いであろう。
かくいう私自身も最初はそのように思った。

しかしそれも、”キスアンドクライ”で彼女が見せた迷いのない表情の前に消え去った。
Maoにとっては、”そのようなやり方”で単にこの大会を勝っても、意味がないのだ。
もっとも、”そのようなやり方”こそ大半であり主流なのだが。
彼女にはトリプルアクセルが必要だったのだ。
なぜ?
それは彼女がその他大勢とは全く次元の違う考え方をしているからだ。
彼女には、他とは全く異なる戦略と戦術があったのだ。

考えてみれば彼女は、何をも、誰にも、今更証明する必要がないのだ。
周知のとおり、彼女はすでに、2010年冬季五輪の銀メダリストであり、
2008年と2010年の2度にわたる世界チャンピオンであり、
同じく2008年と2010年の2度にわたるの四大陸チャンピオンであり、
2005~6年と2008~9年の2度にわたるグランプリファイナル覇者であり、
2005年のジュニア世界チャンピオンであり、
2004~5年のジュニアグランプリファイナル覇者であり、
そして5度の全日本チャンピオンでもある。

しかし、このスケーターには大きな特長がある。それは困難であっても、未来への投資、展望に力を注ぐ点だ。
彼女は今後、女子シングルの難度が上がってゆくであろうことを理解しているのだ。
我々の好むと好まざるに関わらず。
来シーズンにも、すでにそれは始まるだろう。
大きな舞台が幕を開ければ、今ジュニアで輝きを放っている
Elizaveta Tuktamishevaや、Adelina Sotnikovaや、Gracie Goldら、
またその他の若いスケーター達が台頭してくることだろう。

彼女らジュニア勢にとっては、例えば連続3回転なしで大会に勝利するなど、想像もつかないだろう。
それも難易度の高いエレメンツではあるが、
残念ながらより簡単な3回転からの連続2回転の基礎点を下回る。(←???下回らないような・・・。)
彼女たちは今後確実にプログラムの強化を図ってくるだろう。
Maoはそのことを完全に理解している。それが彼女が選択する将来のためのスケートにつながっている。

この日本人のフィギュアスケーターは、単なる勝利など必要としていない。
彼女が必要としているのは、他を寄せ付けない、一切つけ入る隙を与えない、説得力のある勝利だ。
今シーズン、彼女はこのゴール向かって全てを注ぎ込んでできた。
Maoは、昨今の女子シングル選手の中で、既に最も複雑なスケーティング技術を装備できていると言える。
唯一、彼女がまだ確実にものに出来ていなエレメンツ、それがトリプルアクセルなのだ。
しかし一方で進歩もあった。
ニースでのフリープログラムでは、トリプルアクセルを着氷し、成功まで持って行けたはずなのだが、
恐らく彼女、少し力んでしまったのか、少し回り過ぎてしまった・・・。
しかし、無駄なことは一切あるまい。
彼女はきっと、これらの失敗から学び、またあらゆる点を強化しつつ、
自分が思い描いているゴールに到達するだろう。

彼女のこれらの取り組みは、古代ローマの勝利にも通ずるものがある。
世界史に明るい方々なら当然ご存知の通り、
ローマ人は、ほぼ毎回、最初の戦いには敗れてきたのである。
しかし彼らは常に敗戦から学び続けていた。
新しいライバルを発見し、自らのさらなる強化に努め、
最も大きく重大な戦いにおいて、途方もない勝利と制圧を達成していったのだ。
一方で、その他様々な中世の王国の勝利などは、ちっぽけなものだ。

これこそが、Mao Asadaが他のスケーターと一線を画す点である。
彼女は ”毎年開催される” 世界選手権での ”単なる” 優勝なら、手放すことさえ厭わない。
しかし彼女が ”真に” 勝利する時、その勝利の意義は計り知れない。

-----------------------
この1年前のロシア世選でのヤマトさんのコメントや、今回のスケアメの中庭さんのコメントに通じるものを感じます。
闇は深くても、必ずどこかに光があると信じられる、勇気をもらえる、そんな記事だと思いました。

管理者にのみ表示