最終的な「たどり着くべき場所」



ちょっと真面目な話をします。
いや姐さんはいつも真面目だけどさ。ホントだよ。だからこそできるだけ不真面目でいたいと思うのです。
笑えるものはすかさず笑う。自分も含めて。
いわれのない「権威」はつっこむ箇所を見逃さない。
たとえば「キムさんて表現力ガーーー」というあきらかに事実と異なる評価にはマレー熊比較画像を出してくる。
だって「それは嘘ですから」。

わたしは、フィギュアスケートの不正採点を通して、わが祖国である「日本」と「日本人」たちが、いかに素直でおとなしく、権威に対して「いい子」でいようとし続けたのかをじっと観察してきました。

ブログを始めた最初のころにさんざん言われた言葉があります。

「言葉が汚い」

「全選手を応援できないなんて本当のスケートファンじゃない」

「そんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」

「キム・ヨナだけがだけがだけが最高!」

そう「思う」のは勝手ですがわたしに強制しようとするのは暴力です。無駄だからやめろwww
わたしはこの場で「わたしはこう思う」とだけ言い続けてきた。それだけです。本当に。

「言葉が汚い」、これはその通りです。意図的にへんてこりんな表現を多用して「読み物としても面白い」ことをできるだけ心がけました。何より素の自分が、どれほど偽ろうとしても野蛮で下品だから出るのでしょうね。これに関しては「不愉快な思いをされた人、ごめんなさい」です。やめないけどなwww

「全選手を応援できないなんて本当のスケートファンじゃない」、これについては「じゃあ阪神ファンの前に行って”巨人を応援できないなんて本当の野球好きじゃない”と言って来い」とだけ申し上げましょう。怒り狂ったトラファンの手で道頓堀に叩き込まれてから姐さんに言いに来てください。いや、トラ好きの人はトラを一途に応援するのに忙しい。「アホちゃうん」で終わりですわね。
好き、嫌い、好みはあります。どんなジャンルであっても。
でも、わたしは不正採点が続く限り「犠牲者は全選手」だと思うのです。高すぎても低すぎても、誤った評価は競技の未来を歪めます。
ISUの今の姿勢は、間違いなく心ある選手の引退を早め、選手生命を危機に陥れています。ここ数年で引退した選手に聞いてみてほしい。「後悔していませんか」「本当は続けたかったんじゃないですか」と。

これも多かったなあ。「そんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」という決めつけ。聞いたのか、本人にwwwと毎回思いましたね。
「荒川静香さんについてそんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」
「安藤美姫さんについてそんなことを書くと真央ちゃんが悲しみます」
「キム・ヨナさんに

もういいわwwwwwww

これね、ものすごく卑劣な書き込みですよね。まず本人に確認していない。絶対に。外から勝手な推測をして、そのありもしない幻想を根拠にわたしの言動を非難する。言いたきゃ「自分の言葉で言ってくれ」ってなものですよ。
「わたしは不愉快だ!」でいいのにね。
ありもしない幻想は妄想です。妄想を根拠に語られましてもwwwという感じでしたね。

「キム・ヨナだけがだけがだけが最高!」これもあったあったwww「じゃあ根拠を出してください」としかwwww
「世界最高得点だから最高」って、うん、その点数をつけたのはISUだよね。そしてISUは試合ごとに恣意的なルール運用をしてめちゃくちゃなジャイアンルールでアゲサゲを続けたよね。
キム・ヨナが好きなら好きで全然よろしい。力いっぱい応援してあげればいいですよ。だけどこの人が最高だという根拠を、誰一人出せなかったじゃないですか。
全要素で「必ずもっとうまい人、もっとできる人が他にいる」選手は、「最高ではない」ということです。単なる事実として「キム・ヨナは別に最高じゃない」んです。

応援も多数いただきました。
コメントは全部目を通していますし、毎回の常連さんでとっても素敵なコメントをつけてくださる方もいます。いち早くいろいろ教えてくださったり、誤字脱字があるとそっと教えてくださったり。
それから「真央を知ってからいかに自分が変わったか」という大切なご経験をシェアしてくださったり。
「がんばって」とも言われました。そのそれぞれに心から感謝しています。ありがたいと思います。

わたしは、浅田真央ほど努力し続けた人が、あれほどに頑張り続けてきた人が、正当に報われることがない社会など、あってはならないと思います。

そもそもキム・ヨナは二度の五輪に参加資格がなかった人間です。出場できない人だった。それなのにバンクーバーで金、ソチで銀、というのは明らかに異常です。
バンクーバー当時、わたしは資料を揃えてキム・ヨナの「五輪憲章違反」と「倫理規定違反」の証拠を添えて「これはおかしい、早急に動いてほしい」とありとあらゆるところに書面を送りました。
速度が大事とわかっていたからです。でも、誰も何もしなかった。ただのひとりも動かなかった。
動かすだけの力が、わたしになかったのです。動かせなかった。

不正は歴然としていて「絶対的な証拠がある」のに、「日本」は浅田真央を見殺しにした。あのように偉大な、空前絶後の「努力の人」を、です。

多くのブロガーさんが絶望し、あるいはスケート観戦を離れ、あるいはさまざまな理由によりブログをやめた。

絶望と、無力感と、失望と、閉塞感と。
事態は変わらない、変えることができない、とあきらめた人も多かった。

戦いの残骸のように、廃墟のように、力尽きた「過去の資産」であるブログの名残は、でもまだネット上のあちこちに散見されます。尊い贈り物としてかき集めるようにしてそれらを読み、データを集め、画像を保存し、わたしは「この状態は絶対におかしい」と思い続けていました。

そしてソチの前に、ブログを始めた。
自分の言葉で話そう。自分で思ったことを伝えよう。自分はこう思う、と声をあげ、交流する「場」を創ろうと思ったからです。

「あなたはどう思うの?」と尋ねたかった。「いいものをいいと言って何が悪いの?」と訊きたかった。
それは同時に「あなたはなぜ自分でいいと思ったものを渾身の力で愛さないの?」と同義です。

「なぜ真央のために動かないの?黙っていたらあなたも真央を残酷にバッシングする連中の仲間にカウントされるのよ?」

その問いかけは今も自分の中にあります。わたしにとって真央を愛するということは「日本人の日本人らしさ」を守ることだった。
あれほどに「日本人が理想とする美徳のかたまり」のような人は他にいない。
いたとしても、真央と同じほどの生き地獄に突き落とされて、真央のように「美しい心」を守り切れる強い人はいないだろう。

国家ぐるみのたくらみです。
所属団体からの狙い撃ちです。
参加する競技のルールすら変更されて、手足を縛られたような異常な制約の中での演技です。
家族のプライバシーすらも暴かれて、さんざんに誹謗中傷を浴びせられて、叩かれ続けて。
事実と異なる嘘で塗り固めた報道の荒波です。

辛かっただろう。

それでもなお、浅田真央は「美しい心」のままだった。これは途轍もないことです。

真央はただの一度も人の悪口を言わなかった。愚痴らなかった。誰かを責めもしなかった。ただひたすらに「努力します」とだけ言い、そしてその通り努力した。

裏切られても、報われなくても、たとえボロボロになろうとも。理由はひとつ、「フィギュアスケートが好きだから」。

このように立派な真央ひとりきちんと守り、育み、伸ばすことができないのなら、「日本」は終わりだ。確実に「終わる」。
そのような危機感を持つほどに、これまでの状況は異常でした。異常。

だからわたしは、自分にできることを続けました。
国防に専心している伊藤さん、ジャーナリストの今野さん、「言葉で戦う方法」を教えてくれたシュガー先生、「生きる道」を指南する荒谷さん、各界の「日本のために動く人」に講演を依頼してお話をしていただきました。至らないながら自分も講演活動を続けています。依頼があればどこにでも行こう、と思い続けています。今も別な素敵な方に講演依頼をしています。

そしてついに政治家の中から本当にクリーンで誠実で、これからの日本をよくするために絶対に必要な人、山田宏さんにお話しいただけることになりました。

真央の政治利用だ、と非難する人もいます。でも、真央はもう「政治利用されている」んです。南朝鮮の手によって。ことはもう国家レベルの対立なのです。

日本スケート連盟の惨状はどうですか。ISUにもIOCにも「自浄作用」はありません。だったらもう国として動いてもらうしかない。
ことはそこまで来ているのです。

ひとつの不正を見過ごすことは他のすべての不正の温床になる。
スケートは不正をしていいけど他はダメ、なんていう線引きはありえない。全スポーツで不正はダメなんです。

この、ダメなものをダメとしない風潮、マスコミ主導の「嘘」に乗って世論が形成される恐ろしさ、わたしたちは民主党政権下の「売国行動」でさんざん見せられたじゃないですか。
韓流ブームにのっかった人は南朝鮮の「リアル」をどれくらいご存知なんですか。現地に行ってひどい目にあった方を知っています。戻るなり口をきわめて罵倒していましたよ。猛烈な手のひら返しをせざるをえないほど「実情は違う」ということです。

これまで一緒に活動をしてくれた大勢の仲間たちのうち、ここを離れてしまった人もいる。
今もなお志を共にして「できることをしますよ」と協力してくれる人もいる。ありがたいと思います。
もともとわたしなんぞとは無関係に「真実」を広めるために黙々と活動されている人もいる。尊いです。

その全員にやっと言える日が来ました。「真央の五輪金メダル奪還は、必ずできます」と。

夢じゃない。妄想じゃない。団体、企業、国政にとってやはり物事には優先順位があるんです。大変なことから片づけていって、「問題点リスト」の上からどんどんクリアにしていけば「不当に奪われた異常採点の五輪金メダル奪還」は必ず着手されるんです。

今の日本は異常です。生きた人間すら拉致されているのに「国として」動いていない。いや、動きたいのだが「まだ」動けない。十分な支持が、コンセンサスが、国民から得られていないからです。

山田宏さんはブルーリボンバッジをつけている。拉致被害者のために動くつもりで政治家を続けている。あきらめていない。
そういう人をわたしたちの手で国政に送り込むことができるんです。

わたしはこれまで何かをお願いしたことはなかったつもりです。でも、お願いがひとつあります。
さんざん言ってきた「不正採点をただす」なんてのはそもそも誰かに頼まれてすることではありません。わたしが言うまでもなく自分たちで率先して「やって当然」のことです。
これができていないってことは、競技全体が「おかしい」ということです。
「おかしいままのほうが得になる」人が多いということです。
これは競技の未来を閉ざします。

自浄作用が望めない現状、フィギュアスケートであれば心あるジャッジを育て、特定選手のえこひいきをなくし、コーチの政治勢力を均衡化させ、国どうしの「政治的配慮」でメダルが決まるようなことを「させてはならない」外からの力も必要でしょう。

拉致被害者奪還も、五輪金メダル奪還も、それを言うなら「日本人のためになる国政」も、まずは与党の中に心ある議員を増やし、民意を本当に反映して動いてくれる集団を育てていくしかない。

やっとここまで来たんだなあと思います。まあわたしはなんにもしていなくてわぁわぁ騒いでいただけですがwww

山田宏さんに国会議員になってもらいたい。首相に、とも思います。
もし首相が無理なら首相を育てる側に回ってもらいたい。
国家百年の計どころか国家万年の単位で「まっとうな国づくり」をしてくれるはずだからです。

だから、今度の山田宏さんの講演会にはぜひご参加いただきたいのです。見てほしい。
見たうえでダメなら無視してもらってけっこうです。
「なんだありゃ」とわたしに文句を言ってください。全部聞きます。

これまで通り講演会参加費用をいただきます。支援パーティなどを除けば他の政治的集まりよりも高額です。でも講師に講演料金を支払うのは「支援」です。その場で文句を言う権利だってあるわけです。野次を飛ばすのも料金に含まれるw

何よりも「面白いし痛快」だから、というのも皆さんをお誘いする理由です。
山田さんの話をうかがって、こんなにクレバーな政治家もいるんだ、と感動しましたね。筋肉馬鹿じゃない!頭いい!
(どんだけ偏見)

きっと、大爆笑の集まりになると思います。そして「よし!」という静かな闘志と、「未来は明るくできる!」という確信が生まれてくると思います。何よりわたしがそうでしたから。

あきらめるのはまだ早い。真央はあきらめていない。真央のようにいじめられ続けてきた山田宏さんも、まったくあきらめていない。

できることを続けています。

わたしが、山田宏さんのこれまでのご活動や政策について書かないのは、公式ホームページがあるからです。
そちらをぜひご覧ください。政治家ヅラな写真ばっかりだ(いい意味でですよ!)。実物はもっと明朗で、なんていうかもっと柔らかくデキる感じよ(言いたい放題)

山田宏 公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/



イベントお申し込みはこちらから
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html


もうここを読むこともないかもしれないけれど、ソチで「スケートを見るのをやめます」とおっしゃった人、チーム公正というゆるやかなつながりの活動を表立っては離れた人、そういう人にも「ありがとう」と言いたいです。やっとここまできたよ、君たちのおかげだよ!と。真央ちゃんのおかげで知り合うことができた仲間たちがそれぞれの場で元気に真央を愛し続けていること、きっと自分なりにできることを続けているだろうことを信じます。お互いがんばろうなんて祈ることも余計なお世話であるくらい、元気だろう。
姐さんも至らないなりに過去の反省を生かして活動を続けたいと思います。

日本人全員がダメなものはダメなんだよ、という意識を持ち、自分の人生に誇りを持ち、自信を持って生きていく。それはどんな軍備よりも強い強い、最強最大の国防になると思います。
そのための一里塚として、できることを、できる人が、と思います。


十年かけて仕組まれた不正なら、たとえ十年と一日かかっても「最終的にただされればいい」のです。
時間などいくらかかったってかまわない。
あきらめない人がひとりいれば、悪は必ず倒される。
あせる必要はありません。「その朝」をめざして歩くだけ。

そのとき横に「あなた」がいてくれたら嬉しいな。


「不正の証拠は本人の演技」

「黙っていたら敵対者は勝手にあなたを賛成にカウントする」

「いいものはいい、わるいものはわるい」

「ゼロと1は違う」

山田さんだけじゃない、わたしはこれから国会議員になる人全員に「拉致被害者奪還」と同じレベルで「五輪金メダル奪還」も考えていただくつもりです。生きた人間の奪還が先、拉致されない、そして「拉致すんな!」と言える「まともな国づくり」が先、メダルもその延長線上にある。

「民意」さえあれば国は動かせます。そのための第一歩として「マジで日本のためになる人」、山田宏さんを国会に送り込みたい。どうあっても。

めっちゃ痛快な国会質疑が見られるはずwwww悪がきりきり舞いするの見たい見たいwwwwwwwコテンパンにやってくれる人だわさ。

もう「いい子」でいるのなんてやめません?
それって絶対、私利私欲でしか動かない誰かにとってのただの「都合のいい子」ですもん。

では皆さん、会場でお会いしましょう。お待ちしております!

山田宏 公式ホームページ
https://www.yamadahiroshi.com/



イベントお申し込みはこちらから
緊急開催 2016年3月19日(土)山田宏氏講演会「日本の正念場」
http://oenn.blog.fc2.com/blog-entry-113.html




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
山田宏さん | コメント(25) | トラックバック(0) | 2016/02/10 12:08
コメント
姐さま
いつもパッション溢れる記事と、パワフルな活動、ありがとうございます。
女性の雑談に政治的な話題を持ち出すのはなかなか勇気のいることで、スケートをきっかけにしても、私が踏み込んだ話ができる機会は多くありませんでした。
バンクーバーの頃には、家族でさえも熱く語る私に「はぁ?」みたいな顔をしていましたし。
日本の将来を本気で憂いている人が、増えてきたのかも…という手応えを感じ始めたのは、ほんとうについ最近のことです。
私には蚊が鳴く程度のことしかできなくて、申し訳ないですが…。
身を削って行くべき道を示し続けてくれた真央ちゃんには、どれほど言葉を尽くしても感謝しきれません。
山田宏さんの講演会、遠方過ぎて参加はなかなか難しく残念ですが、HPをじっくり読ませていただきます。
インフルエンザが流行っているようなので、お体には気をつけてお過ごしくださいね。
Picaさんへ
真央はすごいよね、本当に。
あらゆる立場のいろんな主義主張の人たちが
でも、真央が好き!の一点だけで手をつなげちゃんだからw

これまでの奇跡のような平和というのは
被占領国としてのコドモの平和だったと思います。
守られているだけだった。
「日本」という国の在り方をも含めて
わたしたちひとりひとりが「どんな日本が望ましいか」を
真剣に考えて行動する時が来ているのだと思います。
気がついた人から楽になれる。
だって自分の未来を自分でデザインできるんだから。

Picaさんもお体お大切にお過ごしください。
本番は夏の選挙です!
No title
姐さん、遂に私は女子シングルの競技を見るモチベが
今シーズンに入ってすっかり無くなってしまってメドベの演技も
全く見てません。

中国杯とN杯は見たけど殆どの大会の女子の試合は殆どスルー。
こんな不届きなスケヲタは自分だけかと思ったら、友達からメールで
そういう人が自分の周りでも凄く多いですよ。と言われちゃいました。

チンクが第3回国別でフィギュア人気の低下の危機を訴えていたけど、
お前が言うなよ~という感じですね。

あーあ、姐さん含めた色々な人達の言うとおりになり始めたよ。
その内、男子も来期から恣意的な採点が復活したら女子と同じ状況になると
思いますね。

テレ朝チャンネルとかJ Spoの契約数もかなり減ってるのでは?
韓国製品不買運動は今でも継続中です。
No title
私も今シーズンは真央ちゃんが出る部分だけTVで見て、後は好きな選手をyoutubeで後から確認するくらいです。一生懸命励んでいる選手には申し訳ないけど、もともと比較不可能なものに点数と順位を無理矢理つけて競技にしているのだから、かぶりつきで勝負を見守ると言うより、好きな選手だけを見る方が本来の見方なのかなとも思い始めました。
ファンだった人間からも競技として見られなくなった今、永遠に語り継がれる演技を残した人だけがフィギュアスケートの歴史として残っていくのでしょうね。
お久しぶりです
久しぶりにコメントさせていただきます。

姐さんの行動力にはほんとうに頭が下がります。
そして、真央ちゃんファンで日本を愛するひとりの日本人として、ありがたく思います。

真央ちゃんとキム・ヨナの件で「何かおかしい」と思って行動を初めてから6年ほどになります。
その中で敵の巨大さを思い知らされ、日本を立て直す以外に解決はない、官・民一体というか、自分たちにできることをやるのはもちろんですが、政治家の方たちにも動いてもらわなくてはならないと思うようになりました。

山田宏さんの講演会、すばらしいです。
以前は「次世代の党(現・日本のこころをたいせつにする党)」所属でしたが、次の選挙では自民党から出馬されるようですね。
ともかく、真に日本のために働いてくださる政治家をひとりでも多く国会に送り込むことです。

私は、自民党の保守派の議員さんはもちろんですが、それとは別に「日本のこころをたいせつにする党」を応援しています。
前回の選挙で山田宏さんをはじめ、三宅博さん、中山成彬さん、西村慎吾さん、杉田水脈さんなどすばらしい政治家の方々が軒並み落選され、ほんとうに残念に思っています。

国会で政府に対して鋭い質問をされ、自民党のお尻を叩いて叱咤激励する役割を果たしてくださっていましたのに。
でも、小さいながらも政党として生き残っていますので、姐さんもぜひ、この党の議員さんを見かけたら応援してあげてください。
日本のため、真央ちゃんのためです。

この6年の間にいろいろな人と知り合いになり、政治的な集まりにも出るようになりました。
そういう場で自己紹介する時は、必ず「フィギュアスケートがきっかけで日本のおかしさに気づきました」と言って、真央ちゃんの件を知らない人にも広めるようにしています。

2月28日には私の住んでいる名古屋で「日本のこころ」党首の中山恭子さんの講演会があり、杉田水脈さんも一緒にいらっしゃる予定です。
私も少しお手伝いすることになっているので頑張ります!

山田さんの講演会には行けませんが、成功をお祈りしています。

さっきまで盛岡エキシビションの再放送を見つつ、泣きくれていました。真央ちゃんの涙は本当に浄化の涙だなあと思います。見ているこちらまで胸の中の塊が溶け出して流れてしまう。山田氏のホームページを読ませていただきました。教育現場の問題なども深刻なので期待いたします。以前はさほど政治に興味はありませんでしたけど、バンクーバー以降ニュースはかなり咀嚼するようになりました。我が子にも惑わされないで深く勉強できる大人になって欲しい。山田さんのお話しも一度拝聴したいですね。
つんさんへ
コメントありがとうございます。

つんさんのまわりもそうですか。
実は姐さんのまわりの人も「真央ちゃんだけ見る」という状態に戻りつつあります。
点数に対するフラストレーションと、
アマチュアスポーツなのにショービズ化している
テレビの番組内容にうんざりなのと、
人によって理由はいろいろですが
見放した、という状態が一番多いと思います。
残念です。

有料チャンネルもへんな解説を起用するとか
特定の人だけえこひいきとか、明らかに
「へん」な番組づくりで抗議のために解約したと
いう人も何人か知っています。
残念です。

また「全日本選手権でだーーーーれも観客がいなくて
手分けをして呼び込みをしていた時代」に
なるのでしょう。
残念です。

でも、スケートって本当に面白いし楽しいし
難しいし、自分で滑る人が増え続けているのはとても嬉しい。
ところがリンクが減り続けていてスケ連はそれを放置。
残念です。

なんか世の中のダメな部分を煮凝りにしているような気すらしますよ。
残念です。
ぽんさんへ
コメントありがとうございます。
まったく同感ですよ。

個人的にフィギュアスケートの真骨頂は
アイスダンスだと思うので欧州勢のガチ対決には
大興奮しましたけどね~。
みけねこさんへ
コメントありがとうございます。

お名前の列挙、もう悔しくて歯ぎしりです。
まっとうな国会議員をなぜ増やさないのだーーと
思いますが「投票所に行って記名する人」を
がんがん増やしていく努力が必要ですよね。

みけねこさんが名古屋で頑張ってくれていると
思うと嬉しい、ありがとうございます。
心強いです。
またぜひそちらのようすもコメントしてください。
「普通に」できることをしている人の感想って
もっともっと皆さんでシェアしていきたいんです。
姐さんは思い込みだけでつっぱっしるから
いい例にならねえwww
よろしくお願いいたします。
夜想曲さんへ
コメントありがとうございます。

山田宏さんが「真央ちゃんは日の丸だね」とおっしゃったとき胴上げしたくなりましたよwww

アメリカが被占領国である日本を徹底的に
無力にしておくために、そしてアメリカのためだけに
いいなりになるように、まるでDVのように
教育と文化を根こそぎ奪い、新しい価値観を植え付けた。
そのひとつに「国民が自国を誇れない」という
背筋が凍るような恐ろしい政策があります。

子供は未来です。親というのは最低限、
自分と自分の祖国に対する「正しい誇り」を
子供に与えて世を去るべきだと思います。

子育ては大事ですよ~とりあえず家の中が
平和で明朗で「幸せ」がいっぱいであるように
お互い励みましょう!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメントのTさんへ
コメントありがとうございます。

言葉が汚いのは否定できませんwwwご迷惑をおかけしております。

わたしはキム・ヨナも含めて全員が愚かな上にも愚かな「不正採点」の犠牲者だと思っています。
でも「全選手が被害者」なのと「率先して悪事に加担する」のとはまったく別の問題です。

コメント欄に記入される意見というのは、不特定多数の人が「思ったことを思ったように書いている」わけですよ。
その中のどの意見を取り入れ、あるいは排除するというのは閲覧者に一任されます。
わたしの記事のすべてもまたその通り。

わたしは「こんなみえすいた不正を見過ごすなんておかしいよ」と一貫して言い続けてきました。
死ぬ日まで言い続けます。それだけですw

ご意見ありがとうございます。おそらく同じことを大勢が感じていると思います。
いずれわかります。
あとになってみんな「姐さん、自分が間違っていました」と言います。いつの時代もそうでした。
非公開コメントのSさんへ
コメントありがとうございます。

あなたの行動に敬意を表します。完全に同意です。
そして十分にご注意くださいね。

でもね、「少数派」ですよ。そして自らの言動によって自滅していくんです。
キチガイじみた「攻撃」は危機感の現れです。
落ち着いて見守っていてください。

わたしはその愉快なあだ名の(しかし秀逸ですねwww)人は「来年は誰も覚えていない人」だと思います。
そのていどです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
手相見姉さん様、初めまして。
私は以前から手相見姐さん様のブログを楽しく拝見しておりまして、今回はじめてコメントをさせていただきます。

今回の記事の最初に書かれていた、「現在の採点は選手生命を危機に陥れている」私も同感です。

私がこの文章を読んでフッと思い浮かんだ選手がいます。

アメリカの「サマンサ・シザリオ」元選手です。

彼女は2013年の世界ジュニアでショート1位で折り返し、フリーもミス無くクリーンに演技を終えましたが、フリーで不可解な回転不足判定を5つも取られ、結局ロシア3人に次ぐ4位…とメダルを逃してしまいました。
キス・アンド・クライで落ち込む彼女とブーイングをする同アメリカチームの選手たちの映像が未だに脳裏に焼き付いて離れません。

この大会では日本の宮原知子選手も全く素人では理解できないほど回転不足判定を多数取られて点数が伸びなかったのを覚えています。

シザリオ選手が引退するときのインタビューで、採点システムに不満を述べていたような気がします。やはり選手たちに現在の採点システムは痛ましいほど影響を与えているのだな、と思いました。

私は正直以前のようにフィギュアスケートを楽しむことが出来なくなりました。
結局ジャッジのやりたい放題の採点なんだなぁ…と思ってしまったためです。

私個人に何かできることがあるわけではないので、とてももどかしいです。

長文失礼いたしました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
たっちーさんへ
シザリオ選手は真央ちゃん同様にループがメチャ上手い選手でした。

やっぱり「足りてるだろー!」と思っても無条件に判定はURかDG。可哀想に。

でも彼女はコーチ向きの顔相なので、これからのキャリアでの活躍を
祈るばかりです。
Tさんへ
コメントありがとうございます。

「ここがわからない」と言っていただけないとちゃんと伝わっているのか「わからない」ので
Tさんからのコメントはとても嬉しかったのです。
ありがとうございます。

謙遜なさっていらっしゃいますが、相手に伝わるように表現できていないわたしの
力不足もおおいにあります。
Tさんのように「わからない」と言ってかかわりを持とうとしてくださる
優しい気持ちの人ばかりではないでしょう。

精進を続けたいと思います。
あまり重く受け取らず気軽にご参加ください~。
匿名のPさんへ
コメントありがとうございます。

Pと名乗っていらっしゃるのだから匿名じゃ変かな、すみません。

誤変換です!他意はありません!
つん様、ありがとうございます
つん様、返信してくださいましてありがとうございます。

彼女はアメリカ女子の中でも特に「滑りの基礎」がとてもしっかりしているように思えたので(素人の勝手な見方なのでわかりませんが)、もしコーチをやられるのでしたらきっといいコーチになられるんだろうな、と思います。

これからの彼女のキャリアが素敵なものになりますように…。
あんぐり
今、nhkのサンデースポーツが「NHKの単独インタビューにキムヨナさんが応えてくれました」と爛々と紹介してました。気持ち悪い放送局だな
つんさんへ
> 2013年の世界ジュニア

これ、わたしが知る限り「最悪の採点」が女子シングルに対してなされた試合でした。バンクーバー以上だった。
ご指摘の通り、異常な上にも異常でしたよ。
誰を勝たせるかシナリオありきだった。
恐怖すらおぼえるほど露骨で、卑劣で、異様だった。
これはもうダメだと怒りで体が震えたのを覚えています。

宮原選手も大変なダメージを受けて、傷ついた心を懸命に立て直してこられたんですよね。本当にひどい話です。

こういう理不尽な暴力をなぜ阻止できないんだろう。本当におかしいと思います。
今 私に出来ること
姐さん、ご無沙汰しています。

弊方ブログで、キムヨナの五輪憲章違反について、
私に出来ることを6回に分けて書きました。
お読みいただければと思います。

管理者にのみ表示