丸山珈琲さんのコーヒーにべたぼれ



以前、堀口珈琲さんを紹介したのですが最近また素敵な珈琲屋さんを知ってウキウキです。

表参道にフランフランという雑貨屋さんが入っている建物があって(あの横断歩道に面した店よ~←どこだよ)その二階のカフェスペースで飲んだカフェオレがびっくりするほど美味しくてただちにお店で配布しているフライヤーをいただき、「最高っすねwww今まで飲んだ中で一番好みっすよwww」といらん自己申告を居合わせた不運な店員さんに行い、「とりあえず豆ください」と珈琲が好きでよく飲む友人にも豆を押し付けて「本当に美味しいか念のため飲んでくれ」とお願いしました。

やばいですよね、二週間くらい毎日のように通いましたよ。最後には恥ずかしくなってきて店員さんのシフトを観察してできるだけ毎日違う人が当たるようにしたりして、われながらキモい行動でした。でも機械でがーっとつくるのですが不思議と「この方がつくると最高に美味しい」という人がいらっしゃって、「やっぱり美味しいのを飲みたい」と思い、「またか!」と思われているだろうことを気にしない!と自分に言い聞かせて隙を見てはその方に「カフェオレを・・・」とお願いしておりました。小さいサイズでもたっぷりあって、いつでも座れるし取り扱い品のソファの座り心地も確かめられるしでけっこうお気に入りの場所です。あれでBGMがもうちょっと小さければいいのですがね。

通っていたのは去年のクリスマスシーズンだったので、たしかホワイトクリスマス?という豆というかブレンドだったと思います。
好き好き言いながらうろ覚えというのが本当に情けないのですが九年間通った建物に道に迷って行けなかったりする人間なので許してくださいwww 大学生になったとき、校舎から見えるアパートに帰るのにタクシー使おうとしたもんな。方向音痴じゃないはず!という訓練で最近は少しまともになりましたが。その方面はほんとダメです。

で、「鎌倉に行こうとして大阪に行ったことがある」とかどうでもいい姐さん情報はおいておいて、実際に飲んでくれた友人も「これは確かに美味しい!」と太鼓判を押してくれたのでひと安心です。その節はありがとうございました。

わたしは「メシなんか食ってるから寿命が来るんだ!」という大暴論を放ちつつ、できるだけ飲まない食わない息しないのが不老長寿の秘訣よ~ん(ナオミよ~ん☆のイントネーションでお願いします)と自分じゃひとつも実行できていないことを人に押し付けてきましたが、食わないほうが調子がいいときのほうが多かったし実際「どのくらい食べなくても死なないか」によくトライしていたので、あんまり世の中に出回っている食べ物のことを自ら知ろうとしていなかったですね。でもまあ仕事がら「何をどう食うとよくないか」は一応一通りおさえなきゃだし、考えてみるとド田舎育ちで新鮮で豊富な食材に恵まれていて親はふんだんにモノを食わせようとしてくれていて、まあ人並みにはちゃんと知識はあっただろう、と。それらに無自覚だったなあということです。

例の、バルセロナに行ってから「ものを飲食する喜び」に目覚めてしまい、みるみるうちに肥え太り、それでも陽気に「うんめえ!」とやっておりました。そしたら入っちゃいけない場所を通過するときに柵に引っかかったりするようになり、その衝撃で運動量をあわてて増やしたりワインを控えたりジタバタしつつ、「いや~、世間の皆さんはこんなにウマイものを食ってたのか~」とあちこちで感動の嵐を(自分の中だけで)巻き起こしたりしています。
ほんと日本にはなんでもある。現地で見たボトルのあまりの美しさと水の旨さに忘れられずにいたスペインの霊泉といわれ古くから親しまれていたというミネラルウォーターもちゃんと日本で売ってたもんな~。でもやっぱり味が違う気がする。けどウマイ!

自覚的に口にしてこなかったから「おまえは人類の飲食史の中においてどういう位置づけなんだよ(どこから目線)」と意識をはっきり保ってから口に入れると何を食っても「うんめええええ!!!」となりますね。これはお得かもしれないwwそのへんのゴミでも「うんめえええ!」になるかもしれないし。
それで普段は家に引きこもりならぬ「立てこもり」をしておありますがセミナーなどでたまに外に出ると「メニューの中でもっともカロリーが高いものを」という神をも畏れぬ選び方をしたりしています。
能動的に「美味しいものを食べたい」となるとなんでもあるのが日本なんですなあ。普通の家でも和洋中なんでも出てくるもんね。
日本の働くお母さんの偉大さは異常。
うむうむ、これまで通り「いいとこどり」でいこうぜい!と思います。「魔改造なら任せろ!」が日本のあるべき姿だと言い切ります。

はい、いつも通り余談が長くてすみませんww
珈琲が好きな方ならもうとっくにご存知かもしれないのですが、紹介します。

丸山珈琲さん、お値段は少々なんなのですが、それ以上の値打ちはありますね。飲食に関してタブラ・ラサな状態なのでよく雷に打たれたような衝撃を感じる人間ですがこれは本当に「目が覚める」ような驚きを持った「美味しさ」でした。

とはいえ以前のようにがぶがぶと飲みまくっているわけでもないので堀口珈琲さん!見限ったとか飽きたとかそういうことでは決して決して!御社の「No.7」はわたしの永遠の恋人です。雑味がなくてすっきりしていて深くてコクがあって最高にいい香りが長続きして。大好きです。酸味がある珈琲が苦手でたっぷりとガツンと「深い味わい」を楽しみたかった自分にとってこの7と、それから8と9もですね、嬉しい驚きの出会いでした。7に慣れると8が一番の好みかな~。いややっぱり、とぐるぐるですねw

「コーヒー豆は野菜や果物と同じ」と教えてくれたのも堀口珈琲さん(のホームページ)でしたよね。あれにはべっくらだった。言われてみればその通り、「生鮮食品」なんですよね。

ということで、飲食に関してできるだけ遠ざけて過ごしてきた自分にとって堀口、丸山は二大巨匠でございます。
たぶんどちらも「すごく有名」なのでしょうがよくわかりません。詳しい方教えてください。

そういえばバルセロナ、GPFに「真央が出ていない年にわざわざ行った」っての、今思うとへんてこですねwww
そしてバルセロナ引っ越し計画、あきらめてはおりません。問題はお金です!それだけです!wwww
いずれ必ずと思います。
その前にたくさん飲んでおこう、日本で飲めるうまうま珈琲。

丸山珈琲
どれかを飲むと「えっ何これ!」と驚いて「じゃあ別のはどうなの」ともうがつがついきたくなりますね。すごいです。彦摩呂さんと一緒に飲んであれこれ言い合いたいwww
今だと季節がらホワイトデーブレンドなんてのがありますよ。飲み逃がすと後悔しそうで季節限定品にはとびついてしまいます。

堀口珈琲
ブレンドは7が一番好きだしバランスがいい気がします(姐さんの中だけで)。
8と9はカフェオレにすると一回の食事に匹敵するような満足感がありますね。でもすぐ飲みたくなる。美味しいです。

あ、あとね、もし注文なさるとしてもこのブログの紹介だって書かなくていいですよ!むしろ書かないで、恥ずかしいww
いろんな方が「いいなあ」と思って人にすすめていると思いますし、誰がほめてもほめなくても、どちらのお店もますます栄えていくはずでしょうし。

もしよろしければ楽しんでみてください~。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/13 13:45
コメント

管理者にのみ表示