佐野稔氏の昔を懐かしんでみる



佐野稔。

お若い方はご存知ないかもしれないですが、この方、スーパースターだったんですよ。
日本人選手としては最高のところまでぐいぐいいって、滑れて、踊れて、跳べて、魅せて、「日本人ここにあり」を見せつけて、そして現役引退後はアイスショーで日本全国を回って「スケートの楽しさ、すごさ、素晴らしさ」を、みんなに圧倒的な表現力で教えてくれた人なんです。
それまで根付いていなかったアイススケートリンクに行ってみんなで滑ることの喜び、を教えてくれたフィギュアスケートのエバンジェリスタだった。
姐さんがこよなく愛する氷上のアンパンマンこと本田武史や「コーチもいいけどアイスショーでもっと滑ってくださいお願いです」のヤマト先生や「すべてを持っている男」「しかもそれがみんな本人の努力で、という信じられない奇跡の男」「スケートの神様と本人の合作による最高傑作」ことデースケを足しっぱなしにしたような人気があった。

それが佐野稔「だった」。

テレビの仕事では自由奔放かつのびやかで率直でわかりやすく親しめる「お茶の間実況」が話題を呼び、時にフリーダムすぎるところから「酔っ払い実況」と呼ばれて親しまれていた。

佐野さんは魅力的でした。

コーチ業も生徒が途切れたことがない。人気でした。教えるのがウマイから。要所要所で的確に指示を出し、コツをさらっとコンパクトに相手に伝え、わかるまで繰り返し練習。でもからっと明るくてネチネチしない。口は少々なんなのですがわかりやすい。

そして何よりも本人が滑る姿が「カッコいい」。いまだにです。リンクに行けばわかります。人目をひく。

華やかで、明るくて、いまだにリンクの上では自由自在。

そして、かつては浅田真央をほめていた。真央ちゃんすごい!と普通に見たままを語っていた。

・・・ように見えました。

ところが皆さんご記憶でしょうか、某週刊誌に「暴力コーチ」と記事が出た。

教えていてかっとなって手が出るのは、未熟です。言葉で理解させられないのはコーチの腕がないからです。
やってはいけない。

だって叩いて上達するのならデースケなど歌子に逆さづりにされて毎日水攻めにあっていなければおかしいです。あの「欠点がなさすぎる」スケート、「最上位の技術と芸術がひとりの人間の中で融合している驚異の演技」は殴られてできたものではない。「練習」ってそういうことではないですよね。

殴ったら上達するのなら姐さん毎日リンクに行って滑っている人全員をどつきまわしてあげますよ。2分に一回ずつ殴る。でも、そういうことではない。

体罰は暴力です。いついかなる場合でもそれをするのは「教える側の幼稚さ」をさらけ出すものだと思います。

稔「先生」は常日頃から生徒の体に手をかけて「こうだよ、こう!」と言う人だったのだろうか。本人は暴力をふるう恐怖の鬼コーチという意識なく「指導の一環」としてやっていたのだろうか。雑誌社の人間はたまたまそういう場面を目撃したのだろうか。生徒が氷上に転倒するほど強く「指導」する場面を見たのだろうか。

それとも?

「未熟」で「腕がなく」て「幼稚」だった稔先生はその後どうなったでしょうか。

「暴力コーチ」として悪名を轟かせてしまった佐野稔は、フィギュアスケートの楽しさをわたしたちにかつて教えてくれた大スターの佐野稔は「解説者」としてもうひとつの現場で、まともな「仕事」をテレビでするようになったのだろうか?

真央を突然けなすようになりました。テレビで過剰なほどのキム上げと真央下げをセットにしだしたのはそのころからだった、と思います。

なんでそんなことになったのか?

なんで?

なんで佐野稔は生徒を韓国に連れて行くようになったのか? 時にはデースケまでも?

なんで現在ただいまも紛争地帯で分断された北朝鮮と「停戦中」の危険な場所に、ぼろぼろの建物と大腸菌まみれの不潔な食事と、半日教育の結果の敵意むき出しの韓国にわざわざ子供たちを連れて行くようになったのか?

なんで自国のエース浅田真央を、スケート連盟理事の佐野稔が悪く悪く言うようになったのか?

痛快で、「見たまんま」で、視聴者の思いと「そうだそうだ!」と一致するがゆえに「居酒屋実況」と愛されていた佐野稔は、なぜ嫌われるようになったのか?

そして、嫌われ、憎まれ、疑われたままで本人はよしとしているのか?

スケート教室の生徒さえ途切れなければいいんですか?

スケート連盟の役職者でありさえすればいいんですか?

それで佐野稔は、いいんですか?

と、なぜか最近しきりに考えるようになったんですよね。余計なお世話というものですが。

あんなにもスケートの楽しさを教えてくれた人が、スケートを今でもあんなに滑ることができる人が、悪評にまみれ、疑念の汚辱にまみれたままで「いい」と思っているのだろうか?

もしかしたら佐野稔は自分がどう思われているか知らないのか、知っていても「よし」とする人間なんだろうか。

わたしは、そろそろ人生の清算を考えるような時期に入ってきた年代の人間として、佐野稔自身に「かつてのスーパースター佐野稔として生き、かつてのスケートの楽しさの伝道師、偉大な先駆者としての佐野稔として死んでいくつもりはありませんか」と訊きたいです。本当に。

佐野さんの身の上にただちに何かがということでは決してなく、単純に知りたいと思います。

「本当に今のままでいいんですか?」と。

逆に言うと「変わるなら今だ、今しかない」ということでもあると思います。姐さんヘンな勘だけは働きますからね。これまでも幾つか警告めいたことを、というか警告をはっきりと名指して書いてきました。
人間には二度まで警告をして、スルーされたらわたしも忘れることにしています。
佐野さんには最後です。
わたしが何をするでもなく、本人には自覚があると思います。というか、ここで「本当のこと」を出しておかないとあとあとどえらいことになると思うんです。
政策が変わり、時世が変わり、人心が変わり、そして「反日勢力」が主に実弾不足=資金切れから勢いをなくして「撤退」をしていくときに、一番最後まで反日を続けていた人や団体や企業が一番手酷く叩かれます。

佐野さんはセンスがいいスケーターだった。勘が良かった。そして自身が優れたスケーターであるだけに真贋を見極める目がある人だった。と、姐さんはいまでも思っています。

だからこそ、これまでがどうあれ、「実はあのときこうだった。だからこうした」と「本当のこと」を早めに出してしまったほうが、いい。

保身とか裏切りとかレッテルを貼られるのは仕方がないです。でも巻き添えになって一緒に地獄に行く必要はないと思う。

日本人は素直にありのままを認める人は憎まない。罪を認めた人には、逆にある種の敬意すら感じながら仲間でいることを認めます。
逆に嘘をつき続ける人、嘘で塗り固める人、嘘で押し通す人を憎みます。嫌います。仲間でいることを許しません。

まだ間に合う。ぎり最後。と、わたしは見ているのです。

センテンススプリング砲、いつどこに発射されるかわかりません。人前に出てミスリードを誘発する「兵士」であったがゆえに浴びせられた汚泥の数々、ここらで「実は」と晴らしておいた方がいいんじゃないでしょうか。

今後の保険のために安心材料を提供申し上げるとするならば、そのほうが「仕事」は増えます。絶対に。

「あとは勇気だけ」と久美子先生が真央におっしゃっていたそうです。わたしもそう思います。

まあこんなところで何を書いても佐野さんの耳には一切届かないと思いますし万が一知ったとしても「はあ?馬鹿言ってんじゃねえよ」でお忘れになると思いますが、いらぬおせっかいを焼いてみました。
もし知ってしまったら超~気持ち悪いだろうと思います。有名税だねえ。すまないねえ。ほんと薄気味悪いよねえ。

佐野稔が本気でキム・ヨナが世界一だと思っていてこれからもそういい続けるのなら、それならそれでいいんです。
そう「思う」のは誰にも変えられない。
佐野稔が本気でキム・ヨナが大好きで超うまいと思うのならそれはそれでいいんですよ。
そう「思う」のは誰にも変えられない。

でも「本当ですか?」と、かつてのスーパースターの輝きを全否定することになるそのスタンス、それで本当にいいんですか?とそれだけはおうかがいしてみたいですね。

さらには「暴力コーチ」がなぜテレビに出演し続けられたのか。なぜ連盟理事を解雇されなかったのか。
いろいろなことが一本の線でつながっているのかもしれないですからね。

だが姐さんには知る由もないのだった___________




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/02/15 03:11
コメント
No title
え~っ。佐野さんてそんな素晴らしいスケーターだったんですか・・・・

子供の頃は年1回のNHK杯(でしたっけ?かつてはフィギュアの試合は滅多に放映されなかったように思う)を見るのが好きでしたが、フィギュアファンというほどではなく、ちょっと熱心に観だしたのは、トリノのあたりからでした。
そしてじきに真央ちゃんへの不可解な採点が始まり、不安で目が離せなくなりました。
そしてその頃からよく見聞きしていた佐野氏の解説は、ざっくばらんというより、何だか下品な印象が強いのです。
ある番組で、一番好きなプログラムは?と聞かれた答えが「キムヨナの007(!)」
ご丁寧にあれこれ嬉しそうに描写までして・・・唖然としました。たしかソチ五輪前で、普通なら日本選手か、外人でも往年のスター選手を挙げるところでしょうに。
この人が出たら、ソッコーでテレビ消すほど嫌いになりました。

でも、本当に素晴らしいスケーターだったのなら、今の状況は残念としか言いようがありません。
何があったんでしょうね。
そして、これからどんな結末になるのでしょうか。
その通りなんですよ姐さん。

でもね…魂を売らないと、みどり様のように実績に見合わない冷遇をされて追い込まれてしまうんだろうな~と思います。

でも、暴力はいけないけど、マスコミのネガキャンで弱味に付け込まれた後、韓国面に利益誘導されるのは良く聞く話だわ。

(例を挙げると、不二家とか、雪印の不祥事→〇ッテの利益誘導)

魂売らずに、冷遇されている人や企業を応援しようって思うわ…
山田先生も、そんな方ですね…。
姐さん・・・・・・
読んでて涙が出て来ちゃいました。
そうでしたよね。「佐野稔」って凄かったですよね。
日本人のフィギュアスケートはこうだぞって勢いで、行くべき道を押し広げながら突っ走ってた様でした。
私は、「佐野稔」にダメって標章を貼って蹴っ飛ばしてしまっていたのに、なんて愛溢れる言葉だろうと、自分の未熟さを再確認してしまいました。
彼が全てを明らかにしてくれたら、状況はひっくり返るかもしれません。そうしたら、もしかして・・・・・・
・・・・・・まだ間に合うんでしょうか。
Re: 姐さん・・・・・・
ちょこ太さん

佐野さんは、「やりはしない」です。
だからこそこの記事を書きました。

レクイエムです。
No title
そうですよね、「レクイエム」、納得です。
悲しいですね。
競技者にしても、そのほかの分野の方にしても、あるひと時において確かに光っていた方々が、光を失うのみならず、闇や陰に包まれていくのを見ているしかできない虚しさったらありません。
いろいろなことがあったんだろうなとは思いますが、それも小さな一つ一つの積み重ねだと思うのです。
積み重ねる一つ一つ、小さなものをコツコツと誠実に積んだ人と流されてしまった人の差が出ているのですね。
何を話していても、「浅田真央」という人のかけがえのなさに思いがいってしまいます。
そして同時に、何も疑わずただ過ごしていた若き日の自分に腹が立ちます。後悔ばかりです。

管理者にのみ表示