こんな「応援の仕方」もある



嫌なことを書きます。
浅田真央選手に関するネガティブキャンペーン、よせばいいのに相変わらず続けられているようです。
「日本人」からの応援を阻害するような嘘記事が出る可能性が高いです。

そこで提案なのですが、真央のスポンサーに真央がCM出演したから御社の製品を使っている、とあらかじめ報告するのはどうでしょうか。感謝というか、なぜ買ったのか動機を率直にお伝えする。別に真央ではなくなったら買わないぞという圧力ではないんです。実際に使っていなかったらそれでもいい。でも真央を起用したのはいいと思う。でも構わない。
消費者からのちゃんとした反応を企業はとても喜びます。
実際に購入した人は感想を伝えてあげるとまともな会社なら「宝物だ!」と大事にします。

なんというか、ウンザリするくらい卑怯で陰湿で薄汚いイヤな手段を繰り出されるのに飽き飽きなんです。
浅田真央についてどんなネガティブキャンペーンをしたって、どんな不正採点で低い点を出したって、真央への愛情や敬意や感謝は絶対に薄れないんですよ。
この十年ファンをやめなかったんだから何があったって真央についちゃどうこうなりはしませんて。いい加減わかれwwww

それに真央を下げたところで他選手の人気がそれだけ上がるってこともないんですよ。それに真央ファンは真央を熱愛するのに忙しいので他選手の下げ活動なんかしているひまがありません。

嘘のライバル構造とか、誰かを上げるために真央を下げるとか、もう「キム・ヨナ商法」はウンザリです。馬鹿だろ、無駄なことばっかりしやがって。

とはいえそうは言っても「ひどいことを実際にする」わけですから、それに対して正々堂々と一消費者として企業に感想を伝える、というのは有効な手段だと思います。

むしろやって当然だと思いますね。

ファンを見れば選手がわかる。

だからわたしはできるだけ丁寧に、率直に、感謝をこめて「真央を支援してくれてありがとう」と気持ちを伝えようと思います。
普段からお礼を言っておきたいよ。

真央の努力を評価して、真央なら信じられると決断して、企業イメージアップのために起用してくれている。それだけでも大正義じゃんと思いますね。
がんばる真央を応援する企業さんを応援する。こんなWin-Winの関係はないですよ。
真央へのファンレター1とするならば企業への声援10くらいにしたい。

個人的にはそう思います。あとやってみると楽しいよ。嘘っぽくほめる必要はないですし、そういうのはまずダメです。相手も毎日仕事で見ていますからね、一発でバレる。素直に「わたしはこう思う」と伝えるのが一番です。

ファンを見れば選手がわかる。

姐さんがもしアレなら、あたしは別に真央ファンに入れてもらわなくてもいいですよwww
ただ死ぬ瞬間に思い出すのは「浅田真央の幾つもの笑顔」とこの犬画像ですよね。

dog_201602150324396c0.jpg

薄れ行く意識の中に真央の名演技がいくつも浮かぶ・・・頑張る真央・・・微笑む真央・・・歓喜と共に飛び跳ねる真央・・・

(真央・・・より目になってベロが出てびょんびょん跳ねてるわ・・・!そしてガッツポーズ出たよ!ああ真央が満足しているわ・・・)

そう思いながらのこの世で最後の映像はこの犬です!

よくわかんないけど見た瞬間そうだ!と思ってしまったから仕方ありません。
なんだよこの写真wwww

ということで「いまさらのネガティブ報道かよ。バーカバーカwwww」と「スポンサーさんありがとう!」というお話でした。
馬鹿をしないでくれるといいなあ。ほんっと無駄だからwwwwwバーカバーカwwwwwww



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと
投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/15 03:28
コメント

管理者にのみ表示