フィギュア小塚崇彦が現役引退 トヨタ自動車社員に




フィギュア小塚崇彦が現役引退 トヨタ自動車社員に
http://www.nikkansports.com/sports/news/1617077.html
[2016年3月15日18時3分]

フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー冬季五輪代表で、11年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦(27=トヨタ自動車)が3月末で現役を引退すると、日本スケート連盟が15日に発表した。昨年末の全日本選手権で5位に終わって世界選手権の代表を逃していた。中京大大学院を今春修了し、4月からトヨタ自動車で社業に専念する。

小塚は「5歳から始めたスケートを今まで楽しく続けてこられたのは、多くの方々のおかげだと感謝している。氷上を去ることになりますが、これまでの経験を生かして新たな人生を歩むことにした」とコメントした。4月17日のアイスショー「スターズ・オン・アイス」(国立代々木競技場)に出演し、ファンに別れを告げる。

愛知県出身で、父嗣彦さんが1968年グルノーブル冬季五輪代表、母幸子さんはアイスダンスで全日本準優勝のスケート一家に育ち、美しい滑りを武器に活躍した。2005~06年シーズンにジュニアグランプリ(GP)ファイナル、世界ジュニア選手権の2冠に輝き、GPシリーズは通算4勝。10年の五輪は8位に入賞し、同年の全日本選手権で初優勝した。

フジテレビアナウンサーの大島由香里さん(32)とことし2月に結婚した。



フィギュア小塚崇彦が現役引退 今後はトヨタ社員に 4月17日にファンへあいさつ
http://news.livedoor.com/article/detail/11297680/
2016年3月15日 18時17分

日本スケート連盟は15日、フィギュアスケート男子で、10年バンクーバー五輪代表の小塚崇彦(27)=トヨタ自動車=が現役を引退することを発表した。所属のトヨタ自動車から、同連盟の橋本聖子会長宛てに、3月31日をもって現役を引退するという届け出があった。引退後は社業に専念するという。

小塚のコメントは次のとおり。

「今シーズンをもちまして現役引退を決意しました。5歳からはじめたスケートを今まで楽しく続けてこられたのは、スケート連盟をはじめとするスケート関係者の皆様、所属先として支えていただいた梅村学園およびトヨタ自動車の皆様、そしてファンの皆様など多くの方々のおかげだと感謝しています」

「現役生活の中でたくさんの思い出を作ることができました。1つ1つの試合に思い出がありますが、特にバンクーバー五輪への出場、全日本選手権での優勝、世界選手権での2位。2013年の全日本選手権でソチオリンピック出場が叶わなかったこと。そして2014年の全日本選手権では、怪我の影響もありグランプリシリーズでも思うような結果が出ない中、やっと納得できる演技ができ、思わずガッツポーズをしたことなど、貴重な経験をすることができました」

「今後につきましては、氷上を去ることになりますが、これまでの経験を活かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩むことに致しました」

「人生の大きな節目となる大きな決断になりましたが、トヨタ自動車とスケート関係者の皆様のご厚意により、4月17日のスターズオンアイス最終公演にて、皆様にご挨拶する機会をいただきました。引き続き、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。小塚崇彦」

小塚は10年バンクーバー五輪代表。同年全日本選手権で初優勝を飾ると、11年世界選手権では銀メダルを獲得した。近年は怪我などに苦しみ、昨年の全日本では5位に終わり、世界選手権代表入りを逃した。2月20日にフジテレビの大島由加里アナウンサーと結婚したばかりだった。

小塚の祖父光彦さんは旧満州のフィギュアスケート王者で、父嗣彦さんは68年グルノーブル五輪代表。「フィギュア界のサラブレッド」とも呼ばれた。


JOで見かけた小塚さんは、婚約者の女性よりもほっそりして見えて、ああこれはもう無理だろうな、アスリートの体じゃないな、と思いました。笑顔が優しすぎた。戦う顔をしていなかった。もう体がついていかなかったのだろうと思いました。
あのときから姐さんはおそらく引退だろうと思っていました。無念でした。
久美子先生たちと談笑する姿、忘れられません。観客として試合を見ながら何を思っていたんだろう。

優しすぎる人でした。

こづ。

氷上を去ることになりますが、のひとことが痛切に胸を切り裂きます。あんなに滑ることができる人が、神のごときスケーティングスキルを持つ人が、「去らざるをえない」のか。

姐さんはフィギュアスケートの技のうち、男子現役選手だと小塚崇彦のフライングシットスピンが一番、一番好きでした。胸が晴れた。心が躍った。なんというか、絶対に誰にもできないくらい端正なムーブメントに憧れた。昔はアラビアンなんていいましたね。入り方から美しかった。一瞬で軸が定まって永遠に回っていられそうな、どこにも無理や無駄がなく、氷上でごく小さな円弧を描いて動体力学の妙を見せてくれた。
イーグルのすさまじさ。誰のステップでも簡単に再現してしまう技術力。ジャンプのでかさ。
これでもか、のディープエッジ。足元が深い角度で倒されたブレードから放たれる光でいつもまぶしかった。
「滑ること」の歓喜と愉悦をリンクに降りただけで見せてくれた。
小塚崇彦はフィギュア=図形を描く基礎に徹底的に忠実な、まさに神業の持ち主だった。
夢のようなスケートを見せてくれた選手です。
これほどに年若くしてこれほどの技術を備えているということは、本当に、もう本当に、信じられないくらい練習を重ねたのだろうと思います。

こづの演技には清涼感と気品があった。
若竹のような滑りをいつまでも忘れません。

思うことはいろいろありますが、小塚崇彦という選手がいたことと、彼がおそらくは幾多の無念を抱えながらも「自分の人生」を明るく切り開いていくだろうことを忘れません。

「討ち死に」という言葉が脳裏をよぎる。こづこづ。

寂しい。本当に。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
小塚崇彦 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2016/03/15 23:10
コメント
No title
そうですか…。
残念です…。悲しいです…。

私も小塚選手のスケーティングが大好きでした。
小塚選手のイーグルは、ジェフリーバトルと同じぐらい大好きでした…。

もっと見ていてかったです…。
真央ちゃんもそうですけど、アスリートなのに何でこの競技はちゃんと技術で評価して貰えないんでしょうかね?

昔は違ったのにと思うのは気のせいなんでしょうか?
今日は布団かぶって泣きます…。
No title
とうとうこの時が来たか…小塚くん。
わかっていたけど、もの凄い喪失感です。
私も小塚くんのスケーティングが大好きでした。
「清涼感と気品」、まさにその通りです。
邪気がない。
ただただ美しかった。孤高とも言える程。
ありがとう、小塚くん。
No title
引退報道を最初に目にしたのはスポーツ報知でした
「連盟からの正式発表」とは書かれていなかったので信じたくなかった

ブログの記事更新時に正式発表されたものを見てやっと現実のことなんだと認識しました

小塚選手の深いエッジを使っで音楽に合わせて力強さと柔らかさを使い分ける美しい滑りは
私はパトリック・チャンにも劣らないくらい高い技術を持っている選手だったと思っています

真央さん、パトリックとともに「基礎の大切さ」「美しさは積み重ねられた基礎があってこそ」というものを知らしめてくれる稀有なスケーターだった

彼のような選手がまた一人リンクを去ってしまうことに寂しさを感じます

引退後は所属先の社業に専念するとのことですが
本音を言えばあれだけ佐藤信夫コーチから基礎を叩き込まれてきた小塚君なので
出来ることならスケートに関わり続けてほしい。
コーチになってほしい。
今、スケーティングの大切さを教えられるコーチは少ない。
佐藤コーチから教わったものを次の世代に繋いでいってもらいたい

でも彼の決めたことだから、第二の人生を応援したい
彼の今後の人生が幸多きものであることを心より祈っています

寂しすぎます
こんにちは。
小塚選手の引退。
寂しくてたまりません。
No title
こんにちは
小塚君の引退が残念でなりません
怪我も長引き恐らく引退は近いだろう、と心の準備は出来ていたはずなのに落胆しています
爽やかで端正で気品のある演技、超絶滑らかなスケーティング、地道に着実に築き上げた高い技術を堪能し応援できたファンはとても幸せな時代を過ごせたのだなと思います

「討ち死に」
その言葉しっくりきました
なんか無念です
競技生活の後半では、彼のポテンシャルならもっと高い評価を得られても良いのに…と幾度も悔しい思いをしながら見てましたから

第二の人生は幸せに満ちたものであって欲しいです
聡明な伴侶も得たことだし、彼ならきっと明るく逞しく人生を切り開いて行けるでしょう
氷上を去るのはただただ寂しいけれど、彼の決断を応援します
一方で彼のような人気もあり人望もある「匠」が去らなければならないフィギュア業界て何なの?という悶々とした思いが残ります





応援したいけど、
新しい人生を決められて、ファンとしては、応援しなくてはならないのに、なぜか寂しさのほうがあふれてきます。氷の上の仕事は無理なんでしょうかね?コーチとかは無理なんでしょうかね?もう、考え直してってことは無理なんでしょうか?
umeさんへ
コメントありがとうございます。
姐さんはためいきしか出ないです。寂しい。寂しすぎる。
小塚のことを考えていると知らずに涙が出てきます。

>真央ちゃんもそうですけど、アスリートなのに何でこの競技はちゃんと技術で評価して貰えないんでしょうかね?

ここですよね。ここを説明してほしい。

スケートがうまいと、まるで「罰せられる」ように点を下げられるなんて異常な競技、
フィギュアスケートだけですよね。
それも選手によって基準が違い、最初から順位ありきが露骨すぎる。

小塚の無念はいかばかりかと。。。
すいすいさんへ
コメントありがとうございます。

>邪気がない

本当ですね。至言です。その通りです。彼はただただ美しかった。ものすごい技術を持っていた。
彼のSSは常に10点固定でよかったと姐さんは思います。

彼のスケートはただただノーブルだった。これぞスケートの王道一直線の正統派。

こんな選手を大切にできなかったなんて、それだけでスケ連の異様さが証明される。

こづ。リンクを降りる決意までの彼の胸中を思うと。。。
megumiさんへ
コメントありがとうございます。

わたしも血の気が引きました。この喪失感はなんだろう。

ひとつの時代が終わっていくのを、高橋、町田の引退よりも強く感じています。

もう二度と「戻らない」時代。

最後の記事にまで「サラブレッド」と書かれていて、そのことが胸を刺しました。
小塚自身は「スケートなしの人生」を選ぶことが許されなかった「その環境」を
どう思っていたんだろう。

最後の最後にすべてを捨てる、少なくともSOI以外のショーへの出演を言明していないことが
何かの答えだったような気がしてなりません。

滑らなくなれば劣化する。取り戻せなくなってもいいのだと、小塚自身をそこまで
追い詰めたものがなんだったのかは後になってわかるのだろうと思います。

小塚が氷を降りたことが痛烈なひとつの「告発」だと思います。

神のように滑ることができたこの若武者の戦死を、わたしは重く受け止めています。
Re: 寂しすぎます
モコちゃんや~

寂しいよね。本当に。
お年頃 さんへ
コメントありがとうございます。

いつも洞察力と決意に満ちたお年頃さんのコメントを嬉しくありがたく拝見しております。
まず笑いありきの姐さんにはない真摯で透明なその姿勢、わたしは尊敬しています。ありがとう。

>彼のような人気もあり人望もある「匠」が去らなければならないフィギュア業界て何なの?という悶々とした思いが残ります

伊藤みどりがスケ連にいない。これと「理由」は同じだと思います。絶対に。

彼の決断を支持します。彼のようなスケート巧者が滑ることそのものを拒絶する、少なくとも最後のSOI以外のショーへの出演表明がないのはおかしいですよ。おかしい。

ひとつの時代が終わった、終わってしまった、という喪失感に打ちのめされそうです。

これからは奥様と支えあって素敵な家庭を構築して「トヨタの社員」としてがんばってほしいです。

というか、姐さんは号泣しながら土下座してお願いだから滑って!!!!と本当は言いたいです。
Re: 応援したいけど、
すみれさん~~、姐さんも同じ気持ちなんですよ。。。

これだけの人がなぜ、と寂しさでいっぱいです。

彼の決意を最大限尊重しなければならないのに、なぜ、とばかり思ってしまいます。
鼻水たらして泣きわめきながら滑るのはやめないで!!!!と転げまわりたいですね。

トヨタで新しくスケートクラブこさえてもらって、そこのコーチ第一号とかないのかしら!!!!!
にゃーーーごやの若手をがっぽり所属させて、リンクも作って、リンク難民も引き受けて、
他のクラブ所属のコーチもレッスンできるようにしてあげて、

つーかやいやいスケ連!これだけ五輪メダリストを輩出できるようになったんだし、
自前のリンクくらい作りなさいよ!!!

ナショナルトレセンすらなくて民間のリンク、大学に間借りなんて恥ずかしくないんかい!

。。。と、スケ連ならびに関連各所に伝えます。ここで吠えていてもしょうがない。
ないでもないというか
>トヨタで新しくスケートクラブこさえてもらって、そこのコーチ第一号とかないのかしら!!!!!
>にゃーーーごやの若手をがっぽり所属させて、リンクも作って、リンク難民も引き受けて、
>他のクラブ所属のコーチもレッスンできるようにしてあげて

トヨタ自動車が今後どのようにオリンピックと関わるのかは分かりませんが、少なくとも社長は昨年12月に組織委員会副会長を辞任しました。1月には関連工場爆発でライン停止などと色々ありますが、「正当だからこそ攻撃を受ける」と読む筋もあります。不正とは付き合わないというスタンスでお辞めになったのだと妄想?します。
豊田章男社長並びにトヨタ自動車には今後も期待する次第です。

◆トヨタ社長が五輪組織委を「突然辞任」 経済界は腑に落ちぬと疑心暗鬼 #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/11048140/
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の副会長を、トヨタ自動車の豊田章男社長が2015年12月21日付けで辞任した。経済界を代表する後任副会長には、パナソニックの津賀一宏社長が就任する。 豊田社長サイドはあれこれ理由を述べているが、「唐突感は否めない」(財界ウォッチャー)辞任劇であることは間違いない。「寄り合い所帯の組織委員会の迷走を豊田社長が嫌った」(中部財界関係者)との観測が真相に近いとみられているが、多くの五輪関係者が豊田社長の真意を測りかねている。

管理者にのみ表示