「先頭に立つ」勇気の持ち主、山田宏さん



O-ENNにて主催させていただいた山田宏氏講演会が無事に終了いたしました。
御参加くださった皆さん、どうもありがとうございました。
御多忙な中で2時間も割いてくださった山田さん、西田さん、事務所の皆さん、ご紹介の労をお取りいただきました皆さん、どうもありがとうございました。
雨をやませてくれたナニかもありがとう。花粉症の方には少しだけ移動が楽だったかしらね。
そして真っ先に道に迷った姐さんを助けてくれた皆さん、どうもありがとうございました。ほんっとにすみませんでした・・・なんで迷うんだろう・・・謎だ・・・
あ、会場利用アンケートに「近隣施設の名前ももう少しサイトにのせてください」と書いておきました。
姐さんも次は絶対迷わない!迷わないよう努力します!迷わないんじゃないかな。まちょっとは覚悟しておけ~♪
はい、さだまさしさんの歌からでしたーーー

今日参加なさった方はラッキーでしたね~。濃かったなあ。
あんなに未来に対する「勇気」と「希望」をもらえる話はなかったですよね。すごかった。

自分に対する自尊心、自分を大切にできる心というのは「過去を大切にすること」から生まれるという話。

かつてわたしたちの直接のご先祖は「日本のために」とそれがよかれと信じて散華していった。
「自分の死は無駄にはならない、かならず後世、日本のために立ち上がる人がいる」と信じてくれていた。

その期待と思いをわたしたちはどれくらい自分のものとして大事にできているだろう。

山田宏さんが杉並区長だったときの成人式でなさった挨拶のお話しがやはりもっとも胸にきました。

今日来られた方はよかったですね。本当に。

山田宏さん、「先頭に立ちます!」とはっきりおっしゃってくださった。ぜひ国政の場に送り込みたい。
わたしたちの先兵として、「未来への希望」として。

真央の五輪金メダル奪還も、その先の来るべき朝に実現される。必ず。

日本と日本をゆえなく傷つけるすべてのことの根がひとつであるのなら、希望と勇気と行動で、その禍根をこそ絶っていきたい。

行動あるのみ、ですよね。

御参加くださった皆さん。よかったらぜひ感想をお願いします~。
どこに一番ぐっときましたか?
またもし次回があったらこんなことを質問したいとか、こんなテーマを設定してほしいとか、リクエストがありましたらぜひお願いいたします。
参考にさせていただきます。

それから山田宏さんの公式ホームページにネットサポーターズクラブというコーナーがあります。
ここに登録していただくと講演日程のアナウンスがもらえるようです。
お住いのお近くのイベントのチェックにいかがでしょうか。

公式ホームページ>ネットサポーターズクラブ
https://www.yamadahiroshi.com/supporters.html


バックナンバー
https://m.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=yamadahiroshi&no=all

おお!意外と近くで講演会がある!
ぜひチェックなさってみてください。


ちょうど某まとめブログで一泊数十万円のホテルでひどい扱いを受けた日本人の書き込みを見たので(※真偽は不明)、お話の中にあった「一流ホテルの御不浄が従業員の手で清潔に保たれるのは当たり前で、一流というのは自分が使った後に清潔を保つのは当然だと思えるような顧客が利用するものだ」という箇所を思い出しました。


来たときよりも美しく、という標語を思い出しますね。より明るい未来に向けて「そう思いそう動く」人がたくさんいる日本。
あらためてすごいなあと思います。



※コメントですが、参加者の個人が特定できる内容はご遠慮ください。
姐さんが案の定ジャバ・ザ・ハットだったとかそういうのはいらないゾwwwww




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
山田宏さん | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/03/19 23:34
コメント
ささやかな「1」として
 「過去を大切にすることで花が咲くのだ」と、感謝と誇りを語ってくださった山田さんの言葉が、心に沁みました。ありがとうございます。実は、なかなか上京することがないからと、思い立って、今まで行きたいと願っていた靖國神社に参拝してから講演会へ伺いました。境内にも、若くして命を散らした方から そのお子さんへ遺した手紙が書かれており、こういう方々のおかげで今があると感じておりました。だからなおさら山田さんのお話は心にぐっと迫ってきたのです。
 このような機会を作ってくださった姐さま、ありがとうございます。ゼロと1は違う。微力な一人でしかないけれど、改めてちいさな誇りを抱いて帰路に着きました。
Re: ささやかな「1」として
suikazuraさん

コメントありがとうございます。

姐さんは「自分の範囲」をどこまで拡大できるかがこれからの時代とくに重要になると思っています。
あなたの場合は英霊も含めて「わたし自身」なのだと感じられるご経験を得たわけで、
それはこれから多くの場面であなたを救うと思います。

それから微力とおっしゃらないでくださいね。
真央ひとりであれだけのことができるんだってわたしたちは見せてもらった。
あんなどえらい規模であっても「ひとりの人間の自発的意思」であそこまで高みに到達できるのだと
いいお手本があるわけです。
あれを目指そう。と姐さんはいつも思います。

真央があきらめていたらsuikazuraさんともお会いすることはかなわなかった。

ほんとに、ゼロと1は違うなあと思います。

わざわざのご来場、本当にありがとうございました。またお目にかかれるのを楽しみにしています。
1から始める
本当に、参加して良かった!と心から思える講演会でした。

あえて一番を挙げるならば、私もやはり成人式でのお話が胸にきました。
涙が止まりませんでした。
自分の成人式に聞きたかった。
節目の日にああいうお話を聞けた方は幸せですね。

過去に感謝し、根を大切に生きる。
未来に誇りを繋げられるよう、私でもできることはあるのだから、声を上げていかなければと強く思います。

ゼロから1へ、そして1を現実に。
それが実現できるんだと確信を持てる1日になりました。

姐さん、素敵な企画をどうもありがとうございました。

管理者にのみ表示