ロシア競歩金メダル剥奪へ




ロシア競歩金メダル剥奪へ
2016年3月24日
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/03/24/0008923955.shtml

【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は24日、
ロシア反ドーピング機関が五輪の競歩金メダリストを含む6選手に科した
資格停止期間を不服とした国際陸連の訴えを支持する裁定を下した。

2012年ロンドン五輪男子50キロ競歩覇者のセルゲイ・キルジャプキンは
09年8月から12年10月まで全ての記録が抹消され、金メダルを剥奪される見通しとなった。

08年北京五輪女子20キロ競歩で金メダルのオリガ・カニスキナは、
ロンドン五輪で獲得した銀メダルを剥奪される見通し。



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(13) | トラックバック(0) | 2016/03/30 06:09
コメント
No title
先日は私の質問にご回答してくださりありがとうございます。

私などは人間は簡単にイエス・キリストなど目指すべきではないと考えます。

キリストの光などはもっと上であると考えます。

真央さんには誰でも行っている事を行って頂きたいと考えているだけです。

でなければ最終的な扉を開かせる事は出来ないと考えます。

初心者ではない浅田真央さんが、誰でも行えている事を行っていない。

自然と自然でないものの堺はどこでしょう?

自然という言葉を用いるのならば、浅田真央さんのその状況の方が自然ではない

と考えます。

宗教原理主義というか経典病を用いるのはもうやめて頂きたいと考えます。

神の光を目指すのならば宗教原理主義では到達できない。

経典を読んで単に学ぶのと、宗教原理主義を発動してしまうのとでは雲泥の差が

あると考えます。

原理主義を運用しても途中までは上って行けるだろうが、途中で落下する事にな

ると思います。

これらは人間全般に言える事であると考えます。


でなければ人も国も最終的な所で救い逃す事となると考えます。

宗教原理主義を発動させない
先ほどの文章にタイトルを記入するのを忘れました。
タイトルは「宗教原理主義を発動させない」と致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ジュニアホッケーのチームも
アイスホッケーでも、18歳未満のロシア代表チーム全員が、世界大会に向けて出発する前日に総入れ替えになったそうです。監督も解任されたとのこと。内部の情報によると、薬物はやはりメルドニウム。

http://nhl.nbcsports.com/2016/04/06/reports-russian-u-18-team-replaced-due-to-positive-meldonium-tests/
ロシアにも困ったものですが、スポーツ界の腐敗の老舗殿堂はやっぱり
姐様、皆様、ボストン・ワールドも終わり、桜も散ってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか? 自分としては真央選手が、自分自身が一応納得できる演技で(左膝の怪我は心配なものの)、シーズンを締めくくることができ、来シーズンに向けて前向きな気持ちになれたことが、今シーズンの唯一ともいえる(?)収穫ではありました。

ただし、今回のワールドもジャッジメントについては問題山積みでしたね。
四回転祭りとなりつつある(ま、これはこれで競技としての〃進化〃ではあるので、悪くはないですが)男子の採点の乱高下の問題については、MIZUMIZUさんがご自身のブログで指摘されているので、是非ご一読を。
で、問題の女子。
これについては「ならの〃スポーツの喜怒哀楽を語ろう!」というブロガーさんが、かのGOLDEN SKATE なるサイトに投稿された興味深い投稿を発見(これを見つけたとは、ならさんの努力、フィギュアスケート愛、並じゃないなあと脱帽しております)、内容を紹介しているので、是非、そちらのブログ、のぞいて見てください。

ただ、一応、ざっくりと内容を紹介すると、投稿者(元ジャッジなんじゃないかというくらい、実によく各選手の演技を見て、分析しているし、おおむね、おっしゃる通りといったジャッジを下しているので、もうね、この人に全部ジャッジしてもらったほうが、いいんじゃね? と自分なんかは思ってしまいました)自身が、各選手の演技をつぶさに分析したうえ、その人なりのプロトコルを発表しているのですが、そのから明らかになったのは、いかにボストン・ワールドが浅田真央、長洲未来を除いて、点数が〃盛られていたか〃(ただし、本郷選手とラジ子はそれほどでもない)ということ。
盛られた順に(ただし、ならさんがブログにアップしている選手のフリーの得点のみ)挙げてみると、1位:メドベ ワグナー 11.07(〃盛り点とをさっぴいた得点は131.16) 2位:さっとん 10.54(129.35) 3位:GG 10.35(124.50) 4位:メドベ 10.12(139.98) 5位:ポゴ 5.98(133.73) 6位 ラジ子 5.26(132.85) 7位 本郷 3.74 (133.0) 8位 浅田真央 1.59(136.02) 9位 長洲未来 1.53(122.44)


もちろん匿名の素人の採点なので、「ばっかじゃないの」と鼻でせせら笑う人がほとんどなのかもしれないが、〃プロトコル〃の内容といい、添えられた一言コメントといい、ほとんどがごもっともな内容と自分には思えたし、例えば、真央選手のスケーティングスキルについてのコメント「彼女のefortless……無理なく自然に加速していく滑りはもっと評価されてしかるべき」などは、よくぞ言ってくれたと膝を打ったほど。

真央選手の演技について、決まって、出場全選手のなかで目立ってスピードがなく醜いと罵詈雑言を書き連ねるブロガー(今回のワールドから羽生君も罵倒の対象に)がいたが、真央選手の場合、ほとんど漕ぎなしでトップスピードに入り、3Aの前にフォアで3漕ぎ、フリップからの3-3の前の漕ぎ以外はほとんど漕がないため、スピードがあるように見えないのかもしれないが(この点はあご側姉貴も似ている。あご側さんはスケーティングだけはツルスケで、優雅に加速出来ちゃうタイプなので)、彼女のぬきんでたリンクカバー率と滑走距離から見れば、そのスピードのほど自ずとわかるはずだ。(ボストン・ワールドの観客席の最上部から撮影された定点カメラによる演技に動画は「2ちゃんねる的フィギュアスケート」さんのブログで拝見。これを見ると、ワグナーのスケートがいかに滑ってないかよくわかる。彼女は選手としては好きなのだが、いつも思うのだ、スケート、滑ってないなあと)

余談だが、リンクの片側しか使えず、それでも途中で立ち止まり立ち止まりしていたカネネダル、お民、今回のメドベなどもリンクカバーは低いし、さっとんもあまりカバーしているとは思えない。リンクをフルに滑ってこそだと思うので、採点項目に入れるのが無理でも、PCSに反映してもいいのではと思うほどだ。

聞けば、寒村五輪で暗躍した、ドレが逝去。珍苦ももうすぐ任期満了なので、多少はましになるかと期待したいが、日本では白豚がまたぞろでかい面をしはじめているし、次の開催地はカネネダルの地元。加えて、世界のスポーツ関係利権者たちの腐っていること、目を覆うばかり。
真央選手が現役でいるうちに、ジャッジメントに光、ありますように……と願うばかりだ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
ドレが逝去したから多少はましになるって・・・人の死をそんなふうに言わないで下さい。
贔屓の選手を応援したくなるのは当然ですが、余りにも行き過ぎた発言では?
こんな最低人間が浅田さんのファンだなんて信じられません。
No title
suzuさん、ここはそういう人間の吹き溜まりだよ。
No title
たまさん

ここへしょっちゅう出入りしている貴方も
”そういう人間”の立派な一員ね。
No title
つまりはあなたもかね。
No title
え~?仲間でしょ?たまさんも!仲間じゃなければ、なんで来るの?

No title
反対意見のコメント入れてるのも「仲間」?
構うから尻尾振ってやってくる
自分好みの意見投下が嬉しくて嬉々として便乗しブログに訪れる人間全てに暴言吐けた気分になって悦ってる虚しい生物のお相手はほどほどにね奥様方




管理者にのみ表示