共産党員に舌打ちされた



あんまりです!あんまりです!
有権者のひとりとして自分の意見を伝えただけなのに!
あんまりです!
国民との対話姿勢、ゼロ!
こんなんで国政に行って彼らは何をしようというのでしょうか!
あんまりです!

えー、今日の出来事でございますよ。
姐さんは小腹がすいたのでパンツをはいて(いえ、家では限りなく全裸に近い姿でありたいものでして、ええ)外に出ました。
駅の周辺にスーパーなどがありまして、コーヒーなんぞ飲もうかしら、それとも季節のものでさくらんぼでも買おうかしら~と歩いていたわけです。

途中、姐さんが「110番通報」した選挙違反のポスターが撤去されているのを確認し「警察すげえな、ちょっぱやで仕事してるじゃん!」などと思いながら駅に着きました。

そうすると「アベガー、アベガー」の胴間声ですよ。
でたーーー!!
共産党の街頭演説IN 姐さんちの近くの駅!

うっわーーー!!チャーーーーンス!!!と思ってただちに近寄って「アベセイケンガー」と言っているおっさんの横にいた、責任者っぽい一番いかついおっさんに「自衛隊を人殺しというような党には入れられません」と言ってみました。

そうしたらどうなったと思います?

横を向いて舌打ちされたんです。

横を向いて舌打ちですよ。

すげえ!不評をかってどうするwwww

で、こりゃあ面白い!と思ってさらに質問をしようとしたら、横にいたご婦人が「あなた自衛隊なのっ!?」と割り込んできたんできました。
姐さん「今、中国が日本の領土にばんばん侵入してますけど、自衛隊なしでどうやって自国民を守るんですか」
ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」
姐さん「チベットやウイグルやベトナムやフィリピンを見てくださいよ」
ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」
姐さん「戦争をやめろは中国に言うべきじゃないんですか」
ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」

もうね、質問に質問でかえすなああああ!!とブチ切れそうになりましたよ。
おっさんは「けっ」という口の形にしたままそっぽを向いて完全無視です。
女を盾に逃げている卑怯者ーーーーと叫んでやればよかった。

残念なことに演説の時間が終わったらしく、もっと質問をする時間も、まともな「返事」をいただく間もなくさっさと撤収されてしまいました。
「ちょっと!打ち上げ会場はどこなのよ!あたしも連れていきなさいよ!」と騒ぐわけにもいかないので今回は「きいいいいいい!悔しいいいいいい」と思いながらスーパーに行ってバナナを買い、姐さん怒りの一気食いで三本、いやもうちょっとかな~ブヒヒ。

※小さいバナナです←どうでもええわww

あの舌打ちは有権者である姐さんに向けられていたのでしょうか。それとも身内の藤野さんに???

どうやら前者のようですね。

次に共産党員が演説をしていたら大きなよく通る声で「人殺し集団の自衛隊には予算つけられないですよねーーー」と言ってみようと思います。
「中国が侵略してきても無条件に日本を明け渡すべきなんですよねーーー」と。
「ポストが赤いのも安倍さんのせいですよねーーー」と。

共産党、せっかくの機会にひとりの有権者の心をさらに遠ざけてくれました。心置きなく「なくなれ」と言えます。

話しかけてきた有権者に横を向いて舌打ちする共産党員。
気に入らないだけでコレですよ。

堂々と論陣を張って有権者を説得する気持ちなんかないんですね。わたしだったらわが強敵(とも)来たり、ござんなれ!と喜びます。だって駅を通る人ぜんいんから完璧に無視されていたもの。

共産党員は「いないもの」として扱われていた。本当です。

だって「アベガー」しか言ってないんだものwwww

ちらし配ってるのもおじいちゃん、おばあちゃんばっかりでゆっくり動くから忙しい駅の乗降客に追いつけてなかったし。

なんか、「いなくなる人たち」ってこうやって「なかったこと」にされるんだなあ、とむしろそのスルーっぷりが怖いほどでした。

共産党の議席、減るでしょう。減らなきゃおかしいです。

バナナ食いながらそう思いました。あ、ちなみに夏だけです、バナナ食うの。

心ある候補者の皆さんは「早く選挙が終わらないかなあ」と思っていらっしゃるように思います。選挙運動も大事ですけど、この危急存亡の秋(とき)に、一刻も早く国会を動かし、法律を作り、または変え、実情・実勢に見合った「国家の運営」をしなければ!といてもたってもいられないでしょう。

山田宏さんもそのおひとりだと思います。
嘘と批判だけしていればいい共産党候補者はにやにや、へらへらしていましたよ。「アベガー」しか口から出てこない。まともな政策の提案も何もない。
あんなにのんきにしているのは二重の意味でおかしいですよ。姐さんはそう思います。
つまり、「日本」がこの先まともな独立国家として存続できるかどうかの瀬戸際なのに、なんにもこたえていないのがまずおかしい。
そして売国奴だから豊富な資金と潤沢な人手を用意されてのんきに「アベガー」と言っていればいいだけの時間がとうに過ぎ、おそらくは「共産党議席なし」くらいの「当然の結果」を前に徹底した戦犯狩り、切り捨てが行われるはずなのに、足元に火がついているのにあんなにのんきにしているのがまたおかしい。

どっちみち「おかしい」です。

そういえば。山田宏さんの公式ホームページのギャラリーというページはもう御覧になりましたか。

山田宏 公式ホームページ ギャラリー
https://www.yamadahiroshi.com/gallery.html

その中にあった一枚。転載です。

hiroshi.png

サッチャー首相と、だそうです。山田宏さんが若い!
「鉄の女」と呼ばれたサッチャーさん、フォークランド紛争、「ヨーロッパの悪いところ」を煮しめたようなもめごとのひとつ、のときに首相だった。さまざまな局面での「態度」が印象的です。決断をくださなければならないときに「人的被害」を考えて「でも、兵士たちが!」と取り乱して首相としての判断を取れなくなった。苦しんだ。こういうときは男性だから女性だからという性差ではなく、その人自身の人柄が突出してくると思います。サッチャーさんは自分の判断で「戦争」が起きる、開戦される、ということの「本当の意味の重さ」がわかる人だったのでしょう。
この方もあらゆる方面から攻撃されて「改悪」オンリーだったかのように言われている。
鉄の女といわれ、情の剛(こわ)い冷酷な人間と言われている。
姐さんが大好きなイギリスのコメディ、モンティ・パイソンでは「脳みそのありか」を「ふくらはぎ」にされていた。笑いましたがひどいもんです。
若き日の山田宏さんが笑顔で写っている。
この後、ご自分がたどる「まっとうな政治家が全員歩くいばらの道」を知ってか知らずか、青春のはちきれんばかりの意気軒高たる陽気さで。

インド、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、もちろん尖閣慰霊祭、東日本大震災の被災地救援活動などの写真・・・。

年代を経て「今」に近づくほど、顔つきが険しいときが多くなる。
それはそうでしょう。
想像を絶する「重責」を担う立場です。
現状を知り、知恵を集め、どうしたら「全員を救えるか」を日夜考え続け、そしてどうにかして「突破口」を切りひらくべく努力し続けている人です。

どうしてへこたれずにいられるんだろう、と思います。

これまでにこのブログで紹介した方に共通するのは「にもかかわらず」人間嫌い「ではない」皆さんばかりです。

人間のあらゆる暗い側面を見、知り、突きつけられ、暗部を徹底して経験している。底なしの闇の怖さも恐ろしさも骨身に沁みて感じている。
わたしたちも知っているはずです、たとえばスケ連。たとえばISU。たとえば「関係者」。
どれほどの悪意もそれが大手をふるってまかり通り、善意や正義や公平性は徹底してつぶされてきたことを、わたしたちはずっと見てきた。ずっと。

「にもかかわず」なぜわたしは、「あなた」は、スケートを見ることをやめないんだろう。真央ちゃんをはじめとする選手を愛することをやめないのだろう。

やはり、そこにかける想いは
たかが闇に
つぶされるていどの
生半可なものではない

ということだろうと思います。

闇なんかにこの思いを消すことはできない。たかが闇に。

闇はある。けれどもそれは人間が作り出した闇なんです。
不正はある。けれどもそれは人間が作り出した不正です。

たかが不正。ならば正していけばいい。

その突破口を「浅田真央の五輪金メダル奪還」を通して切りひらくことができるのならば。
おそらく日本全土を覆う不正と不義と虚偽の闇はかなり取り除かれているでしょう。

順番はある。けれども「政府の実行リスト」に常に「浅田真央の五輪金メダル奪還(に象徴されるフィギュアスケートをはじめとするスポーツの不正採点をなくすための努力)」を載せ続けておけばいい。

順番はくる。国民がそう望むのならば。

ときどき、「自分の人生なんか無意味で、ぼろくずのように打ち捨てられてしまうんだ」と思うような夜に、「でも、あたしは好きなもののために立ち上がった。不正をただそうと主張した」と思うことができることは、途轍もない支えになります。

何もできないってことはない。
まだあたしは生きている。


そう思って勇気を、勇気を!と思ってきました。まあ、思う間もなくやっちまうのが姐さんなんですけどね☆てへ☆
ガソリンなら任せろ!とか書くと犯罪予告か!と思われそうだから言いませんが(言いませんが)

そして今、「もし本当にそう望む人が一定数いるならば」物事は必ず成就する、いやさ、必ず成就させてみせる、と思っています。

わたしは、自分の意思で、自分の判断で参議院選の「全国区」に自民党から出馬の「山田宏さん」を選びます。

二万年先の日本のために。

道を拓(ひら)く男、山田宏。

わたしは「浅田真央箱」に入れています。山田宏さんが今までのように、まっとうに「政治家としての仕事」をなさる限りにおいて。

山田宏さんも真央ファンだもんね☆

だから変なことをしたら姐さんは今と真逆の立場になりますよ。そんなの当然です。
そして「やると言ったら本当にやる」人だからこそ、国政を託したいのです。

「本気で全員を救おうとしている人」ですから。


・・・・それにしても「舌打ち」ってすごくない?共産党員。
次はマンセーマンセー主体思想マンセーくらい言ってみようかなwwww
「天安門を忘れない!」とか「フリーチベット!」と叫ぶとまた舌打ちされそうだしねwwww




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
山田宏さん | コメント(12) | トラックバック(0) | 2016/07/01 23:21
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
国民をバカにしている野党連合
記事に「ちらし配ってるのもおじいちゃん、おばあちゃんばっかりで」とあったので、思わず書き込みたくなりました。

先日、生活の党の選挙カー周辺で「アベ政権を許さない」のプラカードを持ってウロウロしているおじいさんに遭遇したので「共産党? 生活の党?」と聞いてみたんです。
するとそのおじいさん「これ持ってウロウロするように言われただけだからわからん」と。そして近くでチラシを配ってるおばあさんを指して「あの人も頼まれてやってるだけ」と。

街でも沖縄の映像でも、このプラカード持ってる人に高齢者が多いですよね。

口先ご立派な山本太郎氏と志位氏にこの実態を説明して欲しい。
Re: 国民をバカにしている野党連合
みちこさん、コメントありがとうございます。

> 先日、生活の党の選挙カー周辺で「アベ政権を許さない」のプラカードを持ってウロウロしているおじいさんに遭遇したので「共産党? 生活の党?」と聞いてみたんです。
> するとそのおじいさん「これ持ってウロウロするように言われただけだからわからん」と。そして近くでチラシを配ってるおばあさんを指して「あの人も頼まれてやってるだけ」と。

えーーー!!なんですかそれ!
沖縄にいる「バイトで騒いでいる人」と同じアレですかい!

> 街でも沖縄の映像でも、このプラカード持ってる人に高齢者が多いですよね。

多いです!そして「のほほん」としている。自分が共産主義者と思われてもいい覚悟がない人ばかりです。

> 口先ご立派な山本太郎氏と志位氏にこの実態を説明して欲しい。

ほんとですよ。。。
ダメなところって徹底してダメなんですねえ。
うわーーー。べっくらです。
Re: 修正お願いいたします
非公開コメントのHさんへ

ご指摘ありがとうございます!わたしの間違いです!ありがとうございます。直しました。
ま、またなにかありましたらぜひ。。。恥ずかしいーーー
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あたしの従兄弟は自衛隊員です。
「人殺し集団の自衛隊」と、聞いた日にゃ〜、腹立たしくて涙がでそうでしたよ!
毎日毎日それはそれは気が抜けない程の日々を送っているんですよ。
それを人殺しと平気で言える国、日本って何なのですかね…
No title
>姐さん「今、中国が日本の領土にばんばん侵入してますけど、自衛隊なしでどうやって自国民を守るんですか」
>ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」
姐さん「チベットやウイグルやベトナムやフィリピンを見てくださいよ」
>ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」
>姐さん「戦争をやめろは中国に言うべきじゃないんですか」
>ご婦人「あなた自衛隊なのっ!?」


ジョジョに出てくるマウンテン・ティムのセリフをお借りして、こう返したいですね。

「質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ」
kor_ymdさんへ
> あたしの従兄弟は自衛隊員です。
> 「人殺し集団の自衛隊」と、聞いた日にゃ〜、腹立たしくて涙がでそうでしたよ!
> 毎日毎日それはそれは気が抜けない程の日々を送っているんですよ。

おつかれさまです。本当に頭が下がります。

> それを人殺しと平気で言える国、日本って何なのですかね…

ちょっと待った!
言ったのは共産党の藤野です。そして共産党を殺人装置、人殺し集団と決めつける党是を持っているのが共産党です。

日本は、と巻き添えを増やさないでください。
天皇陛下は東日本大震災の危機的状況下ですみやかにお言葉を映像で出されました。そのとき救援活動、救出活動にあたっていた組織の中で真っ先に「自衛隊」をあげていらっしゃいます。

わたしはイラク派遣のときに選ばれた自衛隊員のみなさんが、誰も傷つけず、また自分たちも傷つくことなく、無事に使命を果たすためにどれほど苦しみながら訓練をなさっていたか、荒谷さんにうかがいました。

自衛隊なくしてはわが国の安全はありません。だからこそ共産党は「自衛隊をなくせ」と主張しているんです。

多くの日本人はわかっているはずです。また、わからせる努力をしなければなりません。

kor_ymd さんのお心が少しでも慰められることを祈ります。
また、尊いおはたらきを続けてくださっているお従兄弟様に敬意を表します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
共産党のお手伝いする人達
一番上の方のプラカードもって、うろつく方たちの正体はおそらく、生活保護うけてる人達だと思います。
私の近所に老人ばっかり入居する限界集落みたいな公団団地があるんですが、うちの親が近所で商売してて、おしゃべりに来る、おいちゃん達の話をきくと選挙区の共産党の議員に市役所についてきてもらって、生活保護の手続きをとってもらったという人が何人かいたそうです。市役所の人達との面談ではこう答えてくれとか指導してくれるそうです。障害があって体がきつくて働くのがしんどい人にも生活保護うけると楽だよ、と甘い言葉で進めてくるそうです。そのかわりに、生活保護を無事受けられたら赤旗新聞を定期購読してくれといわれたそうです。あと、議員のとこのビラくばりをただで週イチでやってる人も。30年くらい前だと離婚してシングルマザーになった女性に仕事を斡旋したり、賃貸住宅の契約時の保証人欄に共産党系の議員がサインしてあげて便宜を図ってあげたりして見返りに一票を投じさせたりしてるようです。そしてそういう家庭では子供を育てる為に進学とか何かと重たい相談とかを一緒に解決してあげたりして、子供も大人になって共産党に一票投じるので、私は貧しい人が増えるほど共産党が強くなりそうで怖いです。
前回の参院選で経験しました…。
私も同じような経験しました。
確か前回の参院選だったと思います。当時は大学生で、友人と旅行中の出来事でした。演説の傍ら年配の方がビラかポケットティッシュを配っていて、友人と一緒にやんわりと断ったところ「チッ」 って…。
しかも聞こえていたのは私と友人だけではなかったらしく、周りの空気が硬直したように微妙な雰囲気になりました。普段から態度良くないとは思ってましたがこれほどとは…。私も友人も前回の参院選が選挙権を得て初めての選挙だった事もあってかとてもショックを受けました。
私は呆れて何も言えず、友人は怒りながら「いくらなんでもあれはない。あんな人達の集まりから当選したなら、その人のせいで国会や国の品位まで落ちかねない。」と言っていました。
友人は茶道部ということもあって礼儀作法をとても大切にしていました。今でもそうです。普段はおっとりした大和撫子なんです。
そんな彼女が怒りながら誰かへの不満を口にした。普段なら考えられません。
彼女をそこまでさせた「あの人々」が情けなくて仕方ないです。育ちがいいだの悪いだの言いたくはないのですが、こればかりは「育ちが悪い」としか思えません。
No title
共産党が交差点でチラシを配っていました。
信号待ちで手持無沙汰の所ですから配り放題ですね。
目的地に行くために信号待ちをしていたら配られたので、手の平を突き出してニッコリ笑顔で拒否しました。
目的地からの帰りにも信号待ちにひっかかり、別の高齢女性に渡されそうになったので「私、支持政党があるんです」と言ってみましたら、何とも微妙な表情になられました。
失礼かもしれないけど、その反応はとても面白かったです。
新興宗教みたいに「どこの党ですか?なぜそこを支持してるんですか?」ぐらい問い詰められるかと思ってたので拍子抜けでしたが。
でもその断り方新しいかも?
○明党と思われたかもしれないけど、それはどーでもいいです。
私の支持政党は別の所です。
もちろん共産党と共闘してるとこじゃないですよ。

管理者にのみ表示