「沖縄の心」とか「ウチナンチューの強さ」とか



まとめブログ、結構好きです。
よくみている「ねこのあまやどり」さんのひとつの記事がずっと忘れられません。

すてきな内容なのでぜひご覧になってみてください。

わたしは、「本当の沖縄の心」とか「ウチナンチューの強さ」ってこういうことなのかなあと思いました。
そしていまだに時たま読み返してしまいます。
一読、なぜか体が熱くなり、涙が出ました。。。

ブログ「ねこのあまやどり」さんより

シーサーって本当に魔除けしてくれるんだね
http://bluebluesunset.blog.fc2.com/blog-entry-2016.html


シーサー

この言葉は最初にシーサーと不思議な邂逅を果たした方のものではありません。でも、まるでそのシーサーが自ら書き込んだかのようにとても強い印象と深い意味をわたしの中に残しました。

「変なのに憑かれてないで」

「おいしいものをあっちっち、とおいしく食べろよ」

と、それだけしか言っていないのですが、「変なのになんか憑かれない!」という決断、選択プラス「ただおいしいものをおいしいと味わう姿勢」、つまり「自分にとって本当に大切なものをちゃんと選びとって与える姿勢」が何よりも大事なことだよなあ、と思い出させてもらった気がします。

ネット上にはときとして、このように炸裂する「意味」がある言葉がときどきある。

ありがたいなあと思います。

皆さんは「変なのに憑かれてない」自信がありますか?
ごはん、おいしく食べることができていますか?
まず目の前のそういうささやかな、だけど本当に大切なことから、丁寧に味わってみるのもいいのかな、と思うのです。

中国の属国化を狙う悪意ある反日勢力の「浸透」により揺れに揺れている沖縄。
そもそもの強さや希望や未来へのともしびは、沖縄の人たち自らがつかみとるべきものだと思います。

沖縄全土にいるシーサーが、沖縄の闇も迷妄も、そして本州の闇も迷妄も、ふきとばす「気づき」を人間に与えてくれることを祈ります。おそらく彼らはそうやって、ずっと人間たちと共存してきてくれたに違いない。

シーサーはお獅子をもどいている。獅子吼、してくれることを願います。

「変なのに憑かれてないで、ちゃんと生きろよ」と。

「政府」が本腰を入れて中城の廃墟を元通りにしてくれないかなぁ。わたし、必要があれば幾日でも、ひとりででも、あそこで寝泊まりして詫びるけどなあ。


ブログ「ねこのあまやどり」さんより
シーサーって本当に魔除けしてくれるんだね
http://bluebluesunset.blog.fc2.com/blog-entry-2016.html





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/07/19 22:11
コメント

管理者にのみ表示