五輪日本選手の支援拠点オープン…食堂や練習場




五輪日本選手の支援拠点オープン…食堂や練習場
2016年07月30日 05時39分
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/topic/20160730-OYT1T50013.html?from=yrank_ycont

【リオデジャネイロ=畔川吉永】リオデジャネイロ五輪期間中に日本選手の支援拠点となる「ハイパフォーマンスサポート・センター」が29日、オープンした。

運営主体の日本スポーツ振興センター(JSC)がリオ市内にロンドン五輪の2倍となる約8・1億円の事業費を投じて設置した。

15人が一度に使えるトレーニングジムや疲労回復に効果がある炭酸泉のプール、選手の体調に配慮した日本食を提供する食堂、各競技団体のスタッフが試合などの映像を分析する部屋などを備えている。柔道やレスリングのほかフェンシング、ボクシング、卓球、テコンドーの練習場があり、80人のスタッフが常駐している

運営責任者の清水和弘氏は「日本で調整するような気分になってもらい、試合で最大のパフォーマンスを発揮して欲しい」と話した。

2016年07月30日 05時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本スポーツ振興センター(JSC) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/07/31 15:33
コメント

管理者にのみ表示