IOC公式サイトでまだ掲載されている”IT’S YUNA TIME!”




IT’S YUNA TIME!
https://www.olympic.org/news/it-s-yuna-time

ON THE EVENING OF WEDNESDAY 19 FEBRUARY, FIGURE SKATING FANS AROUND THE WORLD WILL HAVE THEIR EYES GLUED TO THEIR SCREENS NIGHT AS OLYMPIC CHAMPION AND YOUTH OLYMPIC GAMES AMBASSADOR YUNA KIM (KOR) TAKES TO THE ICE. HERE WE BRING YOU EXCLUSIVE BEHIND-THE-SCENES FOOTAGE OF THE ETHEREAL AND GRACEFUL YUNA IN TRAINING IN THE FINAL WEEKS BEFORE HER OLYMPIC FINALE.

In this video, we offer a glimpse of the reigning Olympic champion’s final preparations for Sochi 2014, cut with mesmerising performances at Vancouver 2010.
Off the ice, meanwhile, she talks frankly about her expectations for Sochi and of her dedication to inspiring young people to practise sport, offering valuable advice to youngsters who want to try out figure skating for themselves.

The women’s figure skating short programme starts at 19:00 (local time) on 19 February.

TAGSSOCHI 2014 , IOC NEWS

ioc-b-yuna.jpg


ソチで行われた冬季五輪の「前に」いきなりIOC公式サイトに掲載されたこの内容。
冬季五輪連覇がかかる選手は他にもたくさんいたのに「なぜか」キム・ヨナだけがこのように過剰な持ち上げられ方をした。
いまだに掲載されています。

IOCの不正の証

なぜ????

癒着の証拠のひとつですよね。だって「こんなことをする理由がない」のにやっているのだから。


クラシックバレエをはじめとする「徹底的な基礎訓練」をした選手と比べると「キム・ヨナの異様さ」が際立ちます。
スポーツ選手としてあるまじき「みっともない動作」でなぜ「世界最高得点」が取れたのか???

ソチ五輪当時、選手として全盛期のはずのこの姿。生活に疲れた実年齢の倍ほどの「くたびれきった人」に見えてくる。

ソツコワ選手との比較

氷上でまともに立てない人間が高難度なエレメンツを高度な表現力と共に実施できるはずがない。

なんとも不思議な現象が五輪では二度も起きました。

誰と並べても「公開処刑」される「異様な動作」の歴代最高得点ホルダーですか。はぁ……。

キーラ比較




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
IOCバッハ会長と韓国の黒いつながり | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/08/02 01:48
コメント
No title
こんにちは。
アネザイチカ様は、相変わらず、ヨナの動作をみっともないと言い張って、ヨナのジャンプを無視しておいでになっていますね。恐らく、ヨナが、SPやFSで飛んだ、ルッツとトゥーループの3回転連続ジャンプについて、ジャンプに入る前の助走が、男子並みのスピードで、ジャンプ、特に、第1ジャンプの3回転ルッツに、高さと飛距離が素晴らしく、第2ジャンプの3回転トゥーループの高さも、第1ジャンプに比べて、見劣りのない高さがあり、ジャンプの後も流れがある、という評価を受けていることをご存知ないようですね。
噴飯もの
金妍児のイナバウワー、あらかwさんの真似をして上体を反ってみたものの、いつも中途半端でしたね。優雅さとはかけ離れた…ほんの一瞬だけ仰け反るケチバウワー。(カメラはその一瞬を捉えたのでしょうね)
すぐ後、バタバタと暴れながら戻る姿は、本当に醜い鴨のようでした。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
全盛期はね
恐ろしい数のバッククロスの結果! 最初のコンビネーション のみで 後はスピードが落ちるばかり…
グリ下りの回転不足は 見逃され続け 演技構成点(いつもほぼ同じ演技なのに)が他の選手より各段に高いのは どうやっても説明つきませんが?
最初のジャンプだけで 150点 取れる鴨~
あとは ソコからの 独りだけ減点採点なんでしょうね。 きっと!

管理者にのみ表示